ゴルフ 8。 【ラインナップ拡大】新型VWゴルフ(8代目) 1.0L TSIエンジン エントリーモデルとして発売 欧州

Chevron

ゴルフ 8

2019年にモデルチェンジと予想されているフォルクスワーゲンの8代目ゴルフ。 最新情報、写真、動画をお送りしていきます。 近年の排ガス不正問題の影響もあり、発表を早める可能性もあるとのことでしたが、 発表は2019年10月24日に行われる予定です。 2019年12月よりヨーロッパでデリバリーが開始されます。 偶然?にも第46回東京モーターショー2019の開催日と同じですが、東京モーターショーでの出展はないようですね。 【関連記事】 主なスペック VW 新型 ゴルフ8 2018 情報更新日(2019年10 月29 日): サイズ 意外と大きさはあまり変わってませんね 全長:4,284mm 全幅:1,789mm 全高:1,456mm ホイールベース:2,636mm エンジン マイルドハイブリッドも採用されるようです。 0リッター 3気筒 ターボエンジン】 最高出力:90PS、110PS 【1. 5リッター 4気筒 ターボエンジン】 最高出力:130PS、150PS 【2. 0リッター 4気筒 ディーゼルターボエンジン】 最高出力:113PS、150PS 主な装備 【標準のゴルフ(オプションを含む)】• LEDヘッドライト• LEDテールライト• キーレススタート• 25インチインフォテインメントディスプレイ• We Connect and We Connect Plus• マルチファンクションステアリングホイール• Climatronic• レーンアシストレーンキーピング• ターンオフアシスト• フロントアシスト• 予測歩行者保護• 16インチの合金ホイール• 屋外の背景照明(地面へのロゴの投影)• スマートフォンを充電するためのインターフェイス• 10色の室内背景照明• ParkPilot 【スタイルモデル】• 17インチ合金ホイール• クロムトリム• スポーツシート• アンビエント照明用の32色• コーナリングライト付きLEDヘッドライト• 悪天候用ライト• ダイナミックターンシグナル付きLEDテールライトクラスター• トラベルアシスト 【Rライン】• 17インチセブリング合金ホイール• Rラインバンパー• 高光沢ブラックシルトリム• リアディフューザー• プレミアムスポーツステアリングホイール• ブラックヘッドライナー• アルミニウムギアノブ 【GTEハイブリッド】• ラジエーターグリルの照明付きストリップ• GTE固有のバンパー• 17インチ合金ホイール• 赤いブレーキキャリパー• GTEルーフスポイラー• アンビエントライトシステム(30色) ゴルフ8の製造工程の動画 VW 新型 ゴルフ8 2018 情報更新日(2020年6月14 日): ゴルフGTD VW 新型 ゴルフ8 2018 情報更新日(2020年2月27 日): 2. 0リッター 直4ターボディーゼル 最高出力:200PS 最大トルク:400Nm ゴルフGTE VW 新型 ゴルフ8 2018 情報更新日(2020年2月27 日): 1. VWはディーゼル排気ガス不正スキャンダルがありましたから、気合はいっているでしょう。 GTIのテスト車両の写真 VW 新型 ゴルフ8 2018 情報更新日(2019年11 月27 日): 日本出しのマフラーが確認できますね。 ハニカム構造のグリルは踏襲しているようですね 参照: GTIの予想CG VW 新型 ゴルフ8 2018 情報更新日(2019年10 月30 日): これはいい線いってそうですね。 もうちょっと迫力がほしいかな。 【参照】 オフィシャル写真 VW 新型 ゴルフ8 2018 情報更新日(2019年10 月24 日): GTEも発表されています。 インテリアはかなり高級感あるというか、なんかゴルフっぽくない!? オフィシャル動画 VW 新型 ゴルフ8 2018 情報更新日(2019年10 月24 日): 最初のオフィシャル写真 VW 新型 ゴルフ8 2018 情報更新日(2019年10 月23日): ティーザー画像 VW 新型 ゴルフ8 2018 情報更新日(2019年10 月23日): テールライトのデザインが明らかになりましたね リーク写真 VW 新型 ゴルフ8 2018 情報更新日(2019年10 月16日): 完全にカモフラージュの無い写真が現れましたね。 今回のゴルフはけっこうデザインに変化がありますね。 シンプルイズベストの代名詞的存在でしたけど、その中でも少し個性を出しているというか。 インテリアは一気に未来的になりましたね。 2連のワイドモニターはもう目新しくないですけど、それを中心に非常にすっきりしたデザインです。 【参照】 ティーザースケッチ VW 新型 ゴルフ8 2018 情報更新日(2019年10 月11日): GTIの開発車両の動画 VW 新型 ゴルフ8 2018 情報更新日(2019年9 月19日): GTIのデザインもどうなるか楽しみですね。 GTEの開発車両の写真 VW 新型 ゴルフ8 2018 情報更新日(2019年9 月14日): かなり鮮明な写真ですね 【参照】 ティーザー写真 VW 新型 ゴルフ8 2018 情報更新日(2019年8 月29日): いよいよ10月の発表に向けて最終段階のようです。 CM作成中の動画 VW 新型 ゴルフ8 2018 情報更新日(2019年8 月5日): プロモーション動画を作成している模様ですね。 いよいよですね。 しかしなんでこうも、欧州車ってリークするんですかね。 【参照】 GTIの開発車両の写真 VW 新型 ゴルフ8 2018 情報更新日(2019年6 月25日): ついにGTIの開発車両も現れましたね。 次期型は300馬力を超えると噂されています。 そうするとRは400馬力ですかね、メルセデスのAMG A45が382hpなのでそれくらいになるかもですね。 