建築 物 環境 衛生 管理 技術 者 過去 問。 建築物環境衛生管理技術者の難易度は? 必要な勉強時間の目安と勉強法のコツ!

建築物環境衛生管理技術者試験に挑戦

建築 物 環境 衛生 管理 技術 者 過去 問

建築物環境衛生管理技術者は 「ビル管理士」「ビル管理技術者」とも言われる、 建築物の環境衛生を整える仕事の国家資格です。 床面積3000㎡以上の建築物 特定建築物 には建築物環境衛生管理技術者を選任しなければいけないと法律で義務付けられています。 給排水・電気・空調・清掃・害虫防除など、建築物の環境衛生の管理・業務計画の作成や実施などを行う仕事です。 この記事では、• 建築物環境衛生管理技術者の試験内容• 建築物環境衛生管理技術者の年収• 建築物環境衛生管理技術者の合格率や難易度• 試験や講習会の内容• 建築物環境衛生管理技術者の受験資格• 建築物環境衛生管理技術者の勉強時間や勉強方法• 他の資格との比較 などをご紹介します。 建築物環境衛生管理技術者とは? 建築物環境衛生管理技術者 ビル管理士 は建築物の環境衛生の維持管理の監督業を行う、厚生労働省管轄の国家資格です。 建築物衛生法により、 床面積3000㎡以上の建築物には建築物環境衛生管理技術者を選任しなければいけないと定められています。 該当する主な建築物は、• オフィスビル• 映画館• 商業施設• 大学 などです。 不特定多数の人が長時間利用する建築物では建築物環境衛生管理技術者の選任が必要です。 建築物環境衛生管理技術者の仕事内容 建築物環境衛生管理技術者 ビル管理士 の仕事内容は、• 水質の定期検査• 貯水槽の管理• 排水・下水の管理• 空調設備の管理• ねずみや害虫の防除• 廃棄物対策• 電気設備の定期点検• 消防設備の定期点検 などです。 ただし、建築物環境衛生管理技術者が上記の仕事を直接行うわけではありません。 建築物環境衛生管理技術者は建築物の環境衛生の現場監督ですので、上記業務の、• 計画の立案と実施• 業者との折衝や契約• 自治体との折衝• テナントとの交渉• 苦情処理 などを行います。 建築物の環境衛生のマネージメントをする仕事であり、建築物の環境衛生維持は 建築物環境衛生管理技術者のアドバイスを尊重しなければいけないことになっています。 環境衛生の正確な知識と、的確なマネージメント能力が必要な仕事です。 建築物環境衛生管理技術者の年収や将来性 建築物環境衛生管理技術者 ビル管理士 の 平均年収は500万円くらいです。 建築物環境衛生管理技術者の 主な就職先はビル管理会社・管理会社ですが、建築物環境衛生管理技術者の資格を取得すると毎月の給料に 資格手当や選任手当が支給される会社が多いです。 「年収が上がる資格」といえるでしょう。 また、建築物環境衛生管理技術者の資格保持者は 転職にも有利です。 建築物環境衛生管理技術者は物件ごとに選任が必要なため、どうしても不足するのです。 人材不足のためとても重宝されます。 肉体労働でもないため、 60代になっても転職できる資格です。 40代以降で資格を取得してビル管理会社に就職する人もいます。 「くいっぱぐれのない資格」ともいえます。 建築物環境衛生管理技術者は 年収や生涯賃金を上げられる資格です。 建築物環境衛生管理技術者に向いている人 建築物環境衛生管理技術者 ビル管理士 に向いている人は、• 計画性のある人• マネジメント能力のある人• コミュニケーション能力の高い人• プレゼンテーション能力が高い人• 資料作成能力の高い人 などです。 外部業者や所有者との折衝が必要ですので、 コミュニケーション能力・マネジメント能力が必要です。 また、管理計画や調査実施結果の書類作成と説明も必要ですので、 資料作成能力やプレゼンテーション能力が必要です。 技術職とは違うので 「人と話すのは苦手」という人は少々向かないかもしれません。 建築物環境衛生管理技術者 ビル管理士 の合格率・難易度 建築物環境衛生管理技術者 ビル管理士 の合格率の推移や難易度をご紹介します。 まずは過去20年の合格率の推移を見てみましょう。 合格率が2割を切っているため、 難易度の高い試験といえるでしょう。 建築物環境衛生管理技術者の合格率が低い理由 建築物環境衛生管理技術者の合格率が低い理由は、• 科目合格制度がない• 出題範囲が広い• 年に1回しか試験がない• 仕事をしながら勉強する人が多い• 1日で7科目の試験• 受験する人の年齢が高い などです。 建築物環境衛生管理技術者の試験は7科目ありますが、 科目ごとの合格制度がありません。 仮に6科目の得点が高くても1科目の得点が低ければ、来年全科目やり直しです。 年に一度しか試験がないため、 1年後の試験に向けてまた全科目を勉強しなければいけません。 合格した科目も内容を忘れないように勉強し続けなければいけないのが辛いところです。 