ビズリーチ 口コミ。 【評判・口コミがヤバい】転職サイトビズリーチ

ビズリーチの評判・口コミを徹底調査した結果【判明したデメリット】

ビズリーチ 口コミ

ブラック企業で良いように使われていた私が一念発起して転職活動!色々な転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めた結果、ビズリーチで年収アップの転職に成功しました! このサイトでは私が実際に使ってみた感想や調べた口コミなどをまとめてお伝えします。 ビズリーチの良いところも悪いところも正直に書いていきますので、ビズリーチが気になっている人は参考にしてみてください。 結論としては 「ステップアップを考えているエリート会社員は登録しておいて損はない」です。 詳しくは以下でお伝えしていきますね! BizReach(ビズリーチ)はハイクラス向けの転職サイトとして、最近注目を集めていますが、本当ところ評判はどうなのでしょうか? 「CMや広告にお金をかけているだけで、本当はあまり良くないんじゃない?」 「他の転職サイトと大して変わらないんでしょ?」 と思われる人も多いと思います。 管理人もビズリーチを利用するにあたり実際の口コミや2chを徹底的にリサーチしました。 良い口コミと悪い口コミをまとめると次のようになります。 有料課金する必要性を感じない• 海外案件が少ない• ヘッドハンターの質が低い 大手転職エージェントと大して違いがないのに有料サービス 悪い口コミのほとんどは、 有料課金されるビズリーチの仕組みと有料課金に対して得られるメリットが少ないことです。 ビズリーチに掲載されている求人情報はいわゆる転職エージェントが保有する「非公開案件」も掲載されていますので、Dodaやリクルートといった大手転職エージェントに登録しても 紹介される案件としては重なる可能性も十分あります。 転職エージェントでは、応募書類の添削サービスや面接対策といった転職サポートも付いているので、同じ案件があるのであれば転職エージェントを使った方がメリットがある(しかも無料)というのが大半です。 しかし、ビズリーチを使うメリットとして大きいのが、 ヘッドハンターからのスカウトが受けられる点です。 このヘッドハンターが保有する案件の中には確かに 独占案件と呼ばれるものがあり、大手転職エージェント経由でも絶対に紹介を受けることができないものです。 この案件に巡り合う可能性があるだけでビズリーチを利用する価値があると管理人は考えています。 また、ビズリーチにも簡単な諸条件をクリアすれば、 2~3か月程度は無料でサービスを受けることができますから、一度無料登録を行ってみると良いでしょう。 グローバルな外資系案件が少ない ハイスペックの人が高年収を得る仕事としてイメージする一つの人物像が、 海外に忙しく飛び回り英語を駆使して外国の人と交渉している人です。 そんなイメージの人ばかりではないかもしれませんが、ハイクラス向け転職サイトに登録する人のニーズとして、海外で働きたいという人も多いのは事実です。 しかしながら、 海外勤務案件があまりないという意見が見られました。 海外勤務求人を専門で扱う転職エージェントが少ないことが要因だろうと考えていますが、タイミングの問題とも考えられます。 どうしても転職して即海外に駐在したいという希望を持っている人は、ビズリーチに登録するよりも、外資系クライアントに強い転職エージェントを利用した方が良いかもしれません。 他方、 グローバルに展開している企業の求人は多いため、 一度転職して日本で数年働いた後、海外に勤務したいというキャリアプランを持っている人はビズリーチを利用することをおすすめします。 日本企業のヘッドクオーターである日本本社での勤務経験がなく、いきなり海外駐在に行かせるような案件は、非常に過酷な仕事を割り当てられる可能性が高いですので、余程の事情が無い限りは転職即駐在というパターンは止めた方が良いというのが管理人の意見です。 中には質の低いヘッドハンターがいる ビズリーチではヘッドハンターからスカウトを受けることが転職活動を行う基本となります。 しかし、 ヘッドハンターの質が悪いという意見が目立ちました。 応募書類も見ずに自分の経験とは何ら関係ない求人情報を送ってくる、返信が定型文でまともなコミュニケーションが取れないといったものです。 ビズリーチでは厳正な審査を行ったヘッドハンターのみ登録しているということですが、 中には質が悪いヘッドハンターがいるのも事実です。 全てのヘッドハンターを細かくチェックできていないのが現状だと思います。 ただビズリーチでは、 ビズリーチ・スコアというものを導入して、ヘッドハンターの質を客観的に数値で評価していますので、この ビズリーチ・スコアを見ることで質の悪いヘッドハンターかどうかを見抜く一つの判断材料となります。 