肉豆腐 すき焼きのタレ。 【しゃぶしゃぶ&すき焼きお取り寄せまとめ】東京肉しゃぶ家の配送メニューに今半の肉通販!木曽路の持帰りも

基本の「すき焼きのタレ(割り下)」レシピ

肉豆腐 すき焼きのタレ

突然ですが、ご自宅にすき焼きのタレは余っていませんか? 鍋が美味しい季節に活躍するすき焼きのタレですが、 暖かくなるにつれて出番が少なくなり、 余らせてしまうご家庭も多いのではないでしょうか? 実はすき焼きのタレで、子供から大人まで美味しく食べられるレシピが たくさんあるんです。 すき焼きのタレは主に 醤油• みりん• 出汁が入っており、 既に調味料が合わさっている状態です。 我が家の場合、醤油や調理酒を大きめボトルで購入しても、 使い切れずに賞味期限を切らしてしまったり。 何より冷蔵庫の中が狭くなってしまうのが嫌で、 普段は小サイズのものを購入するようにしているのですが… それはそれで、使いたい時に足りなくなってしまったり、 そのまますっかり買い忘れてしまったりと、上手に調味料の管理ができずにいました。 日頃からすき焼きのタレなどの、 もともと調味料が合わさっている状態のタレを日常的に使用すれば、• 他の調味料も無駄なく消費できること• 簡単に味付けできるので調理時間をグッと時短できること などメリットがあります。 すき焼き以外では煮物くらいにしか使用機会がないのでは… と思っていましたが、 調べてみると様々なメニューに使えることがわかりました。 ここではすき焼きのタレの簡単時短レシピをご紹介します! [この記事でわかること] すき焼きのタレで簡単時短レシピ! すき焼きのタレとドレッシングで カフェ風ランチプレート! 刺身用マグロを食べやすい大きさにカットして、 すき焼きのタレとごま油に5分ほど漬ける• 器に移し、カイワレ大根を盛り付けて完成! おうちで簡単にハワイ料理! 写真のようにワンプレートに盛り付けると、 お洒落なカフェメニューのようで気分も上がります。 加熱工程が一切なく、暑くなるこれからの時期にオススメの、 漬けて盛り付けるだけの簡単レシピです。 お魚好きな我が子はこのメニューが大好きで、 大人にとってはおつまみにもなり、様々なシーンで活躍しています。 生卵やゴマをかけたり、簡単に味の変化を楽しむことができます。 お刺身はお子様が食べれることを確認してから食べさせてあげてくださいね。 材料は卵とかまぼこのみ 子供が大好きな卵丼 [材料] 卵…4個 笹かまぼこ…3〜5枚 すき焼きのタレ…適量 [作り方]2〜3人前• 鍋にお湯を沸かし、すき焼きのタレを入れて味を調節する• 食べやすい大きさに切ったかまぼこを鍋に入れる• 溶き卵を鍋にいれ、お好みの固さまで加熱したら完成! 簡単に味が整う、超簡単、超時短レシピです。 我が家ではカニカマや豆腐、豆苗なども刻んでいれたりします。 調理時間は長く見積もっても5分程度なので、 思いっきり休みたい休日のお昼に最適です。 ガッツリ大満足 すき焼きのタレで和風ステーキ [材料] ステーキ肉…1切れ クレイジーソルト…適量 玉ねぎ…適量 すき焼きのタレ…適量 [作り方]• ステーキ肉はクレイジーソルトで焼き、玉ねぎはすき焼きのタレでソテーする• 丼にご飯、ステーキ肉、玉ねぎを盛り付けて、 フライパンに残ったすき焼きのタレを回しかけて完成! これぞ複数の調味料が合わさっているすき焼きのタレのなせる技! 冷蔵庫からあれこれ調味料を出し入れせずに、 すき焼きのタレ1本で味付けできるのでとても簡単です。 ステーキ肉じゃなくても、様々なお肉が和風味で美味しく仕上がります。 ガッツリ丼ものは子供も喜びますよね。 丼ものは洗い物も少ないのでママにとっても嬉しいメニューです。 米をとぐ• ネギ以外の材料を入れて軽く混ぜ、炊飯スイッチを入れる• 炊き上がったらネギを混ぜ合わせて完成! 我が家は割と頻繁に炊き込みご飯を作るのですが、 お弁当の見た目が賑やかになることや、子供がたくさん食べてくれる為 醤油やみりんなど調味料の計量が毎回面倒でした。 しかしこのレシピならすき焼きのタレのみで味が整うので、 とっても手軽においしい炊き込みご飯ができちゃいます。 リンク まとめ• カフェ風ランチプレート! アヒポケ• 子供が大好きな卵丼• すき焼きのタレで和風ステーキ• 簡単炊き込みご飯 和風味に仕上がるものが多いですが、作り方次第でとてもバリエーション豊富な、 すき焼きのタレのレシピを紹介しました。 優しい味に仕上がるので、 子供に食べさせるにはぴったりなものばかりではないでしょうか。 結論 すきやきのタレを使うメリットは、 何よりも手軽に味付けができることだと思います。 毎日忙しく過ごすママにとっては、 調味料を細かく計量する時間も惜しまれるのではないでしょうか。 すき焼きのタレを上手に取り入れて、 楽チン時短レシピを是非お試しください! 最後までご覧頂きありがとうございました。

次の

すき焼きのたれレシピ!肉じゃが・牛丼・肉豆腐・カツ丼や生姜焼きに活用する方法!