実務経験が必要な資格ですので、仕事をしながら勉強する人が多いです。 受験する人は30代以上が多く、 仕事をしながら勉強をするのはなかなか大変です。 出題範囲が広く、自分の経験のない分野の出題もあるため難易度の高い資格といえます。 過去問が出やすい 建築物環境衛生管理技術者の試験は 過去問が出やすいのが特徴です。 合格率が低いため難易度が高い試験ですが、 過去問を中心に勉強すれば合格できる試験です。 過去数年分の過去問を繰り返し解く勉強がおすすめです。 計算問題は少ない 建築物環境衛生管理技術者は 計算問題が少ないです。 ほとんどが暗記系の問題のため、繰り返し過去問を解くと問題と答えを覚えられます。 「計算問題が苦手…」という人も合格しやすい試験です。 建築物環境衛生管理技術者の試験科目ごとの難易度 建築物環境衛生管理技術者の試験科目は、• 建築物衛生行政概論• 建築物の構造概論• 建築物の環境衛生• 空気環境の調整• 給水及び排水の管理• ねずみ、昆虫等の防除 の7科目です。 それでは、科目ごとの難易度を見てみましょう。 建築物衛生行政概論の難易度 建築物衛生行政概論は、 法令・空調・帳簿・図面などから出題されます。 特に、 法令は暗記系ですので暗記問題が苦手な人は少々苦戦するかもしれません。 建築物の構造概論の難易度 建築物の構造概論は 建築基準法の建築知識が必要です。 建築物の構造や設計などの実務経験がある人は難易度が低いですが、 建築関係の実務経験がない人にとっては難易度が高いでしょう。 建築物の環境衛生の難易度 建築物の環境衛生は 人体生理学や空気環境などから出題されます。 専門用語が多いため、 慣れない単語に苦戦しやすいです。 専門用語はなじみがないかもしれませんが、しっかり暗記しましょう。 空気環境の調整の難易度 空気環境の調整は 実務経験がないとかなり難易度が高いです。 物理の問題はなじみがないと難解です。 空気環境の調整がもっとも難易度が高いといえます。 問題数が45問ともっとも多い科目のため 空気環境の調整の勉強時間は長めにとりましょう。 給水及び排水の管理の難易度 給水及び排水の管理は 給排水設備の実務経験がないと難易度が高いです。 水道法の出題もあるため法令について暗記する必要がありますし、 問題数が35問と多いためしっかり勉強しましょう。 清掃の難易度 清掃は 実務経験がなくてもイメージがわきやすいため難易度は低めです。 廃棄物処理はなじみがなく専門用語も多いですが、暗記をがんばりましょう。 ねずみ、昆虫等の防除の難易度 ねずみ、昆虫等の防除も 実務経験がなくてもイメージがわきやすく難易度は低めです。 ダニやネズミの生態や殺虫剤の知識などは暗記が必要ですが、比較的覚えやすいです。 建築物環境衛生管理技術者の試験内容 建築物環境衛生管理技術者の試験内容をご紹介します。 試験問題は 5つから1つを選ぶマークシート方式です。 実技試験や実地試験はなく、 マークシートの筆記試験のみです。 各科目の出題数は、• 建築物衛生行政概論:20問• 建築物の構造概論:15問• 建築物の環境衛生:25問• 空気環境の調整:45問• 給水及び排水の管理:35問• 清掃:25問• ねずみ、昆虫等の防除:15問 で合計180問です。 問題数が多いのも建築物環境衛生管理技術者の難易度が高い理由の1つです。 試験は午前中に、• 建築物衛生行政概論• 建築物の環境衛生• 空気環境の調整 の3科目で3時間。 午後に、• 建築物の構造概論• 給水及び排水の管理• ねずみ、昆虫等の防除 の4科目で3時間です。 7科目を1日で行う長丁場の試験ですので、体調も整えておきましょう。 参考: 建築物環境衛生管理技術者の過去問 建築物環境衛生管理技術者の過去問を少しだけご紹介します。 過去問を見て 「わからない!」という人はしっかり勉強しましょう。 建築物衛生法に基づく特定建築物の届出について、同法施行規則において規定されていない事項は、次のうちどれか。 1 名称 2 構造設備の概要 3 建築確認済の年月日 4 用途 5 使用されるに至った年月日 ホルムアルデヒドに関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。 1 可燃性である。 2 防腐剤として用いられる。 3 発がん性がある。 4 水に溶けにくい。 5 建築基準法により、含有建材の仕様が制限されている。 引用元: 消防法施行令に定める消防の用に供する設備として、該当しないものは次のうちどれか。 1 屋内消火栓設備 2 屋外消火栓設備 3 排煙設備 4 自動火災報知設備 5 誘導標識 殺虫剤やその剤型に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。 1 有機リン剤を有効成分とするマイクロカプセル(MC)剤がある。 