競馬 ネット購入 ゆうちょ。 競馬の馬券はインターネットで購入できる!払い戻しは月曜日中が基本

【簡単即日】競馬でネット購入をしよう!メリットは5つ

競馬 ネット購入 ゆうちょ

まず、競馬場とレースを選びます。 式別とは券種のことです。 一番簡単な単勝で試してみましょう。 かなり簡単で操作自体は1分程度で済みますので、ぜひご参考にしてください。 2:3つのJRA投票サービス!払戻金のタイミングを紹介 インターネットで購入した馬券は、どの様に払い戻しされるのかな? 携帯やPC、プッシュフォンにて購入した馬券の払い戻しは、JRAの投票サービスに登録した際に設定した金融機関に振り込まれます。 即PAT• A-PAT• JRAダイレクト 上記3つのJRA投票サービスにて購入した馬券の払い戻しについて詳しく紹介していきましょう。 また、上記3つの中で 最も早く払い戻し出来るのは 「即PAT」サービスを利用して馬券を購入している場合です。 自身で出金指示を行う事もでき、オススメのサービスになります。 2-1:即PAT 即PAT会員の場合、通常であれば 月曜日の午前中に振込みが行われます。 また自身で出金指示を行う事もでき、 払戻金確定後に出金指示を行う事で即振込みも可能です。 2-2:A-PAT A-PAT会員の払い戻しは、銀行の種類によって払い戻しのタイミングが異なります。 通常月曜日の午前中 三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・東邦銀行・りそな銀行 月曜日中 その他の銀行 上記の様に、A-PATが指定する銀行を利用している場合には 月曜日の午前中までに通常は払い戻しが行われます。 その他の銀行を利用している場合には、月曜日中に払い戻しされるのです。 2-3:JRAダイレクト JRAダイレクトの払い戻しされるタイミングは、クレジットカードの金融機関により異なります。 ただし 原則として月曜日中に振込み、 ゆうちょ銀行に関しては木曜日に振込みが行われるのです。 詳しくは下記表をご覧ください。 金融機関 三菱UFJ 三井住友 みずほ ジャパンネット ゆうちょ その他 払戻し時期 月曜日中 月曜日中 月曜日中 月曜日 午前中 木曜日中 月曜日中 3:利用方法に応じて選べ!3つの投票サービスの特徴 馬券をインターネットで購入したいけれど、どの投票サービスを使えば良いか分からない。 上記の様にお悩みではありませんか? JRAが提供する投票サービスは3つあります。 即PAT• A-PAT• JRAダイレクト この3つの投票サービスは、支払い方法や利用できるサービスにより使うべきサービスが異なってきます。 最もオススメなのは「即PAT」です。 即日加入する事ができ、すぐに使い始める事が出来ます。 上記3つの投票サービスでできる事、どの様にサービス内容が変わってくるのか解説していきましょう。 3-1:すぐ加入ですぐ使える!即PAT 即PATは即日で加入する事ができ、 すぐに使い始める事ができる投票サービスです。 パソコン・携帯・スマートフォンがあればいつでも馬券を購入する事が出来ます。 楽天銀行• ジャパンネット銀行• 三井住友銀行• 三菱東京UFJ銀行• 住信SBIネット銀行• ゆうちょ銀行• りそな銀行• 埼玉りそな銀行• じぶん銀行 上記8つのうち、いずれかの銀行口座を持っていれば即日加入する事が可能です。 また、馬券の発売時間中にも入金・出金する事が可能です。 地方、海外競馬の馬券も購入する事が出来ます。 3-2:プッシュフォンが使える!A-PAT A-PATは、パソコン・携帯・スマートフォンの インターネット機能から購入する以外にも プッシュ信号の出る電話機で馬券を購入する事が可能です。 インターネットを利用しない場合には、A-PATを利用すると良いでしょう。 A-PATを利用する為には JRA指定の銀行口座を 新規に開設する必要があります。 すでにJRA指定の銀行口座を持っている場合でも、A-PAT専用口座を開設する必要があるので転用出来ませんので注意しましょう。 専用口座を開設する必要があるので、 即日加入・即利用開始は出来ません。 JRA指定の銀行口座は、下記10銀行の中から選ぶ事が可能です。 店頭にて口座を開設する場合には、開設手数料がそれぞれかかります。 PCからインターネットを通して簡単な会員登録をすれば、すぐに馬券を購入する事が可能です。 ただし、スマートフォン・携帯電話からJRAダイレクトを利用する事は出来ませんので注意しましょう。 JRAダイレクトで利用できるクレジットカードは6つの種類があります。 JCBカード• MUFGカード• 三井住友カード• DCカード• NICOSカード• 楽天カード 上記6つのカード会社のインターネットサービスに登録可能なクレジットカードが利用対象です。 ただし上記6つのクレジットカードでも、下記3つに該当する場合にはJRAダイレクト利用する事ができません。 家族カード・法人カード・一部提携カード• 未成年者• カード名義と払戻金の振込先金融機関の口座名義人が不一致 まとめ 競馬の馬券をインターネットで購入した場合の 「払い戻し」について詳しく紹介してきました。 JRAの投票サービスを使って馬券を購入した場合、大半は 月曜日中に払い戻しが完了します。 中でも一番早く払い戻しを受け取れるのは「即PAT」を利用した場合です。 また、即PATは即加入し即使う事ができるのでJRAの投票サービスの中では最もオススメです。 ぜひ参考にしてみてください。

