おおもと 類語。 「お尋ねください」の敬語・意味と使い方・例文・類語|お問い合わせ

ネットの類語辞典は辞書といえるか

おおもと 類語

「しじま」は「無言・沈黙」と「静寂」の二つの意味がある大和言葉です。 大和言葉とは雅語とも言われ、古くから使われてきた日本固有の言葉のことで、古典文学に多く見られます。 現在も俳句や和歌などでよく使われる言葉ですが、もちろん俳句や和歌にしか使えないということではなく、沈黙や静寂の状態を、文学的に、もしくは少し気取った言い回しで表現したいときに使える言葉です。 漢字ではどう書くか しじまの漢字表記については、一般的にはその意味である「静寂」と書いて「しじま」や、沈黙の「黙」という漢字一文字で「しじま」と読ませる場合があります。 ただし、あくまでこれらは当て字です。 正式な漢字表記が確立していない理由の一つとして、「しじま」が、おもに平仮名で表記されることが多い和歌などで平仮名のまま使われてきたということがあり、現代も何か特別な理由がない限り「しじま」は平仮名表記で問題ありません。 静寂 「しじま」の意味の一つである「静寂」の意味について確認しておきましょう。 「静寂」とは一般的に、静かなひっそりとした様子を表す言葉です。 「静寂」という言葉には「寂」という字が含まれており、「寂」には「寂しい(さびしい)」という意味があるので、「静寂」は単に静かなだけではなく、「寂しい」という孤独性や感情を含んだ静けさを意味していると言えます。 しじまの意味2つ 意味1:まったく物音がしないこと 「まったく物音がしないこと」というのは「しじま」の大きな二つの意味のうちの「静寂」にあたります。 「静寂」は「寂しさを含んだ孤独性がある静けさ」ということは説明しましたが、ここで言う「静けさ」というのが「物音がしない」ということです。 「物音がしない」状況ですから、そこでは人の気配や話し声だけでなく、風や波、動物の声や木々の葉がこすれあうカサカサといったような自然の音もしない様子を表しています。 意味2:口を開かず無言でいること 「口を開かず無言でいること」は「しじま」のもう一つの意味である「沈黙」のことです。 「沈黙」とは「何も話さず黙ったままでいる」という人間の状態を表す言葉です。 一言も言葉を発さない状況は、その人から音として発せられる声が全く聞こえないという静寂な状況になります。 そこで「口を開かず無言でいる」という「沈黙」の状態のことも「しじま」と表現します。 しじまの使い方4つ ここまで、「しじま」という言葉の基本的な意味についてみてきました。 ここからは、実際に「しじま」という言葉はどのような使い方をされるのか、具体的な例文を交えながらみていきましょう。 使い方1:夜のしじま 人が寝静まった夜というのは、雨風や動物の鳴き声などがない限りはしんと静まり返った静寂の時間ですが、その静寂を破るように悲鳴が聞こえてきたという状況で使われています。 物音一つしない静寂である「しじま」と「悲鳴」との対比が、何か大変なことが起きたのではないかという緊迫した状況を効果的に表しています。 悲鳴は玄関の外の、夜のしじまを貫いて聞こえてきたような気がする。 内田康夫『斎王の葬列』より引用 使い方2:森のしじま 耳をすましてみたが、森のしじまをかき乱すのは鳥の鳴き声だけだった。 ドイル/永井淳訳『失われた世界』より引用 使い方3:しじまの中 この文章では物音がしないはずの「しじま」の状況の中で、同時に鳥の鳴き声がするという一見、矛盾した内容になっています。 これは、鳥の鳴き声さえなければ、その森の中は物音ひとつしない静寂な状態にあるはずだ、ということを表しており、このように表現することでかえって森の静けさが強調されています。 ただおのれの息づかいだけが、しじまの中に異様に大きく聞こえるばかりだ。 井上祐美子『五王戦国志1 乱火篇』より引用 使い方4:しじまを破る その場所に二人以上の人間がいても、お互い黙りこくって会話が続かない気まずい雰囲気になることはよくあります。 