合流 ウインカー。 高速道路で合流する際のウインカーは右?左?合流のポイントとは

合流する時のウインカーは右・左?

合流 ウインカー

過失割合の考え方 過失割合の考え方を確認しておきましょう。 交通事故の態様はさまざまで、「道路状況」「スピード」「位置関係」で全く同じ事故は二つとありません。 しかし、過失割合は多くの裁判例から細かく類型化されており、衝突時の客観的な状況から、 ある程度機械的に決められます。 具体的には、衝突時の状況を元に導き出した「基本過失割合」に対し、個別の状況に応じた「修正」を加える形で過失割合が算定されます。 基本過失割合や修正要素は「別冊判例タイムズ38 民事交通訴訟における過失相殺率の算定基準(全訂5版)」という本にまとめられたものが実務で多く利用されています。 停止している車へ後ろから追突した場合 信号待ちなどで停車していた車に他の車が後ろから追突した事故の過失割合です。 なぜなら、信号待ちで停車している車のドライバーに後ろから追突してくる車との衝突を避ける義務はないからです。 交通事故の過失割合を考えるときにはまずドライバーに課せられている義務を考える必要があるわけです。 強引に車線変更後、横から追突(ウインカーあり) では車線変更をした車が直進車に、急に横から追突した場合はどうでしょうか。 『判例タイムズ』によると、強引な車線変更をした車と直進車が衝突した場合の基本過失割合は、 車線変更車:直進車=70:30 とされています。 これはあくまで横から追突した車線変更車が正しく「ウインカーを出していた」ときの過失割合です。 これは、車線を直進している車も自身の前方に「注意を払う義務」があるからです。 ただ道路交通法では、車両はみだりに進路を変更してはならず、後ろから走る車両の速度や方向を強引な車線変更をさせるおそれがあるとき、進路を変更してはいけないと定められています。 つまり、当然のことですが、 安全に車線変更ができないときに車線変更をすることは許されません。 一方、直進車も前方に十分に注意を払っていれば、急に車線変更をしてきた車との衝突を避けることができたと考えられるケースも実際あります。 「3割分」の過失は、直進車のドライバーが前方注意義務に違反したことについて認定されるわけです。 強引に車線変更後、側面から追突(ウインカー無し) 車線変更をしようとする車は、進路上に他の車が存在しないことが確認できたら、進路変更をする 3秒前にウインカー などで合図を出さなければいけません。 車線変更車:直進車=80:20 もしくは 車線変更車:直進車=90:10 となります。 言い換えると、 相手がウインカーを出さずに、側面から追突しても、こちらの過失がゼロになるわけではありません。 片側2車線以上の道路で車を運転するときには、隣の車線を走行している車がウインカーを出さずに、側面から追突をしてくる可能性も頭に入れながら運転しなければいけないということになります。 車線変更事故の修正要素とは ここで、強引な車線変更車と直進車との衝突事故の「修正要素」についていくつか例を挙げて説明しましょう。 ゼブラゾーン|交差点手前・右折レーンへ まず、直進車が交差点手前のゼブラゾーンを走行していた場合はどうでしょうか。 上記のように「左車線」を走行していた車が、右折レーンに入るために、急に車線変更し、後ろから来た車に横から追突する場合です。 ゼブラゾーンは、道路交通法上の「指示標識」にあたり、特定の交通方法を禁止したり指定したりするものではありません。 ですので、ゼブラゾーンを車で走行することは禁止されているわけではありませんし、ゼブラゾーンを走行したことによる罰則もありません。 しかし、ゼブラゾーンはむやみに侵入するべきではないとされており、ゼブラゾーンを走行して他の車と衝突した場合には過失割合の算定の際に不利に働く場合があります。 車線変更禁止道路の場合 車線変更が禁止されている道路の場合はどうでしょうか。 この場合、車線変更車はそもそも違反を犯していることになりますし、直進車のドライバーはまさか禁止されている場所で強引な車線変更をしてくるとは思いもよらないでしょう。 直進車にスピード違反があった場合 「直進車」に「スピード違反」があった場合、過失割合の修正がされます。 隣の車線の車が急に車線変更をしてきた場合でも、「直進車がスピードを出しすぎていなければ」衝突を回避できていた可能性があります。 そのため、過失割合が修正され、超過したスピードに応じて「過失」が認定されます。 このように、隣の車線から急に車線変更をしてきた車と衝突した場合、基本的には車線変更をした車に大きな過失が認められます。 しかし、直進していただけの車に一切過失が認められないわけではありません。 直進車にスピード違反などの修正要素が認められれば、 車線変更車:直進車=50:50 に近い過失割合が認定されることがあります。 交通事故は、四輪車同士のみで起きるとは限りません。 自転車やバイクに乗っている時、歩いている時、自動車と事故に遭ってし… 追い越しされた車の過失割合の加算要素 渋滞しているときに他の車と比べて余りにも ゆっくりしたペースの場合や、逆にわざと 走行スピードを上げて追い越させないような場合は、非常に危険な状況となります。 そのため、そういう状況を追い越しされる車が作り出した場合は、「過失割合が加算」されます。 追越される側のA車、追い越す車をBとして、その過失割合の「 加算要素」には次のようなものがあります。 追い越した車の過失割合の加算要素 他方、追い越しをしたB車の過失割合が加算される要素としては、次のようなものがあります。 基本的には追い越される側と同じような内容です。 車線変更事故で10対0にするには、加算要素が重要 ここまでの解説では、過失割合「10対0」のパターンがありませんでした。 しかし上記の解説から、下記のことが導き出されます。 「追い越すA車に加算要素が無く」• 「追い越す側のB車に加算要素がある場合」 その場合は、過失割合が 10対0になることがあるということが分かります。 割込み事故、追い越し事故、車線変更事故なら弁護士に相談 交通事故に巻き込まれると、たいていの場合「 自分は悪い事していないのに」大怪我をしたり、大怪我に至らなくても、頭痛や腰痛、首の痛み、背中の痛み、むち打ち等に悩まされます。 今回の交差点手前の車線変更や後ろから追突する事故等のパターンにおいても、過失割合の点や保険会社の対応の悪さに頭を悩まされている方がたくさんおられます。 特に強引な車線変更事故の場合、過失割合がなかなか10対0にならず不満を持つ方も多いようです。 示談金、保険金、慰謝料、治療打ち切りなどことについては一度、 交通事故に強い弁護士まで相談をすることをおすすめします。

