小泉孝太郎 エロ。 小泉孝太郎主演『病院の治しかた』放送開始!一線画す医療ドラマに自信

芦名星 恋人・小泉孝太郎が「だ〜い好き」初脱ぎ映画

小泉孝太郎 エロ

医療ドラマの多い印象がある今クール。 そんな中、1月20日(月)からテレビ東京でも新たに主演の医療ドラマ『』が放送開始する。 本作は、世界選手権や平昌冬季オリンピックで金メダルを獲得したスピードスケート選手・が今も所属する相澤病院が、かつて多額の借金を抱え倒産危機から奇跡の復活を遂げた"実話"をベースにした物語だ。 今期放送されているとある医療ドラマで、"病人"という文字を引用して「医者は"病"を見て、看護師は"人"を見る」というようなセリフがあった。 医療ドラマといえば、緊迫感溢れる手術シーンなどが見どころとして浮かぶが、本作ではそういうシーンは殆どないという。 本作で見ているのは"病院"そのもの。 地方ならではの「しがらみ」や「既得権益」をバッサバッサと切ってゆく院長の揺るぎない姿勢を描く、病院経営という目線を加えた今までにない異色の"医療ドラマ"なのだ。 先日行われた会見では、プロデューサーが「一昨年5月に放送された『カンブリア宮殿』(テレビ東京)で相澤病院の特集がありまして、別のプロデューサーから『この話がとっても面白いんだ』ということを言われて。 平昌五輪で小平選手が所属していたということで話題になった病院なんですけど、その裏に隠されたすごいすごい話というところで本当に面白いなと思いました。 ドラマBiz枠で医療ものを何とかできないかなと思っていたので飛びつかせていただきました」と本作を作ることになったきっかけを明かしていた。 また、「調べてみたら全国の約4割が赤字で経営に苦しんでいて、地方ではその町から病院がどんどん消えているという実態があって、その中で相澤病院ではいろんな工夫をしながら再生をしていったんですけど、そんな実話の中にいろんな教えがあります」と語り、「『新しいことを始めるにはまず難しいことから始めた方が良い』とか『何かをやれば反対意見が必ず2割は出てくるけども、賛成が2割あれば絶対実現できる』だったり。 病院に限らず、僕らが働いたり生きていく上での教えが実話のストーリーの中に詰まっていて、そういうところも含めて注目して観ていただけたら」と見どころを熱弁する。 そんな異色のドラマで主演を務める小泉が演じるのは、東京の大学病院での輝かしいキャリアを捨てて実家の病院再建のために奮闘し、時には「暴走特急」と呼ばれるほどの熱いキャラクターである主人公・有原修平。 実在する人物を演じるということで小泉は「モデルとなった病院と実在の院長先生いらっしゃるので、そこを一番気を付けました。 役作りはこういう風にしようじゃなくて、病院経営の改革に立ち向かっていった相澤孝夫さんという方がいらっしゃるのでなるべくナチュラルに。 "役作り"ということを意識せずに挑戦しました」と語っていた。 実話のドラマ化、ということで物語のリアルさがやはり見どころだ。 そのリアルさは、修平とタッグを組んで病院改革を進める信甲斐銀行の融資部次長・倉嶋亮介役のの医者である妻のお墨付きのようで、高嶋は「今まさに病院が対峙してる問題を扱っていると言って驚いてました。 『すごい! いい話よ』って。 それを聞いてやはり大変だけどチャレンジするしかないかなと思いました」と意気込んでいる。 そんな他の医療ドラマとは一線を画す題材を扱っている本作。 小泉も「いろんな医療ドラマありますけど、『病院の治しかた』は異色の医療ドラマとして皆さまに『あ、こういう病院が実際にあったんだ!』『こういう院長先生、スタッフの方がいたんだ』と、新鮮な気持ちで見ていただけるのではないかと。 それは、もし今クール全ての連続ドラマが医療ドラマだったとしても自信があります! 本作にしかない魅力があると思っています」と自信を見せている。 地上波放送後には動画配信サービス『Paravi(パラビ)』でも配信される。

