コバエ。 うざいコバエを集めて簡単に退治する方法!おすすめ最強グッズ6選!|すみっこから

コバエが大量発生!対策や駆除方法は何がある?種類や卵にも注意

コバエ

Sponsored Link コバエの種類 えっコバエって一種類じゃないの? コバエって名前じゃないんです。 家庭でよく見るハエの種類は3種類。 ・ショウジョウバエ 生ごみの周りでよく出る目が赤いコバエはこいつ。 果物、アルコール、酢のにおいが大好き ・チョウバエ ハート型の羽を持ったハエ。 食べ物に集まるというよりも台所、トイレ、お風呂場などの 水周りに集まりやすい。 植木の受け皿やベランダに溜まった汚い水に産卵して繁殖します。 結露が出た時によくガラス窓にとまっている。 ・ノミバエ 黒くて小さくてすばしっこいコバエ。 薬剤耐性を持っているものもいるようで、殺虫剤でも死なず、なかなかしぶとい。 ハエ症と呼ばれる感染症の原因はたいていこいつ。 腐った水や腐ったにおいが大好き。 コバエはどこから? コバエは家のこんなところからわいてきます。 ・生ごみ ゴミ箱の中身の生ごみのにおいに引きつけられてコバエはやってきます。 生ごみだけじゃなくて、洗っていない食べ終わった弁当やトレーにも 反応してやってきます。 ・お風呂や台所の排水口 コバエは食べ残しのような有機物と、濡れているところが大好きです。 台所の三角コーナーやネット、お風呂の排水口はコバエには絶好の巣になります。 ・水たまり ベランダの水たまり、植木の受け皿など、 長い間流れのない水たまりがあるとそこで繁殖します。 コバエ対策 ・エタノールスプレー 飛び回っているコバエにはエタノールスプレーが有効です。 エタノール2と水8の割合で混ぜれたものをスプレーすれば、 飛んでいるコバエもイチコロ。 エタノールを買ってこなくても、 台所用のアルコールスプレーでも代用可。 ・めんつゆトラップ コバエの量が多かったり、コバエが全然いなくならないと思ったら、 めんつゆトラップを使いましょう。 1週間ほど置いておけばあっという間に駆除が完了します。 コバエ生活をリセットしてくれるすぐれもの。 作り方や使い方についてはこちら。 ・熱湯で殺虫 コバエの幼虫には殺虫剤やアルコール、洗剤はほとんど効きません。 めんつゆトラップで成虫を駆除した後に発生源がお風呂場や台所などを 60度以上のお湯で殺虫するようにしましょう。 コバエが出ないようにするためには? せっかくコバエ生活をリセット出来ても、 今まで通りの生活じゃコバエは再びわいてきます。 コバエをもう見たくないという場合は、 生活の中でこんなことに気をつけてみてください。 ・生ごみの水気を切る コバエは汚い水に集まってきます。 三角コーナーに新聞紙を引いたり、 生ごみを新聞紙で包んで捨てる、 ポリ袋に入れて捨てるなど、不衛生な環境を作らないようにしましょう。 ・排水口周りをこまめに片付ける 台所の排水口を掃除しなかったり、お風呂場で髪の毛が詰まると、 水気も多く、養分もあるので、コバエが発生しやすい環境です。 詰まってから片付けるよりも、定期的に片付けるとコバエも発生しにくくなります。 ・照明対策 コバエは明かりに引き寄せられてきます。 夜の時間帯はできるだけコバエが入ってこないように気をつけましょう。 私は一度コバエを大量発生させてからこりて、 生ゴミと水周りはできるだけ定期的に片付けています。 夏場は特に みなさんも清潔に保ってコバエとおさらばしましょう!

