イオン銀行ダイレクト。 イオン銀行ダイレクト ログインはこちら

【インターネットバンキング】ログインすると「イオン銀行ダイレクトにロ...|イオン銀行

イオン銀行ダイレクト

イオンカードセレクト(イオン銀行)の初期設定の方法 今回私が作ったイオンカードセレクトはVisaのブランドです。 イオンカードセレクトは1枚でクレジットカード、電子マネー、銀行のキャッシュカードの3つの役割がありますので便利ですね。 イオン銀行ダイレクトの初期設定が必要 イオンカードセレクトと一緒にイオン銀行ダイレクトのカードも一緒に送られてきます。 イオン銀行ダイレクトとは、イオン銀行のネットバンキングサービスで、自宅のPCから振込は残高照会などができるので非常に便利です。 ネットバンキングを使う上で、イオン銀行ダイレクトご利用カードは必要になるので大切に保管する必要があります。 また初期設定の際にも必要になります。 イオンカードセレクト同封の書類を確認 イオンカードセレクトと一緒に送られてきた書類の中にイオン銀行ダイレクト開始の流れが記載された書類(イオン銀行ダイレクトご利用カードが貼ってある書類)がありますので、こちらの案内に従って初期設定をします。 イオン銀行ダイレクトご利用カードを手元に準備したら、 イオン銀行のサイトにアクセスをします。 なお、インターネットバンキングでは銀行そっくりのサイトに誘導してIDやパスワードを盗み取る詐欺があります。 そのためサイトには 「イオン銀行」と検索をして間違いなく公式サイトであることを確認してからアクセスしましょう。 そしてそのイオン銀行サイトを お気に入りに登録しておき、以降はそちらからアクセスするようにしましょう。 メールやサイトなどに貼ってあるURLからアクセスする癖をつけてしまうと、思わぬトラブルに巻き込まれることになります。 必ずお気に入りからアクセスする癖をつけておきましょう。 そのため、こちらにはイオン銀行のURLをあえて貼りません。 契約者IDとログインパスワードの入力 イオン銀行のサイトにアクセスをすると 契約者IDとログインパスワードの入力をします。 まずはイオン銀行のトップページから初回ログインをクリックして初回ログイン画面に進みます。 その後の画面で契約者IDとログインパスワードを求められますので入力します。 契約者IDはイオン銀行ダイレクトご利用カードに記載がされていて、ログインパスワードはイオンカードセレクトの申込時に設定したパスワードを入力します。 初回ログインパスワードには有効期限がありますので、カード到着後なるべく早めに初回設定を済ませておく必要があります。 次の画面ではイオン銀行ダイレクトご利用カードの確認番号を入力します。 イオン銀行ダイレクトご利用カードには確認番号表という乱数表がありますので、指定された箇所の確認番号を入力して確認するボタンを押します。 初回登録 次に初回登録画面になります。 