ヘリックス 開け方。 ピアスの可愛い位置4つ!おしゃれ&可愛いピアスを開ける場所とは?

ヘリックス 開け方

ヘリックス 開け方

スポンサーリンク ヘリックスのファーストピアスの選び方のポイント ヘリックスのファーストピアス選びはとても重要です。 間違ったファーストピアスを選ぶと、ピアスホールが化膿してしまったり、 トラブルにつながる可能性も。 そこで、ヘリックスのファーストピアスの選び方のポイントをいくつかご紹介します。 ヘリックスのファーストピアスに透明ピアスはNG ファーストピアスといえば 透明ピアスと考える方が多いんですが、ヘリックスのファーストピアスに透明ピアスはNGです! ほとんどの透明ピアスは、「樹脂」という素材で作られています。 「樹脂製の透明ピアス」といえば、肌に優しい素材で作られていそうなイメージじゃないですか? 私は「ピアスホールに優しそうな素材」と思っていました。 でも実は、 樹脂製ピアスの原料は石油で非常に柔らかいために雑菌が繁殖しやすく、ピアスホールが安定していないファーストピアスには不向きです。 ファーストピアスに使うとトラブルに繋がることも…。 では、ヘリックスのファーストピアスにはどんな素材がいいんでしょうか? ヘリックス ファーストピアスの素材 ヘリックスのファーストピアスに選ぶならデザインもこだわりましょう。 ヘリックスを開けたばかりの時は、 ピアスホールが非常に繊細で、少しの動きや衝撃でホールの内側の皮膚が傷ついてしまいます。 付けっ放しにしておかないといけないヘリックスのファーストピアスには、引っかかりにくいデザインのピアスがおすすめ。 特におすすめは、 ラブレットスタッドのピアスです。 ラブレットスタッドのピアスは、耳の後ろ側にくるキャッチ部分が平らなデザインで、引っ掛けてしまうこともありません。 もう一つ、 ストレートバーベルのピアスもシンプルで引っかかりにくいので、ヘリックスのファーストピアスのはおすすめです。 逆に、リングタイプや大きいデザイン、ぶら下がるタイプのピアスは、髪を洗う時や服を着替える時に引っ掛けやすいので、ヘリックスのピアスホールが安定するまでは避けた方がいいでしょう。 スポンサーリンク ヘリックスのファーストピアスのサイズは? ヘリックスは軟骨部位なので、ピアスを開けた時は必ずといっていいほど腫れてしまいます。 なので、ヘリックスのファーストピアスは腫れることを考慮してサイズを選びましょう。 8mm以下を選んだ場合、ヘリックスのピアスホールが腫れた際に、ピアスが短すぎるとホールを圧迫してしまうことがあります。 腫れを長引かせたり、化膿させる原因にもなるので、ヘリックスのファーストピアスには、少し長めのシャフトを選ぶといいでしょう。 ゲージの太さ ヘリックスのファーストピアスのゲージの太さは 14Gか 16Gがおすすめ。 基本的には、 ヘリックスを開けた時のピアッサーやニードルと同じ太さのファーストピアスを選ぶといいでしょう。 14Gで開けたのに16Gのファーストピアスを選ぶと、開けたホールよりもファーストピアスが細いので、ピアスホールに余分な空間ができてしまいます。 ファーストピアスが動いて、ホールを傷つける原因になるので気をつけてくださいね。 ボールの大きさは、大きすぎると引っかかる原因になるので小さいサイズを選びましょう。 3mmなどの小さいボールサイズを選ぶと、着脱の際に落としてしまったり、なくす事があります。 ファーストピアスをつける時は、十分注意してくださいね。

次の

ピアスの可愛い位置4つ!おしゃれ&可愛いピアスを開ける場所とは?

