葉酸 サプリメント おすすめ。 葉酸サプリメントのおすすめ3選!効果や比較する方法は?

【妊活】におすすめの葉酸サプリ※無添加で安全なもの厳選5選

葉酸 サプリメント おすすめ

妊活中や妊娠中のプレママ、産後の授乳中のママに必要といわれている 葉酸サプリ。 赤ちゃんの健康を思うと、安全な葉酸サプリを選びたいですよね。 中でも、厚生労働省が定めた基準をクリアしているGMP準拠基準工場で作られた商品がおすすめです。 そこで、妊婦さんやママ達に口コミで人気の商品を厳選してピックアップ。 葉酸サプリの効果や飲み方についても併せて詳しくご紹介します。 目次 -項目をクリックで該当箇所へ- すぐにおすすめの葉酸サプリが知りたい方は「」からチェックしてみてくださいね。 葉酸サプリの効果とは?妊活中・妊娠中に必要? 妊活中の女性や妊娠中の妊婦さんであれば、葉酸サプリの効果や必要性を一度は耳にしたことがあるでしょう。 葉酸サプリの必要性が叫ばれて久しいですが、そもそも妊娠や赤ちゃんにどのように影響し、どのような効果があるのでしょうか。 厚生労働省なども葉酸サプリの摂取を推奨 「葉酸」とは、ほうれんそうの葉から発見された水溶性ビタミンである「ビタミンB」の一種。 2000年、厚生労働省により葉酸摂取を推奨する通知が出されたことによって、妊活中・妊娠中の女性から大変注目を集めた栄養素です。 その他にも、次のような専門機関が葉酸サプリの必要性を発表しています。 上記のような各機関の研究結果によって、今では多くの不妊治療の病院やクリニックにおいて、妊娠を計画している女性に葉酸サプリの摂取をおすすめしています。 また、母子手帳にも妊娠中の葉酸摂取をおすすめする記載があります。 神経管閉鎖障害とは、妊娠初期の脳や脊椎がつくられる過程で異常が起こるもので、最悪のケース死産にも繋がる恐れのある「無脳症」や、その他にも歩行障害などに繋がる二分脊椎のことです。 葉酸サプリを摂取することで、少しでも障害のリスクを減らし、赤ちゃんが健康に産まれてきてくれる可能性が高まるのであれば、積極的に摂取したいものですね。 頻度は低いですが、「巨赤芽球性貧血」の原因になります。 味覚が落ちたり、食欲が低下したりわかりにくい症状もあります。 もうひとつはメンタルヘルスにも影響が。 葉酸は「ビタミンM(メンタル)」とも呼ばれており、メンタルヘルスとの関係性が深いビタミンといえます。 妊娠中や産後はホルモンバランスの関係もあり、イライラしたり不眠やうつ症状を訴える女性も多いため、葉酸サプリを積極的に摂ることで症状がよくなる可能性があります。 葉酸は食事から十分に摂るのは難しい 栄養素としての葉酸は、バナナ、レバー、うなぎ、緑黄色野菜(特に枝豆、ホウレン草、ブロッコリーなど)に多く含まれています。 しかし、必要な葉酸を実際に食事から摂取しようとすると、葉酸が比較的多く含まれているバナナでも1日に20本も食べなければいけないなど、現実的に難しいといえるでしょう(特に、つわりのひどい妊婦さんにとっては大変苦しいですね)。 さらにいうと、葉酸は水溶性ビタミンのため、摂取しても尿から出ていってしまい、体内に残る栄養分が少なくなるのが困りもの。 そのため本来の葉酸の効果を得るには、排出される分だけ、どんどん新たに摂取し続けなければいけないのです。 食事だけだと不足する葉酸はサプリで摂取を もちろん日常から野菜、お肉、お魚、果物と、バランスよい食生活を送り、食事から葉酸を摂取するのは理想的です。 しかし、葉酸は水や熱、光に弱いため、調理方法によっては栄養を損失してしまうことが多く、意識的に葉酸を多く含む食品を食べていたとしても不足がち。 残念ながら葉酸は、普通の食事だけでは毎日の必要量を摂取するのは難しい栄養素なのです。 必要な葉酸をきちんと一定量摂り続けるためには、葉酸はサプリから摂取するのがおすすめ。 安心できる葉酸サプリの選び方は? 妊活中から妊娠中、産後まで長い付き合いになる葉酸サプリ。 ママと赤ちゃんが共に健康に過ごすためにも、安心して飲み続けられる安全なサプリを選びたいですよね。 事前に、成分や第三者基準などを調べたうえで、安心できる葉酸サプリを購入しましょう。 葉酸サプリを選ぶ際に、大切な基準は次の4点です。 合成葉酸(モノグルタミン酸型)であるか• 葉酸は高濃度含まれているか• GMP準拠工場で作られているか• 栄養素が過不足なくバランスよく配合されているか 合成葉酸(モノグルタミン酸型)であるか 葉酸サプリに使われる葉酸には、「天然葉酸」と「合成葉酸」がありますが、厚生労働省がおすすめしているのは合成葉酸(モノグルタミン酸型)の摂取です。 天然葉酸によって、胎児の先天性障害のリスクを軽減したというデータはありませんのでご注意ください。 仮に、天然葉酸で400㎍の葉酸を摂取する場合、吸収率の違いから2倍もの800㎍を摂取する必要があるそうです。 葉酸は必要量含まれているか サプリでの摂取が推奨されている1日当たりの合成葉酸(モノグルタミン酸型)400㎍を毎日摂り続けるためには、十分な葉酸の摂取量が含まれている葉酸サプリを選びましょう。 「葉酸サプリ」と謳っていても、少量しか含まれない商品もあります。 