ノン ストップ 横澤 夏子。 スクワットマジック【ダイエット結果】横澤夏子の1カ月チャレンジ

横澤夏子に出版関係者が熱視線!女芸人たちに“脱ぎグラビア”の需要が増加!?(2017年5月9日)|BIGLOBEニュース

ノン ストップ 横澤 夏子

伝記の記載を年譜形式のみとすることは。 人物の伝記は流れのあるまとまった文章で記述し、年譜は補助的な使用にとどめてください。 ( 2015年7月)• 、に入学。 にの(元トップスター)。 (〜に)。 元での(〜1986年に組長)、同じくタレントの(元雪組および星組主演娘役・後の)。 (元花組主演娘役)らがいる。 、宝塚音楽学校を卒業。 同年、宝塚歌劇団に50期生として首席 で入団。 雪組公演『花のふるさと物語 』で初舞台を踏む。 雪組配属。 初舞台からわずか10か月後に『港に浮いた青いトランク』で準主役に抜擢される。 、『』で初主演。 、『バレアナの微笑み』で主演。 1年上級生のと共に雪組トップスターとなる。 、郷の退団に伴い雪組トップスター単独就任。 、雪組版『』に役で出演。 に抜擢されたと共に雪組版ベルばらを大成功に導き、・・鳳とともに 「ベルばら四強」の異名をとった。 汀トップ時代の代表作には『ベルばら』の他に、『』()、『』(汀・スカーレット、麻実・レット・バトラー)、『』、『』(汀・、麻実・)などが存在する。 『ベルばら』直後に上演された『星影の人』では、上演劇場の新宿コマ劇場は連日超満員で当劇場の観客動員新記録を樹立するなど、1970年代後半の宝塚歌劇を牽引する存在となった。 、研17(宝塚用語で入団17年目)にして宝塚歌劇団を退団。 最終出演公演の演目は雪組・公演『去りゆきし君がために 』。 宝塚退団後は、コンサートやディナーショーを中心に、テレビ、ラジオ、講演などタレントとしても幅広く活動している。 、古巣・宝塚歌劇団の創立100周年を記念して設立された『宝塚歌劇の殿堂』最初の100人のひとりとして殿堂入り。 前述の「ベルばら四強」といわれた汀・榛名・安奈・鳳の四人と、麻美は殿堂入りの栄誉に浴している。 主な出演作品 [ ] 宝塚歌劇団時代の主な舞台 [ ]• 〜『花のふるさと物語』(初舞台)()()• 〜『レビュー・オブ・レビューズ』(・・合同)(宝塚大劇場)• 〜『狐貉狸さん』コーラス、『世界は一日』ワルツの男ほか()(宝塚大劇場)• 〜『海に生きる』歌う男ほか、『ブロードウェイ・テンペスト』(雪組)(宝塚大劇場)• 〜『楊妃と梅妃』竜船岐、『港に浮いた青いトランク』次郎(雪組)(宝塚大劇場)• 〜『』歌う武士ほか、『グッドバイ海賊』海賊(星・雪合同)(宝塚大劇場)• 〜『伊豆の頼朝』佐々木高綱、『ゴールデン・シャドウ』トニー(雪組)(宝塚大劇場)• 〜『藍と白と紅』太刀踊りほか、『ああそは彼の人か』踊る紳士(雪組)(宝塚大劇場)• 〜『南蛮屏風』秋彦、『春風とバイオリン』ハンス(雪組)(宝塚大劇場)• 〜『』、『ラブ・ラブ・ラブ』歌うトリオ(雪組)(宝塚大劇場)• 〜『忘れじの歌』ビリー、『タカラジェンヌに乾杯!』(雪組)(宝塚大劇場)• 〜『おてもやん』勘太、『世界はひとつ』ギターの男ほか(雪組)(宝塚大劇場)• 〜『花のオランダ坂』丈吉、『シャンゴ』踊る男ほか(雪組)(宝塚大劇場)• 〜『藤花の宴』百合麿、『シャンゴ』歌う男ほか(雪組)(宝塚大劇場)• 〜『トリスタンとイゾルデ』、『愛と夢とパーティ』令息(雪組)(宝塚大劇場)• 〜『』一寸法師、『タカラヅカ'68』王子ほか(雪組)(宝塚大劇場)• 〜『祭』祭りの男ほか、『』(雪組)(宝塚大劇場)• 〜『』イノック・ジュニア(雪組)(宝塚大劇場)• 〜『能登の恋歌』留吉、『ラブ・パレード』士官(雪組)(宝塚大劇場)• 〜『四季の踊り絵巻』踊る若衆ほか、『ハロー!タカラヅカ』歌う男(雪組特出)(宝塚大劇場)• 〜『春ふたたび』与五、『フォリー・タカラジェンヌ』青年(雪組)(宝塚大劇場)• 〜『パレアナの微笑み』ジミー(雪組)(宝塚大劇場)• 〜『紅梅白梅』曽我五郎、『シンガーズ・シンガー』歌う男(雪組)(宝塚大劇場)• 〜『ペーター一世の青春』ペーター・イワノフ、『ジョイ!』