簡単 まとめ髪。 着物の簡単まとめ髪【不器用でも超絶簡単】

不器用さん必見!本当に簡単なアップヘアアレンジ・まとめ髪のやり方です♪

簡単 まとめ髪

1.上手な髪のまとめ方 まずは最初に確認していただきたい、上手に髪をまとめるためのポイントを3つご紹介します。 髪を巻く時間が無い時は、そのままでもできるもありますが、最初に髪を巻いてからまとめ髪をすることで、髪どうしがうまく絡まり合ってくれるため、ぽろぽろと余計な後れ毛が落ちてきにくくなります。 髪がまとまりやすくなるので、ヘアアレンジをする時も、何も付けないでやるより作りやすくなります。 また全体的にを馴染ませることで、できあがりの髪型を固定して崩れにくくしてくれます。 時間がたつとぽろぽろ落ちてくる後れ毛を防ぎやすくなります。 スプレーを多くかけすぎると、ふわっと作ったまとめ髪がパリパリになってしまうので、かけすぎには注意しましょう。 後れ毛を出す時は、顔回りや耳後ろから髪の毛を取ると、バランスが良くなります。 そうすることで3本の三つ編みが繋がりやすくなり、バランスよくできあがります。 1本の三つ編みを均等な太さに揃えることで、くるくる巻き上げた時にキレイな形になりやすくなります。 今回はより華やかに見える「裏編み」を使いました。 5.まとめ髪に便利!スタイリング料の種類 前章でもお伝えしたように、まとめ髪をキレイに仕上げるためには、スタイリング料の使用が大切なポイントのひとつになります。 そこで、髪をまとめる際に使いたいスタイリング料の種類と特徴をご紹介します。 もちろん固形のワックスでも髪をまとめやすくなりますが、他のテクスチャーでもまとめ髪におすすめなワックスもあります。 ワックスには、主に4つのタイプがあります。 種類も多いので、希望の仕上がりに合わせて好みのアイテムを使ってみるとよいでしょう。 やわらかくさらっとしたテクスチャーでべたつきにくいので、髪が手に引っ付きにくく、まとめ髪をするときにも便利です。 サイズは2タイプ。 ミルクタイプのワックスなら、整髪料によるベタツキがきになる方にも使いやすいアイテムでしょう。 髪のパサつきをおさえたい時や、スタイルなど、ダウンスタイルのときにも使いやすいでしょう。 ダマスクローズの香りが華やかに香るアイテムです。 ロレッタから発売されているヘアケアアイテムはどれも幻想的で可愛らしいパッケージ。 また直接髪にかけるので、手が汚れにくいのもポイントです。 スプレータイプなので髪にも均一に馴染ませやすく、自然に髪をまとめられます。 洗面台に置いてもおしゃれに見えそうですね。 アリミノは、その他にもツヤを与えてくれるワックスや向けなどさまざまなタイプがあります!ぜひ併せてチェックしてみてくださいね。 ・スティックタイプのワックス 一般的に直接髪になでつけるようにして使うタイプが多く、まとめ髪から落ちてきてしまう後れ毛やあほ毛を押さえてくれます。 完成したヘアアレンジの上からでも使用でき、小さいサイズなので、お直し用に持ち運びにも便利です。 髪に自然なツヤを与え、あほ毛や後れ毛をピタッとおさえます。 そのなかでも、さまざまに変化していくトレンドに合わせた商品を開発し続けるシルエットシリーズのヘアスプレーです。 洗面台にも違和感なくディスプレイできそうです。 お気に入りヘアスタイルは見つかりましたか? いつもまとめ髪をしている人って、器用でおしゃれな人に見えますよね。

