ミサイル開発自衛隊。 防衛省、北の新型ミサイル対応で新迎撃システム開発へ(1/2ページ)

防衛省、北の新型ミサイル対応で新迎撃システム開発へ(1/2ページ)

ミサイル開発自衛隊

中国では日本が今なお「軍事的野心を抱き続けている」と疑っている人は少なからず存在する。 日中の歴史的要因のほか、日本が持つ高い技術力が中国人に猜疑心を抱かせているようだ。 中国メディアの今日頭条は2019年10月28日、日本は経済大国であると同時に技術大国でもあると伝え、もしも日本が「本気で大陸間弾道ミサイルの開発に着手した場合、一体どれくらいの期間で完成させることができるか」と疑問を投げかける記事を掲載した。 中国のメディアから時々この手の報道があるようだが、これは日本に対する挑発それとも警戒? 果たしてどちらなのだろうか。 自国の兵器は軍事パレードでICBMのDF-41や極超音速滑空弾のDF-17などを披露し、各メディアではJ-20戦闘機や国産空母の能力を鼓舞したりしている。 恐らく、挑発というより日本を警戒していると考えるほうが正解なのかも知れない。 日本は既に宇宙ロケット技術、日本版GPS技術、ミサイル技術、潜水艦技術、更には40トンのプルトニウムを保有している。 この記事に書かれている通り、作ると決めれば短期間で製造可能だろう。 また日本は既に映像で流れている、ペイロード140kgの「SS-520」と言う固体燃料ロケットを開発済みで実験も成功済みだ。 核弾頭を搭載せずとも、タングステン製の棒状の物体を複数搭載して宇宙空間から投射すれば、その運動エネルギーで凄まじい破壊力を発揮するだろう。 大型のICBMと比べて小型で安価、車載可能で量産に適している。 現在の法制下では厳しいが、法が改正され「敵基地先制攻撃」が可能となれば、短期間で大量配備が可能だろう。 何も地球の裏側まで飛ばす必要はない。 東アジアだけを考えれば、十分すぎる装備と言える。 中国にしてみれば、そうなってもらっては困るので、日本の憲法9条改正の邪魔をすることに躍起になるのだろう。 多くの日本国民が勘違いしていることがある。 憲法改正は「戦争をするため」ではなく、相手に攻撃を躊躇させる抑止力を持って「戦争をしないため」に必要なことである。 そのために、日本は強くあらねばならないのだ… 続きは動画の中で・・・.

次の

日本の最新鋭巡航ミサイルはロシアに届くか?

