善逸イラスト。 イラストを描かせてもらってるんですが善逸くんのこのイラストって肘か

鬼滅の刃/善逸の”じいちゃん”あたたかい人柄と愛情の元・柱

善逸イラスト

詳しく知りたい! じいちゃんと善逸のエピソード じいちゃんの人柄がよく分かるエピソードを1つご紹介します。 ーーーーーー どんなに頑張っても、雷の型をたった1つしか習得できない善逸。 その事に落ち込み、何度も辛い修行から逃げ出そうとする善逸にかける、じいちゃんのセリフ。 いいんだ善逸。 おまえはそれでいい。 1つ出来れば万々歳だ。 1つのことしか出来ないのなら、それを極め抜け。 極限の極限まで磨け (コミックス4巻より引用) 1つの技しか会得できない弟子にも、罵倒したりせず、その才を認め、たった1つを極め抜くよう力強く言い聞かせ、指導します。 自分と同じように出来ない弟子をも受け止め、認める器の広さ! 「じいちゃんみたいに出来ない」って自分を責めてしまう善逸の気持ちになると、本当に涙がでるほど勇気のもらえる言葉ですよね。 2位:鬼滅の刃 しあわせの花 小説・しあわせの花の内容 那田蜘蛛山での戦いが終わり、胡蝶しのぶの蝶屋敷で療養中の炭治郎、善逸、伊之助の話です。 炭治郎が禰豆子のために「しあわせの花」を取りに行く話• 善逸がはじめて鬼を斬った日の話• 炭治郎、善逸、伊之助の「女難の相」の話• 蝶屋敷の少女たち、アオイとカナヲのある一日の話• 番外編「キメツ学園」• 今回じいちゃんのことをまとめながら、じいちゃんの弟子への本当に深い愛情に触れ、自分まで勇気がもらえる気持ちになりました。 師弟愛、本ッッッ当に泣ける〜!! あと、鬼滅の刃は、知れば知るほど、本当に一人ひとりのキャラクターに深みのある作品だなぁと思います。 各キャラクターにきちんとした背景があり、さらにそれが作中のなかでしっかり描かれています。 そんなところも、鬼滅の刃の人気の秘密なんだろうなと改めて感じました。 これからも描かれていくであろう、各キャラクターの背景に期待! ですね。

次の

『鬼滅の刃』愛知県のご当地イラストが公開。炭治郎たちは名物を満喫し、善逸はスケートを披露。煉獄さんの後ろにはイケメンゴリラらしきシルエットが(ファミ通.com)

善逸イラスト

普段の善逸からは考えられないような活躍を見せてくれたときは衝撃的すぎました。 ひとつのことしか出来ないからこそ、それを究極の一太刀へと昇華させたこの技は男のロマンの塊りでもあり、善逸が使うからこそのギャップと、ここぞと言う場面で決める善逸の男気が何乗にもなって本当にかっこいいと思いました。 鼓屋敷で炭治郎と離れ離れになってしまい、男の子を守りながら鬼から逃げています。 汚い高音 笑 を叫びながら鬼から逃げているのですが、あまりの恐怖と責任感の重さでキャパオーバーし突然寝てしまいます。 鬼の攻撃が当たろうかと思ったところで間一髪、眠ったままの善逸が鬼を倒します。 ここで初めて善逸の技が見れます。 冒頭の汚い高音とのギャップがとてもかっこいいと思いました。 引用:鬼滅の刃17巻 このシーンは17巻145話に登場 他の剣士が二人で組んで上弦の鬼と戦う中、善逸だけが一人で上弦の鬼と戦います。 圧倒的な力の差に傷だらけになる善逸ですが、散々自分と師匠を愚弄した獪岳を信念の一撃で倒した場面は普段のギャップからは想像できない凄みを感じカッコいいと思いました。 かっこいいと思った理由は、兄弟子が鬼になってしまいそれを倒しに行くのは自分の使命と考え、立ち向かっていくところが男らしかったからです。 そのあとの「この技でいつかあんたと肩を並べて戦いたかった」と獪岳の首を切った後のセリフもかっこよかったです。 善逸が今までの泣き虫さんではなく、雰囲気が違うシーンです。 鬼となってしまった兄弟子に今までの憧れを振り切るかのような渾身の一撃でした。 基本的に善逸は技を出す時かっこいいですが、この時は特に新技で善逸が編み出した技というのもあり、とてもカッコよかったです。 善逸には獪岳という兄弟子がいました。 二人の仲はとても険悪なものでした。 善逸は雷の呼吸の使い手ですが、六つある雷の呼吸の型の中で、基本中の基本である一の型しか使えません。 一方で獪岳は一の型だけが使えません。 善逸は、獪岳に嫌われていることはわかっていながら、それでも獪岳を尊敬し、目標としてきました。 しかし二人の再会は、鬼殺隊と上弦の鬼という形で果たされました。 呼吸の継承権を持ちながら鬼となった獪岳に激昂する善逸。 普段鬼と対峙するときはこのように怒りをあらわにすることはないので、新鮮なかっこよさでした。 最後は一の型しか使えなかった善逸が自ら編み出した七つ目の型で決着がつきます。 「いつかこの技でアンタと肩を並べて戦いたかった」と言う善逸の悲しみを帯びた目が印象に残っています。 これまでの善逸は鬼と闘うことに対して非常に後ろ向きでした。 鬼と闘うのが怖い、できれば戦いたくない、修行もつらい、嫌だといった感情が全面に出ているキャラクターです。 ですが、そんな彼を変えるきっかけとなったのが育ててくれた師の自害(死)です。 その理由となった兄弟子である善逸が鬼に身を落としたこと、そして彼を成するために善逸は自らの意思で刀を振るいます。 今まで一の型しか使えなかった彼が、自ら編み出した七の型で戦うシーンは自分を乗り換えた成長の瞬間にも感じられ非常に格好良いと思いました。