2 乳剤は、水で希釈すると白濁(乳濁化)する。 3 ピレスロイド剤によりノックダウンした虫は、蘇生する場合がある。 4 フィプロニルを有効成分とするゴキブリ用の食毒剤がある。 5 ジクロルボスは、残効性が高い殺虫剤である。 引用元: 建築物環境衛生管理技術者の受験資格 建築物環境衛生管理技術者 ビル管理士 の受験資格をご紹介します。 下記の 建築物の環境衛生維持管理の実務経験が2年以上ある人に受験資格があります。 興行場 映画館、劇場等 、百貨店、集会場 公民館、結婚式場、市民ホール等 、図書館、博物館、美術館、遊技場 ボーリング場等• 店舗、事務所• 学校 研修所を含む• 旅館、ホテル• その他、不特定多数の利用者がいて、衛生環境が上記と類似する建築物 となっています。 また、「環境衛生維持管理の実務」とは、• 空気調和設備管理• 給水、給湯設備管理• 排水設備管理• ボイラ設備管理• 電気設備管理• 清掃及び廃棄物処理• ねずみ、昆虫等の防除 のことを指します。 ただし、 修理専業・アフターサービスの巡回サービスなどは実務経験に該当しません。 参考: 建築物環境衛生管理技術者の資格を講習会受講で取得する方法 条件に該当すれば 建築物環境衛生管理技術者の講習会を受講することで、試験なしで資格を取得できます。 講習会を受講できる条件は、• 大学の理学・医学・歯学・薬学・保健学・衛生学・工学・農学・獣医学・防衛大学校の理工学・海上保安大学校の課程を卒業して、延べ面積3000㎡以上の建築物の環境衛生の維持管理の実務経験が1年以上ある人• 短大・高等の理学・保健学・衛生学・工学・農学の課程を卒業して、延べ面積3000㎡以上の建築物の環境衛生の維持管理の実務経験が3年以上ある人• 高校・中学を卒業して、延べ面積3000㎡以上の建築物の環境衛生の維持管理の実務経験が5年以上ある人• 一級建築士• 技術士 機械・電気電子・上下水道・衛生工学部門の登録• 第一種冷凍機械責任者の免状があり、延べ面積3000㎡以上の建築物の環境衛生の維持管理の実務経験か環境衛生監視員経験が1年以上ある人• 第二種冷凍機械責任者の免状があり、延べ面積3000㎡以上の建築物の環境衛生の維持管理の実務経験か環境衛生監視員経験が2年以上ある人• 臨床検査技師で延べ面積3000㎡以上の建築物の環境衛生の維持管理の実務経験か環境衛生監視員経験が2年以上ある人• 第一種電気主任技術者か第二種電気主任技術者の免状があり、延べ面積3000㎡以上の建築物の環境衛生の維持管理の実務経験か環境衛生監視員経験が1年以上ある人• 第三種電気主任技術者の免状があり、延べ面積3000㎡以上の建築物の環境衛生の維持管理の実務経験か環境衛生監視員経験が2年以上ある人• 特級ボイラー技士で延べ面積3000㎡以上の建築物の環境衛生の維持管理の実務経験か環境衛生監視員経験が1年以上ある人• 一級ボイラー技士で延べ面積3000㎡以上の建築物の環境衛生の維持管理の実務経験か環境衛生監視員経験が4年以上ある人• 衛生管理者で延べ面積3000㎡以上の建築物の環境衛生の維持管理の実務経験か、1000人以上の事業場で環境衛生監視員経験が5年以上ある人 となっています。 講習内容は、• 建築物衛生行政概論:10時間• 建築物の構造概論:8時間• 建築物の環境衛生:13時間• 空気環境の調整:26時間• 給水及び排水の管理:20時間• 清掃:16時間• ねずみ、昆虫等の防除:8時間 となっており、 合計101時間の講習です。 受講料は108800円です。 参考: 建築物環境衛生管理技術者の勉強時間 建築物環境衛生管理技術者の勉強時間をご紹介します。 建築物環境衛生管理技術者の 勉強時間は約500時間です。 勉強時間が500時間ですので、• 平日1時間、土日3時間の勉強で、約11ヶ月の勉強期間• 平日2時間、土日4時間の勉強で、約7ヶ月の勉強期間• 平日1時間、土日8時間の勉強で、約6ヶ月間の勉強期間 というイメージです。 仕事をしながら勉強する人が多いですから、休日に多めの勉強時間を設けることも大切です。 建築物環境衛生管理技術者の勉強方法 建築物環境衛生管理技術者に合格するための勉強方法をご紹介します。 まずは書店でわかりやすそうな テキスト 参考書 と問題集を1冊ずつ購入します。 テキストと問題集は1冊ずつだけ購入して、 繰り返し勉強するのがコツです。 あまりたくさんのテキスト・問題集を買うとすべてを勉強できませんし、1冊当たりの勉強量が薄くなってしまいます。 まずは テキストを読んで基礎知識をざっくりと頭に入れましょう。 その後、 問題集を繰り返し解くと良いでしょう。 建築物環境衛生管理技術者は 過去問から出題される確率が高い試験なので、 問題集は過去問集をおすすめします。 最低でも過去5年分、できれば過去10年分の過去問を繰り返し勉強すると合格できる可能性が高まります。 