スロット 北斗 の 拳 転生 天井。 北斗の拳 天昇|スロット 設定判別・天井・終了画面・モード・スペック・セリフ

北斗の拳 天昇|スロット 設定判別・天井・終了画面・モード・スペック・セリフ

スロット 北斗 の 拳 転生 天井

天井期待値 修正版 天井期待値概算 G数 等価 56枚交換 持ち玉 56枚交換 現金投資 機械割 PAYPUT 0G -874円 -780円 -1978円 97. ここから無難に380枚に天井期待枚数を設定し、 計算したのが上記の数値です。 フリーズはそこまで重くなく、 かなりの破壊力を持っています。 もしも天井ART当選が 優遇されているようなら また数値は変わってきます。 フリーズの情報がガセだったので、 算出する天井期待値も大幅に修正となりました。 フリーズ抽選が初当たり後のようなので、 前回算出していた数値よりも期待値は上がります。 ご迷惑をおかけいたします。 弱スイカ成立から17G以降で連青く演出に発展。 弱スイカ成立まえに真・北斗カウンターが点灯した場合やレア役重ね引きの場合は無効• 真・北斗カウンター非点灯時に連続演出に発展• 真・北斗カウンター点灯が終了しても連続演出が続く。 前兆は最大32G・本前兆は最大33G• 中ボスバトルで2G目 移行に継続演出発生• 次回予告から演出に発展• カイゼルステージから中ボスバトルへ発展 ATレベル2以上濃厚• ファルコバトルへ発展 ATレベル2以上濃厚• シャッター演出からステージボスバトルへ発展• キリン柄タイトル発生• カイゼルステージからヒョウステージへ移行• 赤7揃い 8G以内にレベル2以上のARTに当選。 赤7を狙う必要あり• 第3停止でケンシロウオーラ告知• ケンシロウ大オーラ・黄 強レア役濃厚演出• 服破り・怯える 強スイカ対応• 指ポキ・祈る 中段チェリー対応• 大オーラ• 第2停止以降で緑・赤オーラ• 第2停止で服脱げ赤・緑色• 第3停止で服脱げ赤・緑色 高確滞在濃厚• 強ザコ出現• 岩山両斬波 強スイカ対応• 北斗残悔拳 中段チェリー対応• ひげ剃り・奴隷・タオ逃走・火炎放射演出で強パターン• ひげ剃り・奴隷・タオ逃走・火炎放射演出で第2停止緑・赤告知• 褒美・ヒョウお通り・大男・リン脱出の第2停止で強パターン• 伝説の赤水・サヤカ葬式・愛の教え・女人像演出で中段チェリー濃厚• 赤鯱・滝逆流演出のレバーON時で強パターン発生• リン水浴び発生で中段チェリー濃厚• ケンシロウモード中の演出• 「あべし」「ひでぶ」「たわわ」が熱い。

