ジャパン ラグビー トップ リーグ。 ラグビートップリーグのテレビ(地上波)・ネットでの中継・放送予定

九州ラグビーフットボール協会 |トップチャレンジリーグ

ジャパン ラグビー トップ リーグ

創設概要 [ ] これまでラグビートップリーグはトップリーグと各地域協会主催による(、、)の構成で行われていたが、・日本大会開催を念頭に、日本のラグビー界の更なる発展と強化・進化を目指す観点から、これまでの2部相当とされていた各地域リーグの上に、各地域リーグの成績上位クラブを対象としたトップリーグの2部リーグを作り、実力の拮抗した試合を数多く提供してレベルアップを図り、魅力のあるゲームを増やすことを目指している。 初年度参加チームは、• ・16位チーム。 2016-2017トップリーグ入替戦の結果• 入替戦で敗退したトップリーグ所属チーム。 入替戦で敗退・引き分けたトップチャレンジ1参加チーム。 トップチャレンジ2の2・3位チーム• ジャパンラグビートップチャレンジリーグ参入マッチの上位2チーム。 により決定された。 により、2. は、2. 1は該当なし、2. 2により・・の3チーム、3. により・の2チーム、4. により・の2チームが決まった。 なお2020-21シーズン以降はトップリーグを含めたリーグ再編が予定され、チャレンジリーグはトップリーグの3部としての機能が予定されている。 大会方式 [ ]• 年間各クラブにつき10試合、総合計40試合を、下記の2ステージ制で行う。 1stステージ 8クラブによる1回総当たり(各クラブ7試合)• 2ndステージ 1stステージの上位(1-4位まで)、下位(5-8位まで)の各4クラブずつによる1回総当たり(各クラブ3試合) 入れ替え制度(トップリーグ・チャレンジシリーズ) [ ] トップチャレンジリーグと間、トップチャレンジリーグと間の入れ替えはともに自動昇降格と入れ替え戦によるものである。 現在の形式(2018-2019シーズン) [ ] トップチャレンジリーグ・トップリーグ間 [ ] 順位 結果 トップリーグ13位 トップチャレンジリーグ4位と入れ替え戦 トップリーグ14位 トップチャレンジリーグ3位と入れ替え戦 トップリーグ15位 トップチャレンジリーグ2位と入れ替え戦 トップリーグ16位 トップチャレンジリーグ1位と入れ替え戦 トップチャレンジリーグ優勝 トップリーグ16位と入れ替え戦 トップチャレンジリーグ2位 トップリーグ15位と入れ替え戦 トップチャレンジリーグ3位 トップリーグ14位と入れ替え戦 トップチャレンジリーグ4位 トップリーグ13位と入れ替え戦• トップリーグの日程短縮により自動昇降格がなく、入れ替え戦枠「4」に変更。 トップチャレンジリーグ・地域リーグ間 [ ] 順位 結果 トップチャレンジリーグ7位 3地域チャレンジ2位と入れ替え戦 トップチャレンジリーグ8位 3地域チャレンジ1位と入れ替え戦 3地域チャレンジ1位 トップチャレンジリーグ8位と入れ替え戦 3地域チャレンジ2位 トップチャレンジリーグ7位と入れ替え戦• 自動昇降格がなく入れ替え戦枠「2」に変更。 過去の形式 [ ] トップチャレンジリーグ・トップリーグ間 [ ] 2017-2018シーズン [ ] 順位 結果 トップリーグ13位 トップチャレンジリーグ4位と入れ替え戦 トップリーグ14位 トップチャレンジリーグ3位と入れ替え戦 トップリーグ15位 トップチャレンジリーグ2位と入れ替え戦 トップリーグ16位 トップチャレンジリーグへ自動降格 トップチャレンジリーグ優勝 トップリーグへ自動昇格 トップチャレンジリーグ2位 トップリーグ15位と入れ替え戦 トップチャレンジリーグ3位 トップリーグ14位と入れ替え戦 トップチャレンジリーグ4位 トップリーグ13位と入れ替え戦• 前年までのトップチャレンジ同様、自動降格枠「1」、入れ替え戦枠「3」。 トップチャレンジリーグ・地域リーグ間 [ ] 2017-2018シーズン [ ] 順位 結果 トップチャレンジリーグ7位 3地域チャレンジ2位と入れ替え戦 トップチャレンジリーグ8位 各地域リーグへ自動降格 3地域チャレンジ1位 トップチャレンジリーグへ自動昇格 3地域チャレンジ2位 トップチャレンジリーグ7位と入れ替え戦• 自動降格枠「1」、入れ替え戦枠「1」。 トップチャレンジリーグからは8位が各所属の地域リーグへ自動降格、7位が入れ替え戦へ回る。 地域リーグからは各リーグの優勝チームが総当たりリーグ戦(3地域チャレンジ)を行い1位が自動昇格、2位が入れ替え戦出場となる。 