ミサイル開発自衛隊

概要 [ ] では、長らくなどのに改良を行い使用してきたが、これ以上の性能向上が難しいとの判断により、・・が(MEADS)の開発をスタートさせた。 これにも参加を求められたが、の制約を理由に参加を断念し、日本は単独での(長距離防空用)との(短距離防空用)の間を埋める存在となる新型地対空誘導弾の研究開発を行った。 より防衛庁の部内において、ホーク後継ミサイルの検討が開始されている。 1995年に国内開発が決定し、1996年より本格開発が開始された。 度に「 03式中距離地対空誘導弾」(中SAM)として制式化され、陸上自衛隊の隷下の各群の高射を中心として配備が進められている。 陸上自衛隊の1個高射特科群は4個高射中隊からなるが、計16個中隊が中SAMに更新される。 1個群を構成する武器システムにかかる価格は約470億円で、同規模のペトリオットPAC-2の調達価格である約850億円より低く抑えられている。 残りの中隊は 03式中距離地対空誘導弾(改)で更新される予定である。 特徴 [ ] 発射装置搭載車両(射撃姿勢) 対空戦闘指揮装置の搭載車体にはを使用し、幹線無線伝送装置、幹線無線中継装置及びの搭載車体にはを使用、捜索兼射撃用装置車、発射装置車、運搬・装填装置車及びレーダー信号処理兼電源車の車体にはと共通の重装輪車が使用されており、高い機動展開性によってに即対応できる。 操作に必要な要員も省力化され、20人体制で運用することができるようになった(は50人体制。 これに伴い装備する高射中隊は運用上の編成が改められている(改編)。 また、非自走部のあったホークと異なり、システム一式の完全車載・自走化により、機動力が向上した。 本体は発射筒を兼ねた角型コンテナに収められた状態で、発射装置及び運搬装填装置に各6発ずつ搭載されており、のや米欧共同開発のなどと同様の垂直発射方式である。 このため、陣地展開に必要な土地面積が従来方式に比べ少なくて済む様になり、展開用地確保が容易になっている。 レーダーはアクティブであり、100目標を追尾し、12目標を捕捉可能である。 レーダーは1基で標的捜索のほか、目標の追尾および射撃管制も行う。 また、高度な(対電子妨害対処)能力と多目標同時対処能力を持ち、やによる遠距離攻撃に対処する能力も有するとされている。 レーダーは回転することにより、全周捜索を行う。 将来的にはや、から配備が始まるなどとのによる戦闘能力の向上も予定されている。 ミサイル誘導方式はとの組み合わせとなっている。 なお、射程については正確な数値は不明であるが、の創設59周年記念行事では下志津から横浜や上空のを射撃可能と解説されていることや 、における射撃試験の報道 から射程60km以上と思われる。 03式がの(SEAD)を任務とすると演習を行った際には、アメリカ空軍のはとによる攻撃で中SAMに対抗した。 米軍関係者からは「目標空域でミサイルを避けるのは非常に難しかった」"、「世界的にも有能で、よく訓練された 防空 オペレーターだ」"と評価されている。 運搬装填装置搭載車両 調達と配備 [ ] 調達数 [ ] 03式中距離地対空誘導弾の調達数 予算計上年度 調達数 予算計上年度 調達数 平成15年度(2003年) 0. 5個群(2個中隊) 平成23年度(2011年) 1個中隊 平成16年度(2004年) 0. 配備は()及び()から開始されたが、これはが最初に配備された(・)との整合をとるためであった。 その後は南西諸島防衛の観点から、西部方面隊に展開する高射特科連隊及び高射特科群を中心に換装を進めている。 装備実験隊(実用試験用) ・第4中隊(教育訓練用) (整備士教育用)• (に配備開始、3月に4個すべての更新が完了)• (2009年に配備開始、第309高射中隊には配備されず廃止されたが、に1個中隊(第343高射中隊)を新編し4個中隊に再編成)• (2015年3月に配備開始)• 第344高射中隊• 第345高射中隊• (2018年3月に配備開始)• 第346高射中隊• 2014年3月に3個中隊の更新を完了。 第4高射中隊は導入により短距離防空を担任)• 第1高射中隊• 第2高射中隊• 第3高射中隊 情報漏洩事件 [ ] 、系の科学者団体「」と関係があると言われるソフトウェア会社に、部分の資料が流出したことが、警視庁公安部の捜査により明らかとなった。 中SAMが戦術弾道ミサイルへの対処能力を得られるか否かの性能検討に使うためのシミュレーションを、がに発注した際に、三菱総研から研究を孫請けした企業が、薬事法違反で前科のある科協所属のが役員を務める会社であった。 警視庁の調べによれば、この会社から「」と呼ばれる在日工作員を通じてに対して情報が流出したとされており、流出した情報には未公開のものも含まれるとみられる。 ただし、防衛庁(現:)は「流出した情報はごく一部であり、異なる部分もあるため、このことが中SAMの運用に悪影響を与えるおそれはない。 」としている。 後継システム [ ] 2010年度(平成22年)から2016年度(平成28年)まで、取得コストを抑制しながら、(低空目標)や(高速目標)への対処能力を向上させ、ネットワーク交戦能力の向上により防衛範囲を拡大させた「 03式中距離地対空誘導弾 改 」(中SAM改)の開発が行われた。 中SAM改では低空目標用に増幅器を使用した補助レーダーがシステムに追加されているのが特徴である。 なお、中SAMで誘導弾を製造していた三菱重工業は中SAM改には参画していない。 2015年夏にアメリカ・ので開発中の03式中距離地対空誘導弾 改 の発射試験を行い、巡航ミサイルを模したターゲットに対し10発を発射、全弾が命中し、アメリカ軍関係者を驚かせた。 また、10発うち1発は低高度を超音速で飛翔する超音速標的であった。 平成29年(2017年)度予算で初めて1個中隊分の予算174億円が計上され調達が始まった。 開発完了に伴い「 03式中距離地対空誘導弾(改善型)」の名称も使われている。 2020年からはのような変則軌道で飛行する弾道ミサイルを迎撃することを目指した中SAM改のさらなる改良型誘導弾の研究を開始する。 改良箇所は誘導弾本体と射撃管制装置で3年程度の期間を見込んでいる。 さらに高度な改良開発としてレーダーの高出力化などを7年かけて行う構想もある。 調達数 [ ] 03式中距離地対空誘導弾(改)の調達数 予算計上年度 調達数 平成29年度(2017年) 1個中隊 平成30年度(2018年) 1個中隊 平成31年度(2019年) 1個中隊 令和2年度(2020年) 1個中隊 合計 4個中隊 レーダー信号処理・電源車 派生型 [ ] 新艦対空誘導弾 03式中距離対空誘導弾 改 を基に2017年度から2023年度まで開発が進められている。 03式中距離対空誘導弾 改 からレドームを変更し、中間誘導用データリンクとブースタとブースタ分離装置が付加される。 にバックフィットする形で搭載するとみられている。 性能 [ ]• 03式中距離地対空誘導弾• 全長:約4. 直径:約0. 32m• 重量:約570kg• 弾頭重量:約73kg• 射程:50km以上• 価格:ワンセット(1個群)約470億円• 03式中距離地対空誘導弾(改善型)• 全長:約4. 直径:約0. 28m• 重量:約460kg 登場作品 [ ] 小説 [ ] 『中国完全包囲作戦』(文庫名:『中国軍壊滅大作戦』) ・・とともに、のとの迎撃に使用される。 脚注 [ ]• flyteam 2015年11月10日• 防衛省公式サイト• 産経新聞 2019年12月28日• 参考文献 [ ]• 自衛隊装備年鑑 2006-2007 P37 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - (2006年6月12日アーカイブ分).

