旦那 小遣い。 旦那の小遣い!その知られざる使い道について徹底調査!

みんなどれくらい貰ってる?旦那・夫のお小遣いの平均や相場はいくら?|

旦那 小遣い

夫のお小遣いについて。 月手取り20万だと相場いくらくらいでしょうか。 お昼代込みでお願いします。 アラフォーです。 会社の業績が落ち給料も下がる一方。 結婚当初は夫の希望金額で30000円でした。 でもここ数年まともに30000円で過ごしたことはなく今月は10日でお金が無くなったといいます。 お昼は私が作ってお弁当持たせましたが周りがみんな外食なので 食べづらいと食べずに帰ってくるので外食込みで30000円にしました。 勿論美容院や飲み会、欲しいものは全部別会計です。 友人はこの年代だともっと収入があるので恥ずかしくて聞けないので教えてください。 補足子供は四歳と妊娠中1人。 結婚当初より10万手取り下がっておりボーナスなし。 休みは月二回。 同期はリストラされ自分だけ安い賃金で残っております。 お小遣いの内訳は独身の後輩にお昼おごったり、コンビニでつまみやお菓子を毎日のように買ってきます。 私や子供はお菓子はほとんど食べないので 果物やゼリーなど お菓子は買っていません。

次の

旦那の小遣い論争を終わらせる!夫婦納得の小遣いの決め方

旦那 小遣い

40代は住宅ローンや子供の教育費に加え、自分たちの老後や親の介護なども考え始める時期ですよね。 40代は付き合いで飲みに行く機会も増えると思いますが、情報交換の場として飲み会も仕事の一部だったりします。 またストレス発散のために同僚たちと飲みに行って、コミュニケーションをとるのも大切な事です。 急な飲み会や接待などに、お金がなくて行けないのでは旦那の立場がありませんよね。 十分なお小遣いを渡したいけれど、家のローンもあるし、子供の教育費や将来のための貯金もしたい。 いったいどうすれば、家計とお小遣いの折り合いがつけられるの?と思っていませんか。 方法はあります。 そのために、まずは40代のお小遣いの相場を知る事が必要です。 そこで、今回は 40代既婚男性のお小遣い事情をご紹介します。 是非参考にしてみて下さいね。 旦那のお小遣い 40 代の場合の相場・平均は? 旦那のお小遣い、40代の相場平均はいくら?世間一般だと? 新生銀行の「2019年サラリーマンのお小遣い調査」によると40代男性のお小遣い(昼食代含む)の 平均額は33,938円という事でした。 この金額は未婚か夫婦共働きで子供がいない場合の金額ですが、20代から50代の中で一番低い金額です。 子供がいる世帯では、小中高がいる家庭のお小遣い平均額は30,341円。 中高がいる家庭では34,274円という事です。 共働き家庭よりも子供がいる家庭の方がお小遣いが高いのは意外ですね。 一番お金がかかりそうな 中高生がいる家庭が一番お小遣いが高いのも意外です。 中高生の子供がいるのは40代後半と考えると、 収入が高いという事なのでしょうか。 お小遣い金額はどのように決めるの? 一般的な お小遣いの目安は給料の10%~20%と言われていますが、これはライフスタイルによって違ってきます。 40代男性の平均年収は手取りで 約485万という事ですが、賞与が含まれての均等割りにすると、平均月収は約40万円になります。 ただ、これには賞与が含まれているので、実際の月収はもっと低いことになりますね。 30万円台と考えていいのではないでしょうか。 40代はマイホームを持つ人も多いでしょうから、 住宅ローンの返済費用がかかります。 子供がいる場合は、 教育費はもちろんのこと、学校行事や部活動の費用などがかかりますし、子供が大きくなるにつれて食費もかかるようになります。 子供のいない共働き家庭はもっとお小遣いが出るのでは?と思いますが、子供にかかるお金が必要ない分、自由に使えるお金が多くなるので、生活水準を上げたり、買い物などの出費が多くなる傾向があるようですね。 40代のお小遣いの平均額は30,000円台なので、お小遣いは給料の10%程度という事になりますね。 もし、10%以上お小遣いを出せたとしても、 お小遣いの基本ラインは給料の10%と決めておいた方がいいでしょう。 ラインを決めた上で、各家庭の収入やライフスタイルによってお小遣いの金額を調整すると予算が立てやすいのではないでしょうか。 携帯代が約7,000円、飲み代を1回5,000円で月2回とすると 10,000円です。 必要経費だけで最低でも 28,000円かかります。 40代のお小遣いの平均額は30,000円台なので、必要経費でお小遣いがほぼ消えてしまいますよね。 