歌う紳士ほか(雪組)(宝塚大劇場)• 〜『江戸っ子三銃士』大川新兵衛、『サンライズ・アゲイン』若者(雪組)(宝塚大劇場)• 〜『かぐら』火の命ほか、『ザ・フラワー』少年ほか(雪組)(宝塚大劇場)• 〜『星のふる街』西行、『ジューン・ブライド』歌う花婿(雪組)(宝塚大劇場)• 〜『落葉のしらべ』参吉、『』オーロ(雪組)(宝塚大劇場)• 〜『シャイニング・ナウ!』(四組合同)(宝塚大劇場)• 〜『れんげ草』新六、『愛のラプソディ』青年ほか(雪組)(宝塚大劇場)• 〜『竹』三高生、太郎べほか、『カンテ・グランデ』マノロ(雪組)(宝塚大劇場)• 〜『』信如、『ラブ・ラバー』ジュンチャーノ(雪組)(宝塚大劇場)• 〜『花聟くらべ』太郎冠者、『ロマン・ロマンチック』ルンペン(雪組)(宝塚大劇場)• 〜『若獅子よ立髪を振れ』岡本浩太郎、『インスピレーション』パピリヨン(雪組)(宝塚大劇場)• 〜『ファンキー・ジャンプ』歌手ほか(雪組)(宝塚大劇場)• 〜『フィレンツェに燃える』アントニオ、『ザ・スター』歌う男ほか(雪組)(宝塚大劇場)• 〜『』(雪組)(宝塚大劇場)• 〜『白鷺の詩』橘光信、『ムッシュ・パピヨン』カルロス(雪組)(宝塚大劇場)• 〜『』、『Non、Non、Non』ナイーブ(雪組)(宝塚大劇場)• 〜『鶯歌春』趙永徳、『マンハッタン・ラグ』(雪組)(宝塚大劇場)• 〜『』、『ザ・レビュー』夢人ほか(雪組)(宝塚大劇場)• 〜『』スカーレット・オハラ(雪組)(宝塚大劇場)• 〜『丘の上のジョニー』ジョニー、『センセーション!』歌手ほか(雪組)(宝塚大劇場)• 〜『春風の招待』ギスターブ、ジョルジュ、『ハロー!ホリデー』ザ・ボーイ(雪組)(宝塚大劇場)• 〜『朝霧に消えた人』立花尚二郎、『オールマン・リバー』水兵ほか(雪組)(宝塚大劇場)• 〜『去りゆきし君がために』ジュリオ(雪組)(宝塚大劇場)• 〜『スター・ザ・サンシャイン』(雪組)(宝塚大劇場) 宝塚歌劇団退団後の主な舞台 [ ] 1981年• 3月 リサイタル『汀夏子 IN PERSON』()• 4月 リサイタル『汀夏子 IN PERSON』()• 6月 新曲発表コンサート()• 9月 女剣劇『舞台はまわる』() 1982年• 2・3月 民音ミュージカル『楼蘭』(日本全国15ヶ所)• リサイタル『汀夏子 IN PERSON』(東京渋谷公会堂)• リサイタル『汀夏子 IN PERSON』(大阪フェスティバル)• 8月 ブロードウェイミュージカル『』() 1983年• 2・3月 民音ミュージカル『炎の妖精』(日本全国12ヶ所)• リサイタル『汀夏子 IN PERSON』()• リサイタル『汀夏子 IN PERSON』(大阪フェスティバル)• 7・8月 ミュージカル『マリウス』()• 9月 服部克久とゆかいな仲間達()• 10月 東宝演劇祭り『天正女合戦 和歌の浦』(東京宝塚劇場) 1984年• 9月『汀夏子の招待夢』(シアターアプル) 1985年• 5月『汀夏子の不思議の国・ピンキー・スプーン・ダンス』()• 8・9月『汀夏子の招待夢II』(シアターアプル) 1986年• 1・2月 民音ミュージカル『楼蘭』(日本全国19ヶ所)• 4月 ミュージカル『さよならアラン』(シアターアプル)• 6月 女剣劇『舞台はまわる』()• 11月 『』() 1987年• 5月『ボーイング・ボーイング』()• 10月リサイタル『汀夏子 NEWYORK DREAMING』() 1988年• 1月『有頂天時代』()• 5月『』(博品館劇場)• 6月『おかしな二人』()• 12月『ドン・ジョヴァンニ』() 1989年• 2月 十夜連続大音楽会『宝塚とその魅力』()• 4月 NLT主催『コンフュージョンズ』• 10月『花小袖清次』『秋空のプレリュード』() 1990年• 6月 『バス・ストップ』(博品館劇場) 1991年• 6月『結婚披露宴』()• 7・8月『女たちの十二夜』(、・他)• 9月 佐々木隆子先生のタップリサイタル 1992年• 4月 ミュージカル『アニー』()• 6月 