ベルジアン タービュレン。 ベルジアンシェパード 人気ブログランキングとブログ検索

ベルジアン・シェパード・ドッグの性格は?特徴について紹介

ベルジアン タービュレン

ベルギーのシープドッグ4犬種の中で、最も早くから知られていた犬種で、やと共通の起源をもつものである。 この犬種が多く飼育されていたマリーヌと言う町の名称が犬種名の由来になっている。 ヨーロッパでの使役の歴史は古く、軍用に最初に用いられた犬種であり、赤十字の活動にも起用された。 ベルギーのシープドッグ4犬種は被毛の色や長短によって分類されるがマリノアはとほぼ同様の毛色で、からまでの短い直毛を特徴とする。 外貌がに酷似しており、用途でも競合している事から普及率は高くないが、使役能力の競技会では常にのライバルである。 4犬種の中では比較的性格が穏やかで、従順で理想的なコンパニオン・ドッグであると共に持久力に富み、警察犬、警護犬などとしての需要は増えている。 牧羊犬には2種類ある。 1つは羊の群れの中に居て、羊を襲う外敵を追い払役目の護衛犬で、他の1つは羊の行動を意図的に混乱させ他の場所に導く統率犬である。 ベルジアン・マリノアは護衛犬として特に有能な犬である。 羊を守る作業は犬の飼育者の管理外で行われるのが普通であり、護衛犬そのものの資質が問題となるケースが多い。 羊を傷つけてはならないと言う経済的な問題を犬が理解する事はない。 護衛犬は羊をいたわると同時に、羊に信頼されなければならない。 外敵に立ち向かう体力と体格も必要である。 犬が生後8週齢になる頃から子羊と共に育てる事で、羊との絆を築く事ができると言う。 この時期は8週齢が最も適当で、遅過ぎても早過ぎても効果がないと言われている。 いわゆる群れを作る動物(羊)は、平穏で外敵の居ない状況下では比較的、自由(無秩序)に動くが、ひとたび危険が迫ると急激にひとつの群れになって、同一の行動をとろうとする。 いかに有能な犬とは言え、百頭を超える羊を物理的に管理する事はできない。 犬は羊が群れを作ろうとする状態(パニック状態)を作り出し、塊となった羊を誘導するのである。 誘導と言っても羊を呼ぶのではなく、羊の進むべき方向以外の他の方向からことごとく責め立てる(追い込む)のである。 羊に群れを作らせ走らせる事や、決まった方向に追い込む行為はオオカミの血を引く猟犬種にとってはほとんど本能的なものであり、牧羊犬のトレーニングにはさほどの時間を要さないと言われる。 「マリノアの不幸」と評されるマリノアの特徴がある。 骨量の不足、後肢アンギュレーションの不足、背線の傾斜不足、短胴と、これらはことごとくに比べられ「貧弱な」とみなされるからである。 あまりにも形態や用途がに類似しているための不幸と言わざるを得ない。 しかし「本能的な羊の保護者」と言う名誉ある称号はマリノアのみに与えられている。

