あんしん 保証 パック プラス。 【あんしん保証パックプラス】月額650円|モバシティ

あんしん保証パック(i)プラスで画面割れを修理するために必要なこと|うにずむ

あんしん 保証 パック プラス

水濡れ• Apple正規サービスプロバイダに修理を依頼する• iPhoneやiPadを交換してもらう のどちらか好きなほうを選べるようになっています。 Apple正規サービスプロバイダに修理を依頼する場合は、実際に店舗に行ったり代替機を使用したりと手間と時間はかかるものの、 修理代金と同じ金額の「PayPayボーナス」が付与される 事で実質無料になるので、安く済ませられるという特徴があります。 iPhoneやiPadを交換してもらう場合には、最大で11,800円(税込)がかかるものの、電話1本ですぐに同じ機種を届けてくれるので時間がかからないのが特徴ですね。 どちらにしようか悩んでしまった人は、まずは実質無料にできるApple正規サービスプロバイダに修理を依頼するのが確実だと思います。 不安な人は、ソフトバンクの公式サイトにある「手続きシミュレーション」を使って、最適な修理方法を確認しましょう。 修理料金 税込 iPhone iPad 自然故障 無料 無料 画面割れなどの外装交換 3,400円 4,400円 その他修理の場合 11,800円 3,400円 となっていますが、後日、 から登録する事で支払った負担金と 同額の「PayPayボーナス」が後日ソフトバンクから付与 されます。 修理完了の10日前後を目安に届くメールから設定できるようになっているので、修理完了時に修理代金の記載された「請求書」または「修理(作業)完了報告書」等を必ず受け取り、保管しておきましょう。 ただし、3年目以降の修理料金に関しては価格が上記の金額よりも高くなる事があるので注意。 その場合も同額の「PayPayボーナス」が後日ソフトバンクから付与されます。 少しでも修理代金を安くしたい人におすすめ• 修理完了まで時間がかかる• 自然故障は無料修理• 配送交換時の負担金は、• iPhone:12,744円 税込• iPad:4,400円 税込 申し込みが完了すると1~2日以内で、使用していたスマホと同一機種、同一カラーの交換電話機(新品同様のリフレッシュ品)が指定した住所に届くので、負担金を支払って受け取ります。 ただし、盗難や紛失など、携帯電話が手元にない場合は 警察への届出が必要になる ので注意して下さい。 交換電話機が届いたら「返送キット」が同梱されているので、データ移行を済ませて14日以内に旧機種を「返送キット」に入れてソフトバンクへ送りましょう。 水濡れ• バッテリー交換• 電池パック無料サービス ソフトバンクの携帯電話が故障してしまった場合には、多くの場合で、• ソフトバンクショップに修理を依頼する• 携帯電話を交換してもらう のどちらか好きなほうを選べるようになっています。 ソフトバンクショップに修理を依頼する場合は、ソフトバンクショップに行ったり代替機を使用したりと手間と時間はかかるものの、修理代金が最大でも1,500円(税抜)なので、安く済ませられるという特徴があります。 携帯電話を交換してもらう場合には、最大で7,500円(税抜)がかかるものの、電話1本ですぐに同じ機種を届けてくれるので時間がかからないのが特徴ですね。 どちらにしようか悩んでしまった人は、 メーカー保障の範囲内であれば無料 で修理をする事もできるので、ソフトバンクショップに修理を依頼するのが確実だと思います。 まずはソフトバンクの公式サイトにある「手続きシミュレーション」を使って、最適な修理方法を把握しましょう。 で手続きする• 電話で申し込みする ソフトバンクの携帯電話から:113(無料) 一般電話から:0800-919-0113(無料) の2つの方法から選べます。 配送交換時の 負担金は7,500円 税抜。 ただし、配送交換サービスは 2016年4月以降発売のスマートフォンに限定 されているので注意して下さい。 申し込みが完了すると1~2日以内で、使用していたスマホと同一機種、同一カラーの交換電話機(新品同様のリフレッシュ品)が指定した住所に届くので、負担金を支払って受け取ります。 交換電話機が届いたら「返送キット」が同梱されているので、データ移行を済ませて14日以内に旧機種を「返送キット」に入れてソフトバンクへ送りましょう。 自然故障:無料• 画面割れなどの外装交換:2,000円~3,000円 税抜• 水濡れや全損:5,000円 税抜 となっています。 ただし、水濡れや全損の場合は、故障の程度により別途で外装交換の負担金3,000円 税抜 がかかる場合があるので注意して下さい。 