次の

方向指示器

合流 ウインカー

お世話になります。 ウインカーの出す方向についてお伺いします。 数十メートルの進行先で合流になる。 出ようとする道路に対して平行にあるか)でウインカーの出す方向は変わってくるのでしょうか? 結構混乱しています。 以前、コンビニの駐車場で車が道路に出ようとしていたのを見ました。 左方向の道路に進みたい車。 その時、車体は道路に対して斜めにありました。 頭の方が左を向いており、車のオシリが右。 その時、私だったらウインカーは左に出して発進するのですがその男性は右にウインカを出して左手に進んでいました。 まだ私自身ビギナーなため「???」と思ってしまい私の考えが間違っているのかな?と疑問にずっと思っていました。 どなたか解決してください。 僕もビギナーの頃、迷った問題です。 基本的には、合流や再発進の時は、右。 交差点なら、行きたい方向ですね。 合流に近い交差点は、悩むところですが、右に行くことが可能ならば、やはり行きたい方向になると思います。 今のコンビニから出る場合は、やはり行きたい方向だと思います。 合流や車線変更のつもりで出しているかもしれませんが、本当に右に行きたいのと区別つかないですよね。 まぁー、実際は、右に行きたい人は、もう少し車の向きを変えますけどね ただ、中央分離帯があったり、一方通行とかで、あきらかに、行く方向が決まっていて、しかも相手の車に左ウインカーでは、発進を知らせずらい時に、右を使ったほうが親切なこともあると思います。 物議を呼ぶかも知れませんが… 「合流」とか「本線」って本来は高速道路や自動車専用道路なんか 逆方向には進めない構造を持っている で使われる用語で、このときは右にウインカーは当然なのですが、通常の道路の場合は単なる交差点の扱いで、左ウインカーを出さなければならない事になるようです 昔JAFの小冊子で見た記憶がある。 自分 自転車 の通勤経路でも鋭角 多分20度以下 に合流する場所があるのですが、人によって右に出す人と左に出す人がいます。 角度によって判断が分かれるようでは困るので法律上はそうなっているのだとは思いますが。 #自分の場合もあいまいな場合がありますが、左にウインカーを出して優先道路の車両に手で意志を伝える事もあります。 Q 毎度お世話になっております。 今、普通AT車の免許をとるために短期で教習所に通っています。 そして早くも、明日は仮免試験です…。 私はS字とクランク(特にS字)が苦手で、昨日も2時間教習を受けた際何回か脱輪してしまい、 また道路をどうしても右寄りに走ってしまう癖があって、昨日も教習で確認の時一人の先生に「後半はなおってきたけど、前半走行位置がめちゃくちゃでしたよ」と言われました;; なので今日の朝、検定前最後の教習があったときには、昨日の先生のアドバイス通り左側の白線がだいたい車体の真ん中くらいに来るよう左寄りで走り、S字とクランクも今まで習ってきたことをもとに(特に私はハンドルをはやく切りすぎてしまうことが多いので、少し遅めに切るようにしました)やってみました。 そうしたら、S字とクランクどちらも何回かやったのですが初めて一度も脱輪することなく、始めにあらかじめ先生にも「S字とクランクが心配」と言っていたのですが終わりころには「だいぶいいね」と言ってくださり、S字クランクを通る時のスピードなど注意を受けたものの、一発で見極め良好をもらってしまいました・・・。 正直、私の場合先生によってリラックスした気持ちでできるか緊張してしまうかが分かれてしまう、というのもあるのですが・・・^^; 修了検定は、確かとなりに教官はいないのですよね・・・?(無線で指示をうけると聞きました) 今まで練習では、厳しい先生だとしても先生がいてくださったので「脱輪しそうなら指示を出してくれる」と思っている部分があり、それで少し気楽にできた、というのがありました。 しかし明日は隣にいない状態で一人で判断して操作しなければなりません。。 今日は成功したものの、明日脱輪しないか・・・と今から落ち着きません; クランクで柵にぶつかったら検定中止になる、というのは聞きましたが、脱輪の場合も 中止になるのでしょうか? また脱輪した場合、そのまま進行方向に進んだほうがいいのかバックしたほうがいいのか、 バックの場合ハンドルは切るのかそのままなのか、、状況による使い分けがまだいまいちわかりません;; クランクやS字の際、これは気をつけて運転したほうがいい、というのはありますでしょうか・・・? 今私が通っている教習所には、母の友人の知り合いの方が教官をなさっていて そのつながりで紹介をしてもらって通っています。 