ハクビシン。 東京タヌキ探検隊! ハクビシンに出会ったならば

ハクビシン対策を「自力で安く」済ませるために効果的な解決法

ハクビシン

「収穫前の農作物荒らされている…。 」「茎ごとやられているため、全てが台無しになっている…。 」もしかすると畑を荒らしている犯人は「ハクビシン」かもしれません。 ハクビシンを放っておくと、せっかく育てた野菜や果物がどんどん荒らされていきます。 そこで「庭にくるハクビシンを早くどうにかしたい」というあなたに、「安く簡単に自力で駆除」できるハクビシン対策をご紹介します。 ハクビシン対策さえ知っておけば、「ハクビシン被害による心的負担が減る」ようになります。 そこで今回はハクビシンの駆除を「自力で安く」済ませるために効果的な解決法を紹介します。 ハクビシンの被害から解放され、今後ハクビシンで悩むことのない対策方法を理解し、身に着けることができます。 ぜひ、最後までお読みください。 1 いかに安く対策できるかはスピードが勝負 ハクビシンンに庭の家庭菜園を荒らされたら、いかに安く駆除できるかは「スピード」が勝負です。 駆除が遅れれば遅れるほど、ハクビシンの『生態数』も『被害』も増えてしまいます。 ハクビシンの生態数や被害が増えれば、相対的に駆除費用も上がっていきます。 ハクビシンは勝手に駆除できない ハクビシンは「鳥獣保護法」で保護されている動物の種類のひとつなので、勝手に殺傷、捕獲することは絶対にしてはいけません。 鳥獣保護法の第一条には、その法律の目的について次のように書かれています。 鳥獣保護法第一条 「鳥獣の保護及び狩猟の適正化を図り、もって生物の多様性の確保、生活環境の保全及び農林水産業の健全な発展に寄与することを通じて、自然環境の恵沢を享受できる国民生活の確保及び地域社会の健全な発展に資することを目的とする」 引用:鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律 勝手に駆除すると処罰の対象になるので注意しましょう。 対策が遅れると被害も費用も増える 駆除が遅れると、その分「被害」も「必要な費用」もどんどん大きくなります。 あなたが何もしないと、その間にハクビシンの数が増え、農作物を荒らし続けます ハクビシンは、「ねぐらとエサ場を近くに持つ」習性があり、「高い繁殖力」をもち、「農作物を枯らす」ので、「早い段階で手を打てば金額も安くすみ」ます。 それぞれを、詳しく説明していきますね。 「ねぐら」と「エサ場」を近くにもつ ハクビシンは、「ねぐら」と「エサ場」を近くに持つ習性がありますので、駆除を遅らせてはいけません。 つまり、あなたの庭を「エサ場」と判断したなら、今度はその近くに「ねぐら」を探すので、被害が拡大してしまいます。 あなたの庭の近くにねぐらを見つけたら、どんどん家族を増やし、あなたの庭を集中的に荒らすようになるでしょう。 一年で「最大30匹」産まれる可能性がある ハクビシンは、ハンパない速度で繁殖していきます。 一年で「最大30匹」産まれる可能性があります。 この点について、NPO法人ハクビシン被害対策協会は、次のように書いています。 生態と繁殖 「ハクビシンの繁殖時期については、個体差や地域差があるようであり、未だ明らかになっていないことも数多くありますが、現在では年間を通して発情・出産をするとの見方が有力となっています。 妊娠期間は約2ヶ月、1回の分娩で1~5頭を出産します。 (中略)寿命については、飼育下で24年というデータがありますが、野生のものはもう少し短いのではないかと考えられています。 」 引用:NPO特定非営利活動法人ハクビシン被害対策協会 上記のポイントを、おさらいしてみましょう。 年間を通じて出産する• 妊娠期間は二ヶ月だけ• 飼育下では24年も生きる 1度の出産の個体数は、それほど多くありませんが、「長生きする」ハクビシンが「年間を通して産み続ける」という事実を考えると、ハクビシンが「驚異的なスピードで増えていく」のは想像に難くありません。 ハクビシンは農作物を枯らす ハクビシンはあなたの家の農作物を食べるだけではなく「枯らし」ます。 ただ「葉っぱ」や「実」だけではなく、「茎」まで食べてしまいますので、その農作物は枯れてしまいます。 ほっておけば、繁殖したハクビシンがあなたの農作物を襲いますので、全滅してしまうかもしれません。 役所の手続き=被害が甚大になる可能性がある 捕獲する駆除は、役所の手続きが必要なので「被害が莫大になる」可能性があります。 役所の手続きはとても面倒な上、確実に審査が通るわけではありません。 