またコミュニケーションを取っていく中で、どうも自分に合わないと感じたらスパッと切ることも必要です。 他にも多くのヘッドハンターが在籍しているので、 一人のヘッドハンターに依存する必要のない点もビズリーチを利用する大きなメリットと言えるでしょう。 ビズリーチに対する良い口コミ・評判まとめ 良い口コミや評判は以下のようなものに集約されます。 高年収の案件が豊富• ヘッドハンターを選べるのが良い• 無名の会社のヘッドハンターが素晴らしかった• 高年収に特化しているので、仕事が探しやすかった• 社長自らのスカウトが届いて自分の経験を買ってくれている印象を受けた 高年収の案件がたくさんあり年収アップが可能 やはり一番多い意見が、高年収の案件が豊富ということです。 ハイクラス向け転職サイトなので、当たり前といえば当たり前なのですが、他の転職サイトや転職エージェント経由ではお目にかかれない案件がたくさんある点でビズリーチは 頭一つ抜けている印象です。 もちろん相応の応募条件が設定されていたり、与えられる仕事の難易度や責任も高いといえますが、年収500万円以下の案件は僅少、 ほとんどが700万円以上で、1000万円以上の案件もゴロゴロある点が評価されています。 現在の年収が700万円に届いていなくても、どのヘッドハンターも現状の年収より高い年収を提示してくれることが多い印象です。 相性の合うヘッドハンターを自分で選べる ビズリーチでは ヘッドハンターを自分で選べる点が良かったという口コミも多くみられました。 やはりヘッドハンターも人ですから、自分と合わない人や強引な人など、様々なタイプのヘッドハンターがいます。 他の転職エージェントですと、登録して登録面談をするタイミングで担当者が決定してしまうので、 その担当者が自分と合わなかったとしてもその担当者に継続して頼らざるを得ません。 その点 ビズリーチでは、自分でヘッドハンターにコンタクトを取れます。 ビズリーチスコアを参考にしたり、ヘッドハンターの得意な業界を絞ってコンタクトを取ったり、顔を見て「この人だ!」とアプローチをすることで、自分に合ったヘッドハンターを選択することができる点は大きなメリットです。 無名でも優秀な孤高のヘッドハンターと出会える スカウトメールで興味深い求人があったので、 聞いたことも無かったヘッドハンターと連絡を取ってみたところ、そのヘッドハンターが素晴らしかったという意見がありました。 通常の転職エージェントよりも親身に相談に乗ってくれたり、面接対策を細かく行ってくれたり、あり得ないほど親身なサービスを提供してくれるヘッドハンターも中にはいるようです。 管理人もビズリーチのスカウトから連絡を取り合うようになったヘッドハンターがいるのですが、 大手の転職エージェントとは比較できないほど親身に接してくれたことを覚えています。 聞いたことも無い無名のヘッドハンターでしたが、応募企業はどんな人を求めており、応募書類ではどんな点をアピールすればよいか、そして面接ではどんなことをどんな意図で聞いてくるかを事細かに教えてくれました。 さらには面接の最後に聞かれる逆質問(「何か質問はありますか?」という面接の典型質問)について、添削までしてくれました。 結局このヘッドハンターに紹介してもらった企業に転職することは無かったのですが、中にはこのような 優秀な無名ヘッドハンターに出会える可能性があることもビズリーチを利用するメリットの一つと言えるでしょう。 ハイクラスの仕事が探しやすい ビズリーチは 高年収の転職に特化していますので、年収が現時点で高い求職者にとっては非常に使い勝手が良いという意見が多くみられました。 中々高年収に特化したサイトは無く、目的の求人に辿り着かないことが多かったが、 ビズリーチであれば比較的簡単に高年収の仕事を探すことができ、使いやすいサイトであると評価が高かったです。 もともと高年収の人は、転職することで年収が下がってしまったりすることも多く、満足して転職できる案件が少ないのが現状ですが、 ビズリーチでは1000万円以上の案件も多く掲載されていることで、選択の幅が広がったと感じる人も多くいるようです。 社長自らのスカウトが来ることも ビズリーチはダイレクトリクルーティングを採用していますので、 企業から直接スカウトを受けることも多々あります。 中には、直接社長が採用活動を行なっている企業もあり、社長から話をしてみたいというオファーが来ることも珍しくありません。 社長からスカウトが来ることで、自分の経験がしっかりと評価されていて、自分の能力を買ってくれていると感じるという口コミが多くみられます。 