くせ毛 薄毛。 くせ毛の縮毛矯正をやめたい!クセとうねりを減らして自然に卒業

AGAの前兆はくせ毛になる説は本当?くせ毛とハゲの関係は〇〇ってこと!

くせ毛 薄毛

40代の男性は髪型に悩むケースが多くなります。 それまでは20代の延長で若々しい髪型を維持してきても、 40代あたりで髪の毛が細くなったり少なくなったりします。 また、嗜好が変わり「 もう少し大人びた髪型に変えようか」と考える人も増えるんですね。 更にくせ毛の場合には雑誌やネットのスタイル写真を見ても、自分が思ったようなキリッとした髪型を作るのが難しいことも多いように感じます。 そこで今回の記事では、 くせ毛の40代に似合うメンズヘアスタイルを紹介します。 この記事を読めば、きっとあなたの望む素敵な髪型が見つかるでしょう。 40代こそ髪型を大きく変えて、 くせ毛をコントロールし、大人の色気を出していく第一歩です。 くせ毛の厄介なところ おすすめの髪型を紹介していく前に、くせ毛が厄介に思われる原因から確認していきましょう。 くせ毛のスタイリングが難しい原因を知ることで、それを カバーする髪型を見つけることができるのですね。 ボリューム感が出やすい くせ毛の弱点の一つは ボリューム感が出やすいところです。 つまりワックスなどで髪の一部の毛をおさえても、くせの具合で押さえたいところにボリュームが出てしまったり、特に髪が伸びてくると、メリハリをつけるのが難しくなります。 そのため 全体的にボサボサっとした髪型になる場合が多いんですね。 特に梅雨時や雨の日は湿気でうねりが通常より強く出るため、スタイリングには注意が必要でしょう。 くせ毛のこうした特徴については、 カットの時点でスタイリストに自分のくせの特徴を伝え、それを考慮してカットしてもらうのが良いと思います。 ツヤが出にくい くせ毛のもう一つの難しさが ツヤを出しにくい点です。 乾燥してパサパサっと見えちゃうことが多いんですね。 くせ毛は濡れるとくせが弱まり、乾燥するとクセが強く出る傾向にあります。 そのためスタイリング直後はクセも弱くなりツヤをキープできますが、 時間が経って髪の毛が乾燥するとクセが強まり、またツヤが消えたりすることも。 こうしたくせ毛の厄介な点に対応するために 長目の髪型よりも思い切って短くした髪型がおすすめです。 以下ではくせ毛に適した髪型を紹介していくので、カットする時の参考にしてみてくださいね。 ボリューム感をおさえるヘアスタイル はじめに くせ毛のボリューム感をおさえる髪型についてみていきましょう。 すべてをスタイリングでおさえようとしても、天候や時間経過によりどうしてもボリュームが出る場合があるため、 はじめからカットで整えてしまうのがおすすめなのです。 それでは実際にカットでボリュームをおさえてヘアスタイルをみていきましょう。 サイドを刈り上げることでクセ毛によるボリュームをおさえて、かつトップをソフトモヒカンスタイルにすることでサイドとのメリハリのある髪型が実現できています。 このようにくせ毛のボリューム感を抑えるためには、刈上げがおすすめなのですね。 黒髪でもシンプルでオシャレな髪型になるので、 会社勤めの人にも向いています。 先ほど紹介したソフトモヒカンよりも前髪とトップを眺めに残して、額を出すように上に上げます。 ソフトモヒカンよりもグッと 色気のある印象となりますね。 このようなスタイルは直毛では実現が難しくなります。 そのためくせ毛だからこそしっかりときまる髪型なのです。 敢えて前髪のクセを強めたスタイリングにすることで、グッと馴染みます。 ツヤ感のあるパーマ風スタイル 続いて くせ毛にツヤを持たせて作る髪型についてみていきましょう。 ツヤ感自体は ウェット系の整髪料で作っていくことになります。 