ファイヤー フォックス。 ファイヤーフォックス (映画)

Mozilla Firefox

ファイヤー フォックス

出典: 【 エアリスタ ダウンジャケット】 雪のある登山用に購入しました。 軽くて暖かでとてもいいです。 もう少しコンパクトになるかと思いましたが、意外に収納は大きめです。 ナンガのダウンを利用しているかたにはこの点不満かもしれません。 水に強いダウンがどこのメーカーでも発売されていますが、軽さや動き易さをもとめる方にはお勧めします。 コンパクト性を求めるのならナンガ、コストパフォーマンスをお考えならモンベルですかね。 行動中に着るとこはないのですが、耐久性はどうなんでしょう?(後略) 【 サーモラインダウンフーディ】 自分は170の58㎏なのですが、Mだと裾が開くのでSにしましたが、着ている服が厚めの生地だと脇がキツくなります。 ですのでヒートテック+普通のシャツ(コーデュロイとかコットンのロングTとかを合わせて着ては駄目です)でピッタリはまります。 脇のキツさも解消されます。 まじで温かいです。 割引率も高いし定価も結構いい値がするので今がお買い得だと思います。 フォックスファイヤー ジャケットの評判 出典: 【ストーミーDSジャケット】 動きやすい デザインが良い 期待してた通りで購入してよかったです 【ゴアテックス? 防水 アーバンハイカージャケット】 ゴアテックスを使ったアウターは登山用シェルパーカーが多いですが、これはミリタリー風のデザインで街でも使いやすいです。 街着~軽いアウトドアの用途ならこのくらいのウェアの方が大げさ過ぎずに着やすくていいのではないかと。 ゴアテックスのパックライトなのでウインドブレーカー感覚で着たり、持ち運びも出来ます。 登山までは行かない軽いアウトドアや天気の芳しくない日、旅行などでガンガン着ていきたいです。 当方は173cmですが痩せ型なのでSサイズで問題なしでした。 寒い時期には中にフリースやライトダウンを着込む余裕もあります。 標準体型なら普通にMで良いかと。 アウトドアでも使えるように余裕を残しつつ、今風のスマートなスタイルにも対応できる、ちょうどいいサイズ感だと思います。 (後略) フォックスファイヤー ベストの評判 出典: 【カメラバック フォトレックカニスミノルII】 軽くて背負いやすい、以前、フォトレック ルーパスを使用していた。 フォトレック ルーパスは、三脚を載せるための構造上、背負う時がやりにくかったが、これは一般的で良い。 なお、色が地味すぎるので、フォトレック ルーパスのように、オレンジを入れて欲しかった。 また、欠点として、付属のスナップフックは開閉がきつく、開けたままで使用することとなった。 背面開きは、全開のままで安定せず、抑えておく必要があることも、ご一考を。 【サプレックスダウナーハット】 炎天下での写真撮影等を想定して購入しました。 通気性も良いようですし、シェードも柔らかくて不快感はありません。 つばの大きさは、頭部全周に陰を作ることが出来て、カメラを構えてもあまり邪魔になりません。 つばの芯材も程良く、形を保つ硬さと、シャッター音が不快に響かない柔軟性を併せ持っています。 頭囲58cmを常用する私にLサイズはぴったりです。 材質や縫製も良く、三千円台で購入出来て満足しております。 フォックスファイヤーの店舗/アウトレットについて 通常メッシュベストはその裁断の問題で収納の数が限られますが、このベストの収納の多さには驚きました。 また道具の使用頻度や使い方に合わせて各専用ポケットを上手に配置するように設計されています。 また道具の落脱防止のためにフラップカバーが立体に裁断してあります。 細かい配慮が行き届いた最高のフィッシングメッシュベストだと思います。 出典: フォックスファイヤー ストリームガイド フィッシングベスト 2 ホリゾンタルポケットタイプのスタンダードショートベストです。 フロントポケットはできるだけ大きめに設定してあるので、フライボックスや小物等の取り出しをゆとりを持って収納できる汎用性の高いサイズになっています。 アウトドアショップで被ってみたところ、フィット感が良く、被り心地が良くて、気に入ったのですが、カラーの種類がなく、購入をあきらめたところ、Amazonで発見!好きなカラーのラインナップがあるのを知り、購入しました。 形、被った感じ、カラーも気に入っています。 また、購入時に定価よりも安価になっていたのも購入の理由でした。 アウトドアだけでなく、街中でも似合う、いいハットです。 出典: フォックスファイヤー スコーロンサプレックスダウナーハット 防虫素材スコーロンを使用して作成されたメッシュシェード付きハットです。 シェードはドットボタンで着脱することができ、撥水加工されたサプレックス素材を採用しているので、小雨等はしっかりと弾いてくれます。 自宅PCで見るとベージュ色、実物は色指定のとおりカーキ色でした。 上記の相違がありましたが、汚れが目立たないカーキ色で結果オーライでした。 色にこだわる方は、要注意です。 素材は、「つば」がナイロンで、被る部分は綿でゴアテックス加工されているようなので 蒸れにくいのではと思っています。 また、少雨程度なら傘替わりになるのではと期待して います。 そのほか、UVカットで紫外線対策されているのと、あご紐が附いていて、 風が吹いても飛ばされにくいので安心です。 出典: フォックスファイヤー ゴアテックスハ コルドバコート レディース ゴアテックスを採用した全天候型トラベルコートです。 丈も長いので体全体を寒さから守ってくれるので、これからの寒い時期の防寒着にもおすすめです。

