吉田圭太。 吉田圭太(青学)のシューズメーカーは?出身中学・高校やイケメン画像も!

吉田圭太(ひろしま男子駅伝2020)プロフィール経歴~兄弟や進路は?父も駅伝ランナー?

吉田圭太

もくじ• プロフィール 経歴 吉田 圭太 よしだ けいた 生年月日 1998年08月31日 21歳 出身地 広島県東広島市 身長 172cm 体重 52kg 血液型 A 自己ベスト 5000m 13分43秒54 2019 10000m 28分27秒40 2018 ハーフ 1時間01分46秒 2019 出身小学校と中学校は? 出身小学校は、東広島ニュータウンの中心にある 東広島市立高美が丘小学校。 ウィキペディアによりますと、高美が丘小は東広島市内では珍しく基準服 制服 がなく私服通学とあるので気になり調べてみますと、東広島市の34小学校中19校が制服を取り入れているようです。 出身中学は、東広島市立高屋中学校 高屋中学出身の先輩に、駒澤大学のエースだった現コニカミノルタの工藤有生 くどうなおき さんがいます。 吉田さんが陸上を始めたきっかけは、球技が苦手だったからと箱根本に書かれていました。 東洋大学の西山和弥さんも球技が得意ではないので陸上部を選んだと箱根駅伝で紹介されていました、箱根走る選手で球技が苦手で陸上選んだ人多そうです。 中学時代の実績は、中学3年時に全国中学陸上3000m5位、1年・3年時に全国中学駅伝に出場、3年の時に都道府県対抗駅伝出場。 全国中学駅伝 2011年 2区04位 9:17 高屋中06位 2013年 2区14位 9:35 高屋中11位 全国男子駅伝 都道府県対抗駅伝 2013年 6区05位 08:59 高屋中 広島06位 高校は世羅高校! 出身高校は駅伝の強豪広島県立世羅高等学校です。 全国高校駅伝には1年時から3年連続出場していて、1・2年時に2年連続優勝に貢献。 2015年大会では、2004年に仙台育英高校が出した神の領域と言われた優勝タイムを、14秒上回る2時間01分18秒の大会新記録で優勝。 3年時には主将となり全国高校駅伝の開会式で選手宣誓もしています。 都道府県対抗駅伝にも1年時から3年連続で出場しています。 全国高校駅伝 2014年 7区02位 14:45 世羅01位 2015年 4区08位 23:32 世羅01位 2016年 1区19位 30:33 世羅07位 全国男子駅伝 都道府県対抗駅伝 2015年 4区21位 14:39 世羅 広島13位 2016年 5区03位 24:41 世羅 広島02位 2017年 1区06位 20:20 世羅 広島26位 青山学院大学へ進学! 青山学院大学地球社会共生学部・地球社会共生学科に進んでいます。 吉田さん多くの大学から勧誘されたそうですが、その中から青山学院大を選んだ理由の一つが、父の高校時代の先輩だった原晋監督の人柄でした。 原さんは練習嫌いだったや殴らない人だったことなどを聞いたとのこと。 大学1年時は3大駅伝出場できず悔しい思いをしています。 青トレ 青学が取り組んでいるフィジカルトレーニングの総称 で体幹をじっくり鍛えそれが2年生の時に花開きます。 大学2年 2018年出雲駅伝 2018年10月出雲駅伝が3大駅伝のデビュー戦。 4区を走り区間賞を獲得!2位東洋大学との差を広げてタスキを渡して優勝に貢献。 2018年全日本大学駅伝 2018年11月全日本大学駅伝では6区を区間賞の走りで、トップの東海大学との差を11秒に縮めて優勝に貢献! 2019年箱根駅伝 2019年1月箱根駅伝では復路9区を担当、3位でタスキを受け取ると2位東洋大学を猛追、3分38秒あった差を8秒まで縮めてタスキを渡す区間歴代5位の走りでした。 青学の総合2位・復路優勝、復路新記録樹立に貢献しています。 2018-2019年シーズン、出雲駅伝・全日本大学駅伝・箱根駅伝の学生三大駅伝全てで区間賞を獲得したのは吉田さんだけでした。 2019年都道府県対抗駅伝など その後も快進撃は止まらず、2019年1月都道府県対抗駅伝では3区を区間3位で走り、12人抜きをして広島の順位を3位まで上げました。 2019年2月丸亀ハーフで1時間01分46秒の6位、2週間後の熊日30kmでは学生歴代3位の1時間29分47秒で走り2位。 Sponsored Link 大学3年 地球社会共生学部で義務づけられている留学制度で、ニュージーランドに2019年2月21日から7月8日までの約半年間同級生の神林勇太さんと一緒に過ごしました。 慣れない海外の留学先で学業を優先しつつ練習もこなすというハードスケジュールで大変だったそうです。 2019年7月ホクレン・ディスタンス北見大会10000mで、高校2年生以来の自己ベストを更新。 更には2019年9月日本インカレ10000mでも自己記録を更新してが3位 日本人1位 になっています。 全日本大学駅伝 2019年の全日本大学駅伝では7区を走りました。 