冷たい 熱帯魚。 冷たい熱帯魚

映画『冷たい熱帯魚』ネタバレ 感想

冷たい 熱帯魚

実際に埼玉県で発生した「埼玉愛犬家殺人事件」をモデルとした映画だという程度の事前知識で鑑賞。 多くの映画ファンから高い評価を受ける作品ということで期待は高かったものの、エロありグロありのR18作品ということで、グロの苦手な私はちょっぴり緊張しながらの鑑賞です。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 小さな熱帯魚店を営む冴えない男性である主人公の社本。 妻とは死別して新しく別の女性と結婚するも、前妻の娘である美津子は新しい母親を快く思わず、また後妻の妙子は美津子に対して後ろめたさを感じており、家庭環境は冷え切っていた。 ある日美津子がスーパーで万引きを行い、社本夫婦は謝罪に訪れる。 激しく憤るスーパーの店長をたまたまスーパーに来店していた村田という男が店長を宥め、事なきを得る。 偶然にも村田も熱帯魚店を経営する男だったため社本と意気投合。 お互いの店を見せ合ったり美津子が村田の熱帯魚店でバイトを始めたりして親交を深めているうちに、社本は村田からビジネスの誘いを受けるのだが、ここから事態は急速に動き始めるのであった。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 大規模な熱帯魚店「アマゾンゴールド」を経営する村田は人当たりが良くて社交的な中年男性という感じ。 しかし、若くてセクシーな奥さんを連れて高級外車を乗り回したり、自分の店の従業員に「フーターズ」のような露出の高い服を着せて接客させたりするあたりに、彼の裏の顔がチラリと垣間見えます。 社本が同席する場所で平然と行われる殺人と死体処理。 突然の出来事にパニック状態で言葉も発せない社本とは対象的に、談笑しながら死体の解体を行う村田夫婦。 社本と村田が対比的に描かれることによって、村田の猟奇性が際立って感じられる見事な描写です。 私個人はグロテスクな描写が苦手なのですが、死体解体のシーンはあまりにもグロテスクすぎて一周回って作り物感が強かったせいで、逆に大丈夫でした。 でも、グロ苦手な方は注意です。 終盤に向けて、社本の心理描写が丁寧に描かれてます。 彼がどんどん精神的にも疲弊している様子だったり冴えない父親だったのに亭主関白のような言動をするようになるなど、切羽詰った状態にある彼のギリギリの精神状態が感じられる、恐怖すら覚える描写でした。 ラストシーンはイマイチよく分からなかったですね・・・すんません。 出演する俳優陣も素晴らしかったですね。 主人公の社本役の吹越満さんも素晴らしかったが、やはり一際異彩を放っていたのが猟奇殺人犯である村田を演じたでんでんさん。 いつも笑っているお調子者のオッサンから殺気を放つ猟奇殺人犯までを演じる幅の広さと切り替えの早さ。 画面越しにも伝わる恐怖感がありました。 日本アカデミー賞の助演男優賞を受賞されたのも納得です。 ネタバレ! クリックして本文を読む 観よう観ようと思いながらもあとに回していた作品。 頭を殴られるような衝撃的なシーンばかりで体力を使いました。 でもあっという間に2時間25分が終わりました。 村田はサイコパスで頭おかしいですが、自分勝手で自分の意思があり、自分の力で立った結果、富を手に入れている。 一方で、社本は自分の意思がなく全て流される、拒めない人間である結果、村田に巻かれて流されていつの間にか村田の共犯となった。 社本は誰しもなりうる可能性があるなと思いました。 村田の殺しややり方が強引な点はよくないですが、自分の意思を持っている点は見習うべきだと思いました。 最初から最後にいくにつれて社本の精神は狂っていっているが、村田を殺したあたりから自分の意思に従って動く(いい方向には向かっていないけど)ようになったところからはさらに引き込まれるものがあったと感じました。 園子温の凄いところは、レビューが真っ二つになるところ。 と、いつも思っていた。 これ以降はどこかに魂を売ったような作品が出てくるけれど、 紀子の食卓、愛のむきだしの次に好きな作品かも。 実際に起きた猟奇事件を元にしたようですが、 村田のようなオジサンは本当によく居る。 特に田舎に。 喋りの圧力が凄くて、周りに否と言わせないタイプ。 本当にキライ。 でも、30人以上も透明にしておいて、捕まったら死刑だって台詞に笑わされる。 怯えるの、そこなんだw こういうスプラッタ系は、対称的な美しいものをだして来がちだけれど、 そんな甘いことを言わせない園子温はとても好き。 人を華美し過ぎないのがいい。 有名な女優さん使っていたら、こうはならなかったね。 