東京 グール キャスト。 CAST

CAST

東京 グール キャスト

映画『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』の追加キャストが発表された。 発表されたキャストは、森七菜と木竜麻生。 7月19日から公開される同作は、石田スイの漫画『東京喰種 トーキョーグール』をもとに、2017年に公開された実写映画の続編。 ある事件をきっかけに人間と人間を食らう種族・喰種のハーフになったカネキが喫茶店「あんていく」に身を寄せて生活する中、カネキに異常な執着を持つ喰種・月山習がカネキを「グールレストラン」に誘い出し、人間と喰種の共存を懸けた闘いが始まる、というあらすじだ。 主人公・カネキ役を窪田正孝、宿敵・月山習役を松田翔太、ヒロインの霧嶋董香役を山本舞香が演じる。 森七菜のコメント 今作からの参加ですが、「東京喰種」の特別な世界観を大切に、小坂依子を演じさせていただきました。 イメージが完成しているキャラクターを演じるのは難しかったですが、窪田正孝さん、山本舞香さん、監督を始めとするスタッフの皆さんに助けていただきながら心地よく撮影させていただき、すごく楽しかったです。 「東京喰種」チームに参加させていただけて幸せでした。 私自身完成がとても待ち遠しいです。 木竜麻生のコメント この度、『東京喰種2』に西野貴未役として参加させていただきました。 「東京喰種」という人間と喰種の生きる世界の中、彼女を通して、私自身の大切にしたいものを改めて考えさせられたような気がしました。 作品に参加することが出来て、嬉しく思います。 ありがとうございます。

次の

話題作『東京喰種 トーキョーグール【S】』はキャスト&スタッフ変更でどう変わった!?窪田正孝VS松田翔太のガチバトルに大興奮です

東京 グール キャスト

脇を固める魅力的なキャラクターに、5人の実写キャストが抜擢されました。 若手イケメン俳優の白石隼也や、雑誌「セブンティーン」で活躍する古畑星夏、さらにauのCMで話題になった俳優の前野朋哉、お笑い芸人のダンカン、劇作家から映画監督まで幅広く活躍する岩松了が出演するとのことです。 白石隼也演じる西尾錦は、カネキらと同じ学校に通い人間のように振る舞う喰種。 人間の裏切りによって姉を失ったことから人間のことを憎んでいます。 古畑星夏演じる小坂依子は、トーカの親友で彼女が喰種だとは思っていません。 前野朋哉演じる草場一平は、20区で活躍する捜査官。 またダンカン演じる小倉久志は、喰種より喰種のことを知っていると豪語する喰種研究家です。 岩松了演じる嘉納明博は、カネキを半喰種にした張本人。 カネキが鉄骨から落下し瀕死状態のときにリゼの臓器を移植し半喰種と化しました。 物語を進める上で重要な役目を負っているキャラクターたちの活躍に注目です。

次の

窪田正孝主演の映画『東京喰種2』追加キャストに森七菜、木竜麻生

東京 グール キャスト

1988年生まれ、神奈川県出身。 〈主な出演映画〉 「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」(10)、「LIAR GAME」シリーズ(10、12)、『ハードロマンチッカー』(11)、『アフロ田中』(12)、『スイートプールサイド』(14)、『イニシエーション・ラブ』(15)、『ディアスポリス-DIRTY YELLOW BOYS-』『オーバー・フェンス』(16) 1997年生まれ、鳥取県出身。 〈主な出演映画〉 『暗殺教室』シリーズ(15、16)、『殿、利息でござる!』(16)、『ひるなかの流星』『未成年だけどコドモじゃない』(17)、『恋は雨上がりのように』『SUNNY 強い気持ち・強い愛』『ギャングース』(18)、『劇場版ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』(19) 1992年生まれ、神奈川県出身。 〈主な出演映画〉 『心が叫びたがってるんだ。 』(17)、『天気の子』(19)、『地獄少女』(19)、『Last Letter』(20) 1992年生まれ、神奈川県出身。 本作が映画初出演。 1994年生まれ、神奈川県出身。 〈主な出演映画〉 『サイドライン』(15)、『ハローグッバイ』(17)、『東京喰種 トーキョーグール』(17) 2002年生まれ、千葉県出身。 〈主な出演映画〉 『東京喰種 トーキョーグール』(17)、『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』(18)、『祈りの幕が下りる時』(18)、『ういらぶ。 』(18)、『ホットギミック ガールミーツボーイ』(19)、『男はつらいよ お帰り 寅さん』(19) 1959年生まれ、埼玉県出身。 〈主な出演映画〉 『ジャージの二人』(08)、『容疑者Xの献身』(08)、『白ゆき姫殺人事件』(14)、『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』(16)、『森山中教習所』(16)、『東京喰種 トーキョーグール』(17) 1990年生まれ、神奈川県出身。 〈主な出演映画〉 『カイジ2〜人生奪回ゲーム〜』(11)、『ストレイヤーズ・クロ二クル』(15)、『彼岸島 デラックス』(16)、『東京喰種 トーキョーグール』(17)、『ホペイロの憂鬱』(18)、『母さんがどんなに僕を嫌いでも』(18) 1944年生まれ、佐賀県出身。 〈主な出演映画〉 『山桜』(08)、『東京喰種 トーキョーグール』(17)、『悪と仮面のルール』(18)、『累-かさね-』(18) 1991年生まれ、宮城県出身。 〈主な出演映画〉 『まほろ駅前狂騒曲』(14)、『菊とギロチン』(18)、『鈴木家の嘘』(18) 1994年生まれ、韓国出身。 〈主な出演映画〉 『暗殺教室』シリーズ(15、16)、『レオン』(18)、『私の人生なのに』(18)、『殺る女』(18) 1989年生まれ、東京都出身。 〈主な出演映画〉 『桜田門外ノ変』(10)、『清須会議』(13)、『東京喰種 トーキョーグール』(17).

次の