デカフェ コーヒー。 DECACOとは

DECACOとは

デカフェ コーヒー

デカフェとは デカフェとは、本来カフェインを含んでいるものからカフェインを取り除いたもののことをさします。 カフェインは完全に取り除かれている訳ではありませんが、ごく少量まで除去されています。 そのため、カフェインの摂取を控えなければならない人、カフェインの影響を気にする人でも気軽に飲めるようになっています。 デカフェにするためには、カフェインを抽出しなければなりません。 これには3通りの抽出方法があります。 コーヒーの生豆を水に浸し、その水にカフェインを溶かします。 カフェインが溶け出した水に、有機溶媒と呼ばれる薬を使用してカフェインを抽出します。 抽出する際に薬を使用しますが、コーヒー豆には直接触れません。 そのため、安心な製法として多くのデカフェ商品に採用されています。 すると二酸化炭素は、気体と液体の両方の性質を持った状態になります。 そこからカフェインを抽出する製法です。 二酸化炭素は常温・常圧に戻すと除去できてしまいます。 万が一、残ってしまったとしても毒性はありません。 安全性が高い上、味や風味もほとんど損なわれません。 そのため、カフェインの抽出方法の中で1番安心かつ高度な製法です。 その際「ジクロロメタン」と呼ばれる薬品が使用されます。 この製法には、風味が損なわれる、薬品の残留などの問題があります。 そのため、日本ではこの製法のデカフェ商品の販売や輸入が禁止されています。 デカフェの危険性 上記のカフェインの抽出方法の中でご紹介した薬品を使用して抽出する方法。 その際に使用されている「ジクロロメタン」に危険性があります。 このジクロロメタンは、金属機械の油脂の洗浄などに使用されており、発がん性もあると言われている物質です。 日本では食品衛生法の基準に適合しないため、カフェイン抽出に薬品を使用することは法律で禁止されています。 ところが、海外では味を損なうことなく簡単に処理できるとして、広く薬品が使用されているようです。 デカフェのメリット ・カフェインの過剰摂取を防げる ・カフェインを控えなくてはいけない人でも飲める ・睡眠を妨げない ・コーヒーの香りを楽しめる ・カフェイン中毒や依存症の予防 ・美肌効果 デカフェはカフェインがほぼ除去されているので、カフェインによる悪影響を防ぐことができます。 妊娠中の人や授乳中の人でも飲めるので、コーヒーを我慢している人には嬉しい存在ですね。 デカフェのデメリット ・カフェイン以外の成分の損失が避けられないため、味や香りが通常のコーヒーに比べて劣る ・デカフェの基準がない ・カフェインの覚醒効果が期待できない ・値段が高い ・取り扱いがないところもある デカフェには、このようなデメリットがあります。 デカフェの基準ですが、EUでは99. 市販のデカフェ商品 現在、各メーカーでもデカフェの商品がされています。 そこでほんの一部ですがご紹介しておきますね。 やや深煎りで、ローストしたアーモンドのようなコクがあります。 香り高いモカを使用し、コーヒーを飲んだ時の満足感や美味しさを実現しています。 すっきりとした風味と柔らかい口当たりが特徴です。 自然の水だけを使用する独自製法でカフェインを抽出しています。 スターバックスのデカフェ商品 スタバの愛称で親しまれているスターバックスにもデカフェの商品があります。 代表的なものとして「ディカフェ コモドドラゴン ブレンド」があります。 私も1度スタバで試飲したことがあるのですが、結構苦かったです。 普段ブラックコーヒーが好きな人におすすめです。 そして2017年1月から「ディカフェ スターバックスラテ」も新たに加わりました。 すべてのエスプレッソに対応しているため、ディカフェの選択肢が豊富になりました。 ・ディカフェ ラテ ・ディカフェ キャラメルマキアート ・ディカフェ モカ ・ディカフェ ホワイトモカ ・ディカフェ カプチーノ ・ディカフェ アメリカーノ このようなラインナップがあります。 タリーズのデカフェ商品 代表的なものは「デカフェ エチオピアモカ」があります。 あっさりとして、ほんのり甘みがあるのが特徴です。 そのためブラックコーヒーが苦手な人でも飲みやすくなっています。 また、プラス60円で好きなエスプレッソドリンクをデカフェにすることができます。 ただし、取り扱いのない店舗もあるので、注文の際に確認してみてください。 最後に カフェインを控えなくてはならない人でも、コーヒーを楽しめるのは嬉しいですよね。 さらに普段コーヒーを何杯も飲むという人も、カフェインの過剰摂取予防のため、デカフェと併用する飲み方もおすすめです。

