王家の紋章 63巻 ネタバレ。 王家の紋章62巻 感想あらすじネタバレあり。キャロル殺害計画

王家の紋章,最近の内容教えて下さい もう何年か読んでないので...

王家の紋章 63巻 ネタバレ

王家の紋章62巻感想あらすじネタバレあり 前回61巻は、ナイルの王妃であるキャロルがカツラで変装してハピとなって民衆の生活に密着しているときに、工事現場で事故が起こって終わりました。 そして、62巻。 そしてハピを奴隷女と思っているトラキア王国のシタルケス王子が、自分を注意してプライドを傷つけたハピを探していて工事現場の事故で見つけたのですが、自分が事故に巻き込まれて足を怪我してしまいハピに手当されてしまうという事態になりました。 その頃、エジプト王宮にエジプト王のメンフィスが行方不明になったという知らせが届きました。 ウナスはすぐに捜索に出かけました。 心配のあまり体調を崩すキャロル。 自分も捜索に加わりたいと懇願しますが、立場はエジプト王妃。 皆に諌められて、エジプト王妃としての責務を果たしていきます。 メンフィスが戻らないかもしれない・・・ そんな希望を胸に野望を抱くいつものメンバー。 カプター大神官、偽の王弟ネバメン 笑 でたいつもの。 この王家の紋章に出てくるキャラって濃いのばっかだけれど、その中でも濃い濃い スポンサーリンク 二人とも泡よくばキャロルと結婚して、エジプトの王になろうと企んでいました。 ネバメンなんかキャロルを慰めると言う口実で、花はんか贈ったりしちゃって。 工事現場で怪我した足が治ってきたシタルケス王子は、妹姫の願いのためにエジプトの王妃のキャロルを殺そうという計画を実行に移そうとします。 商人に混ざって、キャロルを見に行ったり・・・ そしていよいよ実行の日。 シタルケス王子は、可愛い妹姫が愛してしまったヒッタイトのイズミル王子への恋を叶えるためキャロルの殺害を実行。 アイシス以外でキャロルを本気で殺害しようとした人っていましたっけ? 強固な警護をくぐり抜け、キャロルが眠る寝室までたどり着きました。 一差しで騒がれない内に殺そうとしたところ、運良くキャロルは眠れずにベッドから出ていました。 花瓶を投げつけ大声で抵抗するキャロル。 このとき生けられていた花は、ネバメンがあげたやつ?? となると、あやつも少しは役になったのかも 笑 そのときに足を痛がるシタルケスにキャロルは、工事現場で怪我の手当をしたトラキア人だと気づきました。 そして、その事実をきいたシタルケスは、エジプト王妃=ハピだということに気づきました。 キャロルはなぜ自分が狙われたのかがさっぱりわかりません。 そりゃわからないですよね。 トラキアの姫であるタミュリスがイズミル王子に本気になったけれど、イズミルが拒否しているからイズミルの想い人であるキャロルを殺して欲しいと、兄シタルケス王子に頼んだなんて(ここの経緯ながっ) ナフテラなどが駆けつけ、兵士たちが騒ぎ始め、シタルケス王子は撤退。 宰相のイムホテップも、なぜキャロルをわざわざ狙ったのかを不信がっていました。 このイムホテップ最初からずっと登場してきててかなりの年っぽいのに、長生きですね 撤退したシタルケス王子は、ちょっとキャロルのことが気になり始めたよう。 妹タミュリスを想いキャロルの暗殺を遂行しなければという気持ちと、キャロルと話してみたいという気持ちが交錯していました。 ここで62巻終了です。 スポンサーリンク もしかしてシタルケス王子は、ラガシュ王パターンになってしまうのかも。 エジプトの元女王アイシスに結婚を条件にキャロル暗殺を持ちかけたのにも関わらずいざ殺害となると惜しくなったかのように、すんでの所で殺さずに自分の欲望に添わせようとするのかもしれない。 という展開もあるのかなと思っています。 どうやって風呂敷をまとめるのか? それとも、まとめるつもりはないのか? 70巻くらいまでには完結するようにお願いしたいところです。 あ、あとキャロルの髪型、前は水に濡れる前と後でストパーとパーマくらい変わっていたことがありましたが、今回もストパーなみのストレートが出てきてました。。 これってどうやってるんだろ? そして、髪の毛の先だけコテで巻いたようなパターンもあるし、不思議。 古代エジプトの技術なのか、ただたんに細川先生が可愛いからそうしているだけなのか、キャロルの髪質なのか? どうでもいいけれど、どうでもよくなくて結構気になっています。 続きの63巻のあらすじネタバレはこちら 王家の紋章ミュージカル再演 今回の王家の紋章62巻の帯にのっていたのですが、大阪と東京で王家の紋章ミュージカルが再演されるようですね。 