リゼロ スロット。 リゼロ 設定差まとめ|解析 設定判別 設定示唆 モード 有利区間引き継ぎ 設定6の挙動 終了画面

リゼロ スロット

リゼロ スロット

8 97. 6 99. 4 101. 5 103. 8 108. 8 113. 現行機種最速スピードとなる純増約8. ATはゲーム数管理で、消化中は様々な契機でゲーム数上乗せに期待できる。 また、毎ゲーム上乗せする「おねだりアタック」や上乗せゲーム数が2or3倍になる「鬼がかったやり方」など複数の上乗せ特化ゾーンも搭載されているぞ。 エピソード系連続演出はエピソード前兆の最終的な帯の色によって期待度が変化する。 赤帯まで変化すればエピソード不問で 本前兆確定だ。 TOTALの勝利期待度 エピソード系 VSエルザ 7. また、内部的にATが確定している状況 撃破アイコン3個所持や3戦目に強チェリーなど でBARor7が揃えば、ゲーム数上乗せとなるぞ。 なお、BAR・7揃い確率は状況によって変化し、敗北予定時はBAR・7揃いしやすくなっている。 BAR・7揃い期待度 白鯨攻略戦中 状況 発生率 期待度 敗北予定時 中 高 AT確定時 低 中 BAR・7揃い時の恩恵 白鯨攻略戦中 項目 恩恵 敗北予定時 BAR揃い 当該バトルの 白鯨撃破 7揃い 全撃破確定 AT確定時 BAR揃い 10G以上の 上乗せ確定 7揃い 20G以上の 上乗せ確定 下記の会話はいずれも当該バトルの白鯨勝利確定となる。 白鯨撃破確定パターン 1 戦 目 スバル「これが…消滅の霧…」 レム「スバルくん、レムに命を預けて下さい」 レム「スバルくん、何かいい手はありませんか」 スバル「大丈夫だレム、全部丸ごと俺が どうにかしてきてやる」 2 戦 目 スバル「なんてデカさだ」 レム「大丈夫です! レムが付いています! 」 レム「この高さでは…攻撃が届かないっ…」 スバル「このくらいの絶望で、 俺が止まると思うなよ!! 」 3 戦 目 スバル「レム! わりぃが一番危ない所に 付き合ってくれ」 レム「はい! レムはスバルくんを 丸ごと信じています! レムの場合も、通常B以上となるため白鯨攻略戦orAT当選まで続行しよう。 また、白鯨攻略戦・AT終了後のステージがコンビニステージ以外なら、実戦上浅いゲーム数での初当たりが選択されやすかったため、こちらの場合も白鯨攻略戦orAT当選まで打ち続けよう。 その他の狙い目としては、200G台でのゾーンが強めなため、200G付近の空台があれば狙ってみるのもアリだろう。 状況別のやめどきやハマリ台狙いなどの詳細は以下に記載しているぞ。