次の

楽天競馬:初めてご利用の方に

競馬 ネット購入 ゆうちょ

地方競馬のネット投票にはどんなものがある? 地方競馬においてもJRAと同様、ネット投票システムがあります。 地方競馬のネット投票は、大きく3つのサービスがあります。 それが、楽天競馬、オッズパーク、SPAT4です。 地方競馬のネット投票ではそれぞれに特長があり、自分の目的や状況に見合ったものを選択できます。 以下地方競馬のネット投票として、楽天競馬、オッズパーク、SPAT4を取り上げ、それぞれの違い等を解説していきます。 地方競馬ネット投票各社の概要 楽天競馬 楽天競馬は楽天銀行の出資子会社である競馬モール株式会社が運営しているサービスです。 南関を含む全国の地方競馬に投票できるのが大きな特徴です。 対象競馬場: ばんえい競馬、ホッカイドウ競馬、岩手競馬、南関東競馬、金沢競馬、名古屋競馬、笠松競馬、園田競馬、高知競馬、佐賀競馬 さらに 「みんなの予想」によって投票前に他の人の予想状況を把握したり、 競馬予想のブログなどを読むことができます。 競馬新聞の予想記者の見方、あるいは、グリーンチャンネルなどでお馴染みのキャスター・コラムなどを目にすることができ、意外な情報に触れることができるかもしれません。 独自の分析コンテンツもあり、楽天グループをよく使い、1つの口座で全ての地方競馬を網羅したい人には最適なネット投票です。 Odds Park オッズパーク オッズパークが、楽天競馬やSPAT4と大きく異なるのは、投票サービスが地方競馬のみに限定されてはいないということです。 競輪とオートレースの車券も買うことができ、 公営競技を網羅しています。 ロトくじを買うこともでき、競馬以外の楽しみ方もできます。 ただし競馬に関しては、投票できる競馬場に制限があります。 南関4競馬は投票できません。 そうとはいえ、独自の予想サイトや無料ライブ中継を見ることができます。 さらにネット新聞を無料でダウンロードできるため、専門家の見方を知ることもできます。 1つのネット投票で全国の地方競馬に投票したい人には物足りなさもあるかもしれません。 しかし競馬以外の公営競技をやりたい人、ロトくじで大きな夢を買いたい人にはうってつけです。 SPAT4 スパットフォー SPAT4は、大井競馬に施設を貸し出している東京都競馬株式会社が運営しているネット投票です。 当初は南関競馬のみを対象にしていましたが、今では全国の地方競馬の馬券を購入することができます。 しかも、南関競馬は基本的に土日の開催がありませんが、そんな時でも南関競馬以外の馬券を投票することができます。 最大の目玉といえば、SPAT4 LOTOです。 3レースの馬単を的中させるもので、最大で 億単位のお金を手にすることができます。 JRAでいうならWIN5に相当します。 出頭数も少なく、3レースしかないのでWIN5よりも難易度は低いかもしれません。 競馬にロトくじの要素を取り入れ、楽しさばかりでなく、夢をも併せ持ったサービスです。 地方競馬のネット投票の比較表 ここでは、楽天競馬、オッズパーク、SPAT4を比較表を使って、それぞれの違いなどを見ていきます。 まずは下の表をご覧ください。 オッズパークは南関競馬だけ投票不可です。 そして、楽天競馬もオッズパークもSPAT4も 中央競馬には対応していません。 他の公営競技 オッズパークは競輪とオートレースに投票できます。 競馬とともに競輪とオートレースにも予想コンテンツがあり、競馬以外の公営競技に興味がある人には最適なネット投票サイトです。 楽天競馬自体には公営競技への投票サービスこそありませんが、楽天銀行の他のサービスで公営競技への投票が可能です。 