仕事をしながら勉強するのは大変なことです。 移動中や昼休みなど空き時間に勉強するのがコツです。 毎日短い時間でもいいので勉強を積み重ねるのが最大のコツです。 おすすめのテキストと過去問集 建築物環境衛生管理技術者の勉強に おすすめのテキストや過去問集は、• :通称「黒本」過去10年分の過去問と解説がある• :通称「赤本」過去6年分過去問と丁寧な解説があり、図や絵が多く読みやすい• :テキストとしておすすめ• :一問一答の勉強におすすめ などです。 どうしても自信がない人は 通信講座を検討しましょう。 建築物環境衛生管理技術者と他の資格の難易度の比較 建築物環境衛生管理技術者の資格を取得するにあたり、 他の資格の難易度や、資格をとる優先順位が気になりますよね。 建築物環境衛生管理技術者と比較される資格との難易度の比較をご紹介します。 建築物環境衛生管理技術者と管工事施工管理技士の難易度の比較 建築物環境衛生管理技術者と管工事施工管理技士を比較すると、 建築物環境衛生管理技術者の方が難易度が高いです。 管工事施工管理技士の方が合格率が高いためです。 ただし、管工事施工管理技士は 記述問題があるため文章力が必要です。 詳しくは『』を読んでみてください。 建築物環境衛生管理技術者と電気主任技術者の難易度の比較 建築物環境衛生管理技術者と電気主任技術者 電験 を比較すると、 電気主任技術者の方が難易度が高いです。 電気主任技術者は 難易度の高い計算問題や応用問題があります。 建築物環境衛生管理技術者は 暗記が中心のため、難易度が低いです。 詳しくは『』を読んでみてください。 建築物環境衛生管理技術者とビル設備管理技能士の難易度の比較 建築物環境衛生管理技術者とビル設備管理技能士を比較すると、 建築物環境衛生管理技術者の方が難易度が高いです。 ビル設備管理技能士は 建築物環境衛生管理技術者の下位資格であるため、難易度が低いです。 建築物環境衛生管理技術者と衛生管理者の難易度の比較 建築物環境衛生管理技術者と衛生管理者を比較すると、 建築物環境衛生管理技術者の方が難易度が高いです。 衛生管理者は合格率が50%台のため、難易度が低いです。 建築物環境衛生管理技術者と危険物甲種の難易度の比較 建築物環境衛生管理技術者と危険物甲種を比較すると、 建築物環境衛生管理技術者の方が難易度が高いです。 建築物環境衛生管理技術者の方が合格率が低いです。 建築物環境衛生管理技術者と電気工事士の難易度の比較 建築物環境衛生管理技術者と電気工事士であれば、 建築物環境衛生管理技術者の方が難易度が高いです。 電気工事士の方が合格率が高いです。 ただし、 電気工事士は実技試験がありますので実技の練習が必要です。 詳しくは『』を読んでみてください。 建築物環境衛生管理技術者の関連資格やおすすめ資格 建築物環境衛生管理技術者の資格と 関連する資格や、合わせて取得しておきたい資格をご紹介します。 関連する資格は、• 給水設備主任技術者• 労働衛生コンサルタント• 消防設備士• エネルギー管理士 なです。 また、ビル管理系の資格で「ビル管4点セット」といわれる資格は、• 第2種冷凍機械責任者• 危険物取扱者乙4種 です。 大手のビル管理会社に転職するのに有効な資格は、• 建築物環境衛生管理技術者 の3つです。 建築物環境衛生管理技術者の試験情報 建築物環境衛生管理技術者 ビル管理士 の試験情報をご紹介します。 詳しい受験の情報はを見てください。 願書申し込み期間 願書申し込み期間は毎年5月上旬~6月中旬です。 受験願書用紙は 公益財団法人日本建築衛生管理教育センターのホームページでダウンロードできます。 願書申し込みはインターネット申込みではなく、 郵送による申し込みです。 試験日程 試験日程は10月の第一日曜日です。 合格発表 合格発表時期は10月末~11月上旬です。 郵送による合否発表ではなく、公益財団法人日本建築衛生管理教育センターの ホームページで発表されます。 受験料 受験料は13900円です。 受験料の払い方はゆうちょ銀行の払込用紙にて行います。 受験地 受験地は、• 札幌市• 仙台市• 東京都• 名古屋市• 大阪市• 福岡市 です。 参考: まとめ 建築物環境衛生管理技術者の試験の難易度は高いです。 合格率も低いため、計画的な勉強が必要です。 難易度が高い理由として、• 科目合格制度がない• 試験範囲が広い• 年に1回しか試験がない などがあり、難しい試験です。 ですが、難易度が高いといっても、• 過去問から出題されることが多い• 計算問題が少なく、暗記系が多い など、しっかり勉強すれば合格できるようになっています。 建築物環境衛生管理技術者は不足しているため、 資格を取得すると年収が上がったり、転職に有利になったりします。 年齢を重ねても仕事に困ることがないため、 将来性もある資格です。

次の