他の転職サイトよりも積極的に採用活動を行なっている企業が多い印象ですので、どんな企業が自分の能力を買ってくれるのかみてみたいという人は登録をしておくといいでしょう。 前回の転職活動ではなかなか思うような求人と出会えず、面接を受けてみたりもしたのですが、結局転職を決断するには至りませんでした。 私は、待遇、裁量、仕事内容のすべてにおいてキャリアアップを実現したいと考えていましたから、ハイクラス求人のみを紹介するビズリーチが最適だと思いました。 企業からの直接的なスカウトメールは、選考を受けて内定をいただいたら入社しなければならないイメージがありました。 けれども社長自らのスカウトに、私の経験を買っていただいている印象を受けましたし、『まずは気軽にお会いしてお話しましょう』と仰っていただいたので、まずはお会いしてみようと思いました。 『返事はいつまでも待つ』と言っていただき大きな期待を感じましたが、過去に所属していた会社が業績不振に陥った経験から、本当にベンチャー企業に転職してよいものか迷いがありました。 そんなとき、ほかの会社からもスカウトメールをいただいたので、そちらも面接を受けてみることにしたのです。 けれども会社や考え方にフィットせず、結局面接後にお断りしました。 一方で、内定をいただいたネットベンチャーの会社からは引き続き熱心にアプローチをいただいていました。 複数回にわたって面談を重ねる中で、社長や社員の方々の価値観とフィットし、今後の事業戦略にも納得できました。 組織を拡大していく中で早期にマネジメントとして活躍してほしいとも言っていただき、いろいろな点でチャンスは大きいと考え、入社を決意したのです。 直接企業の代表者からスカウトを受けるということは、自分の経験やスキルを明確に評価されたことを意味すると思うので、実際に活躍できる可能性は高いかもしれません。 けれども、自分が求めるものがその会社にあるかどうかは、実際に会って話してみないことには分かりません。 その点では、納得がいくまでコミュニケーションを重ねることが大切だと思いました。 (引用:) 上記は実際の口コミです。 実際に社長に会うことで自分にフィットするかどうかがわかりますし、社長に評価されているということは、その企業で活躍できるフィールドがあるということの証でもありますね。 年収が500万円を超えている人• 今までの経験をベースにステップアップしたい人 今すぐ転職するしないに関わらず、転職を考えている人は登録だけしておくだけで、チャンスを逃すことが無くなりますよ。 年収500万円以上の人 ビズリーチは「ハイキャリア向け」の転職サイトであり、管理職やグローバル人材といったエグゼクティブをサービスのターゲットとしています。 ターゲットがとても明確です。 そのため、求人情報も年収がそれなりに高い案件に偏っていますので、 年収が500万円以下の人がビズリーチに登録したとしても満足のいく転職サービスを受けることは難しいでしょう。 もちろん現在の年収は低いけど、他の人とは違った経歴を持っていたり、企業の求めるスキルをピンポイントで保有している場合であれば素晴らしい求人情報に出会える可能性もあります。 しかし、月額料金を支払ってでもサービスを利用する価値は無いと思います。 一方、 もしあなたが年収500万円を超えているのであれば、利用することをおすすめします。 他には無い質の高い求人も多くありますし、思いがけない企業へのスカウトを受けられるかもしれません。 採用意欲が高い企業やヘッドハンターがたくさんいますから、 想像以上にスカウトメールが来ます。 登録して1晩で80件もメールを受信したという人もいるくらいです。 実際、管理人も登録して1日で30通以上のスカウトメールがきました。 たくさんのメールが来るのは自分が評価されているようでとても嬉しいです。 そして次から次へと来るメールを見るのはとても快感です。 まるで 10連ガチャを引いているような気分になったのを覚えています。 あなたにもぜひその気分を味わってみて欲しいです。 勘違いされていることが多いのですが、ビズリーチの登録に年収制限はありません。 無料で登録ができますので、「自分の転職市場での価値を確かめてみたい」、「一回使ってみたい」という人は登録して自分の条件にあった求人情報を探してみると良いかもしれません。 今までの経験を軸に年収をアップさせたい人 BizReach(ビズリーチ)で採用活動を行っている企業やヘッドハンターは基本的に 「即戦力」を求めています。 そのため、 転職が決まりやすいのは同職種の求人か、もしくは同業界の求人です。 全く違う職種での転職を考えている場合など 未経験でも採用してくれる企業を探しているという人にとっては、ビズリーチに登録しても転職することは難しいでしょう。 