次の

時間はかけず簡単に! まとめ髪×ロングヘア特集|仕事に集中できるアップヘアから、きれいめまとめ髪まで

簡単 まとめ髪

簡単に可愛いスタイルをつくれる、くるりんぱアレンジ。 くるりんぱがキレイにキマる! アレンジ前の仕込みテク くるりんぱをキレイに仕上げるために、最初にスタイリング剤をしっかりつけておくことが大切。 まとまりがよくなるものや、ツヤが出るタイプのスタイリング剤をセレクトするのがおすすめです。 まとまりをよくする! おすすめスタイリング剤 アレンジの前に使うことで、まとまりやすくなり、くるりんぱがキレイにつくれます。 コテやドライヤー等の熱から髪を守ってくれるのもポイント! 【基本】くるりんぱのやり方 こなれ感を演出してヘアアレンジの幅を広げてくれる「くるりんぱ」は、ぜひともマスターしたいところ。 でもなぜかおしゃれにつくれない... という人もいるのでは? そこでまずは、誰でも上手にくるりんぱが作れる簡単テクをチェック! 基本のハーフアップアレンジ くるりんぱは、今どき感のあるヘアを叶えてくれる簡単アレンジ。 でもただくるりんぱをするだけでは、NGパターンのようになんだかさみしい雰囲気になってしまいがち。 可愛く仕上げるポイントは、「髪の量」「ゴムの位置」「崩し」にあります。 この3点を押さえたやり方はこちら! STEP1. 髪の量は少なめに分けとる まず、頭のハチ上部分の髪を分けとります。 耳上あたりから髪を分けとってしまうと、くるりんぱのねじり部分が太くなりすぎてしまい、可愛く仕上がらないので要注意。 STEP2. 後頭部の低めの位置でハーフアップ 分けとった髪を、後頭部の耳より少し下の位置で、ゴムでひとつにまとめます。 低めの位置で結ぶことで、くるりんぱのねじり部分にほどよいゆるさが生じ、ふわふわっとした可愛い雰囲気に! STEP3. くるりんぱを崩してニュアンスをつける 結んだ根元の髪を真ん中で分けて、その間に毛束を通し、くるりんぱします。 後頭部の髪を結ぶ 両サイドの髪は残して、後頭部の耳上の髪を分けとります。 耳の高さあたりで結んだら、指で髪を引き出してトップをふんわりさせます。 STEP2. 残りの髪をひとつ結びにする 下ろしている残りの髪を左右に2等分にしたら、STEP1で結んだ毛束の上でひとつ結びにし、くるりんぱします。 STEP3. くるりんぱを引っぱり上げる STEP2のくるりんぱを左右にギュッと引っぱり上げて、形を整えます。 STEP4. トップの髪をくるりんぱする ボブヘアのアレンジは、短い髪がピンピン出てきてしまったり、崩れやすかったりするのが悩みどころ。 それを防ぐために、まずはスタイリング剤をしっかりつけて下準備。 また、ボリュームを出しやすくするために、髪全体をランダムにゆるく巻いておきます。 そうすることでアレンジをした時にボリュームが出て、華のある印象に。 準備が完了したら、トップの髪を後頭部の高い位置でゴムで結び、くるりんぱします。 STEP2. サイドの髪をくるりんぱする 両サイドの髪をとり、STEP1のくるりんぱのゴム部分に重ねるようにしてひとつに結び、くるりんぱします。 STEP3. トップの髪をくるりんぱする まずはスタイリング剤をしっかりつけて、髪全体をランダムにゆるく巻いておきます。 巻き終わったら、トップの髪を後頭部の高い位置でゴムで結び、くるりんぱします。 STEP2. サイドの髪をくるりんぱする 両サイドの髪をとり、STEP1のくるりんぱのゴム部分に重ねるようにしてひとつに結び、くるりんぱします。 STEP3. くるりんぱをほぐす くるりんぱした毛束から髪を少量ずつ引き出し、ほどよくほぐしてニュアンスをつけます。 