グラブル ハデス 背水。 グラブルハデス背水ハイランダー編成で大体揃っておりダマも...

闇ハイランダー編成(片面神石背水)

グラブル ハデス 背水

理想編成を目指す場合はリミテッド武器など課金武器の有無が重要となり、「渾身軸」「背水軸」「技巧軸」といった多様な編成が存在する。 堅守で低HPを維持しつつ、ターン数のかかるバトルでは進境を採用して終盤の火力を伸ばすのが有効。 この辺りは敵によってどの武器を採用するのか、臨機応変に調整したいですね。 グラシの本数が少ない分はセレ拳で補うことも可能で、 背水運用であればこの時点で十分な火力を出せます。 HPが多い場面でも確定クリによりある程度火力が出せるのもポイントです。 フォールンソードの本数を用意できるまでは無課金武器が繋ぎに有効。 ブルトガング4凸も無理なく作成できるなら組み込みたいですが、ダマ鋼の使う順序はフォールンソードを最優先で進めたいですね。 ダブルアタック率、トリプルアタック率の両方が上がる効果を持っているため、他の武器スキルに比べてダメージ期待値の上がり幅が非常に大きい。 残りHPが低ければ低いほど攻撃力が上昇する。 純粋に効果量が高いほか、 攻刃などと別枠 乗算 される関係であるため、恩恵が大きい。 背水とは逆に残りHPが多ければ多いほど攻撃力が上昇する。 こちらも 攻刃などと別枠 乗算 される関係であるため、恩恵が大きい。 弱点属性でダメージを突いた時に一定確率でダメージが上昇する「クリティカル」が発動する。 発動率を全て加算して抽選。 クリティカル発生時は一律1. 攻撃力が上昇する代わりに最大HPが減少する。 攻撃力の上昇値は攻刃 大 と同等。 他に優秀な第二スキルを持つ武器に攻刃の代わりとして設定されている場合が多い。 水着ゾーイなどの一部キャラと相性が良く、低HP時を維持した立ち回りをする際に高い火力を誇る。 背水特化編成でのグラシの繋ぎとなる性能で、水着ゾーイ自身と相性がよく、無凸でも十分強力。 リミテッドシリーズとなり 最終上限解放にも期待が持てる。 第1スキルに背水大を持ち、4凸後に闇キャラのアビダメ上限UPが追加。 コルルやシスなど追加ダメを重視した運用において重要となる性能。 23倍するスキル『堕落のすゝめIII』を持っている。 通常神威 小 には守護 小 が内蔵されているため、麒麟弓のデメリットを補える点も優秀。 編成自体の火力は落ちやすいが、キャラや敵防御値など他の要素でダメージ上限に届く火力を出せるバトルであればダメ上限値の高い編成として活躍できる。 攻刃が無く基本火力が下がるため、他武器で火力分を補えない内は汎用的な編成では採用しにくい。 ただ、 奥義特化編成では最優先で編成したい武器。 メイン装備時に闇キャラが弱体成功UPを活用して、重要な弱体付与の役割を担う場合の、 エリュシオン系メイン武器として有用なほか、ハデス編成作成途中段階での通常枠の繋ぎとして役立つ。 技巧編成でクリ率確保も目的でのパーツになる他、アビダメ上限を底上げできるアーツ目的での起用もできる。 奥義効果でスロウや味方全体吸収を持つので、メイン武器としても使える性能。 闇の格闘得意キャラはウフレニやシスなどの自身でTAを狙えるキャラがおり相性が良いので、 それらの格闘キャラで統一できるなら優先的に編成しておきたい。 剣得意PTを組む場合にEX枠に組み込みたい。 特にルシファーHLなどの長期戦になりやすい高難易度で活躍する性能。 主にメカニックによる開幕奥義運用や、奥義頻度の高いPT運用などの 奥義を重視するPTで編成候補となる。 四天刃と同様の優秀な連撃UP奥義を持っているため、ベルセルクなどのメイン武器としても使える。 5凸強化でメイン縛りが無くなると、サブ枠では必須級の1本となる。 刀のためATKも高く、短期でダメージを稼ぐために火力を求める場合なら麒麟剣よりも優先度が上がる。 槍ジョブのメイン武器として優れた性能。 ゼノディア武器や虚空武器を優先的に起用する場合が多いが、 確定TAキャラやデス召喚などと組み合わせた運用で1本編成候補となる。

