アベノマスク 届い た。 アベノマスクが意外なところから届いた!

〝アベノマスク〟が ついに届いた! 装着したり洗濯してライターが使い心地を徹底検証|ウォーカープラス

アベノマスク 届い た

アベノマスクは伸縮性がなく小さめで分厚い こちらが、我が家に届いたアベノマスク。 ガーゼっぽい布でできており、伸縮性はありません。 耳にかける部分はゴム製。 パッと見だと裏表は特になさそう。 ウイルス予防の観点から言えば裏表が途中で逆になるのは好ましくないので、印をつけるなどしておいた方がいいかも。 折りたたんだ布が4枚重ねになっているので、実質8重ということですね。 かなり分厚い。 ちなみに、布マスクは不織布マスクに比べると機能は低めです。 不織布マスクがあるなら、そっちを装着したほうがよいらしい。 布マスクは医療用不織布マスクよりもインフルエンザ症状などが起きやすいというランダム化比較試験。 我々は病院では絶対に使いません、布マスク。 — 岩田健太郎 Kentaro Iwata georgebest1969 ただ、なにもしないよりは着けておいた方がいいらしい。 マスクがどうしても手に入らない人がいるとすれば、重宝しそう。 ウイルスの侵入を防ぐ効果はほぼないが、聖路加国際大学の大西一成准教授(環境疫学)は、布マスクでも「つけないという選択肢はない」と話す。 一部の大きい飛沫が飛ばないようにすること、鼻やのどの粘膜を保湿・保温してウイルス感染を防ぐといった点は期待できるという 市販の不織布マスクと比較してみた 市販の不織布マスクと、アベノ布マスクを並べて比較してみました。 縦幅は同じくらいですが、横幅がかなり違う。 測ってみたところ、アベノマスクの方は9. 8cmでした。 重ねてみるとこの通り、大きさの差がわかりやすい。 不織布マスクのほとんどはプリーツ(ひだ)加工がしてあって、縦にも大きく広がります。 加えて鼻のあたりがフィットするような工夫がしてあるので、隙間ができにくい。 アベノマスクは伸縮性のない布を鼻や口に押し付けているだけなので、どうしても隙間ができやすいし鼻から顎まで綺麗に覆うのは難しい。 実際にマスクを着けて確かめてみましょう。 不織布マスク。 横は両耳の前あたり、上は鼻の頭まで、下は顎を包み込むくらいにまで伸びるので安心感がある。 アベノマスクは横が頬のあたり、鼻の付近はかなり隙間ができて心もとなく、顎の下までは届きません。 (顔の小さい人であれば届くかも…?) 安倍首相のマスク小さすぎるよなーといつも思ってたけど、これを着けてるとすれば納得。 例えば父の知り合いが作ってくれたという布マスクは立体的に作ってあり、鼻や口が覆いやすくなっていました。 大きさも十分。 家族・友人・知り合いで心得のある人がいるなら、作ってもらった方が使いやすく機能性の高いものが手に入るかも。 布マスクのクオリティは当然作る人によると思いますが、アベノマスクはそれほどクオリティが高いものではないので、やはり使用の優先度は布マスクの中でも低めになりそうです。 あとがき 小さめな上に縮むし隙間ができやすく、手洗いもかなり面倒で手間も時間もかかる。 利用の優先度としてはかなり低くなりそうですが、それでも飛沫を多少防いだり、顔を触りにくくするといった一定の効果は見込めます。 着けないよりはいい。 マスクが手に入らない方は、せっかくなので活用していきましょう。

