ピックス アーク 攻略。 【ピックスアーク(PixARK)攻略】ボタン・メニュー操作方法まとめ│HowMew[ハウミュー]

『PixARK(ピックスアーク)』攻略。3分でわかる産業革命! 原始的生活から脱出せよ!!

ピックス アーク 攻略

1ch可能なヘッドセット 「ノービス草原」にいたままでも他の場所でも魔法石 金 銀 鉄 石英 大理石 スピネル イオウなどが手に入る 鉱石18種類 【ピックスアーク】の世界には、鉱石に分類されるブロックが18種類あります。 砂・じゃり・石炭・イオウ・銅・鉄・石油・銀・金・石英・スピネル・エメラルド・ルビー・こはく・サファイア・アメジスト・ヒスイ・メノウの18種類。 石・砂岩・火山岩・大理石などは通常ブロックに分類されています。 地表で入手しやすい鉱石とそうでない鉱石 多くの鉱石の採取場所は、大百科を見る限り地表または深い地下と記載されています。 しかしスピネル・ヒスイ・メノウなんかは地表では見かけたことがありません。 銅・鉄・銀は危険度が上がるにつれそこいらの地表でも見かけることが増えてきます。 宝石は一定のエリアの一部に決められたようにしか見かけません。 エメラルドは魔法の森、こはくは黄金の大地、サファイアは氷の大地、アメジストは闇の森、ルビーはドゥームランド。 そのため地表で入手しやすい鉱石とそうでない鉱石があることがわかります。 ノービス草原100前後、氷の大地140前後、鉱石50以下 画面左上にさまざまなモニターが表示されています。 天気や気温、時間は考えなくてもすぐにわかります。 エリア(バイオーム)については、初心者を超えたあたりから今現在いる場所がどのエリアに分類されているのかを表示しているのだとわかります。 問題はグラフのようなマークと数字。 これは1ブロック下がると数字が一つ減るので、ブロックの高さを表しているのだとわかります。 ちなみに「ノービス草原」は100前後の高さにあります。 氷の大地になると140前後とかなり高い場所にあります。 気になったので1になるまで「ノービス草原」を地下に掘り進めてみました。 すると50以下になったあたりから魔法石、金、銀、鉄、石英、大理石、スピネル、イオウなどがたくさん手に入りました。 1の低さで「かがり火」4つ分の広さにしてみたら半分以上の鉱石が手に入った ノービス草原の地下1を掘り広げて闇の森に到達。 左がルビー(魔法石(炎))で右がメノウ(魔法石(闇))です。 左:スピネル、右上:メノウ、右下:アメジスト わかりずらいですが、左からエメラルド、こはく、銅、サファイア、大理石、金 左から大理石、ヒスイ、スピネル、こはく 上の画像は、「ノービス草原」を1の高さにまで深く掘り進め、1の高さで「かがり火」4つ分の広さにしてみたところを写しました。 「かがり火」4つ分なので、とても狭い範囲です。 しかしご覧の通り、エメラルド、こはく、銅、サファイア、大理石、スピネル、ヒスイ、金、メノウ、アメジストと貴重な鉱石が10種類もあります。 50以下になると鉱石がたくさん出てきますので、50・40・30・20・10とそれぞれの高さで横に広げてみればもっとたくさん採取できるでしょう。 高いほどにレア度が下がり、低いほどにレア度が上がるような感じがあります。 なので50くらいの高さでたくさん取れる鉱石はイオウや銅などです。 30前後だと金や銀、エメラルドやサファイアが多いように感じます。 20以下になるとヒスイやメノウ、アメジストが増加してくるように感じます。 行きは良いが、100段の階段またはエレベーターを設置するのだけ大変 ブロックの高さ50以下に掘り進めるのはさほど時間を要しません。 ピッケルを手に持って、カメラを下に向け、R2をずっと押していれば5分もかからず到達できるでしょう。 そこで横に広げるのも時間はかかりません。 考えなくR2をずっと押しているだけでたくさんの種類の鉱石を集めることができます。 問題は帰り。 エレベーターを設置するか、100段の階段を作らない限り、100段上にある地表に戻ることができないのです。 地下50以下にまで掘り進める欠点は、この帰り道に関してだけ。 最初だけ時間がかかるので、その時ばかりは余裕を持って挑戦してみてください。 ノービス草原じゃなくてもどこでもいい 地下50以下から貴重な鉱石が増えるのは、何も「ノービス草原」に限ったことではありません。 他のエリア(バイオーム)・例えば「闇の森」なんかでも試しましたが、同じようにたくさん見つけることができました。 ただし氷の大地のような高い場所では試していません。 「ノービス草原」の1. 5倍も高さがあるので、穴を掘るのが余計に大変だからです。 ですからもともと低い場所にある地下洞窟から掘り進める場合、「ノービス草原」より早く地下50以下に到達できるかと思います。 穴を大きく広げることができればプテラノドンやペガサスとかでも行き来できる どちらにしろ大変ですが、縦穴を大きく広げることができれば行きも帰りもプテラノドンやペガサスで行き来できます。 翼竜はたくさんいますが、オススメは小さいのでプテラノドンやペガサスです。 穴をそこまで大きく広げなくてもなんとかなります。