次の

闇ハイランダー編成(片面神石背水)

グラブル ハデス 背水

4凸ハデスのダメージを、3凸時と比較して具体的にどれほど強くなったのかを紹介します。 また、強力になった両面神石編成についても合わせて解説します。 4凸ハデスの性能 攻撃ステータスは3315とかなり高め。 3凸Lv100の2350から965の上昇 加護効果• 「闇」「憎悪」「奈落」の効果が 140%UP 3凸時の120%UPから20%の上昇。 召喚効果• 敵全体に闇属性4倍ダメージ• 味方全体の奥義ゲージ上昇量UP 3ターン メインに4凸ハデスとする場合、3凸では不可能だった1ターン目からの召喚が可能になります。 召喚ダメージが超強化 4凸することで召喚のダメージが主人公のアビリティダメージ扱いになり、飛躍的にダメージ量が上昇します。 3凸時には数万程度しかダメージは出ませんでしたが、 例えば天司武器あり+デス5凸の状態では約144万ダメージが出ます。 奥義ゲージ上昇量は10%UP 奥義ゲージ上昇量は10%UPし、効果ターンは3ターン。 必要素材• 3凸時のダメージ• メイン:パラゾ二ウム• ブルトガング• 4凸終末武器• 麒麟弓• 虚空剣• オメガ武器 連撃• デスは5凸。 防御下限、バフなしで 主人公の通常攻撃のダメージは約64万。 ダメージ上限の約74万には10万ほど届いていません。 4凸時のダメージ 武器は同じ。 防御下限、バフなしで 主人公の通常攻撃のダメージは約69万。 ダメージ上限の約74万には5万ほど届いていません。 1倍になります。 上記の装備編成と多少異なっていても、基本的には1. 1倍ほどになります。 ただ召喚石を上限解放するだけで火力が1. 1倍になるのは非常に強力だと思います。 4凸時の素材も軽いので、神石編成を運用している場合は最優先で4凸させましょう。 単純火力以外の恩恵 上記のダメージ比較は単発のダメージで、非クリティカル時のもの。 単純な火力以外の強化点も見ていきます。 クリティカル率の上昇 ブルトガングはクリティカル率UPのスキル効果も持っており、1本で• 片面3凸=5. 28%• 片面4凸=5. 76%• 両面4凸=9. 12% のクリティカル率UPを得られます。 もともとの効果量が2. 4%と低いため、ハデスが4凸になったとしても上昇量はごくわずかで、火力期待値の上昇も誤差のようなものです。 連撃率の上昇 パラゾ二ウムは三手 小 による連撃率UPのスキル効果を持ち、1本で• 片面3凸=7. 片面4凸=8. 両面4凸=13. 3% のDATA率UP効果があります。 もともとの効果量が3. 5%と低いため、ハデスが4凸になったことによる恩恵も小さめです。 最大HPの上昇 終末武器や天司武器は「神威」スキルで最大HPを上げることができ、これももちろんハデスの加護が乗ります。 4凸終末武器• 4凸天司武器• 麒麟弓 HP10%ダウン の装備状況で3凸片面ハデス時のHPが約22000~28500の場合。 ハデスを4凸にすることで、最大HPは約1500前後上昇します。 背水するにしても渾身するにしても最大HPは多い方が良いので、単純に嬉しいですね。 また、ルシファーHLなど一定のHPを確保したい場合にもハードルが少し下がったと言えます。 英傑スキルの効果量 上記のダメージ比較では使用していませんが ウン・ハイルの英傑スキルの効果量UPの恩恵も見逃せません。 最も重要な奥義上限は、1本で• 片面3凸=14. 96%• 両面3凸=23. 12%• 片面4凸=16. 32%• 両面4凸=25. 84% 上昇します。 一応注意したいのは、 4凸ハデスの場合片面2本で32. 64%奥義上限が上昇しますが、奥義上限UPの上限値は30%なので、2. 64%は無駄になります。 ウン・ハイルを編成した場合のダメージ比較は別記事で扱う予定です。 両面神石が強力になった ハデスが3凸の状況では、 フォールンが5本以上ある場合を除き 基本的には両面ハデスは片面ハデスより火力で明確に劣っていました。 具体的にどれほどのダメージが出るようになったのか、片面と両面で比較していきます。 片面と両面のダメージ比較 装備は先ほどのものと同じ。 片面or両面以外は同じです。 では次は、戦いを進める中で自然と付与されるフェリの奥義バフ「闇属性攻撃30%UP」がある状態のダメージを見てみます。 しかし、ここで注意したいのは、"あくまで非クリティカル時の単発攻撃の火力"であるという点。 単発火力以外の差 連撃率 パラゾ二ウムの三手の分で、両面の方が4. 9%DATA率が高いです。 クリティカル率 ブルトガングの刹那の分で、両面の方が3. 36%クリティカル率が高いです。 最大HP 終末武器と天司武器の神威の分で、両面の方が6000~7000最大HPが多いです。 総合的な期待値では両面の方が上 属性攻撃UPバフがある場合、連撃率やクリティカル率を含めたより実践的な火力の期待値では、 紹介した編成では 片面ハデスよりも両面ハデスの方が上回ります。 属性攻撃30%UPあり HPが約75%以上あれば両面の方が火力期待値が高いことがわかります。 両面の方が渾身依存度が高いため、75%より減ると片面の方が上回る また、最大HPが7000も高ければそれだけ渾身も維持しやすいので、実質的な差はより開くと考えられます。 つまり、 神石4凸によって片面ハデスから両面ハデスへ移行しやすくなったということです。 ちなみに、フォールンが5本あれば属性バフなしでも両面の方が強力になります。 ただし非有利相手は相変わらず片面の方が上 光属性以外の敵を相手にする場合、有利属性に対する属性攻撃50%UPボーナスが失われるため、いくら140%に強化されたからと言っても両面にとっては非常に厳しい状況となります。 よって、非有利属性を相手にする場合は片面の方が明確に両面よりも火力が高くなります。 guraburukouryakusinannjo.