次の

犬図鑑◇ワールドドッグ図鑑◇ベルジアンマリノア

ベルジアン タービュレン

ベルギーを原産とする牧羊犬種「ベルジアン・シェパード」は「グローネンダール」「マリノア」「タービュレン」「ラケノア」と4つのタイプに分類されています。 かつて4種のベルジアン・シェパードたちは「コンチネンタル・シェパード」とも呼ばれ、同じ犬種として扱われてきましたが、牧畜用という用途から作業性、能力のみを重視した繁殖が続けられた結果、外見的な特徴は全く共通性がないものとなってしまっていました。 19世紀後半、それまで同一の犬種であったベルジアン・シェパードを被毛の特徴から細分化しようという動きが始まります。 「ベルジアン・シェパード・ドッグ・グローネンダール」はそのような取り組みの中、漆黒のロングコートを持つベルジアン・シェパードを選択的に交配することにより誕生しました。 4種のベルジアン・シェパードたちはそれぞれ同じ時期に分岐していきましたが、分類時に最も多くその個体数がいた地域やその地域に由来する城名などが、それぞれの名称の由来となっています。 ベルジアン・グローネンダールはブリュッセル郊外にある「グローネンダール城」からその名が付けられており、当時のグローネンダール城の所有者であるニコラス・ローズ氏の手により作出されました。 本来牧羊犬として作出されたベルジアン・グローネンダールですが、その高い服従性能と強い使命感を持ち合わせていたことにより、その後番犬としての注目度を高めていきます。 第一次、二次世界大戦時には軍用犬として情報の伝令や荷引きを中心に活躍し、その後海外へと渡ったのちもその能力は健在で、ベルジアン・グローネンダールは諸外国で密入国者を摘発する「警備犬」や国の治安を守る「警察犬」として、現在でも第一線で活躍し続けています。 そのため特に治安の悪い地域では高い需要を誇り、4タイプのベルジアン・シェパードの中でもグローネンダールは世界的にも圧倒的な人気、支持を得ています。 しかし現在の日本におけるベルジアン・シェパードの人気はタービュレン種が最も高く、グローネンダールは二、三番手に落ち着いています。 ベルジアン・グローネンダールの持つ艶のある漆黒の長い被毛は、気品に満ちた優雅な印象を与えます。 耳はオオカミのようにピンと伸びた立ち耳で、尻尾はフワフワとした被毛に覆われ下に垂れ下がっているのが特徴的です。 性格はやや神経質な面を持ちますが、番犬などには最適で、外敵から身を守る術として、すぐに警戒心を解かない性質を持っています。 また、飼い主の言うことは聞きますが、他の人間の意見はあまり聞き入れようとしません。 別の動物や犬種ともあまり積極的に仲良くなろうとはしないタイプでもあります。 一方で家族に対しては深い愛情を持ち、寂しがりやで甘えん坊な一面も持っています。 出来る限り飼い主と一緒にいたいという気持ちを持っているため、室外での飼育には向いていません。 内向的な性格ですが、物覚え自体はとても良く、集団の中に溶け込ませようとするのであれば、子犬の頃から根気強く慣れさせていくことで次第に心を開くこともできるでしょう。 多頭飼いを検討する際も同様で、先に他の動物や人間に慣れさせておくとスムーズです。 ベルジアン・グローネンダールはその高い知能から状況判断能力に優れ、身体能力も高いため、アジリティーなどの競技会でも活躍している犬種です。 本来活発な性格をしている犬種のため、一緒に身体を動かしたスポーツなどに取り組みたい人には特に向いている犬種と言えるでしょう。 ベルジアン・グローネンダールは内向的になりやすい性質をもつため、若いうちから積極的に外へ連れ出し、社交性やコミュニケーション能力を高めるようにして育ててあげると、成犬になってからの扱いも比較的楽になるでしょう。 番犬などで活躍してきた歴史から縄張り意識が強く、自分のテリトリーや間合いに入ってくる動物や人間を嫌がる傾向にあります。 そのためその性格をなるべく早く矯正してあげることが大切です。 賢く状況判断能力に長けた犬種のため、非常によく周囲を観察しており、飼い主の力量によってはしつけにかなりの苦労を要します。 しつけが難しいと感じたら迷わずプロのドッグトレーナーに協力してもらうことを検討しましょう。 物覚え自体は非常によく、覚えたことはすぐに実践してくれるため、一度信頼関係が構築されればその後のしつけは比較的容易になります。 ベルジアン・グローネンダールの運動量は比較的多く、1日2回、最低でも1時間以上の散歩や運動は欠かせません。 時間がある時にはドッグランなどの広い敷地で全力で遊ばせてあげることも必要です。 知能、運動能力ともに高い犬種のため、競技用のトレーニングなどを取り入れてあげると、より効率的に必要な運動量の消費が出来ます。 また、ベルジアン・グローネンダールはストレスが溜まると気質が荒くなりやすい傾向にあります。 なるべく外の運動で体力を発散させ、室内で愛情を持って育ててあげるのがオーソドックスな飼育方法です。 ブラッシングは週2、3回程度、シャンプーは月に1、2回程度行うと良いでしょう。