1位と1分3秒差の3位でタスキを受け取ると、1位との差を少しづつ縮め13. 6kmでトップの東海大学・松尾さんをとらえ、14. 5kmから差を広げようとしましたが引き離すことができず、16. 4kmで追いつかれてしまいラスト400でスパートし2位と2秒差のトップでタスキを繋いでいます。 トップ東海大学に追いつきましたが引き離せませんでした、引き離せていたら2018年の全日本大学駅伝のように優勝できていたかもしれません。 1分3秒差を追いついたのはもの凄いことです。 2020年箱根駅伝 2020年箱根駅伝では吉田圭太さんは01月02日朝に1区にエントリー変更で入り、スターターの1区を走りました。 レース前から吉田さんどの区間にエントリー変更で入るのか話題になっていました、1区が高速化するなら1区や、スローペースだったらエースを1区に使うのはもったいないなど。 私もエースを1区に使うのはもったいないなと思っていました。 勝負師の原監督レース展開を完全に読んでいて高速レースになるからと1区を走らせた、これが大当たりで青山学院大はトップの創価大と18秒差の7位でタスキをつなぎました。 1区を吉田さん以外が走って、トップとの差がもっと開いていたら青山学院大学の優勝はなかったかもしれません。 吉田さんが1区で行こうと監督に言われたのは、12月と雑誌の座談会で話していました。 吉田さん本人も話を聞いて驚き、 「マジかよ」 と焦ったそうです。 2016年の全国高校駅伝の1区で区間19位と失敗したので苦手意識もあり、レース当日もかなり緊張していたとか、それでも最低限の走りができるのですからエースですね。 大学駅伝の成績 出雲駅伝 2018年第30回 4区01位 18:00 青学01位 区間賞 2019年第31回 3区04位 23:58 青学05位 区間新 全日本大学駅伝 2018年第50回 6区01位 37:29 青学01位 区間賞 2019年第51回 7区02位 52:24 青学02位 箱根駅伝 2019年第95回 9区01位 1:08:50 青学02位 区間賞 2020年第96回 1区07位 1:01:31 青学01位 全国男子駅伝 都道府県対抗駅伝 2019年 青学 3区03位 24:12 広島04位 2020年 青学 3区06位 24:01 広島16位 父親や姉は? 吉田さんの父親は、吉田祐嗣 よしだゆうじ さんです。 吉田さんと同じ世羅高校出身で、なんと青学の原監督の2年後輩なんです。 原監督3年祐嗣さんが1年だった1984年の全国高校駅伝では、祐嗣さんが3区を5位で走り4区の原監督にタスキを渡し、原監督は区間2位で走り世羅高校を2位に導いています。 祐嗣さんは息子の圭太さんと同じに3年連続全国高校駅伝に出場し、3年時の1986年大会では1区を走り区間賞に輝いています。 凄いですよね父子で同じ高校出身で全国高校駅伝3年連続出場、それだけでなく大学の監督が父親の先輩で色々と話を聞かされているとか、濃密な関係ですよね。 お父さんの高校卒業後の進路や、職業などは分かっていませんし、お母さんの情報も一切ありません。 スポーツ新聞の報道によるとお姉さんがいることが分かっていますが、年齢や名前などは分かっておりません。 吉田さんが大学駅伝で活躍すれば、家族のことが日テレ系のスポーツ番組などで取り上げられるような気がします。 吉田祐嗣 全国高校駅伝 1984年 3区05位 25:18 世羅02位 1985年 1区03位 30:12 世羅03位 1986年 1区01位 30:11 世羅04位 区間賞 原晋 1984年4区02位 24:25 世羅02位 卒業後の進路は? 吉田さんの進路を予想してみました。 ずばり地元広島の中国電力か、青学OBが多く在籍しているGMOアスリーツのどちらかではないかと思っています。 中国電力は吉田さんの出身地広島県にある、昭和26年創業で従業員数9,021名、売上高 営業収益 1兆2,805億円を誇る超優良企業です。 従業員数、売上高は2019年03月31日現在 青山学院大学の原監督は中学電力陸上競技部の創立メンバーです。 中国電力陸上競技部主将が青学出身の藤川拓也さんで、2016・2017年の箱根駅伝で2年連続3区区間賞を取り優勝に貢献した秋山雄飛さんも入社しており、青学とのパイプもあります。 かなり決定的だと思うのは、来年卒業 2020年3月 早稲田大学 新迫志希さん、日体大学 山口和也さん、明治大学 中島大就さんの世羅高校出身3人の進路が中国電力で、世羅高校出身者とかなり太いパイプがあるからです。 もうひとつの可能性は、青学の先輩が多数所属しているGMOアスリーツ、2019年からニューイヤー駅伝に参入したので優秀な人材はいくらでも欲しいでしょう。 吉田さんの進路が中国電力でもGMOでもなかったら、ごめんなさい。 青学のチームメイトと監督の記事です。