建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の合格率や難易度

建築 物 環境 衛生 管理 技術 者 過去 問

建築物環境衛生管理技術者の特徴 建築物環境衛生管理技術者(以下ビル管理士)は、建築物の環境衛生の維持管理に関する監督等を行い建築物における衛生的環境の確保に関する法律(建築物衛生法)に基づいて面積3000m2以上(公立学校等は8000m2以上)の特定建築物において1名の選任義務があります。 受験するには2年以上の実務経験が必要になり勤務先での実務経験証明書が必要になります。 試験開催日は毎年10月最初の日曜日に全国の試験会場で一斉に開催されます。 建築物環境衛生管理技術者はどう役立つ? ビル管理会社またはビルメンテナンス会社に勤務されている人でしたら非常に魅力的な資格になります。 ビルや建物に選任されるとビル内の環境衛生を監視する最高指揮官になります。 ビル所有者また占有者に対して環境衛生上の意見や改善を述べたりすることができる権限が発生します。 所有者また占有者はビル管理士の意見を尊重しなければならない規則があります。 これにより仕事を円滑に進めることができるようになります。 免状取得者は勤務先での管理職へステップアップにも繋がる資格となり資格取得手当や選任手当等も毎月のお給料に反映されます。 建築物環境衛生管理技術者の難易度は?• CBS(国際秘書)検定プライマリー• PLIDAイタリア語検定試験C1• プロゴルファー• フォトマスター検定EX• 情報システム• コンサルタント• ラジオ• 音響技能検定1級• 公認内部監査人• 小学校教員資格認定試験• マンション管理士• 管理栄養士• 薬剤師• 行政書士• 計量士環境(濃度、騒音振動)• 労働基準監督官• 米国公認会計士(USCPA)• プロボーラー• 医療経営士1級• 柔道五段• 舞台機構調整技能士1級• 日商ビジネス英語検定1級• 速記技能検定1級 などが挙げられています。 合格率はどれくらい? 過去10年間を平均すると合格率は19.36%になっています。 過去最高の合格率は2005年度の35.3%で、過去最低の合格率は2006年度の9.4%です。 今年度の合格率が高いと翌年度は合格率が低い水準になっているのが特徴的で、当たり年と外れ年の予想がたてやすく合格率が明確化されています。 独学でも取れる? ちょっと頑張れば取れる 資格取得までに必要な勉強時間の目安は? まったくの知識ゼロの人 個人差はありますが学習期間10ヶ月、1日3時間、合計900時間の学習で合格ラインに達すると思います。 すでに多少の知識はある人 個人差はありますが学習期間6ヶ月、1日3時間、合計540時間の学習で合格ラインに達すると思います。 本試験は試験科目及び問題数 午前 試験時間3時間 1. 建築物衛生行政概論 20問 2. 建築物の環境衛生 25問 3. 空気環境の調整 45問 午後 試験時間3時間 4. 建築物の構造概論 15問 5. 給水及び排水の管理 35問 6. 清掃 25問 7. ねずみ、昆虫等の防除 15問 合計180問になります。 まったくの初心者の方が勉強する場合は、ビルや建物設備に関する細かい部分まで理解する必要があります。 覚えなければならない項目が非常に多く存在します。 知力、体力ともに必要になります。 多少の設備について知識のある人やビル管理の仕事に従事している人でしたら過去問題を見て理解している部分は飛ばして勉強を進めても構わないと思います。 勉強するうえで最も注意したい科目は 3 空気環境の調整です。 問題数が1番多い科目で出題される内容も他の科目と比較して難しく理解に苦しみます。 ビル管理経験者でも十分に問題を理解して挑まないと本試験でも点数が採れないと思います。 多少の知識があっても最終的には全問正解できるくらいのレベルまでじっくり学習することをお勧めします。 知識や経験も大事ですが国家試験に合わせた勉強方法に照準を合わせて油断することなく最後まで挑んでいただければ合格できると思います。 オススメの参考書は? 通称「赤本」と言われている日本教育訓練センター発行のビル管理士試験模範解答集(過去問6年分・解説付) 通称「黒本」オーム社発行の全7科目254分類ビル管理技術者試験問題集(過去問10年分・解説付) 関連ページ 普通自動車運転免許は車を運転するなら必須の資格です。 今回はそんな普通自動車運転免許試験の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、普通自動車運転免許試験の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 原付免許は16歳から取得できる原付バイクを運転するために必要な資格です。 普通自動車免許があればなくても乗れますが、ないなら取得が必要です。 