大人気だったのかな メンフィス役の役者さんの写真がのっていましたが、なかなか悪くない! 観にはいけないけれど、評判が気になります。 【王家の紋章の最後を予想した記事もあります。 】 参考 >> 王家の紋章62巻が無料で読める方法 紋章62巻を無料で今すぐに読める方法があります。 FODプレミアムというのは、フジテレビがやっている動画サービスなんですが雑誌なども配信されています。 月額888円(税抜)の有料サービスです。 え?じゃあ無料じゃないよね? と思いますよね。 でも、AmazonIDを持っていて新規加入であれば、 1か月間無料でお試しできちゃうんです!! (AmazonのIDがないと1か月間無料にはなりません) わたしも普段からAmazonで買い物するし、他のサイトでAmazonpayでの支払いをしたことがるので、すぐにできました。 簡単!Amazonpayで新規登録する方法 やり方は簡単です! FODの画面に行きます。 アプリからの漫画の見方がよくわからなかったので、スマホから普通にログインしてみています。 王家の紋章の新刊62巻を読むにはポイントが必須。 FODプレミアムに新規加入の会員特典100ptおよび8の日ボーナス400ptクーポンが配布されます。 計500ポイントゲッツです。 8がつく日にログインしてポイントゲットのボタンを押すだけ。 忘れずにログインしてポイントw取得してくださいね。 王家の紋章は400ポイントで読めます。 それ以外はポイントを購入してそのポイント消化してみることになります。 そのゲッツした500ポイントのうち400ポイントを使います。 だから、新作なのに無料ですぐ購読する事ができます。 ポイントを使って王家の紋章の新刊を読むというからくりです。 62巻と同様に月間プリンセスも読めるので、1ヵ月以内にポイント貯めるまで待たないけませんが、62巻読んで最新の月刊プリンセスを読んでというワザも可能。 無料期間の1か月間が過ぎたら料金が発生するので、気に入ればそのまま加入し続けてもよし。 無料期間だけで退会するのなら、料金は発生しないのでネット上から解約手続きをお忘れなく。 (わたしは無料期間で退会したのですが、よかったのでもう一度戻ろうかなと検討中です) 数十年前初めのころ少しよんでやめました。 昨年偶然にまだ続いていることがわかり、62巻まで買っていっきに読みました。 作者の82歳という年齢を考えると最後はどうなるか、と考えます。 始まった時は作者はバビロニアで終了の予定だったと思います。 バビロニアの神官が「アイシス王妃は凶事をもたらす」と予言。 イズミルも「バビロニアに風雲がまきおこるかも、、」と言いバビロニアからヒッタイトに帰りました。 このまま続けば、ミタムン王女殺害はアイシスと、密かに進めていたヒッタイトの調査で判明。 復讐戦を行いヒッタイトは宣戦布告。 バビロニアは滅亡。 ラガス戦死。 アイシスはエジプトに戻るも、そこに幸せなキャロルを見てかっとなり刀を振り上げます。 キャロルをかばったメンフィスはアイシスを殺すけれど、同時に彼女の刃を受け致命傷となります。 メンフィスを失ったキャロルは現代にもどる、という筋書きだったのでないか、と思います。 ところが、イズミルの人気がでたので、方向の変更が必要になったようです。 作者はどうするのか、と思います。 彼女の腕のみせどころでしょうね。 82歳という年齢を考えたら、いつまでもだらだらできないと思います。 最後は急ぐあまり変な風な終わらせ方をファンのためにもしないでほしいです。 今月号でプリンセスのアトバラ編はおわってメンフィス一行は王宮に帰ったそうです。 ネバメンは終わるときは簡単に終わりそう。 トラキア編は、イズミルに実は正妃がいることを宣言しシタルケル王子が王妃殺害を計画したことを理由に婚約破棄。 そうしたら、エジプトは揺れます。 ここでキルケ編の始まりとなります。 メンフィスに恋するキルケ。 妖しにかかったメンフィス。 ルウイヤに拠点を作ったヒッタイト、イズミル。 キャロル。 イオニアの海でキルケ編が展開すると5~6年はかかるので、作者は90歳、妹さんは85歳。 そうなると、ここで1年かけて最終回にもっていくか、二代目智栄子登場にするか、。 後者の方が可能性が強い気がします。 どう思いますか。 英子様 メンフィスやっと帰れたんですね。 メンフィスがさらわれてキャロルがさらわれて・・・順番こでなかなか二人が王宮に揃いませんね~。 