『ジャンコクトー・美男薄情』()• 8月 ミュージカル『アニー』(大阪近鉄劇場) 1993年• 3月『おかしな二人』(博品館劇場)• 4月『おかしな二人』(新神戸オリエンタル劇場)• 8月 NLT主催『女房という他人』 1994年• 3月〜12月 NLT主催『女房という他人』 1995年• 3月〜5月 NLT主催『女房という他人』 1996年• 3月 先生の追悼公演• 11月『二代目はん』(新歌舞伎座) 1997年• 6月 劇団俳小『』• 9月『迷子の天使たち』(北海道公演)• 11・12月 劇団俳小『上杉鷹山』(長野・他) 1998年• 5月 佐々木準先生記念コンサート()• 11月『じゅんことハチDeSHOW』() 1999年• 1月『ブギウギ時代』(大阪新歌舞伎座)• 2月 劇団俳小『上杉鷹山』(北海道公演)• 3月 『』前夜祭()• 4月 『ブギウギ時代』()• 7月『東京パリ祭』()• 7月『シャンソンフェスティバル』(九州)• 8月 朗読劇『広島ガールズ』()• 9月 ポケットミュージカル『電話』()• 10月『懐かしの映画音楽アルバム』() 2000年• 1月 神戸震災復興チャリティー『永遠のタカラジェンヌ』()• 2月『ボンジュールシャンソン』()• 2月 『宝塚わが愛』(東京宝塚劇場)• 3月 寺田瀧雄『宝塚わが愛』(宝塚大劇場)• 3月『民謡のふるさと』(東京)• 4月 劇団俳小『上杉鷹山』(九州)• 5月 ポケットミュージカル『電報』(相模大野)• 7月『藤倉学園チャリティーショー』()• 8月『演劇人祭』() 2001年• 1月 宝塚ホームカミング『逸翁デー・スペシャル』(東京宝塚劇場)• 2月 フードピア2001『食談』(金沢・金茶寮)• 3月『』前夜祭(東京宝塚劇場)• 4月 宝塚OG公演『桜祭狸御殿』(新宿コマ劇場・梅田コマ劇場)• 5月『永遠のタカラジェンヌ・トークショーIN淡路島』(プチホテル・みゆき)• 7月『藤倉学園チャリティーショー』(日本青年館)• 7月『永遠のタカラジェンヌパートIII』(神戸文化ホール)• 8月 日韓親善公演『釜山で日本の歌姫に会おう!! 』()• 9月『ベルサイユのばらメモランダム』(宝塚大劇場)• 10月『昨日・今日・明日 ああ結婚』()• 12月『ブリリアント〜光輝くレディたち』(青山劇場) 2002年• 1月 宝塚ホームカミング『逸翁デー』(宝塚大劇場)• 8月『』(梅田コマ劇場)• 9月 東京會舘80周年記念()• 9月 佐久ミュージカル『Viajero〜旅人の風』()• 11月『深緑夏代と弟子達のコンサート』()• 12月『ハートフルチャリティコンサート(ユネスコ)』() 2003年• 5月『宝塚愛の歌 Cing De Luxe』()• 7月『寺田瀧雄メモリアルコンサート』()• 12月『ファニーレディ ゆかいなご婦人たち』(青山劇場) 2004年• 3月 ホットライフミュージカル『のど自慢』()• 6月『Mister Kelly's Spcial Live 1』()• 8〜12月 市民ミュージカル『Viajero〜旅人の風』(足利・群馬・青森・三重・秋田)• 11月 ヒューマンコメディ『セメタリー倶楽部』(ル・テアトル銀座)• 11月 宝塚90周年記念『ベルサイユのばら 30』(東京宝塚劇場) 2005年• 2月『ファニーレディ ゆかいなご婦人たち』(青山劇場)• 2月『はーとふるはんど手話劇 お月さま笑った』(三越劇場)• 4月〜5月 宝塚OG公演『桜絵巻狸源氏・ショーイズオン』(梅田芸術劇場・新宿コマ劇場・中日劇場)• 6月『Mister Kelly's Special Live 2』(サンガーデン堂島)• 9月 天童よしみ公演『姫様お役者道中』()• 10月『佐久市民ミュージカル ショー』() 2006年• 2月 天童よしみ公演『姫様お役者道中』(東京新宿コマ劇場)• 5月 天童よしみ公演『姫様お役者道中』(名古屋御園座)• 7月『Mister Kelly's Special Live 3』(大阪堂島)• 7月『アプレTAKARAZUKA VOL IV』()• 9月 