役所の手続きを待っている間に、ハクビシンは容赦なく農作物を荒らしていきます。 詳しく、説明していきますね。 もし役所に許可を得て捕獲するなら もし市役所に許可を得てハクビシンを捕獲するなら、必ず次のステップに従ってください。 鳥獣保護法は法律のひとつなので、ステップを間違えると「処罰の対象」になります。 正しいステップとは、「役所に相談しに行く」「申請書を記入して提出する」「許可書が発行されてから捕獲する」の順番です。 ステップ1:役所に相談しに行く 最初のステップは、お住まいの都道府県の役所に相談しに行くことです。 鳥獣の捕獲の許可は、「都道府県知事の許可が必要」となっています。 相談に行く前に、電話で「ハクビシンの被害に遭っているので捕獲したい」という旨を伝えると、スムーズにすすみます。 ステップ2:申請書を記入し、提出する 次に、「申請にあたって必要なもの」の書類をもらえますので、記入し、提出してください。 これらの書類は、「捕獲等許可書」を発行させるために、必要なものです。 「申請にあたって必要なもの」は、次の通りです。 引用:九州地方環境省 なお、役所によっては、捕獲檻を無料で貸し出ししてくれるところがありますので、必要な場合申請して下さい。 ステップ3:許可書が発行されてから捕獲する 都道府県知事による審査が通ると、「捕獲等許可書」が発行されますので、発行後に捕獲することができます。 急ぎのあまり、「許可書発行前」に捕獲してしまうと処罰されてしまいます。 許可を受けた人は「許可書の携帯義務」と「捕獲等の結果報告の義務」があります。 また許可書には、「有効期限」と「条件」が書かれています。 引用:農林水産省 注意点1:申請しても審査が通るとは限らない 「申請しても審査が通るとは限らない」、ということを覚えておきましょう。 「鳥獣保護法」の目的は、生物の多様性を守るためのものです。 申請するだけで、誰もが捕獲できるなら保護にはなりません。 都道府県知事による評価基準には、次のようなものがあります。 許可対象者• 対象種・捕獲数• 場所 引用:農林水産省 注意点2:手続きの間に被害が拡大する 無事に狩猟等許可証が発行されたとしても、「手続きの間に被害が拡大」してしまうかもしれません。 手続きの間は、「捕獲に関係する対策は何もできない」からです。 それで、九州地方環境事務所も次のように述べています。 「いずれの場合も、許可されるまでに、申請書の提出から概ね1ヶ月程度かかります。 余裕をもって申請していただくようお願いします。 」 引用元:九州地方環境省 手続きを待っている間に、被害が拡大し、捕獲できる域を超えてしまったら元も子もありませんよね。 それで、ハクビシンは「捕獲」よりも、「追い払う」ことをオススメします。 速やかに環境を整えることが対策のカギ なので、速やかに「ハクビシンの嫌がる環境」に庭を整えるのがハクビシン駆除のカギです。 ハクビシンは、あなたの庭の環境が嫌なら、ねぐらと共にエサ場も移動するので、追い払うことになります。 愛知県農林水産部、および農林水産省は、ハクビシンが、「ねぐらの近くにエサ場を持ち」、「ねぐらが複数ありそこを転々と移動する」習性を持っていると説明しています。 1 生態・行動・生活を知ろう! ・エサ場の近くに「ねぐら」をもつ。 引用:農林水産省 2 ハクビシン対策は「スピード」「引き出しの多さ」で勝負! ハクビシンは、「スピード」に加えて「引き出しの多さ」で追い払いましょう。 ハクビシンは、「賢く」「順応性のある」動物ですので、単一の方法ではすぐに効果がなくなってしまうことがあります。 しかしハクビシンが順応する前に、「素早く」「いろいろな引き出し」で対策をすれば追い出すことは可能です。 「引き出しを持つ」ことについて説明した後、その引き出しの種類として「簡単に用意できるハクビシンの嫌いなモノ」、「市販の対ハクビシン用便利駆除グッズ」を紹介します。 対策1:賢さを利用する ハクビシンは、その「賢さ」を利用してあなたの家の庭から遠ざけることができます。 ハクビシンは、一度経験したことを学習し忘れません。 例えば、電気柵をつけて一度痛い思いをすると、その後その痛みを学習し、「その柵に電流が流れていなくてもハクビシンは柵の中に入ってこなくなる」という実例があります。 電気柵を使わなくても、徹底的に「嫌な思い」をさせれば、ハクビシンは「ここは安心できる場所ではない」ということを学び、結果追い払うことができます。 対策2:順応に負けない対策の引き出しを持つ 引き出しの数が多ければ多いほど、ハクビシンを追い出す成功率が高くなります。 