エロマンガ 昭和。 昭和のエロ雑誌のすごい味わい深さを知れ。|ナ月|note

1980年代のエロ漫画(成年誌)

エロマンガ 昭和

人間にはそれぞれできることとできないことがある。 できないことは、それができる誰かに補ってもらおう。 代わりに自分ができることで、誰かのできないことを補ってあげよう。 それが社会ってものだろう。 できないことはいくらやっても仕方がない。 できないからだ。 できないことは人に任せて、できることをやるべきだ。 できることをやろう。 俺にできることとは何か。 そんなことは誰よりも自分が一番よくわかっている。 昭和のエロ雑誌のレビューだ。 それほどエロくないけどそのつもりでお読みください。 これは昭和のエロ雑誌 『TANTAN』だ。 発行元は新樹書房。 これをレビューする。 それが俺にできる精一杯の社会貢献で、それ以上のことは何もできない。 熊本市のモラトリアムというすごい雑貨屋で手に入れた。 すごいところなので熊本を訪れた際は是非行って欲しい。 昭和52年1月1日発行と書いてある。 つまり1977年だ。 ウィキペディアで調べてみると、ドリフ大爆笑が放送開始された年だという。 あとはコロコロコミックが創刊された年でもある。 音楽でいうとピンク・レディーやキャンディーズが猛威を振るっていた頃だ。 あとこの年に研ナオコさんや井上陽水さんらがマリファナ所持で逮捕されている。 なるほど全然わからねえ。 平成生まれゆとり世代の俺からすればファンタジーの世界だ。 以下、画像は全て新樹書房 TANTAN1月号より 表紙を開いた1ページ目だ。 一部、エッチなので画像を修正している。 眺めているだけでIQがガチャガチャと音を立てて下がっていく目次だ。 書き文字がたまらねえ。 見出しがすごい味わい深い まず記事の 見出しに注目してみよう。 見出しは重要だ、一目で記事の大雑把な内容を伝え、かつ「読みてえ」と思わせなければならない。 デザインやレタリングもかなり力を入れるところだ。 メインの特集記事の見出しだ。 こんなフォント欲しい。 小見出しはこんなのだ。 わけがわからない。 そのわけのわからなさも見出しには重要なのだ。 こんな見出しがつけられた記事をお前は無視できるか。 これは連載されている小説のタイトル。 医学ポルノ小説 第二話『腹上死』 力強くも柔らかいレタリングで書かれた 『腹上死』の文字。 Tシャツにしたい。 目が離せない。 見出しの力だ。 この見出しが何だかわかるか。 そうだ、これは夫にクンニさせるにはという内容の記事内の文につけられた小見出しだ。 特に言うことはないがなんとなく紹介した。 雑誌内のいたるところにこういうのがある。 金をくれたらエッチな写真を送ってやるというメッセージの広告のようなものだ。 隠してあるところには住所と女性の名前が書いてある。 「丸出しをタダで」 「ズバリまる見え後払いで密送ヨ」 「女器むきだし!!」 どれも短いながらも強烈なインパクトを残す見出しだ。 すごい。 余談だが「穴がまる見え」みたいな見出しのを買ったら耳の穴がよく写った写真が送られてきたという話を好きな作家がエッセイで語っていた。 うろ覚えです 漫画がすごい味わい深い そろそろ見出し以外にも触れていこう。 エロ雑誌にはエロ漫画も掲載されている。 水上かほり・流石英郎『我輩は犬である 花の女子大生の寮はエロんちょマン開女だらけ! 』より ウフーン。 この女はこれからこの骨を使って自慰を行うがその時のセリフを当てなさい。 3…… 2…… 1…… 水上かほり・流石英郎『我輩は犬である 花の女子大生の寮はエロんちょマン開女だらけ! 』より 正解は 「ウッフ〜〜〜〜ン痛快まるかじり!!」だ。 正解者いたらおめでとう。 すごい言語センスだ。 こんなセリフ俺には一生思いつかない。 俺はこのコマにただただ圧倒されるしかなかった。 ポール沢・竹内健一『わしはノゾキの婦人科医 ジョリジョリ魔 下刈り満太を撃退の巻』より これは別の漫画。 グラサンとマスクで顔を隠した暴漢がT字カミソリで女人の陰毛を剃り落とそうとしている。 悪いやつだ。 彼はなぜこのようなことをしているのか考えなさい。 3…… 2…… 1…… ポール沢・竹内健一『わしはノゾキの婦人科医 ジョリジョリ魔 下刈り満太を撃退の巻』より ポール沢・竹内健一『わしはノゾキの婦人科医 ジョリジョリ魔 下刈り満太を撃退の巻』より そんな事情で。 ポール沢・竹内健一『わしはノゾキの婦人科医 ジョリジョリ魔 下刈り満太を撃退の巻』より こんな締め方されたら次号が読みたくなってしまう。 助けてくれ。 ミニコーナーだってすごい味わい深い これはパズルのコーナーだ。 そう、クロスワードパズルだ。 俺も最初はクロスワードパズルだと思った。 だが違った。 これは、エロスワードパズルだ。 なお、全問正解したら 「どスケベ数学者」の烙印を押される。 俺が一番好きなミニコーナーを紹介しよう。 ページ下の隙間に差し込まれている 「エロ痴女のあれこれ知識」だ。 電車痴女、揺れを利用しがちだ。 読者プレゼントも当然味わい深い アダルトグッズやモデルの下着など、この辺は近年のエロ雑誌ともあまり変わらない気がする。 だがC賞をよく見て欲しい。 オレ、知らねェ。 以上、ほんの一部ながら昭和のエロ雑誌の味わい深さを紹介した。 味わい深かったことだと思う。 なかなか手に入れるのは難しいかもしれないが、もし見かけることがあったら手にとってその味わい深さを感じて欲しい。 味わえ。 余談だが、本記事のためにいろいろ調べていたらこんなのを見つけた。