天童よしみ公演『紅頭巾参上』(大阪新歌舞伎座)• 11月『スペシャルナイト』() 2007年• 2月『とステキな仲間達』(青山劇場)• 2月『フードピア2007 食談』(金沢・)• 4月『アプレTAKARAZUKA VOL V』(九州・)• 6月 天童よしみ公演『紅三度笠』(大阪新歌舞伎座)• 7月 アプレTAKARAZUKA VOL V』(草月ホール)• 8月『Mister Kelly's Special Live 4』()• 9月 天童よしみ公演『紅三度笠』(東京新宿コマ劇場)• 10月『時空 ダンディズム』()• 11月『星野哲郎アンソロジー いろはにそらしど』(ル・テアトル銀座)• 12月『パッショネートライブ』() 2008年• 1〜2月 ヒューマンコメディ『セメタリー倶楽部』(関東・四国・関西地方公演)• 3月 天童よしみ公演『紅頭巾パート2 弁天小僧』(大阪新歌舞伎座)• 6月『Mister Kelly's Special Live 5』()• 6月『スペシャルライブ 東京』()• 7月『ありがとう大井川町 そして未来へ』()• 8月 音楽劇『』( 中 )• 8月 四川大震災『心のチャリティーコンサート』(兵庫芸術文化センター 大 )• 9月『ドラマティックコンサート』()• 10月『夢の花咲く頃 II』(新神戸オリエンタル劇場)• 11月 チャリティー10周年『甦る懐かしの歌』(青山劇場) 2009年• 2月『佐々木隆子 Presents Special Live』(STB139)• 3月 天童よしみ公演『紅頭巾パート2 弁天小僧』(名古屋御園座)• 5月 大阪女学院125周年『総会』(ヘールチャペル)• 5月『Mister Kelly's Special Live 6』()• 6月 宝塚歌劇95周年記念『百年への道』(宝塚大劇場)• 6月 スペシャルライブ 2(東京 )• 11月 演劇フォーラム『ベルサイユのばら35周年』(東京宝塚劇場) 2010年• 1月 新春シャンソンショー()• 3月 戦国シェイクスピア『SHINGEN〜風林火山落日〜』( 東池袋• 5月『Mister Kelly's Special Live 7』(ホテルビスタプレミオ堂島)• 6月 スペシャルライブ 3(東京・サンミケーレ)• 7月 没10周年追悼『寺田瀧雄メモリアルコンサート』(東京宝塚劇場)• 8月『宝塚100周年に向けて〜私が語る宝塚〜』() 2011年• 1月『勢揃い清水港〜次郎長三国史〜』()• 5月『Mister Kelly's Special Live 8』(ホテルビスタプレミオ堂島)• 6月『スペシャルライブ 4』(東京 サン・ミケーレ)• 7月 藤倉学園チャリティー『宝塚ファミリーショー』(ル・テアトル銀座)• 9月 逸翁コンサート(・) 2016年• 10月 音楽劇『』(東京国際フォーラム)リンド夫人 ディナーショー [ ]• 1980年11月• 1981年• 10月 新阪急ホテル• 11月• 1982年• 1月 帝国ホテル・• 12月 帝国ホテル• 1983年• 12月 帝国ホテル• 1984年6月• 1985年• 6月 ザ・ホテル・ヨコハマ• 12月 ・・・帝国ホテル• 1986年• 12月 帝国ホテル• 1987年12月 ・• 1989年• 4月 磐田• 1990年• 1月 『汀夏子Newyearに歌う』• 12月 唐津・佐賀・柳川・佐世保• 1993年• 2月 宝塚『サラブレッド・ドゥ』• 12月 ・・• 1994年• 4月・5月 『TV JUNCTIONライブショー』• 6月 『日比谷アクトレスライブショー』• 8月 台湾• 8月 新神戸オリエンタルホテル• 12月 ・• 1995年• 4月・8月 『日比谷アクトレスライブショー』• 12月 宝塚ホテル• 1996年• 11月 『クイーンアリスライブショー』• 1997年• 7月 東京會舘• 11月• 12月 ・東京• 1998年• 8月 東京會舘• 10月 『東海倶楽部ライブショー』• 11月 『ライブショー』• 12月• 1999年• 8月 東京會舘• 12月 ・富山・ホテルインターコンチネンタル東京• 