【参照】 開発車両の写真6 VW 新型 ゴルフ8 2018 情報更新日(2019年6 月25日): 新たな公道テストの写真が現れました。 【参照】 予想CG VW 新型 ゴルフ8 2018 情報更新日(2019年6月10日): だいぶディテールが明らかになっているので、このCGは結構近そうですね 【参照】 ティーザー写真 VW 新型 ゴルフ8 2018 情報更新日(2019年5月17日): やはり開発車両のヘッドライトの造形はこのスケッチのものみたいですね。 開発車両(インテリア)の写真6 VW 新型 ゴルフ8 2018 情報更新日(2019年3月27日): コックピットとセンターモニターが確認できます。 かなり大型化されるようですね。 【参照】 開発車両の写真5 VW 新型 ゴルフ8 2018 情報更新日(2019年3月27日): ほぼカモフラージュの無い写真が。 ヘッドライトの形状で新世代のゴルフであることが確認できます。 斜めから見ると、ヘッドライトの上部がサイドまで切り込んでいるみたいです。 メッキのパーツになるのでしょうか。 【参照】 開発車両の写真4 VW 新型 ゴルフ8 2018 情報更新日(2019年3月11日): 新たなカモフラージュされた写真があらわれました。 カッティングシートのようななものでライトのまわりを覆い、現行モデルのように見せてますが、新型の形状がよくわかりますね。 ボディはほぼカモフラージュが無く、8世代目もシンプルで無駄のないデザインになりそうです。 【参照】 開発車両の写真3 VW 新型 ゴルフ8 2018 情報更新日(2019年3月2日): サイズ的には、ゴルフ7と大きな差はなさそうにみえます。 伝統的は、太いCピラーも確認できます。 ヘッドライトとテールライトの形状が、今までのゴルフより、少し複雑な形状になりそうです。 サイドから見ると、少しホイールベースが延長しているかもしれません。 後席の居住性がアップしているのではないでしょうか。 【参照】 開発車両の写真2 VW 新型 ゴルフ8 2018 情報更新日(2019年1月21日): まったく新しい第8世代モデルと紹介されるぐらいですから、期待が膨らみますね。 やはり、外観は大きく変えず、一目でゴルフとわかるようになってます。 「MQB Evo」という既存のMQBプラットフォームの進化版が採用される見込みで、キャビンは広くなるが、重量は最大で45kg軽くなるようです。 伝統の太いCピラーも健在です。 【参照】 GTIの予想CG VW 新型 ゴルフ8 2018 情報更新日(2019年1月4日): ちょっとオーバーすぎる感じもしますが、8代目のゴルフのヘッドライトはより薄く、シャープになりそうです。 【参照】 テスト車両の動画 VW 新型 ゴルフ8 2018 情報更新日(2018年12月11日): 画像が鮮明ではないので何とも言えませんが、ゴルフ7とは明らかにデザインが異なります。 予想CGのようなヘッドライトのデザインにも見えます。 【参照】 テールライトの画像 VW 新型 ゴルフ8 2018 情報更新日(2018年10月22日): ゴルフ8のテールライトではないかといわれています。 スマホと接続して、いろんな情報を表示できるみたいで、面白いアイディアですね。 テスト車両の写真 VW 新型 ゴルフ8 2018 情報更新日(2018年10月18日): フロント部分はカモフラージュの無いようにみえますが、どうやら同色に偽装しているようです。 でもバンパーの形状は現行のゴルフ7と違うので、新型かもしれませんね。 【参照】 予想レンダリングCG3 VW 新型 ゴルフ8 2018 情報更新日(2018年8月8日): 【参照】 予想レンダリングCG2 VW 新型 ゴルフ8 2018 情報更新日(2018年5月24日): 両方とも思いっ切ったデザインですが、どうなりますかね。 【参照】 【参照】 ゴルフ7ベースの開発車両の写真 VW 新型 ゴルフ8 2018 情報更新日(2018年4月17日): 室内はシフトノブ形状が現行と違うようです。 リアバンパーを修正しているところから、さらにホイールベースが伸びるかもしれません。 【参照】 I. VIZZION CONCEPTのティーザー動画 VW 新型 ゴルフ8 2018 情報更新日(2018年3月3日): 次世代フォルクスワーゲンを示唆するデザインコンセプト。 ゴルフ8にも通じると思われます。 予想レンダリングCG VW 新型 ゴルフ8 2018 情報更新日(2018年2月2日): ちょっと無難な予想かな。 【参照】 Gen. Eコンセプトの画像 VW 新型 ゴルフ8 2018 情報更新日(2017年7月4日): 次世代電気自動車のコンセプトモデル「VOLKSWAGEN GEN. E RESEARCH VEHICLE」。 その外観のデザインは、新型ゴルフ8を示唆するものといわれています。 横から見ると、次期ゴルフと言ってもいいくらいです。 空力を意識したCピラーの隙間が斬新ですね。 予想レンダリング画像を追加2 VW 新型 ゴルフ8 2018 情報更新日(2017年8月7日): 【参照】 予想レンダリング画像を追加 VW 新型 ゴルフ8 2018 情報更新日(2017年3月21日): L型のテールライトなど、パサートのデザインをベースに考えているようですね。 ゴルフ7がかなり完成されたデザインなので、ゴルフ8の進化はどこまで感られるのでしょうか。 【参照】 予想レンダリング画像 VW 新型 ゴルフ8 2018 情報更新日(2016年12月8日): 【参照】 【参照】 - , , , , ,• Twitter でフォロー• カテゴリー• アーカイブ アーカイブ• 最近のコメント• に より• に 管理人 より• に 管理人 より• に Schumacher より• に 匿名 より• 関連サイト.