「~は効果がない」という情報があるのは、多くの場合本当に効果がないのではなく「順応」しているからです。 しかし、ひとつの対策法で順応する前に、次の対策をすれば、ハクビシンはあなたの庭では常にストレスにあう」と学習します。 対策3:嫌いなモノを置いて対策する ハクビシンの嫌いなモノの中に、簡単に用意できるものがあります。 わざわざ買わなくても、身近にあるものの中で忌効果(きひこうか)があるものがあるんです。 忌避効果のある身近なものの中には、「犬の毛」「強い臭いがするもの」などがあります。 犬の毛 犬は、「ハクビシンの天敵」なので、犬の臭いがする毛があればその場所に本能的に近寄れなくなります。 農研機構は、犬の毛をネットに包んで設置した方法で、「ハクビシンによる食害はほとんどなくなり、以後、収穫終了までの15日間、忌避効果が持続する。 」と報告しています。 引用:NARO農研機構 犬を飼っていなくても、ペットショップやトリミング店、動物病院などで犬の毛をもらうことができます。 強い臭い ハクビシンが、嫌がる「強い臭い」があるものを置くと、ハクビシンは近寄らなくなります。 ハクビシンは、嗅覚がとても優れているからです。 市販のハクビシン用忌避剤も、「臭いがする成分」を使っています。 例えば、「強力!忌避一番プロ」は次のような「臭いがする成分」を使っています。 一方忌避効果のあるハクビシンが嫌がる臭は、以下の通りです。 トウガラシ、ニンニク等の刺激物の臭い• 石油系の臭い• 木酢液• 天敵の臭い 臭いがするものは、時間がたつと消えてなくなるというデメリットがありますので、「ハクビシンが嫌がって出ていく」まで定期的に置く必要があります。 対策3:ハクビシン用便利駆除グッズで対策する 市販の対ハクビシン用便利グッズにも、お金を払うだけの価値がある強い忌避効果のあるものがあります。 プロの専門家が研究したものなので、それだけ効果が期待できます。 その中から、実際に効果のあった「忌避剤」、「青色LEDストロボ」、「超音波器」を紹介します。 これらのグッズは、ハクビシンだけではなく他の害獣にも効果があります。 ハクビシン、アナグマ、アライグマは見分けがつきにくいので、どの動物かわからないという場合もおススメです。 (1)忌避剤 市販の忌避剤で、特におすすめしたいのは、「天敵の臭い」を使ったものです。 天敵の臭いは、ハクビシンの防衛本能を刺激するので慣れづらく、忌避効果が長く続きます。 例えば、「アニマルピーNo. 1」はハクビシンの天敵、オオカミの尿が主成分です。 この製品は、本国アメリカにおいて25年以上の実績があります。 化学薬品ではないので、ハクビシンも農作物も痛めないので安心です。 3 業者に依頼した時の相場料金 業者に依頼した時の料金は、「40坪の一軒家で200,000~350,000円」、「2DKのアパートだとその半値」が大体の相場になります。 このように値段の幅が広いのは、「敷地の広さ、被害の状況によって料金が変わる」からです。 下記に、一般的なハクビシンの料金相場の詳細がありますので、参考にして下さい。 名称 範囲 値段 追い出し工事 1㎡ 800円 侵入口の遮断工事 1ヶ所 10,000円 捕獲用のゲージの設置・管理費 1ヶ所 20,000円 捕獲したハクビシンの回収処理費 1頭 37,000円 糞・巣の回収 1回 10,000円 害虫駆除費 1㎡ 1,000円 清掃、殺菌・消臭費 1㎡ 1,200円 捕獲申請代行費 1回 50,000円 諸経費 - 20,000円 まとめ ハクビシンがエサ場として自宅の庭にやって来るなら、出来る限り早く家にハクビシンの嫌がる環境を整えましょう。 たかがハクビシンと思って放置していると、今度は巣まで作られてしまいます。 早めに対策さえしてしまえば、自力駆除も難しくありません。 さて、ハクビシンはかわいい外見とは裏腹に、私たちに害をもたらす動物です。 農作物の被害だけではなく、あなたの部屋にも侵入し、屋根裏や天井裏に住みつくと、騒音、糞尿による悪臭、断熱材をぼろぼろにされるなど深刻な被害をもたらします。 賃貸物件なら管理会社が、駆除業者に支払うお金を負担してくれることもありますが、持ち家の場合、当然ですがすべて自分で対処しなければなりません。 この記事が、ハクビシン駆除にお役立ちすることができ、ハクビシンではなくあなたの家族が農作物の収穫を楽しむことができることを願っています。 クジョカツ厳選のイタチ・ハクビシン駆除業者を無料で紹介.