配合量をしっかりチェックしましょう。 GMP準拠基準工場で作られているか 「GMP」とは「Good Manufacturing Practice(適正製造規範)」の略称。 原材料の受け入れから、製造、出荷まですべての工程において、製品が「安定」かつ「一定の品質」で作られていることを示す厚生労働省が定めた基準です。 サプリメントは、外から見ても飲んでも、中にどのような成分が含まれているのか、表示された情報以外からはわからないですよね。 だからこそ、本当に安全な葉酸サプリを選ぶためには、安心できる販売者かどうか、安心できる生産体制かどうかを確認することが大切です。 栄養素が過不足なくバランスよく配合されているか 妊娠期・産後の授乳期は赤ちゃんの成長のためにも、普段より多くの量の栄養素を意識的に摂取する必要があります。 ビタミン・ミネラルが妊娠期の必要量配合されているかは、葉酸サプリを選ぶ上でも大切なポイントのひとつ。 葉酸の吸収・働きを助けてくれる、ビタミンB12、ビタミンC、つわりを緩和することで知られているビタミンB6は葉酸と一緒に取るのがおすすめです。 また、特に妊娠中期以降に不足しがちな「鉄分」はビタミンCと、骨の元となる「カルシウム」はビタミンC・ビタミンD・マグネシウムと一緒に摂取することで吸収率がアップすると言われています。 GMP認定工場で製造しています。 多くの葉酸サプリはビタミン・ミネラルの種類数が豊富でも、配合量が少なく、必要量を満たせないケースも多いもの。 しかし、アロベビーは種類だけでなく、妊娠期必要量を100%配合。 葉酸を効率よく摂取し、鉄分の吸収率をアップするビタミンC、つわり対策のビタミンB6もしっかり配合しているので妊活~授乳期まで飲み続けられます。 赤ちゃんの発育をサポートする乳酸菌・DHAを配合 さらに、乳酸菌やDHAなど赤ちゃんのトータルな発育に関わる成分9種類を厳選して配合しています。 赤ちゃん発育サポート成分が配合された葉酸サプリはアロベビーだけ。 飲みやすさにもこだわった9mmの粒は「錠剤は苦手だけど、つるっと喉を通りやすい無味無臭で、辛いつわり時期も難なく飲めた」と口コミでも好評。 葉酸サプリ特有のにおいが気になって続けられなかった人にもおすすめのサプリです。 定期便は回数縛りがなく、いつでも休止・解約が可能なのも安心。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 2.AFC 出典:464981. com 栄養バランスとコスパの良さが人気 楽天で葉酸サプリの口コミ件数が5年連続で1位の定番商品。 他の葉酸サプリと比較しても1ヶ月当たりの価格が安く、コスパ面で人気の葉酸サプリです。 サプリの粒は8mmになるように、小さく改良。 合成葉酸を中心に鉄分やカルシウム、葉酸を効率的に摂取するための各種ビタミンも配合しています。 また、国内の工場で製造された最終錠剤は放射性セシウムのスクリーニング検査を実施しています。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 3.はぐくみ 出典:www. hugkumiplus. net 天然葉酸と合成葉酸がダブルで摂れる葉酸サプリ 天然にこだわった、オーガニックレモンから搾った葉酸を配合したサプリ。 バランスのとれた食生活に自信がなく、食事からの葉酸摂取が不足しがちな人にもおすすめ。 妊娠中に必要な成分、ビタミン・鉄分を国産野菜22種から抽出。 品質にもこだわり、GMP認定工場で医薬品レベルの品質・安全管理をおこなっています。 粒の大きさは直径9mmで、においや形状など、飲みやすさも追求しています。 定期コースの継続縛りがなく、いつでも休止・解約できるのもおすすめポイント。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 4.プレミン 出典:premin. 妊活~妊娠15Wあたりの「プレミン」、妊娠16Wあたり以降からの「プレミン16w」、産後授乳期の「プレミンママ」と、3つのステージでわけることにより、それぞれの時期に合わせて理想的な栄養成分の配合を実現しています。 GMP認定工場製品マークに加え、日本サプリメント評議会による安心安全マークプラスを取得。 着色料や保存料を使用していません。 さらに残留農薬、ヒ素、食物アレルギーなどの検査もクリアしており、他の葉酸サプリと比べても非常に安全性が高い、おすすめのサプリです。 葉酸の働きをサポートするビタミンB6やビタミンCはもちろん、鉄を5mgしっかり配合しており、本当に必要な成分が必要量しっかりカバーされています。 粒の大きさは直径9mm、厚さ4. 5mm。 においを極力抑えて飲みやすくなるように工夫さています。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 5.マカナ 出典:na-shop. jp 「日本産マカ」を配合したオールインワン妊活向けサプリ 日本産マカが主原料でありながらも、モノグルタミン酸型葉酸、ビタミン、ミネラルなどもしっかり配合された、栄養バランスの良いオールインワン妊活向け葉酸サプリ。 