次の

新型VWゴルフ8が発表されたので詳細をまとめてみた

ゴルフ 8

もくじ• 新型ゴルフ8の日本発売日は、2020年! フォルクスワーゲン・新型ゴルフ8は、2019年10月24日にワールドプレミアされました。 日本発売日は、2020年末ごろになると予想されています。 まずは通常モデルが発表され、その後にGT系のハイパワーモデル、その後にステーションワゴンのヴァリアントが追加されます。 ゴルフ8では、ヴァリアントの設定はないのか?という声が結構挙がっていましたが、ゴルフ8のヴァリアントはウォルフスブルクの本社工場で生産する。 という発表があり、ゴルフ8にはヴァリアントも設定されることが判明しました。 スポンサーリンク 新型ゴルフ8のデザイン 新型ゴルフ8のデザインを紹介します。 エクステリア 出典 フロントエンブレムには、9月に発表されたばかりの、あたらしいフラットなロゴが採用されています。 これまでどおり水平基調のデザインは守りつつ、ヘッドライトはより細目になっています。 基本的に水平基調デザインのゴルフですが、新型ゴルフ8は、先代よりも抑揚がつけられていており、アグレッシブなデザインに見えます。 出典 ブレーキランプの部分に、「IQ LIGHT」という印字があります。 IQ LIGHTとは、マトリクスLEDヘッドライトなど、LEDを制御して最適な照射をするヘッドライト、ブレーキランプのことです。 インテリア 出典 インテリアは、メーター部分には10. 25インチのディスプレイ、カーナビ部分には8. 25インチのディスプレイが採用されています。 スイッチ類は削減されてシンプルにまとめられています。 おそらく、操作系はタッチパネルやボイスコントロールで操作するものが増えているのでしょう。 スポンサーリンク 新型ゴルフ8のボディサイズは、ゴルフ7とほぼ同じ テスト走行の様子を見ても分かるように、新型ゴルフでは、ボディサイズが拡大されると予想されています。 全長は20mmほど延長されており、後部座席の足元空間が少し広くなります。 注目は、全幅が狭くなっているという点です。 新型クラウンが1,800mmの全幅を維持していることからも分かるように、日本では、全幅1,800mmが、取り回しの良さを示す一つの基準となっています。 最近の車、特に輸入車は、モデルチェンジされるたびに大きくなり、特に輸入車は全幅が1,800mmを超える車も多くなってきています。 そんな中、全幅を1,790mmにおさめてきた新型ゴルフは、日本市場でも受け入れられることは街がないでしょう。 新型ゴルフ8のパワートレインは、8種類 新型ゴルフには、新開発のエンジン、新開発のマイルドハイブリッドシステムなど、あたらしいパワートレインが搭載されると予想されています。 新型ゴルフに搭載が予想されているパワートレインを紹介します。 0Lターボエンジン> 最高出力・・・90ps <1. 0Lターボエンジン> 最高出力・・・110ps <1. 5 Lターボエンジン> 最高出力・・・115ps <1. 5Lターボエンジン> 最高出力・・・150ps <2. 0Lディーゼルターボエンジン> 最高出力・・・116ps <2. 0Lディーゼルターボエンジン> 最高出力・・・150ps <eハイブリッド> 最高出力・・・204ps <GTE> 最高出力・・・245ps マイルドハイブリッドシステムは、新開発の48Vのハイブリッドシステムが、1. 5Lのターボエンジンと組み合わせて搭載されると予想されています。 遅れて、ハイパフォーマンスモデルのGTIやGTDも追加設定されます。 <GTI> 最高出力・・・235ps このうちのすべてが日本に導入するわけではないでしょうが、日本に導入されるパワートレインが何かわかったら、また更新します。 さらに、まだ正式発表はされていませんが、最高出力333psのゴルフRも設定されます。 スポンサーリンク 48Vマイルドハイブリッドが設定される 新型ゴルフ8には、48Vのマイルドハイブリッドも設定されます。 これまでは16Vのハイブリッドシステムが採用されていましたから、より、モーターアシストと燃費への効果が高くなります。 