三井 住友 信託 ライフ ガイド。 三井住友信託銀行ダイナースクラブカードの違いや特徴を解説

LIFE GUIDE 三井住友信託 ライフガイド

三井 住友 信託 ライフ ガイド

サービス内容の説明 確定拠出年金に関する様々なご相談に専門オペレータが対応します。 運用商品の変更(割合変更、預替)などの手続きも受付けます。 「三井住友信託DCコールサービス」の営業時間を教えてください オペレーター受付時間は、祝日および12月31日〜1月3日を除く、下記の時間帯でご利用いただけます。 月〜金 9:00〜21:00• 土・日・振替休日 9:00〜17:00 なお、オペレーター受付時間外の場合は、自動音声サービスによる対応となります。 日曜日2:00〜8:00および1月1日〜1月3日を除き、原則24時間いつでもご利用いただけます。 ご自身のユーザーIDと暗証番号をご用意の上、ご連絡いただくようお願いいたします。 また、予期せぬ事故などにより、予告なくサービスの提供を停止させていただく場合がございますので、ご了承ください。 海外から「三井住友信託DCコールサービス」に電話できますか 一部の地域から通話料無料でワールドフリーフォンがご利用いただけます。 利用可能地域や電話番号などについては、 運用商品の変更は電話でもできますか 「三井住友信託DCコールサービス」では、運用商品の変更の受付を行っています。 受付方法はオペレーターによる受付か自動音声による受付がございます。 お手続きご希望の場合は、ユーザーIDと暗証番号をご用意ください。 運用商品の変更の受付は、ひとつのご注文につき3〜5分ほどかかりますので、何卒ご了承ください。 なお、運用商品の変更には2つの手続きがあります。 運用商品預替は、すでに購入済みの商品を売却し、その売却代金で別の商品を購入する手続きです。 運用割合変更は、今後の掛金で購入する商品や購入割合を変更する手続きです。 「三井住友信託DCコールサービス」に電話をするときに用意するものはありますか 「三井住友信託DCコールサービス」では、お名前、会社名、プラン番号をお伺いしております。 プラン番号は「プランのポイント」「加入登録のお知らせ」「ユーザーIDのお知らせ」「確定拠出年金・残高のお知らせ」などに記載がございますのでご用意ください。 なお、運用商品預替・運用割合変更や資産残高確認などをご希望される場合は、ユーザーIDと暗証番号も必要となりますのでご用意ください。

次の

LIFE GUIDE 三井住友信託 ライフガイド

三井 住友 信託 ライフ ガイド

三井住友信託銀行のiDeCo(イデコ)をご紹介します。 メガバンクの一角である、三井住友信託銀行は信託機能を持つ存在として特長があります。 この特長を活かし、多くのiDeCo(イデコ)加入者を集めているようです。 同行の公式サイトでは「DC加入者の5人に1人が三井住友信託銀行」と宣伝しています。 ただし、これは企業型確定拠出年金を含んでいるため、参考になりません。 企業型確定拠出年金の受託が多い、三井住友信託銀行ならではの宣伝方法です。 それでは、三井住友信託銀行のiDeCo(イデコ)をまとめていきます。 三井住友信託銀行iDeCo(イデコ)の商品構成 まず、三井住友信託銀行で投資が可能な商品をご紹介します。 各ジャンルにバランスよく商品を揃えていますが、選択肢は多いと言えない印象です。 定期預金• 三井住友信託DC変動定期5年• 三井住友信託DC固定定期5年 損害保険• 三井住友海上・積立傷害保険(5年) 国内債券• DC日本債券インデックス・オープンS 外国債券• DC外国債券インデックス・オープン• DC新興国債券インデックスオープン 日本株式• DC日本株式インデックス・オープン• DC・ダイワ・ストックインデックス225• DCリサーチ・グロースファンド• DCファンダメンタル・バリューファンド• 大和住銀DC日本株式ファンド• DCグッドカンパニー• シュローダーDCアクティブ日本株式• 三井住友・ライフビュー・日本株式ファンド 外国株式• ABグローバル・グロース・オポチュニティーズ(年金向け)• DC外国株式インデックス・オープン• DC新興国株式インデックスオープン バランス型• DCマイセレクション25• DCマイセレクション50• DCマイセレクション75• DC世界経済インデックスファンド 以上が、三井住友信託銀行で投資可能な商品になります。 これらの商品はほとんどが同行のグループ会社が販売している商品です。 こういった利益相反とも言える行為はあまりいい気分にはなりませんね。 三井住友信託銀行iDeCo(イデコ)の手数料 iDeCoを利用する上で、欠かせない手数料の詳細をご紹介します。 iDeCoは大きく分けて4つの手数料があります。 国民年金基金連合会:新規加入手数料(一律:2,777円)• 国民年金基金連合会:月額手数料(一律:103円)• 運営管理手数料:月額手数料• 事務委託先金融機関手数料:月額手数料(一律:64円) この4つの手数料のうち、3つはどこの金融機関で口座を開設しても一律です。 問題は3つ目の手数料「運営管理手数料」になります。 この運営管理手数料は金融機関ごとに自由に設定できるからです。 運営管理手数料は毎月、差し引かれる手数料です。 運用期間が長い、iDeCoだからこそ、この運営管理手数料が安い金融機関で開設することが重要です。 新規加入手数料 2,777円 国民年金基金連合会:月額手数料 103円 運営管理手数料 324円 事務委託先金融機関手数料 64円 三井住友信託銀行の運営管理手数料は「324円」に設定されています。 他のメガバンクよりも高額な金額設定と言えます。 運営管理手数料を無料に設定する金融機関も増えていますので、あえて高額な手数料を設定している金融機関で加入する理由はありません。 まとめ 今回は三井住友信託銀行のiDeCo(イデコ)をご紹介しました。 三井住友信託銀行の運営管理手数料は特に高額となっています。 更に、選択できる商品も同グループの商品ばかりと、お客さまをバカにしているかのようなサービスです。 加入を検討しているのであれば、他の金融機関で加入することを視野に入れながら検討することをおすすめいたします。