プリンセスでも毎回「王家の紋章 待望の連載再開!」と見るたびに書かれているので、かなり休み休み執筆されているのかなと思っています。 「我が正妃に定めしはかの姫のみ。 今後手出しすることは絶対に許さぬ」 とか。 もっとキツイ感じになるかな。 キャロルを王妃を公言まではありそうです。 わたしの考えとしては、キャロルを正妃を公言するならキャロルに危害を加えようとしたことで戦争一歩手前のような状態でトラキアとの関係が悪化し、正式な婚約破棄を通達というかたちでなくもう婚約という関係は考えられない(最初からトラキアの姫にはイズミルは謝ってましたし)といううやむやな感じでトラキア編は終わるかも。 いや、でもそれだとスッキリしませんね。 どうだろ?? キルケーまた出てきますか? コミックしか見ていないので、キルケーの登場が唐突です。 なるほど!」 と思いながらコメント拝見しています。 お久しぶりです。 英子です。 ぎっくり腰を患ったそうですね。 お体にはくれぐれもお気をつけて下さい。 次回の発売が4月16日なのですね。 予告ありがとうございます。 前回が2016年12月ですから、随分お休みしたものです。 でも、86歳で亡くなった祖母を考えたら、82歳の作者に文句を言う気になりません。 ただ、これから創造的な作品は期待できないでしょうね。 秋田書店としては、この出版物が売れない時代に固定客がしっかりついている王家の紋章をやめたくはないでしょうね。 私が秋田書店の営業部長なら、休んでもいいから続けて下さい、とお願いするでしょう。 王家の紋章、って堅い感じの題名と思います。 が、ここにエンディングのヒントがあると思います。 つまり、メンフィスが死に、キャロルは現代に戻ります。 ナイル川のほとりできがついたキャロル。 「あれは、夢だったのかしら。。。 」その時手にしっかり握った指輪に気が付きます。 その指輪には古代エジプトの「王家の紋章」が刻まれていました、とフィナーレを作りたかったのでしょうね。 そのほか第一巻にメンフィスは18歳で死亡。 アイシスのミイラは隣室にあり、呪術版を恐れ、「あれは王座を狙う神官が私を封じ目るために作ったもの。。。 」という場面が あります。 これがエンディングを規定するので、最終にもっていくには制限があるでしょうね。 バビロニア編までは構成がしっかりしています。 ネットのない時代に、エジプト、アッシリア、バビロニア、ヒッタイトとよく情報をあつめています。 お父さんが新聞記者なので調べることが上手なのでしょうね。 でも、そのあとはただ延命を続けているので、ミタムン王女事件、イズミルの肩の傷がうやむやになりました。 絵も、ミノア編のイズミルが一番いいですね。 バビロニア編もいいです。 でもトロイ編以後は絵に魅力がなくなりました。 でも、慣性の法則で買っている、というのが私の実情です。 英子様 こんにちは。 お久しぶりです。 ぎっくり腰へのお気づかいもありがとうございます。 なんとか元気にやっております。 次回の発売を心待ちにして、月1くらいで調べていたのですが、今回は発売期間がかなり空きますね。 いよいよヤバいのではないかと危惧しております。 月刊プリンセスにもほとんど掲載されていないようですし。 最初は確かに現代に戻る予定だったのかもしれませんが、ここまでぐだぐだになりもうほぼ現代の情景が出てこない現状なら違うエンディングにシフトチェンジする可能性もあるのではないかと思っています。 今の状態であれば、アイシスがバビロニアから戻ってきて、メンフィスの近くに葬られるというのも無理があります。 今後どうなるのか・・・きちんと終わってくれるのかがここ20年くらい気になっています(笑) わたしはもう王家の紋章が出たら買うのが習慣になってしまってます。 英子様のように惰性でも、私のように習慣でも、こんな風にきっちり買ってしまうファンがいるからやめられないんでしょうね。 ようやく気が付いて下さりありがとうございます。 このように好きな漫画についてお話ができることが嬉しいです。 今も少女漫画にはまっている自分にびっくりし、他の少女漫画を色々よんでみましたが、やはり興味がありません。 王家だけはまったのです。 パクリといわれる天河にも別に感動しません。 自分の気持ちを分析すると、どうもミノア、バビロニアのイズミルの絵に魅せられた、と思います。 さて、プリンセスへの掲載は6月号までお休みとか。 83歳ですから、絵を描けなくなったら。。。 助手が第一巻のエンディングに強引にもっていく。 (イズミルの扱いが難しいでしょうね。 ) 2. 二代目細川智栄子誕生で、王家の紋章パート2の誕生なるか。 さて、本篇ではアトバラは盛り上がらなかったですね。 ヒッタイトではイズミルは馬鹿みたいに武器をもたないでトラキア王と会見をし、拉致されました。 もう、作者は何を考えているのでしょうか。 さて、イズミルみたいな男性は、、、と色々探しました。 フィンランドの英雄、マンネルヘイム、Mannelheim なんてどうでしょうが。 ググってみてね。 背が高く、冷たいシャープなハンサムで、頭が良くすべてを見据えた洞察力をもった武人です。 小国ながらソ連に立ち向かった英雄です。

