蓄膿症 歯痛。 真菌性副鼻腔炎(副鼻腔真菌症)

歯が原因の副鼻腔炎?歯性上顎洞炎の症状・治療法 [歯・口の病気] All About

蓄膿症 歯痛

歯が原因による蓄膿症について 2000年6月1日発行 No. 68 第64号 しらかば薬局 発行:しらかば通信編集委員会 桜の花びらも散り、だんだんと暖かくなってまいりました。 皆様はいかがお過ごしでしょうか。 今回は、歯と鼻の意外な関係について 上田歯科クリニックの上田昇先生にお話していただきます。 人体に生理的に有る腔内に化膿性炎症が生じ濃汁がたまっているのを蓄膿といいますが、 顔面(上顎 じょうがく )にも鼻の周囲に 上顎洞、篩骨 しこつ 洞、前頭洞、蝶形骨洞 と呼ばれる空洞(副鼻腔)があり、この部位の内面の粘膜が感染して炎症を生じたものが副鼻腔炎です。 昔はよくみかけた疾患で、子供がよく鼻汁を垂らしていたのを記憶していますが、最近はあまり鼻汁を垂らした子供を見かけなくなり、代わってアレルギー性鼻炎が見られるようになっています。 これは、寄生虫が人体に寄生しなくなったせいといっている学者もいて、時代の流れで病気も変わる事を示しているのでしょう。 歯科と関係が深いのは上顎洞で、歯の根の先がこの空洞に近いので、歯及び歯周組織の炎症が容易に上顎洞に移行します。 特に小臼歯、大臼歯の虫歯から歯髄が感染しそこの炎症が上顎洞の洞底の骨を溶かしていけば容易に上顎洞の粘膜も感染し上顎洞炎を併発してしまいます。 このように歯の炎症から上顎洞の炎症を起こしたものを 『歯性上顎洞炎』 と呼びます。 決して稀なものではなく、上顎洞炎の1割ほどを占めるともいわれています。 症状としては、上顎洞部の痛み、偏頭痛、頭重感、眼痛、鼻漏、鼻閉、臭覚減退、などの上顎洞炎の症状と同じで、耳鼻科を受診して歯が原因であると指摘されることが多いのですが、顔が腫れたり、歯の痛みで歯科を受診して上顎洞まで炎症が広がっていると、レントゲンを撮影して指摘をうけることもあります。 逆に歯痛で歯科を受診し歯が原因ではなく、上顎洞炎と診断され耳鼻科に紹介されることもあります。 虫歯もないのに歯が痛いときはこの上顎洞炎を歯医者は疑います。 歯科にもパノラマレントゲン写真というのがあり、歯と上顎洞の関係がすぐ解りますので診断は容易です。 また、上顎洞の腫瘍(悪性も良性も有り)が原因で歯痛を生ずることもありますので歯の痛みも放は出来ませんね。 話がとびますが、左下の奥歯の痛みは心筋梗塞の放散痛の場合も、稀ですがありますので注意が必要でしょう。 歯の痛みも原因は歯ばかりではない事を覚えていてほしいと思います。 シソーノーロー(辺緑性歯周炎)が進行して周囲の骨を吸収し上顎洞下底の骨をとかしても起こりますので虫歯がないからといって安心は出来ません。 【 治療方法 】 最近の上顎洞炎はすぐ手術はせず、抗菌剤の服用で保存的に治療するのが一般的です。 しかし、歯性上顎洞炎は歯の治療が最優先されます。 虫歯や、感染した歯髄の根管処置をして感染源の治療をします。 もし歯を残せそうもなければ抜歯しなければなりません。 抜歯した場合に良く口腔と上顎洞が交通し、上顎洞内に溜まっていた濃が口腔に流れ出る事がありますが、そうすれば上顎洞炎の治癒も早くなります。 抜歯後に生じた口腔と上顎洞の交通部分はほとんどの場合は自然に閉鎖されますが、骨の破壊が大きい時には自然閉鎖されない事があり、手術で閉じてやらねばなりません。 歯科では抜歯して上顎洞と交通が認められれば、患者さんに説明しますので、その時はなるべくうがいをせずに、傷をそっとしておき、安静を保ってください。 うがいをしたら鼻から水が出てきたとか鼻から血が出る事もありますが、ほとんどの場合は問題ありません。 抜歯した傷が閉鎖されない時はタバコが吸えないとか、ストローで水物が吸えないとか、水物が鼻から出るなどの症状がありますのですぐに気がつきます。 兎に角、虫歯やシソーノーローを放置して骨を溶かさない事が予防の原則です。 又、傷が閉鎖されないのを放置すれば上顎洞炎は悪化しますので注意が必要でしょう。 成人において洞は頬骨突起、前頭突起および歯槽突起などの諸所に凹みを作る(頬骨窩、前頭窩、歯槽窩)。 歯根と洞との関係については個人差があって一律には論ぜられないが、第2小臼歯以後3本の臼歯根尖とはきわめて接近し、時には洞内に向かって根尖に相当する隆起を形成している事すらあるしたがって、これらの歯の根尖部歯周炎は容易に洞側骨膜を経て洞骨膜に波及し、急性及び慢性の上顎洞炎を誘発しやすい。 [] [].