STEP4. さらにもうひとつ、くるりんぱする 耳後ろの髪を少量とり、先にくるりんぱした毛束の結び目よりも下の位置で結び、くるりんぱします。 STEP5. 残りの毛をひとまとめにする 下ろしている残りの髪をひとつにまとめ、毛先をゴムで結びます。 STEP6. 巻き込んでピンで固定 結んだ髪を内側に巻き込み、ピンで固定します。 アップアレンジの完成! >> photo:鈴木花美 model:恩田さやか 三つ編みくるりんぱでつくるハーフアップ 三つ編みが可愛いハーフアップをピックアップ。 STEP1. 耳前の髪を分けとる 耳前のサイドの髪を分けとります。 STEP2. 後頭部に向かって三つ編みにする STEP1で分けとった髪を後頭部に向かって三つ編みし、毛先をゴムで仮留めしたら、毛束を軽くつまみ出してニュアンスをつけます。 逆サイドも同様にし、ふたつの三つ編みを後頭部で結びます。 STEP3. 耳上の髪をハーフアップにする 三つ編みのすぐ下の髪をすくい、STEP2でつくった三つ編みの毛束と合わせてひとつに結びます。 STEP4. 耳上の髪を三つ編みにする オイルやワックスを髪全体につけたら、耳上の髪を後頭部でまとめて、三つ編みにします。 STEP2. 襟足で髪をひとつにまとめる 襟足あたりまで三つ編みを編んだら、下ろした髪と合わせてゴムで結びます。 STEP3. 崩してニュアンスを出す 頭頂部や三つ編みから髪を少量ずつ引き出し、全体的にニュアンスを出しましょう。 STEP4. STEP2で結んだゴムを少し下にずらして輪っかをつくり、くるりんぱをします。 でも、オシャレなスタイルを楽しみたい! そんなお悩みにピッタリなのが、「トロワツイスト」の簡単アレンジです。 くるりんぱを3回繰り返すだけでOKなので、とっても簡単。 STEP1. ひとつ結びにする 髪全体を襟足あたりでひとつにまとめ、ゆるめにゴムで結びます。 STEP2. くるりんぱする STEP1で結んだ毛束の毛先を少し残して、もう1回ゴムで結びます。 ゴムとゴムの間の髪を中央でふたつに分けて穴をつくり、その穴に外側から内側へ毛先を通してくるりんぱします。 STEP3. くるりんぱを2回繰り返す STEP2でくるりんぱした穴に、さらに2回毛先を通してくるりんぱします。 STEP4. 毛先を左右に引っ張る くるりんぱしたねじり部分から髪を軽くつまみ出して崩したら、毛先をふたつに分けてギュッと左右に引っ張ります。 最後に、後頭部の髪を少量つまみ出してニュアンスをつけたら完成。 ハーフアップにする 耳上の髪全体を後頭部でゆるめにまとめ、ゴムで結びます。 STEP2. サイドでWくるりんぱ ハーフアップの右端(赤い丸部分)でくるりんぱします。 同様に、左端(青い丸部分)でもう一度くるりんぱします。 STEP3. くるりんぱにニュアンスをつける くるりんぱした毛束から髪を少量ずつ引き出し、ニュアンスをつけて完成! >> photo:鈴木花美 model:和田えりか くるりんぱでつくるサイド寄せハーフアップ くるりんぱをサイドに寄せたハーフアップアレンジ。 ハーフアップにする スタイリング剤を髪全体になじませたら、左右どちらか一方のサイドの髪を残し、耳上の髪を分けとって結びます。 この時、サイドを残した方に寄せて結びます。 STEP2. ハーフアップをくるりんぱする STEP1で結んだゴム上の髪をくるりんぱします。 トップの髪を引き出して、ボリュームを出しましょう。 STEP3. サイドの髪でゴム隠しをする STEP1で残したサイドの髪をねじりながら後ろへ持っていき、ヘアゴムを隠すように巻きつけ、ピンで留めます。 