消費者金融 ニート。 無職・専業主婦・ニートでもお金借りる方法とは?

消費者金融を利用する理由と、多重債務という借金者の末路

消費者金融 ニート

無職でも消費者金融からお金を借りれる方法 「ニートひきこもりJournal 経済援助を打ち切られたニートひきこもりの末路」()によれば 「あるニートひきこもり男性は、お酒ばかり飲んでいて問題でした。 「私たちが出て行けば、仕事を探すようになる」 こう考えた両親は、その男性を置いて家を出て行ってしまいました。 もちろん、連絡先も知らせなかったそうです。 ニートひきこもり男性は、困ってしまいました。 これまで経済的に援助してくれた両親が突然いなくなってしまったのですから。 生活のためにはお金が必要です。 そこで、彼はお金を手に入れるために、とんでもないことを考えました。 消費者金融に手を出したのです。 その消費者金融も、よくぞまあ、お金を貸したものです。 もちろん、男性もお金を返すことなどできず、借金だけが雪だるま式に増えて大変なことになりました。 結局、近所に住む人が彼を助け、最後はよく分からないのですが、自己破産したとかしなかったとか。 親にも大変な迷惑がかかったそうです。 」 とありますが、どうやったら借りれたんでしょうか? 補足>いつの話しであるかはわかりませんが、今は無理です。 記事の日付は 2006. 16 ですので、少なくとも6年前の話です。 ですので改正前の話です。 借りた額、つまり限度額がどれくらいだったのか分かりませんが、無職のニートでも金を借りるのはそんなに難しい事ではありません。 ただし改正貸金業法の関係で今ではかなり難しいかもしれませんが…。 例えば、個人事業主になるという方法があります。 具体的に言えば、『インターネットサイトでのアフィリエイトビジネス』を始めるとするとします。 この場合、現実にどこかに店舗を開くわけではなく、事業はあくまでネット上なので、ひきこもりであっても必要書類を揃えて税務署に個人事業開業届けを出しに行くだけなら出来ると思います。 個人事業主になると最初の1年間は売上の申告が出来ませんから書類上は年商ゼロです。 しかし改正貸金業法が施行される前の消費者金融が行なっていた審査の際にチェックするのは… 『その人が仕事をしているのか、そうでないか』 『仕事をしているなら年収額は?』 『過去に焦げ付きがあるかないか?』 ぐらいです。 会社の電話番号を聞かれた時も、自宅の固定電話番号をそのまま記載すればいいわけですからね。 自営業者は自宅と職場の番号を経費削減の為に一緒にしてたりするので、怪しまれる事は全く無いわけではないが、ほとんどありません。 ひきこもりなら外出してクレジットカードを使う事もなかったでしょうから、個人信用はほぼキレイであったと思いますしね。 消費者金融からすれば優良顧客ですよ。

次の

無職やニートはお金を借りることができない?失業中の無職やニートでも安全にお金を借りる手段を紹介!|マネスピ

消費者金融 ニート

完済出来ない人は完済出来ない。 ただそれだけ。 消費者金融で100万円借りて完済した人はかなりいる。 出来なきゃ出来ない。 借金したならガンガン稼いで返済する。 これが当たり前。 四の五の言ってないでサッサと働いて稼ぐ。 毎月の請求額の合計も計算できないの?。 毎月の請求通りに返済して行けば、完済出来るでしょ。 それ以上に稼げば良いんだよ。 貴方の借金の請求書をもらっている人は貴方以外にはいませんよ。 他人に聞くこっちゃない。 まあ、それでも毎月の支払いで元金が減っていれば10~20年後には完済できるかもしれません。 しかし、病気で休んだり、失業したりとか、想定外の出費があったりします。 それで、また借金することになれば、せっかく減った借金の金額が元に戻るか、さらに増えます。 たとえば、毎月の収入が50万くらいあって、毎月20万円くらいは返済できる。 ただ、少し前に、大きな買い物をして貯金がゼロ近くになっているのに、急に100万が必要になった。 「仕方ないので消費者金融で100万を借りた」という方であれば、問題なく短期で返済を終わらせられると思いますよ。 ちなみに、私も若い頃、貯金がゼロ状態でした。 でも、明日は社員旅行で、お土産を買う為とか、それなりのお金が必要となりました。 友人に借金するのは嫌だったので、雑居ビルの中にあったマンションの一室の消費者金融で初めてお金を借りました。 それは、給料日に一括返済できる程度の金額だったので、給料日の後に一括で返済しました。 消費者金融の方(社長一人しかいない感じだった)は、「こんな程度の金額で短期じゃあ、商売になんないんだよ!」とブツブツ言いながら、お金を借りるときに記入した借用書を、目の前でビリビリに破いてゴミ箱に捨てていましたね。 とても印象深いできごとだったので、遠い昔のことですが記憶に残っています。 いままでの人生で、たった一度だけ、消費者金融を使ったときの思い出です。

