ルカリオ。 【GOバトルリーグ】ルカリオの弱点と技、勝てるポケモン紹介!

ルカリオという10年前に生まれたポケモン そろそろこいつを特別扱いするのキツくね?

ルカリオ

ルカリオ Lucario 英語名 Lucario 448 — — 116 - - 034 063 - - - 280 - - - 095 378 - - - 125 299 - - 分類 はどうポケモン 1. 2m 54. 0kg 青 メガルカリオ 1. 3m 57. 5kg 25サイクル• 第四世代: 6630歩• 第四世代: 204• 第五・第六世代: 184• 第七世代: 184• メガシンカ: 219• 第八世代: 184 1059860 性別 87. ポケモン徹底攻略• ルカリオとはのNo. 448のポケモンのこと。 初登場は。 メガルカリオについてもここで述べる。 状態 ではな状態 で朝か昼にレベルアップで• をルカリオに持たせた状態でで メガルカリオ ポケモンずかんの説明文 あらゆる ものが はっする はどうを キャッチする のうりょくを もつ。 ひとの ことばを りかいできる。 、、 あいての はっする はどうを キャッチすることで かんがえや うごきを よみとることが できる。 漢字 相手の 発する 波動を キャッチすることで 考えや 動きを 読み取ることが できる。 、 きたえられた ルカリオは はどうを つかい 1キロさきに だれがいるのか どんなきもちか さえも わかる。 漢字 鍛えられた ルカリオは 波動を 使い 1キロ先に 誰がいるのか どんな気持ちか さえも 分かる。 はどうを キャッチする ことで みえない あいての すがたでも みえると いわれている。 、、 あらゆる ものが だす はどうを よみとることで 1キロさきに いる あいての きもちも りかいできる。 漢字 あらゆる ものが 出す 波動を 読みとることで 1キロ先に いる 相手の 気持ちも 理解できる。 よみとるだけ ではなく はどうを あやつる ちからを てに いれた。 たたかいにも りよう するぞ。 漢字 読み取るだけ ではなく 波動を 操る 力を 手に 入れた。 戦いにも 利用 するぞ。 メガルカリオ メガシンカ エネルギーと はどうが まじりあい かけめぐった あとが ぜんしんに くろく きざまれている。 漢字 メガシンカ エネルギーと 波動が 混じり合い 駆け廻った 痕が 全身に 黒く 刻まれている。 1キロさきの いきものの しゅるいや きもちを キャッチする。 はどうを あやつり むれで えものを かる。 漢字 1キロ先の 生き物の 種類や 気持ちを キャッチする。 波動を 操り 群れで 獲物を 狩る。 メガルカリオ ぜんしんけいを しゅうちゅうして めのまえの てきに いどむ。 たたかいぶりは ひじょうの ひとこと。 漢字 全神経を 集中して 目の前の 敵に 挑む。 戦いぶりは 非情の 一言。 せいしんを しゅうちゅうして はなつ はどうと よばれる ふしぎな なみは おおいわをも こなごなに くだく。 漢字 精神を 集中して 放つ 波動と 呼ばれる 不思議な 波は 大岩をも 粉々に 砕く。 メガルカリオ メガシンカで はどうが ぼうちょう。 とうそうほんのうの おもむくままに ひじょうな しゅだんで てきをうつ。 漢字 メガシンカで 波動が 膨張。 闘争本能の 赴くままに 非情な 手段で 敵を討つ。 はどうの なみで あいての きもちを キャッチする。 しりたくないことも わかるので ストレスを ためやすい。 漢字 波動の 波で 相手の 気持ちを キャッチする。 知りたくないことも わかるので ストレスを ためやすい。 メガルカリオ ばくはつてきな エネルギーを あびて とうそうほんのうが めざめた。 てきに たいして いっさい ようしゃしない。 