自然なクセを活かすようにスタイリングすることで、パーマ風の髪型を簡単に作れるのがくせ毛の大きなメリットなのです。 それではツヤ感をつくったパーマ風スタイルをみていきましょう。 メリハリショートパーマ 引用: こちらのスタイルは、 トップと前髪を長めかつ重めに残し、対照的にサイドと襟足を短めにカットしたものです。 刈上げとまではいかずともサイドと襟足を短く切って、 シルエットにメリハリをつけるのはくせ毛を活かす髪型の鉄則なのですね。 その上でトップと前髪については、ウェット感をだし、また束感をだしてスタイリングしていきます。 整髪料をつけて手のひらで握るように髪の毛に束を作ると上手くいくでしょう。 そうすることで、まるでパーマをかけたようなくせ毛だからこその素敵な髪型となります。 無造作に前髪を分けたウェットパーマスタイル 引用: 続いて紹介するのは 長めのくせ毛を左右に無造作に分けたスタイルです。 こちらも サイドと襟足を短くカットすることでボリューム感をおさえています。 その上で束感をつくった髪の毛を無造作に分けるのです。 前髪はセンターで分けるよりも7:3ほどの位置で分けるとこなれたニュアンスを作ることができますね。 メガネとの相性も良いスタイルなので、ぜひともトータルコーディネートを楽しんでみてください。 スーツに合わせたいオトナのスタイル ボリューム感のおさえ方と、ツヤ感を出すスタイルについて紹介していきました。 ここでは ビジネス向けのスーツに似合うくせ毛を活かした髪型を紹介します。 ここまで紹介した2点を意識しつつ、遊びのない毛先を作るのがポイントです。 男らしさ色気の両立、8:2分けアップバング 引用: こちらは 8:2に分ける形でまとまりのある髪型を作ったものです。 前髪を上げつつ、2として残した部分をぐっとおさえることでメリハリのある髪型となっています。 8の部分をあまり寝かせてしまうとフォーマル感が強まるので、前髪にボリュームをもたせるのがポイントです。 画像では8:2ほどに分けていますが、7:3に分けても良いでしょう。 またサイドと襟足はやはり刈上げています。 シンプルショートスタイル 引用: こちらは比較的クセの弱い人向けですが、 サイドと襟足を短くしてトップを長めに残すショートヘアの基本に忠実なスタイルです。 トップと前髪をそれほど重く残さないため誰でも挑戦しやすく、またスタイリングも比較的しやすくなります。 また気分によって前髪を下しても、前髪を上げてしまっても良い点も魅力ですね。 くせ毛だからこそシンプルに短くすることでビジネスシーンで印象を良くする髪型となります。 まとめ いかがだったでしょうか? 今回は くせ毛の40代男性におすすめの髪型を紹介しました。 くせ毛は ボリュームが出やすく、ついつい パサパサになってしまいますが、この2点を改善するカットとスタイリングをすることで、ストレートよりも自然な髪型を実現できるのです。 くせ毛を活かしてオシャレにスタイリングするためのコツは以下の2点です。 あなたが使っているシャンプー&トリートメントがベストか一緒に考えませんか? 京都のファミリーサロンセブンオーナー理容師として24年間お客様の髪に関わってきました。 男女共に30代後半~40代で髪質は変わってきます。 細毛や薄毛、繰り返すカラーによる傷み、髪のバサバサ感など。 20代はあんなにツヤツヤで張りのある髪だったのに… そして、「抜け毛・ボリュームダウン・ツヤ落ち」はシャンプーやトリートメントが髪質にあっていないと改善しにくいです。 髪型やヘアケアには人一倍取り組んできたつもりですし、あなたの髪質改善のサポートができると思いますので、LINE でお友達になりませんか? LINE@でお友達申請いただけた方は、髪質・肌質も考えながら 「あなたが使うべき適切なシャンプー」をマンツーマンでお答えします。