次の

王家の紋章|「公式漫画村カントリー」無料漫画サイト|【公式】漫画カントリー

王家の紋章 63巻 ネタバレ

王家の紋章62巻感想あらすじネタバレあり 前回61巻は、ナイルの王妃であるキャロルがカツラで変装してハピとなって民衆の生活に密着しているときに、工事現場で事故が起こって終わりました。 そして、62巻。 そしてハピを奴隷女と思っているトラキア王国のシタルケス王子が、自分を注意してプライドを傷つけたハピを探していて工事現場の事故で見つけたのですが、自分が事故に巻き込まれて足を怪我してしまいハピに手当されてしまうという事態になりました。 その頃、エジプト王宮にエジプト王のメンフィスが行方不明になったという知らせが届きました。 ウナスはすぐに捜索に出かけました。 心配のあまり体調を崩すキャロル。 自分も捜索に加わりたいと懇願しますが、立場はエジプト王妃。 皆に諌められて、エジプト王妃としての責務を果たしていきます。 メンフィスが戻らないかもしれない・・・ そんな希望を胸に野望を抱くいつものメンバー。 カプター大神官、偽の王弟ネバメン 笑 でたいつもの。 この王家の紋章に出てくるキャラって濃いのばっかだけれど、その中でも濃い濃い スポンサーリンク 二人とも泡よくばキャロルと結婚して、エジプトの王になろうと企んでいました。 ネバメンなんかキャロルを慰めると言う口実で、花はんか贈ったりしちゃって。 工事現場で怪我した足が治ってきたシタルケス王子は、妹姫の願いのためにエジプトの王妃のキャロルを殺そうという計画を実行に移そうとします。 商人に混ざって、キャロルを見に行ったり・・・ そしていよいよ実行の日。 シタルケス王子は、可愛い妹姫が愛してしまったヒッタイトのイズミル王子への恋を叶えるためキャロルの殺害を実行。 アイシス以外でキャロルを本気で殺害しようとした人っていましたっけ? 強固な警護をくぐり抜け、キャロルが眠る寝室までたどり着きました。 一差しで騒がれない内に殺そうとしたところ、運良くキャロルは眠れずにベッドから出ていました。 花瓶を投げつけ大声で抵抗するキャロル。 このとき生けられていた花は、ネバメンがあげたやつ?? となると、あやつも少しは役になったのかも 笑 そのときに足を痛がるシタルケスにキャロルは、工事現場で怪我の手当をしたトラキア人だと気づきました。 そして、その事実をきいたシタルケスは、エジプト王妃=ハピだということに気づきました。 キャロルはなぜ自分が狙われたのかがさっぱりわかりません。 そりゃわからないですよね。 トラキアの姫であるタミュリスがイズミル王子に本気になったけれど、イズミルが拒否しているからイズミルの想い人であるキャロルを殺して欲しいと、兄シタルケス王子に頼んだなんて(ここの経緯ながっ) ナフテラなどが駆けつけ、兵士たちが騒ぎ始め、シタルケス王子は撤退。 宰相のイムホテップも、なぜキャロルをわざわざ狙ったのかを不信がっていました。 このイムホテップ最初からずっと登場してきててかなりの年っぽいのに、長生きですね 撤退したシタルケス王子は、ちょっとキャロルのことが気になり始めたよう。 妹タミュリスを想いキャロルの暗殺を遂行しなければという気持ちと、キャロルと話してみたいという気持ちが交錯していました。 ここで62巻終了です。 スポンサーリンク もしかしてシタルケス王子は、ラガシュ王パターンになってしまうのかも。 エジプトの元女王アイシスに結婚を条件にキャロル暗殺を持ちかけたのにも関わらずいざ殺害となると惜しくなったかのように、すんでの所で殺さずに自分の欲望に添わせようとするのかもしれない。 という展開もあるのかなと思っています。 どうやって風呂敷をまとめるのか? それとも、まとめるつもりはないのか? 70巻くらいまでには完結するようにお願いしたいところです。 