2000年• 8月 東京會舘• 8月 パリ・ベルサイユ宮殿• 12月 東京會舘・• 2001年• 8月 東京會舘• 8月『ディナーショー』• 12月 新大阪ワシントンプラザ・• 2002年• 10月 ・パイロットクラブ• 11月 リーガロイヤルホテル・医師会• 12月 新大阪ワシントンプラザ・東京第一ホテル• 2003年• 2月 ・パイロットクラブ• 8月 東京會舘• 8月 『ジェームス三木ディナーショー』• 10月 『スペシャルディナーショー』• 12月 ・東京第一ホテル• 2004年• 8月 東京會舘• 12月 新大阪ワシントンプラザ・東京會舘• 2005年• 8月 東京會舘• 12月 東京會舘・• 2006年• 12月• 12月 *八名信夫と悪役商会• 2007年• 4月 東京會舘• 11月• 2008年• 11月 東京會舘• 12月 ホテルモントレ大阪• 2009年• 11月 東京會舘 *共演者は• 12月 『The Westin Winter Special Nights 2009』*共演者はえまお• 2010年• 9月 『 AuxAmis59』• 11月 東京會舘• 12月 『The Westin Winter Special Nights 2010』• 2011年• 11月 東京會舘・• 12月 『The Westin Winter Special Nights 2011』 テレビドラマ [ ]• 第61話「春の嵐に散った恋」(1979年) - 雪姫• 第166話「鈴に誓った前髪剣法」(1981年) - 桂木弥栄• 第223話「娘剣法一番勝負」(1981年、) - 中西美奈• (CX)第888話「ああ十手ひとすじ!! 八百八十八番大手柄 さらば我らの平次よ永遠に」 - お夏• (1985年、NTV) - 西原美保• 「存在の深き眠り」(1986年、)• 「原宿初恋探偵社」(1987年、)• 「女が家を買うとき」(1988年、CX)• 「女優時代」(1988年、)• (1989年、)• 女が会社を作るとき(1989年、) - 主演• 第22話「湯けむり別府・女風呂に消えた完全犯罪」(1990年、ANB)• 「女房という他人」(1990年8月、NTV)• 「顔のない告発者」(1990年9月、NTV系・アズバーズ)• ドラマスペシャル「シンデレラボーイは歌えない」(1990年、)• 第6話「美人外科医の完全犯罪! 暴かれたスキャンダル」(1991年、ANB)• CASE4「狙われたアイドル」(1997年、NTV) - 荒井弓子• 第10話「最後の勇気」(1997年、NTV)• 第342話「神戸・北野坂の女」(1998年、)• (2000年、NHK)-• (2001年、NHK) その他のテレビ番組 [ ]• (レギュラー)• (レギュラー)• (不定期・女性軍の先鋒(関西代表))• (不定期)• いいものがたり()(、不定期) ラジオ番組 [ ]• サンデーラウンジ ようこそ汀夏子です(ABCラジオ) 映画 [ ]• (1986年、)• (1989年、) - 渚ちどり• (1992年、) - 李梅 吹き替え [ ]• (1979年日仏合作) - オスカル() 著書 [ ]• 『星のメモワール』 1977 脚注 [ ] []• (1974年月組)• (1975年花組)• (1975年雪組)• (1976年星組)• (1976年月組・東京)• (1989年雪組)• (1989年星組)• (1990年花組)• ・(2001年宙組)• ・(2014年宙組)• (1977年月組、宝塚・東京)• (1977年星組、宝塚・東京)• (スカーレット編、1978年雪組、宝塚・東京)• (1978年星組、全国)• (1978年月組、中日)• (1978年月組、全国 夏・秋 )• (1984年雪組、宝塚・東京)• ・(1988年雪組、宝塚・東京)• (1994年月組、宝塚・東京・全国)• (1997年花組、全国)• (1998年雪組、全国)• (2001年星組、全国)• (2002年合同、日生 雪組・花組 )• (2004年宙組、全国)• (2013年宙組、宝塚・東京)• (2014年月組、梅田)• (2014年星組、全国)• (2015年月組、中日) スカーレットI• (1977年月組、宝塚・東京)• (1977年星組、宝塚・東京)• (スカーレット編、1978年雪組、宝塚・東京)• (1978年星組、全国)• (1978年月組、中日)• (スカーレット編、1978年花組、宝塚・東京・福岡・小倉)• (1984年雪組、宝塚・東京)• ・(1988年雪組、宝塚・東京)• (スカーレット編、1994年雪組、宝塚・東京)• (1997年花組、全国)• (1998年雪組、全国)• (2001年星組、全国)• (2004年宙組、全国)• ・(2013年宙組、宝塚・東京)• (2014年月組、梅田)• (2014年星組、全国)• (2015年月組、中日) スカーレットII• (1977年月組、宝塚・東京)• (1977年星組、宝塚・東京)• (1978年星組、全国)• (1978年月組、中日)• (1984年雪組、宝塚・東京)• ・(1988年雪組、宝塚・東京)• (1997年花組、全国)• (1998年雪組、全国)• (2001年星組、全国)• (2004年宙組、全国)• ・(2013年宙組、宝塚・東京)• (2014年月組、梅田)• (2014年星組、全国)• (2015年月組、中日) アシュレ• (1977年月組、宝塚・東京)• (1977年星組、宝塚・東京)• (スカーレット編、1978年雪組、宝塚・東京)• (1978年星組、全国)• (1978年月組、中日)• (スカーレット編、1978年花組、宝塚・東京・福岡・小倉)• (1978年月組、全国 夏・秋 )• (1984年雪組、宝塚・東京)• ・(1988年雪組、宝塚・東京)• (1997年花組、全国)• (1998年雪組、全国)• (2001年星組、全国)• (2002年合同、日生 雪組・花組 )• (2004年宙組、全国)• ・(2013年宙組、宝塚・東京)• (2014年月組、梅田)• (2014年星組、全国)• (2015年月組、中日) メラニー• (1977年月組、宝塚・東京)• (1977年星組、宝塚・東京)• (スカーレット編、1978年雪組、宝塚・東京)• (1978年星組、全国)• (1978年月組、中日)• (スカーレット編、1978年花組、宝塚・東京・福岡・小倉)• (1978年月組、全国 夏・秋 )• (1984年雪組、宝塚・東京)• (1988年雪組、宝塚・東京)• (スカーレット編、1994年雪組、宝塚・宝塚)• (1997年花組、全国)• (1998年雪組、全国)• (2001年星組、全国)• (2002年合同、日生 雪組・花組 )• (2004年宙組、全国)• (2013年宙組、宝塚・東京)• (2014年月組、梅田)• (2014年星組、全国)• (2015年月組、中日) 宝塚・東京公演は本公演のみ(新人公演は載せていない) (1927年退団) ・・ (1934年退団) ・・ (1935年~1945年雪組組長、1945年退団) ・・ (星組から異動1936年~1938年花組へ一時異動1939年~1950年、1940年~1945年には副組長、 1945年~1950年には組長も担当、1950年演劇専科を新設し異動。 ~1972年10月31日) - (1972年11月1日~1980年8月31日) - (1980年9月1日~1985年4月30日) - (1985年5月1日~1988年11月29日) - (1988年11月30日~1993年3月31日) - (1993年4月1日~1996年6月30日) - (1996年7月1日~1997年7月30日) - (1997年7月31日~2002年2月11日専科へ異動) - (2002年2月12日~2002年9月23日) - (2002年9月24日~2006年12月24日) - (2006年12月25日~2010年9月12日) - (2010年9月13日~2012年12月24日) - (2012年12月25日~2014年8月31日) - (2014年9月1日~2017年7月23日) - (2017年7月24日~) '・・'先代次代関係なし。 '-'は先代次代関係あり。

