夜 に 駆ける 意味。 「夜に駆ける」の歌詞についてです。

「夜に駆ける」の歌詞についてです。

夜 に 駆ける 意味

沈むように溶けてゆくように 二人だけの空が広がる夜に 「さよなら」だけだった その一言で全てが分かった 日が沈み出した空と君の姿 フェンス越しに重なっていた 初めて会った日から 僕の心の全てを奪った どこか儚い空気を纏う君は 寂しい目をしてたんだ いつだってチックタックと 鳴る世界で何度だってさ 触れる心無い言葉うるさい声に 涙が零れそうでも ありきたりな喜びきっと二人なら見つけられる 騒がしい日々に笑えない君に 思い付く限り眩しい明日を 明けない夜に落ちてゆく前に 僕の手を掴んでほら 忘れてしまいたくて閉じ込めた日々も 抱きしめた温もりで溶かすから 怖くないよいつか日が昇るまで 二人でいよう 君にしか見えない 何かを見つめる君が嫌いだ 見惚れているかのような恋するような そんな顔が嫌いだ 信じていたいけど信じれないこと そんなのどうしたってきっと これからだっていくつもあって そのたんび怒って泣いていくの それでもきっといつかはきっと僕らはきっと 分かり合えるさ信じてるよ もう嫌だって疲れたんだって がむしゃらに差し伸べた僕の手を振り払う君 もう嫌だって疲れたよなんて 本当は僕も言いたいんだ ほらまたチックタックと 鳴る世界で何度だってさ 君の為に用意した言葉どれも届かない 「終わりにしたい」だなんてさ 釣られて言葉にした時 君は初めて笑った 騒がしい日々に笑えなくなっていた 僕の目に映る君は綺麗だ 明けない夜に溢れた涙も 君の笑顔に溶けていく 変わらない日々に泣いていた僕を 君は優しく終わりへと誘う 沈むように溶けてゆくように 染み付いた霧が晴れる 忘れてしまいたくて閉じ込めた日々に 差し伸べてくれた君の手を取る 涼しい風が空を泳ぐように今吹き抜けていく 繋いだ手を離さないでよ 二人今、夜に駆け出していく 解釈 夜の闇が空を覆い始めている様は、海の底に沈んでいくようでもあり、その中へ自分自身が溶けていくようでもある。 「さよなら」というメールが送られてきただけで何が起こっているのか全て理解した。 君はビルの屋上のフェンスの向こうで沈みそうな太陽を背に今にも飛び降りようとしていた。 夜が広がり、沈み始める日を見ていることから日の入り、即ち夕方ごろの出来事であることがわかります。 男性は「さよなら」とだけ書かれたメールを受け取りました。 彼女には自殺願望があることを知っているために、それを止めるために現場に駆け付けたところ、今まさに屋上のフェンスを越えて飛び降りようとする彼女の姿がありました。 初めて会った日から 僕の心の全てを奪った どこか儚い空気を纏う君は 寂しい目をしてたんだ 解釈 毎日が騒がしいけどそれについていけなくて笑うことも出来ない君だけど、僕が思いつく限りの楽しい日々を一緒に過ごさせてあげる。 真っ暗な夜の闇の底に落ちていく前に、僕の手をつかんで。 忘れてしまいたい過去や、思い出したくないような日々のことも僕が抱きしめてその体温で溶かしてあげる。 僕と一緒なら怖くないから、日が昇るその日まで一緒にいよう。 男性が彼女を励まします。 彼女は自殺願望があり、何かあるとネガティブになってしまうような性格の様です。 