吹越満はラストシーン以外はなんの文句もない。 あんなオジサンいるいるで共感できた。 にしても、作り物とはいえ、私たちの目はどんどんエグいものに慣れていく。 こっちの方がどうかと思ってしまうな…。 前々から気になっていたのですが、期待が高まり過ぎてなかなか踏ん切りがつかず、後回しになっていた作品です。 結果…期待を裏切らない作品でした。 多少ちょっと無理ではないかと思う箇所や強引に感じてしまう箇所も有りましたが、勢いが有り、どのような結末に持っていくのか、そしてかなり刺激的な映像と相まって、割りと長めの作品ですが、見始めたらラストまで一気に観てしまいました。 終わり方も良かったですね。 主演である吹越満さん、傍を固める渡辺哲さんや神楽坂恵さん、梶原ひかりさんと主だった演者さんも素晴らしかったのですね。 そして、でんでんさんの怪演は流石としか言いようがありませんでしたが、個人的にはあいこ役の村田愛子さんが1番凄かったような気がします。 イメージ的にかなりのマイナスにしかならない(他の役でも同じですが、村田役以上にあいこ役はかなりキツそうに思えます と思うのですが、よくこの役を引き受け、熱演して下さったと拍手を送りたくなりますね。 グロい場面も有りますし、実話をヒントにした作品ではありますが、かなりショッキングな内容なので人を選ぶ作品でもありますが、耐性がある方は観て損はないと思います。 ネタバレ! クリックして本文を読む いままでこの世で一番怖いものは幽霊とゴキブリだと思っていたわたしが、なんだかんだ言って人間が怖いんだな…と思い知らされた映画でした… グロ耐性はあると思っていた方ですが、人間の恐さと汚さとその汚い人間が汚い人間によってバラバラにされていく姿がもう見てられない。 こんな胸糞悪いの久しぶり。 どんなスプラッター映画であろうがエロであろうがホラーであろうが一時停止したことはなかったのにこの映画だけ3日に分けてみました笑 なによりあの村田、ほんとに無理。 人生経験豊富なハッピーやさしいおじいちゃんだと思ってたのにとんだサイコパス野郎だった。 女を性処理の道具としか思ってなさそうな腐れた性格と同じ人間をまるでお昼ご飯を準備をするかのようにルンルンと遺体を解体していく様、みてられなかった笑 社本は言いたいことが言えない性格が故に村田の助手として共犯者となるが最後の最後でやけくそになって村田を殺し村田の妻愛子までも手に入れ最後は全員裏切って自殺し娘に笑われながら死んでいく姿、もうお見事でした笑 あと社本が警察に通報したあと村田の妻愛子と村田の血で真っ赤に染まって風呂場で取っ組み合いになり最終的には2人とも血で滑りまくってローション相撲のようにグデグデになっていたシーンは爆笑してしまいました笑笑 ネタバレ! クリックして本文を読む この映画は途中で視聴をやめたのでレビューではない。 ただの悪口だ。 この映画の視聴をやめた場面は、最初に主演の嫁がレイプされるシーンだ。 顔面をジジイが叩き「もっとぶってください」という。 しかも関係性はあって2日目だ。 やめた理由はたったひとつ。 意味がわからないからだ。 ひとつ目の意味のわからなさはこれが現実を舞台にした作品なのに、レイプされて喜ぶ女を書くという神経のなさ。 勿論そう言った展開が悪いわけではない。 avなら結構好きなジャンルだ。 しかし、それはリアリティショーと赤字で堂々と演出した映画でやることではない。 そこでリアリティは消し炭になる。 もし仮にそれが実話であって、妻がど変態のM気質だとしよう。 だとしたら、そういった伏線を張るべきだ。 たとえ、その理由が後で提示されたとしても、現実で行われたとしてもそこにリアリティはない。 例えば俺が昨日ずっと、一日中ノーパンだったと言う。 でもそれは誰も信じてくれない。 なぜなら、俺が昨日パンツを全て洗濯してしまって、替えがなかったことを知らないからだ。 その伏線もなく「これが現実だ見ろや!」ってドヤ顔でやるのが面白いと思える方向けの映画だ。 いきなり登場人物がノーパンである方が、まだリアリティがある。 いきなりパイパンくらいならまだ視聴を止めてはいなかっただろう。 勿論、そんな映画を楽しめる人間ならば、俺が折り紙で作ったびっくり箱をプレゼントしても、喜んでマスをかきはじめるはずだ。 なので僕は視聴をやめた。 勿論ここから巻き返すことができる可能性は全然あると思う。 でも自分は、この作品が下らない作品であるという完璧に主観的な決めつけをしてこの映画を見ない。 あ、でんでんの演技は好きでした。 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

