バイク 中古 中型。 沖縄のバイク・中古バイク・パーツは沖縄専門【クロスバイク】

中型バイクはこれだけで買取価格がアップします

バイク 中古 中型

2ストロークエンジン(2スト)は、古い日本の軽自動車や2輪の世界に採用され、ほとんどの原付が2ストだったのですが、現在は環境保護の観点から減少傾向にあり、国内のバイクではもう製造することができません。 2ストがどのようなものであるのか? なぜ採用されていたのか、考えてみたことはあるでしょうか。 結論からいうと、2ストロークエンジン(2サイクルエンジン)は爆発までの流れが、「2工程(ピストン1往復)」で一連の流れを完結するエンジンであり、4ストロークエンジンと比べて、シンプルかつ低排気量で高い出力が得られる点に魅力あります。 このことは、2ストが4ストに比べ、同じ排気量であれば「ピークパワーが高い」という特徴にもつながり、さらにコンパクトに軽いエンジンを作ることが可能です。 2ストは以下「上昇工程」「下降工程」に分けられます。 混合気(圧縮したもの)を爆発させ、下にピストンを押しさげ、さらに排気を行います。 4ストと比べて、2ストがどのようなメリットやデメリットがあるのかについては、下記となります。 2ストバイクは、「小型でありながら高出力」で「パワーの爆発力」が評価されており、現在でも根強いファンが多くいます。 エンジンを高回転域からブイブイ言わせたいのであれば、2ストバイクを選択する価値はあるといえるでしょう。 それでは、2ストのおすすめバイクを紹介しますので、参考にしてください。 1970年代、自動車排出ガス規制が北米を中心に強化されていく中、2ストの使用が厳しくなっていきました。 このような背景をバックに当時最後の2ストモデルを作るという思いから誕生したのが「RZ」です。 Rは、本来であれば350ccをヤマハ社内で意味している記号なのですが、あえて使用し、「Z」は水冷という意味と、最後の文字から転じて「究極の」という意味も込められています。 エンジンは、ボア・ストロークの水冷2ストローク並列2気筒のレイアウトを採り、当時では同排気量ではトップとなる35psを発揮。 当時の最新アイテムを装備し、初期型のホワイトモデルのパールペイントは、とくに美しい輝きを放ちます。 (以前はソリッドホワイトである) 250ccのバイクでありながら、400ccクラス以上(排気量4スト)に渡り合える性能であったことも魅力的なポイントです。 「2スト・ピュアスポーツの集大成」というコンセプトで開発された「RZ250」。 1980年8月にRD250の後継として登場し、発売当初は大ヒットを記録(14700台)し、購入者が後を絶たなかったRZシリーズは、ヤマハ製2ストスポーツバイクの代名詞でもあるといっていいでしょう。 発売当初のバイクは、30年以上の時が経っているため、程度のいいものは高額(100万円前後)になるようです。 メンテナンスのことも含め、古いバイクを購入する際には、信頼することができるバイクショップから購入することをオススメします。 RZ250は人気のバイクであるため、中古平均価格は高めですが60万円前後の価格帯も出回っています。 NSR250Rは、大きく MC16(第1世代) MC18(第2世代) MC21(第3世代) MC28(第4世代) の4世代に分けることができます。 ここでは、4つの車体形式に分けて特徴や価格相場を見ていきましょう。 つまり、完成度の高いエンジンは初期型にしてすでにできていたということになります。 このV型エンジンは、軽量コンパクトで「振動を大幅に低減」。 これにより、大きく操縦性に影響しています。 