次の

デカフェコーヒーの作り方──既存の方法3種と未来の技術を紹介

デカフェ コーヒー

「デカフェ…って最近よく聞くけど、じっさいなんのことなの?」 と思っているかたのために、記事を書きました。 最近では、デカフェと呼ばれる、 カフェインが取り除かれたコーヒーや紅茶、お茶が増えています。 そのためカフェインを気にすることなく、ティータイムを楽しむことができるようになりました。 この記事ではそんなデカフェについて、• そもそもカフェインって何?• 最近よく耳にする「デカフェ」とは?• デカフェのメリット・デメリット• カフェインレス・ノンカフェインとは?• カフェインをとりのぞく3つの方法 という順に紹介していきます。 デカフェやカフェインについてざっくりと知るだけでも、ふだんのコーヒータイム・ティータイムがグッと楽しくなりますよ。 概要を知るだけならハードルはそこまで高くありません。 まずはこの記事で大まかにデカフェを理解していきましょう! 目次• カフェインってそもそもなに? カフェインについて 「飲むと目が覚めるよね!」 「飲みすぎるとトイレが近くなる…」 といったイメージを抱いているかたは多いでしょう。 ただ、カフェインの作用はそれだけではありません。 身体の脂肪を燃やす• 運動の能力が上げる など、様々な効果があります。 ときには、薬の成分として使われることも。 詳しくは「」をご一読ください! 最近よく聞く「デカフェ」って何? デカフェ(decafe)の「デ(de)」は、フランス語で「抜く・除く」という意味です。 そのためデカフェとは、コーヒーや紅茶のように もともとカフェインがあるものからカフェインを取り除くことを言います。 さらに、通常はカフェインを添加するコーラやエナジードリンクのような飲食物に カフェインを加えないことも意味しています。 なんとなく「デカフェ=カフェインを取り除いたもの」と思っていたかたもいるのではないでしょうか? それだけではなく、「カフェインを加えないこと」もデカフェなんですね。 デカフェのメリット3つ ここからは、デカフェを利用するメリットを• カフェイン中毒・依存症になりにくい• 胃腸にやさしい• 覚醒作用がない の順に3つ紹介します。 カフェイン中毒・依存症になりにくい カフェインは、取りすぎると中毒や依存症になることがある物質です。 確かに、目を覚ましてくれたり、脂肪の燃焼を促してくれるメリットもカフェインにはあります。 ただ、使いすぎによるデメリットがあることも忘れないでくださいね。 飲食物からカフェインをとりのぞくと、中毒や依存症になることを防ぐことができます。 胃腸にやさしい カフェインには胃液をたくさん出してくれる効果があります。 これは、食後など胃に食べものが入っている状態ではよい影響がありますが、空腹時には胃が荒れるリスクがあるのです。 その点、デカフェでカフェインが限りなくゼロに近い飲食物であれば、胃にも優しく楽しむことができますね。 覚醒作用がない カフェインによる影響は、人によってその強さがさまざまです。 夜にコーヒーを飲んでもぐっすり眠れるかたがいれば、一晩中おきてしまうかたもいます。 