ソフトバンク「あんしん保証パック」の注意事項 androidスマホやガラケーの盗難・紛失の対応は評判が良くない 「あんしん保証パックプラス」と「あんしん保証パックライト」で、携帯電話を紛失したり、盗難されてしまった場合の保証対応は、ソフトバンクショップでの 機種変更のみ となっていて評判はあまり良くありません。 補償内容は、同一機種・ソフトバンク指定機種を会員価格で機種変更できるとしていますが、ソフトバンクは会員価格を一切公表しておらず、実際には定価価格から 5,000円~10,000円しか割引されない事がほとんど なので、盗難や紛失の場合は「保証が受けられない」と思っていたほうが確実です。 や では、盗難や紛失時でも負担額を明記して保証しているのに比べると、ソフトバンクの対応は不誠実な印象ですね。 会員価格の判断はソフトバンクショップの判断に委ねられている為、 実際に機種変更してみるまでは会員価格はわかりません。 見た目は新品とほぼ変わりません SIMカードを再発行する場合は別途3,000円がかかる 紛失や盗難などによってSIMカードを再発行する場合は、負担金とは別に手数料の3,000円 税別 がかかります。 ソフトバンクでは、機種のグレードが上がった場合「交換後の機種に応じた金額とさせていただく場合があります」としていますが、実際には新しい機種になっても月額料金が上がる事はほとんどありません。 交換後の端末が新機種になったらラッキーですね! 旧機種をソフトバンクに送らなかった場合には違約金が発生する 「あんしん保証パックプラス」や「あんしん保証パック with AppleCare Services」に申し込みをして、交換電話機と壊れてしまった旧機種を交換する場合には、 旧機種を14日以内にソフトバンクに送る 必要があります。 旧機種を送らなかった場合には、加入しているケータイ補償サービスによって、• あんしん保証パックプラス:40,000円• あんしん保証パック with AppleCare Services:機種によって異なる の 違約金が請求される ので注意して下さい。 2度と再加入はできない 「あんしん保証パック」は 機種の購入時にのみ申し込みが可能 で、途中で解約した場合にも再加入はできません。 また、加入してから数カ月後に解約した場合には、過去に支払った料金は返金されないので注意して下さい。 ソフトバンク「あんしん保証パック」は必要か 最近のスマホ価格の上昇に伴い「あんしん保証パック」も常に値上げされているので、月額料金を考慮すると「本当に必要なの?」って思いますよね。 「あんしん保証パック」に加入する=安心を買う という側面もあるので、全ての人に当てはまる答えはありませんが、 個人的には「あんしん保証パック」はいらない と思います。 例えば、「」を購入して「あんしん保証パック with AppleCare Services」に加入する場合の2年間の料金は28,560円、画面が割れてしまったとして補償サービスを利用する際には別途3,400円がかかり、合計で31,960円 税込 が最低でもかかる計算になりますね! 保証サービスに入っていなかった場合の「iPhone XS」の画面割れの修理代金が31,800円 税抜 なので、 2年間で画面割れを1度修理する程度であれば「あんしん保証パック with AppleCare Services」に加入していなくても負担額は同じ という事になります。 また、携帯端末にはカバーを付け、画面にはガラスフィルムを貼る人が多いので、最近は画面割れしているスマホを見る機会も少なくなりましたよね。 特に、これまで保証サービスを使った経験がないという人は、これからも保証サービスを使う可能性は低いので、高い月額料金を払ってまで加入するメリットは少ないと思います。 現在では、ハイエンドモデルともなれば10万円以上する機種ばかりですからね。 ただし、 紛失や盗難が保証されているのは実質iPhoneとiPadのみ なので注意。 androidスマホやガラケーは、新しい端末に機種変更する際に5,000円~10,000円の割引が受けられるだけなので、なおさら「あんしん保証パック」に加入するメリットは少ないと思います。 結局は明確な答えはない 結局は、「あんしん保証パック」に加入して1度も保証サービスを利用しなかったら「やっぱりいらなかった」と思うし、紛失や盗難にあってしまったら「加入していて良かった」と思うので、全てのユーザーに合う明確な正解はありません。 この記事を読んで「なんだ保証サービスいらないじゃん」と思った人は、性格的に「あんしん保証パック」には加入しないのがおすすめ。 もし、画面割れなどをしてしまったら、諦めて正規料金を支払って修理に出しましょう。 逆に、この記事を読んでも「でもやっぱり不安だなあ」と思う人は「あんしん保証パック」に加入しておくのがおすすめ。 月額料金分は安心を買っていると割り切って、故障に関して気兼ねなく使用したほうがストレスが少ないと思います。

