へきれき 意味。 「青天の霹靂」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

晴天の霹靂って英語でなんて言うの?

へきれき 意味

気になる項目をクリック• 1.「青天の霹靂」の意味 「青天の霹靂」は 『せいてん の へきれき』と読みます。 「青天」は何となく分かるとしても、「霹靂」はなかなか普段目にする言葉ではないですよね。 まずは、「青天の霹靂」の正しい意味や成り立ちについて見ていきましょう。 1-1.意味は『突然の変動・大事件』 「青天」は『青く晴れ渡った空』を、「霹靂」は『急に雷が激しくなること』を意味します。 つまり、雲一つない晴れ渡った青空に突然雷が鳴り出すということが、 『予期しない突然の出来事・事件』の比喩となっているのです。 簡単に言えば、「青天の霹靂」とは『突然に起こるびっくりするようなこと』を意味する言葉なのです。• 1-2.「青天の霹靂」の 由来は中国の詩人 「青天の霹靂」の由来は、中国南宋の有名な詩人「陸游(りくゆう)」の『九月四日鶏未鳴起作(九月四日鶏未だ鳴かず起きて作る)』という詩であると言われています。 この詩の中の 「青天に霹靂を飛ばす」という一節が語源となっています。 この詩を書いているとき、陸游は病床に臥せっていました。 その陸游が突然起き出し、筆を走らせたそうです。 その筆の勢いを雷に例えた表現が 「青天の霹靂」なのです。 1-3.【NG】『晴天の霹靂』としないよう注意! 「青天」の『青く晴れ渡った空』という意味から、「 晴天の霹靂」と思っている人も少なくないようです。 しかし 、「晴天の霹靂」とするのは間違いです。 語源である陸游の詩に倣えば「青天」が正しい漢字。 意味としては通じるかもしれませんが、文字にする際は間違えないように注意しましょう。•