こちらでは新しいログインパスワードと取引パスワードの設定をします。 続いて代表メールアドレスの登録をします。 キャンペーンや重要なお知らせをメールでお知らせするかも設定します。 結構メールが来るのでいやな人は希望しないにチェックを入れましょう。 また任意で連絡メールアドレスを複数登録することもできます。 振込限度額は「1回あたり」「1日あたり」で設定することができ、0に設定すると、全く振込ができなくなります。 続いて合言葉として秘密の質問と質問の答えを3つ登録します。 合言葉はいつもと違う端末からログインをした場合などに聞かれる認証の質問です。 ネットバンキングを利用していると違う環境からアクセスすることもよくありますので、質問の答えは忘れないようにしましょう。 最後に今利用している端末を通常利用する端末として登録するかを選択します。 自宅のパソコンなどで初期設定をしている場合は、「自宅のパソコン」などと登録しておきます。 登録しないと、次回のログイン時に先ほど登録した秘密の質問に答える必要があります。 通常利用する端末は後から設定することも変更することもできます。 初期設定完了、初回ログイン これで初期設定は完了です。 初期設定の項目自体は変更になる可能性はありますが、大きくはこんな感じで登録が完了します。 登録にかかった時間は4分くらいでした。 初期設定が完了するとログインができ、 イオン銀行ダイレクトのホーム画面が表示されます。 ログイン履歴や残高情報、入出金明細などが表示され、メニューから振り込みや定期預金を組むこともできますね。 イオン銀行は普通預金がお得 イオン銀行の普通預金金利はメガバンクの100倍 イオンカードセレクトを作っている人は イオン銀行の普通預金金利が0. 2017年8月現在のイオン銀行の通常の普通預金金利は0. 2017年8月時点でメガバンクの普通預金の金利は0. 他のネット銀行と比べても1番金利が高いので、普通預金金利目当てでイオン銀行を作る人も多いです。 (その場合はイオンカードセレクトが必須になります) 私も高い預金金利を求めてイオンカードセレクトを作りました。 イオン銀行では 定期預金金利よりも普通預金金利の方が高いというありえない状況になっていますので、2017年8月時点では定期預金を組むメリットはあまりありません。 20年で19万円以上差がつくことも 預金金利が1番高いとはいえ、0. 仮に100万円ずつ毎年預金を預けていたとすると、イオン銀行とメガバンクでは 10年後には約5万円、20年後には19万円差がつくことになります。 余ったお金は少しでも預金金利の高いところに預けるのが良いので、ちょっとした余剰資金でもイオン銀行の普通預金にお金を集めておくとお得です。 普通預金だからいつでも引き出せますので。 ということで、いずれにせよカードが届いたら初期設定は早めに済ませておいたほうが良いですよ。 これからイオンカードセレクトを申し込むという人はこちらから申込できます。