次の

あんしん保証パックプラス(あんしん保証パック)

あんしん 保証 パック プラス

スポンサーリンク あんしん保証パック(i)プラスとは 引用元: 『あんしん保証パック(i)プラス』とはソフトバンクで使っているiphoneが故障や修理が必要になったときの安心サービスです。 月額はiPhone 7、iPhone 7 Plusが750円でその他が650円です。 (一部対象外あり) どんな症状だった? 私のiphoneの症状はいきなりアプリがシャットダウンしたり、電池が50%ぐらいあるので電源が落ちたりしていました。 はじめにやったこと 『あんしん保証パック(i)プラス』を使って修理をしたかったのでまず、ソフトバンクショップに行きましたが、店舗での修理は受け付けられないとのこと。 ものの5分も経たないうちに帰宅することになりました。 そのかわりにクイックガレージに行って修理することをすすめられました。 クイックガレージは指定の修理店でそこで直せば『あんしん保証パック(i)プラス』の申請もできるそうです。 もちろんApple Storeでも修理できますが、混んでいるのでクイックガレージの方がいいだろうとのことでした。 クイックガレージはネットから予約できます。 Apple Storeで診断してもらったら クイックガレージに予約をいれてから1週間ほど期間があり、その間にApple Storeに行く機会があったのでiphoneを見てもらいました。 診断結果はバッテリーの消耗が激しいとのこと。 写真がいきなり消えるのはシステムの問題なので、修理しても変わらないけど、バッテリーは交換したほうがいいと言われました。 もうすぐ契約してから2年になるので少しがまんして乗り換えるか、もしくはiphone7にするか悩みました。 かなり考えた結果、家のネットもソフトバンクなので乗り換えずに修理することに決めました。 修理すればまだ使えるし、せっかく『あんしん保証パック(i)プラス』入ってるのでこういう時に使っておこうということで。 しかも『あんしん保証パック(i)プラス』の修理代金は月々の料金から割り引く方法以外に一括で還元してもらう方法があったのです!あとで詳しく書きます。 クイックガレージでの流れ 予約して行ったので待つことなく修理してもらうことができました。 バッテリー交換だけしてもらおうとも思ったのですが、一回『あんしん保証パック(i)プラス』を使うと半年間使うことが出来ないので、本体をまるごと交換してもらうことにしました。 支払った額は35,640円 そのうち税抜の33000円の80%の26,400円をソフトバンクが負担してくれるので実質9,240円の出費ということになります。 もし加入していなかった場合と今回を比べると、、、 『あんしん保証パック(i)プラス』に入っていない場合 負担額:35,640円 『あんしん保証パック(i)プラス』に入っていた今回払う料金 負担額:23,540円(自己負担額:9,240円 + プラン22ヶ月:14,300円) 私は 『あんしん保証パック(i)プラス』に入っていて 12,100円得しましたが、加入期間や修理の内容によって変わります。 修理代の申請方法 クイックガレージで修理してもらうと明細書をもらうことが出来ます。 その明細書をもとにMySoftBankで『あんしん保証パック(i)プラス』の申請をします。 ここでポイントなのが、 修理代を一括で還元してほしい場合です。 私はすぐに申請してしまったので、月々の料金から還元される方法になってしまいましたが、ソフトバンクカードがあればTポイントで一括還元してくれます!Tポイントは色々なお店で使えるので、日常のお買い物に使えます。 申請するときに知っていたら絶対ソフトバンクカードで返還してもらう方法にしてました。 修理申請の審査は3ヶ月以内なので、修理したあとでもソフトバンクカードを作る時間があります。 ソフトバンクショップに行って作ってから申請してください。 年会費無料のプリペイドカードなので安心です。 (クレジット機能をつけることもできます。 ) 写真を撮って送るだけなので申請はとても簡単です。 数時間したら申請の審査結果がきました。 ソフトバンクショップではiphoneの専門的な修理はできない。 Apple Storeでもクイックガレージでも『あんしん保証パック(i)プラス』の申請ができる• ソフトバンクカードがあればTポイントで一括還元してもらえる• 1回還元申請をすると『あんしん保証パック(i)プラス』は半年間は使えなくなる• なので審査が通ったらすぐ解約するのも手(審査が通ったあとに解約してもきちんと還元される) まとめ もし『あんしん保証パック(i)プラス』に入っているなら故障したときに活用したいですよね!もし機種変することが多い場合は入っていても意味がないので解約を検討してもいいかもしれません。 スポンサーリンク -,.