次の

昭和のエロ雑誌のすごい味わい深さを知れ。|ナ月|note

エロマンガ 昭和

記事の信頼性向上にご協力をお願いいたします。 (2015年7月)この項目には性的な表現. 銀座にございます、ヴァニラ画廊と申します。 ヴァニラ画廊では4月11日より「昭和エロ劇画クロニカル~1970年代を疾走した愛と夢~」を開催致します。 5月20日(土)から6月11日(日)の期間、上村一夫原画展「劇画狂人フラグメント」を開催いたします。 個人的に猛烈に嬉しい展示です! 昭和最後の絵師と呼ばれた上村一夫。 本展は、彼が遺した貴重な原画を中心に、その世界観に影響を与えた小村雪岱、葛飾北斎、竹久夢二らの. 02 』など笠間しろうの全78作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。 昭和30年代から40年代、少年誌・青年誌を総なめにした伝説の劇画作家、植木金矢。 現在に至るその画業の全体像を初めて集成した、ファン垂涎の美麗な大全集。 2011年第1刷発行。 帯付き。 経年並の古本です。 クリックポストで送料無料でお送りします。 劇画昭和。 無料本・試し読みあり!昭和初期。 不景気のドン底にあえぐ日本は、ファシズムに奔る軍部、疲弊する農村、不安におののく民衆の刹那的享楽… など、負の因子をはらむ嵐が吹き荒れていた。 そして軍国主義一色に染まっていった日本。 太平 劇画師伝説 【官能劇画大全/昭和の浮世絵】 笠間しろう作品第四集 淫虐の貴婦人 笠間 しろう しろうのamazon このサイトは昭和マンガ研究サイトです。 this site is comic study in japanese syowa period. 楽天koboで智代次の 【昭和の官能劇画】シリーズ2 をお読みいただけます。 女と姦りたくて仕方のない男。 自転車で通りすがりの女を襲い、マンション建設現場に連れ込むが、別の男が居合わせたために中断して逃亡した。 ところがその女が犯された上、殺されたことが. 劇画家、脚本家、映像プロデューサー、映像監督、映像制作、作詞・作曲家、儀式指導、秀蓮氣功師、村上和彦公式サイト tab イベント - 「昭和エロ劇画クロニカル 『70年代を疾走した愛と夢』」 概要 「劇画」という名称は辰巳ヨシヒロの考案によるものであり、劇画工房の誕生以降の劇画ブームによって世間一般に名称が定着した。. 中でも1970年代に隆盛を極めたいわゆる三流エロ劇画ブームは、多くの才能が輩出し性の表現の多様性を競い合った。 (確か)小学館から出ている「幼稚園」って言う雑誌で、まぁ見たのは4~5歳の頃なんですが、取りあえず過剰に劇画タッチで容赦なくエグいんですよ(雑誌の対象年齢から見れば)「東京タワーだけが残った」なんて言う何とも絶望的な見出し…要は東京 劇画とは、それまでの漫画から一線を画した漫画表現の手法であり、青年向け漫画を子供向けの漫画と異化・区別させるために作られたジャンルでもある。 石井隆らがエロ劇画でありながら高い評価を得るなど、エロ劇画に低俗である以外の評価が与えられる例が出始め、一種のエロ劇画ブームが見られるようになった。 そのような状況の中から、1978年(昭和53年)に三流劇画ムーブメントが起こった。 「官能劇画」のような扇情的な視覚イメージがその標的となることは想像に難くない。 だとすれば、本展はそのような窮状にある「官能劇画」を救出する試みとして考えることができる。 だが、どのようにして? 劇画狼のエクストリームマンガ学園作品概要mangaは日本が世界に誇る文化だと言われて久しい昨今。 しかし、描かれた全ての作品が書店に並び続けているわけではなく、絶版本や単行本未収録のままの名作短編などというものが、この世には山ほど存在する。 銀座のギャラリー、ウ゛ァニラ画廊にて。 小さなギャラリーでの展示ですから、特に系統立ててエロ劇画の系譜が辿られてるわけではありません。 ただとにかく出品作家の原画がみっしり展示されてて、展示しきれなかったものはファイリングされて閲覧可能、多くの原画が販売も可能、です. これは昭和49年から50年にかけて漫画ゴラクに掲載された作品です。 エロ漫画、劇画作家とも呼ばれていますが、時代劇ものには本格派の風格さえ 感じられます。 今一番脂がのっている作家のひとりでしょう。 イラスト、劇画達が展示されています。 素晴らしくカッコいいセンスがうかがえます。 記事の信頼性向上にご協力をお願いいたします。 (2015年7月)この項目には性的な表現 【最新刊】劇画昭和。 無料本・試し読みあり!昭和初期。 不景気のドン底にあえぐ日本は、ファシズムに奔る軍部、疲弊する農村、不安におののく民衆の刹那的享楽… など、負の因子をはらむ嵐が吹き荒れていた。 そして軍国主義一色に染まっていった日本。 銀座にあるヴァニラ画廊でそういう企画があり、高取英さんとダーティ松本さんがトークショーをやるというので行ってまいりました。 「昭和エロ劇画クロニカル~1970年代を疾走した愛と夢~」画廊は狭い場所だったが、その壁面に原画がビッシリ! エロ劇画の原点と言っていい不朽の名作であ~る。 i飢男 アイウエオボーイ 池上遼一/小池一夫 カバーに装弾=小池一夫・発射=池上遼一と明記され、いつになく気合いの入った名コンビが産み出した男気エロ劇画。 人情味あり、逆転劇ありと、毎度最後は正義(お銀)が勝つという時代劇らしいストーリーはじつに爽快なのだが、それより何より、昭和を代表する名うて官能劇画作家の作品だけに、悪漢が起こす事件もエロけりゃ、お銀が講じる策もあまねくエロい。 ザ・ドキュメンタリー 梶原一騎の実弟・高森日佐志さんテレビ初登場!

