イッテ q ケガ。 みやぞんが全治2カ月のケガ!イッテQでやらかしたツイート画像は?

「イッテQ」ロケ中にバービーが重傷!場所は?番組が終了するかも?

イッテ q ケガ

今回は、お笑い芸人のバービーさんが、 アキレス腱断裂をしてしまったそうです。 それを題材にして、簡潔に解説しています。 アキレス腱断裂は保存療法で治せます。 手術に幻想を抱かないようにしましょう。 『手術が早く治る』 や 『しっかりくっつく』 や 『手術しないと再断裂しやすい』 などの発言はまやかしだと思いましょう。 保存療法は可能です。 ただし、医療機関側の採算が取れない場合が多いので、あまり行われていません。 当院では、保存療法にかかるコストを患者さんが負担することで、提供できています。 患者さんはこのような治療も選択肢にあるのだということを知らないと、手術こそすべてだと思ってしまうので、気を付けましょう。 適切な理論と技術と経験を併せ持つ柔整師は、手術以上の良好な結果を出すことが可能です。 整形外科とは全く異なる世界観がそこには存在するのです。 柔整は整形外科の下請けではないのです。 骨折の治療を学ぶ上で、誤った情報に踊らされたり、レベルの低い指導者を見抜けずに崇拝したり、群れたり、教わったことが本物だと信じる行為は危険です。 真の柔整的保存療法を行うということは整形外科診断基準は関係ないことを知りましょう。

次の

みやぞんが全治2カ月のケガ!イッテQでやらかしたツイート画像は?

イッテ q ケガ

日本テレビは24日、22日夜に宮城県松島町で行われた人気バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)の企画「女芸人一芸合宿」のロケ中、お笑いコンビ「フォーリンラブ」のバービー(35)が左足アキレス腱断裂のケガをしたと発表した。 同局によると、22日の夜、同番組の宮城県でのロケ中に、宴会場でそれぞれの演芸を披露するという恒例企画でバービーはダンスを披露。 そのダンスのステップを踏んでいる際、左足に違和感を覚え、終了後、徐々に痛みを感じたため、現地の病院で検査した結果、左足アキレス腱断裂と診断された。 医師の診断の結果、完治までには3カ月との見込みで、現在都内の病院に入院中。 今後は医師の指導に従い、回復具合をみながら、徐々に復帰していくことになるという。 同局は「ケガをされた、バービーさんをはじめ、関係者の方々、ご迷惑をおかけした皆様にお詫び申し上げます。 ロケに際してはリハーサルも行い本番に臨みましたが、今後は番組制作において、より一層安全対策に万全を期してまいります」とコメントした。 バービーのコメント全文は以下の通り。 どうしても踊りたいダンスがあり、沸き立つ想いを抑え切れず、魂の舞を披露した結果、アキレス腱を切ってしましました。 誰よりも美しく高く飛びたい!という気持ちが腱に無理をさせてしまったようです。 アキレス腱断裂は誰にでも起こりうるものらしいので、みなさまお気をつけください! 今は、お医者さんと相談しながら、早く復帰できるように養生します。 ご心配をおかけしてしまい本当に申し訳ございません。 これからも応援よろしくお願いします。

次の

バービー イッテQロケで、重症がヤバい!原因は?番組終了?

イッテ q ケガ

日本テレビ公式ホームページより 日本テレビ系の人気バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ! 』が、その存続にかかわる事態に直面している。 同局では、22日に宮城県で行った、人気企画「女芸人一芸合宿」のロケで、フォーリンラブ・バービーが大けがを負ったことを発表した。 バービーはダンスを披露し、ステップを踏んだ際、左足を傷め、終了後、現地の病院に向かった。 検査の結果、アキレス腱断裂が判明。 翌23日に都内の病院で手術を受けたという、全治3カ月の重傷で、今後の仕事にかなりの影響が出るとみられる。 同番組のロケでは、5月24日(現地時間)、インドでのロケで、ANZEN漫才・みやぞんが走って木の板を踏んでジャンプし、火の輪をくぐる挑戦をしていた際、着地で左足首をひねって負傷。 骨折で全治2カ月の大けがを負ったばかりだった。 「そもそも『イッテQ! 』は、タレントに無理をさせることで成り立っている番組です。 タレントとしては、この先も使ってほしいから、少々のムチャはするでしょう。 しかし、その結果、大けがをさせてしまうのはナンセンス。 所属事務所としては、仕事に支障が出るような事態が最も困るんです」(芸能プロ関係者) こうして何度も出演陣が大けがに見舞われるというのは、番組作りに問題があるといわざるを得ない。 「制作側は『安全に配慮してロケしている』と主張するでしょうが、タレントに無理をさせる環境に甘えて、ロケをやっている以上、批判のそしりは免れないでしょう。 今後、同番組への出演をNGにする芸能プロも出てくるかもしれませんね。 最近では、持ち直しているが、同10月からレギュラー化した『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)に視聴率で完全に逆転されてしまい、再逆転は至難のワザとなっている。 折しも、日本テレビでは6月1日付人事で、番組の育ての親だったプロデューサー(前・情報・制作局長)が飛ばされてしまったばかり。 後ろ盾もなくなった『イッテQ』に末期感が漂っている。

次の