次の

リゼロ 天井解析|恩恵 ゾーン 狙い目 有利区間引き継ぎ 期待値 朝一リセット判別 やめどき

リゼロ スロット

6 — 99. 4 — 101. 5 — 103. 8 — 108. 8 — 113. 状況によっては、勿体無い場合があるので考慮したうえで止めるかどうか決断する必要があります。 出現カード ひざまくら・温泉ステージ終了後はプッシュボタンを押下。 出現するカードのレアリティで滞在モードを示唆しています。 高レアリティほど高モードに期待ができる。 04% 2. 70% 3. 24% 27. 03% 32. 08% 2. 70% 3. 20% 5. 41% 9. 20% 5. 41% 6. 12% 2. 16% — 6. 08% 13. 51% 9. 08% 2. 70% 9. 78% 32. 43% 19. 76% 4. 76% 6. 10% 47. 62% 48. 52% 11. 90% 11. 52% 9. 52% 9. 76% 2. 38% 4. 76% 2. 52% — 9. 76% 9. 52% 2. 52% 2. 38% 2. 52% 7. 14% 2. 00% 50. 14% 100% 14. 51% 81. 08% 13. 51% 91. 42 打ち方&小役停止形 リール配列 通常時の打ち方 順押し手順 左リール上段付近に青7狙い 下段青7停止時 対応役: ハズレ・リプレイ・ベル・チャンス目 中・右リール適当打ち 中段「リプ・リプ・スイカ」停止時はチャンス目 下段チェリー停止時 対応役: 弱or強チェリー 中・右リール適当打ち 右リール中段スイカ停止時は弱チェリー 3連チェリーで強チェリー 上段スイカ停止時 対応役: スイカ・チャンス目 中リールスイカ狙い、右リール適当打ち 右下がりスイカでスイカ スイカハズレでチャンス目 通常時の中押し手順 中リール上段に青7狙い 上段青7停止時 対応役: 弱or強チェリー・スイカ・チャンス目 右リール適当打ち、左リールにチェリー狙い 右リール中段にスイカ停止時は弱チェリー 右リール中段にスイカ以外は強チェリー スイカハズレでチャンス目 下段青7停止時 対応役: 押し順ベル・ベルこぼし・共通ベル・ハズレ 右・左リール適当打ち 右上がりベルで押し順ベル 右下がりベルで共通ベル 中段リプレイ停止時 対応役: ハズレ・リプレイ 左・右リール適当打ち AT中の打ち方 ナビ発生時は従い、それ以外は通常時と同様に小役狙い ナビ発生時の第一停止は青7or白7の目押しが必要 設定判別・推測要素 白鯨攻略戦確率 白鯨攻略戦確率に設定差が存在。 高設定ほど確率が優遇されています。 獲得枚数 設定1 設定2 設定4 設定5 設定6 2,400枚 12. 5% 17. 6% 5. 3% 35. 3% 26. 3% 28. 0% 8. 2% 35. 3% 42. 1% 32. 0% 44. 8% 26. 3% 40. 0% 46. 256G以降の白鯨orAT後に有利区間が継続すれば設定5以上の期待度アップ! 有利区間終了を意味するコンビニステージ移行の有無をチェックしましょう。