次の

副鼻腔炎で鼻水が出なくなる?不思議な症状に迫ります!

蓄膿症 歯痛

現在 妊娠中とのことですから。 きちんとした治療は残念ですができません。 レントゲンは臨月になれば胎児に影響することはないです。 実際 帝王切開の際には皆さん肺のレントゲン撮ってからの手術ですから。 蓄膿症ですが 胎児への影響を一番にDr. も考慮しますから、薬に制限があるのは仕方のないこと。 苦痛でしょうが 本当の治療は出産後でないとできません。 その際も 母乳育児は出来なくなる可能性もありますが 病む負えないと思います。 蓄膿症の薬は マクロライド系と言われる強い抗生物質を使います。 通常の大人でも 期間を決められています。 なぜなら 抗生剤が強すぎて 逆に薬が効かない体になる恐れもあるからです。 その薬でも治らないのであれば 耳鼻科で内視鏡を使っての手術になります。 となると妊娠を継続するのであれば 痛みを我慢するしかありません。 辛いでしょうが 体を休めながら過ごすのが現状かなぁと思います。 耳鼻科での吸引や吸入では限界があると思います。 蓄膿症ですか? いわゆる副鼻腔炎ですよね? とりあえず、耳鼻咽喉科は受診されましたか? まだでしたら、耳鼻咽喉科を受診してください。 副鼻腔の膿を吸引してもらい、かつ抗生剤(妊婦でも使用可能なものがあります)で、鎮静効果を待つほうが、 鎮静剤を使うよりは無難だとは思います。 また、レントゲンは撮らなくても、耳鼻咽喉科なら確か「咽頭ファイバースコピー」だったかな、カメラを鼻からいれて、 副鼻腔のなかも検査できるのではないでしょうか? 詳しいことは、耳鼻咽喉科の医師に聞いたほうが確実だとはおもいますが・・・ ただ、これは最悪のケースですが、あまり放置しておくと副鼻腔内の膿が、どんどん脳や髄膜のほうに進行しかねないとも限らないので、早急な処置が必要かと思います。 悪化させてからでは、当然処置も大がかりになってしまいますよね? 胎児にも影響がでては大変です。 現在罹ってらっしゃる歯科医師には、その旨をつたえて(これが結構重要です。 医師も専門が違ってくると楽観視して、結構ミスしやすくなりがちです。 )紹介状を書いて頂き、できれば開業医ではなく、そこそこ大きな総合病院(もちろん評判の良い)の耳鼻咽喉科を受診してください。 残念ながら、開業医の施設では手に負えない患者は、結局、総合病院へまわされてしまいます。 だったら、最初から総合病院を受診したほうが、労力・金銭ともに楽です。 尚、この時期の、総合病院はインフル等の感染患者も結構いますので、絶対にマスクは忘れないようにしてください。 では、お大事になさってください。