すでにRCバルブ(排気時期を制御)もすでに採用されており、中低速域~高速域まで扱いやすくムラの少ないバイクとなっています。 ・NSR250R「MC16型」の価格相場 30年以上のバイクであるため、状態の良いものを見つけるのは難しいかな? と思われるかもしれませんが、案外多く見つけることが可能です。 外装がキレイで価格も目をむくような値段ではない(35万円台もある! )ため、お買い得といえるでしょう。 さらに、エンジンはコンピュータ制御(PGM となり、最高出力は60馬力。 (当時は馬力規制がなかった) さらに、MC18型の勢いはとまらず、また翌年にモデルチェンジを実施。 しかし、馬力規制が入るようになったためエンジンの最高出力は過激なものではなくなっています。 (しかし、50馬力以上はでる) ・NSR250R MC18型の価格相場 MC18型は「最強のNSR250R」といわれ、一番人気は規制前の1988年式モデルで100万円以上も確認することができます。 しかし、スタンダードのモデルで1989年式であれば50万円以下の車体がありますので、お買い得といえます。 (1993年式には更に馬力規制がかかり40馬力におさえられているが、チャンバーの変更で解消することは可能です。 ) ・NSR250R MC21型の価格相場 MC21型は完成度が高いといわれており、速くて乗りやすく、価格の高騰が続いています。 また、販売期間も1990~1993年と長いため部品も手に入りやすい点も魅力的で、100万円を超える車体も多くあります。 2ストはなぜ気持ちよく走れるのだろうか? ズバリ言えば、低速系の粘りと中高回転時のシャープな吹き上がりといえる。 とくにこれは、60年代からカワサキが好んで採用しているロータリーディスクバルブにしかできない味といえます。 翌年には、「KR250S」と早くもマイナーチェンジし、低中速域での出力特性の向上となっています。 (排気デバイスKVSSを装備)また、1988年「KR」はフルモデルチェンジをし、エンジンは全く別物に変更された「KR-1」が誕生。 (パラレルツイン)さらに翌年には、KR-1S・KR-1Rへと進化しています。 1984年に発売のKR250は、レーサーモデルKR250(KR350)のエンジンレイアウトを意識したもので、249㏄で180度タンデムツイン2ストローク水冷エンジン(2つのシリンダーを前後に配置する独特なエンジンのレイアウト)この独特のエンジンにパワーは45馬力、足回りは3段階調整を備えたフロントフォーク。 5段階調整と4段階の衰退力調整を可能にしたリアショック等、高性能を存分に発揮するための機能が奢られている。 RG400rは、スズキがバイクメーカーとして持っている技術を惜しむことなく投入し、速く走るために製造されたバイクです。 この頃の(1980年代の)2ストレプリカマシン群の頂点に君臨していたバイクといっていいでしょう。 最高出力は59馬力であるものの、軽量化へのこだわりが功を奏して、快適な走りを実現しています。 とくに、常にスムーズなパワーデリバリーは、ピークパワー時も扱いやすいスロットル特性を実現。 コーナリング中に深いバンク姿勢を取った時でもアクセルコントロールが容易な点もポイントといえるでしょう。 さらに排気量をアップしたRG500rも魅力的ではありますが、RG400rには高回転時のエンジンの扱いやすさから生まれる排気量を超えた「驚く速さ」があります。 また、当時のスズキ車の中でハンドリングの安定性もきわめて高かったこともあり、「乗りやすいバイクこそ速さに直結する」ということを知らしめた存在でもあります。