次の

ハデス 理想編成 渾身編成の火力

グラブル ハデス 背水

4凸ハデスのダメージを、3凸時と比較して具体的にどれほど強くなったのかを紹介します。 また、強力になった両面神石編成についても合わせて解説します。 4凸ハデスの性能 攻撃ステータスは3315とかなり高め。 3凸Lv100の2350から965の上昇 加護効果• 「闇」「憎悪」「奈落」の効果が 140%UP 3凸時の120%UPから20%の上昇。 召喚効果• 敵全体に闇属性4倍ダメージ• 味方全体の奥義ゲージ上昇量UP 3ターン メインに4凸ハデスとする場合、3凸では不可能だった1ターン目からの召喚が可能になります。 召喚ダメージが超強化 4凸することで召喚のダメージが主人公のアビリティダメージ扱いになり、飛躍的にダメージ量が上昇します。 3凸時には数万程度しかダメージは出ませんでしたが、 例えば天司武器あり+デス5凸の状態では約144万ダメージが出ます。 奥義ゲージ上昇量は10%UP 奥義ゲージ上昇量は10%UPし、効果ターンは3ターン。 必要素材• 3凸時のダメージ• メイン:パラゾ二ウム• ブルトガング• 4凸終末武器• 麒麟弓• 虚空剣• オメガ武器 連撃• デスは5凸。 防御下限、バフなしで 主人公の通常攻撃のダメージは約64万。 ダメージ上限の約74万には10万ほど届いていません。 4凸時のダメージ 武器は同じ。 防御下限、バフなしで 主人公の通常攻撃のダメージは約69万。 ダメージ上限の約74万には5万ほど届いていません。 1倍になります。 上記の装備編成と多少異なっていても、基本的には1. 1倍ほどになります。 ただ召喚石を上限解放するだけで火力が1. 1倍になるのは非常に強力だと思います。 4凸時の素材も軽いので、神石編成を運用している場合は最優先で4凸させましょう。 単純火力以外の恩恵 上記のダメージ比較は単発のダメージで、非クリティカル時のもの。 単純な火力以外の強化点も見ていきます。 クリティカル率の上昇 ブルトガングはクリティカル率UPのスキル効果も持っており、1本で• 片面3凸=5. 28%• 片面4凸=5. 76%• 両面4凸=9. 12% のクリティカル率UPを得られます。 もともとの効果量が2. 4%と低いため、ハデスが4凸になったとしても上昇量はごくわずかで、火力期待値の上昇も誤差のようなものです。 連撃率の上昇 パラゾ二ウムは三手 小 による連撃率UPのスキル効果を持ち、1本で• 片面3凸=7. 片面4凸=8. 両面4凸=13. 3% のDATA率UP効果があります。 もともとの効果量が3. 5%と低いため、ハデスが4凸になったことによる恩恵も小さめです。 最大HPの上昇 終末武器や天司武器は「神威」スキルで最大HPを上げることができ、これももちろんハデスの加護が乗ります。 4凸終末武器• 4凸天司武器• 麒麟弓 HP10%ダウン の装備状況で3凸片面ハデス時のHPが約22000~28500の場合。 