漢字 爆発的な エネルギーを 浴びて 闘争本能が 目覚めた。 敵に 対して 一切 容赦しない。 おおいわも こなごなに くだく はどうと よばれる ちからを あやつって えものを かる。 漢字 大岩も 粉々に 砕く 波動と 呼ばれる 力を 操って 獲物を 狩る。 ひとの かんがえていることも わかるので ただしい こころの トレーナーにしか なつかない。 漢字 人の 考えていることも わかるので 正しい 心の トレーナーにしか 懐かない。 種族値 通常 の範囲 第三世代以降 レベル50 レベル100 70 おぼえるわざ も参照。 「進化」と書かれているわざは進化時におぼえるわざです。 XX を最高になつかせて朝か昼にレベルアップ。 XX を最高になつかせて朝か昼にレベルアップ。 32 でからもらう(所持)。 OR・AS - - S・M Lv. 52-55 Lv. XX を最高になつかせて朝か昼にレベルアップ。 US・UM Lv. 色違い:黄• 初実装に先駆けて映画 後述 の主役として登場した。 また、同じく第四世代以前に発売されたにも伝説の救助隊として名前が挙げられた他、銅像が登場している。 発売前の公式サイトの画像にで捕まえたことになっているルカリオがあった。 第四世代当時は進化前を含め野生出現しないため、これを実現させることはできない。 メガシンカ形態「メガルカリオ」を持つ。 特性は。 通常のルカリオと比べるとが大きく伸びる。 分類ははどうポケモンであるが、上記を含め「はどう」とつく技を強化する特性は持っていない。 では15位だったが、これはフォルムチェンジやメガシンカ等を除外して考えた場合、タイプの中では最高位のポケモンになる。 では耳を撫でると喜ぶ。 は口元に寄せると手で持って食べてくれる。 鼻の上あたりをつつくと怒る。 2020年2月27日に行われた公式人気投票のポケモン・オブ・ザ・イヤーの投票ではシンオウ地方1位、総合2位を記録。 シンオウ地方、総合の両方においてかくとう、はがねとして最高位。 におけるルカリオ• にて初登場。 の従者である。 声優は。 ではないポケモンがタイトルを飾った初めての例である。 なお当時は伝説のポケモンかどうかは明かされていなかった。 では、より・の手持ちポケモンとして登場。 声優は。 同じくではの手持ちポケモンとして登場。 声優は。 ではのが進化した形で登場。 からはのポケモンとして登場。 でメガルカリオにメガシンカした。 声優は。 ではのポケモンとしても登場。 同じくメガシンカできる。 声優は。 におけるルカリオ 快盗! ポケモン7におけるルカリオ• のポケモンとして登場。 ポケットモンスターSPECIALにおけるルカリオ• のポケモンとして登場。 のポケモンとして登場。 ポケットモンスターダイヤモンド・パール物語 ポケモンDPにおけるルカリオ• のポケモンとして登場。 その他・・のポケモンとして登場。 におけるルカリオ• を参照。 その他におけるルカリオ• シリーズではよりファイターとして登場。 詳細はを参照。 ・では、として、の上司として働いていた。 しかしは使えないため、スケッチブックで言いたいことを言う。 を参照。 一般的な育成論。 の詳しい対戦考察や育成論は、以下のようなサイトでも取り扱っています。 外部サイトの安全性・正確性・合法性等あらゆる点については、何ら保証しません。 を参照のこと。 - の登場人物。 ルカリオのコスプレをしているコロシアムリーダー。

次の

ルカリオ育成論 : 【終盤掃除屋】剣舞しんそくルカリオ|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略モバイル

ルカリオ

