アルコール スプレー コロナ。 【トップバリュ】キッチンアルコール除菌スプレー

新型コロナウイルス「最適な消毒薬は?」「安全な使い方は」「入手困難どうすれば?」薬剤師に聞きました(市川衛)

アルコール スプレー コロナ

厚生労働省は2月6日、公式ツイッターを使ってアルコール消毒について異例の注意喚起を実施した。 ネット上で「新型コロナウイルスに対し、アルコール消毒には予防効果がない」とする情報が出回っていたことを受けてのもので、「誤った情報です。 厚生労働省では咳エチケットや手洗い、うがいなどと並んで『アルコール消毒』を行なっていただくよう、国民の皆さまにお願いしています」とツイート。 先の都内チェーン店の担当者は「厚労省からのお墨付きの影響か、2月上旬からさらに問い合わせが増えるようになった」と話す。 消費者向けの手指アルコール消毒剤は、大手数社で国内シェアの約8割を占める。 トップシェアは「手ピカジェル」などを生産する健栄製薬だ。 シェアは5割に達するとされる。 1月下旬、健栄製薬の松阪工場で休日返上の増産が始まった。 稼働時間が「通常時の倍」という異常事態。 土日や祝日も稼働し続ける対応で、「キャパシティーの限界まで増産している」と同社の担当者は言う。 そもそも1月はインフルエンザなどの流行期で増産する傾向にあるが、1月中旬以降に卸売業者からの問い合わせが殺到。 現在、受注は通常時の10倍以上に達している。 「フル稼働していても全ての注文に応えられていない状況だ」(同社) 健栄製薬の工場では、原料メーカーから調達したアルコールに水やヒアルロン酸などを混ぜ、それをジェル状に加工するという工程を踏んでいる。 「原材料の確保が難しいという話は出ていない。 単純に当社の生産キャパシティーの問題だ」とするものの、今後の設備増強については「ノーコメント」としている。 健栄製薬に続くシェアを持つとされるのが日用品大手の花王、ライオン、サラヤだ。 「ビオレu 手指の消毒液」などを生産する花王も、既に増産に踏み切っている。 「いつまでこの状況が続くか分からないので、今後の増産体制に対してはコメントする段階にない」(花王広報)としている。 「キレイキレイ 薬用ハンドジェル」が1月の出荷ベースで前年同月比1. 5倍になったライオン。 在庫がひっ迫してきたことを受けて、2月下旬からの増産を決めた。 健栄製薬や花王と同じく、設備の拡充については「まだ決まったことはない」(ライオン広報)としている。 サラヤは2月6日、電話での問い合わせが殺到したことを受けて、取引先に対してオンラインでの発注を促す文章を配布した。 国内での感染者が発生した1月下旬以降に問い合わせが増加し、現在でも生産や在庫をはるかに上回る発注があるという。 健栄製薬や花王と同様、サラヤも既に、操業時間の延長や増員による増産に踏み切っている。 各社は今後の需要が読めない中、現有の設備での増産にとどまっているのが現状だ。 今後は設備増強に踏み切るかどうかが焦点になるが、あるメーカーの担当者は「消毒液の容器を中国で作っているケースもあり、単にラインを増やしても、今度は材料がボトルネックになる恐れもある。 慎重に判断したい」としている。 需給ひっ迫はしばらく続くと見たほうが良さそうだ。

次の

新型コロナウイルス「最適な消毒薬は?」「安全な使い方は」「入手困難どうすれば?」薬剤師に聞きました(市川衛)