楽天銀行の口座をお持ちであれば、他の利用価値もあります。 PC、スマートフォン 楽天競馬、オッズパーク、SPAT4のいずれもパソコンとスマートフォンで投票でき、スマートフォンに関しては、無料アプリも提供されています。 外出先でも馬券を買うことができます。 対象銀行 それぞれの違いが最も出ているのが、入出金における対象銀行です。 楽天銀行の場合、楽天銀行の口座がなければ利用できません。 もし口座を持っていないのであれば、最初に楽天銀行で口座開設する必要があります。 オッズパークでは楽天銀行やジャパンネット銀行とともに市中銀行にも対応しています。 メガバンクであれば、すぐに入出金ができます。 特筆すべきは、 楽天銀行さえあれば、楽天競馬、オッズパーク、SPAT4のいずれも利用可能であるという点です。 外部リンク ペイジー対応 オッズパークの利点は唯一ペイジーを利用できることです。 ネット銀行以外が対象ですが、1000円単位での入金となっています。 ペイジーとは?… ペイジーとは、税金や公共料金、各種料金などの支払いを、金融機関の窓口やコンビニのレジに並ぶことなく、パソコンやスマートフォン・携帯電話、ATMから支払うことができるサービスです。 引用: 1日の投票回数 1日の投票回数が 楽天競馬が最も多く300回までとなっています。 オッズパークとSPAT4は99回と同様ですが、SPAT4の場合入金や精算などを合わせて99回です。 さすがに300回も投票する人はいないかと… 一括清算 一括精算に関しても違いがあります。 楽天競馬: 当日の開催が終了した時点で精算を行います。 オッズパーク: 基本は随時精算を行いますが、30日間利用がない時点で、自動精算となります。 SPAT4: 日々の開催終了後に一括精算もできれば、開催の最終日終了後に一括精算することもできます。 楽天競馬とSPAT4では会員ページで一括精算の設定を変更できるようになっています。 年会費および手数料 楽天競馬でもオッズパークでもSPAT4でも、ネット投票口座の年会費等は掛からず、投票手数料等もありません。 レース映像 いずれのネット投票サイトでも、競馬場で放映されているレース映像を無料で見ることができ、投票口座からログアウトしても視聴し続けることができます。 大きなポイントは、楽天グループのサービスだけで完結させている点です。 楽天銀行のカードをお持ちの方、楽天会員の方には特におすすめです。 楽天銀行を使ったクィック入出金 楽天競馬では、 取り扱い銀行が楽天銀行しかありません。 しかし、楽天銀行での1分以内に完結してしまうクィック入出金が可能となっています。 楽天でお買い物ができるポイント付与制度 馬券を購入すると、 楽天ポイントが付与されるシステムがあります。 投票金額に応じて付与されます。 楽天グループで利用することができ、ポイントカード等を持っていれば、コンビニエンスストア等でも使うことができます。 また、楽天競馬内でのランク制度があり、5つに分かれてます。 たくさん投票すると、ランクが上がる仕組みです。 予想に役立つコンテンツ 楽天競馬の魅力は、ポイントばかりではありません。 予想に役立つコンテンツが揃っている点も非常に魅力的です。 レース分析 当該レースの出走表を見ることができます。 5走前までの結果を見ることができ、競馬新聞の馬柱がそのまま表示されています。 データ分析 各競馬場の人気と馬番での傾向を探ることができます。 期間は1ヶ月から選ぶことができ、たとえば2018年2月を選ぶことで、その月の1番人気の勝率などを数字で知ることができます。 みんなの予想 レース開催前など、他の人の予想状況を知るために役立つコンテンツです。 