参加チーム [ ]• の参加チーム。 前年(2018-2019)シーズンの成績上位順に記載。 太字は初年度(2017-2018)参加チーム。 チーム名 創設年 参加シーズン トップリーグ 在籍シーズン 練習グラウンド 優勝回数 備考 1984年 2019-2020〜 2010-2011、 2013-2014〜2018-2019 0回 2009-2010までは「豊田自動織機ラグビー部」 1966年 2019-2020〜 2006-2007〜2011-2012、 2013-2014〜2018-2019 0回 2005-2006までは「コカ・コーラウエストジャパンラグビー部」 2006-2007〜2013-2014までは「コカ・コーラウエストレッドスパークス」 1929年 2018-2019〜 2003-2004〜2004-2005、 2008-2009〜2017-2018 0回 トップリーグ創設時に参加 1962年 2018-2019〜 - 0回 1951年 2017-2018〜 2007-2008〜2009-2010、 2012-2013〜2013-2014 0回 1961年 2017-2018〜 - 0回 2001年 2017-2018〜 - 0回 前身:「新日鉄釜石ラグビー部」 1976年 2019-2020〜 - 0回 2000-2001までは「清水建設ラグビー部」 2001-2002よりクラブチーム化 過去に参加実績のあるチーム [ ] トップリーグ昇格 [ ] チーム名 創設年 参加シーズン 練習グラウンド 優勝回数 備考 1960年 2017-2018 1回 日野自動車レッドドルフィンズ 1950年 2017-2018 0回 現: 1994年 2018-2019 1回 2007-2008までは「NTTドコモ関西ラグビー部」 1981年 2017-2018〜2018-2019 0回 地域リーグ降格 [ ] チーム名 創設年 参加シーズン 現在所属する 地域リーグ 練習グラウンド 優勝回数 備考 1951年 2017-2018 0回 1987年 2017-2018〜2018-2019 0回 結果 [ ] 歴代リーグ戦結果 [ ]• シーズン 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 備考 三菱重工相模原 九州電力 マツダ 釜石シーウェイブス 中国電力 近鉄 釜石シーウェイブス 栗田工業 マツダ 九州電力 歴代自動昇降格・入れ替え戦結果 [ ] トップリーグ・トップチャレンジリーグ間 [ ]• 入れ替え戦の 太字チームが次シーズントップリーグ所属、引き分けの場合は規定によりトップリーグ所属チームの残留。 年 自動昇降格 入れ替え戦 枠数 トップチャレンジ トップリーグ トップチャレンジ 結果 トップリーグ 2017-2018 (1位) (16位) (2位) 20-17 (15位) 自動昇降格枠「1」 入れ替え戦枠「3」 (3位) 27- 27 (14位) (4位) 21- 40 (13位) 2018-2019 自動昇格なし 自動降格なし NTTドコモレッドハリケーンズ(1位) 33-24 コカ・コーラレッドスパークス(16位) 入れ替え戦枠「4」 三菱重工相模原ダイナボアーズ(2位) 31-7 (15位) 近鉄ライナーズ(3位) 11- 21 日野レッドドルフィンズ(14位) (4位) 0- 75 宗像サニックスブルース(13位) 2019-2020 新リーグ開幕に伴い昇降格なし トップチャレンジリーグ・地域リーグ間 [ ]• 入れ替え戦の 太字チームが次シーズントップチャレンジリーグ所属。 引き分けの場合は規定によりトップチャレンジリーグ所属チームの残留。 年 自動昇降格 入れ替え戦 枠数 トップチャレンジ 3地域チャレンジ トップチャレンジ 結果 3地域チャレンジ 2017-2018 (8位) (3地域チャレンジ・1位) (7位) 55-19 (3地域チャレンジ・2位) 自動昇降格枠「1」 入れ替え戦枠「1」 2018-2019 自動降格なし 自動昇格なし 釜石シーウェイブスRFC(7位) 41-7 中部電力 (3地域チャレンジ・2位) 入れ替え戦枠「2」 (8位) 28- 33 (3地域チャレンジ・1位) 2019-2020 新リーグ開幕に伴い昇降格なし 通算成績 [ ] 2018-2019シーズン終了時点• かつてあった地域リーグ• 出典 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