次の

歯の根の先に膿が溜まる歯根嚢胞/8つの症状と治療法

蓄膿症 歯痛

・蓄膿症で頭痛がする原因は?子供の場合は? ・蓄膿症の頭痛で熱や吐き気、めまいが伴う原因と治し方。 ・蓄膿症の頭痛で歯痛や肩こりを伴う原因と治し方。 ・蓄膿症の頭痛の予防対策方法は? Sponsored Link 蓄膿症で頭痛がする原因は?子供の場合は? 蓄膿症とは? 蓄膿症は、鼻の穴の奥にある副鼻腔という大きな空間に膿がたまる病気です。 蓄膿症の前段階の膿が溜まってはいないけれど副鼻腔に炎症がある状態と合わせて、 正式には副鼻腔炎といいます。 蓄膿症で頭痛が起こる原因 副鼻腔に鼻水や膿が溜まり、炎症が起こると目や頭に痛みを感じることがあります。 どの部分に痛みが出るかは、副鼻腔の中のどの部分に炎症があるかで変わります。 これは、 鼻水が鼻の穴から外にでるのではなく、後ろ(喉の方)へと流れ落ちる状態です。 炎症を起こしていますから、鼻水と共に膿も喉から胃へと流れ落ちてしまいます。 体は、膿を排出しようとしますから吐き気が起きてしまうのです。 蓄膿症でめまいが起こる原因 めまいの原因としてまず考えられるのは耳の疾患ですね。 鼻と耳は根元で繋がっているので、蓄膿症が悪化することで耳まで炎症を起こしてしまうことがあります。 これを放置するとめまいが起こってしまうのです。 Sponsored Link 蓄膿症の頭痛で歯痛や肩こりを伴う原因 蓄膿症で歯痛が起こる原因 副鼻腔は上顎の歯に近いので、副鼻腔炎になると上の奥歯が痛くなることあります。 虫歯でもないのに歯が痛む。 しかも同時に何本もの歯が痛いという場合は、蓄膿症かもしれません。 逆に、虫歯や歯周病を放置したことによって蓄膿症になる場合もあります。 蓄膿症で肩こりが起こる原因 蓄膿症は、副鼻腔が炎症を起こしている状態です。 大量の膿がでますので、体に負担がかかって肩こりの原因となることもあります。 蓄膿症の治し方 局所療法 耳鼻科に行くとまず行われる治療です。 鼻腔や服鼻腔にたまった膿や粘りけの強い鼻水を洗浄・消毒・吸引します。 薬物療法 投薬による治療です。 鼻水を抑える薬と共に、抗生物質も処方されます。 手術療法 局所療法と薬物療法で症状が改善しない場合に行われます。 鼻は目や耳、脳にも近い場所なので、信頼できる病院を探しましょう。 蓄膿症の頭痛の予防対策方法は? 鼻プッシュ(鼻ヨガ) 鼻呼吸をしやすくするために考案された 鼻ヨガは、蓄膿症の予防になります。 ほお骨をプッシュするだけで簡単です。 鼻カイロ 鼻を温めると、鼻の通りがよくなります。 予防の為にはとてもいい方法ですが、蓄膿が悪化してからは医師に相談してから行いましょう。 鼻うがい 生理食塩水や重曹水を鼻から注入して洗います。 慣れるまでは噎せたりして辛いかもしれませんが、鼻水を洗い流せてすっきりします。 蓄膿症は、副鼻腔炎が炎症を起こして膿が溜まっている状態です。 この膿が頭痛を引き起こし、悪化すると熱・めまい・歯痛・吐き気など様々な症状が現れます。 悪化すれば、最悪手術が必要になるので、 たかが鼻づまりと放置しないようにしましょう。

次の