次の

中型バイク(〜250cc)の新車・中古バイクの人気総合ランキングを見る|ウェビック バイク選び

バイク 中古 中型

フルカウルのスポーツはロングツーリングに向いていないと考える人も多いですが、CBR250Rの場合は足付きも良く極端な前傾姿勢にならないため長距離のライディングも楽にこなすことができます。 また、リアシートをスライドすればリアフェンダー上部に小物入れが出現。 スポーツタイプのバイクには難しかった利便性を高めた1台です。 2014年を最後に生産は中止され、現在では中古バイクとして流通しているCBR250Rですが、未だに根強い人気を誇ります。 今でこそドラッグスター250などの国産アメリカンが続々と登場していますが、V-TWIN MAGNAが登場した1993年当時は現在のような国産アメリカンバイクの市場は小さいものでした。 250ccでありながらもどっしりとした大柄なボディと大きなシートはロングツーリングにおいても疲労を感じづらく、どこまでも走って行けそうな開放感を与えてくれます。 V-TWIN MAGNAに跨って走り出した瞬間に爽快な気持ちにさせてくれるバイクです。 ビッグスクーターならではの安定感と快適性、そして抜群の収納力を誇ります。 クラッチ操作が不要で100km以上のロングツーリングでも足が疲れず、まるで自動車に乗っているかのような居住性の高さが自慢です。 フロントに装備されたシールドも高速走行時に大きな役割を果たしてくれ、運転席のバックレストも腰への負担を緩和してくれます。 街乗りとしても活用でき、中古バイクとしての人気も高いです。 さらにイモビライザーやセキュリティゲート、シャッター付きキーシリンダーなど、何重もの盗難対策が可能。 ロングツーリングで宿泊したり、キャンプに出かける際には高いセキュリティが装備されていることで安心して休むことができるはずです。 アウトドア派ならスカイウェイブ250の中古バイクは候補の一台と言えるのではないでしょうか。 ビッグスクーターのような収納スペースや装備が充実している車種ではありませんが、走りそのものを楽しむという意味では他のどのバイクよりもおすすめできる1台です。 KAWASAKIの代名詞でもあるNinjaブランドを背負っている以上、250ccであっても少しの妥協も許さない姿勢が垣間見えます。 最高出力37psのエンジン、大径のディスクブレーキ、給排気系に至るまであらゆる点においてストレスのない走りを提供してくれるバイクでで、中古バイク市場で根強い人気があります。