次の

吉田圭太【青学】父と原監督の関係は?箱根駅伝2020への出場は?|ハッピーポケット

吉田圭太

経歴 [編集 ]• 2年時に都道府県駅伝に出場。 3年時には3000メートル5位の成績を残している。 では1・2年時の高校駅伝2連覇に貢献、3年時にはから主将の座を受け継いだ。 2016年には全国高校総体で5000メートル14位。 高校時代には都道府県駅伝に3年連続で出場した。 2017年、青山学院大学に入学。 大学1年生時は特に目立った好成績は残せず、3大駅伝にも出場はならなかった。 大学2年生時、2018年9月のでは5000メートルで日本人トップの3位になった。 3大駅伝で初出場となる10月の第30回では4区を担当し、2位の東洋大学との差を45秒に広げ、2年ぶり4度目の優勝に貢献した。 11月の第50回では6区を担当、首位のとの差を11秒に縮めて7区のにを繋ぎ、逆転での優勝に貢献した。 2019年1月のでは復路の9区を担当。 8区のから青山学院大は暫定3位でタスキを受け、暫定首位のと暫定2位のを追いかける展開に。 結果、暫定2位だった東洋大との差を3分38秒から僅か8秒にまで縮める好走で、区間賞を獲得して10区の・へ襷を繋ぐ。 吉田自身は2年生ながら、三大駅伝全てで区間賞獲得の活躍を見せた。 しかしながら、当回箱根駅伝の青学大は復路で5年連続優勝を果たしたが、往路で6位の大きな出遅れが響き、総合初優勝した東海大学とは3分41秒の差で、青学大の総合5連覇は達成できなかった。 大学3年生時、2019年10月の第31回出雲駅伝へ2年連続で出場、エース格の3区を担当。 総合優勝の、2位の、3位の東洋大学と激しい競り合いと成ったが、終盤のスパート勝負で遅れを取ってしまい、自身の区間記録は4位・青山学院大も暫定4位通過に留まった。 結局当回出雲駅伝・青学大チームの総合成績は5位に終わり、昨年に続く2連覇はならなかった。 11月の第51回全日本大学駅伝対校選手権大会は当初の登録だったが、本番日にと交替し7区を出走。 6区・から暫定3位で襷を受け、途中(総合9位)と東海大学を捉え、チームは首位に浮上し区間2区の記録で8区のアンカー・飯田貴之につないだ。 だがその後、アンカー区間で東海大に逆転されて以降差が広がってしまい、結果総合優勝の東海大とは1分44秒差で、青学大チームの総合成績は2位に留まり同大会の2年連続優勝を逃した。 2020年1月のでは往路・トップバッターの1区を担当。 レース終盤の19Km地点迄は先頭集団についていき、その後徐々に後退するも、1区暫定首位のとは18秒差の区間7位で、花の2区の・に襷を手渡した。 それ以降は、岸本が青学大チームとして首位に立ち、4区のが区間新記録達成の活躍などで、青学大は3年ぶり4回目の往路優勝を成し遂げる。 翌日の復路も5区間全員が独走で首位を守って、青学大チームは当回箱根駅伝で2年振り5回目の総合優勝に輝いた。 人物 [編集 ]• 父親も世羅高校出身で、高校時代(当時1年)に監督の(同3年)と1984年の高校駅伝で襷を繋いだことがある。 また、3年時には区間賞を獲得している。 