でも僕が一緒にいることで楽しい日々にしてあげるからと一生懸命彼女を励まします。 今まさに飛び降りようとしている彼女が目の前にいるという状況なので、彼女を守りたい、なんとかこっちに戻ってきてくれと呼びかけます。 解釈 君しか見えない「死神」という存在を見つめているときの君が嫌いだ。 彼女を連れ去ろうとする「死神」が嫌いなのではなく、その「死神」に恋をしているような顔をしている君が嫌いだ。 原作小説でも語られていますが、彼女には「死神」の存在が見えているようです。 死に憧れを抱いてしまう人は少なくないようですが、彼女もその一人であり、まさに「死神」に恋をしている様に見えます。 そして男性は、彼女がそんな自分以外のものに恋をしている様な目を向けていることに嫉妬しています。 信じていたいけど信じれないこと そんなのどうしたってきっと これからだっていくつもあって そのたんび怒って泣いていくの それでもきっといつかはきっと僕らはきっと 分かり合えるさ信じてるよ 解釈 ずっとこの先も信じていたいけど、信じることが出来ないことはこれからいくらでもあるだろう。 それでも怒ったり泣いたりしながら一つずつ乗り越えていくことで、いつか分かりあえるということを信じているよ。 男性からすれば「死神」という存在にいつ彼女が連れ去られてしまうか毎日とても不安です。 愛の形はそれぞれとは言え、この様な状況ではいつか男性の方が疲れてしまいそうなものです。 それでもいつか彼女はいつか前を向いて、そして僕と向き合って生きてくれるようになると信じて、何度でもぶつかり合おうと言います。 もう嫌だって疲れたんだって がむしゃらに差し伸べた僕の手を振り払う君 もう嫌だって疲れたよなんて 本当は僕も言いたいんだ 解釈 慌ただしく動いていく世界で何度でも君のために前向きな言葉を伝えてきたけど、どれも届かなかった。 君の言葉に釣られて「終わりにしたい」と口走ってしまったとき、君は初めて笑ってくれた。 男性は慌ただしい日常生活の中でも彼女のことを考え、様々な言葉を用意して何度も気持ちをぶつけてきました。 しかしどれも彼女に届くことはことはありませんでした。 とうとう男性は疲れてしまい、彼女に釣られて「終わりにしたい」という言葉が口をついて出てしまいます。 すると、それまで笑うことのなかった彼女が笑ってくれたのです。 騒がしい日々に笑えなくなっていた 僕の目に映る君は綺麗だ 明けない夜に溢れた涙も 君の笑顔に溶けていく 解釈 何をしても変わり映えも泣く毎日振り回されては泣いていた僕を、君は僕を終わりへと誘う。 それでも僕の心は霧が晴れていくようで、差し伸べてくれた君の手を取った。 ビルの屋上、吹き荒ぶ風の中に二人でしっかりと手を繋ぎ、夜を駆けるようにその身を投げた。 とうとう最後にはこれまで彼女を励まして来た男性が、彼女に手を差し伸べられて二人で一緒に身を投げてしまいます。 男性にとっての「死神」は彼女であり、これまで彼女が求めていたものは助けてもらうことではなく、男性を連れて行くことなのでした。 まとめ 小説を原案に制作された楽曲ということで、物語としても詩としても美しい描写や人間のドラマが盛り込まれています。 よりYOASOBIの世界を知るためにも、原作小説も併せて読むことをお勧めします。