葉酸の働きをサポートするビタミンB6・ビタミンCの他にも、「妊娠ビタミン」とも呼ばれるビタミンEが配合されています。 GMP認定工場で製造され、放射能検査を実施済み。 香料・着色料・保存料が無添加です。 不妊カウンセラーとの電話相談や管理栄養士による食事&栄養指導サービスなどの特典付き。 夫婦で一緒に安心して飲める、妊活中の人におすすめしたいオールインワン葉酸サプリです。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 6.ララリパブリック 出典:andhabit. com 徹底した品質管理のもと製造された葉酸サプリ ララリパブリックの葉酸サプリは、「GMPマーク」と「安心・安全マーク」の2つを取得。 徹底した品質管理のもとで製造され、審査をクリアしたものだけを出荷しています。 8種類の野菜をミックスした野菜パウダーは産地にこだわり国産を使用。 残留農薬試験・放射能試験済みなので安心です。 いかにも「サプリメント」といった感じではない、野菜をイメージした可愛らしいパッケージデザインも人気のポイント。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 7.ママニック 出典:mamanic. jp 葉酸以外のビタミンB群もしっかり配合 200人のママたちの声で開発された葉酸サプリ。 妊活中から産後の授乳中まで、女性に必要な成分を必要な量だけ配合したサプリを目指して作られています。 GMP準拠工場、放射能テスト、残留農薬テストをクリアし、安全基準にもこだわっているので安心です。 着色料、香料、人工甘味料、保存料、膨張剤が無添加。 粒の大きさは9mmサイズ。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 8.ベルタ 出典:www. amazon. jp モンドセレクション受賞の売れている葉酸サプリ 酵母にモノグルタミン酸の葉酸を含有させた「葉酸含有酵母」の葉酸サプリ。 GMP認定工場で製造しており、放射能濃度検査・残留農薬試験を実施済みです。 また、ヒアルロン酸、黒酢もろみ、ツバメの巣などの美容成分を5種類配合しているのも特徴です。 粒の大きさは9mmサイズ。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 9.美的ヌーボプレミアムPlus 出典:bitekitown. com ビタミン・ミネラルがしっかり摂れるサプリ 100%天然成分にこだわった美的ヌーボのサプリメント。 1日分(5粒)が1袋ずつ個別包装されています。 ビタミン・ミネラルがしっかり配合されており、葉酸の働きを助けてくれる、ビタミンCや鉄分、カルシウムもカバーしています。 ただし、厚生労働省が推奨している合成葉酸(モノグルタミン酸型)ではないので注意。 放射線セシウム検査済み。 アメリカ政府機関の食品医薬品局(FDA)が定めたcGMP基準の工場で製造しています。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 10.ピジョン 葉酸カルシウムプラス 出典:www. rakuten. jp 鉄分も配合された大手「ピジョン」の葉酸カルシウムプラス 比較的安価に手に入るため、コスト重視派に人気の薬局でも売られている市販の葉酸サプリ。 飲みやすい小粒で1日2粒、負担なく続けられます。 ただし、鉄分の吸収力を高めるビタミンCは配合されていません。 GMP準拠基準の工場ではない点を理解したうえでの購入をおすすめします。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 11.DHC 葉酸 出典:www. dhc. 1日の摂取目安量が1粒なので、葉酸をとにかく手軽に摂りたいという人におすすめです。 また、葉酸と一緒に摂ると効率的なビタミンB6、ビタミンB2も配合。 ただし、ビタミンC、鉄分、カルシウムが配合されていないので、食生活のバランスに合わせて選ぶことをおすすめします。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 12.アサヒ ディアナチュラ葉酸 出典:www. dear-natura. com 圧倒的な高コスパが人気 手頃な価格で人気のディアナチュラ葉酸。 健康補助食品GMPを取得した国内自社工場で、原料の受け入れから製造出荷まで一元管理体制で製造しています。 香料・着色料・保存料無添加。 粒はつるりとした表面で飲みやすさも〇。 ビタミンC、鉄分、カルシウムが含まれていないので、普段の食生活のバランスに合わせて選ぶのがおすすめです。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

次の

薬局の市販葉酸サプリはおすすめ?選び方や注意点・コツなどご紹介

葉酸 サプリメント おすすめ