戦績 [編集 ] 主な戦績 [編集 ] 年 大会 種目 区間 順位 記録 備考 2013年 第18回 6区 3km 5位 8分59秒 チーム総合6位 2014年 第64回 7区 5km 2位 14分45秒 チーム総合1位 2015年 第20回全国都道府県対抗駅伝競走大会 4区 10km 21位 14分39秒 チーム総合13位 2015年 第66回全国高等学校男子駅伝競走大会 4区 8. 0875km 8位 23分32秒 チーム総合1位・大会連覇 2016年 第65回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会 5区 8. 5km 3位 24分41秒 チーム総合2位 2016年 第67回全国高等学校男子駅伝競走大会 1区 10km 19位 30分33秒 チーム総合7位 2017年 第22回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会 1区 7km 6位 20分20秒 チーム総合26位 2018年 2018 5000mB 4位 13分59秒21 2018年 第87回 5000m 3位 14分08秒75 入賞 2019年 第24回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会 3区 8. 5km 3位 24分12秒 総合4位 2019年 第73回 ハーフマラソン 6位 1時間01分46秒 自己記録 2019年 30km 2位 1時間29分47秒 2019年 第88回日本学生陸上競技対校選手権大会 5000m 3位 13分43秒54 入賞、自己記録 大学駅伝戦績 [編集 ] 学年 年度 1年生 2017年度 第29回 ー - ー 出走なし 第49回 ー - ー 出走なし ー - ー 出走なし 2年生 2018年度 第30回 4区 - 区間賞 18分00秒 第50回 6区 - 区間賞 37分29秒 9区 - 区間賞 1時間08分50秒 3年生 2019年度 第31回 3区 - 区間4位 23分58秒 第51回 7区 - 区間2位 52分24秒 1区 - 区間7位 1時間01分31秒 4年生 2020年度 第32回 第52回 第97回 自己記録 [編集 ]• 1500m - 3分49秒71(2018年4月21日、第262回)• 3000m - 8分08秒71(2016年4月10日、第1回岡山県記録会)• 5000m - 13分43秒54(2019年9月14日、第88回)• 10000m - 28分27秒40(2018年11月24日、10000m記録挑戦競技会)• ハーフマラソン - 1時間01分46秒(2019年2月3日、第73回) 関連項目 [編集 ]• ・・・青山学院大学陸上部監督• ・・・3学年先輩、2017年度副主将• ・・・3学年先輩• ・・・3学年先輩• ・・・2学年先輩、2018年度主将• ・・・2学年先輩• ・・・2学年先輩• ・・・2学年先輩• ・・・2学年先輩• ・・・1学年先輩、2019年度主将• ・・・1学年先輩、2019年度副主将• ・・・1学年先輩、2019年度町田寮長• ・・・1学年先輩• ・・・同学年、2020年度主将• ・・・同学年• ・・・1学年後輩• ・・・2学年後輩 外部リンク [編集 ]• Keita10831 - 脚注 [編集 ] [].