実際にその教官に技能を教えてもらったこともありますが気さくな本当にいい先生で、 「一発で合格してほしいから」と私のできていないところの注意、アドバイスを丁寧にしてくださって、なぜできないのか一緒に考えてくださったり、また私が運転の指導をしてもらった他の先生にも私の運転について聞いてくださっていたり、「もうすぐ検定だけど、まだ走り慣れてないみたいだから」と心配してくださっていたようです。 それを知ってとてもうれしく思ったと同時に「一発で絶対合格したい」という気持ちが強くなり、 また今春休みで帰省しておりその中で短期でスケジュールを組んで受けているので 落ちるとこれからの計画がくずれてしまって、この休み中に卒業検定まで いかないこと、また両親に金銭的な面であまり負担もかけることはできないことなどがあり とにかく明日のことが心配です。。 何かアドバイスありましたら教えていただけないでしょうか・・・? 長文失礼いたしました。 毎度お世話になっております。 今、普通AT車の免許をとるために短期で教習所に通っています。 そして早くも、明日は仮免試験です…。 私はS字とクランク(特にS字)が苦手で、昨日も2時間教習を受けた際何回か脱輪してしまい、 また道路をどうしても右寄りに走ってしまう癖があって、昨日も教習で確認の時一人の先生に「後半はなおってきたけど、前半走行位置がめちゃくちゃでしたよ」と言われました;; なので今日の朝、検定前最後の教習があったときには、昨日の先生のアドバイス通り左側の白線がだいたい車... A ベストアンサー コツと言えるかどうか分からないけど、2点のみ助言を。 1.既回答にもありますが、方向を決めるのは車の前輪です。 その前輪はあなたの体の真下ではなく、1m近く前にあります。 まして、ボンネットの最先端にあるわけでもありません。 あ、曲がらなければ、と思ってハンドルを切る初心者のハンドル操作は、カーブが始まるかなり手前になる傾向があります。 目ではカーブを捕えていても、車は実はまだまだカーブの手前なんですね。 ここでハンドルを切ると、当然脱輪します。 体がカーブ開始位置に来たな、ぐらいでも十分曲がれます。 感じとしては、ドアミラーがカーブ開始位置に来たあたりが、ナイスタイミング。 スピードが遅いから、これで大丈夫! S字カーブでも最初のカーブと次のカーブの曲がり具合はほとんど同じはずです。 最初はゆるいカーブで、次が90度曲がるなんてコースはないですよ。 同じタイミングでいいんです。 で、まず一つ目のコツ。 前輪がカーブに対してどの位置にあるかをイメージしましょう。 でも、これって教習中に指導員から教わりませんでしたか? あしたの仮免前に練習は出来ないでしょうから、夜にイメージトレーニングするしかないですねえ。 ハンドルは手を緩めると元の位置に戻ろうとします。 当然車のカーブ具合もゆるくなり、そのままにすると直進します。 そして次のカーブ開始がドアミラー付近まで来たら、同じようにゆっくりと曲がっていく。 どうせスピードは20-25km程度過ぎません。 2.脱輪した時点で試験はおしまいの筈です。 「再試験ね」と冷たく言われて・・・。 そこで第二のコツ。 脱輪しそうになったら、まず止める。 Rにギアを入れて、ハンドルはそのまま。 ブレーキを緩めて絶対に切り返さずにバックして元の位置まで戻る。 ここであわててハンドルを切ると今度は後輪が脱輪する可能性が大きくなります。 もとの位置まで戻ったらやり直してカーブを回る。 さあ、頑張って! 憧れの運転免許はすぐそこにある! コツと言えるかどうか分からないけど、2点のみ助言を。 1.既回答にもありますが、方向を決めるのは車の前輪です。 その前輪はあなたの体の真下ではなく、1m近く前にあります。 まして、ボンネットの最先端にあるわけでもありません。 あ、曲がらなければ、と思ってハンドルを切る初心者のハンドル操作は、カーブが始まるかなり手前になる傾向があります。 目ではカーブを捕えていても、車は実はまだまだカーブの手前なんですね。 ここでハンドルを切ると、当然脱輪します。 体がカーブ開始位置に来たな、ぐらいで... A ベストアンサー 一般的なことは,皆様が書かれている通りです 自分は一発合格でしたが 私の卒業した学校であった,変わったエピソードがあります 参考まで 交差点手前でで一台のトラックが止まっていたのですが 検定車5台の内,先頭の運転手が信号待ちと判断 トラックの後ろに停止,残り4台も同様に停止しました ところが,トラックは信号待ちではなく 交差点近くの電話ボックスで電話する為に停車していただけだった 検定者は誰も気付かず教官に指摘された ところが,車間距離が近すぎて,免許所持者なら切り返しで 抜けられるところ,未熟なため列から抜け出せず 全員が100点原点で不合格になった 実話ですよ) ポイントは状況判断ミスと走行不能による検定中断になったため 一般的なことは皆様書かれているようなことで おそらく,質問者様もある程度予測できていることも あると思います 上のような,予測不可能な事態に巻き込まれたとき 如何に判断して抜け出せるかだと思います 運とか,こういう場面に出くわす確立とか ありますが,平常,冷静を保つことが大事です!! 