この「しじま」はそういう状況を表現しています。 それまでお互い何も話さない重苦しい「沈黙」の状態にあったのを、一方が発言して会話を切り出すことで、その状況を打開したという様子を表しています。 「こうしていると、結子の家を思いだすな」正臣の声がしじまを破った。 小池真理子『虚無のオペラ』より引用 しじまの類語3つ 「しじま」の意味は端的には「静寂」と「沈黙」ということですが、もちろんそれ以外にも類語が存在します。 ここではそのいくつかの類語を「沈黙」の意味のさらに詳しい意味とあわせてみていきましょう。 類語1:沈黙 「沈黙」とは「黙っていること」で、この「黙っていること」というのは、言ってみれば「周囲に何も働きかけをしない」という状態です。 よって「沈黙」には「社会的な活動を一時的に中止している」という状態を表すのにも使われ、この意味の場合は「静寂」とは違う使い方になるので注意が必要です。 類語2:サイレンス 英語の「サイレンス(silence)」は、日本語では沈黙、無言、静寂などと訳されて使われます。 しかし英語の「silence」の本来のニュアンスは、騒音が全くない静まり返った、完全に「無音の状態」というところにあります。 そこには「静寂」にあるような「寂しさ」といった感情的な意味合いはありません。 われわれ日本人が日本語の会話の中で使用する分にはとくに問題はありませんが、英語として使う場合は注意しましょう。 類語3:静粛 「静粛(せいしゅく)」は集まった人々を静かな状態にするのに「静粛に」といった呼びかけとして使用され、「静かな状態」という点では「しじま」と似ていますがやはり違いがあります。 「しじま」や「静寂」が「その場の環境や状況そのものが静かな様子」、つまり「場所」や「状況」が焦点なのに対し、「静粛」は「その場にいる人が静かにしている様子」、つまり「人」に焦点が合っているという違いがあります。 会話が苦手なあなたにおすすめのアイテムはこちら 話すのが苦手で相手との会話がなかなか続かず、ビジネスでもなかなか成果が上がらないという方にお届けする一冊です。 営業トップを走り続けてきた著者の「話すことはあくまで手段。 苦手なのであれば、他の手段でいくらでも成果を出すことができる」という逆転の発想に基づいたノウハウで、仕事のみならず人生のパフォーマンスもぐっと上がります。 「しじま」の語源については、いくつか説があり、はっきりとしたことは分かっていません。 一つの説として、「唇をしじめて(縮めて)、何も話さず黙っている状態を表したもの」というのがあります。 「しじま」の最も古い用例としては源氏物語の中にある「いくそたび君がしじまに負けぬらむものな言ひそといはぬ頼みに」が知られていますが、この和歌で「しじま」は「沈黙・無言」の意味で使われています。 この説だと「しじま」のおおもとの意味は「静寂」ということになります。 しかし、「沈黙」と異なり「しじま」が静まりかえっている「静寂」の意味で用いられる用例は、おもに近代に入ってからようやく見られるようになったものなので、その点がこの説の弱点です。 「しじま」は静けさを表す言葉 ここまで「しじま」の意味や使い方について見てきました。 「静寂」や「沈黙」そしていろいろな類語もありましたが、そのどれにも共通するのは「静けさ」ということです。 ただし、単に「静けさ」といっても、「感情的なものを含んだ静けさ」なのか、「まったく音がしない」ことを強調した「静けさ」なのかなど、文脈によって変化しますから、状況に応じた意味を正確に読み取り、また自分でも表現できるようにしておきましょう。 いろんな言葉の使い方を習得しよう 「しじま」に限らず、わたしたちが普段使っている言葉それぞれに、いろいろな意味や類義語が存在します。 わたしたちが使うさまざまな言葉一つ一つについて、意味やニュアンスをしっかり理解して、その場面や状況に応じた正しい使い方ができるようにしていきましょう。

