この ルート の 人間 は パラレル ワールド を 信じる か。 このルートの人間はパラレルワールドを信じるか? │ 吹き出し型2chまとめ【LINE2ch】

[B! 不思議] このルートの人間はパラレルワールドを信じるか?

この ルート の 人間 は パラレル ワールド を 信じる か

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます このルートの人間はパラレルワールドを信じるか? 不思議. netはてなブックマーク - このルートの人間はパラレルワールドを信じるか? 不思議. net プレビュー このルートの人間はパラレルワールドを信じるか? 不思議. net 信じるならば聞くべきだ。 し確定した事項ではない、過信はするな。 が起こる。 続きを表示 信じるならば聞くべきだ。 し確定した事項ではない、過信はするな。 が起こる。 今回のは大きいとなるだろう。 こののはを感じとはあるか? とは非常に高い頻度で起こっている。 です! になってこの()が5ねるで少しになってい。 というのも、を作るためにいろんなを見るのですが、この()を探している人がいるのをよく見かけるんですよね。。 私もこので語られている「の」が来ているのではなと思っともあり再アップしてみました! です! () こののでとてもな事が起こってました! どうなのかはではできないのですが、そのなをにしているがあるのでを張っておき。

次の

パラレルワールド

この ルート の 人間 は パラレル ワールド を 信じる か

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます このルートの人間はパラレルワールドを信じるか? 不思議. netはてなブックマーク - このルートの人間はパラレルワールドを信じるか? 不思議. net プレビュー このルートの人間はパラレルワールドを信じるか? 不思議. net 信じるならば聞くべきだ。 し確定した事項ではない、過信はするな。 が起こる。 続きを表示 信じるならば聞くべきだ。 し確定した事項ではない、過信はするな。 が起こる。 今回のは大きいとなるだろう。 こののはを感じとはあるか? とは非常に高い頻度で起こっている。 です! になってこの()が5ねるで少しになってい。 というのも、を作るためにいろんなを見るのですが、この()を探している人がいるのをよく見かけるんですよね。。 私もこので語られている「の」が来ているのではなと思っともあり再アップしてみました! です! () こののでとてもな事が起こってました! どうなのかはではできないのですが、そのなをにしているがあるのでを張っておき。

次の

このルートの人間はパラレルワールドを信じるか?

この ルート の 人間 は パラレル ワールド を 信じる か

世のざわめきを感じたことはあるか? 今がその真っ只中だ。 世界は静かに、実に穏やかに異常なざわめきを起こしている。 これは大きな分岐の予兆となる。 分岐の多くは人為的に、稀に自然により引き起こされるが、今回の分岐は確実に人為的だ。 しかし分岐とは必ずしも決断ではないことをまず理解しておいてほしい。 分岐点は不定期ながらに存在し、それらを回避することは実質的にできない。 回避は壊滅を意味し、選択権の剥奪となるためだ。 分岐点から分かれるルートの数は不確定だが、今回与えられたルートの数はおおまかに4つほどだ。 ほぼ変化のみられない、回避に限りなく近いルート。 世界は変化する。 それはもはや人類の知る世界ではないが、滅亡へのルートからは限りなく離れられるだろう。 世界のバランスが崩壊し、2のルートとは違う変化を起こす。 もはや概念は全て無意味となる。 後述 1のルートについて 世界のバランスが崩壊し、 2のルートとは違う変化を起こす。 もはや概念は全て無意味となる。 少々物騒な言い方をしてしまったかもしれないが、この場合での「世界のバランス」というのは、いわゆる権力などの力関係、そして法律などのルールのことを指す。 ある大きな出来事 世界大戦であったり、世界規模での大革命であったり により、それらが崩れ去る。 権力者はただの庶民になる。 そして法律はほぼ全ての国で無意味となる。 ならば世界は混沌に包まれるのかといえば、それは少し違う。 法が消え、極端に言えば人を殺めても罰されない世界になると、人々はまず報復を恐れる。 なので、吹っ切れた行動を起こす者はあまり現れない。 しかし権力者からすれば、自らを狙うかもしれない輩から法というリミッターを外されてはたまらないと考え、庶民へと身を落とす。 金など払う必要も無いのに人々は売買を止めない。 ほぼ全員が、「他人が続けているから」と考えるからだ。 このルートは、ある意味での究極の抑止力を産む。 大災害や不治の病、に近い大規模な障害による壊滅や絶滅という結末を迎えるのがこのルートだ。 今回の分岐における鍵となるのは ある者のたった一つの決断だ。 しかしそれらは 1のルートとは全く関係がない。 1のルートは限りなく自然に近い人為的な分岐だからだ。 ある者は2つの選択肢を与えられる。 内容は、簡単にいえば「イェス」か「ノー」。 イェスは 2のルートへ、ノーは 3のルートへ繋がる。 それは我々にとっての権利であり、また ある者に近い者たちにとっての義務であるから。 分岐における鍵となる「ある者」とはどのような存在? 分岐に影響を及ぼすのは国の権力者や指導者などが主で、今回もそれは変わらない。 ただし、その存在が日本における権力者または指導者とは限らない。 が、具体的に誰とは言えない。 それは私のような推測者が、決してやってはいけないタブーだ。 改元:2019年5月1日 東京五輪:2020年7月24日~ 結果として、オリンピックは2021年へと延長されました。 付け加えると、分岐点は、短い時間のうちに多数の変化の可能性が発生したもので、原因は同じであっても分岐するタイミングにはズレが生じる。 また、今回における4のルートのように、他のルートとの関連性が全くないものも珍しくはない。 2のルートに行くにはどうしたらいい? どこの国で選択が起こるかが教えられないので、少々遠回りな方法になってしまうが、選択肢を与えられる人間に対して「影響を与えられる人間」になればいい。 自分自身が権力者となるということでもいい。 ただし、選択が必ずしも望んだものになるとは限らない。 小さいドミノが倒れて、徐々に大きなドミノになる「可能性」が あるから、「教えられない」のではなくて「教えることが不可能」なのでは? ドミノの例えは実にその通りで、少々うやむやな分岐の瞬間をよく表している。 確かにどこかに必ず分岐の発生はあるのだが、私ではそこまで特定することはできない。 あくまでドミノの途中の分かれ道の場所を推測できるだけだ。 ここまでが彼の 推測する世界の分岐についてです。 次のページからは彼のパラレルワールドへのコンタクトについてです。 引き続きお楽しみください。

次の