ベリ トランス 株式 会社。 ベリトランス株式会社のVeriTrans4Gを使う前に気になる「手数料」や「料金」、「審査の厳しさ」・「評判」を調べました

ベリトランス株式会社の採用・求人情報

ベリ トランス 株式 会社

Pay-easy(ペイジー)とは日本マルチペイメントネットワーク運営機構が提供している金融機関と収納機関を結び、効率的に決済データを転送するシステムをいいます。 これによって入金から決済完了までをスピーディに完結させることが可能になり、指定された番号を入力することによって 銀行窓口やATMだけでなく、パソコンやスマートフォンなどを用いて決済をすることも可能になりました。 オンライン決済においてユーザーは、「決済方法の選択時にPay-easy(ペイジー)を選択し、注文完了時に発行された支払用番号と入金金額をATMやWebサイト上で入力して支払いを確定する」という簡単な手続きで決済を完了することができます。 ただし、ジャパンネット銀行など独自のネットワークを持ち、Pay-easy(ペイジー)を利用した取引に対応していない銀行もあるため注意が必要です。 Pay-easy(ペイジー)は全国の銀行やコンビニATMやネットバンキングのほか、全国の信金、信組、労金、JAバンクやJAマリンバンクにも対応しており、 地域性や年代を問わず幅広い顧客の獲得が見込まれます。 銀行口座の保有率が高いため、普段オンライン決済を利用することの少ないユーザーも利用できます。 クレジットカードを持たないユーザーにとっても利便性が高いでしょう。 ネットバンクを中心にPay-easy(ペイジー)から取引をすることができない銀行もありますが、銀行振込決済を用意しておけばユーザーの取りこぼしを防ぐことができます。 また、口座振替は毎月決まった金額を引き落とすため、定期購入などの 固定客を獲得することができ、手続きの煩雑さなどから今まで利用しなかった層も取り込めることがメリットといえるでしょう。 ユーザーにとっても、自動的に口座から引き落とされるため毎月の支払い忘れを防ぎ、窓口に出向く必要がありません。 入金する際の手数料も発生しないため、 ユーザーの負担を抑えることができます。 銀行決済をオンライン決済に導入するには各種決済サービスと直接契約することもできますが、 決済代行会社を介して導入することをおすすめします。 決済代行会社を利用することで さまざまな決済方法を一括で導入することができます。 全国に銀行は1,000行以上ありますが、決済代行会社の提供する決済サービスを利用すれば全国の主要な銀行をはじめ多くの銀行に対応したサービスを提供することが可能です。 また、 入金サイクルや請求についても決済代行サービスの導入により一元化することができます。 銀行決済のほかにも、それぞれの決済サービスを個別に導入すると決済サービス事業者ごとに入金サイクルや請求タイミングがバラバラとなり経理作業が非常に煩雑になりますが、決済代行サービスを利用することでこの手間を軽減することができます。

次の

ベリトランス主催『Google Pay ハッカソン』|クレジットカード決済代行のベリトランス株式会社

ベリ トランス 株式 会社

Pay-easy(ペイジー)とは日本マルチペイメントネットワーク運営機構が提供している金融機関と収納機関を結び、効率的に決済データを転送するシステムをいいます。 これによって入金から決済完了までをスピーディに完結させることが可能になり、指定された番号を入力することによって 銀行窓口やATMだけでなく、パソコンやスマートフォンなどを用いて決済をすることも可能になりました。 オンライン決済においてユーザーは、「決済方法の選択時にPay-easy(ペイジー)を選択し、注文完了時に発行された支払用番号と入金金額をATMやWebサイト上で入力して支払いを確定する」という簡単な手続きで決済を完了することができます。 ただし、ジャパンネット銀行など独自のネットワークを持ち、Pay-easy(ペイジー)を利用した取引に対応していない銀行もあるため注意が必要です。 Pay-easy(ペイジー)は全国の銀行やコンビニATMやネットバンキングのほか、全国の信金、信組、労金、JAバンクやJAマリンバンクにも対応しており、 地域性や年代を問わず幅広い顧客の獲得が見込まれます。 銀行口座の保有率が高いため、普段オンライン決済を利用することの少ないユーザーも利用できます。 クレジットカードを持たないユーザーにとっても利便性が高いでしょう。 ネットバンクを中心にPay-easy(ペイジー)から取引をすることができない銀行もありますが、銀行振込決済を用意しておけばユーザーの取りこぼしを防ぐことができます。 また、口座振替は毎月決まった金額を引き落とすため、定期購入などの 固定客を獲得することができ、手続きの煩雑さなどから今まで利用しなかった層も取り込めることがメリットといえるでしょう。 ユーザーにとっても、自動的に口座から引き落とされるため毎月の支払い忘れを防ぎ、窓口に出向く必要がありません。 入金する際の手数料も発生しないため、 ユーザーの負担を抑えることができます。 銀行決済をオンライン決済に導入するには各種決済サービスと直接契約することもできますが、 決済代行会社を介して導入することをおすすめします。 決済代行会社を利用することで さまざまな決済方法を一括で導入することができます。 全国に銀行は1,000行以上ありますが、決済代行会社の提供する決済サービスを利用すれば全国の主要な銀行をはじめ多くの銀行に対応したサービスを提供することが可能です。 また、 入金サイクルや請求についても決済代行サービスの導入により一元化することができます。 銀行決済のほかにも、それぞれの決済サービスを個別に導入すると決済サービス事業者ごとに入金サイクルや請求タイミングがバラバラとなり経理作業が非常に煩雑になりますが、決済代行サービスを利用することでこの手間を軽減することができます。