そんな原付免許試験の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、原付免許試験の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 フォークリフト免許はフォークリフトを操縦するために必要な資格です。 今回はそんなフォークリフト免許の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、フォークリフト免許の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 危険物取扱者乙4種は、危険物の取り扱い方法に関する知識を問う資格で、主にガソリンスタンドなどで働く際に役に立ちます。 そんな危険物取扱者乙4種の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、危険物取扱者乙4種の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 危険物取扱者甲種は危険物取扱者の中でもっとも難しい資格です。 今回そんな危険物取扱者甲種の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、危険物取扱者甲種の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 第二種電気工事士は電気工事会社に就職するならぜひ取得したい資格です。 今回はそんな第二種電気工事士の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、第二種電気工事士の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 消防設備士は消防設備の設置・点検を行うビル管理者などに役立つ資格です。 今回はそんな甲種4類消防設備士の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、甲種4類消防設備士の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 ボイラー技士はボイラー設備の操作や保守業務を行うために必要な資格です。 そんな二級ボイラー技士の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、二級ボイラー技士の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 電気主任技術者は発電所や変電所など、電気設備の保安監督という立場になるために必要な資格です。 そんな第三種電気主任技術者の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、第三種電気主任技術者の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 工事担任者DDは電気通信に関する国家資格です。 今回はそんな工事担任者DD第一種の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、工事担任者DD第一種の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 衛生管理者はさまざまな産業で労働者の数に応じて必ず必要となります。 そのため、多少となっている産業で働いている場合、第一種衛生管理者という資格を持っているとかなり重宝される価値の高い資格です。 今回はそんな第一種衛生管理者の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、第一種衛生管理者の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 技術士補 建設部門は、建設業界で働いてる人ならぜひ取りたい資格です。 今回はそんな技術士補 建設部門の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、技術士補 建設部門の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 海上特殊無線技士は無線設備の操作技術などの知識を問う資格です。 今回はそんな第二級海上特殊無線技士の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、第二級海上特殊無線技士の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 運行管理者は自動車などの安全管理をするために必要な資格です。 