40代は役職についている人も多いでしょう。 接待費を立て替えたり、部下たちに自腹でおごらなくてはならない事もあるかもしれません。 これらをお小遣いで賄うのは無理ですし、手持ちのお金がないと旦那が恥をかく事も考えられます。 イレギュラーな事にも対応できるお金は持っていたいんだよ!というご主人のために、どのようにやり繰りしたら良いのか、対処法をご紹介していきましょう。 40 代の旦那がお小遣いが足りない!と言ってきたら? お小遣いが足りないと言ってきたらどう対応する?アップを要求されたら? まず、渡している お小遣いの中でどうしたら自由に使えるお金が捻出できるか考えましょう。 方法としてはお弁当にする、飲み物は水筒に入れて持たせる、携帯の料金プランを見直す、飲み会の回数を減らしてもらう、などがあります。 これだけでも10,000円以上は自由に使えるお金が捻出できますよね。 これだけでは足りないという場合は、 足りない分を別途渡すようにしてはいかがでしょう。 そのかわり、月末の収支合わせでお金が余るようであれば、予備費として積み立ててはいかがでしょうか。 何に使うために必要なのか、いくら足りないのかという事をしっかりと旦那と話し合って金額を決めましょう。 また、お小遣いが足りなければ 副業で稼ぐという人もいるようです。 副業といってもポイントサイト、アンケートサイトのような余った時間でできるものが多いようですが、 月4万ほど稼ぐというアンケート結果も出ているようですよ。 40 代の旦那のお小遣いをさらに減らす場合は? 今渡しているお小遣いをさらに減らす場合、旦那に理解をしてもらう方法は? 子供が中高生になると教育費以外にもお金がかかってきますよね。 部活動の遠征費や道具の費用、習い事の費用、携帯料金、年頃になってくるとおしゃれのためにおねだりされる事も。 食費もばかになりません。 かといって必要経費でギリギリの旦那のお小遣いを減らすのも可愛そうですよね。 そこで、毎月のお小遣いを減らすのではなく、お金がかかるとわかっている月は、お小遣いを減らすなど、 臨機応変に対応してはいかがでしょう。 出来れば、旦那のお小遣いを減らさなくてもいいような予算を立てる事が大切ですよね。 お小遣いなし、はあり? 旦那が給料の全額を家計に入れずに自分で管理するのであれば、お小遣いなしは有りですよね。 でも、そうでなければお小遣いが全くなしというのは、さすがに困るでしょう。 必要経費分だけは渡してあげるようにしましょう。 渡す方法は2通りあります。 お金が必要になったらその都度請求してもらう方法と、決まった額を渡して、その中で旦那にやり繰りしてもらう方法です。 その都度渡す方法だと、請求されたとき「何に使うの?」などの言い合いで喧嘩になってしまう可能性もありますよね。 毎月決まった金額を渡してその中でやり繰りしてもらった方が家計の予算も立てやすいのではないでしょうか。 旦那とお小遣い金額で喧嘩になったらどう対応する? お小遣い金額や小遣い制について喧嘩になった時の対処法は? 「今は住宅ローンや教育費にお金がかかるの。 お小遣いが少なくても仕方ないわよね」と思っていませんか。 もしかしたら旦那は「会社での立場もあるから余分にお金を持っていたいし、そろそろ自分の生活も充実させたい!」と思っているかもしれませんよ。 旦那に我慢ばかりさせていると、仕方がないとわかっていても 不満が爆発する事があるかもしれませんね。 妻も「私だって同じよ!我慢してるのよ!」と言いたいでしょうが、そこはぐっとこらえて下さい。 喧嘩をしてはいけません。 お金の話はこじれると面倒です。 お小遣いが少ない事で不満を言われたら、臨時のお小遣いを渡すようにしましょう。 ただ渡すだけではなく 「色々とお金がかかっちゃって、これが精一杯なの。 ごめんね。 」 と 一言添えましょう。 妻も大変なのにやり繰りしてお金を出してくれたと思えば、気持ちも落ち着くのではないでしょうか。 精神的な満足度はとても大切です。 妻としてどのようになだめる? 旦那に趣味はありますか?あるのなら 趣味に没頭できる時間を作ってあげたらいかがでしょう。 たまには、一人の時間を満喫させてあげましょう。 子育ても一段落する時期なので、二人で出かけるのもいいかもしれませんね。 改まって出かけなくても、ドライブする、散歩をするだけでも新鮮ですよ。 趣味が無ければ一緒に何かを始めてはいかがですか。 お金をかけなくても出来る事はたくさんあります。 気分転換できれば生活にもハリが出るのではないでしょうか。 まとめ 40代の既婚男性のお小遣い事情についてご紹介してきましたが、最後に要点をまとめておきます。 ポイント.