次の

【ピックスアーク攻略】『サドル』一覧と必要レベル・素材│HowMew[ハウミュー]

ピックス アーク 攻略

1ch可能なヘッドセット 「ノービス草原」にいたままでも他の場所でも魔法石 金 銀 鉄 石英 大理石 スピネル イオウなどが手に入る 鉱石18種類 【ピックスアーク】の世界には、鉱石に分類されるブロックが18種類あります。 砂・じゃり・石炭・イオウ・銅・鉄・石油・銀・金・石英・スピネル・エメラルド・ルビー・こはく・サファイア・アメジスト・ヒスイ・メノウの18種類。 石・砂岩・火山岩・大理石などは通常ブロックに分類されています。 地表で入手しやすい鉱石とそうでない鉱石 多くの鉱石の採取場所は、大百科を見る限り地表または深い地下と記載されています。 しかしスピネル・ヒスイ・メノウなんかは地表では見かけたことがありません。 銅・鉄・銀は危険度が上がるにつれそこいらの地表でも見かけることが増えてきます。 宝石は一定のエリアの一部に決められたようにしか見かけません。 エメラルドは魔法の森、こはくは黄金の大地、サファイアは氷の大地、アメジストは闇の森、ルビーはドゥームランド。 そのため地表で入手しやすい鉱石とそうでない鉱石があることがわかります。 ノービス草原100前後、氷の大地140前後、鉱石50以下 画面左上にさまざまなモニターが表示されています。 天気や気温、時間は考えなくてもすぐにわかります。 エリア(バイオーム)については、初心者を超えたあたりから今現在いる場所がどのエリアに分類されているのかを表示しているのだとわかります。 問題はグラフのようなマークと数字。 これは1ブロック下がると数字が一つ減るので、ブロックの高さを表しているのだとわかります。 ちなみに「ノービス草原」は100前後の高さにあります。 氷の大地になると140前後とかなり高い場所にあります。 気になったので1になるまで「ノービス草原」を地下に掘り進めてみました。 すると50以下になったあたりから魔法石、金、銀、鉄、石英、大理石、スピネル、イオウなどがたくさん手に入りました。 1の低さで「かがり火」4つ分の広さにしてみたら半分以上の鉱石が手に入った ノービス草原の地下1を掘り広げて闇の森に到達。 左がルビー(魔法石(炎))で右がメノウ(魔法石(闇))です。 左:スピネル、右上:メノウ、右下:アメジスト わかりずらいですが、左からエメラルド、こはく、銅、サファイア、大理石、金 左から大理石、ヒスイ、スピネル、こはく 上の画像は、「ノービス草原」を1の高さにまで深く掘り進め、1の高さで「かがり火」4つ分の広さにしてみたところを写しました。 「かがり火」4つ分なので、とても狭い範囲です。 しかしご覧の通り、エメラルド、こはく、銅、サファイア、大理石、スピネル、ヒスイ、金、メノウ、アメジストと貴重な鉱石が10種類もあります。 50以下になると鉱石がたくさん出てきますので、50・40・30・20・10とそれぞれの高さで横に広げてみればもっとたくさん採取できるでしょう。 高いほどにレア度が下がり、低いほどにレア度が上がるような感じがあります。 なので50くらいの高さでたくさん取れる鉱石はイオウや銅などです。 30前後だと金や銀、エメラルドやサファイアが多いように感じます。 20以下になるとヒスイやメノウ、アメジストが増加してくるように感じます。 行きは良いが、100段の階段またはエレベーターを設置するのだけ大変 ブロックの高さ50以下に掘り進めるのはさほど時間を要しません。 ピッケルを手に持って、カメラを下に向け、R2をずっと押していれば5分もかからず到達できるでしょう。 そこで横に広げるのも時間はかかりません。 考えなくR2をずっと押しているだけでたくさんの種類の鉱石を集めることができます。 問題は帰り。 エレベーターを設置するか、100段の階段を作らない限り、100段上にある地表に戻ることができないのです。 地下50以下にまで掘り進める欠点は、この帰り道に関してだけ。 最初だけ時間がかかるので、その時ばかりは余裕を持って挑戦してみてください。 ノービス草原じゃなくてもどこでもいい 地下50以下から貴重な鉱石が増えるのは、何も「ノービス草原」に限ったことではありません。 他のエリア(バイオーム)・例えば「闇の森」なんかでも試しましたが、同じようにたくさん見つけることができました。 ただし氷の大地のような高い場所では試していません。 「ノービス草原」の1. 5倍も高さがあるので、穴を掘るのが余計に大変だからです。 ですからもともと低い場所にある地下洞窟から掘り進める場合、「ノービス草原」より早く地下50以下に到達できるかと思います。 穴を大きく広げることができればプテラノドンやペガサスとかでも行き来できる どちらにしろ大変ですが、縦穴を大きく広げることができれば行きも帰りもプテラノドンやペガサスで行き来できます。 翼竜はたくさんいますが、オススメは小さいのでプテラノドンやペガサスです。 穴をそこまで大きく広げなくてもなんとかなります。