次の

ロングツーリングにおすすめの中古バイク5選~250cc(中型バイク)編~

バイク 中古 中型

2ストロークエンジン(2スト)は、古い日本の軽自動車や2輪の世界に採用され、ほとんどの原付が2ストだったのですが、現在は環境保護の観点から減少傾向にあり、国内のバイクではもう製造することができません。 2ストがどのようなものであるのか? なぜ採用されていたのか、考えてみたことはあるでしょうか。 結論からいうと、2ストロークエンジン(2サイクルエンジン)は爆発までの流れが、「2工程(ピストン1往復)」で一連の流れを完結するエンジンであり、4ストロークエンジンと比べて、シンプルかつ低排気量で高い出力が得られる点に魅力あります。 このことは、2ストが4ストに比べ、同じ排気量であれば「ピークパワーが高い」という特徴にもつながり、さらにコンパクトに軽いエンジンを作ることが可能です。 2ストは以下「上昇工程」「下降工程」に分けられます。 混合気(圧縮したもの)を爆発させ、下にピストンを押しさげ、さらに排気を行います。 4ストと比べて、2ストがどのようなメリットやデメリットがあるのかについては、下記となります。 2ストバイクは、「小型でありながら高出力」で「パワーの爆発力」が評価されており、現在でも根強いファンが多くいます。 エンジンを高回転域からブイブイ言わせたいのであれば、2ストバイクを選択する価値はあるといえるでしょう。 それでは、2ストのおすすめバイクを紹介しますので、参考にしてください。 1970年代、自動車排出ガス規制が北米を中心に強化されていく中、2ストの使用が厳しくなっていきました。 このような背景をバックに当時最後の2ストモデルを作るという思いから誕生したのが「RZ」です。 Rは、本来であれば350ccをヤマハ社内で意味している記号なのですが、あえて使用し、「Z」は水冷という意味と、最後の文字から転じて「究極の」という意味も込められています。 エンジンは、ボア・ストロークの水冷2ストローク並列2気筒のレイアウトを採り、当時では同排気量ではトップとなる35psを発揮。 当時の最新アイテムを装備し、初期型のホワイトモデルのパールペイントは、とくに美しい輝きを放ちます。 (以前はソリッドホワイトである) 250ccのバイクでありながら、400ccクラス以上(排気量4スト)に渡り合える性能であったことも魅力的なポイントです。 「2スト・ピュアスポーツの集大成」というコンセプトで開発された「RZ250」。 1980年8月にRD250の後継として登場し、発売当初は大ヒットを記録(14700台)し、購入者が後を絶たなかったRZシリーズは、ヤマハ製2ストスポーツバイクの代名詞でもあるといっていいでしょう。 発売当初のバイクは、30年以上の時が経っているため、程度のいいものは高額(100万円前後)になるようです。 メンテナンスのことも含め、古いバイクを購入する際には、信頼することができるバイクショップから購入することをオススメします。 RZ250は人気のバイクであるため、中古平均価格は高めですが60万円前後の価格帯も出回っています。 NSR250Rは、大きく MC16(第1世代) MC18(第2世代) MC21(第3世代) MC28(第4世代) の4世代に分けることができます。 ここでは、4つの車体形式に分けて特徴や価格相場を見ていきましょう。 つまり、完成度の高いエンジンは初期型にしてすでにできていたということになります。 このV型エンジンは、軽量コンパクトで「振動を大幅に低減」。 これにより、大きく操縦性に影響しています。 すでにRCバルブ(排気時期を制御)もすでに採用されており、中低速域~高速域まで扱いやすくムラの少ないバイクとなっています。 ・NSR250R「MC16型」の価格相場 30年以上のバイクであるため、状態の良いものを見つけるのは難しいかな? と思われるかもしれませんが、案外多く見つけることが可能です。 外装がキレイで価格も目をむくような値段ではない(35万円台もある! )ため、お買い得といえるでしょう。 さらに、エンジンはコンピュータ制御(PGM となり、最高出力は60馬力。 (当時は馬力規制がなかった) さらに、MC18型の勢いはとまらず、また翌年にモデルチェンジを実施。 しかし、馬力規制が入るようになったためエンジンの最高出力は過激なものではなくなっています。 (しかし、50馬力以上はでる) ・NSR250R MC18型の価格相場 MC18型は「最強のNSR250R」といわれ、一番人気は規制前の1988年式モデルで100万円以上も確認することができます。 しかし、スタンダードのモデルで1989年式であれば50万円以下の車体がありますので、お買い得といえます。 (1993年式には更に馬力規制がかかり40馬力におさえられているが、チャンバーの変更で解消することは可能です。 ) ・NSR250R MC21型の価格相場 MC21型は完成度が高いといわれており、速くて乗りやすく、価格の高騰が続いています。 また、販売期間も1990~1993年と長いため部品も手に入りやすい点も魅力的で、100万円を超える車体も多くあります。 2ストはなぜ気持ちよく走れるのだろうか? ズバリ言えば、低速系の粘りと中高回転時のシャープな吹き上がりといえる。 とくにこれは、60年代からカワサキが好んで採用しているロータリーディスクバルブにしかできない味といえます。 翌年には、「KR250S」と早くもマイナーチェンジし、低中速域での出力特性の向上となっています。 (排気デバイスKVSSを装備)また、1988年「KR」はフルモデルチェンジをし、エンジンは全く別物に変更された「KR-1」が誕生。 (パラレルツイン)さらに翌年には、KR-1S・KR-1Rへと進化しています。 1984年に発売のKR250は、レーサーモデルKR250(KR350)のエンジンレイアウトを意識したもので、249㏄で180度タンデムツイン2ストローク水冷エンジン(2つのシリンダーを前後に配置する独特なエンジンのレイアウト)この独特のエンジンにパワーは45馬力、足回りは3段階調整を備えたフロントフォーク。 5段階調整と4段階の衰退力調整を可能にしたリアショック等、高性能を存分に発揮するための機能が奢られている。 RG400rは、スズキがバイクメーカーとして持っている技術を惜しむことなく投入し、速く走るために製造されたバイクです。 この頃の(1980年代の)2ストレプリカマシン群の頂点に君臨していたバイクといっていいでしょう。 最高出力は59馬力であるものの、軽量化へのこだわりが功を奏して、快適な走りを実現しています。 とくに、常にスムーズなパワーデリバリーは、ピークパワー時も扱いやすいスロットル特性を実現。 コーナリング中に深いバンク姿勢を取った時でもアクセルコントロールが容易な点もポイントといえるでしょう。 さらに排気量をアップしたRG500rも魅力的ではありますが、RG400rには高回転時のエンジンの扱いやすさから生まれる排気量を超えた「驚く速さ」があります。 また、当時のスズキ車の中でハンドリングの安定性もきわめて高かったこともあり、「乗りやすいバイクこそ速さに直結する」ということを知らしめた存在でもあります。

次の