アルコール スプレー コロナ

「消毒用アルコールですか?入荷は未定です。 マスクより厳しいです…」 けさ、筆者が近くのドラッグストアで店員さんに尋ねると、そんな答えが返ってきました。 いま、新型コロナウイルス感染症の影響で、消毒薬の品切れが相次いでいます。 ネットのショッピングサイトでは1ボトルに1万円近い価格が付けられているケースまで出ているようです。 一方で消毒薬を求めるあまり、人体にとって有害な燃料用アルコールが購入されている可能性も危惧されています。 (NHK News Web 2020年2月19日) ドラッグストアには様々な消毒薬が売られています。 コロナウイルスが心配な場合、どれを選べば良いのでしょうか?間違えると危険なものはないのでしょうか? 現役の薬剤師として「自分にあった市販薬を選びませんか?」をテーマにブログやSNSなどで情報を発信されている kurieditsさんに聞きました。 消毒薬イメージ 画像:写真AC 多少入荷してもすぐ売り切れ 医療機関でも不足か Q いま消毒薬を求めてドラッグストアにいらっしゃる人は、多いですか? 消毒薬の需要は本当にすごいです。 店頭では除菌・消毒関連の商品について1日に何度もお客さんから聞かれます。 多少入荷してもすぐ売り切れてしまう。 全く入荷してこない商品もあります。 市場調査のために街のドラッグストアを何軒も回るのですが、どの店も欠品だらけです。 医療機関に勤務している方が、わざわざドラッグストアの店頭に消毒用アルコールを買いに来たケースもあり、これは本当に大変なことだなと感じました。 その中で気になるのは、先述のニュース(「消毒用アルコール ひと文字違いが命取り」)にもあるように、消毒薬への誤解です。 お客さんとお話していると、消毒薬の種類を区別されていなかったり、自己流の使い方をされている方も意外と多く、消毒薬への理解には個人差が大きいと感じます。 一口で消毒薬といっても、特徴も使い方も異なりますので、注意が必要です。 コロナウイルスへの対策に適した消毒薬は Q ドラッグストアで消毒用の製品のコーナーに行くと、いろいろなものが売っています。 コロナウイルスへの対策を考えた場合、何を選ぶべきでしょうか? 消毒薬というのは万能ではなく、成分によって効果が発揮できる細菌やウイルスが決まっています。 誤った消毒薬を選んでも、目的のウイルス対策にはなりません。 通常、消毒成分のアルコールとは「エタノール」成分を指します。 実はエタノールと並ぶ、もう一つの代表的アルコール成分としてイソプロパノールという消毒成分が市販薬として売られています。 ただし、匂いがきついことや、エタノールよりも脂を落とす作用が強く手が荒れやすいなど、安全面で欠点のあるアルコールです。 消毒用エタノール 適切に使うために Q)「エタノール」と書いてあるかどうかが大事ということですね。 ほかに、気を付けたほうが良いことはありますか? エタノールを選ぶ上で着目するのは濃度です。 店頭では製品のラベルに記載された成分濃度を確認してみてください。 ポイントは、濃度が高いほど効果が高いわけではないことです。 市販薬で入手できる消毒薬のうち、いちばん手指消毒に向いているのは濃度80%前後のエタノールです。 エタノールにしても使いすぎは手を荒らすことになります。 手荒れが気になる方は、あらかじめグリセリンなどの湿潤剤が添加されたアルコール系消毒薬を選んだり、使用後にハンドクリームでスキンケアしたりする方法があります。 アルコール消毒イメージ 画像:写真AC 詰め替えボトル 100円ショップのもので良いの? Q)他に、よく質問されることはありますか? 使い方や詰め替え容器の相談も多いですね。 手指消毒に使いやすいノズル付きやスプレータイプの消毒薬が早々に売れてしまったため、店頭にはボトルだけの商品だけが残っていることがあります。 「100円ショップのスプレーボトルに詰め替えればいいの?」と質問されますが、そもそも、市販の消毒薬のラベルには「他の容器に入れ替えないでください」と書かれているものがほとんどだと思います。 消毒薬の種類によっては微生物が繁殖しやすいものがありますし、容器を変質させてしまうこともあるからです。 実際に100円ショップの空のボトルのラベルを見ると、エタノールを入れないでくださいと書かれた商品がたくさんあります。 また、エタノール禁止の注意書きがない空ボトルでも安全であるとは限りません。 例えば、わたしが無印良品で売られている「PET詰替ボトル」について相談窓口に確認したところ、「エタノールの詰め替えによって容器のひび割れなど破損が報告されているので、ご遠慮いただいています」といった趣旨の回答をいただきました。 このほか、詰め替えた容器を、家族がエタノールと知らずに誤用・誤飲してしまう恐れもあります。 わたし自身のお客さんの中にも、今回の騒動の中である消毒剤を自己判断で安価なボトルに移し替えたところ、変な匂いがすると言って相談に来られた方がいました。 異臭の原因はわかりませんが、安易な詰め替えは避けた方が良いと思います。 消毒用アルコールがなければ手洗いを Q 消毒用のアルコールが売り切れて手に入らず、心配されている方もいらっしゃいますね。 薬剤師としてどのようにアドバイスされていますか? いま厚労省やWHOなどの公的機関が一般の方々に伝えている手指の衛生対策は2つです。 一つはアルコール消毒、そしてもう一つは手洗いです。 手洗いも大事なんですね。 消毒用のアルコールが手に入らなければ、手洗いを心がけるのが良いと思います。 ハンドソープでしっかり洗う場合は「ハッピバースデー」の歌2回分ほどの時間をかけると良いとされています。 随分長いと感じられるかもしれません。 でも、エタノール消毒であっても効果を得るには実は少なくとも15秒は必要です。 しっかりと手にすり込み、乾燥させることが大事と考えられています。 消毒用アルコールが手に入らなくても、いつもより時間をかけて手を洗う、むやみに顔に手を触れない、人ごみを避けるなど効果的な対策は実はたくさんあるのです。 安易な転売は違法行為のおそれ 最後に、最近ちょっと気になっていることを、2つ付け加えさせてください。 いまネットのショッピングサイトなどで、消毒薬が高額で販売されています。 異常な値付けもさることながら、そうした高額出品者の中には医薬品販売の許可を得ていない業者がいる可能性があります。 というのも、医薬品を販売する際は販売許可やその責任者名などを明記しなくてはいけないのですが、それが見当たらないのです。 販売許可を得ずに薬を売ることは違法行為とされるおそれもあります。 今の騒動に便乗して、安易な気持ちで薬を売る方が現れないことを祈ります。 また、今、店の現場は異常事態になっています。 開店前からお客さんが並ぶ、お客さん同士のトラブルが発生する、お客さんからの問い合わせと質問でスタッフが手いっぱいになると言った非日常が繰り広げられています。 ドラッグストアの現場で働くスタッフは、どうすれば一人でも多くのお客さんにお探しのものをお届けできるか精いっぱい努力しているはずです。 どうか、その点をご理解いただければ幸いです。 新型コロナウイルスという脅威を前に、皆で力を合わせてうまく対応していきたいですね。 【取材協力】Kurieditsさん 市販薬の販売に携わる薬剤師。 JCEJ「ジャーナリズム・イノベーション・アワード」11位、朝日新聞「未来メディアキャンプ」未来メディアキャンプ賞受賞。 Kampf et al. Persistence of coronaviruses on inanimate surfaces and its inactivation with biocidal agents. J Hosp Infect. 2020 Feb 6. pii: S0195-6701 20 30046-3.