次の

【ピックスアーク攻略】「銅」と「石炭」のカンタンな入手方法 場所│HowMew[ハウミュー]

ピックス アーク 攻略

暮らしに役立つアイテム• たいまつ 習得レベル:原始的スキルLV0 夜でも周囲が明るくなる• 木のオノ 習得レベル:原始的スキルLV0 木を切るスピードが早い• 木のピッケル 習得レベル:原始的スキルLV0 ブロックを破壊するスピードが早い• 木の棒 習得レベル:原始的スキルLV0 攻撃で生き物を気絶させやすい• パラシュート類 習得レベル:原始的スキルLV15 使うと高所からの落下ダメージを抑えられる• サドル(プテラノドン) 習得レベル:金属スキルLV20 テイムしたプテラノドンにライドできる• 弓 習得レベル:原始的スキルLV15 矢を撃つために必要な武器• ねむりの矢 習得レベル:原始的スキルLV15 生き物を気絶させてテイムするのに便利• 布の装備 習得レベル:原始的スキルLV2 序盤の防御力を上げるために必須• 革の寝袋 習得レベル:原始的スキルLV3 リスポーンやファストトラベルの地点にできる これらのアイテムを集めて態勢を整えたら、つぎに目指すのは銅の採掘だ。 銅をようこう炉に投入すれば銅のインゴットが精製でき、銅の装備品などを作成可能になる。 その中でもとくに便利なのが銅のピッケルで、鉄などの硬い鉱石が掘れるようになるのだ。 ここまで来れば、できることや作れるものがグッと増える。 これを機に遠くへと探索に出てみよう! 銅のピッケルを作れば、いよいよ鉄の採掘! 鉄は沼地エリアにあるイオウ鉱山や山林エリア にあるので、遠出する必要がある。 遠出をするときは、つぎで紹介するプテラノドンを捕まえるとラクラクだ。 楽に移動したいならプテラノドンを捕まえろ! サバイバル生活の舞台となる島は広大な面積を誇り、踏破するのにはかなりの時間がかかる。 貴重な鉱石を始めとした素材を集めるには遠出をする必要があるが、徒歩で移動するとそれだけでかなりの時間がかかってしまうのがきびしいところ。 この時間を短縮するため、探索前に空飛ぶ生き物のプテラノドンをテイム(手懐けること)し、空を移動するのがオススメだ。 以下にプテラノドンの捕まえかたを掲載するので、ぜひ試してみてほしい。 プテラノドンを捕まえるのに必要なアイテム• 肉(ドードーなどからドロップ)• 弓(原始的スキルLV15のエングラム)• ねむりの矢(原始的スキルLV15のエングラム) まずは、ノービス草原にいるプテラノドンを、弓とねむりの矢を使って気絶させよう。 プテラノドンはダメージを与えると逃げてしまうので、ねむりの矢1発で仕留める必要がある。 攻撃力が高くて一撃で倒してしまう場合は、レベルの高いプテラノドンを狙うようにしよう。 アイキャンフラーイ! 空からなら危険地帯もなんのその。 超安全に進むことが可能だ。 油断してプテラノドンから飛び降りたりしないように要注意! 覚えておきたいお得情報! 最後に、覚えておくと便利な小ネタ集をお届け。 いずれもじわじわと役に立つオトクなテクニックなので、しっかり覚えて探索に役立ててほしい。 装備品を装備したり外したり、エングラムを習得したり、収納ボックスに入れたり出したりといった操作も、このボタン2回連続押しで行える。 操作がかなり快適になるので、ぜひ覚えておこう。 C 2016-2019 Snail Games. All rights reserved. PixARK and the respective logos are trademarks or registered trademarks of Snail Games in the U. All other trademarks are the property of their respective owners. C 2017 Studio Wildcard. ARK: Survival Evolved is a trademark of Studio Wildcard. Created and developed by Studio Wildcard, Snail Games, Efecto Studios, Instinct Games, and Virtual Basement.

次の