次の

アライグマとタヌキとハクビシンの違い、見分け方は!?比較してみた!!

ハクビシン

こんにちは「」の津田です。 今日の鳥獣害対策の知恵袋は、 ハクビシンによる被害対策についてです。 ハクビシンの生態から撃退方法までをご紹介します。 まずは生態を知ったうえで電気柵で撃退する、箱わなで捕獲するなど対策を行い、家の庭や田畑をハクビシンから守りましょう。 ハクビシンの生態 【ハクビシンの生態】 ハクビシンは、本来、東南アジアを中心に台湾、 中国に生息している 外来種です。 もともと日本にはいなかったと考えられています。 しかし、 ハクビシンの毛質はよくないので 放逐され、戦後になって個体数を増やしたと 言われています。 また、長い尾も特徴的です。 普通にみかけるネコよりも 少し大きいくらいのサイズです。 ハクビシンの糞尿被害の対策 先日、埼玉県でハクビシン被害に対応している 方にお話を聞いたところ、 市街地のハクビシンは、そのほとんどが人の住居を 昼のねぐらにしていたと言っていました。 住居侵入による 糞尿被害の対策としては、 まずは、ハクビシンが 侵入している 入り口を見つけて塞ぐこと です。 入り口が分からない!という場合や、 何かが家に入ってきているけどどんな動物か 分からない!という場合は 熱を感知して自動でシャッターが切れる 自動撮影カメラを、ここは通りそうだ!と 思うところに設置しておくと便利です。 これは、 シカ(71億)、イノシシ(56億)、 サル(16億)、ツキノワグマ(3億4千万)に 次いで5番目に高い被害額です。 被害の作物は、平成18年度のデータで イネ、マメ類、雑穀、果樹、飼料作物、野菜、 いも類などが報告されています。 「楽落くん」は、ハクビシンやアライグマなどの中型動物の専門家である 埼玉農業技術研究センターの古谷益朗先生が研究から開発まで手掛けており、中型獣やイノシシに対しての撃退効果が見込めます。 【楽落くんのおすすめポイント!】• 設置、片づけに関しても短時間で簡単にできますので電気柵 初心者の方でも安心です。 ネットと電気柵を合わせても地上高40㎝と高さが低いので、わざわざゲートを作って出入りしなくても 人間はまたいで中に入ることができます。 被害にあう農作物の 収穫時期のみの設置で効果が得られますので、メンテナンスも楽ちんです。 罠を使った捕獲には、捕獲許可や狩猟免許が必要ですので、 事前にお住まいの県や市町村へご確認ください。 次回は、最近よくハクビシンを見るので 身近な体験談をもとに ハクビシンの食性を紹介したいと思います。