毛先をゴムでひとつ結びにする 髪を後ろでひとつにまとめ、毛先をゴムで結びます。 STEP2. 左側でくるりんぱする ゴム上の髪を両手で分けて穴をつくり、穴の外側から内側に向かって毛先を入れてくるりんぱします。 この時、穴は後頭部のセンターよりも左側につくります。 STEP3. 右側でくるりんぱする STEP2と同様に、今度は右側に穴をつくり、くるりんぱします。 STEP4. 左右交互にくるりんぱを繰り返す 襟足部分にねじりができるまでSTEP2〜STEP3を繰り返します。 STEP5. 後頭部の中央でくるりんぱする 最後は髪の中央を分けて、1回くるりんぱします。 STEP6. トップにお団子をつくる ジェルやワックスなどのスタイリング剤を髪全体になじませたら、頭頂部にお団子をつくります。 STEP2. 穴をつくる ゴム下の髪をふたつに分け、穴をつくります。 STEP3. お団子をぎゃくりんぱする STEP2でつくった穴にお団子を通します。 お団子が穴の前方から後方ではなく、後方から前方へ通るようにするのがぎゃくりんぱ。 毛先は通さずに残しておきましょう。 STEP4. >> photo:鈴木花美 model:忍舞 【毛量悩み別】くるりんぱアレンジ 髪の量が多かったり少なかったりして、くるりんぱがうまく決まらない... とお悩みの人も多いのではないでしょうか。 でもコツを押さえれば、毛量が多くてまとまらない、毛量が少なくて地肌が見えてしまう... なんてことを防ぐことができるんです! 毛量が多い人のくるりんぱアレンジ 毛量が多い人は、くるりんぱのねじり部分が太くなりすぎてしまうことも...。 でも表面の髪だけを薄めに分けとってくるりんぱをすれば、ボリュームのある髪でもすっきりまとまるんです! STEP1. 分け目が山型になるようにハーフアップにする 髪全体にワックスをつけまとまりをよくしたら、耳上から頭頂部に向かって山型になるように髪を分けとります。 耳上の髪を全部分けとってしまうと、くるりんぱにボリュームがですぎてしまうのでNG。 STEP2. 崩してニュアンスをつける STEP1のハーフアップをくるりんぱしたら、ゴム部分を片手で押さえながら髪を引き出してほぐします。 この時、髪を多めに引き出したり少なめに引き出したり調節することで、崩した髪のバランスがよくなり、おしゃれな雰囲気になるんですよ。 STEP3. >> photo:鈴木花美 毛量が少ない人のくるりんぱアレンジ 毛量が少なくてアレンジをしても寂しい印象になってしまう... 髪全体を巻いて、ひとつにまとめる 髪全体をヘアアイロンで巻いてボリュームを出したら、両サイドの髪を残し、残りの髪をまとめてゴムで結びます。 後頭部の髪は指で引き出して、ボリュームを出しましょう。 STEP2. 両サイドの髪を結ぶ STEP1で残しておいた両サイドの髪を後ろに持ってきて、STEP1のゴム上で結びます。 STEP3. くるりんぱする STEP2で結んだ毛束でくるりんぱしたら、ねじり部分から髪を引き出してボリュームを出します。 STEP1でつくったまとめ髪を土台として、その上でくるりんぱをすることでボリュームが出るだけでなく、分け目や地肌を隠すことができるんです。 STEP4. 毛先を丸めてシニヨンをつくる ふたつの毛束を合わせてひとつにし、左右に二等分します。 それぞれの毛先をロールアップしたら、襟足部分でピン留めし、シニヨンの形を整えたら完成! このように毛束を2つに分けてロールアップすることで、横幅にボリュームが出しやすくなり、髪の少なさをカバーすることが可能なんです。 >> photo:鈴木花美 model:クレイトン愛.