特徴 自分の蓄積ダメージが高くなるほど波導を使う技の攻撃力と吹っ飛ばし力が増加する。 順位によっても変動する。 さらにダメージが溜まらないと真価が発揮できない。 いろんな意味で癖が強いが、判定が強く、強攻撃や弱攻撃は普通に使えるので覚えておいて損はない。 また、技にも癖があるので癖になれる必要がある。 使いこなせば、真価を大きく発揮できる。 波導の力を見よ!• ダメージがたまる毎に強くなるので逆転能力はピカイチ。 プレッシャーも与えられる• 高性能の飛び道具を持つ• 緊急回避スピード等、回避に特化している• 空中制動が良い• 判定が強い。 メタナイトの滑空攻撃やスネークの小技等にも対抗可能なほど• 波導による攻撃は武器判定• 三角飛びの性能が全キャラ中1番• スマッシュ技の隙が大きめ• 復帰技に攻撃判定がなく、崖掴まり阻止に弱い• 攻撃力の初期値が話にならないほど低い• バーストすると一気に攻撃力がガタ落ちしてしまう• ダメージがたまらないと真価を発揮できないし、たまったらたまったで狙われがち• 特性上逆境に強く、回避の腕前が問われる。 通常技もクセがあるので相手を撹乱しやすい。 逆に言えば、慣れていないとこちらが撹乱される(ガード後に素早く下スマッシュができない等)。 戦法を組み立ててじっくり戦うと良し。 クセを駆使して相手を手玉に取りたい人向け。 なお本編とは関係ない話だが、「はどう」は「波導」と書き、ポケモンオリジナルの用語である。 物理で言う波動とは異なるので注意。 波導について ルカリオを語る上で外せない波導について。 ルカリオ自身がダメージを受ける毎に攻撃力が増加• ストック差、ポイント差によっても攻撃力が変動• 上記の二つは独立しているので、別々に補正が受けれる。 ただし場合によっては弱体化になる。 ほとんどのワザが波導の影響を受ける。 影響を 受けないのは、ダッシュ攻撃、後投げ、下投げのみ。 攻撃力増加率は以下のとおり。 小数点は表示では切り捨てだが、見えないところでちゃんと加算されている。 「波導の力を見よ!」の掛け声の後にその場から急上昇し、ステージ中央上からレーザー状の波導を照射。 地形を貫通する。 この上昇時に攻撃判定があり、近いほどダメージが大きい。 空中で密着して当てると優秀なメテオ効果がある。 連続ヒットし最後の1HITは攻撃力も吹っ飛ばし力が高いため、蓄積ダメージが多い敵なら最後を当てるだけで充分。 発動前から波導を左右にずらす事ができ、発動中も波導を左右に動かせる。 当然敵も逃げるため、左右どちらかの敵を決め込んで追うのがよい。 二兎を追うものは一兎も得ないので、優柔不断は禁物。 しかし、広いステージだと(ルカリオの浮いている位置が高いので)頭上を飛び越えられる事が少ない為、珍しく狭いステージより広いステージの方が有利な切りふだ。 また、何処にいてもステージ中央に移動する為、下に足場のない位置にスマッシュボールがあっても壊せれば戻ってこれる。 最大威力のはどうのあらしはノーダメージのガノンドロフを画面外まで吹っ飛ばすほど。 タイマンだと避けられやすいのでよく狙うこと。 チーム戦なら、味方は投げ技などで相手を波導に当てられると心強い。 原作では稀少種の特殊格闘タイプを持つワザで、必ず命中する高威力攻撃。 ルカリオの代名詞で、彼を語るにおいて欠かせない技。 波導による強化が分かりやすい。 最大火力時の最大タメの威力は他のキャラのスマッシュそのものである。 上下に波打つように進む球状のエネルギー弾を正面に発射するが、最大溜めだと直進する。 Bで溜められ、もう一度Bで発射。 溜めている間は手に球状の波導が発生し、敵が波導に触れるとダメージ。 溜める動作中に左右入力すると、溜めを一時キャンセルして緊急回避できる。 同様にR、Lを押してシールドも可能。 サムスと違い、空中でもためる事が出来る。 落下中にためておくと時間の節約になる。 が、誤って発動した場合ステージ復帰できなくなるかもしれないので注意。 チャージ中に攻撃を受けるとリセットされてしまう。 はどうだんをうまく使えるかがルカリオの強さを左右する。 