母子手帳にも、葉酸の重要性について記述されるようになりました。 妊娠初期に葉酸が不足すると、赤ちゃんが神経管閉鎖障害という先天障害になるリスクが高まります。 妊娠初期は妊娠に気づかない女性も多いことから、妊活中から十分な葉酸を摂取することが望ましいとされています。 引き続き、葉酸の摂取を意識するとよいでしょう。 葉酸サプリをはじめ、一般的にサプリメントの多くには添加物が使用されています。 添加物と聞くと、身体に悪いものというイメージがあるかもしれませんが、国内で使用されているものは、安全を保つための基準が定められています。 しかし、サプリメントを過剰に摂取したり、複数のサプリメントを同時に摂取したりすると、身体に悪影響が出てしまう可能性もあります。 たとえば、添加物のなかには「賦形剤(ふけいざい)」というものがあり、サプリメントを決まった形状に整える際に使います。 賦形剤として使用されることの多い乳糖は牛乳由来の成分で、過剰に摂りすぎると下痢が起こることがあります。 セルロースやマグネシウムといった賦形剤も、過剰摂取によって体調に変化を与える可能性が考えられます。 妊娠中は貧血になりやすく、私も検査に引っかかって鉄のサプリメントを飲んでいましたが、この商品なら葉酸に加えてたっぷりの鉄を摂取できるので一石二鳥です。 モノグルタミン酸型の葉酸を配合しているので葉酸の吸収効率も良いですよ。 また、におい軽減のために植物由来の素材でコーティングされています。 つわりで食が進まない方には嬉しいポイントですね。 女性の葉酸摂取が習慣化しているフランスやアメリカで支持を集めている、モノグルタミン酸型の葉酸です。 鉄分や美容成分など、葉酸以外にも女性にとってうれしい成分を豊富に含んでいます。 厳選した国産野菜を原料として使用している点や余分な添加物を使用していない点も特長です。 においを抑えるためにコーティングするなど、飲みやすさにもこだわっています。 1ヶ月からの定期購入も可能なので、気軽に試せる商品ですよ。 合成の葉酸は、天然に存在する葉酸よりも体内への吸収率が高くおすすめです。 また、葉酸だけでなく女性が不足しやすい鉄やカルシウムも配合されています。 妊娠中つわりでつらいときにこのサプリメント一つで栄養が補完できるのは有難いですね。 また、原料の最終加工国まで開示しているのはとても信頼できます。 お手頃価格でリピートしやすいのも魅力的です。 mitete葉酸サプリは、こだわりの品質と手頃な価格が魅力の葉酸サプリです。 粒の大きさは飲みやすいといわれている8mmで、においをおさえるコーティングがされています。 販売会社は50年近くの歴史を持ち、薬剤師・管理栄養士や妊娠出産経験のあるスタッフのサポートを受けることができますよ。

次の

葉酸サプリ ファースト葉酸|アサヒのサプリ ディアナチュラ

葉酸 サプリメント おすすめ

葉酸サプリメントを選ぶ基準 まずランキングに入る前に、どんな基準で葉酸サプリメントを飲めば良いのか選び方をおさらいをしておきましょう! 葉酸サプリメントを選ぶ基準は簡単に5つあります。 葉酸の含有量が推奨摂取量を満たしている• 葉酸と一緒に摂取しておきたい成分が含まれている• 妊娠中に飲んでも抵抗がない粒の大きさや臭いである• 危険な添加物が添加されていない• 放射能や農薬検査が行われている 以上の5つが、葉酸サプリメントを選ぶ基準となります。 それぞれの項目について詳しく見ていきましょう。 葉酸の含有量が推奨摂取量を満たしている 葉酸は厚生労働省が胎児の神経管閉鎖障害といった障害のリスクを下げるとして、栄養補助食品から摂取することを勧めている栄養素です。 妊娠中に必要とされている葉酸の摂取推奨量は480㎍。 このうち、厚生労働省が葉酸サプリメント等の栄養補助食品から摂取するべきだと発表しているのは400㎍です。 つまり、飲む葉酸サプリメントには400㎍の葉酸が含まれている必要があります。 葉酸と一緒に摂取しておきたい成分が含まれている 葉酸だけ摂取することも大切ですが、妊活中・妊娠中となると葉酸以外にも摂取しなければいけない栄養素がたくさんあります。 その栄養素の中でも特に妊活中・妊娠中に必要とされているのは下記の5つ。 ビタミンB6• ビタミンB12• ビタミンC• カルシウム ビタミンB6はつわりの症状を軽減する働きをし、ビタミンB12やビタミンCは葉酸やミネラル成分の吸収効率を良くする働きをします。 そして鉄分は妊娠中の貧血防止に役立ったり、カルシウムは赤ちゃんの骨の形成を助けたり、母体が骨粗しょう症になるリスクを下げてくれます。 特に妊娠中は赤ちゃんの成長のために大量に消費するため、どれも葉酸と一緒に合わせて摂取しておきたいものです。 これらの栄養素も葉酸サプリメントに含まれていることが選ぶ基準となりますよ。 妊娠中に飲んでも抵抗がない粒の大きさや臭いである 「赤ちゃんのためなら、粒の大きさや臭いは関係ない!」と思っているプレママが多いと思いますが、実は大きさや臭いが原因でつわり時に飲めなくなることがあるんです。 つわりが酷い方であれば、何かを飲み込むことが辛くなったり、臭いに過敏に反応してしまます。 そういったつわり時にこそ、足りない栄養素を補ってくれる葉酸サプリメントなのに、大きさや臭いが原因で飲めないとなれば本末転倒ですよね。 