次の

コロナ対策で自宅の消毒にスプレー式を使わない方がいい理由

アルコール スプレー コロナ

ご存じのように「ウイルス」と「細菌」はぜんぜん異なるものです。 今回の新型コロナウイルスは 従来のコロナウイルス SARS、MERSを含む やインフルエンザウイルス、 またヘルペスやエボラや日本脳炎などのウイルスと同じ 『エンベロープ』を持つウイルスの類に含まれるもので 『エンベロープ』とは単純に言うと ウイルスの最も外側の「膜」であり この膜はタンパク質 =脂質 でできています。 タンパク質 =脂質 でできているため、 アルコールによる消毒やせっけんによる手洗いで その膜が容易に破壊されてしまうためそれらのものが非常に有効なわけで、 それと同様に 我々の手の表面 皮膚 もまたタンパク質 =脂質 でできているため 副作用として手荒れなどの原因となってしまいますが それこそがウイルスに対して「効果を示している」表れでもあるわけです。 ちなみに、アルコールハンドジェルでは アルコールに加え、 ヒアルロン酸ナトリウムやプロピレングリコールなどの保湿剤が 添加されているため手荒れが起きにくくなっているのです。 それと同様に、よく気休め程度、やった感だけで スーパーなんかの出入り口に置かれているアルコールスプレーを 少量塗布してる人がいたりするのをよく見かけますが それもまた十分な効果はありません。 アルコールハンドジェルが品薄で 市販のキッチン用アルコールを代用して手指消毒をすることもできますが その場合では保湿剤が添加されてないため 先にも話したようによく手荒れが起こる場合があり、 ご自身が普段使用しているハンドクリームなどで 消毒後にケアすれば、手荒れは幾分緩和できるものと思います。 今回の新型コロナウイルスでは、 証拠、根拠、裏付けの示された出所のしっかりした情報でないと 場合によっては命にかかわるものですので くれぐれもご注意ください。 長文にて失礼をいたしました。 ただし、アルコール濃度が低いと除菌に時間がかかります。 実はアルコールによる除菌はアルコール濃度が高い場合と低い場合で除菌の仕組みが違うんです。 アルコール濃度が高いとウイルスや細菌を直接破壊できます。 しかし、アルコール濃度が低いとウイルスや細菌を変質させて非活性化するので除菌に時間がかかるのです。 逆に言うと時間がかかるので、手指の消毒にはむいていないということです。 残留物のこともありますしね とりあえず、そのハンドスプレーのアルコール濃度を調べてみてください。

次の