あ、あとキャロルの髪型、前は水に濡れる前と後でストパーとパーマくらい変わっていたことがありましたが、今回もストパーなみのストレートが出てきてました。。 これってどうやってるんだろ? そして、髪の毛の先だけコテで巻いたようなパターンもあるし、不思議。 古代エジプトの技術なのか、ただたんに細川先生が可愛いからそうしているだけなのか、キャロルの髪質なのか? どうでもいいけれど、どうでもよくなくて結構気になっています。 続きの63巻のあらすじネタバレはこちら 王家の紋章ミュージカル再演 今回の王家の紋章62巻の帯にのっていたのですが、大阪と東京で王家の紋章ミュージカルが再演されるようですね。 大人気だったのかな メンフィス役の役者さんの写真がのっていましたが、なかなか悪くない! 観にはいけないけれど、評判が気になります。 【王家の紋章の最後を予想した記事もあります。 】 参考 >> 王家の紋章62巻が無料で読める方法 紋章62巻を無料で今すぐに読める方法があります。 FODプレミアムというのは、フジテレビがやっている動画サービスなんですが雑誌なども配信されています。 月額888円(税抜)の有料サービスです。 え?じゃあ無料じゃないよね? と思いますよね。 でも、AmazonIDを持っていて新規加入であれば、 1か月間無料でお試しできちゃうんです!! (AmazonのIDがないと1か月間無料にはなりません) わたしも普段からAmazonで買い物するし、他のサイトでAmazonpayでの支払いをしたことがるので、すぐにできました。 簡単!Amazonpayで新規登録する方法 やり方は簡単です! FODの画面に行きます。 アプリからの漫画の見方がよくわからなかったので、スマホから普通にログインしてみています。 王家の紋章の新刊62巻を読むにはポイントが必須。 FODプレミアムに新規加入の会員特典100ptおよび8の日ボーナス400ptクーポンが配布されます。 計500ポイントゲッツです。 8がつく日にログインしてポイントゲットのボタンを押すだけ。 忘れずにログインしてポイントw取得してくださいね。 王家の紋章は400ポイントで読めます。 それ以外はポイントを購入してそのポイント消化してみることになります。 そのゲッツした500ポイントのうち400ポイントを使います。 だから、新作なのに無料ですぐ購読する事ができます。 ポイントを使って王家の紋章の新刊を読むというからくりです。 62巻と同様に月間プリンセスも読めるので、1ヵ月以内にポイント貯めるまで待たないけませんが、62巻読んで最新の月刊プリンセスを読んでというワザも可能。 無料期間の1か月間が過ぎたら料金が発生するので、気に入ればそのまま加入し続けてもよし。 無料期間だけで退会するのなら、料金は発生しないのでネット上から解約手続きをお忘れなく。 (わたしは無料期間で退会したのですが、よかったのでもう一度戻ろうかなと検討中です) 数十年前初めのころ少しよんでやめました。 昨年偶然にまだ続いていることがわかり、62巻まで買っていっきに読みました。 作者の82歳という年齢を考えると最後はどうなるか、と考えます。 始まった時は作者はバビロニアで終了の予定だったと思います。 バビロニアの神官が「アイシス王妃は凶事をもたらす」と予言。 イズミルも「バビロニアに風雲がまきおこるかも、、」と言いバビロニアからヒッタイトに帰りました。 このまま続けば、ミタムン王女殺害はアイシスと、密かに進めていたヒッタイトの調査で判明。 復讐戦を行いヒッタイトは宣戦布告。 バビロニアは滅亡。 ラガス戦死。 アイシスはエジプトに戻るも、そこに幸せなキャロルを見てかっとなり刀を振り上げます。 キャロルをかばったメンフィスはアイシスを殺すけれど、同時に彼女の刃を受け致命傷となります。 メンフィスを失ったキャロルは現代にもどる、という筋書きだったのでないか、と思います。 ところが、イズミルの人気がでたので、方向の変更が必要になったようです。 作者はどうするのか、と思います。 彼女の腕のみせどころでしょうね。 82歳という年齢を考えたら、いつまでもだらだらできないと思います。 最後は急ぐあまり変な風な終わらせ方をファンのためにもしないでほしいです。 今月号でプリンセスのアトバラ編はおわってメンフィス一行は王宮に帰ったそうです。 ネバメンは終わるときは簡単に終わりそう。 トラキア編は、イズミルに実は正妃がいることを宣言しシタルケル王子が王妃殺害を計画したことを理由に婚約破棄。 そうしたら、エジプトは揺れます。 