次の

コバエはどこからわく!?大量発生していなくならない原因と対策

コバエ

夏になると、コバエの発生に頭を悩ませているという人も多いのではないでしょうか。 そして 「コバエ対策グッズを購入したのに全然効かない!」という人も少なくありません。 実は意外と知られていないのですが、コバエにも種類がいるんです。 グルメな奴もいれば、何でも食べる奴もいますし、明るい場所を好む奴もいれば、狭くて暗い所を好む奴など実に様々。 つまり 「コバエの種類によって、正しい対策をしてやらないと、ちゃんとした効果は得られませんよ」ということです。 そこで今回は 「今、自分を悩ませているコバエの種類は何なのか」を知ってもらいたいと思います。 そしてコバエの種類が特定出来たら、それに応じた正しい対策を取るようにしてみてください。 体長2mm~3mm程度• 目が赤い種が多い• キッチン周辺に発生しやすい 3000種類を超えるとされており、日本には約260種類が生息していると言われているのが、コチラのショウジョウバエ。 種類が多すぎることもあって、一般的にショウジョウバエと呼ぶ際は「キイロショウジョウバエ」を指していることが多いです。 研究機関でも用いられていることが多く、その理由は「一世代にかかる時間が2週間と、極めて短いから」とのこと。 言い方を変えると、非常に繁殖能力が高いということになります。 そのため、お家で一度でも大量発生されてしまうと、 根絶やしにしない限り増え続ける恐れがあるということです。 自然界では熟した果物、樹液、天然の酵母を食料とするため、 お家で常温保存している野菜やキノコ、果物類 特にバナナなど には要注意。 酵母は果実や樹液を代謝してアルコール発酵を行うため、ショウジョウバエは酒や酢などのニオイに誘引されやすいという特徴を持っています。 そのため、 ニオイでおびき寄せて溺れさせたり、ニオイでおびき寄せて殺虫成分で退治するタイプのトラップが有効と言えるでしょう。 参考 ノミバエ• 体長2mm程度• 食品に直接卵を産み付ける• コバエトラップなどに強い 俊敏で軽快な動きが特徴的で、ぴょんぴょん跳ね回るような動きをすることが多いです。 一時、ヒアリが来日した際は「ヒアリの天敵」として脚光を浴びました。 こいつの厄介な点は、見た目が不快なことよりも何よりも 「食べ物に卵を産み付ける」という部分。 それを私たちが知らずに食べてしまうと、ハエ症と呼ばれる体調不良に繋がります。 主な症状は下痢、腹痛などです。 それから、市販されている殺虫剤やコバエトラップなどにもある程度の耐性を持っており、コバエの中でも極めて厄介な存在と言えるかもしれません。 有効なのは「粘着式のコバエトラップ」や「電撃殺虫器」など。 一般家庭では生ごみ、清掃していない排水管、風呂場の浴槽下、ペットの糞などから発生することがあります。 キノコバエ• 体長1mm~5mm程度• 蝶や蛾に似た見た目をしている• 排水口などの水回りで発生することが多い 遠目に見るとハート型を逆にしたようなカタチをしており、他のコバエ類と比べて体長が大きいのが特徴です。 ぬめり等が発生している配管などで繁殖、発生することが多く、田舎に住んでいる人ならご存知であろう「ボットン便所」なんかでも見られる個体で、他には「ユニットバスのエプロン内」「洗濯機の防水パン」「臭気トラップ」などの水回りで発生する可能性があります。 ピレスロイド系の殺虫剤も効きますし、水攻めなども有効。 配管などは ぬめりを発生させないように適時、薬剤を使った洗浄が望ましいですが、熱湯などでも対策可能です 配管の材質によっては熱に弱い物もあるため注意。 参考 まとめ.