未経験でも今までの経験を違う職種に活かせるというアピールをすれば上手くいく可能性もありますが、少数です。 一方、 現在までの知識や経験をベースとして更に高年収企業や知名度の高い企業にステップアップしたいと考えている人にとっては、非常に役立つ転職サイトといえます。 優秀な人材を獲得しようと好条件を提示され、年収がアップする確率も大いにあります。 またスカウトメールだけでなく、興味を持ったサイト掲載求人があった場合、今までの知識や経験を活かせそうと感じるのであれば合格する可能性も高いです。 「高年収」を求める求職者と「即戦力」を求める企業が対等な立場でやり取りをする場がBizReach(ビズリーチ)ですから、 今までの経験を活かして新しい企業に挑戦したい人は登録する価値があります。 \登録無料/ ステップアップの転職を BizReach(ビズリーチ)と他の転職サイトの比較表 BizReach(ビズリーチ)とその他の主要な転職サイト(リクナビNext、DODA、マイナビ転職)の違いをまとめてみました。 ビズリーチ リクナビNext DODA マイナビ転職 求人数 スカウト機能 あり (一部有料) あり あり あり 転職支援 あり ヘッドハンター あり リクルートエージェント あり エージェントと転職サイト一体型 なし 特徴 ・ハイキャリア向け ・ダイレクト・リクルーティングの採用 ・転職者の8割が利用 ・転職実績No. 1 ・転職エージェントサービスを標準装備 ・豊富な非公開求人 ・未経験でも応募可能な案件が多い ・転職ノウハウが充実 登録すべき人 ・スキルや経験に自信がある人 ・年収アップ、ステップアップの転職がしたい人 ・大手転職サイトを利用したい人 ・幅広い求人を検討したい人 ・転職サイトだけでなく転職支援サービスも同時に受けたい人 ・書類添削や面接対策などのサポートを受けたい人 ・初めて転職する若年層 ・未経験の職種への応募を考えている人 公式サイト 特にあなたが高年収を得ているエリート社員であれば、 リクナビNextやDODAなどの有名転職サイトと並行してビズリーチにも登録しておくと良いでしょう。 ビズリーチと併用すべき転職エージェントは『リクルートエージェント』 ビズリーチはヘッドハンターからピンポイントで優良非公開案件を紹介してくれるというメリットがありますが、デメリットは 「案件の網羅性に欠ける」こと。 ビズリーチだけを使っていると視野が狭くなってしまうのも事実です。 転職活動を成功させるためにはたくさんの選択肢の中から自分が「行きたい」と思える企業に応募することが大切。 その選択肢を多く提示してくれるのが 『リクルートエージェント』なんです。 リクルートエージェントは転職エージェント業界最大手ですから保有している案件の数が半端じゃありません。 ビズリーチで紹介されるピンポイント案件とリクルートエージェントで紹介される網羅的な案件を全てテーブルに乗せた上で応募する企業を選ぶと満足のいく転職ができる可能性が高まります。 まとめ:良い意見・悪い意見も踏まえてビズリーチに登録しよう! 上記で悪い意見と良い意見をまとめて紹介しましたが、 やはりビズリーチにもネット上には口コミであふれかえっています。 その中にはおすすめする人、おすすめしない人の両方がいます。 どの転職サイトより良い意見と悪い意見がはっきりしている印象でした。 良い口コミ・悪い口コミは参考までに どの転職サイトや転職エージェントでも同じで、 サービスを使った全員が満足するなんてことはないんですね。 良いと感じる人もいれば悪いと感じる人もいるというのが普通なのです。 では、良い口コミと悪い口コミを把握した後に何をすべきかということですが、 少しでもメリットを感じたら登録することです。 実際に使ってみないとわからないこともいっぱいあります。 気になるのに試さずにいるのはもったいないです。 少しでも登録する価値があると感じるのであればぜひ登録しましょう。 登録する価値があると思ったら即行動を! 幸いビズリーチにも無料体験期間があります。 本当に継続して利用すべきサービスかどうかは無料期間のうちに決めれば良いです。 リスクはありませんよね。 スカウトメールを受信することで自分の転職市場価値を確かめる、高年収案件を閲覧する、ヘッドハンターの評価を見る、実際にプラチナスカウトメールを利用して転職活動を始める。 このようなサービスを受けてみたいと少しでも感じるのであれば、まずは登録してみることをおすすめします。 転職活動でうまくいくかどうかは行動力があるかないか?です。 すぐに行動する人はそれだけチャンスを掴む可能性が高くなります。 登録は3分ほどで簡単にできますので、今すぐ行動して現状を打破しましょう!!.