ここでキルケ編の始まりとなります。 メンフィスに恋するキルケ。 妖しにかかったメンフィス。 ルウイヤに拠点を作ったヒッタイト、イズミル。 キャロル。 イオニアの海でキルケ編が展開すると5~6年はかかるので、作者は90歳、妹さんは85歳。 そうなると、ここで1年かけて最終回にもっていくか、二代目智栄子登場にするか、。 後者の方が可能性が強い気がします。 どう思いますか。 英子様 メンフィスやっと帰れたんですね。 メンフィスがさらわれてキャロルがさらわれて・・・順番こでなかなか二人が王宮に揃いませんね~。 プリンセスでも毎回「王家の紋章 待望の連載再開!」と見るたびに書かれているので、かなり休み休み執筆されているのかなと思っています。 「我が正妃に定めしはかの姫のみ。 今後手出しすることは絶対に許さぬ」 とか。 もっとキツイ感じになるかな。 キャロルを王妃を公言まではありそうです。 わたしの考えとしては、キャロルを正妃を公言するならキャロルに危害を加えようとしたことで戦争一歩手前のような状態でトラキアとの関係が悪化し、正式な婚約破棄を通達というかたちでなくもう婚約という関係は考えられない(最初からトラキアの姫にはイズミルは謝ってましたし)といううやむやな感じでトラキア編は終わるかも。 いや、でもそれだとスッキリしませんね。 どうだろ?? キルケーまた出てきますか? コミックしか見ていないので、キルケーの登場が唐突です。 なるほど!」 と思いながらコメント拝見しています。 お久しぶりです。 英子です。 ぎっくり腰を患ったそうですね。 お体にはくれぐれもお気をつけて下さい。 次回の発売が4月16日なのですね。 予告ありがとうございます。 前回が2016年12月ですから、随分お休みしたものです。 でも、86歳で亡くなった祖母を考えたら、82歳の作者に文句を言う気になりません。 ただ、これから創造的な作品は期待できないでしょうね。 秋田書店としては、この出版物が売れない時代に固定客がしっかりついている王家の紋章をやめたくはないでしょうね。 私が秋田書店の営業部長なら、休んでもいいから続けて下さい、とお願いするでしょう。 王家の紋章、って堅い感じの題名と思います。 が、ここにエンディングのヒントがあると思います。 つまり、メンフィスが死に、キャロルは現代に戻ります。 ナイル川のほとりできがついたキャロル。 「あれは、夢だったのかしら。。。 」その時手にしっかり握った指輪に気が付きます。 その指輪には古代エジプトの「王家の紋章」が刻まれていました、とフィナーレを作りたかったのでしょうね。 そのほか第一巻にメンフィスは18歳で死亡。 アイシスのミイラは隣室にあり、呪術版を恐れ、「あれは王座を狙う神官が私を封じ目るために作ったもの。。。 」という場面が あります。 これがエンディングを規定するので、最終にもっていくには制限があるでしょうね。 バビロニア編までは構成がしっかりしています。 ネットのない時代に、エジプト、アッシリア、バビロニア、ヒッタイトとよく情報をあつめています。 お父さんが新聞記者なので調べることが上手なのでしょうね。 でも、そのあとはただ延命を続けているので、ミタムン王女事件、イズミルの肩の傷がうやむやになりました。 絵も、ミノア編のイズミルが一番いいですね。 バビロニア編もいいです。 でもトロイ編以後は絵に魅力がなくなりました。 でも、慣性の法則で買っている、というのが私の実情です。 英子様 こんにちは。 お久しぶりです。 ぎっくり腰へのお気づかいもありがとうございます。 なんとか元気にやっております。 次回の発売を心待ちにして、月1くらいで調べていたのですが、今回は発売期間がかなり空きますね。 いよいよヤバいのではないかと危惧しております。 月刊プリンセスにもほとんど掲載されていないようですし。 最初は確かに現代に戻る予定だったのかもしれませんが、ここまでぐだぐだになりもうほぼ現代の情景が出てこない現状なら違うエンディングにシフトチェンジする可能性もあるのではないかと思っています。 今の状態であれば、アイシスがバビロニアから戻ってきて、メンフィスの近くに葬られるというのも無理があります。 今後どうなるのか・・・きちんと終わってくれるのかがここ20年くらい気になっています(笑) わたしはもう王家の紋章が出たら買うのが習慣になってしまってます。 英子様のように惰性でも、私のように習慣でも、こんな風にきっちり買ってしまうファンがいるからやめられないんでしょうね。 ようやく気が付いて下さりありがとうございます。 