次の

銀行決済とは?種類・メリットや導入方法を解説!|クレジットカード決済代行のベリトランス株式会社

ベリ トランス 株式 会社

株式会社デジタルガレージ(東証一部 4819、本社:東京都渋谷区、代表取締役 兼 社長執行役員グループCEO:林 郁、以下:DG)の子会社で、決済事業を手がけるベリトランス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役執行役員社長:篠 寛、以下:ベリトランス)は、PayPay株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長執行役員CEO:中山 一郎、以下:PayPay)が展開する決済サービス「PayPay」に対応し、総合決済ソリューション「VeriTrans4G」の決済メニューとして2020年初春よりEC事業者への提供を予定しています。 これまで「Yahoo! ショッピング」「ヤフオク! 」など一部のECサイトにて利用されていましたが、今回、より多くのEC、ネットサービス事業者へ提供を拡大します。 購入者はクレジットカード情報などの入力を都度行う必要がなくスピーディーに支払いができるため、支払いの利便性が向上し支払い画面での離脱防止も見込めます。 クレジットカード情報の非保持化に完全対応した国内最高水準のセキュアなシステムを基盤に、継続課金やカード情報更新機能などの基本機能や不正利用を防止する多様なセキュリティオプションを標準提供しています。 サービスやセキュリティ要件等が追加された場合にも、事業者負担を最小限に留める柔軟な拡張性を持つシステムを構築しているため、「VeriTrans4G」を利用する事業者は「PayPay」の利用申込みのみで、すぐに導入が可能です。 また導入後は、当社管理画面で取引情報を一元管理でき、「PayPay」のみの取引情報を抽出して集計することもできるほか、収納金はその他決済手段の預り金と一括で精算または振込されるため、新たな決済方法の追加による運用負荷を抑えることができます。 今後も、対面・非対面決済共に実績を持つ両社にてサービス提供を行うことで、幅広い消費者の支払いニーズに応えるとともに、導入加盟店ならびにキャッシュレス決済の利用拡大を推進していきます。 【総合決済ソリューション「VeriTrans4G」提供決済メニュー】 ECサイトなどを対象としたオンライン決済メニューとして以下のラインナップを提供しています。 「PayPayマネー」「PayPayマネーライト」「PayPayボーナス」「PayPayボーナスライト」の4種があり、それぞれ有効期限や使える機能が異なります。 【ベリトランスについて】 デジタルガレージグループで、オンライン決済事業及びPOS向け決済、バーコード決済等のオフライン決済事業を展開する決済プロバイダー。 流通、サービス、メーカー、省庁・自治体など幅広い業界の事業者に対して、EC、実店舗、オムニチャネルなど多様なチャネルで活用可能な決済ソリューションの提供を通じ、キャッシュレス化及び事業の成長を支援しています。 社会インフラに成長した決済サービスの担い手として、DGグループのイーコンテクストと共に、行政・クレジットカード業界への提言、政策や業界動向に応じたサービスのスピーディーな提供など、事業者・消費者に必要とされる安全安心な環境、ソリューションを拡充しています。

次の