サッカー 年俸ランキング 2019。 サッカー選手世界の年棒ランキング【2019最新版】

サッカー選手(五輪世代)2019年度の年収ランキングトップ5!

サッカー 年俸ランキング 2019

— 2019年 8月月25日午後2時22分PDT 名前 アントワーヌ・グリーズマン 年棒 2770万ドル/29億1000万円 所属チーム バルセロナ 出身国 フランス SNSアカウント 10位にはバルサに移籍したグリーズマンがランクインしました。 アトレティコからの移籍で少しもめましたが、バルサでも徐々に順応している様子。 完全にフィットしているとまでは言えませんが、バルサでもそこそこ活躍しています。 フランス代表では前線でタメを作ったりパスを出したり、非常に重要性の高い選手。 移籍した当初はチェルシーではスタメンから外れていたもの、ブラジル代表にも選ばれたおり、第一線で活躍している若手の選手が中国に移籍したということで大きな話題になりました。 現在もまだ年齢も若いので2020年の契約が終わると欧州へ戻ってプレイすることを望んでいる様子。 2020年からはオスカルがヨーロッパで活躍しているのを見れるかもしれません。 8位:メスト・エジル New. season. loading. 代表ではワールドカップ惨敗の責任が低調な活躍だったエジルに集まることになりました。 一時期のトップレベルからはやや調子が下がっているとはいえ、まだまだ魅せるプレーは健在です。 今年は特に勝負の年になりそう。 パリサンジェルマンでも得点を量産していて、今やクラブと代表の顔になっています。 爆発的なスピードが持ち味の若手ストライカー。 ロナウドとメッシの次の世代のバロンドール候補筆頭の選手です。 サンチェスは大きな期待を背負ってアーセナルからマンUに移籍しましたが、当初から「ピークが過ぎた」感は否めません。 チャンピオンズリーグやプレミアリーグでタイトル争いをするために、アーセナルからマンUに移籍しましたが、レギュラー争いに敗れてインテルへと放出されています。 まだまだ世界トップレベルの技術の高さを日本の観客に見せつけています。 イニエスタ効果により神戸戦は観客の入りも良いです。 さまざまな効果を考えると、イニエスタの年棒はしっかりとペイしているのかもしれません。 代表やクラブでキャプテンシーを見せるなど、若いころの「ムラッ気」は徐々に抜けてきた様子。 この年棒の高さは、レアルから引き抜かれるのを止めるためにも必要な金額です。 今のマンUは何としてもポグバを引き留めておかないといけない、レアルも現在の状況を見るとどうしてもポグバが欲しい。 こういった綱引きによりポグバの年棒は高騰したと言えます。 3位に入ったネイマールは、何かとサッカー界隈ではトピックに困らない選手です。 レアルやバルサへ移籍の噂も頻繁に出てくるので、もっと年棒は上がる可能性はあります。 ただパリでは常にブーイングにさらされているネイマール、少しでも調子が悪くなると放出される可能性も高い選手です。 Are you? 😉 — Cristiano Ronaldo Cristiano 名前 クリスティアーノ・ロナウド 年棒 1億900万ドル/114億7000万円 所属チーム ユベントス 出身国 ポルトガル SNSアカウント 2位にはユベントスに行ってもやっぱりすごかったロナウド。 メッシとロナウドの違いで一番大きいのは「メッシはずっと同じチーム」「ロナウドは数チームを渡り歩いている」というもの。 ロナウドはチームが変わっても、相変わらず得点を量産しています。 今の活躍を見ると、あと数年はトップオプトップの活躍を見せてくれるはずです。 1位:リオネル・メッシ メッシ・ロナウド・ネイマールに代わる選手が出てきてほしい 現在は約10年ほどメッシとロナウドの時代が続いています。 そして次にネイマール。 年棒ランキングでも頭一つ抜けていた3人ですが、今後は新たな若い選手の活躍に期待ですよね。 期待が高いのは主に次の選手でしょうか。 他にも一瞬、期待される若手はポツポツと出てくるのですが、バロンドール級の選手となると、次の2選手が最も期待できます。 ・ムバッペ(20歳) ・ジョアン・フェリックス(19歳) まずはムバッペ。 現在でもすでに高額年棒ですが、今後さらにゴールを量産するとネイマールぐらいの選手にはなれそうですよね。 次はジョアン・フェリックス。 19歳と若いですが、アトレティコ・マドリーではスタメンとして定着しています。 ポルトガル出身の選手で、身長も高くイケメンなのでロナウドのような人気が出るかもしれません。 FWでテクニックがある選手です。 来シーズンレアルに戻ってレギュラーに定着したら、モドリッチのように活躍するチャンスは十分あります。 モドリッチのように活躍すればバロンドールも狙えるので、年棒も上がり、このランキングに入ってくる可能性も十分あります。