次の

【ビズリーチ】口コミ・評判 まとめ!登録時に審査に落ちることがある!?|転職鉄板ガイド

ビズリーチ 口コミ

外部サイト ビズリーチキャンパスの悪い評判と口コミ ビズリーチ・キャンパスの悪い評判と口コミについて見ていきましょう。 OB訪問申請に制限がある ビズリーチキャンパスの注意点 同じ企業のOB訪問申請は1ヶ月に10人までの制限がある。 — 就活に悩んだ三井@20卒 zhik7269 ビズリーチキャンパスでは 1か月で10人という申請制限があるようです。 上記のように「この時期にOB訪問を一気にやる!」と考えている方にとっては、別サービスとの併用を考慮した方が良さそうです。 他の有用OB訪問サービスも見てみる 希望業界の人に出会えない場合もあり OBOG訪問そろそろしたい。。 その場合は他のOB訪問サービスを活用するか、もしくは大学の教務課などで相談するのが良いでしょう。 ビズリーチキャンパスの良い評判と口コミ 次は、実際に使ってみた人の良い評判・口コミをご紹介します。 「大手企業の人から話を聞きたい!」という人にはうってつけのサービスだな。 こういった評判を見ると、当サービスを活用する人と活用しない人では大きな差が生まれると言っても過言ではないかと。 活用しない人は知らない間にライバルから大きく後れを取り、損していそうです。 \早めに登録してライバルと差をつけよう/ 逆スカウトされることもある スカウトサービス、名前聞いたことない中小やベンチャーからのスカウトを頂くことが大半だけど、稀に大手からも来る 個人的にオファーボックスとビズリーチキャンパスとDODAキャンパスはアツい — えんがわ 20卒 engawa2020 ビズリーチキャンパスでは、企業から逆にスカウトが来るケースもあります。 中小やベンチャーから来ることが多いようですが、中には大手企業からのビッグオファーも。 OB・OGと会えるだけでなく、向こうからスカウトが来るのは素晴らしいサービスですね。 なお、上記ツイートで紹介されているサービスについては、ぜひ下記から調べてみてくださいね。 仕事が忙しい時期だったり、OB・OG訪問に興味が無くなってしまったりなど様々な理由で「幽霊OB・OG」になっている場合もあります。 それゆえ就活生は「この人に話を聞いてみたい!」と1人だけに依頼を送るのではなく、複数人に依頼を送るのが大事だと考えます。 東京大学で登録すれば東京大学OB・OGのみと繋がることが可能。 他の大学の人とも繋がってみたいと思っているのであれば、当サービスはあなたに向いているかもしれません。 その場合は など別のOB訪問サービスを使用するようにしましょう。 企業公認のOB・OGが数百人レベルで登録しています。 たとえばビズリーチキャンパスが大手企業と提携したと発表したプレスリリースには、以下のようなものがあります。 ネット上に落ちている情報だけで満足することないようにな。 ビズリーチ・キャンパスなら、とある企業で同じ職種の人が複数人いるということもザラ。 例えば「企業Aで勤務する研究開発職」の社員と複数人会い、その企業の情報を得ると共に研究開発職の雰囲気を把握することも可能。 僕も就活やって感じましたが、やはり就活でうまくいく人は「リアルな情報」と「最新情報」を仕入れるのがうまい印象があります。 ビズリーチ・キャンパスはその情報を手に入れるのにうってつけ。 無料で使えますし、就活でバンバン内定もらう人たちはこういったサービスをうまく活用していますね。 例えば過去には「大学1・2年生のためのキャリア形成イベント」なども開催していますね。 これらサービスを活用することによって、就活にかかる労力を大幅に減らすことができますよ。 上手く活用すればライバルと差をつけられるのでおすすめです。 ビズリーチ・キャンパスの大学一覧に該当する学生は絶対に当サービスを活用すべき 今回はビズリーチ・キャンパスの評判や口コミに加え、メリットやデメリットに関しても紹介しました。 限られた大学だけの学生が利用可能ですが、もしあなたの大学に対象になっているならば絶対に使うべきです。 就活で勝ち抜くにはこのようなライバルと競っていかないといけないですし、知らない間に差がついているのは避けたいですよね。 当サービスは無料で利用できますし、有名企業から内定が欲しいという方はぜひ登録をおすすめします。 得をすることはあっても、損をすることはないですので。