次の

「基盤」の意味とは?IT業界・経営での使い方と類語や基板との違い

おおもと 類語

「基盤」の意味とは? 「基盤」の意味は「基礎や土台」 「基盤」(きばん)とは「ある物事を成立させるための基礎や土台」のことを意味します。 「基盤」の「基」には「よりどころ」という意味があり、「盤」は「大皿」の意味から始まり「丸くまとまった全体」という意味があります。 よりどころとなったまとまり、つまり土台や基礎という意味で「基盤」という言葉が成り立ちました。 「基盤」を使った例文• 「学生時代の経験は、私にとって人生の基盤となっている」• 「近隣住民の生活基盤を整備するために、この都市の開発事業に協力すべきだ」 「基盤」と「基板」の違い 「基盤」は基礎、「基板」は部品 「基盤」とは物事の土台や基礎となるものを指しますが、「基板」とは電子機器に内蔵される部品のことです。 両方とも「きばん」と読み、さらに「基板」はマザーボードに使われていることからパソコンの土台というイメージがあるため、特にコンピュータの構造の解説などでは「基盤」と「基板」を取り違えやすいので気をつけましょう。 「基板」とは電子機器に内蔵された板状の部品のこと 「基板」(きばん)とは、パソコンなどの電子機器に内蔵される板状の部品です。 この部品に集積回路やコンデンサーなどの電気部品がはんだ付けされています。 プリント基板とも呼ばれ、代表的なものにはパソコンのマザーボードにはプリント基板が用いられています。 IT業界での「基盤」を使った用語 「IT基盤」とはITを利用するためのベース 「IT基盤」とは「ITインフラ」とも言い、「ITを利用するための必要なベース」のことです。 ITとは情報技術のことで、主にコンピュータを主軸としたデジタル情報のことを指します。 このITを運用するためには、パソコンなどのハードウェアに、ハードウェア上で駆使されるOSなどのソフトウェア、そしてインターネットを代表する通信技術が必要ですが、それらの総称をIT基盤と言います。 ただし「IT基盤」という表現で、ITを運用するための機会が置いてある施設や、運用のためのルール、または管理する人員のことを指すこともあるので、文脈からその意味を理解するようにしましょう。 「クラウド基盤」とはクラウドサービスを利用するための土台 「クラウド基盤」とはクラウドサービスを利用するためのベースです。 クラウドサービスとはインターネットを介してデータやソフトウェアをサービスの形で提供される方法で、このクラウドサービスを運用するためにはクラウド基盤が必要です。 クラウド基盤には、クラウドサービスで提供されたソフトウェアを個人または会社のサーバで利用する「プライベートクラウド」と、コンピュータ環境を提供するデータセンターによる「パブリッククラウド」があります。 またプライぺートクラウドとパブリッククラウドの両方を利用する「ハイブリッドクラウド」では、情報の重要度の高いものはプライベートクラウド、重要度の低いものはパブリッククラウドのよういに使い分けて利用することもできます。 経営に関する「基盤」を使った用語 「経営基盤」とは企業経営の理念 「経営基盤」とは企業を経営するための理念のことで、企業価値や事業価値により成り立っています。 どのような事業目的を持ち、その事業目的を達成するための組織づくりや黒字となるための財務上のやりくりなど、さまざまな要素が考えられます。 企業が成長するために何かを講じるような際には、「経営基盤を強化する」などと表現します。 「業務基盤」とは業務遂行のための土台 「業務基盤」とは経営基盤を支える一要素で、業務を遂行するための効率の良いプロセスの構築のほかに、コスト削減も含まれます。 また業務を実際に行うのかどうかの判断も業務基盤のひとつです。 また「財務基盤」も経営基盤の一要素であり、負債と資産のすべてを合わせた総資産のことです。 営業・投資・財務のキャッシュフローのバランスにより成り立ち、安定した財務運営を意味します。 社会に関する「基盤」を使った用語 「生活基盤」とは生活を支える基礎 「生活基盤」とは「生活インフラ」とも言い、生活が成り立つための基礎部分のことを意味します。 具体的には住んでいる場所や暮らすために必要な性格費を得る手段などのことを指します。 「生活基盤を固める」• 「私たちの生活基盤を支える電気や水道」 「社会基盤」とは「生活に必要な仕組みや設備」 「社会基盤」とは、社会において、国民が生活するために必要な仕組みや施設のことです。 具体的に言えば、ガスや水道などの生活するうえで必要な設備、住宅や学校、病院、社会福祉施設に農林漁業施設など多岐にわたります。 インフラとも呼ばれ、社会基盤を整備するのは国や地方自治体による公共事業として進められる場合もあれば、民間企業による場合もあります。 「基盤」の類語と英語表現 「土台」や「根本」などたくさんある類語 物事の基礎という意味での「基盤」にはたくさんの類語があり、「基礎」や「土台」「基本」「根本」の他にも、「根底」や「根拠」なども挙げられます。 どの言葉も物事を成り立たせるおおもとの部分という意味で使われています。 「基盤」は英語で「foundation」か「base」 「基盤」は英語で「foundation」または「base」が使われます。 「foundation」はものの考え方や信念について基盤が使われるときに、「base」は人や物のことに関する場合に使われます。 また生活基盤のように基盤がインフラを意味する場合には、「infrastructure」が使われます。 いろいろな分野で使われているのものの、その根本的な意味は変わりません。 また、同音異義語の「基板」と混合しやすいので注意しましょう。

次の

「余地」とは?意味や使い方をご紹介

おおもと 類語

「お尋ねください」の謙譲語は、もとの言葉である「尋ねる」の謙譲語を使うことになります。 「尋ねる」の謙譲語は「お尋ねする」「お伺いする」「お聞きする」になります。 「お尋ねください」の「お尋ね」と「お尋ねする」の「お尋ね」は、そっくり同じ書き方・読み方ですが、片や尊敬語であり、片や謙譲語になります。 尊敬語の接頭辞「お」と、謙譲語の接頭辞「お」というものがあるためです。 「お尋ねください」は尊敬語の命令形なので、同様に謙譲語の命令形で表現するならば、「お尋ねしろ」「お伺いしろ」「お聞きしろ」になります。 これらの言葉を使うとすれば、後輩などの目下の人が、なかなか必要な質問をしようとしない場合で、質問すべき相手が目の前にいるような場合に、「ほら、早くお尋ねしろ」のように使うことができます。 Web電話帳を導入しませんか? 「お尋ねください」について、意味と使い方をご紹介してきましたが、自分だったら「お尋ね下さい」と「ください」も漢字に変換して説明するのに、と漢字の使い方が気になった人もいるのではないでしょうか。 しかしながら、「お尋ねください」と表記してきたのは、単なる変換のも問題ではなく、きちんと意味があります。 「ください」と「下さい」は、漢字に変換したか、しなかったかという違いではなく、明確に日本語の意味が異なる言葉です。 「何かをして欲しい」という意味で使う場合は、ひらがなのみの「ください」を使います。 「何かちょうだい」というい意味で使う場合は、漢字交じりの「下さい」を使います。 「お問い合わせ下さい・お尋ね下さい」の意味.

次の