たとえカフェインの覚醒作用が強く出るかたであっても、デカフェのコーヒーであれば問題ありません。 夜にまったりコーヒータイムを楽しんで、かつカフェインで覚醒することがないのはデカフェのメリットですね。 デカフェのデメリット さまざまなメリットがあるデカフェ。 ですが、当然デメリットもあります。 ここでは、デカフェの• 味がもの足りない• 取り扱いがないお店が多い• 取りあつかっているお店が少ない という3つのデメリットを紹介します。 値段が高くなりがち デカフェの飲食物は「カフェインをとりのぞく」という作業が必要なため、値段が高くなりがちです。 たとえば、ふつうのネスカフェ ゴールドブレンドであれば135gで1,011円ですが、これがデカフェになると100gで1,700円に。 このように、同じメーカーのインスタントコーヒーで比較しても、値段が高くなってしまうのはデカフェのデメリットですね。 味がもの足りない デカフェはしばしば「味がもの足りない」と言われます。 カフェインをとりのぞいているからなのか、それともカフェインをとりのぞくときに味が落ちてしまうのか。 理由はともかく、どこかマイルド、もしくは香りが少ない飲食物になってしまうのは、デカフェのデメリットです。 取りあつかっているお店が少ない まだまだメジャーではないのも、デカフェのデメリットですね。 というのも、カフェやスーパーなどでデカフェのものを探しても、取りあつかっていないところが多いんです。 Amazonや楽天などで探せばたくさんあるので、さほど問題ではないかもしれません。 ただ、外出先でどうしてもデカフェが飲みたいと思っても苦労するのはデメリットと言えます。 メリット・デメリットを軽くまとめておくと、 【デカフェのメリット】• カフェイン中毒・依存症になりにくい• 胃腸にやさしい• 覚醒作用がない 【デカフェのデメリット】• 味がもの足りない• 取り扱いがないお店が多い• 取りあつかっているお店が少ない というものがありましたね。 次はカフェインレス・ノンカフェインと、デカフェがどのように違うのかをお伝えします。 カフェインレス・ノンカフェインとの違い よく混同してしまうのが、「デカフェ」「カフェインレス」「ノンカフェイン」の違いです。 実際のところ、その違いがはっきりわかるかたは少ないのではないでしょうか。 ここからは、デカフェとカフェインレス、ノンカフェインの違いを紹介していきます。 カフェインレスとは カフェインレスは、その名の通り カフェインが少ないものを指しています。 具体的には、 カフェインがゼロではないものの、ほぼゼロと言ってよいくらいカフェイン含有量が少ないものがカフェインレスなのです。 欧米では「0. 1%以下のカフェイン含有率になったものがカフェインレス」という明確な基準があります。 ノンカフェインとは ノンカフェインはカンタンで、 カフェインが全く入っていないものを指します。 ゼロカフェインと呼ばれるときもありますね。 デカフェのようにカフェインを取り除いたもの以外にも、麦茶やルイボスティーなど、元からカフェインが入っていないものもノンカフェインです。 