次の

株式会社ビズリーチの口コミ・評判(一覧)|エン ライトハウス (8482)

ビズリーチ 口コミ

外部サイト ビズリーチキャンパスの悪い評判と口コミ ビズリーチ・キャンパスの悪い評判と口コミについて見ていきましょう。 OB訪問申請に制限がある ビズリーチキャンパスの注意点 同じ企業のOB訪問申請は1ヶ月に10人までの制限がある。 — 就活に悩んだ三井@20卒 zhik7269 ビズリーチキャンパスでは 1か月で10人という申請制限があるようです。 上記のように「この時期にOB訪問を一気にやる!」と考えている方にとっては、別サービスとの併用を考慮した方が良さそうです。 他の有用OB訪問サービスも見てみる 希望業界の人に出会えない場合もあり OBOG訪問そろそろしたい。。 その場合は他のOB訪問サービスを活用するか、もしくは大学の教務課などで相談するのが良いでしょう。 ビズリーチキャンパスの良い評判と口コミ 次は、実際に使ってみた人の良い評判・口コミをご紹介します。 「大手企業の人から話を聞きたい!」という人にはうってつけのサービスだな。 こういった評判を見ると、当サービスを活用する人と活用しない人では大きな差が生まれると言っても過言ではないかと。 活用しない人は知らない間にライバルから大きく後れを取り、損していそうです。 \早めに登録してライバルと差をつけよう/ 逆スカウトされることもある スカウトサービス、名前聞いたことない中小やベンチャーからのスカウトを頂くことが大半だけど、稀に大手からも来る 個人的にオファーボックスとビズリーチキャンパスとDODAキャンパスはアツい — えんがわ 20卒 engawa2020 ビズリーチキャンパスでは、企業から逆にスカウトが来るケースもあります。 中小やベンチャーから来ることが多いようですが、中には大手企業からのビッグオファーも。 OB・OGと会えるだけでなく、向こうからスカウトが来るのは素晴らしいサービスですね。 なお、上記ツイートで紹介されているサービスについては、ぜひ下記から調べてみてくださいね。 仕事が忙しい時期だったり、OB・OG訪問に興味が無くなってしまったりなど様々な理由で「幽霊OB・OG」になっている場合もあります。 それゆえ就活生は「この人に話を聞いてみたい!」と1人だけに依頼を送るのではなく、複数人に依頼を送るのが大事だと考えます。 東京大学で登録すれば東京大学OB・OGのみと繋がることが可能。 他の大学の人とも繋がってみたいと思っているのであれば、当サービスはあなたに向いているかもしれません。 その場合は など別のOB訪問サービスを使用するようにしましょう。 企業公認のOB・OGが数百人レベルで登録しています。 たとえばビズリーチキャンパスが大手企業と提携したと発表したプレスリリースには、以下のようなものがあります。 ネット上に落ちている情報だけで満足することないようにな。 ビズリーチ・キャンパスなら、とある企業で同じ職種の人が複数人いるということもザラ。 例えば「企業Aで勤務する研究開発職」の社員と複数人会い、その企業の情報を得ると共に研究開発職の雰囲気を把握することも可能。 僕も就活やって感じましたが、やはり就活でうまくいく人は「リアルな情報」と「最新情報」を仕入れるのがうまい印象があります。 ビズリーチ・キャンパスはその情報を手に入れるのにうってつけ。 無料で使えますし、就活でバンバン内定もらう人たちはこういったサービスをうまく活用していますね。 例えば過去には「大学1・2年生のためのキャリア形成イベント」なども開催していますね。 これらサービスを活用することによって、就活にかかる労力を大幅に減らすことができますよ。 上手く活用すればライバルと差をつけられるのでおすすめです。 ビズリーチ・キャンパスの大学一覧に該当する学生は絶対に当サービスを活用すべき 今回はビズリーチ・キャンパスの評判や口コミに加え、メリットやデメリットに関しても紹介しました。 限られた大学だけの学生が利用可能ですが、もしあなたの大学に対象になっているならば絶対に使うべきです。 就活で勝ち抜くにはこのようなライバルと競っていかないといけないですし、知らない間に差がついているのは避けたいですよね。 当サービスは無料で利用できますし、有名企業から内定が欲しいという方はぜひ登録をおすすめします。 得をすることはあっても、損をすることはないですので。

次の