南座 四谷 怪談。 四谷怪談

東海道四谷怪談あらすじ

南座 四谷 怪談

歌舞伎俳優のとが29日、東京・陽雲寺で南座新開場記念の九月花形歌舞伎『東海道四谷怪談』の舞台安全成功祈願を行った。 四谷怪談の関西での上演は26年ぶりとなり、七之助は「歌舞伎ではよく上演していると思われがちなんですが、関西では26年ぶりということで驚きました。 責任重大だと思います」と集中して芝居に打ち込むと意気込んだ。 七之助は「こんなにすばらしい作品なので、なんで26年も関西で上演していなかったのがすごく疑問なんですよね」といい「見たことないお客さまがたくさんいらっしゃると思いますし、関西のプロの記者の方も見たことがないと言ってました。 祖父と父がやってきた四谷怪談を26年ぶりに関西の方に見ていただくのに、面白くなかったと思わせてはダメですからね。 そういうプレッシャーはありますね」と関西のファンに良い芝居を届ける決意を語った。 同寺での祈願は5、6回目と話す七之助は「お芝居だけでなく、こういった成功祈願もずっと受け継がれているのですごいことだと思う」とし、壱太郎は「こんなに大々的に成功祈願をすることはあまりない。 その重みと縁がつながっていることに感動しております。 これを大事に集中して『9月の四谷怪談良かったね!』とずっと言ってもらえるようなお芝居がかかったらと思います」と話した。 ただ、つながりが先祖だったり、ここにお参りに来た名優の想いは信用しております」と笑って答えていた。 同作は忠臣蔵の世界を背景に、時代に翻ろうされる市井の人々の暮らし、人間の業を描いた四世鶴屋南北の代表作。 公演は9月2日から26日まで。

次の

南座新開場記念九月花形歌舞伎〜東海道四谷怪談〜

南座 四谷 怪談

歌舞伎役者の中村七之助(36)壱太郎(23)が29日、東京・新宿区の陽運寺で、京都・南座新会場記念公演「東海道四谷怪談」の成功祈願に出席した。 同作は日本一有名な怪談で、中村屋が得意としてきたが、関西で公演されるのは実に26年ぶり。 七之助は「なぜかからなかったのか疑問です」と話した。 今回お岩ほか3役を演じるが、お岩は初めて演じる。 「全せりふを覚えていると言っても過言ではないほどですが、難しい。 見るのとやるのは大違いです」と語った。 過去に1度、お岩を演じた坂東玉三郎に稽古を付けてもらったことを明かした。 「父(勘三郎さん)がいないので教われないのは残念ですが、玉三郎さんがアドバイスをくれるし、直接稽古をしてくれましたは、父が言っていたのと全く一緒でした」。 関西では26年ぶりだが、「かからなかったのはおもしろくないからとは思われたくないので、プレッシャーはあります。 責任重大です」と身を引き締めた。 壱太郎はお岩の妹お袖を演じる。 「四谷怪談は初めてで、この祈願に感動しています。 この気持ちを大切に公演に臨みたいです」と話した。

次の

【東海道四谷怪談】初演の上演形式に込められた南北の野心

南座 四谷 怪談

歌舞伎役者の中村七之助(36)壱太郎(23)が29日、東京・新宿区の陽運寺で、京都・南座新会場記念公演「東海道四谷怪談」の成功祈願に出席した。 同作は日本一有名な怪談で、中村屋が得意としてきたが、関西で公演されるのは実に26年ぶり。 七之助は「なぜかからなかったのか疑問です」と話した。 今回お岩ほか3役を演じるが、お岩は初めて演じる。 「全せりふを覚えていると言っても過言ではないほどですが、難しい。 見るのとやるのは大違いです」と語った。 過去に1度、お岩を演じた坂東玉三郎に稽古を付けてもらったことを明かした。 「父(勘三郎さん)がいないので教われないのは残念ですが、玉三郎さんがアドバイスをくれるし、直接稽古をしてくれましたは、父が言っていたのと全く一緒でした」。 関西では26年ぶりだが、「かからなかったのはおもしろくないからとは思われたくないので、プレッシャーはあります。 責任重大です」と身を引き締めた。 壱太郎はお岩の妹お袖を演じる。 「四谷怪談は初めてで、この祈願に感動しています。 この気持ちを大切に公演に臨みたいです」と話した。

次の