デカフェの中に、カフェイン含有量の基準をもったカフェインレスがあり、それよりもカフェインが少ない(ゼロな)のがノンカフェインです。 デカフェ・カフェインレス・ノンカフェインの違いがお分かりいただけたかと思います。 カフェインを取り除く方法 ここからは、コーヒーや紅茶などからカフェインを取り除く方法について紹介していきます。 実は、ただカフェインを取り除くと言っても、その方法には3通りのものがあるのです。 有機溶媒抽出 有機溶媒という化学物質を使うのがこちらの方法。 世界初の脱カフェイン法です。 安価にカフェインのとりのぞける方法のようですが、カフェイン以外の成分もとってしまうので、味・風味が落ちるのも事実。 また、脱カフェイン時に使った化学物質が残るリスクから、日本では有機溶媒抽出でのデカフェ製品は販売が禁じられています。 水抽出(スイスウォーターメゾッド) 水を使った2段階の方法でカフェインを抽出するのが、こちらの方法になります。 具体的な方法としては以下の通りです。 コーヒー豆の成分を水で抽出する• 有機溶媒を使って、成分を含んだ水からカフェインを除去する• 水に残った有機溶媒をとりのぞく• カフェインが除かれた水にコーヒー豆をもどす 水抽出のメリットは、なんといっても安全性。 有機溶媒が豆に触れることがなく、安全な脱カフェインを実現しています。 製法の書かれていないデカフェ製品は、この水抽出法が使われていることが多いようです。 超臨界二酸化炭素抽出 現在、「最も優れた脱カフェイン方法」と呼ばれているのが、こちらの超臨界二酸化炭素抽出法です。 味や風味を損なうことなく、かつ安全性も高い方法として、いま主流の方法ですね。 具体的には、二酸化炭素を超臨界流体(気体・液体の性質をあわせもった状態)にすることで、カフェインをとりのぞきます。 ただし、そのコストの高さから、できあがった製品の値段も高めになるのが気になる点ですね。 まとめると、カフェインをとりのぞく方法として• ダイレクトに薬品を使う。 日本では販売がダメな「有機溶媒抽出」• 水を使った2段階の方法でカフェインを出す「水抽出(スイスウォーターメゾッド)」• コストはかかるが最も優れた方法の「超臨界二酸化炭素抽出」 の3つを紹介しました。 デカフェが危険と言われるワケ ところで、「デカフェは危険だ!」という話を聞いたことはありませんか? これは、薬品を使用したデカフェに限った話なのです。 先ほど紹介したように、薬品を使わない方法で脱カフェインを行えば、安全にデカフェを楽しむことができます。 なお、日本では薬品を使ったデカフェは禁止されているので、日本メーカーのものであればどれでも安心と言えます。 デカフェをとり入れて、カフェインとうまく付き合おう 「そもそもカフェインとは?」というところから、デカフェについて詳しく紹介しました。 今までなんとなく知っていたデカフェという言葉が、より身近になってもらえたら嬉しいです。 本メディア「デカフェ生活。 」では、デカフェやカフェインレス、ノンカフェインについて、さまざまな情報を紹介しています。 カフェインとうまく付き合う生活を送るためにも、デカフェ生活。 を参考にしてみてくださいね。