「普段からサプリメント慣れしているから大丈夫」という方なら大丈夫かもしれませんが、サプリメント初心者の方は葉酸サプリメントを選ぶときに注意するようにしましょう。 危険な添加物が添加されていない 妊活中・妊娠中のプレママであれば、特に気にする項目だと思います。 添加物は母体にだけ影響を与えるのであればまだしも、時には赤ちゃんにも非常に危険な影響を与える危険性があります。 危険な添加物には下記のようなものがあげられます。 甘味料(アスパルテーム・ステビア)• 着色料(コチニール色素、赤色1号、黄色2号、黄色5号、カラメル色素)• 保存料(パラオキシ安息香酸イソブチル、パラヒドロキシ安息香酸イソブチル)• 酸化防止剤(ジブチルヒドロキシトルエン、エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム)• 防カビ剤• 粘着剤(ポリリン酸ナトリウム、ピロリン酸ナトリウム、メタリン酸ナトリウム)• 乳化剤• 賦形剤(マルトース、麦芽糖)• 発色剤 中には奇形を及ぼすリスクを上げると言われているものもあるため、これらの添加物は出来るだけ含まれていないことが望ましいでしょう。 放射能や農薬検査が行われている 葉酸サプリメントを選ぶときに、放射能や農薬検査が行われていることも非常に重要です。 放射能、農薬が母子ともに悪影響だというのは何となく理解できますよね。 しっかりと国に認められた『GMP認定工場』で検査されているサプリメントを選ぶと、より安心して飲むことが出来るので選ぶときの基準として覚えておきましょう。 葉酸サプリメントランキング!おすすめ10選! お待たせしました! それでは、以上の選ぶ基準を踏まえた上でどの葉酸サプリメントを選べば良いのか、ランキング形式でご紹介していきますよ! 第1位: ララリパブリック 葉酸サプリランキングで1位にランクインしたのは株式会社Brighterで出している『ララリパブリック』です。 この葉酸サプリは葉酸サプリを選ぶ5つの基準を全てクリアしています。 もちろん葉酸だけが含まれているわけじゃなく、国産野菜のミックスパウダーを配合していろんな野菜の栄養素も摂取できちゃいますよ。 サプリの形状も小さめの錠剤タイプなので喉に引っかかることなく簡単に飲むことができますし、無添加処方なので体への心配もありません。 これほど素晴らしい商品がなんと定期購入で2,980円から飲み始められる事を考えれば、葉酸サプリ選びに困っている人はもう答えが出たのではないでしょうか。 ただ、添加物はサプリを固めるために『結晶セルロース』というものを使用しているんですが、この添加物はベジママを1日で飲み干すような過剰摂取しない限りは体に悪影響が出ることはないので安心してください。 その添加物の点を除けば、葉酸の含有量もばっちりですし、検査ではGMPの取得以外にも放射能物質の基準値をクリアしているので安全面も問題ありません。 また、ベジママには『ピニトール』という成分も含んでおり、この成分は不妊治療にも効果があると期待されているので、ベジママは妊婦さんはもちろんのこと、妊活をしている人にもおすすめな葉酸サプリとなっています。 第3位:ベルタ葉酸サプリ 私が3位にランクインさせたのは株式会社ビーボが出している人気葉酸サプリ『ベルタ葉酸サプリ』です! どうしてベルタ葉酸サプリをランクインさせたのかと言うと、先ほど紹介した選ぶ基準を全て満たしているサプリだからなんです。 その他にもベルタ葉酸サプリにはDHAやEPAといった、赤ちゃんの脳の発達を助けるといった成分が入っているのも魅力的。 またベルタでは、妊活中・妊娠中・出産後の女性へ向けた手厚いサポートがあります。 このサポートは、電話やメールでベルタの先輩ママさん達に葉酸サプリについての質問や妊娠中の悩み、育児の不安などを相談することが出来るんです。 サプリや相談窓口を通して元気な赤ちゃんづくりから、育てるところまで全力でサポートしてくれる頼もしい存在ですよ! 第4位:美的ヌーボプレミアム 4位にランクインしたのは株式会社フックで販売している『美的ヌーボプレミアム』です。 4位にランクインさせた理由としては、こちらも必要な栄養素がきちんと含んでおり、危険な添加物が含まれていない、そして検査もしっかりとしているという点です。 さらに美的ヌーボプレミアムにもDHAやEPAを含んでいるため、赤ちゃんの脳の発達に関しても考えられているサプリメントになっています。 最近では有名人の平愛梨さんが愛用していたとして有名ですよね! ただ、今回4位になってしまったのは粒が大きいという点が原因です。 臭いは気にならないのですが、サプリメント慣れしていない方だとちょっと飲みにくさを感じてしまうかもしれません。 その代わりに美的ヌーボプレミアムの粒には真ん中に割れ目があるため、半分に割ってゆっくり飲めば楽に飲むことが出来ます。 割るのがちょっと手間だなあなんて方にはオススメできない葉酸サプリメントになっています。 第5位:オーガニックレーベルの葉酸 5位にランクインしたのは株式会社ミーロードで販売している『オーガニックレーベル』です。 