冷たい熱帯魚【美女二人の爆乳がやばい】映画ネタバレ感想

冷たい 熱帯魚

第一の被害者となったのは埼玉県行田市に住んでいた会社役員のA氏であった。 このA氏が犬を購入するため、アフリカケンネルを訪れる事から始まる。 そこで関根元と知り合ったA氏は徐々に関根元と仲を深めるようになる。 その当時兄の経営している会社が経営難に陥っていたA氏は、新たなビジネスを模索していた。 そんな時関根元がその巧みな話術で繁殖ビジネスを勧めてきて、儲かるからと安易な気持ちで手を出してしまう。 しかし、購入した犬の値段が1100万と高額だったが、実際には数十万であったほか、高齢で繁殖には向かない犬だったため、これは詐欺だと関根元を問い詰めた。 しかし、経営難に陥っているアフリカケンネルは金は返せない為、A氏殺害を決行した。 その犯行はまず、犬用の殺処分用に使用される硝酸ストリキリーネで毒殺してからバラバラにし、骨を焼いて灰にするという人道非道のやり口だった。 残った内臓や灰は川や山林にばら撒き処分した。 第二の事件で被害者となってしまうB氏は埼玉県江南町に住んでいた暴力団の組長代行B氏とB氏の運転手を務めていたC氏だった。 B氏は元々は関根元を慕い、頻繁にアフリカケンネルに足を運び、関根元が顧客とのトラブルの際に仲裁役を務めていた。 しかし、A氏が失踪したのち、A氏の家族が関根元に疑惑を抱き、B氏は関根元がA氏を殺害したのではないかと察知し、関根元に多額の金銭を要求し始める。 次第に要求額は膨らんでいき、ついには新犬舎の土地建物の登記済証を要求した。 これに怒りと憤りを感じた関根元は、第二の犯行を決行する計画を企む。 この時、B氏の運転手を務めていたC氏が常にB氏のそばを離れなかった為、一緒に殺害してしまおうと計画する。 計画決行の当日、関根元と風間博子は山崎永幸の運転する車でB氏の自宅に訪れる。 関根元と風間博子がB氏の自宅に訪問し、山崎永幸は車の仲で待機していた。 一緒にいたC氏とB氏に栄養剤と偽った硝酸ストリキニーネを服用させ、毒殺したのち、山崎永幸宅の風呂場でB氏とC氏をバラバラにして、肉片と骨を分け、骨はドラム缶で灰になるまで焼き、川や山林にばら撒き処分した。 この川は川場村の薄根川、片品村の塗川、片品川である。 第三の犯行の被害者となってしまうのは埼玉県行田市に住む主婦のD氏だった。 D氏の次男が関根元の経営するアフリカケンネルで働きだした事により関根元と出会う事になり、仲を徐々に深めるようになる。 当時アフリカケンネルは経営難に陥っていた事から関根元はD氏にアフリカケンネルの株主になってくれないかと要求を持ちかける。 関根元は出資金詐欺を働こうと画策していた。 しかしいずれはバレるだろうと、金銭を搾取した後にD氏の殺害を決意した。 1993年8月、関根元は埼玉県行田市内でD氏を車に乗せ、出資金の名目の金銭を受け取った後、ストリキニーネ入りカプセルを服用させ毒殺した。 その後に共犯者、山崎永幸と共に、死体解体と死体遺棄を手伝わせた。 解体方法はA、B、C氏同樣で、バラバラにし、その後骨をドラム缶で焼き、灰にし、片品村の塗川に遺棄した。