次の

あんしんパックプラス

あんしん 保証 パック プラス

携帯電話やスマートフォンを契約した際にしか加入することができない特殊なオプションです。 毎月500円以上かかる有料オプションなので、保証を適用した後は「当分は故障しても修理費用を払うこともないかな」「次壊れたら新しい機種に機種変だ」という気持ちから、この有料オプションを外したくなる衝動にかられます。 実際に私がそうだったのですが、いざ割引が始まってから「あんしん保証パック」の解約や、iPhone6等への機種変をした場合に、この割引がなくなってしまうのではないか、という不安が出てきました。 iPhone5であれば修理代金は30,000円近くになりますので、きちんと調べてから解約・機種変をしなければなりませんね。 そこでソフトバンクに確認の問い合わせをしてみました。 これだけはNG!「あんしん保証パック」が適用されない例 「」の記事でも書きましたが、修理の手続と「あんしん保証パック」適用の手続は、手続きする先も異なります。 修理は「Apple Store」や「SmartAid」などのAppleの正規サービスプロバイダであり、「あんしん保証パック」の適用はソフトバンクショップです。 また正規サービスプロバイダで修理した直後に「あんしん保証パック」の適用を受けようとしてソフトバンクショップに行っても、修理状況のデータ更新が間に合わず、ソフトバンクショップ側で適用がすぐにできない場合があります。 正規サービスプロバイダでは「少し時間をあけて、または日をあけてから、ソフトバンクショップで手続きしてください」と説明されます。 なので、修理が終わったからと言って、ソフトバンクショップでの手続きが終わるまでに「あんしん保証パック」を解約してしまうと…割引対象外となり、高額の修理代金の負担することにもなりかねませんので要注意です。 「あんしん保証パック」による割引対象にも気をつけて 「あんしん保証パック」では、割引の残高が無くなるまで割引が毎月される訳ですが、割引の対象が限定されていますので注意してください。 とくに最低維持費で運用されている方は注意が必要です。 要するに、ホワイトプランなどの基本料金や、スマホの端末の割賦金(分割払い金)からは割引されないので、毎月基本料金程度で運用されている方は割引対象が無いので割引となりません。 通話料金やパケット定額料金、各種オプション料金が割引の対象となっています。 結果として割引の残高が減らず、実質的に割引を受けられていない状態となりますのでご注意ください。 当たり前ですが、携帯電話契約自体を解約してしまった場合も割引を受けられなくなります。 恐らく譲渡についても同様かと思われます。 (こちらは未確認) 「あんしん保証パック」の割引のまとめ 「あんしん保証パック」は「Apple専用修理代金還元」の適用手続さえしてしまえば、「あんしん保証パック」自体を解約しても割引は継続されます。 また、iPhone6やiPhone6 plusをはじめとする新機種へ機種変などを行った場合でも、割引は継続されます。 ただし、割引の対象が通話料金、パケット料金、各種オプション料金等に限定されているので、最低維持費で運用されている方は「あんしん保証パック」の適用以前に、「あんしん保証パック」自体の加入の意味を考えてから加入してください。 【最後に…】情報の「チェックもれ」ありませんか?.

次の