ウォーターボーイズ 女優。 社会現象になった映画『ウォーターボーイズ1』(2001)の考察!キャスト一覧やロケ地を解説

ウォーターボーイズ

ウォーターボーイズ 女優

この項目では、映画について説明しています。 バンドについては「」をご覧ください。 2003年のテレビドラマについては「」をご覧ください。 2004年のテレビドラマについては「」をご覧ください。 2005年のテレビドラマについては「」をご覧ください。 ウォーターボーイズ 監督 脚本 矢口史靖 製作 宮内正喜 平沼久典 塩原徹 製作総指揮 出演者 音楽 田尻光隆 撮影 長田勇市 編集 配給 公開 2001年9月15日 上映時間 91分 製作国 言語 興行収入 9. 2億円 『 ウォーターボーイズ』(WATER BOYS)は、 に公開された。 監督は。 成り行きからでを発表することになった男子高校生の奮闘と友情を描く青春コメディ。 転じて「シンクロナイズドスイミングに挑む男子生徒達」を指すこともあるが、語自体はが作った造語である。 にはにより『』と題して映画の2年後を舞台としたが製作された。 この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2018年5月)() (現在の)が舞台。 部員は 鈴木智()ただ一人という廃部寸前の唯野(ただの)高校部に、美人教師・ 佐久間恵()が顧問に着任した途端、部員が30人に激増。 ところが、佐久間が本当に教えたかったのは、なんとだった。 恐れをなした多くの部員たちは逃亡。 しかし取り残された部長の鈴木、何事も中途半端な元バスケ部員の 佐藤()、筋肉を付けたいガリガリのダンス少年・ 太田()、カナヅチ克服と水の力学の解明を目指すガリ勉・ 金沢()、ちょっと女の子っぽい 早乙女()の5人は泣く泣く学園祭に向けてシンクロをやる羽目に。 しかし佐久間は突如、によるを引き起こしてしてしまう。 さらに学校のプールは、男子がシンクロを行なう事をバカにしたバスケ部により、釣りぼりとして使われる事になり、周囲からバカにされまいと5人は急にやる気を見せだした。 既にプールに放たれていた魚を捕まえ、オカマバーの ママ()など地元の商店街から協力を得ながらも、予行演習で全くシンクロらしい演技もできず、水泳部の責任者・ 杉田()を怒らせてプールの使用を禁止されてしまう。 学園祭の発表は絶望的になる中、鈴木は予備校で桜木女子高の空手少女・ 木内静子()と出会い、一目惚れ。 勿論、学園祭でシンクロをやる事は言えるはずもなかった。 ある日、木内と訪れた水族館で、見事に泳ぎ回るのショーに触発された鈴木は怪しげなイルカの調教師・ 磯村()に頼み込み、離れかけていた佐藤たちと共に水族館や海でシンクロの練習(実はいい様にこき使われているだけ)に鍛えられて、見事に上達していく。 ある日、海で練習していた所にが駆けつけてきた。 練習を海で溺れていると勘違いした人による通報だったが、これが話題を呼んでテレビ報道されるまでに至り、多くの住民をはじめ唯野高全体も惹きつけて、シンクロは正式に実施されることが決まり、大勢の生徒によって演じられることとなって勢いを増した。 それでも、水族館練習中に発覚した早乙女が前々から佐藤に恋をしていたという真実、自分が学園祭にシンクロをやるのだと木内に明かせない鈴木と、部員二人の心は迷っていた。 だが学園祭前日、学内でボヤ騒ぎが発生してしまい、消火のために消防隊はプールの水を用い殆ど使い切ってしまった…。 登場人物 [ ] 主要人物 [ ] 鈴木 智 演 - 唯一の水泳部員。 スピードを競う競泳に限界を感じ、部活を辞めようとした矢先にシンクロと出会う。 