このあたらしい48Vのマイルドハイブリッドシステムは、従来の16Vのものよりもモーターの出力が強く、最大11psの力でアシストします。 また、回生ブレーキの効率もアップしており、燃費は約10%向上しているということです。 マイルドハイブリッドは、最高出力110ps、130ps、150psのエンジンに組み合わされることが発表されていますが、排気量などはまだ明らかにされていません。 新型ゴルフ8の燃費は、10%ほど向上か 新型ゴルフ8の燃費は、先代の同排気量のものと比べて、10%ほど向上しているということです。 現行ゴルフの燃費は、 1. 2Lターボエンジン・・・19. 4Lターボエンジン・・・18. 0Lディーゼルターボエンジン・・・18. 排気量が変わっているものも多いので、なかなか比較しづらいですが、先代モデルよりも燃費が向上していることは間違いありません。 新型ゴルフ8の先進機能 新型ゴルフ8には、「Travel Assist」という最新の運転支援機能が搭載されます。 Travel Assistでは、高速道路の同一車洗浄で、ハンドル、アクセル、ブレーキ操作を自動で行うもので、ドライバーはハンドルに手を触れているだけで走行することが可能です。 新型ゴルフ8に搭載が予想されているその他の機能を紹介します。 ・ナイトビジョンアシスタント ・ロードワークレーンアシスト ・フロントクロストラフィックアシスト ・IQライト ・トラフィックアシスト ・アダプティブクルーズコントロール ・プリクラッシュブレーキシステム ・ダイナミックコーナリングライト ・スタティックコーナリングライト ・ダイナミックライトアシスト ・ブラインドスポットディテクション ・リヤトラフィックアラート ・プロアクティブオキュパンとプロテクション ・ドライバー疲労検知システム ・リヤビューカメラ 現行ゴルフも、モデル末期の割には予防安全機能は充実していますが、新型ゴルフは、このクラスのベンチマークとなるべく、クラストップレベルの先進機能が搭載されます。 新型ゴルフ8の価格は、10万円ほどアップか 新型ゴルフ8の価格は、現行型よりも10万円程度高くなると予想されています。 現行ゴルフは253万円~なので、260万円程度~の価格設定になるでしょう。 また新しい情報が入りましたら、更新します。 新型ゴルフ8ヴァリアント 新型ゴルフ8ヴァリアントの情報も、少しずつ入ってきています。 ゴルフ8ヴァリアントの情報は、こちらのページを更新していきます。 車の買い換えを検討中の方へ お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。 以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。 必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。 スポンサーリンク.

次の

【VW新型ゴルフ8代目】2020年末フルモデルチェンジ日本発売!最新情報、GTE/GTI/R/GTD/ヴァリアント、価格、燃費は?

ゴルフ 8

ファミリーカーの世界標準として、幅広いユーザーから支持を集めるのが「フォルクスワーゲン・ゴルフ」だ。 「ビートル」の後継モデルとして1974年に登場。 現在のゴルフは7代目で、日本でも2013年から販売がスタートした。 2ボックスのボディーや太いCピラーなど、ひと目でゴルフとわかるエクステリアを受け継ぐ一方、横置きエンジン用プラットフォーム「MQB」を採用することで、優れた走行性能や高い安全性を確保する。 エンジンは1. 2リッター、または、1. 4リッターの直噴ガソリンターボを採用し、デュアルクラッチギアボックスのDSGが組み合わされる。 さらに、定番のスポーツモデル「GTI」やハイパフォーマンス4WDモデルの「R」(ともに2リッターターボ)を用意する。 2017年5月にマイナーチェンジが施され、デジタルメータークラスターや渋滞時追従支援システムなどを採用した「ゴルフ7. 5」と呼ばれる世代へと移行した。

次の