これも基本的には葉酸の含有量をクリアし、粒の大きさや臭いの心配はない葉酸サプリメントです。 もちろん添加物の心配はなく、オーガニックと名前にあるように化学肥料や農薬に頼らない天然の素材を使用しています。 また、オーガニックレーベル最大の魅力は、103種類の豊富な天然原料が含まれているという点です。 その中にはマカやザクロといったホルモンバランスを整えてくれるものや、生姜や高麗人参といった冷え症対策になる素材が含まれています。 実際に飲んだ口コミの中には、冷え症に効いたというママさんもいるので、体が冷えやすい体質の方には嬉しいものです。 ただ5位となってしまった理由は、鉄分、カルシウム、ビタミンCの配合無いという点。 これらは、妊娠中にとても大切な栄養素であるため、葉酸とセットで飲んでおきたいのですが、残念ながらオーガニックレーベルには含まれていません。 そのため、「ミネラルとか他の栄養は別にいらないから、とにかく葉酸と野菜を多く摂取したい!」というママさんにはオススメです。 第6位:プレミン 6位はゲンナイ製薬株式会社で出している『プレミン』です。 プレミンは葉酸量・その他の栄養素・粒の大きさや臭い・検査といった4つの選ぶ基準をクリアしています。 また、プレミンは有名な魔裟斗さん矢沢心さんご夫妻が夫婦で飲んでいたとして有名です。 葉酸は男性にも非常に重要な栄養素ですから、夫婦で使用することが出来る点は魅力的ですよね。 ただ、今回6位となってしまったのは光沢剤という添加物が使用されている点。 プレミンが光沢剤を使用しているのは、鉄分がヘム鉄を利用しているという部分が関係しています。 ヘム鉄は体に吸収されやすい鉄分であるため好ましい成分なのですが、臭いが非常にきつく、つわり時であれば「とってもじゃないけど、飲めない!」なんていう成分でもあります。 しかし光沢剤を使用すると臭いを抑えることが出来るため、プレミンでは光沢剤が使用されているんです。 プレミンに使われている光沢剤はシェラックと呼ばれ、健康に被害が出たという報告はされておらず安心して飲むことが出来るようです。 ただ添加物と聞くとちょっと良い気持ちはしませんよね。 この点を気にしないのであれば、とてもおすすめ出来るサプリメントです。 第7位:ママニック 7位にランクインしたのはレバンテ株式会社の葉酸サプリ『ママニック』です。 ママニックもプレミンと同じ4項目をクリアしています。 ママニックの良い点としては、他の葉酸サプリには見られない有胞子乳酸菌が含まれているという点。 この有胞子乳酸菌というのは、本来胃酸などでやられてしまう乳酸菌をコーティングして守っているため、生きたまま腸まで届けることが出来る乳酸菌になっています。 そのため、腸内改善に役立ち、 妊娠中の便秘の悩みを改善することが出来るようになっているんですよ! ただ、どうして6位になったのかというと、有胞子乳酸菌がいくら含まれているかの表記がないという点と、添加物の光沢剤が使用されている点。 本来乳酸菌をメインにしているサプリやヨーグルトなんかではしっかりと含有されている乳酸菌の量を表示しているものですが、ママニックには表記が見られません(目安としてヨーグルトは約100億個)。 そもそも乳酸菌は数億個入っていてやっと効果が表れるものなので、本当にママニックが便秘に効果的なのかは少々疑問が残るとことです。 また、添加物の光沢剤も、妊娠中の身にとってはあまり摂取するのは好ましくないでしょう。 確かにママニックに使われている光沢剤は蜜蝋と呼ばれるミツバチから分泌される天然のロウを使用しています。 これは安全性に問題が無いと言われていますが、『添加物』と言われるとちょっと抵抗があるものです。 このような点を気にしないのであれば、ママニックも十分おすすめ出来る葉酸サプリメントですよ! 第8位:AFC葉酸サプリmitete 8位は株式会社AFCの葉酸サプリである『AFC葉酸サプリmitete』です。 これも添加物以外の4つの項目をクリアしている葉酸サプリメント。 では、どうして今回7位になってしまったのかというと、複数の添加物の使用が見られたことが理由です。 使用されている添加物は下記になります。 還元パラチノース• セルロース• 還元麦芽糖水飴• ピロリン酸第二鉄• HPC• ステアリン酸Ca• 増粘多糖類• トウモロコシたん白 以上の8つです。 どれも大量の摂取でなければ体に害は及びませんが、妊娠中に飲むサプリとしては少々疑問に残る部分でもあります。 どうしても気になるという方は、直接問い合わせた上で購入することをおすすめします。 第9位:はぐくみ葉酸 9位にランクインしたのは、株式会社はぐくみプラスの『はぐくみ葉酸』です。 はぐくみ葉酸は葉酸の含有量が500㎍と非常に高い含有量になっているのが特徴的。 はぐくみ葉酸には天然の葉酸であるポリグルタミン酸型葉酸100㎍と合成葉酸のポリグルタミン酸型葉酸を400㎍配合しているハイブリッド葉酸です。 このハイブリッド葉酸は他の葉酸サプリには見られない葉酸であり、これがはぐくみ葉酸のウリといっても過言ではありません。 他の葉酸サプリに比べると、必要十分の葉酸をしっかりと摂ることが出来ます。 