次の

昭和 ero 劇画

エロマンガ 昭和

森川 久美 「南京路に花吹雪」 昭和初期。 日中戦争が始まるちょっと前の上海が舞台の諜報戦を題材にした漫画。 波津 彬子 「雨柳堂夢咄」 時代はよく分かりませんが、少なくとも戦前。 骨董屋が舞台で、骨董にまとわりついた幽霊やら、付喪神(つくもがみ)になった骨董自身などが でてくるちょっとホラー系の話。 高橋 葉介 「夢幻紳士」 時代はよく分かりませんが、昭和初期かと。 ホラー系からSF、冒険ものまでいろいろ。 赤美潤一郎 「妖幻の血」 時代はよく分かりません。 昭和初期までの雰囲気なのであげておきます。 ホラー系。 以下は明治初期なのでターゲットとすこしずれるかも。 黒輪ビビコ 「幻燈倶楽部」 明治初期。 ホラー系。 付喪神(つくもがみ)のたぐいが出てきていてバトルしてという 少年漫画のパターン。 お好みならばどうぞ、程度。 井浦 秀夫 「魔法使いの弟子」 明治初期。 妖しげな外人さんと政府の偉い人とが絡んだ話。 (結局ホラーとかではない普通の話です。 ) A ベストアンサー photoshopherさん、こんにちは。 wikipedia. e-hon. e-hon. jpg テーマは重いのですが、笑いも有り感動しつつ楽しめる傑作です。 wikipedia. exblog. wikipedia. gif photoshopherさん、こんにちは。 wikipedia. e-hon. e-hon. jpg テーマは重いのですが、笑いも有り感動しつつ楽しめる傑作です。 wikipedia. A ベストアンサー 確か同名の作品が2つあると思ったんですが「風光る」という漫画があったと思います。 新撰組の一人が主人公で、確か女だという事を隠している男装の女の子の話だったと思います。 違ってたらごめんなさい。 それと、Gファンタジーで連載されている(ガンガンかな?)「PEACE MEAKER」も新撰組のお話だったと思います。 こちらもおぼろげな記憶でごめんなさい。 あと大正時代のお話になりますが「サクラ大戦」も面白くて好きです。 セガサターンのソフトだったんですが、CDドラマ化、小説化、TVアニメ化、映画化された作品です。 自分はセガサタ時代のファンだったので、TVアニメになったときは、とっても嬉しかった事を記憶してます。 話は大正時代の話で、「妖魔」が攻めてくるので、みんなで戦うみたいな話です。 ・・ってこれが一番のお勧めですが、これは漫画ではないですね(汗) それとるろ剣私も好きでしたv漫画も途中まで買ってたです。 タイトルの通り、明治・大正・昭和 戦前 期が舞台になっている小説が好きで、探しています。 下の条件に当てはまるようなものでおすすめの小説はないでしょうか?あればぜひ教えて下さい。 その他、個人的に面白かった作品としては、「楡家の人びと」 北杜夫さん 、「紀ノ川」 有吉佐和子さん 、「女の一生」 遠藤周作さん などがあります。 