今回はそんな運行管理者 貨物 の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、運行管理者 貨物 の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 一級建築士はその名の通り建築士としての最高峰の国家資格です。 そんな一級建築士の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、一級建築士の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 二級建築士は建築士として一人前になりたいなら必須と言ってもいい資格です。 そんな二級建築士の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、二級建築士の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 エネルギー管理士は規定量以上のエネルギーを使う工場で必ず一人は持っていることが必要とされる資格です。 そんなエネルギー管理士 - 電気分野の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、エネルギー管理士 - 電気分野の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。

次の

建築物環境衛生管理技術者に過去問を使って独学で合格する方法とは?合格者が 徹底解説しちゃいます!│ビルメン田中ブログ

建築 物 環境 衛生 管理 技術 者 過去 問

私は 建築物環境衛生管理技術者(以下 ビル管理士)試験に2014年に合格しました。 この年はビル管理士以外に認定ファシリティマネジャーと二級建築士の製図試験も同年受験しており、かなりハードスケジュールだった事を覚えています。 その限られた時間の中でどう勉強したかをご紹介いたします。 ビル管理士試験の特徴 まず、このビル管理士試験の特徴として、全部で7科目あり出題範囲が広い試験ということが言えます。 難易度も比較的高めで、私が受験した2014年度の直近10年間の合格率は下記の通りでした。 2013年は10. ビル管理士試験 勉強記録 それなりに難易度の高い試験ですので、勉強するに当たり、最初はテキストを通読して、内容をざっくり掴んでみることにしました。 私が選んだテキストは、秀和システムの「 ビル管理技術者(建築物環境衛生管理技術者)試験 合格テキスト」でした。 A4サイズの2色刷りで、イラストも豊富で見やすいと思い購入したのですが、いざ読んでみると内容的には少し物足りなかったです。 後から過去問を解いて気付いたのですが、過去問に出てきたことが書かれていなかったり、そして何より誤植が多かったです。 あまりお勧めできるテキストとは言えません。 私がビル管理士の勉強を始めたタイミングは、認定ファシリティマネジャー試験が終わった7月の2週目からです。 まずテキストを一読する事から始め、読み終えたのは8月中旬でした。 ちまちま読んでましたので、テキストを読むだけで約一ヶ月かかりました。 テキストの内容は、試験科目に合わせて7科目に分かれています。 7科目の内容は下記の通りです。 1.建築物衛生行政 2.室内環境の衛生 3.空気環境の調整 4.建築物の構造概論 5.給排水の管理 6.清掃 7.ねずみ・昆虫等の防除 私の場合、この中の2〜5は二級建築士の学科や公害防止管理者 騒音・振動 の勉強した経験から知識0スタートではありませんでしたが、真っさらな状態から始めるとなると、かなりヘビーだと思います。 それと、前述した通りこの秀和システムのテキストは誤植が多いです。 接続詞がおかしかったり「、」が「。 」だったりと、読んでいて気になりました。 2013年に第一版が出た歴史の浅いテキストだから仕方ないのかも知れませんが…。 そして、9月中旬の二級建築士製図試験が終わると同時に、いよいよ本格的に過去問題集に取り組むことにしました。 選んだ問題集は、テキストと同じ秀和システムの「 ビル管理技術者試験過去5回問題集」です。 この問題集を選んだ理由は価格が1,600円とリーズナブルだったからですが、解答の解説が薄いです。 (厚さじゃなくて内容が) やはり日本教育訓練センターから出版されている 赤本にしておけば良かったと後から後悔。 しかも、いざ過去問を取り組んでみると、想像以上に難しかったです。 なにぶん範囲が広範なため、覚えることが多い。 そういう意味では過去問に取り組む時間を多めに取ることをお勧めします。 やはりアウトプットをしないと覚えませんからね。 