ヘリックス 開け方

耳の穴に近いのがいいのか、それとも耳の上の方に付けるのか、自分のベストコーディネートを見つけて参考にするようにしましょう。 病院でフォワードヘリックスを開ける場合 自分で軟骨ピアスを開けるのに慣れていない人はできるだけ病院で開けてもらうようにしましょう。 ただ、病院であればどこでも良いわけではないので、以下の内容をしっかりと読んでください! 病院を選ぶ フォワードヘリックスの料金をホームページなどに載せている病院はほとんど無いと思います。 マイナーな軟骨ピアスなのでしかたないですが、必ず病院に対応しているかどうかを聞いてみましょう。 都内の大きな美容整形外科などであれば経験も豊富だと思いますが、地方の病院などでは経験が無くても「できるよ!」と気軽に言ってくる可能性もあるので、電話で経験がある人が施術してくれるかの確認は重要です。 また、病院の選びを間違えると自分でやるよりもひどいことになってしまいます。 病院で軟骨ピアスを開ける前に絶対に知っておいてほしいことをまとめたので、必ず確認してください。 ただし、病院なので初診料などが必要になる場合もあるので、こちらも事前に病院で確認するようにしましょう。 病院で開ける際の注意点 繰り返しになりますが、一口でフォワードヘリックスと言っても、開ける位置や開ける数によって印象がかなりかわってきます。 最終的に何個のホールをを開けたいのか、位置は?角度は?そういったことを正確に伝えるためネットなどで参考となる画像を用意して施術してくれる人に見せることでイメージを共有しましょう。 また、マーキングを行ってもらった時点で自分でもしっかりと画像と見比べて確認するようにしましょう。 もし、経験豊富な人が施術してくれる場合には素直に一番人気の位置に開けてくださいとお願いするのも良いでしょう。 さらに、安定するまではこめかみの皮膚繋がっているため、笑うだけでも痛かったりします・・・。 それなりの覚悟をしっかりと持った上で開けてください!自己責任でね。 軟骨ピアスを自分で開ける前に必ず知っておいてほしいことをまとめましたので、続きを読む前に必ず確認してください。 ニードル14G or 16G• ニードルと同じゲージのピアス(シャフトの長さが8mm程度)• スキンマーカー(ピアス専用あるいは顔料インクのペンでも代用可能• 消毒液(薬局などで売っている市販のもので良い)• 清潔なコットン(綿棒などでも良い)• 抗生物質入り軟膏• 消しゴムかコルク• しかも、楽天などではなぜか販売が無く、 Wowma! でしか売っていないので注意が必要です。 ネット通販と聞くとクレジットカードが必要と思うかもしれませんが、コンビニ払いなどがあるので購入は可能です! ピアッサーの方が気軽に買えるから軟骨ピアスをピアッサーで開ける人もいますが、まじで地獄なので辞めましょう。 ニードルで開ける手順 1, しっかりと手を洗う 石鹸などでしっかりと手を洗いましょう。 2, ニードルやピアス、消しゴムを消毒する 滅菌済のニードルで無ければ清潔な小さい器に市販の消毒液を入れて、ニードルとファーストピアス、消しゴムを漬けておきましょう。 3, 消毒液を開けたい部位に塗る コットンや綿棒に消毒液をつけ、表と裏の両方を丁寧に消毒しましょう。 消毒した後はむやみに開ける部位を触らないようにしましょう。 4, ニードルで開けたい部位にスキンマーカーで印をつける フォワードヘリックスの場合はニードルが飛び出てくる位置にマーキングをしましょう。 さらに、角度が斜めにならないよう、ニードルが入っていく線も補助としてマーキングすることをおすすめします。 イメージとしてはこんな感じ。 角度を確認するマーキングを赤、ニードルが出る位置を確認するのを水色で表しています。 ニードルを刺す内側の位置は巻いている耳外縁部の一番深いところから、水色のマーキングに刺すようにしましょう。 角度を気にしつつ、ニードルを刺していき、先端がマーキングした位置から少しでも出たら、耳の外側から消しゴムをあてて一気に貫通させます。 貫通させた後は消しゴムは離してしまって大丈夫です。 このまま数分落ち着かせることでファーストピアスの付け替えがやりやすくなります。 6, ニードルの端にファーストピアスを当てて徐々にニードルを抜く ニードルを完全に抜いてしまうと、ホールが狭くなり、ファーストピアスを入れるのが痛くなってしまうので、穴が空いたニードルの尖っていない部分にファーストピアスの端をあてて徐々に抜いていきます。 ニードルの穴にファーストピアスがピッタリとハマるわけではないので、ゆっくりと慎重に抜きつつ、ファーストピアスを穴に入れていってください。 最後にキャッチをつけて完了です。 フォワードヘリックスのアフターケア フォワードヘリックスはとにかく電話やメガネ、髪の毛などで刺激を与えてしまいやすく、安定までに時間がかかってしまう軟骨ピアスです。 とにかく刺激を与えないことが第一ですが、それが難しく、諦めてしまう人も多いので注意が必要です。 根気よくしっかりとアフターケアを行ないましょう。 基本的なアフターケアの方法は以下の記事に書いてある通りです。 フォワードヘリックスの場合は安定まで個人差はありますが半年程度ですので、その間毎日しっかりとケアしましょう。 もし、刺激を与えて腫れてしまった場合はホットソークを行ないましょう。 ホットソークは家でできる簡単なケア方法なので、以下の記事を参考にしてください。 フォワードヘリックスを開ける痛み フォワードヘリックスを開ける痛みは耳の穴に近いほうが軟骨が分厚く痛みが強くなりがちです。 普通のヘリックスなどと比べてセルフでやりにくい位置であることもあるので、位置を調整したりで痛みが強くなってしまう場合があります。 ただ、開ける痛みよりも開けたあとに続く痛みの方が強いのが特徴です。 フォワードヘリックスを開ける際の痛みに関する個人的意見をいくつかご紹介するので参考にしてみてください。 ただし、当サイトではお勧めしていないピアッサーを使用した可能性があるので、ニードルで開けた人の感想では無いことをご了承ください! フォワードヘリックス開けたとこずっと殴られてあざできたかんじのいたさで、、うん、いたい。 笑ったら痛い。 腫れてるし触ると痛いけど(フォワードヘリはじんじんと痛い。 でも他の穴もそうだったかもとか思う。 最近まったく開けてなかったから)ピアスが動くようになった!維持したいけど痛いってのが勝つんだよねいつも。 骨薄いからかなーまだちょっと痛いけどもうピアス動く。 結論からいうとストレートバーベル、14G、シャフト8mm、ボール4mmです。