気が弱く流されやすい。 佐藤 勝正 演 - 当初はアフロヘアーだったが、予行演習中にカセットデッキを叩き壊したため火花が頭に飛び散ったのが原因で髪の毛が焼けてしまい、以降丸刈りになる。 後に2003年のドラマ版『』に登場している。 早乙女聖 演 - 幼少の頃から、佐藤に好意を抱いていた。 後のドラマ版では告白をしたが見事に振られたとのこと。 卒業後教員免許を取得し、2004年のドラマ版『』では世界史担当の臨時教師兼シンクロ部顧問として登場している。 太田 祐一 演 - 貧相な身体を嫌い、日焼けしてマッチョになれるという思いからシンクロ部に入る。 金沢 孝志 演 - ガリ勉高校生。 論理的な考えで、むしろややこしい一面があるが、素直で潔い一面もあり、弁償を要求されたときに「実際にはもっと高いです」と自分に都合の悪いことも素直に白状した。 木内 静子 演 - 空手少女。 鈴木が一目惚れした。 伊丹 弥生 演 - 女子高の文化祭実行委員。 プールの水がなくなるというハプニングが発生したとき、女子高のプールの使用を申し出、危機を救った。 佐久間 恵 演 - シンクロを鈴木達に提案した張本人である女性教師。 男子校に赴任することに躊躇しており、赴任当初はそれが原因でクラスに馴染めずにいたが、生徒たちに励まされて自信を取り戻す。 しかし産休で居なくなってしまう。 佐藤同様後に2003年のドラマ版『』に登場している。 杉田 演 - 水泳部の顧問。 当初は部員のシンクロに難色を示していたが、最終的には揃いのパンツを用意するなど好意的になった。 尾崎校長 演 - 磯村 演 - やや怪しげな水族館のイルカ飼育員。 練習のため水族館を訪れたメンバーをナメていたが、次第に認めるようになった。 喫茶バー「ともしび」 [ ] ママ 演 - チィママ 演 - その他のシンクロ参加者 [ ] バスケ部 [ ]• 吉田 - その他 [ ]• 中村 -• 小林 -• 和菓子屋主人 -• 和菓子屋のおかみさん -• 肉屋の女 -• 佐久間恵の夫 -• 女性キャスター -• 男性キャスター -• 警備員 - 、• 客のおばさん - 、、• ビデオの筋肉男 - 、、• 水族館の女の子 -• 女の子の父 -• レスキュー隊員 -• 公園の野次馬 -• 火事場のおじさん - 、• エキストラ - ロケ地となった牧之原市の市民、他近隣学校の在校生が参加。 スタッフ [ ]• 脚本・監督:• エクゼクティブプロデューサー:• プロデューサー:、、• 水泳指導: 製作 [ ] 男子高校生たちが、に挑む青春活劇で、モデルはのの水泳部が実際にから文化祭の演目として行っているシンクロ公演。 、プロデューサーが『』()で放送された川越高校水泳部のを見て映画化を着想。 後に監督が加わり、50mの屋外プールで部員全員で繰り広げるインパクトのあるシンクロ演技とその背景にある文化祭に訪れる近隣の女子高生にモテたいという不純な動機の面白さに、「これは映画にすべきだ」として 、の映画化に至った。 撮影の1か月以上前からシンクロの練習を開始する必要があることから売れている俳優をキャスティングすることはできず、まるまる2か月以上スケジュールが空いている若手の俳優のみを募集して、当時まだ無名だったやらがキャスティングされた。 撮影開始後も内の学校のプールに拘束されて連日シンクロの練習を続け、シンクロ漬けの日々を送った。 作品の評価 [ ] 劇場公開から徐々に口コミと地方キャンペーンで話題となり、結果的に大ヒット映画となった。 当初は少数の映画館のみの上映だったが、全国各地での地道なキャンペーンと独特の宣伝展開で劇場数が増え、最終的には上映劇場100館、上映期間は6ヶ月を越える。 