次の

北斗の拳 転生の章 天井恩恵・期待値

スロット 北斗 の 拳 転生 天井

[北斗絵柄狙い] まずは左リール上段〜中段に4番のチェリーを狙う 北斗絵柄を目安に。 ・左リールにチェリーが停止 [角チェリー時] 弱チェリー濃厚 チェリーを下段にビタ押しした場合のみ強チェリーの可能性あり。 [中段チェリー時] 強チェリー確定。 中・右リールにチェリーを狙い 中リールは北斗絵柄・右リールは神拳絵柄を目安に 、3連チェリーが停止すれば確定チェリー。 ・左リール下段に北斗絵柄が停止 中・右リールはテキトー押し。 ベル揃いはリプレイ ベルリプレイ。 右上がりor下段に「北斗・勝舞・勝舞」停止で勝舞リプレイ。 ・左リール上段にスイカが停止 中・右リールにスイカを狙う いずれも赤7を目安に。 スイカは強弱のパターン無し。 中段ベルテンパイハズレは特殊役 2枚の払い出しあり。 [神拳絵柄狙い] まずは左リール上段〜中段に14番のチェリーを狙う 神拳絵柄を目安に。 ・左リールにチェリーが停止 [角チェリー時] 中リールをテキトー押しし、右リールに北斗絵柄or赤7or神拳絵柄を狙う。 [中段チェリー時] 強チェリー確定。 中・右リールにチェリーを狙い 中リールは北斗絵柄・右リールは神拳絵柄を目安に 、3連チェリーが停止すれば確定チェリー。 ・左リール下段に神拳絵柄が停止 中・右リールはテキトー押し。 ベル揃いはリプレイ ベルリプレイ。 右上がりor下段に「神拳・勝舞・勝舞」停止で勝舞リプレイ。 ・左リール上段にスイカが停止 中・右リールにスイカを狙う いずれも赤7を目安に。 スイカは強弱のパターン無し。 中段ベルテンパイハズレは特殊役 2枚の払い出しあり。 必ず左リールから停止させること。 押し順ナビ発生時はナビに従って消化。 演出発生時はチャンス役の可能性があるため、通常時と同じ手順で消化しよう。 押し順ナビが発生しないゲームに限り、中押し手順で成立役を見極められる。 [AT中・中押し手順] まずは中リール枠上〜上段に赤7を狙う。 ・赤7が上段に停止 左・右リールはテキトー押し。 勝舞リプレイ確定。 ・赤7が中段に停止 右リールをテキトー押しし、下段にリプレイがテンパイしなかったら右リールにチェリーを狙う 北斗or神拳絵柄を目安に。 下段リプレイテンパイ時は左リールもテキトー押し 通常リプレイ確定。 チェリーは角に停止で弱チェリー、中段に停止すれば強チェリー。 右リールに北斗絵柄を狙うと確定チェリーの判別も可能 右リール下段に北斗絵柄停止からの中段チェリー。 ・赤7が下段に停止 左・右リールはテキトー押し。 特殊役確定。 ・スイカが中段に停止 左リールをテキトー押しし、右リールにスイカを狙う 赤7を目安に。 スイカテンパイハズレでチャンスリプレイ。 天井機能 【その1】新機軸のAT発動システムを搭載! ゲーム数消化からのAT当選の新たな形となる「あべしステム」を搭載。 規定ゲーム数消化を「待つ」のではなく、プレイヤーのヒキで「引き寄せる」ゲーム性により、常にドキドキできる仕組みになっているぞ。 AT中は「勝舞魂 ショウブダマ 」の獲得が最重要。 獲得した勝舞魂の数でAT継続の期待度が変わる、これまでのシリーズ機とは異なる継続システムを採用している。 牙大王やデビルリバースといった個性的な悪者から、新キャラクター「ガルダ」も登場する今作。 AT中はもちろん、通常時のステージや発生する演出も変わったため、新たな「北斗の拳」の魅力を発見できるぞ。 まさに「転生」と呼ぶべき革新だ。 滞在モードによって天井あべし数は異なり、最大は通常A滞在時の1536あべしとなる。 