次の

吉田圭太(青山学院)の経歴や進路/就職先まとめ!彼女や兄弟についても

吉田圭太

agu aogakufan がシェアした投稿 — 2020年 1月月3日午後9時14分PST• 名前 :吉田 圭太(よしだ けいた)• 生年月日:1998年8月31日(21歳)• 出身 :広島県東広島市• 大学 :青山学院大学• 高校 :広島県立世羅高校• 中学 :東広島市立高屋中学校 引用: 世羅高校は駅伝の強豪校で、2015年には男女ともに全国高校駅伝大会で優勝しました。 吉田圭太選手はこの時のメンバーの一人です。 世羅高校は国際交流でケニア人留学生を受け入れ、そのケニア人留学生が駅伝で活躍したりと強豪校の維持に貢献しているようです。 実は、 青山学院大学の原晋監督も世羅高校の出身なんですよ! 吉田圭太の経歴 中学時代 中学2年の時にはもう ひろしま男子駅伝に出場しています。 中学時代から注目集める走りをしていたんですね! 中学3年の時には 全国中学陸上3000メートルで5位の成績を収めています。 高校時代 高校1・2年時は 全国高校駅伝2連覇に貢献。 高校3年間、毎年ひろしま男子駅伝出場歴があるので、もう常連選手と言えるでしょう。 大学時代 高校卒業後は青山学院大学に進学します。 大学1年時には、残念ながら好成績を収めることはできませんでした。 地道にトレーニングを続けた結果、ようやく実を結びます。 大学2年時に、 日本学生対校選手権5000メートルで日本人トップの3位でした。 この時の1位、2位ともに外国人学生選手でしたが、日本人トップですから素晴らしい成績です! 翌月の 第30回出雲全日本大学選抜駅伝競走では4区を担当、2位の東洋大学との差を45秒に広げ、2年ぶり4度目の優勝に貢献しています。 さらに 第50回全日本大学駅伝対校選手権大会では6区を担当、首位の東海大学との差を11秒に縮めて逆転優勝に貢献しました。 1月の箱根駅伝では復路の9区を担当、 区間賞を獲得します。 大学2年時にこれだけの好成績を収めているのですから本当に素晴らしい選手ですね! 努力が実を結んだわけですから、やはり日々の努力の積み重ねが大事だということを教えてくれているようです。 この時も1位、2位ともに外国人学生選手だったようです。 今年も3位になれました🥉 これから駅伝シーズン!! — 吉田 圭太 Keita10831 2年連続入賞おめでとうございます! 外国人選手の壁は厚いかもしれませんが、きっといつか越えられる日が来ると思います! そして先日の箱根駅伝では往路トップバッターの1区を担当し、見事総合優勝に貢献しました。 箱根総合優勝!!! あの悔しさから1年長かった。 1区はトラウマもあって怖かった。 けど、すっごい楽しかった。 4年生が笑って終わってくれて良かった。 来年は区間賞と総合優勝で自分が笑って終わる😄 本当にご声援ありがとうございました。 — 吉田 圭太 Keita10831 吉田圭太の兄弟は? 吉田圭太選手のことを検索すると「兄弟」というキーワードが表示されるので、兄弟がいるのかと思って調べてみました。 「 お姉さん」がいるそうですが、それ以上のことは分かりませんでした。 同じ青山学院大学陸上部に4年生の 吉田祐也選手がいます。 同姓なので兄弟かと思いましたが違いました。 姉はいますが、兄弟はいないようです。 吉田圭太の父も駅伝選手だった? 