次の

小説を音楽にする新生ユニットYOASOBI、第1章シングル「夜に駆ける」待望のDL配信スタート

夜 に 駆ける 意味

monogatary. comとは 毎日更新されるお題に対して物語を投稿するサイト 系統は「ヨルシカ」や「ずっと真夜中でいいのに。 」に近いですね。 コメント欄を見てもヨルシカファン、ずとまよファンに好意的に受け入れられてるようです。 上記のバンドが好きならyama、三月のパンタシア、703号室、ツユ、THE BINARYもオススメです。 この類の音楽は最近のトレンドと言ってもいいですね。 プロデューサーAyase 活動歴約1年半 2020年4月現在 になるボカロPで年齢は26歳。 最近ではYOASOBIとしての楽曲以外にも自分の曲をセルフカバーした動画を投稿している。 公式Twitterより簡単なプロフィールを。 ・Ayase 読み アヤセ ・男 ・A型 ・東京都在住 ・ボカロP ボカロで曲作る人 ・YOASOBIの作曲作詞担当 ・好きな色は紫色 ・好きな食べ物はチーズ類 ・嫌いな食べ物は野菜貝類キノコ類 ・好きな漫画は東京喰種 ・好きな有名人は牛沢さん ゲーム実況 ・将来の夢はロックスター ボーカルikura 幾田りら名義でシンガーソングライターとして活動している19歳。 ぷらそにかという音楽グループに所属。 Youtubeに個人チャンネルもあり、弾き語り動画などを投稿している。 ご本人の「夜に駆ける」弾き語り動画を貼っときます。 YOASOBI - 夜に駆ける ikura acoustic ver 夜に駆ける、320万回再生ありがとうございます🌃 感謝を込めてゆったりと弾き語りしました。 この曲の原作は星野舞夜さんの「」という小説。 小説は短編なので5分もあれば読めるのでまだ見てない人は是非。 ちなみにこの小説には続きがあります。 「」という作品です。 原作の「タナトスの誘惑」と「夜に駆ける」のMVを見た後で見るのがオススメです。 この記事では原作「タナトスの誘惑」の真実に迫ろうと思います。 原作を読み解けば自ずとMVの解釈に繋がるでしょう。 彼女は死神だった説 原作は簡単にまとめると、 主人公である"僕"がタナトスに支配された彼女とビルから飛び降りる、といった話です。 しかし視点を変えると実は彼こそがタナトスに支配されていたという結論になるのです。 つまり真実は男女が心中した話ではなく、「死神に手を引かれ、身を投げた男の話」という説です。 いろんな解釈がある中、一番しっくりきたのがこの「 実は彼女が死神だった説」です。 おバカなりに原作を読み解いてみました。 原作を読んだことがない人は読んでみてください。 彼女との最初の出会いに注目! ブラック企業に勤める彼は疲れ切っていたのでしょう。 仕事帰りに無意識にマンションの屋上を見つめたのか、 それとも直接屋上に向かったのか どちらにせよ、その時点で彼は死に対する欲動 タナトス にすでに支配されていたのかもしれません。 そして彼はフェンスの外側に彼女を見つける。 彼にとって理想の人の姿をしている死神を・・・。 一目惚れに近い形で心を奪われるほどの魅力がそれにはあったのです。 死神は、それを見る者にとって1番魅力的に感じる姿をしているらしい。 いわば、理想の人の姿をしているのだ。 出典:タナトスの誘惑 死神が見えるのはタナトスに支配された人間の症状であり、その人間しか見ることができない。 彼女を見つめる彼は、それに惚れているような表情をしていたはずです。 僕にとっての「死神さん」は、彼女だった 出典:タナトスの誘惑 この一文は比喩ではなく、まさしく彼女こそが死神そのものでした。 そしてそれを裏付けるのが、彼女側の視点で書かれた「夜に溶ける」という作品です。 これは「タナトスの誘惑」のあとがきだと作者は述べています。 作品に出てくるこの文章。 私は、「死にたい」というあなたの思いから生まれてきた、あなたの目にしか映らない幻想に過ぎない。 あなたを殺すこと、それが私の役目だった。 出典:夜に溶ける まさに死神そのものですね。 感謝と愛を込めて、彼の唇にキスをする。 やはり彼は目を瞑ったまま、動かない。 出典:夜に溶ける 最初は人間かと思ったんですが、一緒に飛び降りたはずが彼女だけ無事だったことからも死神説が有力ですね。 MVの最後もそんな解釈かと思います。 そしてMVでは蝶が出てきますが、蝶には復活や輪廻転生といった意味もあるとか。 以上のことを踏まえてMVを見るとまた違った魅力が溢れてきます。 MVもいろんな解釈が出来、とても興味深い作品です。 この曲の疾走感と相まって中毒性がありずっと聴いていられる魅力がこの曲にはあります。 MVの右上にカウントされる数字の謎 気になったのはMVの右上にある数字。 「夜に駆ける」と「あの夢をなぞって」両方のMVにあるんですよね。 これは結局探してもわかりませんでした。 2つとも999で終わるのは何か意味があるんでしょうか・・・。 いろんな説があったので簡単にまとめると、 ・2人が共に過ごした日数 ・2人が出会ってからの日数 ・エンジェルナンバー ・小説のページ数、小説の文字数 これはどうやら違うみたいですね。 ・MVのアニメーションのコマ数 僕の予想はコレでした。 真相は謎です。 公式で解釈が発表されてないことで幾通りの解釈、考察が生まれるのが面白いですよね。 また新情報が出たら追記していきたいです。 YOASOBIのカラオケ配信はいつから? JOYSOUNDではすでに配信開始しているようですが、 LIVEDAMでもとうとう配信開始しました。 「あの夢をなぞって」が全国では2月11日から配信が始まりました。 カラオケ映像はMVがよかったけど違うみたいです・・・残念。 早くカラオケに行って歌いたいなあ! JOYSOUNDではAyaseさんの楽曲の配信もしてるようです。 幽霊東京は好きでよく聞いてます。 名曲です。