一般的なことは,皆様が書かれている通りです 自分は一発合格でしたが 私の卒業した学校であった,変わったエピソードがあります 参考まで 交差点手前でで一台のトラックが止まっていたのですが 検定車5台の内,先頭の運転手が信号待ちと判断 トラックの後ろに停止,残り4台も同様に停止しました ところが,トラックは信号待ちではなく 交差点近くの電話ボックスで電話する為に停車していただけだった 検定者は誰も気付かず教官に指摘された ところが,車間距離が近すぎて,免許所持者なら切り返し... 運転中、焦って、挙動不審になってしまい正しい判断が出来なくなってしまってます。 当然の話で申し訳ないのですが、教習所内での教習だと、早くても40キロしか出せないしゆっくり走っても対向車があまりいないし歩行者もいないし… でも、路上に出れば普通に制限速度ギリギリまでは出さなきゃ流れに乗れないし、後ろから車は迫ってくるし、でパニックです。 今日も、 ・駐車車両を避けるのを失敗しかけたり ギリギリのところで先生がハンドル切ってくれました ・ガードレールにぶつかりそうになった ・4車線のところで間違って対向車線に入りそうになる; ・右寄せ左寄せ・巻き込み確認がトロい。 スピード出したまま出来ない …今日は本当に死ぬかと思いました;。 特に対向車線に入りかけたとき。 先生にも大変申し訳なく・・・ 周りの人に聞くと「路上教習のほうが簡単だった」とか「路上の方がすごく楽しい」という意見ばかりなので、私はちょっとおかしすぎるのか?;と思ってしまいました。 二次教習で路上教習経験者の方は、路上に出たときパニックになりませんでしたか? また、安心して運転できるコツがありましたら教えてください。 宜しくお願いいたします。 運転中、焦って、挙動不審になってしまい正しい判断が出来なくなってしまってます。 当然の話で申し訳ないのですが、教習所内での教習だと、早くても40キロしか出せないしゆっくり走っても対向車があまりいないし歩行者もいないし… でも、路上に出れば普通に制限速度ギリギリまでは出さなきゃ流れに乗れないし、後ろから車は迫ってくるし、でパニックです。 今日も、 ・駐車... A ベストアンサー 私も路上教習は楽しくて仕方なかったクチです。 ちなみに女です。 (やっと外の世界で運転できる喜びが強かった) 質問者様は最近仮免を取り。。。 という事はまだ路上は数回程度しか 乗っていないということですよね? 最初はあせりますよ。 そりゃ。 私もストレートで合格はしましたが、路上1日目はビビリ連続でした。 でも次第に状況判断もできるようになるし、慣れてくれば楽しくも感じられると思います。 あと数時間楽な気持ちで教習してみて下さい。 もしそれでも改善しないのであれば運転自体不向きという事に... 仮に時間をずらして道路状況が楽な状態で免許を取得したとしても 道路状況が混雑していたり、車の多い時間帯にも自分で運転する時が絶対にありますからね。 だからただヒタスラ慣れるまで通うべきです。 沢山落ちても落胆せずに。 実際、ストレートで合格した私よりも十時間以上ダブったオバサンの方が 安定した感じだったりもしましたから、無駄にはならないと思いますよ。 頑張って! A ベストアンサー 法律カテゴリーなので。 houko. houko. HTM 021 を読む限り、ここの A-5 の回答のようになるかと思います。 cool. html 並行する車線があるなら、車線変更なので、右。 平行する車線が無いなら、進路変更なので、左。 高速道路や、中央分離帯の或る道路、また一方通行の道路における、特別な方向指示器の利用規定は無いと思うのですけど、分かりません。 Q 道路の白線・黄色線について疑問に思っています。 過去の質問を拝見しましたら、白・黄色の実線について 「はみ出し」を禁止している 「追い越しのためのはみ出し」を禁止している 「追い越し」を禁止している との回答を眼にしました。 1)どの見解が正しいのでしょうか? 2)1)の回答にもよりますが、車線区分線としての白・黄色の実線の場合には、車線変更は禁止なのでしょうか? 「はみ出し」禁止であれば当然ダメでしょうが、「追い越し」禁止であれば車線変更は可能なような気がします。 しかし、その場合は「追い越しのための車線変更」と「ただの車線変更」との区別がつかず、どこから違反とされるのかわかりません。 宜しくお願いいたします。 A ベストアンサー 少し噛み砕いて書いてみます。 複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから 中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。 