次の

旦那の小遣い事情と内訳。旦那のお小遣いの平均額と渡し方

旦那 小遣い

あなたは 旦那の小遣いを決めるとき、どうしているでしょうか。 夫に初めて小遣い制を導入するときや、小遣いの金額を設定するとき、揉めてしまう夫婦も多いのではないでしょうか。 家計のお金の管理の方法を大きく分けると、給料を全部家計に入れてから小遣いを受け取るタイプと一定金額を家計に入れて、残りをお小遣いとして自由に使うタイプに分かれます。 節約したい家計では、夫から生活費をもらい残りは夫の自由とするよりも、夫の小遣いは固定とした方が貯蓄は多く貯まります。 また夫にどのくらい自由に使えるお金があるのかわからなければ、「私はこんなに頑張っているのに、夫は好きにお金を使っている」と不満を感じてしまうかもしれません。 そのため、夫の小遣いを固定とすることは必要な事項であると言えます。 家計を把握している妻にとって、「夫の小遣いを減額出来たら節約できるのに」と考える人は多いのではないでしょうか。 一方夫の方は、家計を妻に任せている場合は、小遣いは多くもらいたい考えていることでしょう。 では適正な小遣いはどのように決めていけばよいのでしょうか。 そこで今回は、旦那の小遣いを決める時のポイントをご紹介いたします。 金額を決める際の参考にしてみてください。 スポンサーリンク 旦那の小遣いを決める時のポイント• 手取り収入の1割が目安• どこまでを小遣いとして出すのか• 妻の意見を押し付けない• 夫の支出の把握• 家計の詳細を共有する• 毎月の貯蓄額を決定する• 小遣い設定後も定期的な見直しをする 手取り収入の1割が目安 一般的に夫の小遣いの目安は、手取りの1割程度と言われています。 これには明確な根拠はありません。 あくまで目安として、各家庭の収入と支出のバランスに合わせていきます。 もしローンなどの支出が多いなら1割より下げる必要があるかもしれません。 どこまでを小遣いとして出すのか 小遣いは自由に使い道を決められるもので、飲みに行く費用、趣味にかかる費用、タバコなどの嗜好品、雑誌・書籍費、洋服などに使われるでしょう。 それでは小遣いからどこまで出してもらうのか、小遣いに含まれる範囲を夫婦で決めておくことが必要です。 夫のランチ代はお小遣いに含めるのか、それとも1食あたりの金額を決めて家計費から別に出すのか。 例えば営業職などでお昼は外で食べざるを得ない場合、ランチ代も小遣いから出してもらうのは酷かもしれません。 また仕事の一環としての飲み会の全てを小遣いからまかなうことも難しいかもしれません。 資格取得などのキャリアアップ費用は、将来的に家計収入の維持・向上につながるもです。 仕事の一環としてとらえるものは、必要経費と考え家計費から出す配慮も必要です。 必要経費までもを小遣いから出すようにすると、趣味や息抜きのための飲み代を節約しなくてはならなくなるので、夫の仕事のモチベーションが下がってしまうことも考えられます。 他にはガソリン代や交通費をどうするのか。 交通費は必要経費なのですが、小遣いから出してもらうのか、家計から出すのか。 また夫が主に車を使っている場合、レジャー時のガソリン代はどうするのか、なども話し合っておきましょう。 どこまでがお小遣いの範囲かを話し合い、無理のない決め方をしていきましょう。 スポンサーリンク 妻の意見を押し付けない 節約をしたい妻からすると、夫の小遣いは出来る限り減額したいものです。 」と言ってしまうと、納得出来ない夫も多いのではないでしょうか。 