次の

カフェインレスのデカフェコーヒー12選 [ママリ]

デカフェ コーヒー

「デカフェ…って最近よく聞くけど、じっさいなんのことなの?」 と思っているかたのために、記事を書きました。 最近では、デカフェと呼ばれる、 カフェインが取り除かれたコーヒーや紅茶、お茶が増えています。 そのためカフェインを気にすることなく、ティータイムを楽しむことができるようになりました。 この記事ではそんなデカフェについて、• そもそもカフェインって何?• 最近よく耳にする「デカフェ」とは?• デカフェのメリット・デメリット• カフェインレス・ノンカフェインとは?• カフェインをとりのぞく3つの方法 という順に紹介していきます。 デカフェやカフェインについてざっくりと知るだけでも、ふだんのコーヒータイム・ティータイムがグッと楽しくなりますよ。 概要を知るだけならハードルはそこまで高くありません。 まずはこの記事で大まかにデカフェを理解していきましょう! 目次• カフェインってそもそもなに? カフェインについて 「飲むと目が覚めるよね!」 「飲みすぎるとトイレが近くなる…」 といったイメージを抱いているかたは多いでしょう。 ただ、カフェインの作用はそれだけではありません。 身体の脂肪を燃やす• 運動の能力が上げる など、様々な効果があります。 ときには、薬の成分として使われることも。 詳しくは「」をご一読ください! 最近よく聞く「デカフェ」って何? デカフェ(decafe)の「デ(de)」は、フランス語で「抜く・除く」という意味です。 そのためデカフェとは、コーヒーや紅茶のように もともとカフェインがあるものからカフェインを取り除くことを言います。 さらに、通常はカフェインを添加するコーラやエナジードリンクのような飲食物に カフェインを加えないことも意味しています。 なんとなく「デカフェ=カフェインを取り除いたもの」と思っていたかたもいるのではないでしょうか? それだけではなく、「カフェインを加えないこと」もデカフェなんですね。 デカフェのメリット3つ ここからは、デカフェを利用するメリットを• カフェイン中毒・依存症になりにくい• 胃腸にやさしい• 覚醒作用がない の順に3つ紹介します。 カフェイン中毒・依存症になりにくい カフェインは、取りすぎると中毒や依存症になることがある物質です。 確かに、目を覚ましてくれたり、脂肪の燃焼を促してくれるメリットもカフェインにはあります。 ただ、使いすぎによるデメリットがあることも忘れないでくださいね。 飲食物からカフェインをとりのぞくと、中毒や依存症になることを防ぐことができます。 胃腸にやさしい カフェインには胃液をたくさん出してくれる効果があります。 これは、食後など胃に食べものが入っている状態ではよい影響がありますが、空腹時には胃が荒れるリスクがあるのです。 その点、デカフェでカフェインが限りなくゼロに近い飲食物であれば、胃にも優しく楽しむことができますね。 覚醒作用がない カフェインによる影響は、人によってその強さがさまざまです。 夜にコーヒーを飲んでもぐっすり眠れるかたがいれば、一晩中おきてしまうかたもいます。 たとえカフェインの覚醒作用が強く出るかたであっても、デカフェのコーヒーであれば問題ありません。 夜にまったりコーヒータイムを楽しんで、かつカフェインで覚醒することがないのはデカフェのメリットですね。 デカフェのデメリット さまざまなメリットがあるデカフェ。 ですが、当然デメリットもあります。 ここでは、デカフェの• 味がもの足りない• 取り扱いがないお店が多い• 取りあつかっているお店が少ない という3つのデメリットを紹介します。 値段が高くなりがち デカフェの飲食物は「カフェインをとりのぞく」という作業が必要なため、値段が高くなりがちです。 たとえば、ふつうのネスカフェ ゴールドブレンドであれば135gで1,011円ですが、これがデカフェになると100gで1,700円に。 このように、同じメーカーのインスタントコーヒーで比較しても、値段が高くなってしまうのはデカフェのデメリットですね。 味がもの足りない デカフェはしばしば「味がもの足りない」と言われます。 カフェインをとりのぞいているからなのか、それともカフェインをとりのぞくときに味が落ちてしまうのか。 理由はともかく、どこかマイルド、もしくは香りが少ない飲食物になってしまうのは、デカフェのデメリットです。 取りあつかっているお店が少ない まだまだメジャーではないのも、デカフェのデメリットですね。 というのも、カフェやスーパーなどでデカフェのものを探しても、取りあつかっていないところが多いんです。 Amazonや楽天などで探せばたくさんあるので、さほど問題ではないかもしれません。 