このように好きな漫画についてお話ができることが嬉しいです。 今も少女漫画にはまっている自分にびっくりし、他の少女漫画を色々よんでみましたが、やはり興味がありません。 王家だけはまったのです。 パクリといわれる天河にも別に感動しません。 自分の気持ちを分析すると、どうもミノア、バビロニアのイズミルの絵に魅せられた、と思います。 さて、プリンセスへの掲載は6月号までお休みとか。 83歳ですから、絵を描けなくなったら。。。 助手が第一巻のエンディングに強引にもっていく。 (イズミルの扱いが難しいでしょうね。 ) 2. 二代目細川智栄子誕生で、王家の紋章パート2の誕生なるか。 さて、本篇ではアトバラは盛り上がらなかったですね。 ヒッタイトではイズミルは馬鹿みたいに武器をもたないでトラキア王と会見をし、拉致されました。 もう、作者は何を考えているのでしょうか。 さて、イズミルみたいな男性は、、、と色々探しました。 フィンランドの英雄、マンネルヘイム、Mannelheim なんてどうでしょうが。 ググってみてね。 背が高く、冷たいシャープなハンサムで、頭が良くすべてを見据えた洞察力をもった武人です。 小国ながらソ連に立ち向かった英雄です。

次の

【王家の紋章】全巻無料のzip・rarダウンロード以外の読む方法

王家の紋章 63巻 ネタバレ

王家の紋章 ネタバレあらすじ!最新刊内容と最終話予想! 王家の紋章 ネタバレとあらすじ! 大人気漫画の「王家の紋章」(おうけのもんしょう)がこの度ミュージカルになることが発表されました。 この「王家の紋章」の著者は、細川智栄子あんど芙〜みん。 この気になる名前の「芙〜みん」は、細川智栄子の実の妹とのこと。 1976年10月号から30年以上も続く長編作であり、2015年7月に単行本第60巻が刊行されました。 王家の紋章は、現代と古代、エジプトを舞台とする3000年の時を経た恋と壮大な歴史ロマンの物語。 主人公は、エジプトに留学中の16才キャロル・リード。 考古学が大好きで財閥の娘だったキャロルは王家の墓の発見に立ち会った事から神秘の力で古代に導かれ、神殿の祭祀・アイシス(メンフィス王の姉)の呪術により、古代エジプトにタイムスリップしてしまうところから全ては始まります。 途方に暮れるキャロルですが、古代エジプトにて、美しい容姿や白い肌は目立つ存在。 エジプト人たちには魅力的に映ります。 さらに、古代エジプト人から見れば、21世紀の倫理観や考古学の知識が「尊い予言」と受け取られ、キャロルは古代エジプトを助ける、「ナイルの娘ハピ」として慕われるようになります。 メンフィスの暗殺を度々防ぎ、古代に生きる決心をしたキャロルは、次第に王・メンフィスと愛し合うように。 ついには王妃となり、子供も授かります。 しかし、平穏な生活はそう長くは続きません……。 諸国の王族の陰謀が渦巻いていき、彼女はヒッタイト王国の王子などに狙われる存在となっていきます。 王家の紋章 最新刊内容と最終話予想! 2015年7月に、ファン待望の単行本第60巻が刊行された「王家の紋章」。 最新刊を待ちわびていた方も多いのではないでしょうか。 気になる最新刊の内容は、メンフィスたちを待ち受けるシバの女王の数々の策略が見物。 シバの女王がけしかけた獰猛な獣にメンフィスが襲われてしまいます。 メンフィスたちはなんとか逃れるも、今度は逆に獣の襲撃を受けてしまうシバの女王。 それを助ける心優しいメンフィス。 そして、助けられたことで、シバの女王はメンフィスに恋をします。 それが今後、どう物語に絡んでくるのでしょうか。 気になる方は、ぜひ最新作をご覧ください。 ちなみに、メンフィスのキャロルへの強く激しい愛は多くの女性ファンをときめかせてきました。 そんなメンフィスの男らしさにも引き続き期待したいですね。 また、この作品は1976年からもう30年もの間連載が続いていますが、なんと著者の細川智栄子は、1935年生まれの80歳!妹の芙〜みんは75歳とのこと。 これは本当に驚きました。 著者が高齢ということや、単行本の新刊発売がしばらくない時期が続いたことから、ファンはこの物語は完結するのだろうか、という不安を抱えているようです。 ファンたちの間での最終話予想で一番多い声は、キャロルは現代に帰ることなく、メンフィスや子供たちと共に、安泰になった国で幸せに暮らしていくという内容。 このようにファンたちはハッピーエンドを望む声が多いですね。 果たして最終話はどうなるのでしょうか。 