次の

【台所でコバエが出た人必見!】意外と知らない発生源と対策

コバエ

1.コバエの発生源 私たちが日常見かけるコバエには、4種類います。 コバエは、小さなハエを総称したもので、一口にコバエと言っても、それぞれ発生源が異なります。 出没しやすい順にご紹介します。 1-1.ショウジョウバエの発生源 ・生ごみ(腐った野菜、果物) ・腐った植物 ・ぬか味噌 ショウジョウバエの特徴:キッチンでよく見かけます。 目が赤色で、体は黄色みがかった茶色です。 体調は、2mmで、すばしっこいのが特徴です。 生ごみや腐った植物のにおいに誘われ、窓やドアの開閉のすきに入ってくるショウジョウバエが、生ごみなどに卵を産みつけることで発生するといわれています。 1-2.ノミバエの発生源 ・生ごみ ・腐った植物 ・動物のフン ・虫の死骸 ・肉料理 ・野菜料理 ノミバエの特徴:体長は2~3mm程度で、体は黄色みがかった茶色です。 ショウジョウバエ以上に動きが速いのが特徴です。 特に好きなのはローストビーフと野菜料理で、食べ物やごみのにおいに誘われて部屋に入ってくるといわれています。 腐った植物や生ごみ、不衛生な排水管、ペットのフンや虫の死骸などに卵を産み付けて発生する場合があります。 動きがとても速いため、ちょっとした家のドアの開閉のすきに家の中に侵入します。 ノミバエは、動物のフンや死骸から発生するものがいるため、ノミバエがたかった食器を使ったり、食べ物を食べたりすると、お腹を壊したりする可能性があります。 1-3.キノコバエ ・緑地 ・観葉植物 ・植木鉢 (発生源は詳しくわかっていません) キノコバエの特徴:体の色は黒く、体長は1~2mmで、小さなものは網戸の隙間をすり抜けることができます。 明け方から10時までの間に発生しますが、コバエの中でもあまり害がない種類だといわれています。 発生源が特定しにくく、観葉植物や植木鉢、緑地などが発生源と言われています。 部屋の明かりに誘われ、風の流れに乗って部屋に侵入します。 自分の力で飛ぶ力はありません。 1-4.チョウバエ ・排水口 ・浄化槽 ・下水 チョウバエの特徴:灰色や黒色の体で、体長は5mm程度です。 湿気が多く、薄暗い場所を好み、やトイレなどでよく見かけます。 蝶(チョウ)のように飛び、夜間に活発に活動する場合があります。 不衛生な排水口や浄化槽などの腐敗物(ヘドロ)から発生するといわれています。 2.種類別コバエを防ぐ方法 コバエによって発生源や、好む香りが異なるため、コバエの種類別に、発生を防ぐ方法をご紹介します。 2-1.ショウジョウバエを防ぐ方法 ・生ごみを放置しない ショウジョウバエは、生ごみのにおいに誘われて家の中に入ってくるので、ショウジョウバエを呼びこまないように生ごみはマメに捨てましょう。 ショウジョウバエの卵は、9日程度で成虫へと成長します。 そのため、9日以上生ごみを放置すると、一気にショウジョウバエが発生します。 ごみ箱に卵が産みつけられることもあるので、ごみを出した後は、ごみ箱を定期的に洗うようにしましょう。 ・ごみ箱にフタをつける ごみ箱にフタをすると、ショウジョウバエが部屋に入ってくるのを防ぐことができ、さらに入ってきたショウジョウバエが、生ごみに卵を産みつける確率を減らすことができます。 ・使用済みの食器はすぐ片付ける 使用済みの食器には、食べ物のカスやショウジョウバエが好むといわれる調味料のにおいなどがついているため、放置せずすぐに片付けてください。 においでショウジョウバエを呼び込んでしまいます。 ・三角コーナーを清潔にする キッチンにある三角コーナーにはフタがなく、放置されることもあるため、ショウジョウバエが増えやすい場所だといわれています。 最近では都度捨てられるタイプの生ごみ入れも販売されているので、あえて三角コーナーを使わないというのも一つの手段です。 三角コーナーを使用したい場合は、マメにごみを捨てて、熱湯をかけて消毒してください。 ・お酒の缶、ビンを放置しない アルコールのにおいは、ショウジョウバエが好むにおいだといわれています。 アルコールの入った缶やビンをそのまま放置するのはやめましょう。 