ハイキュー最新話。 【ハイキューネタバレ最新話385話速報】日向が活躍しブラックジャッカルがリード!|ワンピースネタバレ漫画考察

ハイキュー!!398話ネタバレ感想!日向がウシワカに勝つ!倒れない膝をつかないレシーブ!|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

ハイキュー最新話

」感想、ロメロ、ニンジャショーヨーに大興奮!日向成長したな!【384話】 — 2chまとめブログのまとめ 2chmtbot まって384話のハイキューめちゃくちゃ翔陽カッコイイじゃん。 鳥肌たったわ。 — キムチェのソウルメイト oshihaTwice 384話「最強の囮・2」 日向の成長が著しい ビーチでしかも海外で揉まれて来たとは言え、顔面レシーブキメてたあの日向が…! 憧れの選手も驚く成長をして…! 影山はいつの間に英語が達者になったんだ 残念な成績だった筈だろ? 日向は分かるけど君まで成長して… 最終章で萌え殺される… — 睦月 Mutuki2018 スポンサードリンク ハイキュー385話ネタバレ:ブロッカー泣かせ ! 日向の進化に宮城選抜組だった者は食い入るように日向のプレーを見ます。 日向は相手スパイカーに「自分はカット側を守るよ~」と見せて、ライン側へ攻撃を仕向けます。 一人がブロックに跳べばフロアディフェンスはたったの一人で、瞬発力やスピードじゃどうにもならないのです。 相手からすれば「アッチに居たのにコッチに居る!?」となり、その駆け引きがうまい上に素早いのです。 東峰は日向の「守備囮」すげえヤバイけど、それに引っかかれるのもヤバくねえ?と驚きます。 攻撃の直前の一瞬に相手の守備を正確に把握してるって事だろと思うのでした。 澤村はどんなモンでもプロって何かしらヤバイんじゃない?と呟きます。 …ソレだなと三人で納得したように言葉を漏らしました。 木兎のスパイクが決まると、牛島の反撃のスパイクが決まります。 16対16で試合は依然均衡状態となっていました。 サーブはロメロで、強烈なサーブにより佐久早のバックアタックは潰せました。 すると、日向がすかさず移動攻撃に走ります。 宮が優しくトスを上げると、そのボールは日向ではなく明暗のもとへ届き、遅れたブロックの隙をついて決めました。 最っ高や…!と恍惚の表情を見せる宮に見てるみんなは何が起こったのかわかりません。 日向をライトへ走らせてからの…Cクイックに切り込む木兎、明暗はAクイックに見せかけてBぎみの速攻をしたのです。 これはアドラーズのブロックも反応が遅れました。 観客はまた21番が何かやるのかと思った!とブラックジャッカルのプレーに驚いていました。 それを聞いた澤村達は どうも、それはウチの最強の囮ですと無言で答えたのです。 実況では、日向は身体は小さいですがなんとも存在感がありますねえとプレーを感心しました。 高校時代からブロック泣かせの選手でありながら今回はデビュー戦で何のデータもないというのもアドラーズには辛いです。 同じ伊達工の青根もコクリと頷きました。 日向の囮はなお衰えずに、アドラーズを翻弄します。 その勢いはブラックジャッカルに大きな追い風となっています。 このままアドラーズを抑え込むことができるのでしょうか。 スポンサードリンク ハイキュー385話ネタバレ:選ばせにやってくる ! 日向のサーブで試合が始まると、影山が牛島にトスを上げ、ライトから牛島がスパイクを放ちます。 ブロックをはじいて、そのボールをセッターの宮がフォローしました。 宮は翔陽くん!と言うと、日向はトスの構えを見せるのです。 ぜんぶ…全部できるようにならなきゃ!と日向の回想と、今の姿を見つめる宮城選抜組。 日向の完璧なトスに、フェイントをかけながらライトの宮が決めました。 あの状況からAパスが返った時の様なコンビネーション、見事なセッティングを見せる日向。 宮もよく打ち、ブラックジャッカルは宮含めスパイカー全員が「はやい攻撃が可能」と判断して攻めるのです。 谷地がすごいね日向!と拍手すると、あのくらいできなきゃバーンズに代わって出る価値がないでしょと答える月島。 山口は日向が入る時とバーンズが入る時でチームのタイプがガラッと変わり、ブラックジャッカルは全く違う種類の「強さの手札」を持ってるわけだと分析しました。 月島は…まあオポジットに居て個人で点が取れなきゃどうしようもないだろうけどと言い、試合を見つめます。 日向は後ろからバックアタックで得点を奪い、4連続得点とするブラックジャッカル。 監督のサムソンフォスターは静かに手をたたきます。 日向のプレーはまさに、我々は求めない…彼らは選ばせにやってくる! ブラックジャッカルは二つの強い手札を手に入れましたね。 日向の活躍で、第一セットはブラックジャッカルが先取するでしょうか。 それともアドラーズの反撃があるのかもしれません。