ただ、外出先でどうしてもデカフェが飲みたいと思っても苦労するのはデメリットと言えます。 メリット・デメリットを軽くまとめておくと、 【デカフェのメリット】• カフェイン中毒・依存症になりにくい• 胃腸にやさしい• 覚醒作用がない 【デカフェのデメリット】• 味がもの足りない• 取り扱いがないお店が多い• 取りあつかっているお店が少ない というものがありましたね。 次はカフェインレス・ノンカフェインと、デカフェがどのように違うのかをお伝えします。 カフェインレス・ノンカフェインとの違い よく混同してしまうのが、「デカフェ」「カフェインレス」「ノンカフェイン」の違いです。 実際のところ、その違いがはっきりわかるかたは少ないのではないでしょうか。 ここからは、デカフェとカフェインレス、ノンカフェインの違いを紹介していきます。 カフェインレスとは カフェインレスは、その名の通り カフェインが少ないものを指しています。 具体的には、 カフェインがゼロではないものの、ほぼゼロと言ってよいくらいカフェイン含有量が少ないものがカフェインレスなのです。 欧米では「0. 1%以下のカフェイン含有率になったものがカフェインレス」という明確な基準があります。 ノンカフェインとは ノンカフェインはカンタンで、 カフェインが全く入っていないものを指します。 ゼロカフェインと呼ばれるときもありますね。 デカフェのようにカフェインを取り除いたもの以外にも、麦茶やルイボスティーなど、元からカフェインが入っていないものもノンカフェインです。 デカフェの中に、カフェイン含有量の基準をもったカフェインレスがあり、それよりもカフェインが少ない(ゼロな)のがノンカフェインです。 デカフェ・カフェインレス・ノンカフェインの違いがお分かりいただけたかと思います。 カフェインを取り除く方法 ここからは、コーヒーや紅茶などからカフェインを取り除く方法について紹介していきます。 実は、ただカフェインを取り除くと言っても、その方法には3通りのものがあるのです。 有機溶媒抽出 有機溶媒という化学物質を使うのがこちらの方法。 世界初の脱カフェイン法です。 安価にカフェインのとりのぞける方法のようですが、カフェイン以外の成分もとってしまうので、味・風味が落ちるのも事実。 また、脱カフェイン時に使った化学物質が残るリスクから、日本では有機溶媒抽出でのデカフェ製品は販売が禁じられています。 水抽出(スイスウォーターメゾッド) 水を使った2段階の方法でカフェインを抽出するのが、こちらの方法になります。 具体的な方法としては以下の通りです。 コーヒー豆の成分を水で抽出する• 有機溶媒を使って、成分を含んだ水からカフェインを除去する• 水に残った有機溶媒をとりのぞく• カフェインが除かれた水にコーヒー豆をもどす 水抽出のメリットは、なんといっても安全性。 有機溶媒が豆に触れることがなく、安全な脱カフェインを実現しています。 製法の書かれていないデカフェ製品は、この水抽出法が使われていることが多いようです。 超臨界二酸化炭素抽出 現在、「最も優れた脱カフェイン方法」と呼ばれているのが、こちらの超臨界二酸化炭素抽出法です。 味や風味を損なうことなく、かつ安全性も高い方法として、いま主流の方法ですね。 具体的には、二酸化炭素を超臨界流体(気体・液体の性質をあわせもった状態)にすることで、カフェインをとりのぞきます。 ただし、そのコストの高さから、できあがった製品の値段も高めになるのが気になる点ですね。 まとめると、カフェインをとりのぞく方法として• ダイレクトに薬品を使う。 日本では販売がダメな「有機溶媒抽出」• 水を使った2段階の方法でカフェインを出す「水抽出(スイスウォーターメゾッド)」• コストはかかるが最も優れた方法の「超臨界二酸化炭素抽出」 の3つを紹介しました。 デカフェが危険と言われるワケ ところで、「デカフェは危険だ!」という話を聞いたことはありませんか? これは、薬品を使用したデカフェに限った話なのです。 先ほど紹介したように、薬品を使わない方法で脱カフェインを行えば、安全にデカフェを楽しむことができます。 なお、日本では薬品を使ったデカフェは禁止されているので、日本メーカーのものであればどれでも安心と言えます。 デカフェをとり入れて、カフェインとうまく付き合おう 「そもそもカフェインとは?」というところから、デカフェについて詳しく紹介しました。 今までなんとなく知っていたデカフェという言葉が、より身近になってもらえたら嬉しいです。 本メディア「デカフェ生活。 」では、デカフェやカフェインレス、ノンカフェインについて、さまざまな情報を紹介しています。 カフェインとうまく付き合う生活を送るためにも、デカフェ生活。 を参考にしてみてくださいね。

次の