次の

『ハケンの品格』篠原涼子の“爆乳化”に驚きの声「こんなデカかった?」

小泉孝太郎 エロ

が主演を務める、7月クールの新ドラマ『』(テレビ東京系列にて7月21日スタート、毎週金曜20:00~)の追加キャストが発表された。 本作は、同局の「金曜8時のドラマ」枠にて2016年1月クールに放送された『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』の続編。 そして今回、新たに、、、のレギュラー出演が決定。 冬彦ら「ゼロ係」が存在する杉並中央署の副署長に着任することとなった元公安の参事官で、謎多きキャリア警視正・氷川小百合役を若村。 オリンピック誘致に尽力し、ある事件がきっかけで小百合と懇意にする元総理大臣・沢村和男役を小林。 冬彦の同期で、長年のライバルでもある警視庁捜査一課の警視・伊達春馬役を駿河。 そして、「ゼロ係」に左遷されて来たワケありサイバー捜査官・太田文平役を戸塚が演じる。 それぞれから寄せられたコメントは、以下の通り。 <沢村和男役 小林稔侍> 警視庁ゼロ係に元総理大臣、沢村 小林稔侍 はどのような存在になるのか。。。 関係者の皆様の御協力、よろしくお願いします。 <氷川小百合役 若村麻由美> 警視庁公安部・参事官でありながら所轄副署長のポストに異動願いを出した氷川小百合は冬彦に近づく謎多き女です。 ゼロ係のバラエティー豊かな味わいの面々にブラックペッパーのような副署長としてスパイスを効かせたいと思います。 <伊達春馬役 駿河太郎> クセが強いゼロ係のメンバーとは一転、頭脳明晰クールな一課の警部・伊達春馬を演じます。 その振る舞いとは裏腹に、内に秘めた冬彦に対するライバル心とコンプレックスを人間臭く演じられたらと思います。 <太田文平役 戸塚純貴> 「ゼロ係」に新メンバーとして参加させていただけることをとても嬉く楽しみに思っております! 前作で作り上げられたものに諸先輩方のお力をお借りして、今の自分の最大限の表現で前作を超える新しい風、吹かせてイキますのでよろしくお願い致します。 さらにこの度、新シリーズの放送を記念して、シリーズ1作目となる『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』が一挙無料配信されることも決定。 「ネットもテレ東」や「TVer」などのサイトにて、7月21日(金)までの期間限定で見ることができる。

次の

小泉孝太郎主演『病院の治しかた』放送開始!一線画す医療ドラマに自信

小泉孝太郎 エロ

閉じる 「だ〜い好き!」 出演中のハズキルーペのCMよろしく、ラブラブな様子が伝わってきたのは、先日、熱愛が発覚した人気俳優の小泉孝太郎 40 と女優・芦名星 35 である。 「西麻布のバーや有名鳥料理店などでの目撃多数。 ゴールデンウイークの10連休の最終日には、小泉のマンション近くを2人で愛犬の散歩をしているシーンをバッチリ捉えられています。 ひと時も離れたくないという2人の気持ちがよく分かります」 芸能記者 この親密度、また、2人の年齢的にも、間もなく結婚の運びとなるのではといわれている。 美男美女のお似合いカップルに、芸能界も祝福ムードとなっています」 同 このままいくと、芦名は元総理の息子の嫁であり、同時に、将来の総理候補と期待される弟・進次郎の兄嫁ということになる。 「正式に結婚が発表されると、芦名にも大変な注目が集まることになりそうです」 ワイドショー関係者 2002年、芦名はモデルとしてデビューし、すぐにドラマ『しあわせのシッポ』 TBS系 で女優デビュー。 2003年には『Stand Up!! 』 同 で連ドラレギュラー。 一躍、注目が集まったのは、2007年の日本・カナダ・イタリア合作映画『シルク』の日本人ヒロインに抜擢された時のことだ。 「クールでミステリアスな美貌で、800人もの中からオーディションを勝ち抜いて大役をゲットし、この映画で芦名はヌードを披露。 雪の露天風呂で入浴するシーンで、推定Bカップながら、先端はツンと尖っていました。 日本の美しさを見る者に一瞬で120%印象付けなくてはいけないシーンということで、芦名の美ヌードなしではありえなかったと、外国人監督も当時は絶賛していた」 映画関係者 モテ男・小泉が陥落するのも無理はなかったのだ。 そんな彼女、最近は連ドラの脇をクールにしめる名バイプレーヤーとして、制作陣に重宝されている。 「素顔は、宮下あきらの人気コミック『魁!! 男塾』や、ジャッキー・チェンの作品が大好きだという、さばけたタイプ。

次の