次の

イオン銀行ダイレクト ログインはこちら

イオン銀行ダイレクト

イオンカードセレクト(イオン銀行)の初期設定の方法 今回私が作ったイオンカードセレクトはVisaのブランドです。 イオンカードセレクトは1枚でクレジットカード、電子マネー、銀行のキャッシュカードの3つの役割がありますので便利ですね。 イオン銀行ダイレクトの初期設定が必要 イオンカードセレクトと一緒にイオン銀行ダイレクトのカードも一緒に送られてきます。 イオン銀行ダイレクトとは、イオン銀行のネットバンキングサービスで、自宅のPCから振込は残高照会などができるので非常に便利です。 ネットバンキングを使う上で、イオン銀行ダイレクトご利用カードは必要になるので大切に保管する必要があります。 また初期設定の際にも必要になります。 イオンカードセレクト同封の書類を確認 イオンカードセレクトと一緒に送られてきた書類の中にイオン銀行ダイレクト開始の流れが記載された書類(イオン銀行ダイレクトご利用カードが貼ってある書類)がありますので、こちらの案内に従って初期設定をします。 イオン銀行ダイレクトご利用カードを手元に準備したら、 イオン銀行のサイトにアクセスをします。 なお、インターネットバンキングでは銀行そっくりのサイトに誘導してIDやパスワードを盗み取る詐欺があります。 そのためサイトには 「イオン銀行」と検索をして間違いなく公式サイトであることを確認してからアクセスしましょう。 そしてそのイオン銀行サイトを お気に入りに登録しておき、以降はそちらからアクセスするようにしましょう。 メールやサイトなどに貼ってあるURLからアクセスする癖をつけてしまうと、思わぬトラブルに巻き込まれることになります。 必ずお気に入りからアクセスする癖をつけておきましょう。 そのため、こちらにはイオン銀行のURLをあえて貼りません。 契約者IDとログインパスワードの入力 イオン銀行のサイトにアクセスをすると 契約者IDとログインパスワードの入力をします。 まずはイオン銀行のトップページから初回ログインをクリックして初回ログイン画面に進みます。 その後の画面で契約者IDとログインパスワードを求められますので入力します。 契約者IDはイオン銀行ダイレクトご利用カードに記載がされていて、ログインパスワードはイオンカードセレクトの申込時に設定したパスワードを入力します。 初回ログインパスワードには有効期限がありますので、カード到着後なるべく早めに初回設定を済ませておく必要があります。 次の画面ではイオン銀行ダイレクトご利用カードの確認番号を入力します。 イオン銀行ダイレクトご利用カードには確認番号表という乱数表がありますので、指定された箇所の確認番号を入力して確認するボタンを押します。 初回登録 次に初回登録画面になります。 こちらでは新しいログインパスワードと取引パスワードの設定をします。 続いて代表メールアドレスの登録をします。 キャンペーンや重要なお知らせをメールでお知らせするかも設定します。 結構メールが来るのでいやな人は希望しないにチェックを入れましょう。 また任意で連絡メールアドレスを複数登録することもできます。 振込限度額は「1回あたり」「1日あたり」で設定することができ、0に設定すると、全く振込ができなくなります。 続いて合言葉として秘密の質問と質問の答えを3つ登録します。 合言葉はいつもと違う端末からログインをした場合などに聞かれる認証の質問です。 ネットバンキングを利用していると違う環境からアクセスすることもよくありますので、質問の答えは忘れないようにしましょう。 最後に今利用している端末を通常利用する端末として登録するかを選択します。 自宅のパソコンなどで初期設定をしている場合は、「自宅のパソコン」などと登録しておきます。 登録しないと、次回のログイン時に先ほど登録した秘密の質問に答える必要があります。 通常利用する端末は後から設定することも変更することもできます。 初期設定完了、初回ログイン これで初期設定は完了です。 初期設定の項目自体は変更になる可能性はありますが、大きくはこんな感じで登録が完了します。 登録にかかった時間は4分くらいでした。 初期設定が完了するとログインができ、 イオン銀行ダイレクトのホーム画面が表示されます。 ログイン履歴や残高情報、入出金明細などが表示され、メニューから振り込みや定期預金を組むこともできますね。 イオン銀行は普通預金がお得 イオン銀行の普通預金金利はメガバンクの100倍 イオンカードセレクトを作っている人は イオン銀行の普通預金金利が0. 2017年8月現在のイオン銀行の通常の普通預金金利は0. 2017年8月時点でメガバンクの普通預金の金利は0. 他のネット銀行と比べても1番金利が高いので、普通預金金利目当てでイオン銀行を作る人も多いです。 (その場合はイオンカードセレクトが必須になります) 私も高い預金金利を求めてイオンカードセレクトを作りました。 イオン銀行では 定期預金金利よりも普通預金金利の方が高いというありえない状況になっていますので、2017年8月時点では定期預金を組むメリットはあまりありません。 20年で19万円以上差がつくことも 預金金利が1番高いとはいえ、0. 仮に100万円ずつ毎年預金を預けていたとすると、イオン銀行とメガバンクでは 10年後には約5万円、20年後には19万円差がつくことになります。 余ったお金は少しでも預金金利の高いところに預けるのが良いので、ちょっとした余剰資金でもイオン銀行の普通預金にお金を集めておくとお得です。 普通預金だからいつでも引き出せますので。 ということで、いずれにせよカードが届いたら初期設定は早めに済ませておいたほうが良いですよ。 これからイオンカードセレクトを申し込むという人はこちらから申込できます。