家計全体の収入と支出が夫婦で共有できていないと、お互いに納得できる小遣いは決まりません。 収入と支出を計算し、数字を見せて適正価格を二人で話し合いましょう。 「自分で小遣い額を決めた」という印象を旦那に与えるといいでしょう。 出典 夫の支出の把握 夫の小遣いを設定し、その金額が適正かどうかを判断するためにも、夫の支出を把握していきましょう。 夫が無駄遣いをしていないか、責めるのではなくあくまで把握が目的です。 そこで削れるポイントや削れないポイントも出てくるかと思います。 例えばタバコに使いすぎている時、健康のためにも削って行きたいものです。 ポイント2でも記載していますが、夫の小遣いからランチ代を出していて、それは削ることができない項目ならばランチ代は家計から出したり、弁当を持っていくことができるなら、弁当を作ってあげるなどの譲歩も必要です。 家計の詳細を夫婦で共有する 家族会議のときに家計をあえてすべて旦那さんと詳細にわたって共有し、目的に対する方法を議論する。 これも重要な方法のひとつです。 家計の状況と目的のすり合わせなしに「節約」を課しても、なかなか実践してもらうことはありません。 「5年後までに家を買いたい。 そのためには諸費用、頭金、家具、あわせて500万円が必要です。 そのためには5年間どうやって家計を考えていけば良いと思うか一緒に考えて」と目的からすべてをオープンにするのです。 「じゃあ、収入を増やそう」なのか「節約しよう」になるのか、わかりませんが結果的に同じ目的に向けて役割分担して動くことで、家庭の結束も強くなるのです。 出典 スポンサーリンク 毎月の貯蓄額を決定する 「では、毎月どれくらい貯蓄に回したらいいか」を2人で考えましょう。 鍵は子供計画。 子供を2人作るとした場合、子育てにどれくらいの費用がかかるのか。 子供1人の場合はどうなのか。 子供を作らないとしても、夫婦2人で安心して生活ができて、不慮の事故や病気にも対応でき、さらに老後の資金まで考えた場合、毎月どれくらいの貯蓄、積み立てが必要なのか。 あるいは、どれくらい蓄えていけば安心できるのか、2人で時間をかけてじっくり話し合いましょう。 出典 小遣い設定後も定期的な見直しをする 家計の収入と支出には変動があります。 子供が増えた時や学校に入るなどにより支出はかさんでいきますし、昇給や転職により収入も変動していきます。 その時々で収入と支出に見合った小遣いなのかを見直していきましょう。 小遣いの減額が必要な時もあるでしょう。 逆に収入に比べて小遣いが少ない時は、夫の仕事へのモチベーションも下がってしまいます。 きちんと増額もしていくことは大切です。 話し合いの上お互いに納得できる金額を決めましょう 節約を目的にお金の話を夫婦ですると、どうしても暗くなりがちです。 小遣いを使いすぎている場合、相手を責めたくなってしまうこともあるかもしれません。 ですが、お金の話はなるべく明るく話せるように心がけましょう。 夫婦で共通のライフプランや目標を持っていれば、それに向けて貯金や節約をしていく意識は高まります。 夫婦でしっかりと話し合って小遣いを設定していくことが大切であるといえます。 また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「」もあわせて読んでみましょう。 きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

次の