いろいろと探してきては手当たり次第に読んでいるのですが、時代範囲が幅広いため、まだ自分の知らない面白い小説があるかもしれないと思い、質問させていただきました。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー こんにちは。 私も北杜夫さんの「楡家の人びと」読みました(北杜夫ファンです)。 スケールの大きな家族小説という感じで故三島由紀夫が絶賛したというのも分かります。 三浦綾子さんの本を沢山読まれていらっしゃるならもう既読かもしれませんが、「銃口」や「泥流地帯」はいかがですか?特に「泥流地帯」は正と続があるのですが、正より続の方が希望が持てる書き方ですので続けてお読みになると良いと思います。 yahoo. yahoo. 「一の糸」や「針女」も宮尾登美子さんがお好きなら気に入るはずです。 yahoo. yahoo. yahoo. 映画化されましたが、人間魚雷に乗り込まなければならない一青年の野球に対する思いや恋愛などを書き込んでいますので、単なる戦争ものだけではないと思います。 yahoo. 泥棒とその一家の話ですが、ホラーやミステリーではなく人情小説です。 短編ですので、大河系がお好みでしたら物足りないかもしれませんが、一話一話がキッチリとして、啖呵を切る所ではスカッとするし、ある所ではほっこりしたり、またものすごく泣けたりします。 良かったら読んでみて下さい。 yahoo. こんにちは。 私も北杜夫さんの「楡家の人びと」読みました(北杜夫ファンです)。 スケールの大きな家族小説という感じで故三島由紀夫が絶賛したというのも分かります。 三浦綾子さんの本を沢山読まれていらっしゃるならもう既読かもしれませんが、「銃口」や「泥流地帯」はいかがですか?特に「泥流地帯」は正と続があるのですが、正より続の方が希望が持てる書き方ですので続けてお読みになると良いと思います。 yahoo. yahoo. A ベストアンサー 松竹でビデオで出ていたのでは、 「愛染かつら」(1938)、「浅草の灯」(1937)、「暖流」(1939)あたりでしょうか。 「浅草の灯」は大正時代の浅草を舞台にしてますけれど、戦前の浅草を描いた作品では屈指の出来だと思います。 あとは小津安二郎や溝口健二の戦前の現代劇映画だと、比較的、DVDでもレンタルしやすいかと思います。 個人的には戦前の小津映画「学生ロマンス若き日」「生まれてはみたけれど」「青春の夢いまいづこ」が当時の大学生気質や、サラリーマン家庭を描いていて面白いですが、「淑女は何を忘れたか」なども当時のホームドラマですので、戦前の中産階級の都会人の生活を知るにはいいかと思います。 溝口健二の「愛怨峡」は戦前のカフェーのシーンなども出てきます。 戦後の作品ですが、成瀬巳喜男の「放浪記」も舞台は戦前です。 これもDVDで出ています。 木下順二の「喜びも悲しみも幾歳月」は灯台守の話なので、いわば特殊な環境におかれた一家の話ですが、戦前の一般人の思考回路というか、生活形態というか、素直に描けていると思います。

次の