256あべし以降は下3ケタがゾロ目付近 333付近・444付近・555付近… のあべし数がAT当選に期待できる。 AT当選は基本的に規定あべし到達によって管理されているので、ゲーム数ではなく液晶に表示されているあべしカウントを確認して打つ台を決めよう。 主に通常時のチャンス役から突入の可能性がある「あべしカウント」の上乗せゾーン。 消化中は全役であべしカウントの上乗せが行われる。 リプレイは10あべし以上、ベルリプレイは20あべし以上濃厚、チャンス役が成立すれば大量あべし獲得の期待度アップだ。 継続ゲーム数は基本的に7G・14G・21Gの3パターンだが、AT当選まで継続するレアケースもあり。 終了後は必ず「あべしチャレンジ」へと突入するが、ATに当選せず通常時に戻った場合でも、天破の刻の高確率モードである「伝承モード」へ必ず移行するためチャンスは継続。 伝承モードはショート・ミドル・ロングの3種類があり、ロングに移行すれば平均10回の天破の刻突入に期待できる。 天破の刻のトータル突入率は約90分の1。 あべしポイントを大量ゲットできる機会はことのほか多い。 ATには「レベル」が存在し、「ATレベル」と「闘神レベル」の2種類がある。 ATレベルは全4段階あり、AT突入時に決定され、AT終了まで選択されたレベルのまま固定される。 北斗揃いからのATはSPバトルに突入するだけでなく、レベル3以上も約束されるのでATロング継続の大チャンス。 また、最大天井到達時のATもレベル3以上となる。 一方の闘神レベルはATレベルに応じて1セットごとに決定 1セット内は同じレベルのまま固定。 闘神レベルはA〜Cの3段階で、上位のレベルほど勝舞魂の獲得率がアップする。 AT突入時のオーラの色はATレベルを、闘神演舞中のステージの種類は闘神レベルを示唆しているぞ。 ATの基本性能 AT「闘神演舞」は1セット40G継続・1Gあたりの純増枚数は約2. 消化中は勝舞魂 ショウブダマ の獲得がAT継続のカギを握っており、1セット終了時の「神拳勝舞」にて、獲得した勝舞魂の分だけバトルが発生 AT初当り時は必ず2個獲得した状態でスタート。 ケンシロウが勝利すれば次セット継続となる。 勝舞魂の獲得抽選はAT中の小役によって行われており、1契機で複数の勝舞魂を獲得する可能性もあり。 また、勝舞魂の大量上乗せに期待できる「百裂乱舞」や、お馴染みのバトルが発生する「SPバトル」といったスペシャルゾーンに突入すれば激アツだ。 オーラ昇格チャンス AT1セット終了時に突入する継続演出。 獲得した勝舞魂の分だけ1G限りのバトル演出が発生し、ケンシロウが勝利すればAT継続確定だ 神拳勝舞突入時に勝舞魂が0個の場合は無条件で1個追加。 勝舞魂の数が多いほど抽選回数は多くなるため、必然的に勝利期待度もアップする。 また、勝利した時点で残っていた勝舞魂はそのまま次セットへと持ち越される。 対戦相手はシン・サウザー・ラオウ・シュウ・ジャギなど多数用意されており、キャラによって勝利期待度が変化。 基本的に白文字キャラより赤文字キャラの方がアツく、トキなど出現しただけで激アツのキャラもいる模様だ。 神拳勝舞中の成立役にも注目で、チャンス役が成立した場合は継続期待度がアップ。 百裂乱舞 チャンス役の中で出現率に設定差があるのはチェリーのみ。 チェリーは弱・強それぞれでAとBの2種類のフラグがあり、弱チェリーBはAT中のみ強チェリーと同等の抽選を受けることができる。 強チェリーAおよびBは停止型によるもので、いずれも役割は同じだ。 また、強チェリー出現率は設定差が大きめに付けられているので、合算でカウントして設定推測要素として活用しよう。 