横に波導を出す技だが相手が目の前だと掴みになり、与えるダメージが増大する 零距離はっけい。 攻撃にも掴みにもなるマルチ技。 波導の攻撃は前隙の長いが横スマッシュ並みのリーチを持つ。 吹っ飛ばし力があまりないが、空中での牽制には使える。 掴みは上方向へ大きく吹き飛ばす、お互いにダメージがたまっていればフィニッシュも可能。 お互いのダメージが低ければそれを利用し擬似投げ連が可能。 ちなみに零距離はっけいが発動しなかった場合、波導部分はエネルギー飛び道具扱いとなるので注意。 原作では回避率を上げるためのワザだが、スマブラでは当て身技となっている。 成功するとルカリオの前方から後方にかけてスライディングキックを放つ(背後から周り込む感じ)。 ルカリオの体が白く点滅している間に攻撃を受けるとカウンターが発動。 ただしつかみ系攻撃はカウンターできない。 風圧はカウンター可能。 基本的には向いている方向から滑り込むが、攻撃を受けた瞬間にスティックを背後に倒すと、逆から滑り込む事も可能。 また、発生直後に無敵時間があり、つかみ系攻撃もカウンターはできないものの、避けることはできる。 注意点として、カウンターが成立してから攻撃が出るまでが遅いので、動作の短い技には反撃が間に合わない 例:多くの弱攻撃1段目。 飛び道具でなければ確実に反撃が出来る。 さらに受け止めたワザが持つ威力によって返すダメージも大きくなるのも魅力である。 ふっ飛ばし力が波導の強化によってかなり強くなる事、 カウンター成功後の無敵時間が長い上に、様々な技を回避できる事、乱戦での大量撃墜等。 2つ目の特徴の様々な技とは、各キャラの技だけではなく、 最後の切り札でさえ回避できること。 マルスの必殺の一撃や、アイクの大天空(一発目のアッパー)などを確認済み。 正し、魔獣ガノンなどの相手の状態を変えるもの、サムスのゼロレーザーなど攻撃が長いものなどは回避しきれないので注意。 回避の腕前が問われるルカリオにとって大切な技。 かなり吹っ飛ばすことが出来るが、フィニッシュにはなりにくい。 追撃を狙おう。 ただし場外で使うと滑り込む際に下にいってしまうので使わない方がいい。 原作では、技マシンを使うことによって覚えさせられる。 強攻撃 判定が強く、比較的使いやすい技が揃っている。 横方向に二打撃の掌底。 地上戦での主力。 やや出が遅いが、リーチは抜群。 ほぼ二段ヒットする。 上下打ち分け可能。 上方をカバーするように回し蹴り。 範囲が広く、発生も早めで前後に隙がない。 ルカリオの後方から判定が出る。 自分と相手のダメージが少なければ連打でお手玉にすることも出来る。 左右に広く判定があるので場合によっては緊急回避つぶしにもなる。 足元を蹴り飛ばす。 隙が少なく連射しやすい。 上方向にそれなりに飛ぶ。 ルカリオの背中部分にも判定がある。 しゃがみ歩きと組み合わせよう。 地形対応。 空中攻撃 最大火力になるとほとんどがパワータイプ顔負けのフィニッシュ技に。 特に空中下の性能が光る。 回転しながら左右に掌底を打つ。 技の判定が長いので当てやすいが、後隙がかなり大きいのですぐに着地すること。 着地キャンセル性能は良いので着地してしまえば問題ない。 低空で使おう。 空中攻撃の中では横方向に飛ばせる技として活用すべき。 出だしが一番強い。 正面を蹴り上げる。 隙が殆ど無いので使いやすい。 コンボ、場外追い討ち、牽制に使える。 但し判定が小さいので相手の反撃には注意。 後ろ方向に体を捻って掌底を打つ。 威力も範囲も広いが前隙が長い。 使いこなすには慣れが必要。 ワザは出したあと少し持続する。 上方向に蹴り上げる。 但し序盤で使うと相手からの反撃をモロに受ける。 判定が少し持続するので出した後急降下することで下方向の敵にも当てることが可能。 下空中攻撃 れんとうきゃく ダメージ:5. 空中で停止して下方向に二打撃の蹴りを放つ。 