次の

03式中距離地対空誘導弾

ミサイル開発自衛隊

概要 [ ] ASM-3は、従来の国産と比較して大幅に性能を向上させることで迎撃されない確率を高めて、防空能力が大幅に向上しつつある敵艦艇をより確実に撃破出来るミサイルとして計画された。 で運用する事 を前提に、1980年代末より開発の検討が開始された。 2013年時点では、(平成28年)度の開発完了を目指していた。 最大の特徴は、インテグラル・ロケット・ラムジェット(integral rocket ramjet、IRR)による推進系で、構造としてはの後部にが統合(integrate)されている。 推進時にはまず固体ロケットブースターが作動してラムジェットの動作可能速度まで加速した後、固体燃料が焼失した後のロケット部分がラムジェットの燃焼室となる。 これにより3以上で飛行し、敵の迎撃可能時間を減少させている。 また、を考慮した弾体形状にすることで被探知性を低下させ、方式と方式の複合シーカー方式を採用し能力を向上させることで、敵艦艇をより確実に撃破出来るようになっている。 さらに敵艦艇のより長射程化させ敵の迎撃可能範囲外から誘導弾を発射できるようにすることで、発射母機の安全性が高まっている。 当初は赤外線画像、アクティブレーダー、パッシブレーダーの3方式の併用を予定していたが、赤外線画像誘導方式に関しては、これを省いても命中率・破壊力には大差ないと見られたことから、開発経費削減のため削除された。 2002年時点では、XASM-3は旧式化した(ASM-1)のみを置き換えるものとし、誘導方式が異なる(赤外線画像方式を採用する)(ASM-2)と併用し、対妨害性を確保するとして開発が検討されていたが 、2009年時点ではASM-2の後継ともされている。 、XASM-3の計15回に及ぶ発射試験が終了し、から量産を開始することが報道されたが 、2018年度と2019年度の防衛予算に調達予算は計上されず、艦艇の高性能化に対する射程の短さから改良型の開発が行われることとなり、2020年度から射程400km以上の射程延伸型のASM-3(改)の開発予算が計上される予定である。 またASM-3(改)の開発と並行して、2019年度から2025年度にかけて、さらに高速なマッハ5以上の極超音速で飛行可能なで飛行する誘導弾の要素技術に関する研究を行うとしている。 開発経緯 [ ] ASM-3 [ ] F-2に搭載されたXASM-3• 度(平成4年度)~度(平成13年度)• 「将来空対艦誘導弾の研究試作」を行い超音速推進装置を試作• 度(平成14年度)• の実用試験を目指し、本開発開始を予定していたが、開発予算が承認されなかったため延期。 度(平成15年度)~度(平成20年度)• XASM-3の開発を見据え、要素技術の一つである、IRRの小型化等を目的とした「超音速空対艦誘導弾用推進装置の研究・試作」を実施、F-2戦闘機からIRRを搭載した飛翔体の発射試験等を行う。 度(平成22年度)• 防衛予算で本開発である「新空対艦誘導弾(XASM-3)の開発」分の予算23億円が承認され開発を開始。 今後総額325億円をかけ開発される予定。 度(平成29年度)• 退役した「」を標的艦とし、実射試験が行われた。 ASM-3(改) [ ]• 2020年度(令和2年度)~2025年度(令和7年度)• ASM-3(改)の開発 脚注 [ ] []• 読売新聞. 2019年3月17日. 防衛省経理装備局 システム装備課. 2019年6月17日閲覧。 防衛装備庁. 2019年6月17日閲覧。 時事通信 2019年3月24日. 2019年6月17日閲覧。 毎日新聞. 2018年1月7日. の2018年1月7日時点におけるアーカイブ。 防衛省. 2013年9月1日時点のよりアーカイブ。 2019年6月17日閲覧。 防衛省. 2019年6月17日閲覧。 防衛省. 2019年6月17日閲覧。 2018年9月19日. の2018年9月20日時点におけるアーカイブ。 防衛省. 2019年6月17日閲覧。 関連項目 [ ] 各国が保有する超音速ミサイル.

次の