次の

汀夏子

ノン ストップ 横澤 夏子

お笑い・ものまね芸人の キンタロー。 さん 前田敦子さんの物まねでブレイク! TBS『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』の、人気企画「社交ダンス」で、キンタロー&ロペスペアが日本代表に決まるなど、お仕事は順調そのもの! さらに、ものまね番組の仕事で一緒だった、番組ディレクターと結婚💛 2016年10月には、オーストラリアで新婚旅行と挙式を挙げ、さらに翌月には日本でも結婚披露宴を行うなど、私生活も幸せいっぱいです! そんなキンタロー。 が2016年5月16日放送の、テレビ朝日 「しくじり先生 俺みたいになるな!!」に出演し、デビュー当時の、身も凍るようなエピソードを語りました。 今回は、前田敦子の物まねのせいで殺害予告が来たという話の詳細を見てみたいと思います。 そしてもう一つ。 キンタロー。 さんといえば、その大きな顔ですよね。 顔の大きさは実際何センチなのか、大きいのは病気なのか、徹底調査しました! キンタロー、前田敦子の物まねのせいで殺害予告が来た?! 2012年12月26日放送の、日本テレビ 「有吉反省会」に、前田敦子さんの格好で出演し、出演者の指示のもと、他の芸人さんと一緒に 「お尻を出しても、嫌いにならないでください! 」 と言ったため、AKBのファンからの抗議で、ブログが炎上したキンタロー。 さん! 次の日放送の、フジテレビ 「とんねるずのみなさんのおかげでした」の、人気企画「細かすぎて伝わらない選手権」で、初出場で優勝! しかし、ブログは再び炎上してしまいます。 コメント欄には、「殺す」「死ね」などの、数千にも上る「殺害予告」が、書かれていたそうです。 この2つの番組がきっかけで、ブレークするも、私生活では、激怒したファンによって、自宅を突き止められ、自宅を襲撃する計画まで立てられ、3回もの引っ越しを余儀なくされました。 それでも、ファンからの嫌がらせは続き、赤い文字で意味の分からない文章が書かれ、最後に「お気を付けください」と締めくくられた、「恐怖の手紙」まで届きました。 どこにいてもSNSで、場所を特定し拡散されてしまう。 当時のことを、「まるで指名手配犯のような生活だった」、と振り返っています。 テレビではよく笑う、人の良さそうなキンタロー。 さんですが、私生活でこんな怖い思いをしていたなんて、本当に驚きです。 それでも芸を続けていたキンタロー。 さんは、本当に根性のあるプロですね。 ちなみに、前田敦子さん自身は、ものまねされていることに、「すごく嬉しい、ダンスも上手い」、と喜んでいたそうですよ! 顔の大きさは何センチ?顔がでかいのは病気なの!? 顔が大きいことを、 「ビッグフェイス」と自虐のネタに使うほど、自他共に認める顔の大きさです。 ネットでは、「顔のでかいのは病気なの!?」と、噂になってしまうほどです。 しかし、顔が大きすぎて、過去、首のヘルニアになったことはあるものの、特に病気で顔がでかいとかではなさそうですよ。 さて気になる顔の大きさですが キンタロー。 さんの「頭周り」は57. 5cm この画像を見る限り、生え際から顎までの長さ、つまり「顔の長さ」が23cm 「頭の幅」は画像から割り出すと、約16. 5cmほど 顔のパーツが下の方に集まっていると、前髪で顔を隠すことができるため、小顔に見せることが可能です。 キンタロー。 さんはこのパターンですね。 では、この3つの数値、 「頭周り」「顔の長さ」「頭の幅」を、日本日本女性の平均サイズと比べてみましょう。 キンタロー。 平均 頭周り 57. 5cm 54. 57cm 顔の長さ 23cm 18. 5cm 頭の幅 16. 5cm 15. 3cm ということで、キンタロー。 さんのもう一つの顔は「社交ダンス」 金スマで見せるダンスは、さすが経験者ですよね。 キンタロー。 さんの身長と体重はどれくらい?についての詳細情報の記事はこちらです! 👉 キンタロー。 さんの体型の秘密にせまります!.