次の

アライグマ・ハクビシン対策|東京都環境局

ハクビシン

ハクビシンの生態や特徴• 和名:ハクビシン(白鼻芯)• 学名: Paguma larvata• 英名:Masked musang• 階級:食肉目ジャコウネコ科ハクビシン属• 生息範囲:日本では沖縄以外に生息• 家の中の生息場所:屋根裏、軒下、倉庫など• 寿命:10年以上 飼育下では最長24年の記録がある• 好物:甘い果樹を食害することが多い• 弱点:臭いの強いもの 石油、木酢液、ウルフピーなどの肉食獣の尿 、青色ストロボ• 日本固有の在来種か外来種なのかは 確定されておらず、在来種としての保護も外来種としての駆除もしにくいとても中途半端な位置づけをされています。 そのため、アライグマのように 特定外来生物指定は受けていません。 グレーの細長い体に、長い尾をもっていて、 鼻筋に白い線があるのが特徴です。 一度ねぐらと決めると、ずっと住み続ける習性があるので棲み付かせない事が重要になってきます。 厄介な習性が 「ため糞 ふん 」と言って、 糞をする場所を1か所決めて同じところに排泄し続けるという物があります。 しばしばこの習性から、ハクビシンのふんが一か所に集まり、 屋根裏が腐食し天井が抜けてしまったり、悪臭や病原菌、感染症、寄生虫やダニ・ノミなど2次的な被害を及ぼす恐れがあります。 ハクビシンの身体能力 ハクビシンは木登りが得意で、 樹上生活者と言われており、大きな体に似合わず細い電線などもバランスを取りながら起用に渡ります。 頭がはいる所 大人の握りこぶし大の穴 であればどんな隙間でも入ってしまうので、しばしば民家の屋根裏などに住み着いてしまうことがあります。 身体能力が高く、 垂直跳びは1m10cmにもなると言われていますが、リスや猿のように木から木へ飛び移ることはせず、一度地面に降りてから再度登りなおすことが多いようです。 一方で 穴を掘るのは苦手なので、柵やフェンスの下を掘って農作物を荒らした形跡があれば、ハクビシンの可能性は低いでしょう。 ハクビシンの生息地域は? 出典: 「日本の動物分布図集(2010) 」 を使用し、ハクビシンの地図のみ切り取ったもの ハクビシンの生息地域は、沖縄を除きほぼ日本全域に広がっているのが分かります。 特に 東北地方南部、 関東地方、 四国全域で多く見られます。 駆除・捕獲頭数を地域別で見てみると、 狩猟と有害鳥獣捕獲を合わせて ハクビシンの捕獲数が最も多いのは 四国地方で、特に狩猟での捕獲が多いのが特徴です。 一方で、 有害鳥獣捕獲で最も多いのは 関東地方で、11年間の平均で 260頭が有害鳥獣として捕獲されています。

次の