次の

〝アベノマスク〟が ついに届いた! 装着したり洗濯してライターが使い心地を徹底検証|ウォーカープラス

アベノマスク 届い た

ハヤシモト:クソ昭和なノリはやめてください、令和のこの時代に! マスクですよマスク。 マツオカ:おお! 4月7日に閣議決定した、緊急経済対策に基づいて、全国の世帯に向けて、一住所あたり2枚ずつ布製マスクを配布することが決定したというあのマスクか! ハヤシモト:すげえ詳しいじゃないですか……。 そうです、そのマスクが届いたんです。 マツオカ:うちのポストにはまだ届いていなかったなぁ。 ハヤシモト:地域差は多少あるみたいですね。 でもどんなマスクがどのような形で届くのかと期待していたので今日は持ってきちゃいました! マツオカ:よし、さっそく開封してみよう。 ガサガサ……。 マスク2枚、3密を避ける注意喚起の冊子が同封されていた 心配した汚れや髪の毛混入は無かった! ハヤシモト:ネットではマスク汚れや髪の毛の混入があったりと少し心配していましたが、僕らのは大丈夫そうですね。 中面を見てみると、マスクの洗濯方法や日常生活で気をつけることなどが詳しく記載されています。 中身はマスクの洗濯方法、日常生活でコロナを防ぐ術が記載されていた マツオカ:これはご存じの方も今一度、原点に立ち返り熟読したほうがいいかもね。 マスクのニオイと形状を確認! ハヤシモト:では、肝心のマスクを見てみましょう……あたり前だが、ガーゼや布の類のスメル…つまりマスクの匂いがします。 それ以上でもそれ以下でもない、通常のマスクの匂いです……。 2枚のマスクは個別に包装されている マツオカ:国会の匂い、首相官邸の匂い、華麗なる一族たる安倍家の匂い…様々な思いを巡らせていた自分を殴ってやりたくなったよ。 我々はいったい何を期待していたのだろう。 ハヤシモト:ちなみにマスクの形状は一昔前の学校の給食当番が使っていたような、昔ながらの形状で蛇腹式などではない、キレイな長方形をしていますね。 マツオカ:それにほら、口、鼻を覆い隠す布部分は5枚の布が重なった構造をしているな。 5枚構造の布地でウイルスをシャットダウン! ハヤシモト:裏表の区別は特にないようですね。 実際に装着してみた。 マツオカ:じゃあ実際に付けてみろよ。 ハヤシモト:そうですね最も大事なのは付け心地です。 これがダメでは話にならないですから。 マツオカ:きっと安倍さんがマスク不足に悩む国民のために、夜な夜な吟味してくれた最高の付け心地に違いない。 ハヤシモト:……。 いざ、マスクを装着 マツオカ:どうだ? ・・・・・・ ハヤシモト:……。 マツオカ:どうなんだい!? ハヤシモト:……マスクだ! マツオカ:!! ハヤシモト:……純粋なマスクです! 使い捨ての蛇腹式のマスクに慣れている人には少し重みを感じるかもしれませんが、これは許容範囲内ですね。 マツオカ:これでコロナの魔の手から逃れられるのならば無問題だな。 洗濯して使えるのが〝アベノマスク〟の真骨頂だが、果たして? ハヤシモト:そして布マスクの特性ともいえよう「洗濯して繰り返し使える」といった点。 さっそく同封されていた紙に書いてある通り、洗濯機を使わず丁寧に手洗いし、陰干しをしてみましょう。 マツオカ:同封されていた紙には「多少縮む」と書いてあったが……。 洗濯、乾燥中…… ハヤシモト:さあ、乾いたマスクを見てみましょう。 マツオカ:おお、特に縮んでいる様子もなく問題なし! 〝アベノマスク〟を洗濯すると多少の縮みを覚悟していたが無問題でした。 ハヤシモト:これなら何度でも繰り返し使えて便利ですね。 安倍さんマスク万歳! 結論:残念なところもあるが、国難を乗り切るには使える。 マツオカ:ん~、でも唯一残念だったのがマスクの形状かな。 大きさの関係でマスク装着時に大きく口をあんぐりと開けると、顎に布が引っ張られ全体的に下に下がってしまうんだよね。 大口を開けると鼻がマスクからコンニチハしてしまう…… ハヤシモト:たしかに鼻が丸出しになってしまいますね。 マツオカ:これでは知人との会話中に爆笑などしようものなら鼻が飛び出してしまい、防御力が半減してしまう。 男性の目線からみたら、もう一回りくらい大きくてもよかったかもしれないね。 一般的な紙マスクとの大きさの違い ハヤシモト:しかし洗濯をして再利用ができるという点は評価できますね。 現在でも薬局、コンビニ等でマスクの品薄状態が続いているご時世のなかでは非常にありがたいですよ。

次の

アベノマスクが意外なところから届いた!