次の

無職・専業主婦・ニートでもお金借りる方法とは?

消費者金融 ニート

失業による無職やニートの場合など、生活費に余裕がなくカードローンでの借入を考えているケースも多いかと思います。 ただ、一般的には無職やニートとしてカードローンへ申し込んでも融資してくれません。 ここでは、無職での借入が難しい理由や、無職であっても借入可能なケース、さらにカードローン以外での低金利による借入の方法などもご紹介します。 無職やニートがカードローン審査に通過できない理由 無職やニートがカードローンの審査に通過できない理由は、総量規制という法律があるからです。 総量規制は、「お金を借りる人の年収の3分の1以上の金額を貸し付けてはいけない」消費者を保護する目的の法律です。 そのため、アコムやプロミスといった大手消費者金融系カードローンは、無職やニートの状態の方に融資を行うことは絶対にありえません。 借入れできない事実を受け止められない無職の方には「3秒診断」を利用する 総量規制の関係で消費者金融から借入れできない事実を受け止められない無職の方はアコムの「3秒診断」を利用しましょう。 アコムの公式サイトには「3秒診断」という申し込み前に借り入れ可能かわかるサービスがあります。 3秒診断では、「年齢、年収、他社借入金額」を入力する必要があります。 アコムは収入のない完全無職やブラックの方には、絶対に融資を行わない大手消費者金融なので、諦めのつかない無職の方は「3秒診断」を受けて借り入れができない事実を受け入れるようにしましょう。 転職活動中や休職中の借入も難しい 無職やニートだけでなく、転職中や専業主婦の方も在籍確認が取れないため消費者金融から借り入れをすることはできません。 審査過程のおける在籍確認は、申し込み者が実際に会社に在籍しているかを電話などで確認する作業で、審査において大きな役割を持っています。 転職中や専業主婦の場合、勤務先がないため在籍確認がおこなえず、審査落ちとなる可能性が極めて高くなります。 無闇にカードローンへ申込んだ結果、審査に落ちてしまうと、個人信用情報に傷がつくため、転職をして安定した収入を得たのちにカードローンを利用しましょう。 個人信用情報に滞納・破産などのネガティブな情報が記録されると、金融機関からの融資や新規クレジットカードの作成などができなくなる可能性があります。 無職でもカードローンを利用できる場合もある 無職の方でも、以下の条件に当てはまる方はカードローンによる借入ができる可能性があります。 配偶者のいる専業主婦(主夫)• 年金受給者• 不動産やネットビジネスによる不労所得がある人• 配偶者のいる専業主婦(主夫)は銀行系カードローン 総量規制は年収の3分の1以上の貸付を禁止する法律ですが、銀行系カードローンは総量規制の対象外なので、専業主婦であっても夫や妻の収入がある程度証明できれば融資をしてくれます。 銀行系カードローンとは、アコムやアイフルとは異なり、三井住友銀行といった銀行が提供する金融商品であり、例えば配偶者の収入証明書を提出することで、融資を行ってくれます。 また、配偶者の勤め先への在籍確認などは一般的に行われませんが、専業主婦への貸付なので高額の融資は期待できないでしょう。 さらに、2017年以降、メガバンクをはじめとした銀行系カードローンは専業主婦の申込みを断るケースが増えているので注意が必要です。 専業主婦は配偶者貸付も検討する 最近では、銀行系カードローンでも専業主婦(主夫)への貸付のハードルが高くなっています。 そこで、銀行カードローンの他に注目したいのが、配偶者貸付制度を利用した消費者金融系カードローンからの借入です。 配偶者貸付とは、総量規制の例外の制度で「夫婦の合計年収の3分の1までは貸付OK」という制度です。 ただし、配偶者貸付には以下の2つの注意点があります。 