グレン モルト 王 デッキ。 《龍覇 グレンモルト》

【デュエルマスターズ】優勝デッキレシピ 赤緑グレンモルト(王、刃) エアリアさん|デネブログ デュエマの速報・環境

グレン モルト 王 デッキ

(このクリーチャーに装備する) マナ武装 7:このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンに火のカードが7枚以上あれば、火のコスト6以下のウエポンを1枚、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。 同じ名前のウエポンを2枚以上、このクリーチャーに装備することはできない。 を2枚することのできるである。 このを使うとなればやはりを使いたいところ。 も装備すればこのカード1枚で条件を達成させられる。 を装備するのも悪くない。 相手のされている1体ともう1体のがいればのでをでし、されているをしてして、龍解、そしての後、と流れるようなを達成できる。 既存のグレンモルトとは異なり火のしか出せないことに注意。 のようなクリーチャーはもちろんやのようなも出すことはできない。 ただし、に関してだけは、龍解前のをすれば間接的に用意できる。 このクリーチャー自身がドラゴンであるため、ターンの終わりに条件が満たせるためである。 よりの指定枚数が少ない初のカード。 そのため多少火以外の単色カードをマナゾーンに置いていたり、10マナない状態でで出したりしてもマナゾーンに火のカードが7枚あればを発動できる。 この点からと相性が良い。 同じ7であるため、あちらので踏み倒せばすぐにを発動でき、上記のような組み合わせでを装備すればを狙える。 やが無くてもを得られるため出来ることは非常に多い。 の、以上7枚、およびの1枚を搭載した計8枚のを仮定する(の《ハートバーン》を含めているのは、のちの説明での必要性のため)。 その中でも使用頻度の高い代表例としては以下の組合せが挙げられる。 詳しくは各備考を参照。 の代わりにを採用するケースも多く見られる。 の位相に関する裁定変更によりをのとして運用できなくなった。 その代わりにを採用する事で、などのを対策するほか、で直接として呼び出す事でのとしても運用する事ができる。 第一装備 第二装備 備考1 備考2 最も使用頻度の高い組合せ。 には絶大な威力を発揮 以外の、、の、ターンスキップには十分注意。 身も蓋もない強さが原因か、アニメVSでは一度も登場しなかった 対象にできる敵1体を含む、に勝てる2体以上の敵軍がいる場合に有効 時には《【モルト「王」】》は無防備である。 アニメVSではW龍解として最も頻出したパターン 存在下で最初のドラゴンの攻撃で《【モルト「王」】》が出た場合、わざわざ《プロトハート》するまでもないため、や対策、かつ温存のためにこのパターンを選ぶことも珍しくない アニメVS最終話にて勝太が対ルシファー戦に披露。 があったわけではないので、あくまで主人公的な演出と言える 殴り返しを受けずに《バトライ刃》で踏み倒し可能 他に殴れるが1体以上いて、かつが以外のに繋がる可能性が高い場合に有効 には無力なので注意 に勝てる2体以上の敵軍がいる場合に有効。 が枯渇しやすい相手には刺さりやすい。 で《モルト王》が捲れた場合は最大で3体除去 やなどによる化が前提 場の《デッドブラッキオ》を処理しつつ、《ハートバーン》を龍解させながら《【モルト「王」】》も打点として再利用可能 場の《デッドブラッキオ》を処理しつつ《バトライ刃》で踏み倒し可能 《ハートバーン》や《怒英雄 ガイムソウ》などによる化が前提 手札の《デッドブラッキオ》が登場する前に《ガイアール》と《ハートバーン》をひと通り龍解させながら《【モルト「王」】》も打点として再利用可能 《バトライ刃》で踏み倒しを2回行える 《ハートバーン》を龍解させながら耐性持ちの2回攻撃が可能 《ハートバーン》や《怒英雄 ガイムソウ》などによる化が前提 踏み倒しメタを処理しつつ《バトライ刃》で踏み倒し可能。 《ガイアール》も龍解 (該当なし) などで未達成時 などを伴う手段で踏み倒した場合、《ガイオウバーン》が 《ハートバーン》《バトライ閣》双方が存在している状態で《バトライ閣》の効果により踏み倒された場合に有効 にされずに出せる でも同じ組み合わせが可能。 実用性低。 アニメVSでシュウが使ったパターン。 即座に 《ハートバーン》や《ガイムソウ》などによる化が前提 複数の獣を除去可能 パワー12000未満の敵軍を複数除去可能• 何故かから元に戻り、の上に乗っていないのにも関わらず種族にが付いている。 一度取り込まれたことで龍の因子のようなものが残ったか、逆にガイギンガの一部を取り込んだのだろうか。 イラストもよく見れば八重歯が鋭くなりどことなくらしい顔つきになっている。 装備しているのは、とである。 初のである為、集めるのには一苦労。 さらにでありながらが存在し、カートンに2枚程度しか入っていないシークレット並にレアなものとなっている。 同名のを装備できない制限はこのカード自身のによるもの。 から踏み倒した場合は同名のを装備できる。 関連カード [ ]• Prev• Next• 収録セット [ ]• illus. (新規イラスト) 参考 [ ]•