だいたいの人気が把握できるので、高い配当を狙いたいときや当日は忙しくて予想する時間があまりないときなどに役立ちます。 ネット競馬新聞スタンド ネット競馬新聞スタンドとは、地方競馬の専門紙をネットで見ることができるサービスです。 1レース60円から利用できるものもありますが、楽天会員であれば楽天IDとパスワードで利用できます。 また、電子出版ポータルサイトにアクセスし、ネット版の専門紙をそのまま購入することができます。 競馬ブックのみですが、コンビニプリント競馬新聞のサービスも利用することができます。 また、地方競馬のネット投票サイトでは唯一ペイジー入金できるのが、最大の特徴です。 外部リンク オッズパークプレミアムプログラム オッズパークには独自のポイント制があります。 オッズパークプレミアムプログラムと呼ばれ、ポイント数とランクに応じ、様々な特典を受け取ることができます。 さらに、購入対象は地方競馬ばかりでなく、競輪とオートレース、それにロトくじまで含まれています。 言い換えれば、オッズパークの全サービスをフルに使うことで、さらに会員特典を受け取れるボーナス制度ということでしょう。 予想に役立つコンテンツ オッズパークでも独自の予想コンテンツを提供しています。 ネット新聞 たいてい有料であるのが一般的ですが、中には会員特典として無料になる時もあります。 競馬ブックに限られますが、専門紙を無料で見れることは、大いに役立つかもしれません。 みんなの競馬 みんなの競馬は、地方競馬の特徴などが掲載され、専門紙記者の予想などを見ることができます。 対象地区全ての予想を見ることができ、専門家ならではの視点を理解できるかもしれません。 ちなみに、競輪やオートレースでも、それぞれの予想コンテンツがあり、コースや選手の特徴などを知ることができるでしょう。 SPAT4 LOTO SPAT4会員でしかできないSPAT4 LOTOがあり、3レース続けて馬単を的中させると最高で億単位のお金を手にすることができます。 通常地方競馬ではありえないような大金を得ることも可能です。 まさに宝くじのようなサービスです。 ポイント制度 これはSPAT4とは別に会員登録が必要ですが、SPAT4の投票口座とも連動しています。 様々なキャンペーンがあり、登録することで日頃よりも多くのポイントを獲得できます。 貯まったポイントは、イベント参加やプレゼント応募等に使うことができます。 しかし、SPAT4プレミアムポイントは、 現金にも換えられます。 500円から交換でき、投票口座に振り替えられるので、馬券購入に使うことできます。 予想に役立つコンテンツ 南関東4競馬場公式ウェブサイトと連携 南関東4競馬場公式ウェブサイトのデータBOXを利用できます。 リーディング情報や枠番・馬番別成績を使用し、過去の傾向などを見ることができます。 もちろん、開催日程で年度を選択することで、過去のレース結果も出走表と一緒に確認することができます。 1998年まで参照できるので、かなり大きなデータベースともいえます。 南関データ分析 SPAT4プレミアムポイントのサイトでは、南関データ分析というコンテンツがあります。 SIとSIIが対象ですが、重賞レースの分析結果を見ることができます。 傾向を把握することができ、非常に役立つものになります。 ただし、逆にJRAの即PATを利用した地方競馬ネット投票システムはあります。 基本的に全国対応ですが、投票できるレース数に限りがあります。 こんな人におすすめしたい、地方競馬ネット投票は? 楽天競馬、オッズパーク、SPAT4のそれぞれに特徴があり、 自分の状況にあったものを選択するとより地方競馬が楽しくなります。 こんな方にオススメしたいネット投票 楽天競馬 はこんな方にオススメ!.