次の

【くるりんぱヘア完全版】髪の長さ別♪セルフアレンジを一挙公開

簡単 まとめ髪

時間がない朝でも挑戦してみたいロングヘアのまとめ髪特集。 オフィスシーンでも活躍まちがいなしのスタイルも必見。 シンプルなポニーテールやお団子も、ひと工夫でこなれ感UP!また、編み込みやくるりんぱ、ギブソンタックなど、トレンドを押さえたアレンジも、コツがわかれば簡単にできるので、ぜひチャレンジしてみて。 【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ シンプルだけど、今っぽい!基本のポニーテール ゴールデンポイントでつくる高めポニーテール 【HOW TO】 (1)耳の上を軽く隠すように全体の髪を手ぐしで高い位置にまとめる。 表面の髪を部分的につまみ出し、凹凸をつけて。 (2)あごと耳を結んだ線の延長上のゴールデンポイントで結ぶのがポイント。 毛束は逆毛で軽くボリュームを出す。 うねりやすい人はハードスプレーを薄くつけて。 (2)残りの髪は32㎜のヘアアイロンでカールをつける。 トップの表面に逆毛を少し立てた後、手ぐしでポニーテールに。 (3)固めのワックスを指先に少量なじませ、サイドの後れ毛をつまむようにつける。 きつめに結びしっかり固定。 (2)結び目を指で押さえ、髪を上につまみ出す。 この量が少ないとボリューム不足になるので大胆に引き出して。 (3)顔まわりの髪を少し残し、ポンパの毛先ごと全体をまとめて結ぶ。 サイドの髪も引き出して耳にゆるくかぶせて。 編み込みで可愛く!長さを活かしたヘアスタイル ガーリィな太目編み込みでほっこりレトロ風に 【HOW TO】 (1)髪をほぐしながらオールバックにして、トップに3つの毛束を作ります。 (2)一度3つ編みしてから横の毛束をとり、編み込んでいきます。 毛先は3つ編みにします。 (3)やりにくくなったら前で編みます。 (4)バランスを見ながら毛束を引き出してこなれさせます。 (5)毛先はバレッタで留め、耳の上、サイド、トップの毛束を引き出します。 サイドゆる編みで横顔もキレイに 【HOW TO】 (1)サイドに毛束を持って行き、襟足まで編み込む。 編んだ髪を押さえながら、もう片方の手で、トップの毛をつかみ、軽く膨らませる。 (2)襟足以降はゆるい3つ編みに。 前髪はサイドに軽く斜めにピンで留め、後頭部の毛は指でつまんで、軽く膨らませる。 (3)3つ編みからも少しずつ毛をつまみ出しラフさを出して、毛先をゴムで留める。 (2)下段は毛先まで3つ編みにする。 上下段ともに毛をつまみ出して軽くほぐしておく。 (3)下段の毛先を内側に折り返し、耳の裏側の見えない位置で毛先をピンで留める。 耳上にむかって水平に丸めるのがコツ。 結び目の毛束を少し指で引き出して形を整えます。 (3)くるりんぱした毛束と、垂らしている髪の上半分をまとめて、耳下くらいの位置でゴムで結びます。 (4)再びくるりんぱ。 ひとつめと同様に結び目周りの髪を引き出して整えます。 (5)後頭部のトップもふんわりとなるように、バランスよく引き出して。 (6)くるりんぱの毛先と残りの髪を合わせて3つ編みに。 バランスを見ながら毛束から少し毛を引き出してこなれ感を。 少し前髪を残した方が、正面から見たときにおしゃれっぽく。 (2)UPにした前髪をゴムでひとつに結び、ゴムを少し下にずらして穴を作り、毛先をその中に入れ込む。 (3)くるりんぱした毛束をふたつに分け、ゴムを押し上げるような感覚で左右にギュッと引っ張る。 (4)結び目に毛束を巻きつけゴムを隠してピンで固定。 ピンは外から見えないようになるべく奥に挿し込んで。 (5)次は耳上の髪をまとめて2段目のくるりんぱ。 同じくゴムは隠し、毛束を適度に引き出してラフさを出して。 (6)残った髪をひとまとめにしてくるりんぱ。 ゴムを内側に入れ込むように毛束を左右にギュッと引っ張り完成。 ゴムを締めるように結び目下の毛を広げ、1の毛束にかぶせて。 くるりんぱしやすいように、ゴムをやや下げる。 (2)ゴムの上に穴をあけ、毛束を上から通してくるりんぱに。 毛束を左右に引っ張りながら、ゴムを押し上げて。 (3)ゴム付近がタイトになりすぎないよう、毛束を細かく引き出す。 顔周りも引き出し、透け感をプラス。 アメピンを使った華やかくるりんぱ 【HOW TO】 (1)右側の襟足の毛を少し残し、ほかの髪は右側の襟足の近くでゴムでひとつに結び、くるりんぱ。 