九州ラグビーフットボール協会 |トップチャレンジリーグ

ジャパン ラグビー トップ リーグ

関東協会、関西協会、九州協会のホームページをご確認ください。 当日会員証をご提示ください。 TicketRUGBYのご利用について• TicketRUGBYでのチケットご購入をご希望の方はTicketRUGBYへの別途利用登録が必要となります。 TicketRUGBYへメンバーズクラブ会員として利用登録、および一般会員からJRFUメンバーズクラブ会員へのアップグレードをご登録頂けるようになるまで、 ご入会手続きおよび会費ご入金完了から最大2営業日(土日祝除く)頂戴しております。 TicketRUGBYでのチケットご購入をご希望の方は、ご注意ください。 平日 月~金 以下時間までにご入会手続きおよび会費ご入金までを完了いただいた場合、翌日 土含 9:00以降、TicketRUGBYへの利用登録・メンバーズクラブ会員へのアップグレードが可能となります。 ・銀行振込でのお支払いの場合 平日(月~金)15時までにお振込ください。 ・コンビニ支払いの場合 平日(月~金)18時までにお支払いください。 ・クレジットカードでのお支払いの場合 平日(月~金)18時までにクレジットカード情報をご登録ください。 座席をご指定での購入をご希望の場合、TicketRUGBYをご利用いただく必要がございます。 ご不明な点などございましたら、以下事務局までお問い合わせください。 JRFUメンバーズクラブ事務局 TEL:03-5410-5527(平日 10:00~17:00) E-MAIL: 注1「招待券利用可能試合」について JRFUメンバーズクラブ会員特典の日本協会主催試合ご招待券の利用可能な試合です。 関東協会、関西協会、九州協会のホームページをご確認ください。 関東協会: 関西協会: 九州協会: 注2 先行入場について JRFUメンバーズクラブ会員は、一般会場より早くご入場がいただけます。 当日会員証をご提示ください。