ハデスを4凸にすることで、最大HPは約1500前後上昇します。 背水するにしても渾身するにしても最大HPは多い方が良いので、単純に嬉しいですね。 また、ルシファーHLなど一定のHPを確保したい場合にもハードルが少し下がったと言えます。 英傑スキルの効果量 上記のダメージ比較では使用していませんが ウン・ハイルの英傑スキルの効果量UPの恩恵も見逃せません。 最も重要な奥義上限は、1本で• 片面3凸=14. 96%• 両面3凸=23. 12%• 片面4凸=16. 32%• 両面4凸=25. 84% 上昇します。 一応注意したいのは、 4凸ハデスの場合片面2本で32. 64%奥義上限が上昇しますが、奥義上限UPの上限値は30%なので、2. 64%は無駄になります。 ウン・ハイルを編成した場合のダメージ比較は別記事で扱う予定です。 両面神石が強力になった ハデスが3凸の状況では、 フォールンが5本以上ある場合を除き 基本的には両面ハデスは片面ハデスより火力で明確に劣っていました。 具体的にどれほどのダメージが出るようになったのか、片面と両面で比較していきます。 片面と両面のダメージ比較 装備は先ほどのものと同じ。 片面or両面以外は同じです。 では次は、戦いを進める中で自然と付与されるフェリの奥義バフ「闇属性攻撃30%UP」がある状態のダメージを見てみます。 しかし、ここで注意したいのは、"あくまで非クリティカル時の単発攻撃の火力"であるという点。 単発火力以外の差 連撃率 パラゾ二ウムの三手の分で、両面の方が4. 9%DATA率が高いです。 クリティカル率 ブルトガングの刹那の分で、両面の方が3. 36%クリティカル率が高いです。 最大HP 終末武器と天司武器の神威の分で、両面の方が6000~7000最大HPが多いです。 総合的な期待値では両面の方が上 属性攻撃UPバフがある場合、連撃率やクリティカル率を含めたより実践的な火力の期待値では、 紹介した編成では 片面ハデスよりも両面ハデスの方が上回ります。 属性攻撃30%UPあり HPが約75%以上あれば両面の方が火力期待値が高いことがわかります。 両面の方が渾身依存度が高いため、75%より減ると片面の方が上回る また、最大HPが7000も高ければそれだけ渾身も維持しやすいので、実質的な差はより開くと考えられます。 つまり、 神石4凸によって片面ハデスから両面ハデスへ移行しやすくなったということです。 ちなみに、フォールンが5本あれば属性バフなしでも両面の方が強力になります。 ただし非有利相手は相変わらず片面の方が上 光属性以外の敵を相手にする場合、有利属性に対する属性攻撃50%UPボーナスが失われるため、いくら140%に強化されたからと言っても両面にとっては非常に厳しい状況となります。 よって、非有利属性を相手にする場合は片面の方が明確に両面よりも火力が高くなります。 guraburukouryakusinannjo.

次の