私の場合はファシリティマネジャー試験や二級建築士製図試験の影響で、過去問取り組み期間が一ヶ月しかありませんでした… 今更ながら、無謀なスケジュールだったと思います。 試験一週間前でこのレベル。 最後の平成21年度試験だけギリギリ合格ラインですが、かなり厳しい状況でした。 追い詰められた私は、通勤電車の中やトイレなど隙間時間を有効に使うため、藁にもすがる思いで、Appアプリの「 2014-2015年版 ビル管理試験攻略問題集」をインストール。 スマホアプリでも勉強を始めました。 ところが、このアプリがなかなか良かったです。 解説も分かりやすいし、やはり何と言ってもスマホを使って、いつでもどこでも勉強出来るのが良いですね。 アプリの存在に気付くのが遅過ぎました。 実は以前「建築物環境衛生管理技術者」でアプリ検索したときは出て来なかったのですが、今回「ビル管理」で検索したらヒットしました。 このアプリは科目ごとにお金を払って個別にダウンロードするタイプで、試験まで時間が無かったことから、比較的点数の取れている「建築物衛生行政、室内環境の衛生、建築物の構造概論」の3科目はダウンロードしないで、残りの4科目「空気環境の調整、給排水の管理、清掃、ねずみ・昆虫等の防除」に的を絞って取り組むことにしました。 そして、スマホアプリをやりつつ、過去5年分の問題集をもう一回取り組みました。 しかしながら、電車の中や隙間時間で苦手な科目を集中的にアプリで取り組んだので、当然、過去問の点数も上がってきました。 特に1回目では大の苦手科目だった「清掃」と「ねずみ、昆虫対策」はアプリで真っ先に取り組んだ結果、完全に克服。 得点科目になりました。 「空気環境の調整」と「給排水の管理」はアプリでも手が回り切りませんでしたが…あと一週間欲しかったのが実状です。 ビル管理士試験 本番 10月5日。 いよいよ本番試験です。 場所は東京の港区にある明治学院大学白金キャンパスでした。 最強クラスと言われた台風18号が迫る中の受験となりました。 当日の試験について書いておくと、午前の部と午後の部に分かれており、内訳は以下の通りとなります。 【午前の部】 1.建築物衛生行政/20問 2.室内環境の衛生/25問 3.空気環境の調整/45問 【午後の部】 4.建築物の構造概論/15問 5.給排水の管理/35問 6.清掃/25問 7.ねずみ、昆虫等対策/15問 合計180問の長丁場です。 次年度に繰り越せるような科目合格はありません。 本番試験を終えた直後の感触としては、全体的に難しく感じました。 特に建築構造は過去問で見たことのない問題が結構出ました。 そして、その日の夜から2ch上では、解答速報のまとめ作業が始まりました。 しかし2chの解答速報はあくまでも受験者による自己採点なので、プラスマイナス10点くらいはズレる可能性があります。 試験から四日後の9日になり、JETC 株 日本教育訓練センターのホームページ上で信頼性の高い解答速報が出ました。 2chの速報で答え合わせをしたときより6点上がりました。 足切り点以下の科目も無く、一安心しました。 合格発表日(2014年は11月4日でした)センターのホームページで合格者の番号が発表されると共に、郵送で合格通知が送られてきました。 無事に合格したら、次は免状の交付申請をします。 合格通知に同封されてくる交付申請書を書いて2,300円分の収入印紙を貼り付けて指定の宛先へ送付。 12月末には免状が届きます。 ビル管理士は建築士や認定ファシリティマネジャーのような写真付きのカードタイプの登録証はありません。 免状だけです。 9月の二級建築士製図試験前はビル管士の勉強は中断していましたので、実質二ヶ月ちょい程度となります。 内訳は、テキスト通読に約一ヶ月、過去問取り組みは三週間です。 時間は、テキスト通読時は一日平均1時間くらい。 過去問取り組み時は、平日1〜2時間、休日は5時間くらいです。 トータル勉強時間は100時間くらいだと思います。 ビル管理士試験 おすすめ勉強法 私の場合は他の試験との関係でビル管理士の勉強にあまり時間が取れませんでした。 2013年が難しい年だったため、2014年はその反動で比較的簡単な年で、無事合格することが出来ました。 本来ならもう少し腰を据えてじっくり勉強すべき試験だと思います。 また、選ぶべき過去問題集はやはり日本教育訓練センターから出版されている「 ビル管理士試験模範解答集」です。 通称赤本と言われるビル管理士試験の王道問題集です。 王道最強! 勉強にあたってはテキストよりも問題集のアウトプットに時間をかけ、解説を読んでも理解できないとこだけテキストを参照するやり方が効率的だと思います。 試験の半年くらい前からこの問題集にじっくり取り組み、3巡以上やって8割方正解できるようになれば合格する確率はかなり高いと言えます。 また、過去問アプリで苦手科目を隙間時間に集中的に取り組むことで、合格はさらに近付くでしょう。

次の