道幅が狭いため、駐車車両や道路工事、また軽車両を追い越すなどやむを得ない場合には、中央線の右側へはみ出すことが出来る 「追い越し禁止」の標識がある場合は、右側へはみ出すことはもちろん、はみ出さずに済む状況であっても、追い越しそのものが禁止されます。 白・黄色ともに。 優先道路を走行していて信号機のない交差点の場合は除外。 それらの場所では、追い越しをしようとして進路変更 車線変更 しただけでも違反行為と考えられます。 クルマはその速度に応じた車間距離を必要としますが、最低限必要な距離としては、前車が急停車した場合に追突しない距離と考えられます。 次に、追い越す動機としては、速度差があるため前車に対して、最低限必要な距離程度までに近づいてしまったから、という理由が挙げられると思います。 勿論、急いでいる場合もあるでしょう 追い越す意識 目的 があるかどうかという心理は、遠目には分かりませんが、車間距離がギリギリまで近づいていた場合には、意図していたと判断されるのではないでしょうか? 追い越す必要がなければもう少し車間距離を取るでしょうから。 特に速度を上げて接近していった場合には、その速度差から、追い越す意識があったと判断されると思われます。 現実的には、追い越しのための車線変更自体が違反行為となるケースが多いと思いますが、単純に追い越す意図があるかないか、を判断する材料はギリギリの車間距離か十分な車間距離か、また、前車と同じ速度であったか、速い速度で接近中であったか、だと考えます。 前車と十分な車間距離があり、速度も同程度の場合には、単なる車線変更と見なされると思います。 どうぞご安全に。 元、指導員より 少し噛み砕いて書いてみます。 複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから 中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。 A ベストアンサー いましたね。 私が免許を取ったのはもうおおかた20年くらい前になりますが、 「ちょっとスピードを出してカーブを曲がる」「急ブレーキを踏んでみる」という教習課程があり、私と同じ時期に通っていたおばちゃんが「スピードを出してカーブを曲がる」課程に挑戦することに… 見た目たいしてスピードは出ていなかったのですが、カーブにさしかかるや否やパニック状態になったおばちゃんは、あろうことか「カーブと逆に急ハンドル」を切ってしまい、あわれ教習車は柵をぶち破って敷地外の田んぼに転落…。 車から這い出てきた教官の蒼白な顔色が今でも忘れられません。 ちなみに後日、件の教官に同乗してもらうことになり、詳しく話を聞いたところ、「おばちゃんは悲鳴をあげて完全に目を瞑っていた」そうで、教官側の補助ブレーキを踏む暇もなかったそうです。 本来ならば教官もそれなりの処分を受けるような事件だったのですが、所長の「あれはしょうがないな…」の一言でお咎めなし。 ですが、おばちゃんは「説得してあきらめてもらった」そうです。 おばちゃんはその課程に来るまではそれなりに課程をこなしていたそうで、ちょっと気の毒な気もしますが、技術以前の問題な気もします。 ご参考までに。 いましたね。 私が免許を取ったのはもうおおかた20年くらい前になりますが、 「ちょっとスピードを出してカーブを曲がる」「急ブレーキを踏んでみる」という教習課程があり、私と同じ時期に通っていたおばちゃんが「スピードを出してカーブを曲がる」課程に挑戦することに… 見た目たいしてスピードは出ていなかったのですが、カーブにさしかかるや否やパニック状態になったおばちゃんは、あろうことか「カーブと逆に急ハンドル」を切ってしまい、あわれ教習車は柵をぶち破って敷地外の田んぼに転落…。 Q 経済的な理由から一発免許 AT に挑戦しています。 学科仮免は難なく一発で受かったのですがやはり技能で落っこちました。 まだ一度とはいえちょっとへこんでいます。 試験官曰く、「右左折の方法に問題があり、原点超過で不合格」ということでした。 そこで正しい右左折の方法を教えて欲しいのですが、私の以前までの認識はこうでした。 へたくそですが図に書きました。 正しい曲がり方をいろいろなホームページを調べましたがどうも書いていることがバラバラです。 教習所で仮免を取るのと違って難しいとは聞きましたが何とか2回目で合格したいです。 よろしくお願いします。 経済的な理由から一発免許 AT に挑戦しています。 学科仮免は難なく一発で受かったのですがやはり技能で落っこちました。 まだ一度とはいえちょっとへこんでいます。 試験官曰く、「右左折の方法に問題があり、原点超過で不合格」ということでした。 そこで正しい右左折の方法を教えて欲しいのですが、私の以前までの認識はこうでした。