次の

軟骨ピアスといえばヘリックス!開け方・痛み・人気デザインとは?

ヘリックス 開け方

人にもよりますが激痛が伴います。 個人で開けれるようにピアッサーなどが簡単に手に入るようになっています。 開け方としては主に2種類あり、 ニードルを使う方法と ピアッサーを使う方法になります。 ニードルの後方にピアスを当て、ニードルを押しだすように通せば完成です。 ニードルは医療用のメスと変わらないくらい先端がとても鋭利でホール(穴)を開けた際の傷口がとても綺麗な状態で保つことが可能です。 治りが早いのでホールの 完成が早まります。 ピアッサーはホールを開ける際、先端があまり鋭利で無い針で無理やり開ける為、 傷口がグチャグチャな状態になってしまいます。 ニードルよりも勢いで 気軽に一人で開けられます。 軟骨の場合ホールが完成するのに 約半年かかることと耳たぶより膿みやすいため正しくケアすることが重要になってきます。 自分で開けたり、友人に頼んで開けるよりも 安全性が高いです。 気を付けなければならないのは、通常の病院では知識を持たない医師もいます。 そのため、皮膚科や 専門医のいるピアススタジオを利用する方が知識を持っているので安心です。 下に続く。。 スポンサーリンク 日本では ピアスの穴あけは医療行為とられているため、医師免許を持たない人がピアスの穴あけを行っている場合があります。 レベルの高いピアススタジオもありますが、感染に対する知識や設備が不十分な ピアススタジオも存在するため、ピアスで穴あけを行う際には十分な見極めが必要です。 病院では、 ホールの大きさが調節できたり、トラブルが起こりづらいピアスを選ぶことができ、万が一トラブルになった場合もすぐに対応できます。 未成年の方は保護者の同意が必要になる場合があります。 軟骨に穴が開いてしまった場合はピアスをやめたくなっても 二度と塞がりません。 友人に開けている人がいれば意見を聞いたり、病院の場合は評判の良いところを調べましょう。 消毒がきちんとできていないと軟骨が溶けてしまったり、肉芽ができる話もあります。 肉芽とはイボのようなもので ピアスホールの大きさが適当でなかったり、斜めにピアスが入ってしまった場合にピアスホールの周りにできます。 肉芽ができてしまった場合は病院で切除する必要があります。 軟骨の場合は耳たぶよりも リスクが高いので、開けた時のリスクや開け方、開けてからのケアなど開ける前にはしっかりと下調べしてから開けましょう。 スポンサーリンク.

次の