次の

『ハイキュー!!』最新395話ネタバレあらすじ、感想と考察まとめ!牛島若利の大砲炸裂!|マンガタリー

ハイキュー最新話

スポンサードリンク ハイキュー!! 39 8話ネタバレ:もう一本 ! 牛島の強烈なスパイクに顔を歪ませながら日向はなんとかボールをあげました。 日向は反応しましたが、ボールはアドラーズコートへ飛びます。 日向はすぐ立てと姿勢を戻していると、牛島はまた何かを狙っていました。 アドラーズは同時多発位置差攻撃で、皆が同時にスパイクを構えます。 しかし、牛島はとてつもないオーラでもう一本と思うのです。 影山はそのオーラをビンビンと感じ、連続で11番がスパイクとなりそうでした。 叩き潰したい…と牛島は日向を目掛けてスパイクのセットに入ろうとします。 日向はどのようにボールをあげようか考えていました。 すると日向の視界はビーチの光景が広がり、牛島の強烈なスパイクに日向は体勢を一瞬下げて受けるのです。 日向も吹き飛ばされそうになる牛島のスパイクはさすがですね。 しかし、二本目のスパイクは見事綺麗にボールをあげました。 ビーチでの修行が日向をさらなる高みへと成長させていますね。 スポンサードリンク ハイキュー!! 398話ネタバレ:0歩目の助走 ! 綺麗に上がったボールにブラックジャッカルの仲間達も驚きます。 日向はたまたま正面に居たワケでもたまたまAパスになったワケでもないのです。 澤村は日向にアドバイスしていた頃を思い出しました。 前より一層レシーブ後への意識が高くなっているのは確かで、意識だけじゃなく位置取りの技術やボールコントロール技術、そしてバランスが大切なのです。 今の日向のレシーブは倒れない、膝をつかないレシーブだと澤村は言いました。 日向はこれまでに悔しい思いもし、そしてブラジルで技術から精神まで鍛えていました。 そして日向は今大きな姿でコートに立っているのです。 全ての経験が培われて、跳ね返した牛島のスパイクからのボールを見上げました。 日向は技術だけではなく、精神から鍛えていました。 今ならどんなボールが来ても跳ね返すことができますね。 日向はどこまで成長を続けていくのでしょうか。 スポンサードリンク ハイキュー!! 398話への読者の声 『ハイキュー!! お得に漫画やアニメを楽しみたい…• 過去の漫画やアニメを一気に見たい…• 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい… このような悩みを あなたは持っていませんか? かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

次の

ハイキュー【最新389話】のネタバレ(あらすじ)と感想!|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

ハイキュー最新話

ハイキュー!!【第389話】のネタバレ あらすじ 影山に翻弄されるブラックジャッカル 全員がどこへでもセット可能だとわかっていて、あえてスルーした影山。 解説者は、実力は元より、今はそこに余裕も加わっていると評する。 ブラックジャッカル 9対12 アドラーズ 宮は日向のせいで影山を覚醒させてしまったと言うが、日向にはその言葉の意味がわからない様子。 影山の4回目のサーブ。 これは日向がレシーブし、さらには木兎が決め、なんとか流れを絶つ。 試合は進み、ブラックジャッカル 17対18 アドラーズ。 宮がサービスエースを決め、2回目のサーブ。 星海が拾い、影山から昼神かと思いきや、とばしてロメロがアタック。 ブロックが弾いたボールを日向が拾い、明暗がアタック。 しかしこれは星海が繋ぎ、影山から昼神が見事に決める。 影山にしては、今日は速攻が少なめだと山口と谷地はつぶやく。 月島は気づいていた。 影山が意図的にサイドからの攻撃を多くしていることに。 コート上の王様再び またしても影山のサーブ。 放ったボールを日向が上げるが、ボールはそのままアドラーズのコートへ。 木兎は、さっき真ん中を使ったことで、今度はサイドを使うのではないかと考えるが、そう思わせることが目的なのでは読み、こんがらがってしまう。 結果、連続で真ん中を使ってきた影山。 真ん中減らしていたのは、少しずつ広がり気味にさせるためだったと月島は言う。 影山のサーブはネットイン。 犬鳴がこれを上げて木兎がアタックするが、ギリギリ平和島が拾う。 宮がさっき言った「影山を起こした」と言うのは、高校時代にどこか遠慮していた影山を、烏野が好き勝手やっていいと気づかせてしまったことだった。 事実、 影山はスパイカーが最高のトスを待っていると気づき、今までも、そしてこれからも最高のトスを上げ続ける。 またしても真ん中の昼神がねじ込む。 日向の目には、影山が王冠をつけ、マントを羽織っているように映っていた。

次の