配偶者の同意書と夫婦であることの証明(住民票や戸籍謄本など)が必要• 配偶者貸付での借入をおこなっている金融機関は少ない 上記がクリアできるのであれば、専業主婦(主夫)であってもカードローンからの借入が可能です。 年金受給者は銀行系カードローンが利用する際の注意点 法規制により年金収入を担保とした融資は法律により規制されています。 また、年金受給者は貸し倒れのリスクが高く、大手消費者金融系カードローンからの借入は難しいのが現状です。 ただし、銀行系カードローンは年金受給者にも貸付をおこなっています。 そのため、年金による収入があるのであれば、銀行系カードローンへの申込みも可能ですが、利用者の年齢制限があります。 銀行系カードローンの申込み条件の多くは、「20~70未満の方」という条件があります。 借り主が死亡した場合の貸し倒れのリスクを考えれば、年齢の上限があるのも頷けますが、申込者としては不便な条件になっています。 年金受給者は年金担保融資がおすすめ 以下の公的機関からの融資は、例外的に年金担保貸付をOKとされています。 独立行政法人福祉医療機構(WAM)• 株式会社日本政策金融公庫(JFC) これら機関からの融資の金利は銀行系カードローンにくらべ低く設定され、例えば年金担保融資なら年率1. 8%ほどと、銀行系カードローン10分の1ほどです。 また、年齢制限もないので、銀行系カードローンを検討する前に上記の公的機関に問い合わせてみることをおすすめです。 なお、公的機関からの融資のため融資まで平均で1カ月ほどかかる点はデメリットかもしれません。 不動産やネットビジネスによる不労所得がある人はカードローンを利用できる 不動産所得による家賃収入のほか、ネットビジネスでの転売や株、FX、仮想通貨などで不労所得を得ている人は、カードローンを利用できます。 カードローンは、年収が少なくても定期的な収入が認められれば借り入れができるからです。 実際に、ネット転売をしている人がアコムの3秒診断を行ったところ、「年収100万円弱でも借り入れできる可能性が高い」といった結果でした。 そのため、 不動産やネットビジネスなどで定期的な収入のある人は、年収100万円前後でもカードローンによる借り入れが可能です。 ただし、 定期的な収入があることを証明するのは、カードローンの審査時に確定申告書の提出が必要になります。 確定申告をしていない人や、副業を始めて1年未満の人はカードローンを利用できないので注意しましょう。 不動産やネットビジネスなどで定期的な収入のある方なら、大手消費者金融のアコムが利用できます。 アコムなら、自営業者として申し込みを行うことで審査に通る可能性があります。 アコムへの申込方法については、を参考にしてください。 収入のない学生はクレジットカードを発行する 収入のない学生は、「内定を受けている」「親からの仕送りがある」といった収入の見込みがある場合でも、これらの状況はあくまで将来的な見込みや臨時収入として評価されるため、基本的には現在の返済能力として評価されません。 収入のない学生は、アルバイトなどを行い、収入を確保しなければカードローンを利用できません。 ただし、 収入のない学生でもクレジットカードなら発行ができます。 クレジットカードならキャッシング枠を利用して、買い物は可能です。 また、クレジットカードで利用した額を返済日に支払えない方は、返済方法を分割払いに変更できます。 分割払いに変更することで、月々の支払いの負担を減らすことができるのです。 クレジットカードは利用した額が口座に満額がなくとも利用できます。 なお、収入のない学生でも発行できるクレジットカードについては、を参考にしてください。 カードローンを利用したいならとにかく収入を得る 無職やニートのほか、不労所得がない場合、配偶者に安定的な収入のない専業主婦(主夫)の場合は、カードローンからの借入は難しくなります。 カードローンでの借入が必要な場合は、アルバイトや派遣など比較的入社が簡単な仕事を始めましょう。 