次の

くせ毛は薄毛になりやすい?関係性と似合う髪型について調査

くせ毛 薄毛

もう本当にツライ…。 と感じている人もいるかと思います。 抜け毛や薄毛が目立ってくると髪の毛を長くして隠したくなる気持ちは分かりますが、髪の毛を長くすると薄毛の部分をより目立たせてしまいます。 そこで、髪の毛は短めにすることをおすすめします。 全体的に髪の毛を短くすることで、相対的に髪の毛の強いクセや薄毛を目立たなくすることもできます。 天然パーマ・くせ毛で薄毛の人にも似合う髪型とは? 一般的に、天然パーマ・くせ毛で薄毛の人にも似合いやすい髪型としては、サイドを刈り上げてトップを立たせるツーブロック&ソフトモヒカン、ショートレイヤーなどがあります。 また、誰もが一度は経験したことがあるかもしれない、スポーツ刈りも天然パーマ・くせ毛で薄毛の人にはオススメです。 髪の毛には、クセの度合い、硬さ、太さなど様々な個性があります。 髪の毛を切る際には、美容師さんと良く相談してみましょう。 天然パーマ・くせ毛の人は直毛の人と比べて髪の毛にボリュームが出やすいため、薄毛が目立ちにくい傾向があります。 天然パーマ・くせ毛の人と比べると、直毛の人は髪の毛の表面積が少ないので、薄毛になると頭皮が目立ちやすい傾向にあります。 もちろん、直毛の人でもパーマをあてればフワッと髪の毛が立ち上がりボリュームが出やすくなります。 しかし、薄毛の状態でパーマをあてるのは頭皮や髪の毛に強いダメージを与えることになるのでオススメはできません。 天然パーマ・くせ毛は薄毛(ハゲ)になりやすいか? それでは、いよいよ本題になりますが、天然パーマ・くせ毛は薄毛になりやすいのでしょうか? 結論から述べると、天然パーマ・くせ毛といった髪質が、抜け毛や薄毛と関係している事実は認められていません。 どういうことか詳しく見ていきましょう。 髪質に個人差がある理由とは そもそも、なぜ髪質には個人差があるのでしょうか?それは、髪の毛の断面に関係があります。 まずは、下の図をご覧ください。 出典: 直毛の人の髪の毛の断面は丸い形をしています。 一方、くせ毛の人の場合は、髪の毛の断面が楕円の形をしています。 髪の毛の性質として、直径が細い方向に曲がりやすくなるため、髪の毛の断面が楕円の形をしている場合は、くせ毛になります。 ではなぜ、髪の毛には丸い断面と楕円の形をした断面があるのでしょうか? それは、頭皮の毛穴の向きや形に関係しています。 髪の毛は、毛包(毛根)から徐々に押し出されることで成長しています。 この毛包(毛根)の形が、まっすぐであれば髪の毛も真っ直ぐ伸びます。 これがいわゆる「直毛」です。 一方、毛包(毛根)の形が曲がっている場合は、髪の毛も曲がりながら成長します。 曲がりながら成長している間に、髪の毛の断面は丸い形から楕円形に変化していきます。 これがいわゆる「天然パーマ・くせ毛」と呼ばれる状態です。 先天的にハゲやすい髪質はある? むしろ、天然パーマやくせ毛を直そうとして、ストレートパーマや縮毛矯正などを行うことで頭皮にダメージが蓄積して抜け毛や薄毛につながることがあります。 頭皮が受けたダメージは、炎症を起こしたりフケにつながったりすることがあります。 また、頭皮を守ろうとして皮脂が過剰に分泌され毛穴詰まりを起こし、抜け毛や薄毛につながることもあります。 さらに、頭皮のダメージにより毛細血管が収縮して必要な栄養素が髪の毛に運ばれなくなります。 そうなると、髪の毛は徐々に細くなり次第には抜け落ちてしまいます。 このような状態が慢性化すると、髪の毛が十分に育つ前に抜け落ちてしまう、いわゆる 「ヘアサイクル(毛周期)の乱れ」が起きてしまい、薄毛につながることになります。 後天的な髪質の変化はハゲの前兆か 先天的な天然パーマやくせ毛といった髪質が原因で薄毛(ハゲ)になることはありませんが、 後天的に髪質が変化した場合は要注意です。 