次の

合流時のウインカーは右か左か。当て逃げされたことを機に、運転ルールを再確認してみた。

合流 ウインカー

tags: , , 一般道でクルマの方向指示器をどちらに出すべきか迷いやすい場面のひとつが、幹線道路の側道から本線部分への合流です。 道路の構造上ふたつのケースがありますが、どのように判断すればよいのでしょうか。 似ているが異なる、合流地点の「交差点」と「付加車線」 一般道において、幹線道路などの側道から本線部分に合流する場所では、右と左、どちらの方向指示器を上げればいいのでしょうか。 ここで言う側道とは、幹線道路や陸橋などに沿って設けられている、一方通行の道路のことです。 そして実はこの場合、右と左のいずれのケースも考えられます。 側道から幹線道路に合流する場所は、交差点のケース(上)と、付加車線のケース(下)がある。 写真はイメージ(佐藤 勝撮影)。 というのも、その側道が本線に合流する場所は、形状によって「交差点」に分類されるケースと、合流の助走を行うための「付加車線」に分類されるケースがあるからです。 当然ながら、クルマが出すべき合図の方向は道路交通法とそれに基づいて規定された道路交通法施行令によって決められており、その場所が「交差点」なのか「付加車線」なのかが見分けられれば、どちらに合図を出すべきかが分かります。 警察庁に聞いたところ、「交差点」のケースでは「車両が左に曲がることとなりますので、『左折』に該当し、左側の方向指示器を出さなければなりません」といい、「付加車線」のケースでは「いったん付加車線に進入して右側の本線と並行して走ったうえで、『進路変更』の形で本線に乗り移ることとなりますので、右側の方向指示器を出さなければなりません」と話します。 では、「交差点」と「付加車線」を見分けるポイントはどこにあるのでしょうか。

次の