次の

【リゼロ| スロット】Re:ゼロから始める異世界生活 天井・設定判別・モード・フリーズ・BGM(曲)・スペック

リゼロ スロット

リゼロは作業ゲー感が強いのがつまらない 29歳男性、スロット歴は11年です。 スロットリゼロのつまらない点として、まず挙げられるのが 通常時の自力感の無さです。 小役で当てることがほぼ無理であり、天井到達率を考えると ただの作業に感じることが多いです。 「通常時がつまらないからこそ、ラッシュが面白く感じる」という意見もあるかもしれません。 しかし、実際には出玉速度などを考えても、リゼロは通常時の遊戯時間がほとんどであり、 単調なゲーム数管理は面白くない点の一つです。 また、実際にリゼロ打ってみたら分かりますが、肝心のラッシュも最初でゲーム数を決めた後は ほぼ作業と化し面白くないです。 リゼロの出玉速度は確かにやみつきにはなりますが、上乗せの機会も少なく毎ゲーム ただのナビに従っているだけの作業と思ったのが、素直な私の打った感想です。 リゼロは、画期的なシステムに出玉速度、有名なコンテンツを合わせたすごい台です。 しかし、もし続編が出るのなら通常時、ラッシュともにスロットして小役でのラッシュ当選、ゲーム数以外でのルート、せっかくの色押しを有効に活用すること。 そして、作業感よりも自力で当ててやったという感覚を持てるようにできれば、飽きないスロットして長年君臨できるのではないかと考えてます。 リゼロの第2弾に期待です。 世界的に人気のリゼロだけど、長持ちするとは思えないんだよなぁ…純増8枚が新鮮な5号機世代と純増が懐かしい4号機世代が一周打って、増台された頃に鏡と同じ運命に…。 鏡も初期評価は高かったし 通常時が破滅的につまらないのに、ラッシュが一瞬で終わるとか…まあ、3戦3敗なのでそう思うのかも。 — ポロリ porori0408 リゼロは面白いので 原作を見るようにもなった 40代 スロット歴20年 最新のスロット6号機機種の大注目機種である、大都技研の「Re:ゼロから始まる異世界生活 通称リゼロ 」を実際に打ってみました。 本機は、ATと擬似ボーナスをメインとして出玉を増やすタイプです。 大都技研初の版権モノであり、リゼロというアニメ自体様々な層のファンが多いアニメです。 版権モノに抵抗があり打つ前から面白くない、つまらないと思う人もいるかもしれませんが 、 リゼロは全くそんなことはありません。 通常時は、主にアニメのストーリーを踏襲した演出がとても多いです。 アニメを見たことがある人は「あー、このシーンか!」と様々な場面で思うでしょう。 もちろん、リゼロのアニメ原作を知らない人でも、実際に打つ事によって多少ストーリーが分かって来るので、 つまらない、面白くないということはないでしょう。 アニメにも出て来る白鯨を討伐することにより、ATを獲得できるといったような演出があります。 それを3回繰り返すので、大当たり補助演出を除いた数値はおよそ12. 通常時に小役などを引いて、いかにポイントを貯め討伐補助アイテムを獲得できるかがポイントです。 AT及びボーナス中は、純増8枚という高純増スロットにつき とても爽快感があります。 驚くほどの短時間で1000枚獲得できます。 リゼロは6号機ということもあり、一撃で獲得できる最大枚数は2400枚ですが、それを積み重ねることによって大量獲得も現実にあります。 個人的なリゼロを打った感想としては、 とても面白いと思うし影響で原作アニメを見るようになりました。 スロット歴は約10年です。 最近、よくスロットのリゼロを打っています。 初めてリゼロを打ってみた時は、ゼロからっしゅ直撃だった(ルーレット)ので白鯨の辛さを知りませんでした。 最近のリゼロを打った感想では、 白鯨辛すぎる。 リカード、クルシュ来ても最後でレムで外すので、なかなか入らず 投資ばかりかさみます。 なので、 リゼロは正直つまらないです。 サンドにお金を入れることが多くなり、元が取り返せなくなってしまう。 やはり、規制のせいで強制終了があるので、捲(まく)れることが期待できなくなってしまうので つまらないですね。 リゼロの出玉スピード自体は満足ですが、入ったとしても強制終了のせいでせっかくイケイケ感が止まってしまう。 また、通常時の子役での解除がないので、 ドキドキ感がないので面白くない。 リゼロは、最終的に天井まで行くのが多いし白鯨でやられてしまう。 せめて天井をもう少し100ゲーム短縮して、「白鯨を一体撃破で確定」とかにしておけば面白くなったと思う。 また、最近のスロットでよくある ポイントシステムが辛い。 ゼロから始める異世界体操に入るのがとても辛く、入ってもポイントが1000までなので何回か入れないといけない。 また、キャラクターでのポイント期待があるが、ほとんど最近はエミリアなのでポイントがなかなかたまらず面白くない。 せめて、通常時からも抽選で膝枕に行くとか、温泉に行くとかにしたほうがいいと思います。 全体的に仕方ないと思いますが、もう少し軽くしてみてはどうだったのかなと思います。 例えば純増を7枚にしてみて、天井100ゲーム短縮して、500ゲームで白鯨一体撃破確定、としてみてどうかなと、最近は特に思っています。 