次の

『鬼滅の刃』愛知県のご当地イラストが公開。炭治郎たちは名物を満喫し、善逸はスケートを披露。煉獄さんの後ろにはイケメンゴリラらしきシルエットが(ファミ通.com)

善逸イラスト

普段の善逸からは考えられないような活躍を見せてくれたときは衝撃的すぎました。 ひとつのことしか出来ないからこそ、それを究極の一太刀へと昇華させたこの技は男のロマンの塊りでもあり、善逸が使うからこそのギャップと、ここぞと言う場面で決める善逸の男気が何乗にもなって本当にかっこいいと思いました。 鼓屋敷で炭治郎と離れ離れになってしまい、男の子を守りながら鬼から逃げています。 汚い高音 笑 を叫びながら鬼から逃げているのですが、あまりの恐怖と責任感の重さでキャパオーバーし突然寝てしまいます。 鬼の攻撃が当たろうかと思ったところで間一髪、眠ったままの善逸が鬼を倒します。 ここで初めて善逸の技が見れます。 冒頭の汚い高音とのギャップがとてもかっこいいと思いました。 引用:鬼滅の刃17巻 このシーンは17巻145話に登場 他の剣士が二人で組んで上弦の鬼と戦う中、善逸だけが一人で上弦の鬼と戦います。 圧倒的な力の差に傷だらけになる善逸ですが、散々自分と師匠を愚弄した獪岳を信念の一撃で倒した場面は普段のギャップからは想像できない凄みを感じカッコいいと思いました。 かっこいいと思った理由は、兄弟子が鬼になってしまいそれを倒しに行くのは自分の使命と考え、立ち向かっていくところが男らしかったからです。 そのあとの「この技でいつかあんたと肩を並べて戦いたかった」と獪岳の首を切った後のセリフもかっこよかったです。 善逸が今までの泣き虫さんではなく、雰囲気が違うシーンです。 鬼となってしまった兄弟子に今までの憧れを振り切るかのような渾身の一撃でした。 基本的に善逸は技を出す時かっこいいですが、この時は特に新技で善逸が編み出した技というのもあり、とてもカッコよかったです。 善逸には獪岳という兄弟子がいました。 二人の仲はとても険悪なものでした。 善逸は雷の呼吸の使い手ですが、六つある雷の呼吸の型の中で、基本中の基本である一の型しか使えません。 一方で獪岳は一の型だけが使えません。 善逸は、獪岳に嫌われていることはわかっていながら、それでも獪岳を尊敬し、目標としてきました。 しかし二人の再会は、鬼殺隊と上弦の鬼という形で果たされました。 呼吸の継承権を持ちながら鬼となった獪岳に激昂する善逸。 普段鬼と対峙するときはこのように怒りをあらわにすることはないので、新鮮なかっこよさでした。 最後は一の型しか使えなかった善逸が自ら編み出した七つ目の型で決着がつきます。 「いつかこの技でアンタと肩を並べて戦いたかった」と言う善逸の悲しみを帯びた目が印象に残っています。 これまでの善逸は鬼と闘うことに対して非常に後ろ向きでした。 鬼と闘うのが怖い、できれば戦いたくない、修行もつらい、嫌だといった感情が全面に出ているキャラクターです。 ですが、そんな彼を変えるきっかけとなったのが育ててくれた師の自害(死)です。 その理由となった兄弟子である善逸が鬼に身を落としたこと、そして彼を成するために善逸は自らの意思で刀を振るいます。 今まで一の型しか使えなかった彼が、自ら編み出した七の型で戦うシーンは自分を乗り換えた成長の瞬間にも感じられ非常に格好良いと思いました。

次の