次の

フォックスファイヤーの店舗と製品まとめ|YAMA HACK

ファイヤー フォックス

映画のストーリー 結末の記載を含むものもあります。 イギリス秘密諜報局のケネス・オーブリー(フレディ・ジョーンズ)が、ソ連が最新鋭の戦闘機ミグ31を完成させ、近々政府首脳を前にテスト飛行をする、という情報を入手、NATO側がこの情報を基にミグ31の奪取作戦を展開することになった。 そのミグ31を操縦し奪い去る任務がベトナム戦で活躍したミッチェル・ガント(クリント・イーストウッド)に課せられた。 暗号名ファイヤーフォックスと名付けられたこの戦闘機は、最高速度マッハ6、アンチ・レーダー・システムを持ち、思考誘導兵器装置を装備するといった驚異的なジェット機で、NATO側がこれに匹敵する戦闘機を開発する場合、最低でも10年以上かかるというのだ。 輸出代理業者になりすましてガントがモスクワのシェレメティエボ空港に降り立つ。 その夜、ガントはビリアルスクヘ送り込んでくれるぺイベル・ウペンスコイ(ウォーレン・クラーク)に会う。 だが、尋問してきたKGB局員をガントは殺してしまう。 翌朝、トラック運転手を装ったガントらは、偽造した通行証を手に目的地へ向かう。 途中でトラックを飛び降りたガントは、ファイヤーフォックス設計の中心的科学者で今回の作戦の協力者であるセミロフスキーと、ピョートル・バラノビッチ(ナイジェル・ホーソーン)、そして彼の夫人であるナタリアに会う。 KGBは、中央記録コンピューターの膨大な資料をもとに、KGB局員殺害の犯人の正体がガントであることをつきとめる。 だが、その報告がKGBのコンタルスキー大佐のもとへ入った頃、ガントたちも最終行動に入っていたた。 格納庫の機材に火をつけ、混乱に乗じてパイロットに変装したガントがファイヤーフォックスを外へ出し、そのまま飛び立っていった。 ソ連の書記長はファイヤーフォックスの国外脱出を防ぐべく、ファイヤーフォックス2号機に後を追わせる。 ガントの乗ったファイヤーフォックスは計画通り、燃料のきれる直前、北極の氷原に着陸しNATO側の潜水艦から燃料の補給を受け、最終目的地へ向かおうとする。 2号機は、遂に彼の機を発見、両機による壮絶なドッグ・ファイトが北極海で展開する。 ガントは手に汗握る交戦の末、ファイヤーフォックス2号機を撃墜した。 (ワーナー・ブラザース配給*2時間16分).

次の

ファイヤーフォックス

ファイヤー フォックス

Firefoxとは、米()が提供しているWebブラウザソフトウェア。 オープンソースとして公開されており、誰でも自由に入手、利用、改変、などができる。 Windows版、(Mac OS X)版、版、版、iOS版があり、やEdge、と並んで世界的に広く普及している主要なWebブラウザの一つとなっている。 主要の中ではのオープンソースソフトウェア(他は企業開発の製品)でもある。 Web標準への対応、活発な更新と機能追加、軽快な動作、占有メモリ容量の少なさなどに定評がある。 や(エクステンション)などブラウザの機能を拡張するための仕様が公開されており、様々な開発者が開発したアドオンが(:addons. )を通じて入手できる。 長年、独自開発の「Gecko」(ゲッコー:ヤモリの意)を中核に据えてきたが、2017年の「Firefox Quantum」では新たに開発された「Servo」(サーボ)に置き換えられ、動作速度で引き離されていたChromeに遜色ない性能を獲得したとされる。 Firefox Quantumでは表示・操作感()も新しくなり、()への本格対応や古い仕様の拡張機能の廃止など、様々な仕様が刷新されている。 Mozilla Foundationでは姉妹としてオープンソースの「」(モジラ・サンダーバード)も開発・公開している。 Firefoxと共に愛用している利用者も多い。 org)に移管された。 2002年にmozilla. orgはWebブラウザやなどが統合された総合インターネットクライアントソフト「Mozilla Suite」(モジラスイート、単にMozillaとも呼ばれた)をオープンソースとして配布し始めたが、すぐに各機能を独立したソフトウェアとして個別に開発・配布するよう方針転換することになった。 同年にWebブラウザ部分が独立した「Phoenix」がされたが、この名称は当時著名なメーカーだった米フェニックス・テクノロジーズ(Phoenix Technologies)社のに抵触することから、2003年に「Firebird」という名称に変更された。 しかし、これもすでに普及していたオープンソースのの名前と重複していたため、2004年に「Firefox」へ再び改称され、以降はこの名称が使われている。 他の辞典の解説 (外部サイト)• 〜 『 ウィキペディア』 による解説• 〜 『 KDDI 用語集』 による解説• 〜 『 総務省 国民のための情報セキュリティサイト』 による解説• 〜 『 ASCII. jpデジタル用語辞典』 による解説• 〜 『 ITトレンド IT用語集』 による解説• 〜 『 IT用語辞典バイナリ』 による解説• 〜 『 PC Magazine』 英語 による解説• 〜 『 Techopedia』 英語 による解説• 〜 『 Computer Hope』 英語 による解説• 〜 『 WhatIs. com』 英語 による解説 関連リンク (外部サイト)• - Mozilla Foundationによる公式サイト 当サイト「IT用語辞典 e-Words」 アイティーようごじてん イーワーズ はIT Information Technology:情報技術 用語のオンライン辞典です。 コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。 用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 株 インセプトが制作・運営しています。 お問い合わせは まで。

次の