後頭部の髪を少しつまみ出してルーズ感を出す。 (2)くるりんぱした毛束に、1で残した襟足の毛を巻きつけながら左側にもっていく。 巻きつけた毛束から髪を少しずつ引き出し、ルーズ感を出す。 (3)巻きつけた毛束と垂直になるようにアメピンを耳の後ろで挿して固定する。 髪を少しかきあげて毛先を留めたら、上から髪をかぶせてアメピンを隠す。 ギブソンタックなど、オフィスシーンにおすすめのまとめ髪 華やかで色っぽいギブソンタック 【HOW TO】 (1)こめかみ付近の毛束をくるくるとねじる。 反対側も同様に。 (2)左右の毛束をねじったら、ややゆるめに後ろで合わせてゴムで結ぶ。 (3)下した髪を6束に分け、ひと束ずつアップにしていく。 あらかじめ作ったねじりに絡ませるように毛先をピンで留める。 (4)6束すべてアップにしたら、毛先が飛び出ている部分をピンで留めてしっかりとまとめてから、後頭部はざくっと丸めた部分は毛束を細かく引き出してふんわりとくずす。 簡単シニヨンで大人アレンジ 【HOW TO】 (1)ベースの髪はランダム巻きにしておくと、こなれ感がアップ! (2)後ろ髪はトップ部分の毛を斜めに取りブロッキング。 それ以外の毛をまとめて襟足辺りで毛先を抜かずにゴムで留める。 (3)毛先を結び目に巻き付けてゴムで固定し、さらにブロッキングしておいた毛も巻き付けてゴムで留めシニヨンにして完成! 巻かずにアレンジしたいときは、ねじりシニヨン 【HOW TO】 (1)全体を手ぐしで整えて、耳を隠して低い位置でひとつに結ぶ。 サイドはたゆませつつ、結び目はきつくする。 (2)結んだ毛先をふたつに分け、ねじり編みにする。 (3)編んだ毛をぐるっとまとめてお団子にする。 ピンを外から中央に向けて数か所挿し込む。 ねじって留めるだけのおしゃれ夜会巻き 【HOW TO】 (1)細かめに毛束を取って、コテで全体を外巻きにする。 あとでまとめるので、巻いていない毛束があっても大丈夫! (2)ガイド部分の毛束を細かく取り、トップにふわっとボリュームを出すためにひと巻きして。 (3)後れ毛や結んだときの表面に毛束感を出すため、セミウェットな質感のスタイリング剤を全体に塗布する。 (4)スタイリング剤を全体になじませるように、くしゃっともみ込む。 (5)耳の高さでまとめて、ゴムできつめに結ぶ。 前髪は斜めに流すと女っぽい仕上がりに。 (6)ゴムを毛先の方向にぐいっとずらす。 ゴムがそのまま取れてしまわないように注意して、写真くらいに毛先を残す。 (7)ゴムを指でつかみ、上に持ち上げながらゴムを巻き込むように内側にねじる。 ここまでねじる。 (8)写真のように、ピンを上から下へ挿す。 ねじった髪を拾いながら地肌に沿わせるように挿すとしっかり固定される。 表面とねじった部分の毛束を少しずつ引き出して完成! たっぷりボリュームのこなれ夜会巻き 【HOW TO】 (1)まとまりを良くするためにブラシでたっぷりと逆毛を立てておく。 (2)髪を後ろでまとめ、毛束を縦半分に折り畳んで右手で引っ張り上げるようにしてねじる。 (3)ある程度まとまるまでねじったら、入り切らなかった毛先を中にぐいっと押し込んで隠します。 (4)いちばん上と中間地点に、ピンを上から挿し込む。 ピンが地肌に沿うのを確認しながらしっかりと固定させて。 (5)最後に下から1本ピンを挿して完了。 ピンが地肌に密着していれば、たった3本でもくずれません。 (6)後ろを押さえながら毛束を引き出す。 髪の長さにゆとりがあるロングは、大胆に引っ張り出しても大丈夫。 ざっくりだけどきつめに編むのがコツ。 (2)3つ編みにした毛束の毛先をゴムで結ぶ。 毛先をつかんだまま、3つ編みをつまみ出してほぐしてラフに。 (3)ポニーテールの結び目を中心に毛束をくるっと1回転させ、毛先をピンで留める。 バレッタでピンを隠せば完成。 手ぐし感が残る無造作ハイシニヨン 【HOW TO】 (1)前髪を左右一筋残し、ざっくりと高い位置にまとめる。 下はゆるっとたるませるように意識して。 (2)頭頂部よりもやや下の位置で、きつめにしっかり結ぶ。 このとき毛先は抜き切らず、お団子状にする。 (3)余った毛先を結び目にくるっと巻きつけてゴムをし、くずれないようにピンでしっかりと固定。 (4)お団子の前側を起こしてピンを挿す。 お団子に高さを出しつつ、ランダムな動きをつけて。

次の