次の

冷たい熱帯魚の感想

冷たい 熱帯魚

信じられないような事件だけれど、金目当ての犯行であることや身内や知り合いを巻き込んでの計画性の高い手口は最近の凶悪事件とも類似点が多く、日本特有の犯罪という印象も受けますね。 ストーリーは、熱帯魚店を営む社本の娘がスーパーで万引きしたことから本題に入っていきます。 謝りにスーパーにかけつけた社本は、そこで偶然同じく熱帯魚店を営む村田と知り合い、村田が店長をなだめたことで万引きの件はなかったことになります。 村田に借りができた社本は、それからというもの村田に頭が上がらなくなり、娘を村田の店で働かせることになっても断ることができず、あっという間に村田と術中にはまっていきます。 ある日、投資の話があると言われて社本が村田の事務所に行くと、そこにいた気の弱そうな男を村田が殺害し、社本は死体の処理を無理やり手伝わされるようになる、というのが話の流れです。 特に注目したいのは、村田が社本に貸しを作って、どんどん自分の手下にしていく洗脳の手口です。 まずは万引きをちゃらにしてやり、次に娘の面倒を見てやり、妻を寝取って完全に自分の味方につけてから、社本を暴力と脅迫で容赦なく支配していく過程が恐ろしくリアルでした。 俳優たちの演技も素晴らしかったです。 特に極悪人の村田を演じたでんでんは最高でした。 普段はニコニコしているものの相手が気が弱いと見るや手の平を返し、口調を荒げて洗脳を図る迫真の演技はお見事です。 本当にあんな奴いそうで怖いです。 全体的に暴力とセックスのシーンのバランスがとても良く、人間のドロドロした欲望と深層心理を感じさせるシーンの連続でしたね。 キスシーンは基本ディープキスだし、邦画では珍しいぐらい下品さを強調していました。 それにしても園子音監督の嫁である神楽坂恵はすごい体してますね。 なんで熱帯魚店の奥さんがあんなにおっぱいを強調した洋服を着ているのかは分からないんですが、とにかくエロい。 村田の妻である愛子を演じた黒沢あすかも色気ムンムンです。 ほかにもショップ店員たちも全員そうですが、園子音監督はわざとエロい女優ばかりを選んでキャスティングしたんでしょうか。 自分で女優に手を出すためなのか、それとも作品に色気をだしたかったのか、いずれにしてもエロくてよかったです。 ただ、上映時間はダラダラと長く、描写はかなりしつこかったです。 それはこの映画に限ったことではなく、園子音映画の多くがそうですよね。 あのしつこさが売りなんでしょうが、あそこでかなりダレます。 もっとコンパクトにまとめたらいいんですけど。 それにしてももう何年もまともな映画を作っていないことを考えると、おそらく園子音監督はこの作品を超えるものは今後も作れないんじゃないかなぁと思いますね。 作って欲しいけどなぁ。 冷たい熱帯魚は以下のサービスの無料体験で視聴できます。 >> >> >>.

次の