次の

即PAT会員になって馬券を購入する|馬券の買い方入門

競馬 ネット購入 ゆうちょ

競馬は毎週地上波のテレビでメインレースが放送されて馬券は買わないまでも気になっている方はそれなりにいらっしゃるはずです。 しかし競馬をやったことがなくてかつ少しだけ競馬を始めたいと思った人の中には「どうやって馬券を買ったらいいの?」という疑問を持つ人もいらっしゃいますよね? 競馬場で買ったり、「WINS」と呼ばれる場外馬券場で直接「紙の馬券」を買えるのはもちろんのこと、馬券は「特定のインターネット銀行口座」を持っていればすぐに購入することが可能です。 しかしすでにネット銀行の口座を持っていればその日のうちに買う事ができますが、ネット銀行の口座を持っていない場合は数日掛かってしまうので、もしCMなどの影響で馬券を買いたいと思った方は早めにネット銀行の口座を作っておくことをおすすめします。 対象のネット銀行はいくつかあるのでそれらの違いを見ていきましょう。 初心者がネットで馬券購入を始めるなら「即PAT」 現在、日本中央競馬会JRAが公式に会員を募集しているのは3種類。 「即PAT」と「APAT」、「JRAダイレクト」といった種類になります。 このうち「APAT」はJRA専用の口座を開設しなければならないですし、開設完了まで2か月くらい掛かる過去の産物ですので初心者の方はあまり気にしなくていいです。 「JRAダイレクト」はクレジットカードを利用して馬券を買うという少し恐ろしい方式ですし、購入回数が3回、最低購入金額が1,000円、購入限度額が50,000円と非常に使いにくいのでこちらも初心者には全くおすすめできません。 なので今から馬券を買ってみたいと思う初心者の方には「即PAT」というネット投票システムに登録することをおすすめします。 「即PAT」は下記に紹介する特定のネット銀行口座があれば 即日馬券の購入が可能になりますが、ネット銀行の口座がまだない場合は先にネット銀行の口座を開設する必要があります。 開設までおおむね1週間くらいは掛かる銀行が多いので、始める人はあらかじめネット銀行の口座を開設しておきましょう。 馬券のネット購入におけるおすすめ銀行口座 馬券の購入に必要となる銀行口座は6種類から選ぶことになります。 銀行名 口座開設手数料 ATMへの入金手料 ATMからの出金手数料 口座開設までの期間 ジャパンネット銀行 開設、維持共に0円 毎月最初の1回と3万円以上は無料、それ以外は162円、ゆうちょATM使用の場合は324円 毎月最初の1回と3万円以上は無料、それ以外は162円、ゆうちょATM使用の場合は324円 スマホアプリがあれば5~7日程度 楽天銀行 開設、維持共に無料 セブン銀行、イオン銀行は216円。 それ以外は270円。 3万円以上はどこでも無料。 セブン銀行、イオン銀行は216円。 それ以外は270円。 スマホアプリがあれば2日~2週間程 三井住友銀行(SMBCダイレクト) 開設、維持自体は無料だが三菱住友銀行の口座が必要 三井住友銀行のキャッシュカード利用に沿う。 時間外は最低108円。 三井住友銀行のキャッシュカード利用に沿う。 時間外は最低108円。 スマホがあれば1~2週間程 三菱東京UFJ銀行 開設、維持無料 三菱東京UFJ銀行のキャッシュカード利用に沿う。 時間外は最低108円。 三菱東京UFJ銀行のキャッシュカード利用に沿う。 時間外は最低108円。 スマホがあれば1~2週間程 住信SBIネット銀行 開設、維持無料 無料 ランクに応じて2~15回無料。 それ以外は110円。 1週間程 ゆうちょ銀行 開設、維持共に無料 ゆうちょATMなら無料。 それ以外は108円及び208円。 ゆうちょATMなら無料。 それ以外は108円及び208円。 郵便局の窓口なら30分程度(通常営業時間内) 三井住友や三菱東京UFJ、ゆうちょも悪くはないのですが、 ネット銀行は24時間営業しているのが大きいですよね。 また競馬に使うネット口座を新たに作る場合、重要なのはATM利用に際する手数料だと思います。 セブン銀行などは多くのネット銀行が使用できますが、上記の通り一回入金するのにも平均200円くらい掛かる銀行が多いです。 一気に口座に預けられる人であれば手数料はあまり気にしなくてもいいかもしれませんが・・・これから競馬をやろうと思っている人たちの中には「必要な場合だけ入金したい」と考えている人も多いと思います。 1回の手数料はたかが200円くらいでも、積み重なれば大きいものです。 仮に200円の入出を1年間、52週間続けたと仮定するなら1万円を超えてしまいます。 これは出来るだけ抑えたいですよね。 というか200円あれば後2つ新しい馬券を買う事ができるのでそういう意味でも勿体ないです。 ちなみに日本中央競馬会JRAの支払いは非常に有能で、「即PAT」なら馬券の払い戻しは出金すれば即日口座に振り込まれます。 手数料を抑えるなら住信SBI、多用途ならジャパンネット銀行 結論ですがATM取引の手数料を抑える目的であれば 住信SBIネット銀行を使用するのが一番ではないかと思います。 ATMでの預入手数料0は本当に大きいです。 毎週ATMにお金を入れても手数料が掛からないということですからね。 対応しているATMも多く、イオン銀行、セブン銀行、ローソン銀行、ゆうちょ銀行、イーネット(ファミマとかにあるやつ)など多くのコンビニATMや銀行ATMで預け下ろしができます。 正直競馬をやっていると土曜で資金が全てなくなってしまった場合など追加で預け入れをしたいシーンはよくある(いいことではないが)ので本当におすすめの銀行です。 中央競馬以外にも地方競馬、競輪、ボート、オートレース、LOTOなどほとんどの公営競技に対応しているのもポイントですね。 そしてそもそもSBI証券などと関連する投資関連の会社でそういった方面にも強いので、投資にも興味がある人は住信SBIネット銀行で口座を一つ作っておいても損はないと思います。 こちらの住信SBI公式サイトから口座開設ができます。 でも悪くはないしヤフオクなど様々な用途に利用できるのでこれらも初心者にはおすすめです。 競馬の賭けは「100円」から買えるとても取り組みやすい競技だと思いますので、ぜひやったことない人にも挑戦してみて欲しいです。

次の