吉田圭太選手の父親( 吉田祐嗣さん)も、世羅高校で活躍した陸上選手で、高校卒業後はNTT中国で活躍されたそうです。 青山学院大学の原監督に 全国高校駅伝で襷をつないだこともあるそうです! その当時、 祐嗣さんは1年生で 原監督は3年生でした。 1年生なのに全国大会で活躍する優秀な選手だったんですね! 中国新聞ゲット!広島6区の吉田くんのお父さんはあの吉田祐嗣さん 世羅高~NTT中国 でしたか!あの柔くてバネのある走り大好きでした。 憧れて、吉田選手が履いてた緑のソーティーを真似て買ったこともあります。 お子さんはまだ2年ということで、今後も楽しみですね。 — M. 原監督は最近、錯覚に陥ることがあるという。 「圭太が祐嗣と重なる。 オヤジに似てきた」 今季、急成長した吉田圭太と指揮官の縁は深い。 父・祐嗣さんは原監督の世羅高時代の2年後輩。 1984年の全国高校駅伝では3区の祐嗣さん(当時1年)と4区の原監督(同3年)はタスキをつなぎ、全国2位に輝いた。 「監督と父がタスキリレーしたことは中学3年の時に知った。 不思議ですよね」と圭太は笑う。 父と同じく世羅高に進んだ圭太は2年時に5000メートルで日本人高校歴代10位(当時)の13分50秒67をマークしたが、駅伝では力を発揮できないことが多かった。 エースが集う全国高校駅伝1区。 同じ3年時に区間賞を獲得した父に対し、圭太は19位。 「オヤジは区間賞だったのに、と言われることは多かった」と振り返る。 引用: 高校時代に区間賞を獲得した父と比較されて悔しい思いをした吉田圭太選手。 当時は本当に悔しく辛かったでしょう。 言葉に出来ないほどの思いがあったでしょう。 しかし、その悔しさをバネに頑張って結果を残したのは事実です。 父親の祐嗣さんは自分が区間賞を獲得したとき以上に圭太さんの活躍を喜んでいるでしょうね。 吉田圭太の進路は? 現在3年生の吉田圭太選手、就職活動も始まる頃でしょうか? 気になる進路ですが、やはり実業団に入って陸上を続けることも考えられます。 父親の祐嗣さんも世羅高校からNTT中国に就職したように、吉田圭太選手も地元企業で就職希望でしょうか? ニューイヤー駅伝(全日本実業団対抗駅伝競走大会)に参加する中国地方の企業は次の4社でした。 マツダ• 中国電力• 中電工• JFEスチール 地元就職ならばこの4社のいずれかだと思われます。 来年の話ですが、どこに就職するかもきっと注目されるでしょうね。 吉田圭太オリンピック聖火ランナー決定? 調べているときに偶然見つけたTwitterです。 広島県のオリンピック聖火ランナーに選ばれたそうです!おめでとうございます!! 広島県のオリンピック聖火ランナーとして選んでいただき、走ることになりました。 全力で走ります。 次は全カレ5000m。 写真はお気に入りの1枚。 — 吉田 圭太 Keita10831 イケメンだと思いませんか? とても爽やかな笑顔の吉田圭太選手、2020年の箱根駅伝では1区を担当し、総合優勝に貢献しました。 これまでも輝かしい成績を残しています。 しかし、父親も陸上選手だったために比較されることも多く、辛く悔しい思いを抱いた時期もありました。 練習に励み結果を残している吉田圭太選手、まだまだ活躍が期待されます。 ひろしま男子駅伝2020でも、きっと素晴らしい走りを見せてくれるでしょう。 頑張ってください、応援しています。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の