ルカリオの攻撃の中で最も優秀と言っても過言ではない技。 範囲は下部に大きめに発生するにも関わらず前後隙が無く、しかも発動するとホバリングのように一瞬空中に留まり、空中で連射することができる。 これによって 相手のシールドや大抵の下からの攻撃を封殺することが可能。 また波導による強化がなくても横上方向にそれなりに飛ぶので決め技として重要。 ボス戦でも活躍するだろう。 スマッシュ攻撃 ルカリオのスマッシュはどれもふっとばし力が高めだが、発生が遅い。 横方向に幅広く掌底を打つ。 前後隙は少し大きいがデタラメにリーチが長く威力も高い。 横のリーチはゼロスーツサムスのスマッシュに劣らない。 しかも技が放射状なので空中にいる相手にも当たる。 そして最大威力なら、ドンキーコング、ガノンドロフ、クッパの横スマと肩を並べるふっ飛ばしを誇る。 体を捻って上方向に判定の強い掌底を打つ。 対空性能はピカイチで、上からの攻撃はほとんど相殺できる。 また、威力は落ちるものの判定が長く残る。 が強化がないと全キャラでもワーストの弱さ。 前隙が少ないので出しやすい。 それでも後隙が大きいのが難点。 また横の判定は短いので連発は禁物。 前後同時に掌底を打つ。 横スマッシュと比べると前後隙が少なめのかわりにリーチは意外に短い。 が、ダメージが溜まれば吹き飛ばし力が下スマの中でもかなり高いふっ飛ばしになる。 横スマッシュと2択で使うと良いだろう。 緊急回避で回り込む相手に特に有効。 つかみ つかみには波導による影響がない技が2つあり、強化がない状態では主力となりうる。 リーチが短いのをうまくカバーしたい。 つかみ攻撃 つかみはどう ダメージ:0. 5~1. 波導が弱い場合ダメージを与えていないように見えるが、実際は0. かなりのスピードで連打できるので、うまく使っていこう。 斜め上に高めに強く投げる。 投げの中では最も隙が少ない。 瞬間的なふっとばしはあるが撃墜まではいかない。 場外に出して有利に立ち回りたい時に使うと良い。 サドンデスではこれか後投げで。 波導の影響を受けない。 後ろの地面に叩きつけ、後ろ方向に飛ばす。 投げる速さと固定ダメージから、ルカリオの投げでは最も優秀。 同時にルカリオも後ろを向くので、はどうだんで追撃が可能。 場合によっては前投げより飛ぶ。 発生が早く相手のキャラによっては撃墜も可能。 上に吹き飛ばす。 相手によっては上強攻撃、空中上攻撃で追い討ちが可能。 これも波導の影響を受けない。 床に叩きつけて上方向にふっとばす。 特に戦法に拘りがないならとりあえずこれ。 ルカリオの投げの中では最も追い討ちに使いやすい。 投げの後は空中上攻撃などでダメージの蓄積を狙うと良い。 投げるまで時間があるため、乱戦では不向き。 基本的な立ち回り ダメージを受ける程強くなるという性質上、 回避が最重要の上級者向け。 緊急回避スピード等、回避に特化した性能を持つため、大技は全部避けるつもりで立ち回ること。 削り技しか貰わなければ、ダメージが増えることで逆に敵にプレッシャーをかけることができる。 基本的な立ち回りとしては、序盤は緊急回避で相手を翻弄しつつ、弱、強横、空中攻撃、波導弾でダメージを蓄積。 尚、溜め中に左右を押せば回避できるため、安全に溜めることができることは知っておく。 3倍程度 溜まっていないとほとんど決定打を与えることができないのが難点なので、スマッシュ等の直接的な撃墜よりも、時には相手を場外に出して空中下攻撃等で追い討ちをかけて無理矢理撃墜する努力も必要。 復帰技に攻撃判定が無いため復帰進路を曲げたり、わざとステージの横壁に張り付きに行ったりして上手くやり過ごしたりするなど工夫が必要。 ちなみに最大火力になると、ほとんどの技がフィニッシュになる。 コンボ コンボというか繋げ技(確定ではない)を紹介する。 割と多いのでイメージしながら覚えて欲しい。 