その前に、最終話が読める日は訪れるのでしょうか?! 王家の紋章 ミュージカル(帝国劇場)のキャスト!キャロル宮澤佐江!メンフィス浦井健治! 王家の紋章 気になるミュージカル(帝国劇場)のキャストは? キャロル役はSNH48兼SKE48の宮澤佐江! 人気漫画「王家の紋章」がミュージカルされることが発表され、キャストも同時に発表されました。 一番気になるのはヒロインのキャロル・リード役だと思います。 今回のヒロインであるキャロル役は、SNH48兼SKE48の宮澤佐江と新妻聖子がWキャストで演じることが決定しました。 今回、帝劇初登場となる宮沢佐江は、14日に更新したブログで、同ミュージカルのヒロインに抜擢されたことを報告。 「なんだか夢のようです。 憧れすぎていた帝国劇場に立てること、そして、豪華な俳優さんの中に自分が選んで頂けたこと、全てが夢のようでまだ実感もわかず不思議な気持ちです!でも、その気持ちをくつがえすくらい物凄く嬉しくてとってもワクワクしています!」と率直な思いを綴っています。 また、約1年後の舞台に向けて、「身体のメンテナンスを始めました」とのこと。 SNH48兼SKE48の宮澤佐江の意気込みは満々の様子です。 また、もう一人のキャスト新妻聖子は、王家の紋章単行本を全巻揃えているほどの大ファン。 中3の時には、原作が好きすぎて、メンフィスの面影を追いかけエジプトに行っちゃったくらい好きとブログに綴っています。 これはかなり期待できますね!SNH48兼SKE48の宮澤佐江と新妻聖子には、原作のファンの期待を裏切らないパフォーマンスを期待しましょう! 王家の紋章 ミュージカルのキャスト発表 メンフィスは浦井健治! 王家の紋章の中でもダントツの女性人気を誇るメンフィス役についてです。 古代衛士プロの王であるメンフィス役を演じるのは、浦井健治。 浦井健治は、2000年に「仮面ライダークウガ」で俳優デビューした後、舞台『エリザベート』『マイ・フェア・レディ』『アルジャーノンに花束を』など数々の舞台で活躍している演劇界期待の実力派イケメン。 原作のメンフィスファンも納得の容姿ではないでしょうか。 また、キャロルを巡ってメンフィスと敵対するヒッタイト国の王子イズミル役には、声優・宮野真守と平方元基がWキャストで演じます。 宮野真守は現代声優界のエース。 平方元基も183センチの長身を生かして舞台で活躍しています。 かなり豪華なキャストですね。 さらに脚本・演出は元宝塚歌劇団所属の演出家であった荻田浩一。 音楽がシルヴェスター・リーヴァイ。 ミュージカルファンにはたまらない豪華な顔ぶれとかなり話題となっています。 これは、来年の夏まで待ちきれません! 「王家の紋章」が豪華キャストでミュージカル化!来夏に帝国劇場で上演.. 累計4000万部を売り上げている、エジプトを舞台とした人気漫画「王家の紋章」のミュージカル化決定で原作を見返していらっしゃる方もいるのではないでしょうか。 舞台は、2016年8月に帝国劇場にて上演されます。 古代エジプトの少年王・メンフィスは、「デスノート THE MUSICAL」で夜神月役を演じた浦井健治。 主人公のキャロルは、宮澤佐江(SNH48/SKE48)と新妻聖子。 古代ヒッタイトの王子・イズミルは宮野真守と平方元基がそれぞれダブルキャストで担当。 また脚本・演出は荻田浩一、音楽は「エリザベート」「モーツァルト!」などを手がけてきたシルヴェスター・リーヴァイといったかなり豪華なキャスト陣とスタッフとなっていることも話題となっています。 「王家の紋章」は古代エジプトにタイプスリップした少女キャロルと、古代エジプトの王メンフィスの壮大な愛を描いた物語で、累計4000万部もの売り上げを記録しており、親子3世代でファンということも珍しくありません。 今回ミュージカル化されることが決定し、著者の細川智栄子あんど芙~みんもコメントを発表しました。 「私たちは生涯をかけて……読者の方々に 愛や夢や誠実さ そして勇気などを物語に込めておとどけしたいと漫画を描いてまいりました。 「王家の紋章」をミュージカル化してくださることになり、とてもうれしく思っております。 「母親と見に行く!」「原作ではまだ最終話までいっていないので、ミュージカルがどう終わるのか楽しみ」など、今から楽しみにしている方も多い様子。 来年の8月の上演ですが、夏休みということもあり、チケット販売後すぐに売れきれそうな予感がします。 原作ファンはもちろん、原作を読んでいない方もぜひ興味をもってみてはいかがでしょうか。

次の