では、どうして8位になったのでしょうか。 理由は価格の高さと独特な酸味臭です。 まず価格についてですが、定期購入であれば3980円と安いものの、通常購入であれば6980円もします。 はぐくみ葉酸を選ぶメリットとしては葉酸の含有量が多いという点だけですから、この価格はちょっと高いかなあといった印象です。 続いて酸味臭について、レモンの強い酸味臭がするためママさんによっては、つわり時に苦手になる方が多いかと思います。 以上の2点が気にならない方であれば、十分安心して飲むことが出来る安全な葉酸サプリメントです。 第10位:みんなの葉酸 10位は株式会社マザーリーフの『みんなの葉酸』です。 みんなの葉酸は葉酸量・その他の栄養素・粒の大きさや臭い・添加物の4つの基準をクリアしている葉酸サプリです。 今回どうして9位になってしまったのかというと、DHA・EPAといったサポート成分があまり見られないことや、目立った特徴が無い部分です。 そして、GMP認定工場を通っているのか曖昧なため、低い評価となってしまいました。 ただ、GMP認定工場かは曖昧ですが、しっかりと第三者機関での放射線検査と農薬検査を行っているとのことだったので、安全性への心配は必要ないかと思います。 どうしてもGMP認定工場でなければいけないとか、もっと目立った特徴が欲しいなんて方でなければ、十分おすすめ出来る葉酸サプリメントとなっていますよ! 第11位:amoamo 11位にランクインしたのは株式会社bip Internationalの葉酸サプリ『amoamo』です。 これは有名人の蛯原友里さん(エビちゃん)の妹がプロデュースしたサプリメントとして、有名な葉酸サプリメント。 今回11位になってしまった理由は、妊娠中に飲むサプリメントとしては、配合されている栄養素の種類が少ないかなあといった印象です。 ただ、ばっちりとサプリで栄養を摂る必要がまだ無い妊活中の方には、ちょうどいい葉酸サプリメントなのかもしれません。 ランキング外の葉酸サプリメントはダメなの? それでは今回葉酸サプリメントランキングにランクインしなかったサプリメントにも、目を向けてみたいと思います。 DHC葉酸サプリ• ピジョン葉酸サプリ• ネイチャーメイド葉酸• エレビット• ディアナチュラ葉酸• パティ葉酸サプリ ここでは上記の5種類の葉酸サプリについて、どうしてランクインさせなかったのか、その理由について1商品ずつ見ていきましょう。 DHC葉酸サプリ サプリメントの定番といって良いほど有名なDHC。 DHCにも葉酸サプリがちゃんとあって、販売されています。 今回ランクインしなかった理由は、「妊娠中に飲むにはあまりにも栄養素が入ってなさすぎる」という点です。 このDHC葉酸サプリメントには葉酸400㎍・ビタミンB6・B12が入っているものの、ビタミンCや鉄分、そしてカルシウムといった成分は入っていないので、妊婦さんの栄養補給に十分とは言えません。 妊活中・妊娠中のママ向けというよりは、健康管理向けに飲むのに適しています。 そのため、残念ながら今回は10位にランクインしませんでした。 ピジョン葉酸サプリ ピジョン葉酸サプリはピジョン株式会社で出している葉酸サプリメント。 これは、たまごクラブといったママ向け雑誌など幅広く掲載されているので、知っているママさんも多いでしょう。 今回ピジョン葉酸サプリがランクインしなかったのは、DHCと同じく鉄分やカルシウム、ビタミンC等が含まれておらず、葉酸を始めとするビタミンB群しか摂取できないからです。 これも妊娠中に飲むのであれば少し配合している栄養素が足りないため、あまりおすすめは出来ません。 もし、妊婦さんではなく健康目的で飲むのであれば、試してみても良いかもしれませんね。 ネイチャーメイド葉酸 ネイチャーメイド葉酸は大塚製薬株式会社から出されている葉酸サプリメント。 今回ネイチャーメイド葉酸をランクインさせなかった理由は、葉酸以外の栄養素が全然取れないという理由です。 このネイチャーメイド葉酸にはビタミンB6・ビタミンB12といったビタミンB群も含まれていないため、本当に葉酸だけ摂取したい人にしかおすすめ出来ません。 ただ大塚製薬という有名な会社で作られているため信用性が高く安心して飲むことが出来るサプリメントでもあります。 エレビット エレビットはバイエル薬品株式会社から出されている葉酸サプリメント。 今回ランクインさせなかった理由は配合している添加物に疑問が残るという点と、配合している葉酸・鉄分の量が多すぎるという点です。 気になる添加物としては着色料の酸化チタンとカルミン酸の2種類。 この2種類はどちらも母子の体に決して良いとは言えないでしょう。 それに、カルミン酸はコチニール色素の別名なので、上記で紹介した添加物の一種でもあります。 また、エレビットに含まれている葉酸の量は800㎍を越えていて、鉄分も21. 5㎎配合しています。 この配合量は1日の耐久摂取量(上限摂取量)1000㎍を越えていないとは言え、誰もここまで摂取しなさいなんて言っていません。 その日の食事内容によっては、過剰摂取する恐れもあるので、もしエレビットを飲むというのであれば過剰摂取に注意しましょう。 