ただし、AT中は前述のように弱チェリーBと強チェリーの判別が困難になるケースもあるので、基本は通常時のみカウントしていくと良い。 2 プレミアム契機は確定チェリーと特殊役の2種類。 いずれも通常時に成立した場合はAT確定となる 特典あり!? AT中に成立した場合は超激アツ!? AT中・各リプレイ確率 神拳勝舞中は毎ゲーム、成立役に応じてAT継続抽選が発生。 成立役が非常に重要となっており、チャンス役が成立すれば継続の大チャンスとなる。 中でも勝舞リプレイは出現率6. 神拳勝舞中も勝舞リプレイのヒキが超重要となるぞ。 神拳勝舞中の継続期待度はATレベルや闘神レベルからの影響は一切受けない。 完全なガチ抽選となっているので、毎ゲーム気合いを入れてレバーONだ。 なお、勝舞魂がゼロになった際は復活抽選が発生。 当選率はかなり低いが、SPバトル突入の可能性もある。 結果は設定6の実力を見せつける約3400枚のプラス収支となった。 通常時はコンスタントに初当りを射止めたこと、最大ハマリとなった896あべしを「天破の刻」の連打により約250Gでクリアできたことが大きい。 ATは終盤に単発や2連チャンで終了するケースが増えたが、勝舞魂の獲得と、神拳勝舞での早期決着のヒキに恵まれた3千枚オーバーの連チャンが発生するなど、随所に見せ場が見られた。 通常時は「天破の刻」の突入および「あべし」の獲得状況が、AT中は「神拳勝舞」でのヒキが重要なカギを握っていると言えそうだ。 また、AT中は序盤の勝舞魂が少ない状態で、如何に少ない消費で次セットへの継続に結びつけられるかもポイントとなる。 ちなみに、勝舞魂は1セットで10個ほど獲得できるケースもあるため、上乗せチャンスは頻繁に訪れるぞ。 」or「TOUGH BOY」が流れればAT継続orSPバトル突入確定。 AT7連チャン以上で発生の可能性があり、次回の神拳勝舞突入まで変化した楽曲が流れ続ける。 また、楽曲変化の選択率はATレベルによって差が存在。 「7連〜13連の間に『愛をとりもどせ!! 』が流れてSPバトル突入」「14連以上で『TOUGH BOY』が流れてSPバトルに突入」の2パターンは、上位のATレベルに期待できる。 なお、神拳勝舞EXTRA突入時は必ず「ピエロ」が流れるぞ。 さらに上記以外にもBGMが変化する条件あり。 下記がその一覧となっている。 ・「天命の刻」中に「愛をとりもどせ!! 201X Guitar ver. 」が流れたら本前兆確定。 」インストver. …「愛をとりもどせ!! ケンシロウとバットのいるバーを舞台にした演出、ジャッカル一味が登場する演出が主なパターンだ。 ジャッカルが出現すれば連続演出へ。 ・バット交換演出 バットが取り出すアイテムの色で小役をナビ。 一斗缶など、いつもと違うものを取り出せばチャンスアップ。 ・ジャッカル軍団演出 子分の持つ荷物の色で小役をナビ。 連続演出に発展することもある。 ・ジャッカル風呂演出 フォックスの服の色で小役をナビする。 そのまま連続演出に発展することも。 通常時・基本演出[レイステージ] 神拳勝舞中は、登場キャラや成立役のほか、発生する演出パターンにも注目。 特にケンシロウが奥義で攻撃するパターンや、第3停止時にボタンアイコンが出るパターンは期待度が高めだ。 敵攻撃時の背景は第1停止、ケンシロウの攻撃は第2停止でそれぞれ発生するため、リールを素早く止めると見逃す可能性大。 気持ちゆっくりと消化して、チャンスアップをチェックしておけばよりアツく楽しめるぞ。 なお、登場する敵は対応役が存在。 キャラと成立役との矛盾が発生すれば勝利期待度アップとなるぞ。