次の

「へきれきいっせん」とは?意味や漢字の書き方も整理

へきれき 意味

「青天の霹靂」の意味と由来は? まず「青天の霹靂」の意味と由来からみていきましょう。 意味は「予想外の事件が起きること」 「青天の霹靂」の意味は「予想外の事件が起こること」「予測もしなかったような変化が起こること」です。 「青天の霹靂」の「青天」は「晴れ渡った青空」「空が澄みきっている状態のこと」で、「霹靂」は「突如として雷が激しく鳴り響くこと」を指しています。 「青天の霹靂」とは言葉通り、「青天からは予測できないような、突然の雷に見舞われること」つまり「突然受けた衝撃」のたとえなのです。 由来は「陸游の詩」から 「青天の霹靂」は詩人「陸游」が書き下ろした詩の一部「四日夜鶏未鳴起作」の「青天に霹靂を飛ばす」に由来していると言われています。 陸游は中国・南宋を代表する有名な詩人で、文学史上では巨匠とも呼ばれた人物です。 生涯に綴った詩は9200首を超えると言われ、政治家としても活躍をしていた著名な活動家でした。 もちろん「青天の霹靂」は故事成語にもなっています。 「晴天の霹靂」は間違い 「青天の霹靂」で最も多い思い違いは漢字の書き方です。 青天の意味するところが「晴れ渡る空」つまり「晴天」であるため、「晴天の霹靂」と誤用してしまうことがあります。 意味としては通じるものの、陸游の歌った詩に沿えば「青天」が正しい漢字となります。 文章で綴るときは、この点だけ気を付けましょう。 「青天の霹靂」の類語と対義語は? 続いて「青天の霹靂」の類語と対義語について紹介します。 類語は「寝耳に水」「藪から棒」 「青天の霹靂」の類語は「寝耳に水」「藪から棒」「窓から槍」「足元から煙が出る」などです。 どれも「予想しないことが突然起こること」をたとえたことわざとなります。 部長が海外転勤になるとは、まさに「寝耳に水」のような話である。 同僚が「藪から棒に」関係のない話題を持ち出してきた。 「足元から煙が出る」ような話なら、今は聞きたくないよ。 対義語は「予定調和」 「青天の霹靂」の対義語にあたると考えられるのは「予想外に突然起こること」の反対の意味になる「予定調和」です。 「予定調和」は「予想する流れに従ってものごとが進み、結果についても予想通りである様子」を意味しています。 今回のイベントは企画から進行、終わりに至るまで全て「予定調和」であった。 予定調和に事が動けば、トラブルシューティングをする必要もなかっただろう。 「青天の霹靂」の使い方と5つの例文 続いて「青天の霹靂」の正しい使い方と気を付ける点を挙げながら、わかりやすい基本例文を挙げてみましょう。 ささいなニュアンスの違いに注意 「青天の霹靂」は日常におけるちょっとした変化から、ビジネスシーンにおけるシリアスな出来事まで、幅広い状況で意味を成して使われる言葉です。 しかし、ものごとの内容において見てみると、一般的に突然とは言えない事項に関しては、違ったニュアンスが生まれてしまうこともあります。 たとえば、「予想もしていなかったケーキを戸棚で見つけた。 青天の霹靂だ」とするのは、やや間違った使い方だと言えます。 むしろ、この場合は苦労をせずに幸運に巡り合えたという意味の「棚から牡丹餅」の方が適語だと考えられるでしょう。 「青天の霹靂」の基本例文5つ• 本社勤務が長かった同僚が、支店への転勤を命じられた。 まさに「青天の霹靂」である。 別れた彼女と5年ぶりにばったり会ってしまった。 これは「青天の霹靂」以外の何物でもない。 「青天の霹靂」とも言うべきなのは、社長に正社員としての雇用を持ち掛けられたことだ。 「青天の霹靂」とは、取引先から願ってもない大口契約をもらうことだ。 突然発表された会社の合併は、社員にとって間違いなく「青天の霹靂」であった。 「青天の霹靂」は英語表現できる? 日本独特の表現である「青天の霹靂」ですが、英語で表現するとどのようなフレーズになるのでしょうか? 英語では「out of the blue」で表現 英語で「青天の霹靂」を表現するときは「out of the blue」が一般的です。 「out of the blue」は主に口語で頻繁に用いられる表現となりますが「突然起こる」「ビックリした」「予想もしていない」というニュアンスで日常的に使われています。 「out of the air」も同様の意味です。 また、フランクな表現では「bombshell」でもよいでしょう。 ビジネスでは「全く突然に」を意味する「all of sudden」が適切です。 「青天の霹靂」の英語例文 応用できる英作文もみてみましょう。 She came out of the blue. 彼女が現れたのは、青天の霹靂だ。 My boss told me that I am going to be transferred to the branch in Paris. What a bombshell. ボスからパリ支店への転勤を言い渡された。 何と言う「青天の霹靂」であろうか。 まとめ 「青天の霹靂」は「予想外の事件や変化が突如として起こること」を意味する故事成語です。 日常生活でも職場でも使われる表現であり、おおむね「突然の出来事でショックを受ける、ビックリする」という状況の時に使われます。 類語には「寝耳に水」「藪から棒」などがあり、状況によって上手に使い分けをするのもよいでしょう。 さながら、職場では良い意味での「青天の霹靂」が起こってほしいものです。

次の

「へきれきいっせん」とは?意味や漢字の書き方も整理

へきれき 意味

a bolt from the blue 青天から稲妻 というこれがオリジナルのようです。 日本語の青天の霹靂は中国の古典から来ていますが、英語のa bolt from the blueは19世紀のカーライルの著作が初出とされています。 19世紀だと中国起源であっても不思議はないですが、突然現れると言う意味のout of air nothing) がラテン語起源であるので、どこかで混ざって生まれた表現なのかも知れません。 a thunderbolt out of the blue こちらがout of を使った表現。 out of the blue, out of thin air は突然に、唐突にと言う意味で口語としてもよく使います。 ご質問ありがとうございます。 bombshell は「突然の衝撃的な知らせ」という意味です。 「青天の霹靂」や「寝耳に水」に近いと思います。 {例} I'm shocked, it's a bombshell ショックです。 晴天の霹靂ですよ。 [出典:End of an era as Man Utd boss Ferguson to retire Reuters ] It was a bombshell. No one saw it coming. 晴天の霹靂でした。 誰も予想していませんでした。 [出典:Reba McEntire's ex-husband already has a new woman Page Six ] ----- よかったら参考にしてください。 ありがとうございました。

次の