ただ、エレビットは製薬会社で販売している葉酸サプリです。 信頼性においては非常に強く、海外では62ヵ国で愛され飲まれています。 食事からの栄養摂取が厳しいという方にはおすすめ出来るサプリメントでしょう。 ディアナチュラ葉酸 ディアナチュラ葉酸はアサヒフードアンドヘルスケア株式会社で出している葉酸サプリメント。 今回これをランクインさせなかったのは、他のサプリ同様に鉄分・カルシウム・ビタミンC等が配合されていないため、妊活中・妊娠中向けのサプリメントとしては物足りないという理由です。 ただし、アサヒという有名で安心できる会社で作られているため品質には問題がなく、こちらも健康管理のために飲みたいという方にであればおすすめです。 パティ葉酸サプリ パティ葉酸サプリは株式会社トミプロが出している葉酸サプリメント。 今回ランキングに入れなかった理由は、ビタミンB6・B12・Cの含有量が少なく、今まで紹介した葉酸の中では少し臭いがきつい葉酸サプリメントだからです。 特にビタミンB12とビタミンCの含有量が少ない点は、葉酸とミネラル成分の吸収がスムーズにいかない可能性があります。 ましてつわりの軽減に働くと言われるビタミンB6もあまり含まれていないとなると、10位内の葉酸サプリメントよりも劣るかなあといった印象受けました。 ただ、葉酸を摂取する目的、そして無添加の葉酸サプリを飲みたいというのであれば、非常に魅力的な葉酸サプリメントですよ! そもそもどうして葉酸サプリメントを飲まなきゃいけないの? そもそもどうして妊婦さんは葉酸サプリメントを飲まなければいけないのでしょうか? その理由について説明していきます。 葉酸は妊娠中のあらゆるリスクを軽減してくれる そもそも葉酸というのは、ホウレンソウから発見された水溶性のビタミンです。 葉酸は人間の体の中で、血行促進に働いたり細胞の働き促進するといった役割があります。 この役割のおかげで、妊娠中の貧血予防や、胎児の神経管閉鎖障害といった障害が生じるリスクを軽減してくれるわけです。 そのため、厚生労働省を始めとする様々な機関で、妊婦さんが葉酸を摂取することを推奨しているんですよ。 食事から摂取した葉酸は吸収されにくい 実は食事から摂取できるポリグルタミン酸型葉酸だと中々体内に吸収されず、吸収率は約50パーセントだと言われています。 また葉酸は調理によって減ってしまうので、たくさん葉酸を摂取したとしても実際の数値より低い量の葉酸を摂取してしまうことになります。 その結果、葉酸不足が深刻化し、厚生労働省がこれを問題視しているんです。 対して、サプリメントに含まれているモノグルタミン酸型葉酸(合成葉酸)は、体内吸収率85%と非常に効率が良く、その摂取した葉酸のほとんどが体内に吸収されます。 したがって厚生労働省は、サプリメント等の健康補助食品から『合成葉酸』を摂取することを推奨している訳なんですよ。 中々浸透しない葉酸サプリメント でも、「合成ってなんだか不安」と心配になる方も多いでしょう。 いくら厚生労働省で推奨しているからといって、お腹の中に赤ちゃんを抱えている以上、へたに口に出来ませんよね。 でも、これってサプリメントに『危険』という意識があるからでは無いでしょうか? 実はこれは日本の悪い特徴なんです。 海外ではサプリメントで健康管理をするというのが日常茶飯事で、妊婦さんの多くは、しっかりと葉酸サプリを飲んでいます。 実際にオーストラリアでは、「妊娠したら葉酸サプリ」と言うぐらいメジャーで、病院からも葉酸サプリの摂取を勧められているんですよ! ぜひ『元気な赤ちゃん』を産むためにも、葉酸サプリで積極的に葉酸を摂取していくことが大切でしょう。 どのくらい葉酸サプリを続けたらいいの? 葉酸サプリを続ける期間は一般的に妊活期から授乳期が終わるまで毎日摂取することが大切だと言われています。 葉酸の摂取量は時期によって変化しているのでしっかりとチェックしておきましょう。 今回は各時期の葉酸摂取量についてまとめてみたので、参考にご覧ください。 妊活期(非妊娠時) 妊娠初期 妊娠中期 妊娠後期 授乳期 240㎍ 480㎍ 480㎍ 480㎍ 340㎍ 妊娠後は妊娠前の約2倍の葉酸を摂取しなければいけないことが分かりますね。 また、「え、出産した後も?」と思った方もいるでしょう。 実は出産した後の授乳期も葉酸を摂取することは非常に大切。 なぜなら、赤ちゃんに飲ませる母乳は元々血液から出来ているからです。 栄養満点の母乳を届けるためにも、サプリメントからの積極的な葉酸摂取をおすすめしますよ! 葉酸サプリメントランキングまとめ 葉酸サプリメントを選ぶ基準は分かりましたか? 葉酸サプリには非常にたくさんの種類があって、それぞれの妊娠時期やニーズによって選ぶべき葉酸サプリメントは異なっています。 自分に合う葉酸サプリメントが果たしてどれなのか、今回提示した選ぶ基準をもとにじっくりと考えてから購入するようにしましょう。 何といっても、『元気な赤ちゃん』を産むために必要な葉酸です。 『元気な赤ちゃん』を産むために必要な葉酸サプリメントがどれなのか、しっかりと見極めて買うようにしたいものですね。

次の