次の

北斗の拳 新伝説創造 スロット,天井,設定判別,解析,打ち方まとめ

スロット 北斗 の 拳 転生 天井

AT1回あたりの期待獲得枚数が約450枚 概算 という点や天井の恩恵が特にない点を考慮すると、 天井狙いには向いていない機種になります。 前作北斗転生が天井狙いにおいては最高の機種だっただけに、非常に残念ですね… せめて設定推測が簡単な機種であれば良いのですが… 現状、新基準機は天井狙いに適していない機種のリリースが目立ちます。 8 2. 4 2. 7 3. 9 3. 8 4. 5 4. 0 5. 1 5. 8 6. 1 7. 0 8. 4 9. 3 10. 4 11. 9 13. 6 15. 4 16. 2 19. 8 21. 2 23. 1 26. 5 30. 0 33. 6 38. 8 42. 6 47. 4 53. 1 60. 2 67. 2 76. 7 85. AT終了後、液晶右下に「北斗の拳」というロゴが表示されている間は、レア小役などでAT引き戻し抽選をしています。 ステージ別でAT引き戻しの期待度は異なり、「ハート<シュウ<ジャギ<ケンシロウ」の順となっています。 AT引き戻し時は初期枚数が100枚以上となるので、即ヤメしないように注意しましょう。 ATレベルなどは復帰前のものが引き継がれるようです。 朝イチ設定変更・リセット 高設定ほど高確以上スタートが優遇されていて、前兆移行率にも設定差があります。 その他、AT初当たりに影響するようなゾーンは存在しません。 別記事にて詳しくまとめています。 レア小役・完全ハズレ出現率やモード移行率を中心に設定を推測していくのが良いでしょう。 上乗せバトル・継続バトル• 北斗乱舞中の上乗せ• AT初当たり出現率• レア小役・完全ハズレ出現率• AT終了後のモード移行率• 朝イチ設定変更・リセット後のモード移行率• 順押し・逆押しで常にカウントできます。 中押しだと完全ハズレを見抜くことができないので、設定を推測する場合は、逆押し、もしくは順押しがオススメです。 逆押しor順押し手順は下記リンクから。 内部モードを完璧に見抜くことはできませんが、ジャギステージ移行や払い出しランプ矛盾などに注目すれば、ある程度推測は可能です。 第3停止で発生する演出• 強演出+白・青ナビ• ジャギステージ移行• LED矛盾 ベルで白・緑など 角チェリー・弱チャンス目からのCZ当選率 設定 CZ当選率 1~3 0. 21 4 1. 10 5 2. 74 6 3. 95 早い段階で確認できれば設定4以上に期待できます。 通常時のゲームフローをわかりやすく紹介 「北斗の拳-強敵-」の通常時のステージは4種類存在し、モード等を示唆。 「ハートステージ・シュウステージ・ジャギステージ・ラオウステージ」の4種類で、これまでのシリーズ通り、ジャギステージ・ラオウステージに移行すればチャンスとなるようです。 また、今作では前兆示唆システム「北斗カウンター」も復活。 北斗カウンターは中段チェリー・スイカ・強チャンス目で点灯。 点灯後32G間は前兆示唆となります。 自力CZによるAT抽選もあり。 CZは「伝承の刻」と「七星勝舞」の2種類が存在します。 CZ抽選の詳細に関しては下記リンクの記事よりご確認ください。 自力CZ「伝承の刻」の基本性能• 通常時のレア小役の一部 弱チェリー・弱チャンス目 と北斗カウンター0到達時に突入抽選• 20G継続し、成立役に応じて「ひでぶ」を獲得• 貯めた「ひでぶ」の数がそのままAT当選期待度に• 対戦相手別の勝利期待度は「ハート<シュウ<ジャギ<アミバ」の順で変化• 100ひでぶで「北斗揃い」確定 自力CZ「七星勝舞」の基本性能• 通常時のレア小役の一部 弱チェリー・弱チャンス目 と北斗カウンター0到達時に突入抽選• 7G継続で毎ゲームバトル発生となり、対戦相手によって勝利期待度が変化• 対戦相手別の勝利期待度は「ラオウ<ジャギ<トキ」の順で変化• 規定枚数を消化後はバトルに突入し、継続すれば次セットの初期枚数を決定し再度ATがスタートします。 AT「激闘乱舞」の基本性能• 初当たり時は100枚以上の保証あり• 純増2. ステージ 宿命<覇道<激闘<闘神 はAT継続期待度を示唆• 規定枚数を消化後は継続バトルに発展し、勝利でAT継続• 北斗転生と同様、AT突入後に一度決まったATレベルはAT終了まで変わりません。 ATは、基本的に「宿命」からスタートし、差枚数がなくなると継続バトルに突入。 滞在ステージとATレベルにより継続率が異なるため、差枚数がなくなる前にレア小役などでいかにステージを昇格させられるかがポイントとなります。 ATレベル 宿命 覇道 激闘 闘神 1 50. 継続バトルは、ただATの継続をジャッジするだけではなく、次セットの初期枚数を獲得する役割も担っています。 ケンシロウがどんな攻撃で勝利したかによって、次セットの初期枚数が変化。 ケンシロウの攻撃別上乗せ期待度は、「パンチ・キック<北斗百烈拳<レイ攻撃<北斗剛掌波」となります。 ケンシロウの攻撃ヒット後に「追撃」が発生すれば上乗せ枚数が増加。 トキ追撃なら大量上乗せに期待です。 北斗揃い• 北斗乱舞揃い• 北斗揃いから突入する高継続率ループの差枚数上乗せ特化ゾーン• 前作「転生の章」や前々作「世紀末救世主伝説」も大好きだったので、今作「北斗の拳 強敵」にも大いに期待したいところです。 まずは、筐体を見て一安心w アンリミテッドリールがない!! それまでは飛ぶ鳥を落とす勢いだったサミーですが、アンリミテッドリール搭載機をリリースするようになってから様子が変ですよね… リリースする機種が軒並み大ゴケするという事態。 70,000台導入されたアラジンA2の即通路ぶりには驚愕してしまったものですw スペックを見る限り、 天井狙いには向かない可能性大ですね。 新基準機は天井狙いに向いていない機種が多いので、自分のような夕方からの稼働が中心の打ち手にとっては、辛い時代になってきていると思います。 大好きな北斗シリーズの最新台ということで、出来れば設定狙いで是非とも打ち込んでみたいものです。 導入台数も多く、ホールの看板になるのは間違いない機種なので、ホールの力の入れ具合も別格でしょう。 北斗の拳-強敵-のPV・動画.

次の