髪質の変化は、薄毛(ハゲ)の前兆ともいえます。 髪質が変わりクセが強くなったら要注意 どのような髪質の変化が危険かというと、 最近、髪の毛のクセが強くなった気がする こういった髪質の変化は薄毛(ハゲ)につながる可能性が高くなります。 また、元々は髪の毛にクセがなかったのに、クセが出始めた場合も注意が必要です。 くせ毛や天然パーマの原因となる毛包(毛根)の形は後天的に変化することがあるといわれています。 例えば、パーマや縮毛矯正といった薬剤による頭皮ダメージの蓄積により、毛包の形が変化して髪の毛にクセが出始めることがあるようです。 生活習慣の乱れによる髪質の変化 髪質が変化する理由として、生活習慣の乱れや過剰なダイエットによって引き起こされる頭皮の栄養不足状態や皮脂詰まりがあります。 こういった頭皮トラブルが原因で、髪の毛が細くなりくせ毛のような状態になってしまうこともあります。 なお、生活習慣が原因で髪質の変化につながる例として下記の要因などが考えられます。 もう自分(髪の毛)はダメかもしれない…。 もちろん、生活習慣の改善や育毛シャンプー・育毛剤の使用は大事なことです。 でも実は、薄毛を防ぐためには、もっと大切なことがあるんです。 それは、薄毛の原因を正確に理解して対策を行うことです。 もっと具体的にいうと、薄毛治療専門の病院で相談することです。 抜け毛・薄毛(ハゲ)の原因と解決方法 前頭部(生え際)や頭頂部(つむじ)の抜け毛・薄毛が増える主な原因はAGA(男性型脱毛症)によるものです。 AGAは早期発見・早期解決により治せる症状です。 AGAが原因の抜け毛や薄毛を改善したい場合は、 「悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)」の生成を抑制することが最も重要になります。 生まれつき、髪の毛のクセが強いけど、天然パーマはハゲやすいって本当? という冒頭の質問に対する答えとしては、 生まれつきの髪質が抜け毛や薄毛に影響することはないといえます。 薄毛の原因は様々ありますが、毛穴の向きや髪の毛の断面が原因となり髪の毛が抜け落ちる症状はありません。 つまり、先天的な天然パーマ・くせ毛が原因で脱毛症が進行することはないのです。 一方で、後天的に髪質が変化した場合は注意が必要です。 特に、髪の毛にハリやコシがなくなり、細く弱くなったために、くせ毛(天然パーマ)のような感じになっているとしたら要注意です。 後天的に髪質が変化する理由としては、乱れた生活習慣やAGA(男性型脱毛症)が要因として挙げられます。 特に、AGA(男性型脱毛症)は成人男性の3人に1人が発症する病気といわれ、多くの男性の髪の悩みの元凶となっています。 AGAは早期発見・早期解決で治せる病気です。 逆に、処置が遅くなり頭皮の毛根が死滅している場合では回復が難しいことがあります。 まずは、AGA治療専門のクリニックで無料相談をしてみましょう。 髪の毛に対する精神的な不安が、かなり軽減できるはずです。 おすすめのポイント!• 全国各地にあるAGA治療ができるクリニックから、 利用者の口コミ・評判が良いクリニックを3つ厳選!• 広告に記載されている最低価格の表示に惑わされることなく、 『発毛するための正しい治療』の費用を徹底比較!• 基本となる投薬発毛治療、最短で効果を得る発毛治療の2種類を徹底比較!• 初期費用、クリニックの方針、医師やカウンセラーの対応、 利用者からの実際の口コミや評判を徹底比較!• プライバシーの保護、診療時間の長さ、通いやすさなどクリニックの特徴を徹底比較!• 高い発毛効果、継続して治療ができる低価格、患者の気持ちを重視した姿勢など、 総合評価でクリニックを徹底比較した上で、 厳選したクリニックをおすすめ!.