次の

スピッツ「夜を駆ける」歌詞の意味は?解釈と考察!

夜 に 駆ける 意味

突如として現れた謎のアーティストYOASOBI キャッチーで頭から離れないメロディーの『夜に駆ける』を公開してユーチューブの動画では400万回再生を超えています。 今回はYOASOBIの『夜に駆ける』の歌詞の意味と謎のアーティストの正体についてお伝えしていきたいと思います。 YOASOBIの正体はだれ??どんな人たち?? 令和元年で最も注目されるボカロPの1人のAyaseさんと東京海上日動あんしん生命のCMでの歌唱したシンガーソングライターのikuraこと幾田りらさんの二人組ユニットのYOASOBI。 作曲を手がけるAyaseさんは謎のボカロPとして2018年12月から楽曲の投稿を始め、 2019年4月に投稿された楽曲『ラストリゾート』が現在では340万回を上回りバズったことで注目を集めました。 ボーカルを務めるikuraこと幾田りらさんはアコースティックセッションユニット「ぷらそにか」での活動でも注目を集めており、2019年11月16日にはアルバム「juke box」を発売。 小説やイラストを投稿するサイト「monogatary. com」から誕生した小説を音楽とアニメーションで表現し、その第1章として『夜に駆ける』が発表されました。 YOASOBI『夜に駆ける』ってどんな曲??MVは?? 『夜に駆ける』は2019年12月15日にiTunes、Spotifyを始め、主要音楽配信サイトにて配信リリースされたYOASOBIの楽曲第1章です。 藍にいなさんは椎名林檎さんのツアー映像やMaison book girlの「闇色の朝」のMVも担当しており、 注目度が高くなってきているクリエイターです。 男女の恋模様を描く『夜に駆ける』の繊細でありながらエモーショナルな雰囲気で楽曲の世界観とメッセージ性を強調しています。 タイトルになっている『夜に駆ける』は「monogatary. com」に投稿されている大学生の小説家・星野舞夜 ほしのまよ さんの『タナトスの誘惑』の物語が元になっています。 飛び降り自殺を図ろうとする彼女を見たのは、実はもう四度目だ。 ある日突然目の前に現れ、一瞬で僕の心を奪った彼女は、死に対する欲動-タナトスに支配されていた。 ある日の諍いをきっかけに一気にスピードアップする展開、そして彼女の正体とは。 生と死、幸せの形を問う切れ味鋭い掌編。 登場人物の感情はikuraの表現力でよりリアルに、駆け抜けるような物語の展開は藍にいなさんのアニメーションでよりドラマチックに。 それぞれの色が紡いで出来上がったこの作品を、何度も聴いて、咀嚼して、愛してくれると嬉しいです。 【ikura コメント】 原作を読ませていただいたとき背中をなぞられるような、心臓の鼓動が速まっていくような感覚を覚えました。 そのイメージを持ちつつ、登場人物の心情を乗せていくように、一音一音大切に歌わせていただきました。 Ayaseさん、藍にいなさんの才能あふれるこの作品にボーカルとして参加できたことを嬉しく思います。 沢山の方の耳に届きますように。 【藍にいな コメント】 Ayaseさんが奏でる、転がるような音色がとても好きです。 繊細ながらも芯があり、かつドラマチック。 その空気感を掴みつつ情緒的な魅力を引き出せればとMVを制作しました。 「君」と「僕」、2人の姿も合わせて楽しんで頂ければ幸いです。 barks.

次の