一番リゼロが面白くないと思う部分は、通常時の演出です。 スロットにおいて、通常時というのは暇なものです。 リゼロの通常時は、 特に暇でつまらないです。 小役はちょくちょく出ますが、それが大当たりに直結していない為、小役を拾う意味があまり感じられません。 演出自体もスロットとしては二流の演出で、 退屈な時間が長くつまらないと思いました。 できればもう少し凝った演出と、子役にメリットを持たせる仕様であればいいと思います。 二つ目に面白くないと思う所は、白鯨討伐戦です。 討伐が完了するとATに突入するわけですが、3連戦というのはきつすぎます。 毎回3連戦あると思うと、 楽しみというより逆にストレスに感じてしまうのではないでしょうか。 少なくとも、私の場合は面白いとは思えませんでした。 3つ目は、AT中の演出です。 メダルは純増8枚なのでザクザクと増えていきますが、大当たり中の演出は 非常に退屈でつまらないものです。 もう少し演出が凝っていればAT中もノリノリで打てるんですが、いかんせん 退屈な演出が続くだけなので面白みに欠けます。 以上の事から、リゼロは悪い台ではないですが、つまらない部分もいくつかあるという事が言えると思います。 スポンサーリンク レア役解除があれば リゼロはもっと面白かった 男、20代、歴は4年です。 スロットのリゼロが出てから、ホールで何回も打ってみたんですが 正直つまらないです。 なぜ、つまらないと感じたかというと、当たると純増8枚という破格なスピードで出玉は増えて面白いのですが、 当たるまでが長いということです。 ゲーム数解除というところに、魅力を感じませんでした。 せっかく当てて出玉が増えても、その出玉のほとんどがなくなり討伐戦に行くあたりが面白くないです。 面白いスロットと言えば、だいたいがレア役で解除してチャンスゾーン行って~のパターンだと思います。 でも、リゼロの場合はそれがないから面白くない。 だから個人的なリゼロの感想としては、ゲーム数解除もありながらも、レア役でも討伐戦に当選したりっていうのがあれば、もう少し面白かったんじゃないかなって思います。 スロットの醍醐味は、レア役引いてからのドキドキした展開だと思うので、それが継続率アップ等に使われるのは 何か寂しい気がします。 そして、リゼロは早いゲーム数で当たることがほとんどないと考えると、 投資金額がかさむことがあらかじめ予想できるので打ちたいと思わないです。 リゼロの演出や音楽は好きで面白いとは思いますが、ゲーム性をもう少し納得できるものであれば、もっと打っていたと思います。 その理由としては、純増枚数が大きい点です。 今までは純増が3枚でしたが、規制が変わり純増枚数を増やす事ができたのも有ると思います。 なんだかんだいっても打ち手側は出玉率が一番大事で、有利区間完走にあまり時間が掛からなく、 ストレスも感じにくいと思います。 一撃で有利区間を完走できる爆発力がある事や、大都技研が作った事もあり、ゲーム性の内容が今までの6号機スロットと比較して 良くできてる点が上げられます。 大都技研は、押忍鏡も面白かったですからね。 リゼロの次作に求める改善点としては、 通常時があまり面白くない点、ARTに特化している点。 そして初当たりが重いため、チャレンジゾーンに入るまでの通常時のつまらない時間が長い点。 これらの点を改善すれば、リゼロはもっと良くなると思います。 つまらない点を解消するためには、番長の様にモードを設けてゾーン毎にチャレンジゾーンに入る仕組みにすると、スロットの打ち手もマンネリ感がなくなります。 6号機は有利区間の問題点もあると思いますが、次回リゼロを出す際には、「完走した場合は、次回天国モードからになる」とか、初当たりがすぐ訪れるゲーム性にしても良いかも知れません。 スロットでまぁまぁ大事な通常時がつまらないのは、リゼロにとって致命的かと思いますが。 白鯨攻略戦からの高純増ATの流れは、 どの台よりもよくできていると思います。 普段、スロットを打たないリゼロが好きなユーザーには、通常時がかなりつまらないと感じて、二度と打つことはないと思ってしまうかもしれません。 しかし、パチスロヘヴィユーザーには、この面白くない通常時を耐えた後の ご褒美感が病みつきになってしまうのでしょう。 そこにリゼロの人気の理由があると思いました。 6号機時代も、まだ始まったばかりです。 このゲームシステムを考えて、スロットの検定を通した大都技研さんは素晴らしいと思います。 これから6号機を開発されるメーカーさんも、このシステムを流用してあらたな素晴らしいスロットを作って欲しいです。 おそらくパチスロの規制に関しても、厳しくなったり緩くなったりを繰り返すので、今後はこれまで以上に面白い機種が増えるのではと期待しています。 最近の解析で「白鯨攻略戦はデキレなのでは?」等のうわさが広まっていますが、それよりも高設定を打てたら大体どの機種も楽しいです。 結果として、リゼロは「通常時がつまらない」という感想が多かったですね。 でもATがATなだけに、これは仕方のない部分もあると思います。 ともかく、現在の6号機の主役はリゼロであることには間違えさなそうですね。

次の