次の

日本人サッカー選手の年俸ランキングTOP10【海外&国内】

サッカー 年俸ランキング 2019

スポンサーリンク 本日は、2018年のサッカー選手の平均年俸について世界各国のリーグ毎に比較した結果をご紹介します。 これらは各国のトップリーグの平均値であり、合計68のリーグと網羅性は高いといえます。 それでは、早速どうぞ。 円の単位は、百万円ですのでご注意を。 例えば、日本はイニエスタ選手の32. 今回は中央値のデータが入手出来ませんでしたので、平均値でのご紹介としています。 さすがプレミアリーグといったところでしょうか、平均で4億2500万円は凄いですね。 日本は19位で3400万円です。 日本より上位の国は、やはりサッカー強国が多いのですが、 私が注目するのは、 6位:中国、7位:ロシア、8位:トルコ、11位:サウジアラビア、 13位:メキシコ、16位:アメリカ合衆国という 必ずしも日本よりもレベルが高いとは言い切れない国で、 Jリーグよりも給与が高い点です(トルコやメキシコはレベル高いですが)。 これらの国は、物価も考慮すると、日本よりもサッカー選手の給与水準がかなり高くなりそうです。 なお、カナダは米国MLSに参加している3チームの平均値のため高くなっているようです。 一方で57位:ラトビア以降の国は100万円を切っており、トップリーグでもサッカーだけで生活するのは苦しいのかもしれません。 単純な年俸比較ではこのようなランキングになりますが、 選手が実際どのくらい豊かなのは、その国の物価にも 依存します。 次回のブログでは、この点について考察し、世界の中でどの国がサッカー選手の給与水準が高いのか 調査してきたいと考えています。 是非お楽しみに。 全部英語ですが、興味のある方はご確認ください。 globalsportssalaries.

次の

最新FIFAランキング一覧

サッカー 年俸ランキング 2019

— 2019年 8月月25日午後2時22分PDT 名前 アントワーヌ・グリーズマン 年棒 2770万ドル/29億1000万円 所属チーム バルセロナ 出身国 フランス SNSアカウント 10位にはバルサに移籍したグリーズマンがランクインしました。 アトレティコからの移籍で少しもめましたが、バルサでも徐々に順応している様子。 完全にフィットしているとまでは言えませんが、バルサでもそこそこ活躍しています。 フランス代表では前線でタメを作ったりパスを出したり、非常に重要性の高い選手。 移籍した当初はチェルシーではスタメンから外れていたもの、ブラジル代表にも選ばれたおり、第一線で活躍している若手の選手が中国に移籍したということで大きな話題になりました。 現在もまだ年齢も若いので2020年の契約が終わると欧州へ戻ってプレイすることを望んでいる様子。 2020年からはオスカルがヨーロッパで活躍しているのを見れるかもしれません。 8位:メスト・エジル New. season. loading. 代表ではワールドカップ惨敗の責任が低調な活躍だったエジルに集まることになりました。 一時期のトップレベルからはやや調子が下がっているとはいえ、まだまだ魅せるプレーは健在です。 今年は特に勝負の年になりそう。 パリサンジェルマンでも得点を量産していて、今やクラブと代表の顔になっています。 爆発的なスピードが持ち味の若手ストライカー。 ロナウドとメッシの次の世代のバロンドール候補筆頭の選手です。 サンチェスは大きな期待を背負ってアーセナルからマンUに移籍しましたが、当初から「ピークが過ぎた」感は否めません。 チャンピオンズリーグやプレミアリーグでタイトル争いをするために、アーセナルからマンUに移籍しましたが、レギュラー争いに敗れてインテルへと放出されています。 まだまだ世界トップレベルの技術の高さを日本の観客に見せつけています。 イニエスタ効果により神戸戦は観客の入りも良いです。 さまざまな効果を考えると、イニエスタの年棒はしっかりとペイしているのかもしれません。 代表やクラブでキャプテンシーを見せるなど、若いころの「ムラッ気」は徐々に抜けてきた様子。 この年棒の高さは、レアルから引き抜かれるのを止めるためにも必要な金額です。 今のマンUは何としてもポグバを引き留めておかないといけない、レアルも現在の状況を見るとどうしてもポグバが欲しい。 こういった綱引きによりポグバの年棒は高騰したと言えます。 3位に入ったネイマールは、何かとサッカー界隈ではトピックに困らない選手です。 レアルやバルサへ移籍の噂も頻繁に出てくるので、もっと年棒は上がる可能性はあります。 ただパリでは常にブーイングにさらされているネイマール、少しでも調子が悪くなると放出される可能性も高い選手です。 Are you? 😉 — Cristiano Ronaldo Cristiano 名前 クリスティアーノ・ロナウド 年棒 1億900万ドル/114億7000万円 所属チーム ユベントス 出身国 ポルトガル SNSアカウント 2位にはユベントスに行ってもやっぱりすごかったロナウド。 メッシとロナウドの違いで一番大きいのは「メッシはずっと同じチーム」「ロナウドは数チームを渡り歩いている」というもの。 ロナウドはチームが変わっても、相変わらず得点を量産しています。 今の活躍を見ると、あと数年はトップオプトップの活躍を見せてくれるはずです。 1位:リオネル・メッシ メッシ・ロナウド・ネイマールに代わる選手が出てきてほしい 現在は約10年ほどメッシとロナウドの時代が続いています。 そして次にネイマール。 年棒ランキングでも頭一つ抜けていた3人ですが、今後は新たな若い選手の活躍に期待ですよね。 期待が高いのは主に次の選手でしょうか。 他にも一瞬、期待される若手はポツポツと出てくるのですが、バロンドール級の選手となると、次の2選手が最も期待できます。 ・ムバッペ(20歳) ・ジョアン・フェリックス(19歳) まずはムバッペ。 現在でもすでに高額年棒ですが、今後さらにゴールを量産するとネイマールぐらいの選手にはなれそうですよね。 次はジョアン・フェリックス。 19歳と若いですが、アトレティコ・マドリーではスタメンとして定着しています。 ポルトガル出身の選手で、身長も高くイケメンなのでロナウドのような人気が出るかもしれません。 FWでテクニックがある選手です。 来シーズンレアルに戻ってレギュラーに定着したら、モドリッチのように活躍するチャンスは十分あります。 モドリッチのように活躍すればバロンドールも狙えるので、年棒も上がり、このランキングに入ってくる可能性も十分あります。

次の