次の

二刀龍覇 グレンモルト「王」【ベリーレア】DMR15

グレン モルト 王 デッキ

W・ブレイカー 自分の他のクリーチャーがバトルする時、かわりにこのクリーチャーをバトルさせてもよい。 他ののを請け負うと、2で相手のを自分のにさせるを持つ。 自分のすべてが中、9000になるかのように動くことができ、相手のをたり、逆に相手のからのに備えることができる。 このよりもの大きいや、を持つに対しては弱いが、その時は逆になどで《爆革命 グレンモルト》を守ってやるといいだろう。 2は、自分のにできる相手のをさせるというもの。 このの請け負いを考えると、事実上のの上位のように扱うことができる。 自分ののいずれかがされている限りにできなくなり、《爆革命 グレンモルト》をできない限り相手のは延々とするため、相手から見るとなんとかしないと勝つことができないという状況になる。 性質上、を積極的にしていくに強く刺さる。 も5と軽く、もしないためすぐさせることができ、十分に間に合うだろう。 合戦に打ち勝つ為、【速攻】に入れてもよい。 特にをほとんど持たないは勝ちすることも基本的に無理なため、出されてしまえば詰むことが多い。 ただしといった大型を飛ばすといったデッキも存在するので過信は禁物。 その反面、をあまり削ってこないに対してはを上手く発揮させることができなかったり、のようなをならばすり抜けることができるため万能という訳ではない。 耐性を持っていないためを踏んでしまったり、返しののであっさりやられてしまう事も。 とはいえ強力であることには違いないため、やが合うには採用を検討できるだろう。 はなので《爆革命 グレンモルト》がを離れた時点でが失われる。 やは違うが、に対してのを身を張って防ぐという意味ではに近い。 ちなみに《爆革命 グレンモルト》はに負けてしまう場合もさせることができるため、などのとは異なる。 のような特定のに対してを指定させるようなと組むと、相手は他にできるがいたとしても、そのを狙わなければならなくなる。 このため、ステロイド軸のデッキならかなり有効に扱うことが出来る。 相手のスレイヤーをうまく小型ガードマンに当てつつ、そこそこの大型を自身やに食わせてしまえばいいのである。 にを持つので及びにもとして組み込むことができる。 また、のなのでにも対応している。 が追加されたため、などと組み合わせるのもよいだろう。 2目にを、3目に2体目のをすれば、残りの1で《爆革命 グレンモルト》をできる。 のカードではあるが、コストが軽い為【速攻】に搭載しやすいという理由上、皮肉にもとも相性が良い。 このカード以降、グレンモルト関連の新規カードは登場していない。 上の時系列ではの直後にあたるでも登場はなく、次のではさらに10万年経過しているため、さすがにグレンモルトも故人になっているはずである。 なので通常エキスパンションで今後グレンモルトの新規カードが登場する可能性はかなり低いと思われる。 後にでグレンモルトの新規カードであるが登場した。 関連カード [ ]• Next• Prev• 収録セット [ ]• illus. 参考 [ ]•

次の

《爆革命 グレンモルト》

グレン モルト 王 デッキ

10マナの火文明非進化クリーチャーというやつは、定期的にデザインされて、ビートダウン色の強い派手なフィニッシャーとして送り出されているようだ。 最大のドラグナーであるこのカードもまた、その血脈を間違いなく受け継いでいる。 マナ武装7と、重い制約の代わりに、重量級ドラグハート・ウェポンを2枚装備できる。 最強のオウギンガに龍解させれば、勝利は確実だろう。 火文明のドラグハートに限定されるが全てのウェポンを装備できるため、器用な立ち回りもこなせる。 このカード1体から、オウギンガ、そして追撃のドラグハート・クリーチャーまで展開するワンショットキルは、グレンモルト「王」が【モルト「王」】というデッキを組むだけの価値を持っていることを、証明し続けている。 ドラゴンサーガに産まれた大型フィニッシャー。 今もオウギンガと共に、歴史に刻まれたドラグハートの力強さを、私たちに見せてくれるだろう。 再々評価 基本的にコストが高いのでモルネクよりも遅くなったり持久戦になったりしますが、パワーやワンショットのしやすさはモルネクに引けを取らないので破壊力は期待できます。 基本的な出し方は、ガイムソウやドラグシュートチャージャーなどの踏み倒しやコスト軽減などを利用しましょう。 普通に出しても間に合えば十分勝つ見込みはあります。 あとコストに対してマナ武装のコストが比較的低いのも魅力的。 モルネクと一緒に使えば攻撃の通りやすさが上がるので活躍は期待できます。 【主なウエポン】 ・バトガイ刃斗 言わずと知れたやばいやつ。 キングと相性バッチリです。 ・バトライ刃 モルネクでは使えないもののキングでは使えるので、財布に余裕があれば入れてみるのもよし。 バトガイ刃斗と使うと.... ・ギガハート&ガイハート 龍解させればどちらとも凄まじい破壊力なのでどちらとも入れておくとよし。 ・ガイオウバーン バトルでアンタップされていないクリーチャーと攻撃できるのは魅力。 もともとあまり高いとは言えないモルトのパワーを上げてくれるのでかなり役に立つ時もあります。 ・プロトハート 付ければ2回攻撃なのでワンショットのしやすさが凄いです 語彙力。 龍解後も使える。 再評価 私のデュエマの原点です。 昔こいつのかっこよさと強さに惚れてデュエマを始めました。 あと、こいつベリーレアだったんですね。 ツヨスギンカ) 本題:めちゃめちゃ強いしカッコイイし本当に神みたいなカードですね。 こいつを使ってオウギンガやガイギンガ、ガイオウバーンを出して相手をフルボッコにしちゃいましょう。 コストが重いので中型ドラゴンをたくさん入れてメンデルスゾーンを打ちまくりましょう。 カツキングJrやミツルギブーストで場を一掃してからでないと、マナを貯めている間にやられてしまうので、そこら辺を気をつけましょう。 出してしまうともう相手も止められないので、フルボッコにしちゃいましょう。 おまけ:こいつ180円で売ってた....

次の