次の

インターネットバンキング |イオン銀行

イオン銀行ダイレクト

到着したパスワードカードを使って、振込、定期預金の中途解約、外貨預金の中途解約、住所変更等、厳重な本人認証が必要な取引が始められます。 ご住所が異なりパスワードカードが配達できなかった場合は、すべてのお取引がご利用いただけなくなりますのでご注意ください。 パスワードカード(スマホアプリ版)のページをご覧いただき、三井住友銀行アプリをダウンロードしてください。 お客さまの情報の取扱について 私どもは個人情報の保護に関する法律(平成15年5月30日法律第57号)に基づき、お客さまの個人情報を、預金や融資業務のほか、銀行が営むことができる業務およびこれらに付随する業務において、下記利用目的で利用いたします。 金融商品やサービスの申込受付、資格等の確認、継続的なお取引における管理、融資取引やリスク商品等の適合性の判断、金融商品やサービスの研究や開発、各種ご提案、お取引の解約や事後管理、権利の行使や義務の履行、与信業務における個人情報機関の利用、委託業務の遂行等、お客さまとのお取引を適切かつ円滑に履行するため。 なお、個人信用情報機関より提供をうけた個人信用情報、ならびに金融分野における個人情報保護に関するガイドラインに定められた機微(センシティブ)情報は、銀行法施行規則等に基づき限定されている目的以外では利用いたしません。 SMBCダイレクト(インターネットバンキング)のご利用は、日本国内在住の個人のお客さまに限らせていただきます。 1 申込代表口座は普通預金口座となります。 ただし、電話投票制度専用口座(競馬、競輪、競艇等)については、申込代表口座()としては登録できません。 2 1日あたりの振込上限金額は0円以上1,000万円以内、1万円単位でご登録いただけます。 利用開始時は、100万円に設定されております。 サービス開始後、SMBCダイレクト(インターネットバンキング)等から変更することもできます。 3 サービス利用口座について• 以下の口座等、一部口座の種類等によっては、サービス利用口座にご登録いただけない口座がございますので、あらかじめご了承ください。 非居住者預金・証書式定期預金・納税準備預金・財形預金・通知預金・通帳式外貨預金 他SMBCダイレクト(インターネットバンキング)での外貨預金取引はステートメント方式(預金残高や取引内容の明細を定期的に郵便でお届けする方式)となりますので、通帳式の外貨預金口座は登録できません。 通帳式の外貨預金口座をお持ちのお客さまはステートメント方式への切替が必要となりますので、お取引店にお問い合わせください。 以下の場合等一部の口座はサービス利用口座として自動的に登録されます。 申込代表口座 自動的にサービス利用口座となる口座 総合口座普通預金 その総合口座に預け入れされているすべての預金口座(定期・りぼん等) 投資信託口座の預金決済口座 その投資信託口座 カードローン決済口座 そのカードローン口座 住宅ローンの返済用口座 その住宅ローン口座• 申込代表口座保有店を含め 最大3ヵ店まで追加できます。 その場合、 取引店ごとに1口座の普通預金口座が必要となりますので、必ず追加登録手続をしてください(その取引店に普通預金口座がない場合、手続前に新規で普通預金口座を開設していただく必要があります)。 パスワードカードはお届けいたしません。 パスワードカード(スマホアプリ版)のページをご覧いただき、三井住友銀行アプリをダウンロードしてください。 パスワードカード(スマホアプリ版)をご利用いただけない方は、インターネットからパスワードカードを発行いただくことも可能です。 その場合、お手続後、約1週間〜10日間で郵送でお届けのご住所にお送りします。 安全のため、 パスワードカードはご利用いただけない状態で発行されます。 パスワードカードを有効にするためには、お届けのお電話による有効化の手続が必要ですので、あらかじめご了承ください。 パスワードカードが必要な取引 振込、定期預金の中途解約等 はパスワードカードがご利用いただけるようになった後にお取引ができるようになります)。 なお、残高照会や投資信託、外資預金のお申込などのお取引は申込手続が完了した時点ですべてご利用可能です。 SMBCダイレクト(インターネットバンキング)をご利用いただくには以下のブラウザをご利用ください。 ご利用推奨ブラウザ Windowsをご利用の場合 Macintoshをご利用の場合 Internet Explorer9以上、Microsoft Edge 最新版 Google Chrome 最新版 FireFox 最新版 Safari 最新版• 上記以外のブラウザをご利用の場合、一部、正しく動作しない可能性がございますので、あらかじめご了承ください。 モバイルバンキングをご利用いただくには、NTTドコモの<iモード>、auの<EZweb>、ソフトバンクの<Yahoo! ケータイ>いずれかのお申込が必要となります。

次の