次の

トップウェスト

ジャパン ラグビー トップ リーグ

ラグビートップリーグを視聴したい方はそれぞれのメリット・デメリットを確認して、自分の生活にあった観戦方法を試してほしい。 【目次】• 2-1 2-2 2-3 ラグビートップリーグ2020のテレビ放送予定 ラグビートップリーグ2020の地上波テレビ放送の予定はない。 しかし、衛星放送やケーブルTVを利用してラグビートップリーグ2020を観戦することは可能だ。 スカパーまたはJ:COM経由でJ SPORTSに加入すると視聴できる。 スカパーや、J:COMにすでに加入しており、視聴環境が整っている場合、コチラを利用すればお得に観戦が可能だ。 一方デメリットが4点ある。 観戦できる試合数が少ないこと• 月額料金が高い• 工事が必要なこともある• 視聴場所が限られる 1月に予定されている25試合のうち、衛星放送等での配信試合数は15試合と少ない。 もしスカパーやJ:COMに加入していない場合、月額料金が高い。 スカパーは2ヶ月目以降、2,944円(税込)かかる。 J:COMは月額5,342円(税抜)以上かかるうえに、工事などが必要となる。 また、テレビで観戦する場合、視聴は家に限られる。 視聴場所に囚われたくない場合は、ネット中継の利用をおすすめしたい。 ラグビートップリーグ2020のネット中継予定 ラグビートップリーグ2020のネット中継の可能性があるサービスが3つある。 J SPORTS• DAZN• U-NEXT(未定) それぞれ視聴可能な試合数、金額や視聴デバイスについてくわしく解説する。 J SPORTSの中継予定 J SPORTSでは、ラグビートップリーグ2020を全試合配信予定している。 月額の金額は以下の通り。 通常 U25割 ラグビーパック 1,800円(税抜) 900円(税抜) 総合パック 2,400円(税抜) 1,200円(税抜) もし25歳以下であれば、もっとも安く豊富な試合数を観られるのがJ SPORTSオンデマンドだ。 衛星放送では観られなかった試合もすべて観られる上に、オンデマンドを利用すれば、テレビやPC、スマホなど視聴デバイスも最大5台まで登録できる。 デメリットは、25歳以上の場合、ほかのサービスに比べて金額が割高に感じられる。 しかし、全試合配信が決定しているのは現時点ではJ SPORTSのみなので、利用してみる価値は高い。 DAZNでの中継予定 DAZNでも、12月20日にラグビートップリーグ2020の配信が決まった。 加入してから1ヶ月は無料で視聴が可能なうえ、プレミアリーグやNFLも視聴が可能。 幅広くスポーツが好きな人にぜひ加入してほしいサービスだ。 月額料金は以下の通り。 通常 docomoユーザー 1,750円(税抜) 980円(税抜) docomoユーザーや、他のスポーツも観戦したい人には最もお得といえる。 視聴デバイスもテレビやスマホ、タブレット、PCを利用でき、移動中の観戦もできる。 一つ懸念事項として、配信予定が不明な点がある。 全試合配信かどうかは、今後の情報を待たねばならない。 DAZNでは通常、中継放送以外にも見逃し視聴を準備している。 今回もそれらを利用できる可能性は十分にある。 U-NEXTでの中継予定 U-NEXT単体ではラグビートップリーグ2020を視聴できない。 NHK-BSで配信があった場合に利用できるサービスとして、NHK見逃し見放題パックとの併用が可能だ。 W杯ではこちらのサービスを利用し、NHKに加入せずとも試合を後追い視聴できた。 しかし、NHK-BSで現在ラグビートップリーグ2020の配信予定はない。 そのため、必ず観戦可能とはいえないのが現状だ。 もしNHK-BSで試合配信された場合、U-NEXTの基本料金に加え、NHK見逃し見放題パックへの加入が必要となる。 アニメや漫画、映画なども観られるサービスであり、初月無料なのはU-NEXTの強みだ。 視聴デバイスもスマホ、タブレット、PC、テレビにも対応可能だ。 しかし、• NHKで放送される可能性が少ない• 全試合ではない• 金額が高い といった点から、ラグビートップリーグ2020の視聴に関してはあまりおすすめできない。 トップリーグはネット視聴がおすすめ 視聴環境がすでに整っている場合、衛星放送を利用してみるのも一つ方法としてあげられる。 しかし、おすすめなのは全試合視聴が可能なJ SPORTSか、その他の数多くのスポーツも観ることができるDAZNがイチオシだ。 東京オリンピック開催前に行われるトップリーグは今年だけだ。 選手の気合も例年と一味違う。 思う存分に楽しめるサービスに加入してみてほしい。 関連記事: ・ ・ ・ ・.

次の