次の

ベルジアンシェパード 人気ブログランキングとブログ検索

ベルジアン タービュレン

性格 ベルジアン・タービュレンは、とても注意深く、警戒心を持った賢い犬種です。 知らない人や犬に対しては距離を置いたり攻撃的になったりしますが、飼い主に対しては従順で、家族を守ろうとします。 活動的で好奇心旺盛な面もあり、伴侶犬として信頼できる犬です。 日常のお世話 ベルジアン・タービュレンは、活発で豊富な運動量が必要な犬です。 毎日長めの散歩を行い、ときにはジョギングやゲームなどの遊びを取り入れて、しっかりと運動させてあげるようにしましょう。 ダブルコートになっている被毛は、週に2? 3回ほどはブラッシングやコーミングをして、抜け毛やムダ毛を取り除くことが必要です。 温暖な地域や涼しい地域では屋外飼育もできますが、室内にいる時間も作り、できれば自由に家の中と外を行き来できるようにしてあげると良いでしょう。 歴史・起源 気をつけたい病気 てんかん、アレルギー性皮膚疾患、股関節形成不全 種類を指定する• MIX(ハーフ) 745• ゴールデン・レトリバー 54• ラブラドール・レトリバー 69• 秋田犬 33• グレートピレニーズ 2• コリー 1• サルーキ 1• シェパード 3• シベリアンハスキー 4• スタンダードプードル 8• セントバーナード 15• ニューファンドランド 3• バーニーズマウンテンドッグ 27• ボルゾイ 5• ロットワイラー 2• ワイマラナー 1• 柴犬 243• ウェルシュ・コーギー 57• ウェルシュ・コーギー(カーディガン) 1• ビーグル 43• アメリカン・コッカースパニエル 61• アメリカンピットブルテリア 3• イングリッシュコッカースパニエル 3• ウィペット 1• オーストラリアンシェパード 2• 甲斐犬 5• シェットランドシープドック 46• スピッツ 17• ダルメシアン 1• チャウチャウ 5• バセットハウンド 5• ビアデット・コリー 4• ブルドッグ 2• ベドリントンテリア 1• 北海道犬 2• ボーダーコリー 35• ワイアーフォックス・テリア 8• トイ・プードル 421• ミニチュア・ダックスフンド 154• ミニチュア・ダックスフンド(スムースヘアー) 3• ミニチュア・ダックスフンド(ワイヤーヘアー) 3• チワワ(ロングコート) 561• チワワ(スムースコート) 63• イタリアングレーハウンド 25• ウエストハイランドホワイトテリア 6• カニンヘンダックスフンド 48• キャバリア 21• シーズー 177• ジャックラッセルテリア 40• スキッパーキー 1• スコティッシュテリア 2• スタンダードダックス(スムースヘアー) 2• チベタンスパニエル 1• 狆 3• トイマンチェスターテリア 2• パグ 46• パピヨン 83• ビション・フリーゼ 26• フレンチブルドッグ 78• ペキニーズ 46• ボストンテリア 15• ボロニーズ 2• ポメラニアン 193• 豆柴 39• マルチーズ 97• ミニチュア・シュナウザー 90• ミニチュア・ピンシャー 54• ヨークシャーテリア 95• ラサアプソ 2 フリーワード検索 性別• 男の子• 女の子• 選択しない 種類を指定する• スコティッシュフォールド 413• アメリカンショートヘアー 289• マンチカン 270• アビシニアン 22• アメリカンカール 78• エキゾチック 36• エキゾチック・ショートヘアー 22• エジプシャンマウ 17• オシキャット 1• オリエンタルショートヘアー 3• オリエンタルズ 3• キンカロー 8• サイベリアン 129• シャム 26• シャルトリュー 21• シンガプーラ 1• ジェネッタ 5• スクーカム 7• スフィンクス 3• セルカークレックス 18• ターキッシュアンゴラ 1• ソマリ 49• ターキッシュバン 1• チンチラ 5• トイガー 4• トンキニーズ 25• ノルウェージャン・フォレストキャット 281• ヒマラヤン 30• ブリティッシュショートヘアー 233• ベンガル 106• ペルシャ 126• ボンベイ 8• MIX(猫) 18• ミヌエット 95• メインクーン 53• ラガマフィン 99• ラグドール 84• ラパーマ 2• ラムキン 1• ロシアンブルー 121 フリーワード検索 性別• 男の子• 女の子• 選択しない.

次の