次の

LIFE GUIDE 三井住友信託 ライフガイド

三井 住友 信託 ライフ ガイド

三井住友信託銀行のiDeCo(イデコ)をご紹介します。 メガバンクの一角である、三井住友信託銀行は信託機能を持つ存在として特長があります。 この特長を活かし、多くのiDeCo(イデコ)加入者を集めているようです。 同行の公式サイトでは「DC加入者の5人に1人が三井住友信託銀行」と宣伝しています。 ただし、これは企業型確定拠出年金を含んでいるため、参考になりません。 企業型確定拠出年金の受託が多い、三井住友信託銀行ならではの宣伝方法です。 それでは、三井住友信託銀行のiDeCo(イデコ)をまとめていきます。 三井住友信託銀行iDeCo(イデコ)の商品構成 まず、三井住友信託銀行で投資が可能な商品をご紹介します。 各ジャンルにバランスよく商品を揃えていますが、選択肢は多いと言えない印象です。 定期預金• 三井住友信託DC変動定期5年• 三井住友信託DC固定定期5年 損害保険• 三井住友海上・積立傷害保険(5年) 国内債券• DC日本債券インデックス・オープンS 外国債券• DC外国債券インデックス・オープン• DC新興国債券インデックスオープン 日本株式• DC日本株式インデックス・オープン• DC・ダイワ・ストックインデックス225• DCリサーチ・グロースファンド• DCファンダメンタル・バリューファンド• 大和住銀DC日本株式ファンド• DCグッドカンパニー• シュローダーDCアクティブ日本株式• 三井住友・ライフビュー・日本株式ファンド 外国株式• ABグローバル・グロース・オポチュニティーズ(年金向け)• DC外国株式インデックス・オープン• DC新興国株式インデックスオープン バランス型• DCマイセレクション25• DCマイセレクション50• DCマイセレクション75• DC世界経済インデックスファンド 以上が、三井住友信託銀行で投資可能な商品になります。 これらの商品はほとんどが同行のグループ会社が販売している商品です。 こういった利益相反とも言える行為はあまりいい気分にはなりませんね。 三井住友信託銀行iDeCo(イデコ)の手数料 iDeCoを利用する上で、欠かせない手数料の詳細をご紹介します。 iDeCoは大きく分けて4つの手数料があります。 国民年金基金連合会:新規加入手数料(一律:2,777円)• 国民年金基金連合会:月額手数料(一律:103円)• 運営管理手数料:月額手数料• 事務委託先金融機関手数料:月額手数料(一律:64円) この4つの手数料のうち、3つはどこの金融機関で口座を開設しても一律です。 問題は3つ目の手数料「運営管理手数料」になります。 この運営管理手数料は金融機関ごとに自由に設定できるからです。 運営管理手数料は毎月、差し引かれる手数料です。 運用期間が長い、iDeCoだからこそ、この運営管理手数料が安い金融機関で開設することが重要です。 新規加入手数料 2,777円 国民年金基金連合会:月額手数料 103円 運営管理手数料 324円 事務委託先金融機関手数料 64円 三井住友信託銀行の運営管理手数料は「324円」に設定されています。 他のメガバンクよりも高額な金額設定と言えます。 運営管理手数料を無料に設定する金融機関も増えていますので、あえて高額な手数料を設定している金融機関で加入する理由はありません。 まとめ 今回は三井住友信託銀行のiDeCo(イデコ)をご紹介しました。 三井住友信託銀行の運営管理手数料は特に高額となっています。 更に、選択できる商品も同グループの商品ばかりと、お客さまをバカにしているかのようなサービスです。 加入を検討しているのであれば、他の金融機関で加入することを視野に入れながら検討することをおすすめいたします。

次の