手っ取り早く強くなりたい人はまず 赤い太字のコンボを覚えてください。 次に 青色のコンボを覚えてください。 [Aコンボ:J前~] A1. 空中でお手軽に使えるコンボだが、地上の敵にやれば、応用すればBやCにも繋がる 後述。 ダメージ稼ぎにはもってこい。 A1は地上の敵に当てると前方に低く浮かすことができるので次のように繋がりやすい。 弱がそこそこ優秀なのでかなり入りやすい。 B1は高ダメージであってもそのままCコンボにつなげられる。 B2は個人的には魅せ技。 [Cコンボ:掴み~] C1. 1は反撃される危険性が少ないのでおすすめ。 5,6はダメ押しで撃てば意外に当たるのでこれもおすすめ。 上投げの後隙が微妙に大きいので3,4は使わない方がよい。 コンボが多くなったが、結局何が言いたいのかと言えば、 A,B,Cは別個のコンボとしても成り立つし、お互いを繋ぎ合わせればダメージ稼ぎがスムーズにできるということである。 コンボが終わって、相手がダウンしたところに更に ダメ押しで波動弾を撃てばダメージ稼ぎor撃墜ができるってことです。 ダメージ稼ぎに有効。 Z1はA4からじゃなくてもB1からでももちろんいい。 Z1とZ2は相手のダメージとか自分の波動の具合で入りやすさが違うので使い分けるといい。 はどうだんは当たったらラッキー、当たらなくても相手の復帰を大いに邪魔できるのでおすすめ。 場合によっては投げの押し出しでフィニッシュが決まることも。 はどうだんは撃墜できる範囲までタメておくこと。 撃墜が狙えるのは勿論、相手にプレッシャーを与えられる。 地上では出の早い弱攻撃の連携や上強攻撃、ガードする相手には投げや横必殺技を狙うといい。 空中では前攻撃や下攻撃を使っていこう。 復帰方法• ただし火力が低めなので、長期戦になりがちでもある。 主力は空中下攻撃。 ボスによっては一回のジャンプで3~4発当てられるため、ダメージ蓄積が少ない状態でもかなりのダメージが期待できる。 ただし地上メインのボスには当てにくいので、横スマッシュやはどうだんも状況に応じて使用した方がよい。 横スマッシュはリーチがかなり長く当てやすいのもよい。 かげぶんしんは他のカウンター技と比較してダメージが低く、空中では有効度も低下するので、さほど積極的には狙わなくてよい。 突進系の技に合わせると相手が通り過ぎて命中させられないことがある。 そのような場合はスティックを逆方向に入れるとスライディングの向きが変わり、命中させやすくなる。 かげぶんしんはガードや緊急回避で避けづらい長い攻撃も防ぐことができる。 たとえばガレオムの回転する技、デュオンの青サイドの三連続できりつける攻撃等。 またかげぶんしん後最速ガードでマスターハンドのドリル攻撃も完全にしのげる。 はどうだんは溜めるよりも連射した方が有効。 その際は射程が短くなるので注意。 最速を狙うならあえてダメージを受けて火力を上げるハイリスクハイリターンの戦い方が必須。 ダメージ量が高く吹き飛ばされるリスクが低い攻撃(対地メテオ)には積極的に当たりに行くとよい。 ポーキーのビーム、クレイジーハンドの爆弾散布などが特に有効。 ただしその場合、攻撃を一度でも受けた時点でゲームオーバーだ。 氷山に登場。 とがった氷の上で瞑想をしていたところに無事に山を登頂したアイスクライマーとメタナイトが現れる。 そしてルカリオはメタナイトに戦いを挑む 敵などではなく、実力を試すため。 詳しくは後述。 互いに実力を認め合い、固い握手を交わしたところに、戦艦ハルバードが近くまで舞い降りた。 メタナイトとともに戦艦に乗り込み、内部の捜索を開始した。 道中で、謎のダンボールを発見する。 ルカリオは波導の力によって内部に隠れていたスネークを確認。 ダンボールを持ち上げたことで一触即発の気まずい状況になるが、亜空軍とそれ以外の波導の色を見分けたことで危機を回避、内部のスネークを味方に引き入れた。 