肉豆腐 すき焼きのタレ

生姜焼き 生姜焼きはお子さんから大人まで大好きなメニューですよね。 すき焼きのタレで生姜焼きが出来ちゃうの?と思われるかもしれません。 けれど本当にとっても簡単に作れます。 すき焼きのタレで生姜焼きレシピ その他 その他にもこんな変わり種アレンジ方法があります。 すき焼きのタレできんぴら• すき焼きのタレでごぼうのカリカリおつまみ ごぼうがカリカリのおつまみに!ぜひ試してみたいレシピです。 ここまで色々なレシピがあると、すき焼きのタレがとっても万能で味が決まる事、間違い無しですね! まとめ 定番料理の肉じゃがや牛丼、肉豆腐、カツ丼、生姜焼きのレシピを紹介しました。 このメニュー以外にも、まだまだすき焼きのタレで出来るメニューがたくさんあります。 すき焼きの後にちょこっと残っちゃうすき焼きのタレもこんなに活用できるなら常備しておきたい万能調味料です。 すき焼きのタレと言っても様々なメーカーから販売されていますよね。 そのメーカーによっても、甘口だったり濃口だったりと味もそれぞれです。 自分の好みのすき焼きのタレですき焼き意外にもちょこっとアレンジするだけで、今夜のもう一品が作れちゃいそうですね。

次の

肉屋が教える!すき焼きに合う肉の選び方と失敗しない絶品レシピ / さがえ精肉

肉豆腐 すき焼きのタレ

すき焼きのタレ(割り下)の材料 (作りやすい分量)• 醤油:120ml• みりん:90ml• 酒:60ml• だし昆布(あれば):5cm位 比率(黄金比)は 醤油:みりん:酒:砂糖 = 4:3:2:2 すき焼きのタレ(割り下)の作り方 【1】鍋にみりん、酒を入れ、火にかけます。 【2】沸騰させ、アルコール分を飛ばします。 【3】醤油、砂糖を加えます。 【4】砂糖が溶けたら火を止め、昆布を入れます。 【5】冷めたらできあがり。 すき焼きのタレ(割り下)のポイント• 冷蔵庫で1週間ほど保ちます。 時間がないときは、冷まさずにそのまま(手順【4】まで)でも使えます。 すき焼きのタレ(割り下)を使ったレシピ 割り下を使った簡単でおいしいレシピを紹介します。 すき焼き お好みの量の肉(牛肉、豚肉どちらでもOK)、野菜(ねぎ、春菊、椎茸)、その他(焼き豆腐、しらたき、お麩)を浅い鍋かフライパンに並べ、割り下をかけて、火にかけます。 肉と野菜に火が通ったら、できあがり。 シメは冷凍うどんをレンジで解凍して入れるのがおすすめです。 親子丼 鶏もも肉の皮と黄色い脂を取り除き、一口大に切ります。 玉ねぎは薄切りにします。 鍋に割り下を入れて火にかけ、煮立つ直前に鶏もも肉を入れます。 肉に火が通ったら、玉ねぎを入れ、軽く火が通ったら、溶き卵を回し入れ、お好みの硬さで火を止め、ご飯にかけます。 強火で仕上げると、卵がふわふわで美味しい親子丼になります。 肉じゃが じゃがいも(お好みで男爵、メイクイーン、インカの目覚め、なんでもOK)は皮を剥いて大きめに、玉ねぎはくし切りに、しらたきは食べやすい長さに切っておきます。 鍋に割り下を入れて火にかけ、煮立つ直前にしゃぶしゃぶ用の豚肉か牛肉を入れ、ほぐします。 肉に火が通ったら、水とあれば赤ワインをおたま1杯ずつ入れ、じゃがいも、玉ねぎ、しらたきを入れ、蓋をして弱火で煮ます。 割り下だけだとちょっと甘めですが、赤ワインを入れると、味がしまって、豚肉も牛肉のような食感になるのでおすすめです。 肉ときのこのすき煮 鍋に割り下を入れて火にかけ、煮立つ直前にしゃぶしゃぶ用の豚肉か牛肉を入れ、ほぐします。 肉に火が通ったら、お好みのきのこ(椎茸、しめじ、えのき、舞茸)をたっぷり入れ、蓋をします。 きのこに軽く火が通ったら、できあがり。 ご飯にかけて、牛丼風にして食べるのがおすすめです。 豚肉とトマトのすき煮 鍋に割り下を入れて火にかけ、煮立つ直前にしゃぶしゃぶ用の豚肉を入れ、ほぐします。 肉に火が通ったら、ミニトマトか櫛形に切ったトマトを入れ、蓋をします。 トマトの皮が剥けて軽く火が通ったら、できあがり。 トマトの酸味でさっぱりとしたすき煮になります。 おかずにもおつまみにもおすすめです。 すきやきのタレ(割り下)まとめ テレビ東京のドラマ『孤独のグルメ』で、豚肉のすき焼きのお店が紹介されていましたが、牛肉の代わりに豚肉を使っても美味しいすき焼きができます。 割り下を使う前は、食卓に醤油、砂糖、酒を並べて、鍋に注ぎ足しながらすき焼きを作っていましたが、味が濃くなったり、薄くなったり、しょっぱくなったり、甘くなったりして、なかなか定まりませんでした。 割り下を使うと、最後まで簡単に、安心して、すき焼きを食べることができるので、おすすめです。

次の