この現象は映画業界で話題になり、それ以降同じような映画が乱立した。 の普及と時期と重なり、以降の邦画復活のきっかけを作った。 本作のヒットを受け、にがテレビドラマ化。 映画スタッフがドラマ製作に参加することにより、映画の世界観を壊さずドラマ化に成功し、高視聴率を記録。 この「映画から連続ドラマ」という連動は、その後他局にまで影響を与えることになる。 この後フジテレビは、パート2()、スペシャル版()と制作し、完結した。 また、同じスタッフで映画『』(2004年)が製作され、映画『ウォーターボーイズ』の倍以上のを記録した。 映画・ドラマのヒットにより全国で「シンクロブーム」が起こり、高校を中心に男子シンクロ部が設立されるなど大きな影響を与えた。 映画のモデルになった川越高校水泳部のドキュメンタリーが『』()や『』()で放送され、同校の文化祭は約3万人()もの入場者数を記録するまでになった。 歴史 [ ]• - 映画『ウォーターボーイズ』公開。 - - テレビドラマ『』放送。 フジテレビのイベント「」にて「ウォーターボーイズショー」開催。 - - テレビドラマ『』放送。 「お台場冒険王」にて「ウォーターボーイズショー 2」開催。 2004年9月21日「第1回全国高校ウォーターボーイズ選手権」放送(優勝校は)。 2004年「あの感動がよみがえる! ウォーターボーイズ 2 完全密着130日! 涙と友情の最終回スペシャル!! 」放送。 2004年 - 映画『』公開。 ・ - テレビドラマ『』放送。 「お台場冒険王」にて「ウォーターボーイズショー 05」開催。 2005年「第2回全国高校ウォーターボーイズ選手権」放送(優勝校は鈴鹿工業高等専門学校)。 受賞歴 [ ] 作品賞• 第75回 日本映画ベストテン第8位• 第56回 日本映画優秀賞• 第44回 日本映画ベストテン• 第23回 日本映画ベストテン第2位• 優秀作品賞 個人賞• 第25回 日本アカデミー賞• 優秀監督賞・優秀脚本賞()• 優秀主演男優賞・新人俳優賞()• 最優秀音樂賞(・)• 優秀録音賞()• 優秀編集賞()• 第39回 映画新人賞(妻夫木聡)• (旧:、)• 唯野高等学校の校舎、桜木女子高校のプール• 唯野高校のプール• 、、、市内店舗等• 榛原郡• (旧:榛原郡)• ・ サウンドトラック [ ]• 2001年8月22日発売、、UPCH-1096• 音楽:・冷水ひとみ・田尻光隆 etc シンクロで使用された曲 [ ]• DIAMOND HEAD()• 歌劇「」より ()• あなたのとりこ()• オンリー・ユー()• ()- エンディング曲としても使用 出版 [ ]• MAKING OF WATER BOYS(2003年・)• MAKING OF WATER BOYS 2(2004年・ワニブックス)• ウォーターボーイズ・オフィシャルブック(2004年・)• 『映画監督はサービス業です。 テレビドラマ [ ] 『 』と題して、系で2003年7月1日から9月9日まで放送された。 続いて『 』が2004年7月6日から9月21日まで、『 』が2005年8月19日と20日に放送された。 インタビュアー:. 2018年5月11日閲覧。 関連項目 [ ]• - 同監督の作品• - 同じプロデューサーチームの作品• - 同じプロデューサーチームの作品• - 同じプロデューサーチームの作品• - 同コンセプトの作品• - プロデューサー• - プロデューサー• - 男性シンクロチームの活躍を描いた映画• - 男性シンクロチームの活躍を描いた映画 外部リンク [ ]• - WEB 資料室• シンクロコーチ不破央らによるシンクロチーム• - (英語)• - (英語).