3人で内部を捜索し、とらわれの姫たちのフィギュアを発見。 影虫のニセ姫が襲ってきたがこれを撃退し、姫たちを復活させた。 その後3人は戦艦の中枢である操縦室に入る。 操縦者であったMr. ゲーム&ウォッチを叩き落し、ルカリオはスネークと共にそのあとを追いかけた。 そして、ゲーム&ウォッチが変身したデュオンを倒したことでメタナイトがハルバード奪還に成功した。 そのままハルバードは渓谷へと着陸してほかのファイターたちと合流し、亜空間への突入にも成功。 しかし、そこで待ち構えていたのがタブー。 OFF波動の前になすすべなくフィギュアへと戻ってしまった。 が、デデデのブローチ作戦により復活を果たしたことで。 大迷宮へ突入、最深部のタブーを撃破し、「この世界」の平和を取り戻した。 因みに、ルカリオの波導の力は、善悪などという性質をも判別できる。 自分にとって味方=善であるメタナイトやスネークは青い波導、悪である亜空軍の敵の波導は真っ赤になっている。 例のスネークが見破られるムービーなどで見てみるのもよいだろう。 演出 登場の方法 画面内登場 波導を纏いながら登場。 ポケモン系キャラの中で、唯一モンスターボールからの登場ではない。 キャラ選択時のボイス 気合のこもった雄叫び。 アピール• 上アピール 両腕を広げて、天を仰いで気合を溜める。 横アピール 前方に軽く波導を纏った掌底を突き出す。 下アピール リンクの下アピールとそっくりな謎の構え。 勝利ポーズ• BGM 「ポケットモンスター」メインテーマBGM• ポーズ1[Bボタン] 忍者のように両手を組みながら「波導は我にあり! ポーズ2[Yボタン] 片足立ちでポーズをし「満ちるぞ・・・この波導! ポーズ3[Xボタン] ルカリオらしいゆったりした動きで掌底。 横アピールにそっくり。 敗北ポーズ 背を向けて拍手。 スネークと全く同じだったり。 2020-05-23• 2020-05-05• 2020-04-19• 2020-04-15• 2020-04-10• 2020-04-04• 2020-03-31• 2020-03-29• 2020-03-23• 2020-03-21• 2020-03-20• 2020-03-14• 2020-03-12• 2020-02-06• 2020-01-24• 2019-10-26• 2019-10-24• 2019-10-23• 2019-10-18• 2019-09-18• 2019-09-13• 2019-09-03• 2019-09-01•

次の

【ポケモン剣盾】ルカリオの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ルカリオ

今日は自分がオナニーに使っている動画の紹介。 ちょっといつも以上に性癖全開だけど興味あったらぜひ。 動画の埋め込みがしやすいのでPornhubから失礼。 何回抜いたか分からない動画 メスのルカリオの3P。 おっぱい有り・角有り・乳首とまんこがピンク・非ズボンタイプのルカリオ。 レイプかどうかは分からないがたぶんレイプではない。 内容は主にクンニ・アナル・中出し・フェラの4つ。 おっぱいを攻めないのがやや惜しい。 だが個人的にここまでしっかりとルカリオを犯している動画は見たことがない。 なんといっても各シーンのルカリオの表情も素晴らしい。 現実世界にポケモンがいたらこうするだろうなーみたいな変なリアルさがあって本当に興奮する。 同人誌のように激しくめちゃくちゃに攻めるのも夢があって良いがこの地味でねっとりした感じがリアリティがあってすごい好き。 ルカリオもおっぱいが付いていること以外かなり原形寄りなのでそこもまた食べやすく仕上がっている。 自分はおかずに迷ったらまずこれを使う。 おわり いつもより短いがいつもより満足感がある。 この動画で何回も抜きまくってるからね。 おすすめ。

次の