次の

くせ毛に悩むメンズにおすすめのシャンプー10選をご紹介!!原因や対策も美容師がご紹介!!

くせ毛 薄毛

50代のくせ毛がひどくなる理由• 髪のダメージによるもの• ホルモンバランスによるもの• 生活習慣の乱れによるもの• 年齢的なもの 髪のダメージによるもの• パーマ・白髪染め• 紫外線• 間違ったヘアケア これらが原因になって髪がダメージを受けるとくせ毛がひどくなってしまいます。 パーマ・白髪染め おしゃれに気を使うのはとてもいいことですが、パーマをかけたり白髪染めを頻繁に行うと薬液を使っているため髪へのダメージは避けられません。 もしパーマをかけたり白髪染めをするなら間をあける、2種類同時に行なわないなどの意識が必要です。 パーマのかかりやすさや白髪染めの染まりやすさなども関係してきますので、担当の美容師さんに相談しながら行いましょう。 また、パーマをかける頻度だけでなく、かけた後のトリートメントなどのケアで手を抜くことでもダメージがよりひどくなります。 夏だけ! 晴れの日だけ!と思い込んではいませんか? 紫外線はほぼ一年中、曇りの日もふりそそいでいます。 なのに、外出の際に何のケアもせず、意識もせず頭を紫外線のもとにさらすのはダメージを蓄積させるもと。 帽子をかぶったり、日傘をさしたり、UVスプレーを使うなどまめに対策をこころがけましょう。 間違ったヘアケア 毎日のシャンプーのやり方や、自分の頭皮に合わないシャンプーの使用。 ぬれたままの髪の放置。 ドライヤーのかけかた。 色々な原因が重なってダメージがひどくなっていきます。 正しいヘアケアの方法を今一度見直しましょう。 ホルモンバランスによるもの 50代前後というのは、女性ホルモンの分泌量が激減する時期。 女性ホルモン女「エストロゲン」には髪を健康的に育てて保つという働きがあります。 しかし更年期という時期を迎えることによってエストロゲンが減ってしまい、髪の成長期が短くなってしまうことでハリやコシが失われてしまいます。 生活習慣の乱れによるもの 生活習慣の主なものとして食生活と睡眠があげられます。 食生活 食生活の乱れは髪質に特に影響します。 髪を健康に発毛させ、成長させるためには栄養素が必要になってきます。 髪の毛の主成分であるたんぱく質を始め、それがしっかり働くためのビタミンやミネラル類など、バランスの良い栄養摂取が大切になってきます。 何かをたっぷりとればいいというものではなく、バランスよく、できれば一日三食規則正しく食べられることがいいのですが、それが無理でも、• 好きなものばかり• お手軽なインスタント食品ばかり• 外食やレトルト製品ばかり• 過度なダイエットによる偏ったもの という食生活を送っていると髪質はどんどん悪化し、それがもとでくせがひどくなることもあります。 睡眠 睡眠をしっかりとることは健康面でも美容面でも重要だと言われています。 具体的にはある程度の睡眠時間も必要ですが、睡眠の質を高めることを考えましょう。 忙しい現代人にとって、なかなかとれない睡眠時間の中でどれだけ熟睡して心と身体の疲れをとるかは大切なポイント。 寝る前の食事を消化の良いものにしたり、腹八分目にする• 寝る前のお風呂は熱すぎるお湯に長時間つからない• 寝る前のパソコン・スマホの操作は1時間前にはやめる など、質の高い睡眠をとるためにできることを一つずつ取り入れていくことが大事です。 年齢的なもの 髪の毛の土台である頭皮は顔の皮膚とつながっています。 顔の皮膚もそうですが、頭皮も年齢を重ねるとともにたるみが出て毛穴がゆがんでしまいます。 そのゆがみのせいでくせのある髪が増えてしまいうねりはハネがひどくなることも。 50代のくせ毛の悩みを改善する方法 くせ毛の悩みを改善するには、次にご紹介する方法を取り入れていきましょう。 シャンプーの見直し• 縮毛矯正• 生活習慣の見直し• 髪型を変える• 頭皮マッサージ シャンプーの見直し 毎日使うシャンプーが自分に合っていないと、髪はダメージが蓄積して、髪質の改善どころか傷みがひどくなってしまうこともあります。 そういう場合は、毎日のストレスを軽減させるだけでなく、ドライヤーの熱などからブロー時のダメージを守るために縮毛矯正をすることも一つの方法です。 どんなにドライヤーやヘアアイロンで伸ばそうとしてもきれいにならない。 そんなイライラを取り除くことができます。 気分も変わっておしゃれも楽しめるのでいいかも。 頭皮マッサージ 頭皮の血行をよくして、栄養を行きわたらせやすくするとともに、皮膚のたるみ予防のためにも適度なマッサージを習慣にするといいですね。 肩こりや首こり、目の疲れからくる頭皮のこりも放置しておくと栄養すら届かなくなってしまいます。 将来薄毛の危険性も高くなるので、毎日少しずつでも頭皮マッサージを行いましょう。 一番手軽で効果的なのは毎日使っているシャンプーを見直すこと。 40代・50代女性にオススメする、 シャンプーはコレ!!.

次の