次の

えっ、この人も!?『ウォーターボーイズ』に出演していた俳優陣を振り返ってみよう

ウォーターボーイズ 女優

Contents• 星野源の悪評は嘘か? 星野源さんの悪評が書かれている記事の中で、個人サイトやまとめサイトを除いて検索上位のものを見てみましょう。 サイゾーウーマン 星野源は悪評だらけ? まずはです。 「星野源は悪評だらけ」として、テレビ局、音楽関係者の証言を載せています。 当時付き合っていたとされるaikoさんと二人で、サザンオールスターズのPVに出演を依頼されたのを断って、自分だけ出演したとか、以前所属していたバンドのメンバーと不仲だったとか、テレビのリハーサルで自分をもっと映すように指示したとかいうエピソードが出ています。 プライベートで付き合っているからといって、一緒に別のアーティストのPVに出演するのも変な話です。 お互い別々の事務所に所属しているのですから、そんな簡単な話ではありません。 それに、もし別れでもしたら即黒歴史です。 実際二人は別れているので、相手のaikoさんも「出なくてよかった」と胸をなでおろしていることでしょう。 バンドのメンバーと不仲というのもよくある話です。 歌手がカメラマンに指示を出すというのは普通ではないのかもしれませんが、見方を変えればアーチストとして自分の魅せ方にこだわっているとも言えます。 実際にあった事かもしれないので、嘘とは断言できませんが、些細なことを大げさに取り上げるのは、かなり悪意を持って書かれている感じがします。 「サイゾーウーマン」は名前の通り女性向けの記事が書かれているサイトです。 星野源さんは女性ファンが多いでしょうから、女性誌などでは好意的に取り扱われそうなものですが、かなりの言われように驚きます。 この「サイゾーウーマン」というサイト、関連記事をみてみると「最も早く消えるのはだれか?」「購入者ガッカリの声」「アンチ急増」など、ネガティブ情報のオンパレード。 人気のある人の悪評を読んで、スッキリしたい人向けのサイトなのかなと思います。 成功している人に嫉妬する心理は誰もが持っているものでしょうから、このような記事が悪いとは言いませんが、記事の信憑性としては割り引いて見たほうがいいと思います。 ビジネスジャーナル スタッフからの悪評噴出? では、「態度悪い」「ナルシストで自己愛がすごい」とスタッフから悪評が噴出していると書かれています。 そのスタッフの証言としては、先程の記事の「自分が映るように指示を出した」という件の他、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のエンディングの「恋ダンス」での星野源がカッコ良く、過剰に持ち上げた作りで違和感があるとか、ラジオでパーソナリティを務めるオールナイトニッポンで、自分にとってマイナスのメールは取り上げず「キレイごと」ばかりでつまらないそうです。 アーチストがナルシストで何が悪い?という気がしますし、ドラマでも、主演の新垣結衣さんの相手役なのですから、カッコ良く目立たせるのは当然です。 ラジオ番組についても、わざわざマイナスになるメールを取り上げる意味が分かりません。 嘘というか、いちゃもんレベルの気がします。 「ビジネスジャーナル」という名前からは、新聞社系や、有名経済雑誌の出版社が運営しているのかという印象を受けますが、どこが運営しているサイトなのかと言うと「株式会社サイゾー」です。 そう、「サイゾーウーマン」と同じところです。 なにか星野源さんに恨みでもあるのかと勘ぐってしまいますね。 ますます信憑性がなく、嘘っぽく感じます。 各分野で成功している星野源さんに対する、ヤッカミのような気持ちで書かれているのではないでしょうか。 関連記事: 注目記事: 星野源さん初出演ドラマ「ウオーターボーイズ」主人公の同級生、星山役で出演している 出典:fod. fujitv. jp このドラマは男子のシンクロナイズドスイミングの話で、シンクロのシーンも代役など付けず、本人たちが演じています。 そのため撮影前に合宿してシンクロの特訓をしたそうです。 しかしスポーツ経験のない星野源さんは、その特訓が辛くて、泣きながら「やめたい」と事務所に電話していたそうです。 ドラマ初出演ということで、張り切って臨んだんでしょうが、耐えきれずに泣き言を言うのは本人にとっても屈辱的なことだったでしょう。 そのときのトラウマでプール恐怖症になったということです。 星野源さんのトラウマといえば、もっと大きなものがあります。 小学校1年生のころからあまり学校にはなじめなかったのですが、極めつけが小学3年の時に学校でウンコを漏らしてしまい、それ以来あだ名が「ウンコ」。 いじめられた結果、パニック障害を発症したそうです。 小さい子供の時ですから、お漏らしなどよくあることでしょうが、星野源さんにとっては屈辱的なトラウマになったのでしょう。 パニック障害は高校生になっても改善されなかったのですが、心の支えは、コミックバンドのクレージーキャッツの名曲『だまって俺についてこい』の「そのうちなんとかなるだろう」という歌詞だったそうです。 星野源さんがメッセージ性の強い歌詞を書くのは、この影響もあるのでしょう。 あくまで想像ですが、トラウマは様々な形で再現すると言われますので、お漏らしをして、いじめられたという小学校時代のトラウマが、「ウォーターボーイズ」の合宿でのトラウマの遠因になっていたのかもしれません。 星野源さんはその後、映画『69 sixty nine』に出演しますが、これは、オーディションでウンコを漏らしたことを話したら、たまたまウンコを漏らす役だったため、採用されたそうです。 なんか、ますますトラウマが悪化しそうですが、この役を演じきることで、なんとトラウマが解消されたそうです。 関連記事: まとめ• 星野源さんに対する「態度が悪い」「ナルシスト」などという悪評が書かれた記事は、かなり嘘っぽく感じられる。 幅広く活躍している星野源さんに対する嫉妬の記事ではないか。 星野源さんは、ドラマ「ウォーターボーイズ」合宿中の過酷な訓練がトラウマになり、プール恐怖症になってしまった。 小学校の頃のお漏らしという屈辱的なトラウマも遠因になっていたのかもしれない。 シンガーソングライター、俳優、文筆業と目まぐるしい活躍をしながら、ほのぼのとした優しい笑顔を絶やさない感じの星野源さんが、過去に屈辱のトラウマを抱えていたことは想像しにくい感じがします。 でも逆にそのような過去があるからこそ、歌や演技や文章で、優しく強くメッセージを伝えてくれているのかもしれません。 悪評が立つというのは、人気の裏返しなのかもしれませんが、嘘のような証言をならべて批判するのはどうかと思います。 星野源さんには、もっともっと突き抜けて、悪評など蹴散らして行くような大活躍を期待します。 以上、「星野源の悪評は嘘か?ウォーターボーイズの合宿で屈辱のトラウマが凄いことに!?」でした! 関連記事: 関連記事:.