アベノマスク 届い た

<届いたアベノマスクを使っていますか?> ・利用している 2人 ・自分は利用していないが、家族が利用している 3人 ・家族全員利用していない 36人 ・その他 2人 家族が利用している人を含めて、利用者はわずか5人という結果になりました。 ここからは届いた人、届いていない人、それぞれのコメントをご紹介していきます。 (大阪府・41歳) 完全に駄策だったと言わざるを得ません。 3日前に届きましたが、近所のドラッグストアで多少割高ながらも普通に手に入る時期。 わが家の場合、花粉症やアレルギー対策のため子どもたちのサイズのものも含めてかなりのストックがもともとあったため、必要なところへ適切に送ってほしかったと心から思います。 (島根県・43歳) 最初の「虫や髪の毛が入っていた」「カビていた」など不衛生な報道のイメージがあり、検品しているとはいえ気持ち的に使いたくないと思ってしまい使用していません。 布マスクはいただきものや自分でも調達してすでに手元にあるので、政府からの支援はわが家としては必要なかったです。 口コミを見ていると、「洗うと縮む」「小さすぎて不自然」などの声もあって実用的ではないと感じています。 実際、閣僚の方も使っているのは総理だけで足並みがそろっていない感はあります。 施策が始まる前から賛否ありましたが、現時点においても変わらず不必要な施策であり使わなくてよい税金が消費されたという印象をもっています。 (東京都・30歳) 賛否わかれますが、文句はだれだって言えると思います。 あの時点で迅速にマスクが必要だったことは事実だし、方法はもっとベターなものがあったかもしれないけれど、そこまで馬鹿にされて、こき下ろされるモノでもないと思います。 緊急事態宣言のタイミングも遅すぎたと言われますが、他国の被害状況に比べると軽いものだと思っています。 もっと早く、こんなに無症状で広がって、特定の人を重症化させてしまうとわかっていたら、志村けんさんも岡江久美子さんもご無事だったのかもと思うととても残念に思います…。 首相もだれがやっても厳しい時代だと思います。 だれかに変わっても劇的に変わるとは思えない。 (大阪府・45歳) アベノマスクにかかった費用を別の補償に当ててほしかったと切に願います!!! 届いた以上は「ベツノマスク」としてリメイクし、子どもたちに使わせようと考えていますが…いまだ袋に入ったまま放置しています(笑) (京都府・31歳) 使ってみましたが、正直、粗悪品なので、いらないと思いました…夫には小さくて、カバーをかけて使用しましたが、使いにくいとのこと。 そして、緊急事態宣言が解除された日に届いたので、今更感があります。 5月下旬の現在だと、普通にスーパーでもマスクが販売されているし、県でもマスク券(一世帯にマスク2箱購入できる券)が配布され、すでに買いおきしておきました。 同じ布マスクを配るなら、立体型のものが欲しいですね。 (石川県・42歳) 今はマスクも手に入るようになってきているので、寄付しようか次の流行に備えて保管しておこうか迷っている。 マスクよりもほかのところにお金を使った方がよかったとは思うが、もらえるなら有効に使いたい。 (北海道・35歳) 小学生の娘でさえ税金の無駄遣いだと言っている。 どうしてだれも止めなかったのか疑問で仕方ないです。 どうやっていろんなことを話し合い、決定しているのか。 会見や国会等を見るたびに、ほかにはだれも着けていない状況を見て、安倍さんは裸の王様なのではないかと思っています。 (神奈川県・47歳) 日本史の汚点だと思います。 (京都府・34歳) マスクに使うのではなく、コロナでも通常どおりがんばって働いている医療や飲食、スーパーなどの小売業、流通業の企業に給付手当を手厚くするべきだったのではないかと思う。 (福井県・37歳) みんな文句を言いすぎ。 マスクをするだけでも効果はあるのに単にストレスのはけ口に安倍首相叩きをおもしろがっている感じ。 コロナは予想外の出来事。 (神奈川県・41歳) 布だと夏はとくにつけにくいので、数枚使い捨てをもらえる方がよかった。 (千葉県・34歳) 以上、読者のリアルな声をご紹介しました。 マスクを手にするも手にしないも、全員が当事者になっている今、国に対して思うことは人それぞれ。 厚生労働省は、当初「5月中に配布を終える」としていたアベノマスクでしたが、全世帯に行き渡るにはまだまだ時間がかかりそうです。 <取材・文/ESSEonline編集部>.

次の