闇金は絶対に利用しない 「審査なし」「専業主婦OK」「金融ブラックOK」といった甘い誘い文句でお金を貸している業者には注意しましょう。 大半は違法な闇金業者であり、返済時に法外な金利で利子の支払いを請求したり、なかなか完済させてくれず、必要以上に利子を支払ったりと、トラブルに巻き込まれるケースが多発しています。 「収入のない人にお金を貸す正規の業者はいない」ということを念頭に置き、闇金は絶対に利用しないでください。 無職の場合はカードローン以外の融資も検討する あなたが失業中で無職でも、カードローン以外に以下のような融資を受ける方法はあります。 生活福祉資金貸付制度による融資• 不動産担保による融資• 生命保険の契約者貸付制度による融資• クレジットカードのキャッシング機能 上記はそれぞれ利用条件が異なるので、自分にあった方法を選びましょう。 低所得者を対象とした生活福祉資金貸付制度 生活福祉資金貸付制度とは、低所得者や高齢者、障害者などが、安定した生活を送れるよう、都道府県の社会福祉協議会が低金利での資金貸付けに加え、必要な相談や支援を行う制度です。 貸付けの対象となるのは以下の方です。 必要な資金を他から借りることが困難な「低所得者世帯」• 障害者手帳などの交付を受けた人が属する「障害者世帯」• 65歳以上の高齢者が属する「高齢者世帯」 また、融資資金は資金の使用目的別に様々なものが用意され、とくに「総合支援資金」は生活費に困っている低所得者世帯にうれしい制度です。 gov-online. html) そのほか、子どものいる低所得者世帯向けの「教育支援資金」なども状況によっては大きな助けになるでしょう。 不動産を担保としたローンはメリット・デメリットに注意 もし不動産を所有しているのであれば、銀行などがおこなう不動産を担保としたローンを利用できます。 金利は10%前後と消費者金融系カードローンに比べて低く設定されているうえ、担保が明確なので、高額融資や連帯保証人不要のケースも多く、返済を長期で設定できます。 ただし、融資までに査定の時間が必要な点や、手数料、違約金の発生、返済の目処が経たなければ不動産を差し押さえる、といったデメリットもあります。 不動産は担保としての価値が高いだけに、失ったときのデメリットもしっかりと考えて利用しましょう。 生命保険の契約者貸付制度による融資 生命保険の加入内容によっては、生命保険を担保として契約者へ融資をおこなう「契約者貸付制度」を利用できる場合があります。 また、生命保険の解約が不要である点や、カードローンのような細かな融資審査もないので、取り急ぎお金が必要な場合には生命保険の契約者貸付制度の利用を検討すると良いでしょう。 ただし、返済が滞ったり、借入限度額を超えて借りたりすると最悪の場合、生命保険契約が失効する可能性もあります。 生命保険は年齢があがるほど加入条件も厳しくなるため、再加入が容易でない点も閑雅ながら利用しましょう。 もしあたながクレジットカードを作成した際に一定の収入があり、ある程度の借入額が設定されていた場合、クレジットカードのキャッシング機能を利用できるかもしれません。 ただし、本来は職業が変更した場合などはカード会社へ連絡することが利用規約に盛り込まれているはずなので、無職となってからの利用は自己責任といえます。 仮に無職となってからのキャッシング機能の利用がバレた場合、カードの不正利用とみなされ何らの処罰の対象となる可能性もあるので注意しましょう。 FP監修者コメント 記事内に記載の「生命保険の契約者貸付制度」は意外に盲点で、選択肢に入っていない方は多いです。 手続きは簡単で必要書類を手配して、送付するだけ、です。 保険会社にもよりますが、電話でOKという場合もあり、一週間以内に振り込まれるケースが多いです。 ピンチの場合は、カードローンよりも金利は低い場合がほとんどであるため、ご自身の保険契約内容を確認してみてはいかがでしょうか?.

次の