次の

ウォーターボーイズのキャスト人気ランキング30~初代・2代目・3代目別【2020最新版】

ウォーターボーイズ 女優

田中圭のウォーターボーイズでの役は? 田中圭さんのウォーターボーイズでの役どころは、 山田孝之さん(主演)の親友役でした。 そもそも ウォーターボーイズのストーリーは以下の通り。 シンクロに憧れ唯野高校水泳部に入部した進藤勘九郎(山田孝之)が高校最後の学園祭のシンクロ公演でリーダーに選ばれた。 そこに、同じくシンクロに憧れている立松憲男(森山未來)が転校してくるも、シンクロ公演が突如中止されることに。 さまざまな壁を乗り越えて夢のシンクロ公演実現へと向かってゆく。 出典:ウィキペディア 山田孝之演じる主人公・進藤勘九郎が高校最後の夏、学園祭でシンクロ公演を行うためにメンバーを集め同好会を結成、練習や合宿を通して成長していく物語です。 最近ではすっかり強面や個性的な役のイメージが強い山田孝之さんですが、ウォーターボーイズでは気弱で引っ込み思案なもののシンクロに対する思いは人一倍強く、優しく思いやりのある青年役を演じています。 田中圭さんはそんな 山田孝之さん演じる進藤勘九郎の一番の親友・ 安田孝役でした。 進藤勘九郎(山田孝之)同様、シンクロに対する強い思いはあるものの父や周囲の反対を受け、一度は大学進学を目指し、シンクロを断念。 安田孝(田中圭)が突然シンクロ同好会を抜けてしまったことで、一時は同好会は廃部の危機になったこともあり、当時ドラマを見ていた人からはイメージが悪かったかもしれません(笑) 最終的には成績をしっかり上げることで親を説得し、最後のメンバーとしてシンクロ部に加入することになりました。 メインキャストではありませんでしたが、 主人公である進藤勘九郎(山田孝之)の対比となるキャラクターで、大事なところで見せ場がありました。 田中圭は若い頃もイケメン! そんな 田中圭さんの当時の画像がこちらです。 田中圭さんは 若いころからイケメンですね! ウォーターボーイズは2003年に放送されていましたので、田中圭さんは当時19歳ですね。 デビューが2000年ですが、当初はドラマでもセリフや出番の少ないちょい役だったり、CMなどが中心でした。 このウォーターボーイズをきっかけにイケメンぶりや演技力の高さが注目され、徐々に実力派俳優として地位を固めていきました。 せっかくなので、 もう少し 田中圭さんの若いころの画像をご紹介します。 こちら山田孝之さんや瑛太さんとの2ショットです。 山田孝之さんや瑛太さん以外にも、森山未來さんや香椎由宇さん、星野源さんなど今では考えられないくらい豪華なキャストでした。 こちらは肝心のシンクロシーンですね。 最近ではかなりムキムキに筋肉が話題にもなっている田中圭さんですが、当時からしっかりと筋肉があり細マッチョな体型をされていますね。 そのため ドラマ撮影の合間に過酷な練習が行われていたそうです。 シンクロナイズドスイミングは水の中で常に手足を動かし、音楽に合わせて様々な激しい動きをしなければいけません。 しかも演技中は「笑顔」で「楽しそうに」。 現役の選手たちは1日10時間以上の練習や腹筋2500回、潜水150Mなど、地獄の練習と言われている競技です。 もちろん高校生のシンクロなのでそこまでのレベルではないでしょうが、その練習は決して楽なものではなかったようです。 いくつか当時の動画を発見しましたのでご覧ください。 後のインタビューで田中圭さんは 「実際に水泳部のメンバーで合宿を行うなど、練習が本当に大変だった記憶しかない」と語っていました。 また帰宅するのもしんどく、当時は 山田孝之さんの家に転がり込みほぼ居候状態だったのだそうです。 山田さんが毎日芝居論を熱く語っており、それに 影響されて田中圭さんも本気で芝居をやっていこうと思ったのだとか。 そういった縁もあってか、山田孝之さんと田中圭さんはその後「世界の中心で、愛をさけぶ」や「白夜行」で共演するなど、公私ともに親交を深めていったそうです。 イケメンと同居なんて「おっさんずラブ」の設定を思い出します(笑) 今の田中圭さんの活躍があるのは、山田孝之さんのおかげという部分もあるみたいですね。 まとめ 田中圭さんのウォーターボーイズ出演時の役柄や当時の画像、また主演だった山田孝之さんとのエピソードなどをご紹介しました! 田中圭さんが世間に注目を浴びるきっかけとなった名作ドラマ「ウォーターボーイズ」。

次の