次の

キンタロー顔の大きさ何センチ?顔でかいのは病気なの!?顔の大きさ徹底検証(`・ω・´)

ノン ストップ 横澤 夏子

吉本興業所属のピン芸人・横澤夏子さん(よこさわ・なつこ 29歳)が13日、待望の第1子妊娠を発表しました。 横澤夏子さんは自身のインスタグラムやブログを更新し、 「この度、ありがたいことに新しい命を授かりました。 来年2月に出産予定です。 」と第1子妊娠と出産予定日を報告しています。 続けて、 「私自身の憧れから母のネタをやっていましたが、実際に母になれることを嬉しく思っております。 これからママチャリが似合う母になる準備をゆっくりと進めていきたいと思います。 」としています。 また、横澤夏子さんは子育て中の母親たちにも、ゆっくりとお笑いライブを楽しんでほしいとの思いから、埼玉・大宮の劇場「大宮ラクーンよしもと劇場」で簡易託児所サービスを提案し実現させており、 「宣伝になりますが、大宮ラクーンよしもと劇場に託児所が開設されたことをもっと多くの方に知っていただけると嬉しいです。 」とも綴っています。 吉本興業によると、横澤夏子さんは現在妊娠5ヶ月で、今後の仕事は体調などを考慮しながら、関係各所と相談し決めていくとのことです。 横澤夏子さんは27歳の誕生日だった2017年7月20日に、婚活パーティーで知り合い、約1年半交際した1歳年上の会社員男性「ダイキくん」と結婚し、昨年1月に挙式・披露宴を行いました。 結婚発表時には「家庭も作ったので少子化対策もしないと。 」「子供は3人欲しい」などと願望を明かしつつ、昨年6月に出演したイベントで子作りについて聞かれると、「子供欲しいんですけど、お酒がおいしくて(苦笑)。 こんなお酒飲んでて妊活していいのかな?と思うので。 でも両立できるように」と答えていました。 そんな横澤夏子さんが第1子妊娠を発表しネット上では、• 横澤さん、人生設計が完璧~• おめでとうございます。 今度は育児あるあるネタで笑わせてください• バイキングファミリー、柳原可奈子に次いでおめでとうございます• 今度はママタレとして上から目線でコメントしてる姿が想像できる• 少し前からお腹がふっくらしてたから、もう少し大きいと思ってた。 おめでとうございます! 婚活ネタで終わると思ってたら、ちゃんと子育て中のネタもあってさすがです。 意外と長く生き残るかも。 自分に素直に幸せを求める姿はすごいな~と思います。 自分の人生なんだし、貪欲になってもいいよね!マタニティネタ、母親ネタ楽しみにしています!• 幼稚園の先生とか いかにも先生にいそうな感じで今でも十分面白いですが、これから更に いそうな女ネタの幅が広がりそうですね。 母になり育児が大変になりですが、またお笑いの方で活躍されるのも楽しみにしています! などの祝福コメントが寄せられています。 横澤夏子さんは子供好きなことからベビーシッターの資格を持ち、ベビーシッターのバイト経験もあるほどなので、結婚2年で自分の子供を授かったことに喜びもひとしおかと思います。 横澤夏子さんと同じく『バイキング』に出演の柳原可奈子さんも今年3月に第1子妊娠を発表しており、子供は同級生になりますね。 柳原可奈子さんは妊娠発表後から芸能活動をセーブしている一方、横澤夏子さんは体調を見ながら仕事を続けていくようで、結婚後のインタビューで横澤さんは、 「臨月までできるようにマタニティーのネタは作ってある。 ギリギリまでやれるように。 計算高い女なんで1年目から作ってました。 」と明かし、 「(ネタの内容は)お腹の子と漫才するっていうネタですね。 『やっと会話する人ができました』って」と語っていたので、そのマタニティーネタの披露も楽しみです。 14日にはレギュラー番組『王様のブランチ』(TBS系 土曜午前9時30)に生出演することから、第1子妊娠をどのように報告するのか注目したいところです。

次の