よく洗って、すぐに各自治体の指定の回収日に出しましょう。 2-2.ノミバエを防ぐ方法 ショウジョウバエと同様に、生ごみを放置しない、ごみ箱にフタをつける、使用済みの食器を片付ける、三角コーナーを熱湯消毒するという方法で対策するのがおすすめです。 ・食べ物はそのまま放置しない 食べ物は、すぐにラップやフタをするか、冷蔵庫にしまうなどしてください。 食べ物のにおいに誘われて、ノミバエが家に入ってきてしまうことがあります。 ・ペットのフンはすぐ片付ける 動物のフンに卵を産みつけることがあるので、ペットのトイレはマメにきれいにしましょう。 ・枯れた植物を置きっぱなしにしない 枯れた草や花を置きっぱなしにすると、腐ったにおいに誘われてノミバエがそこに卵を産みつけます。 植物が枯れたら放置せず、すぐに片付けましょう。 2-3. キノコバエを防ぐ方法 ・発生する時間帯は窓を締める キノコバエは、朝の6~10時までの間に発生するといわれているため、この時間帯は窓を閉めきっておくことをおすすめします。 ・扇風機を使う キノコバエは、風の流れに乗って飛んでいるため、家の中から外に向かって風を起こすと、キノコバエは家の中に入れなくなります。 扇風機を使い、風の流れを変えましょう。 ・植物を家の中に置かない もともと植木鉢や観葉植物の土にキノコバエの卵があり、発生源になっていることがあります。 もし植物の近くにキノコバエを多く見かけたら、植物を家の外に出すことをおすすめします。 2-4. チョウバエを防ぐ方法 ・水回りを掃除する チョウバエが発生するのは、細菌などが集まってできたヘドロから発生するといわれているため、水回りを清潔に保つことで、防ぐことができます。 3.コバエを駆除する方法 すでに発生したコバエを駆除する方法についてお話しします。 3-1.ショウジョウバエを駆除する方法 ・めんつゆトラップを使う ショウジョウバエの駆除として有名なのが、「めんつゆトラップ」です。 めんつゆに含まれるアルコールなどは、ショウジョウバエが好きなにおいだといわれています。 家庭にあるもので作れ、お手軽なのでおすすめです。 〈材料〉 容器(ペットボトル、紙コップ、コンビニの冷やし中華の容器 など) めんつゆ(めんつゆが一番おすすめですが、ビールなども可) 適量 水 適量 台所用 数滴 〈作り方〉 めんつゆ:水=1:5の割合で、容器に入れ、その中に台所用洗剤を数滴たらします。 容器は、入り口を大きくした方が、ショウジョウバエがかかりやすくなります。 ペットボトルは、口の部分を切っておくと良いです。 めんつゆだけでは、ショウジョウバエを発生させるだけなので、必ず台所用洗剤を入れ、ショウジョウバエの動きを封じてください。 ごみ箱やキッチンなど、ショウジョウバエがかかりやすいところに置きましょう。 ・コバエがホイホイ(アース製薬)を使う コバエがホイホイは、ショウジョウバエを誘い、捕まえて出られないようにします。 働きかけは1カ月程度です。 めんつゆトラップと違い、処理も簡単で見た目もスタイリッシュです。 3-2.ノミバエを駆除する方法 ・コバエがホイホイを使う(アース製薬) コバエがホイホイは、ショウジョウバエだけでなく、ノミバエにも働きかけます。 キッチンや観葉植物の近くなどに近くに設置しましょう。 3-3.キノコバエを駆除する方法 キノコバエが発生した際は、市販の殺虫スプレーを使用しましょう。 少しの量を噴射するだけでも、十分殺すことができるといわれています。 発生源を特定するのが難しい場合は、扇風機を使うなどして、キノコバエの侵入を防ぐことをおすすめします。 3-4.チョウバエを駆除する方法 発生源と思われる場所の清掃を行い、成虫を人の手で駆除するのが難しい場合は、チョウバエ用の殺虫スプレーを利用してください。 また、成虫を駆除してもどんどんわいてくるという場合は、幼虫が掃除の手の届かないところにいる可能性があります。 4.まとめ コバエの発生源は、コバエの種類によって異なるため、ご自宅のコバエに合わせた対策を行ってください。 不衛生な場所は、コバエだけでなく、ゴキブリなどの害虫が住みつくきっかけにもなるので、家の中はできるだけ清潔に保つようにしましょう。

次の